【ハードコア】Knocked Loose好きなら聴いておかないといけない現行のハードコアバンド!

ノックドルーズ

グラミー賞「最優秀メタル・パフォーマンス」部門はCode OrangeでもなくBody Countでもなく期待していたAugust Burns Redでもなくマスト丼の “Sultan’s Curse”でしたね!

Mastodonもかっこいいけど、ABRに期待してた分ちょっと残念かな、そしてだれも気にしていないだろうけど、われら日本代表のエモーショナル・スピリチュアル・キーボーディスト、喜多郎さん(KITARO)最優秀ニューエージ・アルバム部門を逃したようだ……

喜太郎

そもそもなんでグラミー賞ってメタル部門があるのにパンクハードコア部門がないのだろうか?ロック、オルタナティブ、ポップス、R&B、ヒップホップ、ジャズ、ダンス、クリスチャン、などなど、全84部門あるんだからさ~、1つくらいあってもいいと思うんだけど。受賞歴のあるグリーンデイとかじゃなくて本気のパンクハードコアだけどね!!


前回のブログでは注目のハードコア・アルバム・リリース2018の記事をアップしたんだけど、Kocked Loose来日効果もあってハードコアを好きになっているキッズが増えてきている、数年前のYour Demise効果と似たような感じだね。

そんな中、SATOさんからこんなコメントが届いた。

ハードコアに最近ハマりだしたんですが、何から聴き始めたらいいですか?

SATOさんはよくポップパンクのグッズを購入してくれていることから、ポップパンクからハードコアも聴き始めたという流れになるんだと思うんだけど、メタリックなハードコアよりもオールドスクールなパンク経由のハードコアが入りやすいかも!とも思うんだけど、knocked looseに衝撃を受けたことからメタリック、ビートダウン系も全然イケる口だね、そうなると難しいね。


マジでハードコアも幅広いんです!


オールドスクール・ハードコア
ニュースクール・ハードコア
カオティック・ハードコア
クラスト・ハードコア
モダン・ハードコア
メタル・ハードコア
クロスオーバー・ハードコア
ミリタント・ハードコア
ビートダウン・ハードコア
ダウンチューン・ハードコア
ユースクルー・ハードコア
モダン・ユースクルー・ハードコア
ストレートエッジ・ハードコア
ヴィーガン・ハードコア
ノイズ・ハードコア
ファスト・ハードコア

ここからさらに細分化もできるしきりがない・・・・

まずはパンク・ロック/ハードコア史を読んでもらうのもいいかも!ハードコア、パンク史の本なんだけどハードコア寄りだから、ここから掘り下げるのもオススメです!

ハードコア
Amazon:パンク・ロック/ハードコア史



映像から入るのもあり、アメリカン・ハードコアのDVD

B180120013

Amazon:アメリカン・ハードコアDVD




現行で活躍しているオススメするハードコアバンドを紹介していくね。



SATOさんにオススメすることを前提にチョイスしましたよ!


LIONHEART

先日の「俺の10枚」にも登場したアメリカはカリフォルニア産のメタリックモッシュコアバンドLIONHEART/ライオンハート、思わず垂直に飛び跳ねたくなるストンピングルーヴなハードコア、そしてキャッチーな部分もあって聴きやすいハードコアバンド、




Brutality Will Prevail

ハイセンスなUK産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコア、暗黒度も高め、グルーブ感も強め、ノリやすく踊りやすいハードコア、前作はちょっと凝った感あるハードコアだったんでシンプルな初期かMVの曲も入っている新作がオススメかな。





Desolated

Brutality Will Prevailとともに現行のUK産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコアを代表するバンドDesolated、ユーロハードコアの中でのトレンドを築き上げるバンド、メタリックで重苦しいほどのヘヴィーサウンドなんだけどキャッチーで聴きやすい、Knocked Looseが好きだったら間違いなし!





Kublai Khan

テキサス産ダウンチューンハードコア、超絶危険なモッシュピットが想像できる破壊的なヘヴィーサウンド、とにかくヘヴィーなハードコアを求めるならKublai Khan





Left Behind

ウェストバージニア産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコアこちらもとにかくウルトラヘヴィーで超重力を感じれるハードコア、独自の暗黒な世界観があるバンド、ボーカルの声質もウルトラヘヴィーです!





Varials


ダウンチューンモッシュハードコアの中でも大きな注目を浴びているフィラデルフィア産バンド、オシャレなジャケからは想像できないくらいのヘヴィーなサウンド、FEARLESSからのリリースってことから多ジャンルからの注目も高く知名度もうなぎのぼり、ズンズンと落としてくるビートダウンはたまりません!Knocked Loose並みにブレイクが期待されているバンドなんで要チェックです!





Backtrack

「俺の10枚」で一番多く登場したハードコアバンド、NYHCを基調にメタリックでもスラッシーなクロスオーバーなハードコア、軽快でクラシカルなハードコア要素も強く聴きやすく踊りたくなるハイクオリティーなハードコア、





Incendiary
来日の記憶も新しいNYはロングアイランド産ハードコアバンドIncendiaryも注目のハードコアバンド、モダンな現行USハードコアのグルーヴ感とクラシックな90’sハードコアな空気感がミックスしたオリジナリティー強めのバンド、





ヘヴィーなハードコアばかりで疲れたときはオルタナティブな要素が強いトレンドのサウンドを奏でる現行ハードコアシーン最高峰TURNSTILEからSlope、Higher Power、などものハードコアもオススメ中でもDrug Churchも注目なバンドである!

Drug Church

ハードコア、パンク、オルタナ等をクロスオーバーさせたサウンド、オルタナティブな要素強め、入り口としては入りやすいバンド、だけどクセが強いから好き嫌いは分かれそうだ!





いかがでしたか?Knocked Loose好きだったら間違いないバンドばかりでしょ、中でもダントにセンスを感じさせるKnocked Looseってやっぱスゲーな!!


次回は河内野的、絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選を紹介するぜ!あくまでも河内野的ね!

では!

河内野

【待ってた】2018年初頭「ハードコア」オススメのリリース情報

B180125004

こちら京都舞鶴は大雪、約60cmの積雪、2時間ほどかけての雪かきで腰がスクリームしております。


最近でもないけど特に1月後半からハードコア熱が急上昇中、その理由はKnocke Looseの来日のおかげ・・・・

行ってねーけど!!


FYSとともにチケットを取るも行けず、この年になればいろいろあるんですよ(言い訳)といってもそのチケットは友人に譲りしっかり参戦してきてもらいましたよ!その友人にリアルタイムでインスタでライブ配信もしてもらったんだけど、音はバリバリ、ぐちゃぐちゃ、何を見せられているのかも理解できないくらいのライブ配信でしたww
後日にその友人が言った言葉。

「ピットが地獄」

とんでもなく盛り上がったんだ,
ということがすごくわかる言葉、その友人はずっと「アウッ!アウッ!」と、口癖になっています、行けなかった悔しさで「アウッ!アウッ!」を聞くたびにイライラしてますw


この「アウッ!アウッ!」KLファンならすぐにわかりますよねww


Pure Noiseってこともありポップパンク好きのお客さんたちからハードコアライブに始めていくお客さんなどと結構な数参戦したようで。

・ハードコアが好きになりました。

これからハードコアガンガン掘り下げていきましょう(^^♪

・ピットの治安悪すぎて、帰り道自分が強くなった気がしたんですが、コンビニにたむろしているDQNからしっかり目線をそらしました!!

めっちゃわかります、僕だったら妄想でDQNをボコボコにします、妄想でねww

・多ジャンルのライブよりオシャレな人が本当に多かったイメージでした!あとインフルエンザもらっちゃいましたww

ほかのジャンルのライブはあまり参戦できていないんですが、なんとなくわかりますよ!ハードコアキッズはファッションのアンテナも高いですよね!あとお大事に!





ハードコアライブの雰囲気、空気感ってホント独特ですよね、ハードなピットは完全イカレていますもんねwwこのままハードコアも好きになってくれたらマジうれしいです!



すんません完全に脱線してますね、ハードコア熱が急上昇ってことで今回は

注目のハードコアバンドのニューリリースを紹介!

Twitching Tongues

Twitching Tongues – Gaining Purpose Through Passionate Hatred
ニューアルバムが3月にリリースのTwitching Tongues、ハードコアの枠を超えてクラシックなヘヴィメタルサウンドをクロスオーバーしたサウンドが特徴的、新曲ハラキリも最高、18年度の10枚に入るかもしれないほど期待しているアルバムです!ジャケも最高!







HARM'S WAY

HARM’S WAY – POSTHUMAN
Death WishからMetal Bladeに移籍後初となるHARM’S WAYからPOSTHUMANが2月初旬に発売!超重量級のブルータルメタリックハードコア、美しいじゃけデザインからサウンドの進化はあるのか?早く全曲じっくり聴きたい期待の一枚である!








HARM'S WAY

Vein – SELF DESTRUCT
すでに発売はされているがThis Is Hardcore Fest17の出演で強烈なインパクトを残したブレイク必須Veinのep.
ブチ切れシャウトにメタリックでノイジーなギター、不協和音、カルト的な効果音など完全にぶっ飛んだバンドが誕生です!フルアルバムが一番楽しみなバンドである!







Stone

Stone – Inch of Joy
元ExpireのギタリストZachによるハードコアバンド、ハードコア界隈でも注目のバンドがついにフルアルバム発売、しかもPure Noise Records、Knocked LooseやTerrorとレーベルメイトだね!レーベルのプッシュもありブレイクするか!?グルーヴィーでモッシーでメタリック、マチガイナシ!







American Nightmare Self-Titled

American Nightmare – Self-Titled
これまたまさかのニューアルバム発売!!!15年ぶり!!さらにRise Recordsって!!初めてこのニュースを目にした時は目を疑ったね、そしてようやく2月の半ばにセルフタイトルで発売!!オールドスクールにほんのりとメタリックを足し若干のエモさハードコアパンクな疾走感、モダンオールドスクールハードコアパンク!ワクワクが止まらない一枚!WesはCold Caveでも活躍してるよね!








Turnstile

Turnstile – Time & Space
大出世!Code Orangeと同じくRoadrunnerに移籍、アルバムTime & Spaceは2月の23日に発売、ハードコア好きなら誰もが知っている現行ハードコアシーンの中でもNo.1の人気、来日も経験で日本でも爆発的人気のTurnstile、すでに新曲も数曲公開でハードコアの枠を超えて人気が爆発しそうな予感です!今作も国内版が発売されたらうれしいな!







Wolfpack Loathe

Wolfpack – Loathe
おフランスはパリ産ビートダウンハードコア、アルバム「Loathe」は3月に発売!前作はEurogy、今作はBDHW、まだ新曲は公開されていないがユーロ圏内ならではのThugいへヴィーサウンドに鉄板のビートダウン、そしてメタリック、ニューアルバムではさらに進化しているのか!気になる!







BDHWつながりでいうと新曲の安定感もッパなかったBORN FROM PAIN、そしてビートダウン系では何よりも楽しみなのがWORDS OF CONCRETENasty好きだったら間違いないんだけどそれだけじゃなくドラマチックな要素もプラスさせているあたりがツボなんですよね、アートワークもまだ発表されていないけど新曲が公開!





Die Young

Die Young – The God In Which We Suffer
テキサス産、Good Fight Musicから2月初頭に発売されるニューアルバムThe God In Which We Suffer、ミリタント・ヴィーガン・ハードコア!ミリタントでメタリックでありモッシー、ハードコアのいろんな要素が楽しめる最高なバンドだと、新曲も数曲公開、







ハードコアも本当に幅広いですよね、気にったバンドから徐々に掘り下げてあなたが本当に好きなハードコアバンドが見つかると嬉しいな!

なんの発表もないけど、TerrorAgnostic FrontMadballあたりが今年に新譜出してくれないかな~(切望)

僕の周りのハードコア好きは「え、そんな曲あった?」ってよく突っ込まれるんだけど、しっかりepもWisdom In Chainsとのスプリットだけど発売しているんだけどな~!最後はMadballのFor the Causeでお別れです!

河内野

追伸:
そうだ、ハードコアじゃないけどSleeping giantの新譜も発売だね、解散が決定しているのが悲しい・・・・

【ポジ散歩】「Agnostic Front」のキャップ+コーチジャケット、「Power Trip」のワッペン装着の迷彩ジャケット装着で「福知山 ポッポランド」にいってきた!

Agnostic Front

雪すごいね!関東の都心部でも結構積もったようで、こちら舞鶴は毎年積もるんで、全く混乱もなく、いつもの平常営業、気温は0度と極寒な毎日ですが・・・


今日はコーデブログのためお出かけ、目的地を通る山道は60cm以上の積雪なんであきらめて目的地を変更。


今年の3月に閉館してしまう、京都は福知山市にあるポッポランドに行ってきた!


装着アイテムは

Agnostic Front スナップバック
・デザートカモジャケット(XLサイズ)Power Tripのワッペン装着
・Agnostic Front コーチジャケット(XLサイズ)廃盤
Dynasty スラッシャーサンプリングプルオーバーパーカー(XLサイズ)
Suicidal Tendenciesのロングスリーブシャツ(XXLサイズ)
・ブラックパンツ(33インチ)
・Afterbase ファイヤーパターンソックス
・Vans オーセンティックNYロゴ(29cm)

まずは福知山の市役所に車を止め、新町商店街へ!

パワートリップ

レトロ雰囲気、昭和な世界が広がる、看板がたまりません!買い物客はゼロ、雨に濡れないためか商店街を何度も往復するランニングマンのみ、

レトロ

大好きな人間観察を使用も人がいない、ベンチで休憩中。

アグノスティックフロント

この日は寒すぎたんで車の中に常備しているジャケットを取り出して装着しているんだけど、Power Tripのワッペンを装着しオリジナルなジャケットにカスタムしてます。

Power Trip ワッペン

このカモジャケットはスラッシーなバンドのワッペンで固めようかと、以前着用していたデニムジャケットはDeathwish系などのアンダーグラウンドなハードコアバンドのワッペンでカスタムしていく予定、出来上がったら紹介するね!

インテグルティー

高齢社会ってことでおじいちゃんになったら商店街で婦人服とバンドマーチを一緒に取り扱うお店を経営したいなんて・・・思ってないですwwにしてもこの雰囲気、「味」出すぎでしょ!!

BL18124007

意外とこの商店街長い、またしてもベンチで休憩、今日着用のカモ柄のジャケット、本気のミリタリーアイテム、とにかく重いんで肩が凝りますwwしかしアームホールのでかさ、ビッグなシルエットは気に入ってます!

BL18124008

そうそう、最近は雨や雪多いじゃん、このジャケットにしろインナーのコーチにしろ防水スプレーがマジ役立つぜ!

商店街も終わりに差し掛かったとこでポッポランドの看板が出現、

ポッポランド

福知山鉄道館ポッポランド

福知山鉄道館ポッポランドは、京都府福知山市内にある鉄道保存展示施設である。かつて北丹鉄道で使用されていた品々を展示するために、地元の新町商店街事業協同組合により1998年に設立された。 ポッポランドが使用する建物は、1933年竣工で、三ツ丸百貨店として建てられたものである。
所在地: 〒620-0029 京都府福知山市下新32
時間: 営業中 ⋅ 閉店時間: 17:30
電話: 0773-23-5430

ウィキペディア参照

Dynasty

早速突入、入り口には「ミニSL」や昔の看板や標識などレトロな世界が広がる。

福知山ポッポランド

運賃表の値段と「大人」子供ではなく「小人」ってのにびっくり

アグノスティックフロントキャップ

入り口には超絶イケメンの鉄道員、完全に手書き、「落書きか!」と言わんばかりのヒゲがシュールである!

BL18124013

このポッポランドは無料で入場できるんだが老朽化のため今年の3月で閉館になるようだ、

ポッポランド

巨大なSLの車輪がお出迎え、とにかくデカい、

スーサイダルテンデンシーズ

キャップ好きの僕は車掌さんの帽子などに興味津々、ちょっとかぶってみたかった・・・・・

NYHC

今日かぶっているのはAgnostic Frontのネイビーカラーのキャップ、再度のNYのロゴとキックスのNYロゴを合わせてみました。

アグノスティックフロント キャップ

バックはアルバムタイトル「AMERICAN DREAM DIED」の刺繍、epなどの発売はあるけどフルアルバムは2015年からもう3年近く経過、そろそろ発売されないかな~!

リアルに再現された福知山市のジオラマ、自分が小さくなってこのミニチュア世界に突入してみたい。

ジオラマ 福知山

無料で、間近に懐かしい国鉄時代の車両や看板、制服、資料などが見れる貴重な場所であることがわかる、閉館てのは悲しいね。

鉄道

やはり興味があるのは帽子、キャップでした。

今日のコーデはとにかくビッグシルエットで下半身はスリムに、ソックスでアクセントを持ってきたコーデである!

Power Trip Merch

しっかり堪能しポッポランドを後にしました。商店街を歩き路地を見つけてはワクワクしながら本日も楽しいお散歩でした!

Dynasty ハードコア

雪には気を付けてね!

BL18124021

次回はどこに行こうかな?

河内野


撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

Agnostic Front スナップバック
・デザートカモジャケット(XLサイズ)Power Tripのワッペン装着
・Agnostic Front コーチジャケット(XLサイズ)廃盤
Dynasty スラッシャーサンプリングプルオーバーパーカー(XLサイズ)
Suicidal Tendenciesのロングスリーブシャツ(XXLサイズ)
・ブラックパンツ(33インチ)
・Afterbase ファイヤーパターンソックス
・Vans オーセンティックNYロゴ(29cm)

2018年のトレンド予想から注目すべきバンドマーチをリストアップ!

HEIW17915009
続々と来日が決定していくね。


「俺の10枚」でもよく名前の挙がったAlazka、そしてCounterpartsStray From The Path そしてAttila、ゴイスーだね!あなたはどんなバンドマーチを装着し参戦するのか気になる。

Attila Counteroarts Stray From The Path

ライブでのバンドマーチの着こなし、普段着としての着こなし、そしていざって時、例えば、もうすぐやってくる悪魔のバレンタインなどね。



ライブはやっぱり動きやすさ、快適さを求めるじゃん?、お出かけ、デートなどでは普段着、おしゃれアイテムとして着用していると信じているんだけど、、、「ライブでしか着ね~よ!」ってことはないよね….

都心ではなく地方ってことでそこまでライブには参戦できない僕としては、「常にバンドマーチを普段着としてどうやってオシャレに着こなそうか!」と常に考えているわけで、ただライブで着用するアイテムではなくおしゃれアイテムとして着用してほしいからファッションや、そのトレンドの話もいっぱいするわけ、前回のブログみたいにね。



前回は2017年のトレンドの答え合わせ的なことをしたけど、今は2018年、これからのトレンドにも注目していかないといけない。音楽に関してや音源をあさるととも、これでも服飾の専門学校行ってたもんでファッションの記事を見まくるのも大好き、数多くの「2018年トレンド予想」をチェックしました、中でも気になるものをピックアップしていくとともにバンドマーチにどう活かせるかを考えていく!

BLG161201052-0


・プリントや刺繍は「フラワーモチーフ」

なんか毎年トレンド予想のワードで聞いている気がするんだけど、以前と変わって「刺繍」ってのがポイントだね、バンドマーチでも刺繍アイテムは急激に増えてきている。


柄ではなく、ワンポイント、刺繍ってので思い浮かぶのがこれらアイテム。


BL180118003

ほぼダッドハットになってしまったけど、


Ambleside /アンブルサイド – Shape Me ダッドハット
Picturesque/ピクチャレスク – Rose ダッドハット・キャップ
Counterparts /カウンターパーツ – Flowers ダッドハット・キャップ


これらのようなシンプルだけどアートなフラワーデザイン、刺繍ってのは予想ではなく実際に流行ってきているのを実感できる、Hundredthは刺繍ではないが以前に流行っていたようなロゴ内を花柄にするのではなくフラワーを大胆かつシンプルに使用するデザインが2018年はポイントである!

キャッチーなロゴデザイン

一般でもトレンドであったロゴデザイン、企業名がそのまま入ったシャツ、Kappa(カッパ)、FILA(フィラ)などはストリートでもよく見かけた。キャッチーっていう部分がポイントになるんだと思うが、キャッチーとは「印象に残る」、「覚えやすい」っていう解釈をすると、バンドを宣伝するツールとしても使われてきたバンドTシャツはキャッチーなのである、デスロゴなどは決してキャッチーではないがww


控えめに胸にワンポイントのバンドロゴとかではなく大胆にバンド名やバンド名と一発で分かるアイテムが増えていくのかもしれない!僕らからすると誰でも知っているConvergeのJane Doeデザイン、それをさらにキャッチーに仕上げたのはこのConverge / コンヴァージ – Flower Mashup Tシャツだと思う。


コンヴァージ

ロゴというかエンブレムだな、僕も愛用しているSUICIDAL TENDENCIES /スイサイダル・テンデンシーズ – Dog Town ロングスリーブシャツ

SUICIDAL TENDENCIES /スイサイダル・テンデンシーズ

キャッチーなロゴデザインだよね、キャッチーっていう部分が人それぞれとらえ方が違うけどシンプルにバンドロゴをドド~ンと落とし込んだデザインってことにしよう。




・リゾート気分を漂わせるレトロリゾート retro resort

サウンドからもマーチのデザインからもリゾートといえばCHONを想い浮かべてしまうんだが、南国、ヤシの木、海の生き物などと説明されていたがそうなればやはりCHONだな。


チョーン


まさにレトロなリゾートアイテムがCHON / チョーン – Beach Vibes 総柄Tシャツである!こういったリゾート感あるアイテムをリゾートで着るのではなく、街で着用するのがポイントである。



・服の「解体」や「トランスフォーム(変形)」

よく見かけるトランスフォーム、これは完全シルエットで勝負するモード好きのためのキーワードだがバンドマーチでも自分でカスタムできるのなら「解体」や「トランスフォーム(変形)」をしてみよう。例えば
種のTシャツを左右違うアイテムでつなげたり、Ma-1の袖だけ取っ払ったり、己の個性を出せってことね、これは実践するのは難しいが自分だけのバンドマーチを作りたい場合は相談に乗りますよ~!



・トップスのビッグシルエット

17年からこのキーワードは良く聞いてきた、バンドマーチでは14年あたりから実践している人が多かった気もするが、パイオニアはバンドマン??ま、この話はいったん置いといて、僕が始めた理由はお腹のぜい肉を隠すため!ってのはマジで本当はスタイルがよく見えるってことでトップスはビッグに、下半身は細目っていうスタイリング、18年のトレンドっていうかこの先も続きそうな合わせ方である。お気に入りのビッグシルエットアイテムは腕回りも太いMa-1(ボンバージャケット)を使ったコーデ。わかりやすいのは



Polyphia/ポリフィア – David ボンバージャケットMA-1を装着したMVだね。




Ma-1(ボンバージャケット)ってのはマジ優秀なアウターである。ロンドンファッションウィークSS2018でのストリートスナップをアップしていたapparel-webでも「今期の主役は「MA-1」!はっきりと出た支持率」という記事がある!シルエットの見え方で個性がでる!さらにそこに個性を出すバンドのデザインが落とし込まれる、今期も多くのMa-1(ボンバージャケット)が発売される予感がする!

僕はこのPolyphiaEverytime I DieそしてTerrorのMa-1(ボンバージャケット)を所有しているが一番はTerrorのMa-1がお気に入りである。廃盤だけどねww

HEIW17915007

今のような真冬だと中にパーカー、春先はインナーにロンTやTシャツと、秋冬春と3シーズン愛用できるマストアイテムです。Ma-1(ボンバージャケット)に限らずパーカーやTシャツ、ロンTもワンサイズアップで装着してみてはいかがだろうか!

Gジャン/デニムジャケット

こちらもビッグシルエットで羽織るのとジャストサイズでインナーとして装着するのもトレンドのようだ。バンドマーチではめったに出てこないデニムジャケットだけど、ワッペンやピンバッジ、エナメルピンなどでカスタムしてもオモシロイよね。

HEIW17915008

色的には淡いブルーがトレンドのようだが、僕が狙っているのはロック色の強い暗黒色の強いブラックだね!反骨精神なのか天邪鬼なのか、トレンドを取り入れるにしてもやはり差をつけたいからね僕は春のコーデに向けてブラックを購入します!

ブラックのデニムジャケット販売されないかな~~!(⇚ 重要)

トレンドになるであろうデザイン、そして重要なシルエット、トレンドをまんま取り入れるのではなく自分なりに解釈しバンドマーチの中の一部として取り入れるのが理想的だ。

全身トレンド糞野郎にはならないように!

2018年はライブでも街でも「あいつイケてんな~!」と視線を集めましょう!



また定期的にバンドマーチ x トレンドの話していきま~す!!

では!

河内野

「俺の10枚」1万円クーポンの当選者を発表!

BLTSno.118-0115001

2017年度「俺の10枚」アンケート、総勢43名、合計:430枚、の投稿がありました!昨日アップした430枚の中の最強な一枚を決定するブログは見てくれた?そして、


お待たせ!

今回はお約束の1万円クーポンの当選者を発表するぜ!

BLG161201052-0


まずは投稿してくれた43名の名前を記入!100%間違いないけどあなたの名前があるか確認しておいてね!
Positivedive



まずは横にカット!

アンケ

縦もカット!!

BLTSno.118-0115004

43名のクジをBOXに投下!!
くじ引き

ボックスをシャッフルしクジ取り出し先を作成!!
BLTSno.118-0115006

それではいよいよ、くじ引きを開始!!!!!

BLTSno.118-0115007

BLTSno.118-0115008


見事1万円クーポンをゲットしたのはササミさん!!!

おめでとうございます!

あとでメールさせていただきますね!

当選はしなかったけど参加してくれた42名の仲間たち、ありがとう!感謝感謝です!!

こういったイベントも半年に一回はできるように考えておくね!!

※500円クーポンのメールが届いていない人は教えてね!!


では最後はササミさんが選んだ最強の一枚Volumes – アルバム:「 Different Animals 」から1曲!

では!

河内野