流行中のニューメタルコア好きに聴いてほしいハードコアバンド!

RAP19218

まだまだConvergeとNeurosisの余韻が残りまくっています、本日はラストの東京公演、今日も盛り上がっているだろうね、ネットなどで参戦した人たちの声を見るとNeurosis絶賛している人が多いね!僕も予想外に衝撃的な体験でした、若干鼓膜がやられているんだけど、その反動か、今日は優しいエモバンドで耳を休めているころ、でもやはり激しいバンドサウンドを耳が求めちゃうんですよねwww


話は大幅に変わるのだが、18年度の「最強な10枚」でもちょちょこHIPHOPアーティストが登場しているんで僕たち仲間もHIPHOP好きな人も多いんじゃないかと、以前では考えられなかったんだけど、近年の「日本語ラップ」ブームの影響もあるかと、僕が住むド田舎でもラップバトルのイベントが開かれるくらいだからね、ラップブーム肌身に感じています、USなどでは当たり前のようにチャートの上位を独占しているし、大衆的に人気、日本ではそこまでかな、けどやはり、やはりバックのバンドサウンドがないと寂しんだよね、

そんな中、現れたトラップメタルというジャンル、エモトラップやトラップパンク、バンドサウンドではないものの、いかついベースにスネア、叫び散らかすラップスタイルは僕たちも何か共鳴できる部分もあるよね、以前にも軽く触れたトラップメタルの記事はもう見ていただいただろうか?



なんとなくどういった感じかわかってくれた?こちらのブログに、ありがたいことにコメントを「とおりすがりさん」からいただいたんだよね。内容から見ると、多分僕たちサイドではなくHIPHOPが大好きな方だと、そのコメントの中身は、

ここに上げた音楽、似てるようで明確な線引があると思います。

トラップはゲットーの仲間内で集まる家(そこでレコーディングをしたり、ドラッグを精製したりする)に語源があるようにHIPHOPにベースがあり、HIPHOPはどこまでハードな音になろうがHIPHOPでそもそも精神性が違います。

それはリリックや音に現れていて、曲をリリースして注目を浴び、金を稼ぐと同時に彼らの生活の現実を社会に周知させることも目的の一つになっています。

自分はそういうHIPHOPが好きなので、ここで紹介されているもののいくつかは好きではありません。

似たような音なのに再生数に大きく違いがあるのもそのような理由だと思います。

もちろん好みは人それぞれなので批判するつもりはありません。


とてもありがたいコメント、「とおりすがりさん」ありがとう!!


曲をリリースして注目を浴び、金を稼ぐと同時に彼らの生活の現実を社会に周知させることも目的の一つになってるという点などを踏まえると、「とおりすがりさん」が言うように僕たちが好きなラップを取り入れたバンドとは大きく違うんだと、ブログでも紹介したAttilaのFronzのやり口はどこかHIPHOPを感じさせるね、とはいってもHIPHOPサイドから人気があるわけではないから、HIPHOPをメインに聴いている人からするとやはり違うのか・・・




「とおりすがりさん」のコメントを見てHIHOPという文化、精神性という点を考えると、僕はHIPHOPではなくラップが好きなんだと、気づかされました。バンドサウンドにラップがのる、クロスオーバーなバンドが好きなのである!近年出てきたニューメタルリバイバルなバンド、メタルコアサウンドにラップがのる、90年代のニューメタルのムーブメントほどの爆発した人気はないけどまだまだ注目のジャンルであることはマチガイナイ!

ここ近年メキメキと人気が出てきている、Afterlifeなんかもラップボーカルとグルーヴ感あるサウンド、歌えるキャッチーなクリーン、わかりやすいサウンドはもっと人気が出ても良いかと、


僕たちの中ではトレンドなニューメタルコアというサウンド、実はこのリバイバルが起こる前からラップを取り入れているバンドが数多くいるのは知っているよね、メタルコアとクロスオーバではなくハードコアとラップのクロスオーバーしたバンドが僕は昔から好きなんですよね、当時のニューメタルブームの時も天邪鬼な性格か、そこまでハマることもなく、ブームになったラップコアとは違うラップ(ハード)コアにどっぷりとハマった時期があった。


ということで今回はニューメタルコア好きにもオススメのラップを取り入れている、イケイケでサグくストンピンなハードコアバンドたちのセットリストを作成したのであなたの好みのバンドを見つけてください!

ore10005

ビートダウン系が多くなってしまいましたねww、ニューメタルを取り入れたメタルコアとはまた違うサウンド、根本にあるのはハードコアという点で似ているようでまた違う良さがある、あなたが求めているサウンドも一つはあるはずなのでぜひチェックしてみてください!


HIPHOPと僕たちが愛するバンドたちとは精神性が明らかに違うのもわかっていますが、Hiphopであろうと、メタルコア、パンクやハードコアであろうとそれぞれの素晴らしいカルチャーを知って
音楽を聴くとすごく楽しいですよね!!


見た目やサウンドだけで判断してくるフェイクや、ラップをしていればHiphopだというフェイクも一定数いるので仕方ないですが、ディグ精神でいろいろと掘り下げていくととても楽しいことに気付いてほしです。



けど精神性も含めてのジャンルという点ではハードコアバンドなどとも似た部分があるのかと感じています。精神性の内容という点では違うのですが、それぞれのカルチャーが上手く融合し明確な線引があるとしても、うまく混じりあって良いとこをサンプリングしあえば細かいジャンルは違えどおもしろいものが生まれるかと思っています。


ニューメタルを取り入れたメタルコアも少しサウンドが似たり寄ったりかなと感じる部分もある、突き抜けているバンドが今後出てくるのか?このまま当時のニューメタル全盛期のように同じようなサウンドがあふれかえり、結局下火になってしまうのか?そこらへんもしっかりと追いかけてみようかと、



メタルコアやハードコアでもないパンクやUKらしさをミックスしたRAT BOYなんかは飛びぬけているよね!ほんのりBeastie Boysなんかも感じさせます!

彼らはスタイリングもステキ、オールドスクールなスケートとUKならではのセンスをマッチングした彼らのコーデは絶対に参考にすべしです!

何度も同じようなことを言っているけど、もう一度言うとHIPHOPにしろ、メタルコアやポストハードコアにしろパンクやハードコアもポップスもテクノもろくに聴かずにサウンドを批判する頑固な親父にはなりたくなくね、幅広く聴いてその背後にあるカルチャーまでも知っておくと本当に音楽は楽しい、本当に好きなものは自然にディぐりたくなりますもんね、どこ出身?どのレーベル、どんなメッセージ性、ファッション、思想まで、そういう深部までディグっている人はは見た目でわかる気がする、いや多分わかります、「とおりすがりさん」のように柔軟かつしっかりカルチャーや精神面な部分でも深くディグできる人でありたいと思っています!貴重なコメント本当にうれしかったです(^^♪ありがとう!



では!

河内野






追伸:
全く知らなかったんだけどハイセンスなPure Noiseからまたまたハイセンスなバンドのハイセンスな音源が発売されるよね!スカやファンク、R&B、ヒップホップのテイストをごちゃまぜにしたミクスチャー、Just Friendsこちらも要チェックだね!Pure Noiseやっぱスゲーな!

【18年-年間ベスト】「関野さん」が選んだ「最強な10枚」【No.13】

ORE131225002
クリスマスもようやく終わりを迎えそうだwww12月は残り6日ボッチで行動することが今年も多かった、バンドマーチを着用し出かけた先には必ずと言っていいほど設置されているリア充専用のハートのヤ~ツ、どこ行っても「恋人の聖地」と表記されている!各地の観光協会さんよ~!ボッチの聖地も作ってください!




さてさて、良い暇つぶしになるとともに最高な1枚に巡り合える2018年度「最強の10枚」も12回目を迎えました!今回はどんな名盤が登場するのか?しっかり一枚づつチェックして名盤を見つけよう!



ore10005

ore10006



ABORTED / TERROR VISION

1枚目:ABORTED / TERROR VISION”
記念すべき10枚目のアルバム「TERROR VISION」で幕を開ける!ベルギー産デスグラインド!!相変わらずな無慈悲なブルータルサウンドであり、前作から増えてきたテクニカルな要素、幽玄なメロディも随所に見れ毎回サウンドの幅が広がっていると感じている!メロデス、テックデス、デスラッシュ、プログデス、グラインド好きも納得してしまう完成度、そして毎回楽しみなアートワークもグッド!文句なしのデスメタルの名盤です!!










OBLITERATE / IMPENDING DEATH

2枚目:OBLITERATE / IMPENDING DEATH”

夏ごろに関野さんに教えてもらってからハマったデスコア、直球なデスコアサウンドに期待を裏切らない凶悪なブレイクダウン、カナダ/ケベック州出身、約6年振りとなる2ndフルアルバムCRYPTOPSY のギタリスト、Christian Donaldsonが、プロデュース、ミックス&マスタリングを担当ってことでパーフェクトな仕上がり
!今年前半はデスコアほとんど聴いていなかったときに現れたOBLITERATEのIMPENDING DEATH、闇世界にしっかり引き戻してくれた一枚である!









CHELSEA GRIN / ETERNAL NIGHTMARE

3枚目:CHELSEA GRIN / ETERNAL NIGHTMARE ”
Rise産デスコア、5枚目となるアルバム「ETERNAL NIGHTMARE 」である!元LORNA SHOREのトムが入っての新体制で不安いっぱいだったけど、期待を大きく裏切る名作が誕生しましたね!LORNA SHOREのトムが入って大正解!それぞれ圧巻の存在感を出し究極のデスコアサウンドの頂点にたどり着いたのではないかと思わせてくれたまぎれのない名盤ですね!関係ないけど正統派WHITECHAPELの新譜も楽しみだ!










FIVE FINGER DEATH PUNCH / AND JUSTICE FOR NONE

4枚目:FIVE FINGER DEATH PUNCH / AND JUSTICE FOR NONE”
米国で絶大な人気を誇るヘヴィ・メタル・バンド!間違いなく現行のへヴィ・ロック/ヘヴィ・メタル界のトップに君臨するバンドの最新アルバム「AND JUSTICE FOR NONE」よりヘヴィーにキャッチーに、わかりやすい!!!とにかく聴いていて気持ちが良いんですよね!売れているからというだけでの聴かず嫌いはもったいない!とにかく1曲1曲の完成度が高い、オフスプのカヴァーも5FDP節で最高でした!再生回数は4000万越えって・・・









GAMA BOMB / SPEED BETWEEN THE LINES

5枚目:GAMA BOMB / SPEED BETWEEN THE LINES”
ダサイダサすぎる!(誉め言葉)今までとは違うレトロなC級メタル感満載のレトロフューチャーなアルバムジャケットにまずびっくりしたがサウンドは安心!!いつものスピード感満載のエネルギっシュなクロスオーバー/オールドスクールスラッシュサウンド!遅刻しそうな時に聴いたらスピード増し増しです!このデザインのTシャツほしいな~!この絶妙なジャケットデザインはKurt Russellね!覚えておこう!










PARKWAY DRIVE / REVERENCE

6枚目:PARKWAY DRIVE / REVERENCE”

賛否両論だった6枚目のアルバム!REVERENCE!!オーストラリアはバイロン・ベイ出身のメタルコア・バンド!オーソドックスなメタル色が強くなりメタルコアな要素が衰退しているが、なんせセンスがずば抜けているから1曲1曲が素晴らしい!とてつもなくでかいアリーナ級のワンマンでも映えるサウンド、良いものは良いと断言できる一枚なのである!










CANE HILL / TOO FAR GONE

7枚目:CANE HILL / TOO FAR GONE”
ルイジアナ州ニューオーリンズ産、ニューメタル・リヴァイヴァルの中でも群を抜いて人気のCANE HILLから2枚目のアルバム「TOO FAR GONE」がランクイン!ボーカルのElijahの狂気じみた歌唱、Coal Chamber、KORNなどのな不穏な空気感あるサウンドが懐かしくも新しい!前作に比べ骨太にクリーンで歌うパートも増え聴きやすくもなったイメージ、今後はとんでもなく人気が出そうな予感がしますね!










ALPHAWOLF / MONO

8枚目:ALPHAWOLF / MONO”
オーストラリアのタスマニア州バーニー産メタルコア!Cane Hillとともにニューメタルを取り入れ独自に昇華させタサウンド、Cane Hillよりも不穏な空気が漂っている!Sworn inなどを連想させるよね!そして何よりメンバーがオシャレ!スタイrングの参考になるからぜひインスタなどはフォローしておいたほうが良いよ!こちらも次回作などで化けそうな予感、期待させるバンドである!










LOUDNESS / RISE TO GLORY-8118-

9枚目:LOUDNESS / RISE TO GLORY-8118-”

誰しもが知っているであろう、日本を代表するヘヴィ・メタル・バンドLOUDNESSから約4年ぶりの新作「RISE TO GLORY-8118-」がランクイン!正直言うと中学生以来、20年以上の時を経て今回ちゃんと聴いてみました!あの頃と同じく全くぶれずにヘヴィーメタルをプレイしている!とともにリフカッケー!I’m Still Aliveなんかは超好みでした!ヘヴィーすぎず軽やかなサウンドはとても聴きやすく、取っ手もライブ映えしそうだ。これぞ日本を代表するヘヴィ・メタル、ラウドネス!!過去作も掘ってみます!









呂布カルマ / SUPERSALT

10枚目:呂布カルマ / SUPERSALT
まさかのラウドネスの後に呂布カルマ!!このふり幅はびっくりですが、SUPERSALTは間違いない名作ですよね!バトルなどの印象が強いけど、音源がクソイケてますよね!言葉の重みが、トラップ重視のラッパーとは違う!不穏でダークな世界観でありリアル、僕は彼の楽曲では「俺の勝手」が一番好き!アルバムではヤングたかじん、そしてラスト2曲YABO、CALM DOWN が神がかっています!ヒップホップが苦手な人にも聴いてもらいたい一枚ですね!









ore10007

ABORTED / TERROR VISION

ABORTED / TERRORVISION









ore10008

ALPHAWOLF/BLACK MAMBA









ore10009

ATTILA / PIZZA









ore10010

OBLITERATE / IMPENDING DEATH

OBLITERATE/IMPENDING DEATH









ore10011

Disturbia Clothing/メッセンジャーバッグ

Disturbia













No.1にえらばれたのはABORTED の TERROR VISIONサウンド含めジャケットデザイン共に名作でしたね!名曲にはALPHAWOLFのBLACK MAMBA、不穏な空気を出しつつブレイクするパートはたまりません!そしてミュージックビデオ大賞にはATTILAのPIZZAと衝撃のビデオ、僕はパイナップルありですwwwそしてジャケットオブザイヤーにはOBLITERATEMのIMPENDING DEATH、惑星直撃前の絶望的すぎるデザインがサウンドとリンクしていますね!そして18年度お気に入りマーチにはDisturbiaのミニショルダー、これは僕も18年度一番活用したグッズかもしれない!デスコアやデスに始まりニューメタルなメタルコアからのまさかのラウドネスからのさらに以外だった呂布カルマ!ふり幅広いっす!!!!!!
関野さん、最高10枚ありがとう!




まだまだあなたからの2018年度「最強な10枚」募集中です!




【18年-年間ベスト】「トトさん」が選んだ「最強な10枚」【No.11】

ORE181221002

2018年も残すところ9日12月も20時かを超えると一気にクリスマス色が強くなってきたね!今年も何事もなかったかのようにクリスマス、クリスマスイブを過ごすのだろうか、ここにきて奇跡は起こらないだろうか?起こるはずもない!!!僕には最強の音楽、最強の10枚があるからクリスマスなんて忙しくて・・・・と保険をかけておくwww



ということで今日はブログ喜怒音楽 -きど”おと”らく-でおなじみのトトさんによる「最強の10枚」をチェックして行こう!!



ore10005

ore10006



Ailiph Doepa『OXYGEN』

1枚目:Ailiph Doepa『OXYGEN』

耳から取り入れる”酸素”
やっぱり1枚でこんなに多様性のある楽曲をぶち込めるのは日本のバンドならでは。











Bad Wolves『Disobey』

2枚目:Bad Wolves『Disobey』

ハイキャリアのメンバーから為るスーパーバンド。


The Cranberriesの”Zombie”カバーは2億再生目前!



トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Bad Wolves『Disobey』ハイキャリアなメンバーから成るバンドのデビュー盤!










Dance! No Thanks『Bright Lights - EP』

3枚目:Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』

イタリアのPOP PUNK4年ぶりの新譜。CNCCのBertがゲスト参加してる曲もあり、POP PUNKリスナーはマストチェックなバンドです。



トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』4年ぶりの新EP!










Day Seeker Dreaming Is Sinking /// Waking Is Rising (Reimagined)

4枚目:Day Seeker『Dreaming Is Sinking /// Waking Is Rising (Reimagined) – EP』

昨年リリースしたアルバムのReimaginedという名のPiano ver的EP。Linkin Parkの”Crawling”カバーは胸熱。










ERRA『Neon』

5枚目:ERRA『Neon』

Crystal Lake主催TRUE NORTH FESで来日。


音源再現レベルのクリーンボーカルは圧巻でした…














From Ashes To New『The Future』

6枚目:From Ashes To New『The Future』

全盛期のニューメタルを彷彿とさせる現代バンドはBackWordz、Sylar、そしてFrom Ashes To Newの3強。1stからスクリームボーカル変わりましたが、2作目も良盤です。

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
From Ashes To New『The Future』若手ニューメタル筆頭バンド2枚目の作品









IIVU『NECTAR - EP』

7枚目:IIVU『NECTAR – EP』

流行りのシティポップとR&B色を掛け合わせたようなお洒落サウンド。



R&Bロックの流れが日本のアングラシーンに徐々にキていますが、その中でもイチオシ。











Main Line 10『Better Together』

8枚目:Main Line 10 『Better Together』


スペインのパンクバンド。

待望の国内盤には前作EP曲全部入り、Rise Aganist、Linkin Park、Xmasソング”Not Without You”のカバー曲入りと大盤振る舞い











Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』

9枚目:Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』

harpTone Recordsからの新星EASYCORE。For The WinやSink The Ship、Abandoned By Bearsあたりのヘヴィさ重視のEASYCORE好きならきっとハマる!

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』









WSTR『Identity Crisis』

10枚目:WSTR『Identity Crisis』

今年Hopeless Recordsと契約したバンド2枚目の新譜。悪ガキ声のボーカルに、陽性サウンドばかりを収録した明るく楽しい1枚は今年の隠れた良盤。

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
WSTR『Identity Crisis』明るく楽しく王道POP PUNKを鳴らす2枚目!













ore10007

Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』

Dance! No Thanks『Bright Lights - EP』









ore10008

Ice Nine Kills”IT Is The End”

ホラー映画『IT』を歌ったシアトリカル+ポスコア!ここにLess Than Jakeのホーン隊がゲスト参加し、スカ要素も加え、賑やかだけどダークな世界観は最高です。









ore10009

Attila”Pizza”









ore10010

We Were Sharks『Lost Touch』

We Were Sharks『Lost Touch』









ore10011

11月にポジに投稿したコーデに、お気に入りが全て入っていますw

ありがとうございます(^_-)-☆!!









今年の10枚は良盤、広く知って欲しいバンド(アルバム)を挙げました。(最強の10枚ではなくすいませんw) 最強の10枚は年末にブログで書きますんで、是非チェックを!”

トトさん、最高10枚ありがとう!

全く知らなかった、Ailiph Doepa『OXYGEN』、IIVU『NECTAR – EP』、そして一番の気に入りはMain Line 10『Better Together』でした!高速メロディック最強です!そしてDay SeekerのCrawling感動しました!見事最強の1枚にえらばれたDance! No ThanksのBright Lights、寒い今こそ陽なポップパンクが染みますね(^^♪!


トトさんのブログで近日発表される「最強の10枚」もチェックだね!!!!
喜怒音楽 -きど"おと"らく-




引き続きあなたからの2018年度「最強な10枚」募集中です!




ハイブランドのデザインが好きなら「ポリフィア」グッズか「ステイシック」の新作でしょう!

ステイシック

寒いぞ~~、こちらは14℃パーカーコーチジャケットクルーネックのトレーナータンスに封印するにはまだまだ早いね!


この気温で友人は普通にTシャツで事務所に遊びに来たけどww「寒くないん?」と聞くと、沢尻エリカ並みに不機嫌な顔で「別に・・・」鳥肌立ってるし・・・と思いながらも突っ込まず、音楽の話で盛り上がった、今日のような「雨の日のBGMはMayday Paradeだ!」という友人はRise Recordsに移籍したことがあまりうれしくないそうだ。理由は「Riseからは新譜が出てもグッズがあまり発売されなくなる」からだそうだ。


確かに!と少し納得するもメーカーを見ると豪華なバンドルセットがたくさんあったから一概にはそう言えない気もする、Riseに限らずショップを始めたころに比べるとどのバンドもグッズの販売数が減っている気もするんだが・・・・・



Mayday Parade先日新曲が公開されたね、




相変わらず涙腺を刺激するエモいソングが染みる・・・今年のワープドツアーではメインステージでの出演が決定、海外での人気は相変わらずすごいよね。


Mayday Paradeもハードコアも大好きな友人との音楽話も盛り上がり、そこから嫁に対する不満を永遠と聞かされてしまった。「ハイブランドが好きすぎる」という悩みだそうだ。

グッチバッグ

その嫁が狙っているグッチのバッグは10万を超えるそうだ、友人いわく


「あんな小っこいバッグで10万だぞ!」

「俺には理解できない」

「バンドT100枚買うは!!」

いやいや、10万円ではバンドT、100枚は買えないけどww、確かに高いよね!実は僕もグッチは好き!って言っても1点ももっていないよwwヴィトンやシャネルより、個人的なんだけどデザイン的にイケてるって思うんだよね、ヒマだったらグッチショップチェックしてみ


一昔前はね、お金持ちか成金、キャバ嬢、無理している大学生が持っているのがハイブランドってイメージだたんだけど、今ではねストリートとの距離も密接で、ヒップホップカルチャー、特にカニエ・ウェストの影響力からハイブランドとストリートとの壁がなくなりつつある。

最近ではヴィトンとコラボしたSupremeやバーバリーとゴーシャ、どのハイブランドもこぞってドロップするダッドハット、などなどストリートでありスポーティーでありゴージャスな印象をすごく感じる、ハイストリートブランドもここ数年は人気だしね、ま、お金が有り余るくらいあっても

バンドマーチ買うけどww

あえてサンプリングしているバンドマーチはめっちゃ好きだけどww以前にブログでも紹介したCold Worldのグッチサンプリングマーチとかね!

Cold World コールドワールド

CWはもちろん廃盤だけど、Polyphiaのグッチサンプリングはまだ手に入るよ!

polyphia グッチ

そして先日からサングラスプレゼントのイベント開催中のステイシックの新作でもグッチ・サンプリング・デザインあるよね!



Stay Sick グッチ



ストリートでも今人気のグッチのブートレグ、(ブート版、ブート盤、海賊版)いわゆる「勝手につくちゃった!」アイテムが人気なのはストリート好きならご存知ですよね。


ロゴをステイシックの「S」と「S」を組み合わせたエンブレムにしている時点でパクリでもバチもんでもブートアイテムでもないサンプリング、リップオフ作品なんだけど、これはやばいよね!

グッチほしいけど高いから買えない!

ではなく

ステイシックがグッチをサンプリングしているからほしいのである!


正直ステイシックなんてふざけたブランドじゃん(※誉め言葉)そのステイシックセレブ御用達の高貴なグッチをサンプリングしているから魅力を感じるんです!このニュアンスわかってもらえるかな・・・・

ハイブランドをサンプリングしていることから高級感もアップするしね、それもまた一つの魅力!

まぁ、気になった方は下記のバナーをクリックしてチェックしてみてください。


BL185102


サングラス(2175円相当)プレゼントは明日5月8日(水曜)夜9時までね!


サングラスの入手方法はステイシックの商品ページにアップされているアイテムと、その他何でも10000円以上のお買い物でサングラスをプレゼントします!



友人には「はい、グッチのシャツ!」ってこのステイシック・シャツをプレゼントすればいいんじゃないかなww速攻ばれてビンタ喰らうでしょうがね・・・

あなたはハイブランドのアイテム欲しいですか?興味ありますか?金がいくらでもあったら買いますか?少し気になりましたww

では!

河内野