【17年度】「ずーしーほっきーさん」が選んだ2017年度「変態的な10枚!」【No.6】

ズッシーホッキー

2017年も残すところ5日をきったぜ!いよいよ2017年も終焉を迎える!!

AttilaのフロントマンFronzillaの自宅に空き巣が入ったようだね、SNSなのではFranzファミリーのセレブな生活が公開されているわけだがFronzってなんであそこまでお金持ちなのかがわからないんだが…..ステイシックでフェラーリが買えるわけでもないし… 空き巣怖いよね、被害が最も多いのが年末ってことであなたも気を付けてね!!

さて2017年度の最強な10枚、「俺の10枚」行きましょう!今回は「ずーしーほっきーさん」が選んだ10枚!


BLG161201052-0BLG161201060

phantom anthem

ただ良いんじゃなく最高なギターメロディ、キラーチューンの連発、「初っ端聴いて最高」、「聴き込むたびにさらに好きになる」そんなアルバムもなかなか珍しい最高なAugust Burns Red の Phantom Anthemでした!








Veil of Maya  false idol

Sumerian Records所属のプログレッシヴ・デスコアバンド、Veil of Mayaは通算6作目「false idol」!!前衛的過ぎるジャケットはとてもインパクトあり、サウンドも幾何学的な複雑だけど計算されている、インテリジェンスを感じさせる傑作、このアルバムも聴くたびに新し発見がある、テクニカルでブルータルでドラマチック、難しいんだけど聴きやすい、いろんな感情を引き起こす妙な感覚にしてくれる最高なアルバムでした。








メイク・ゼム・サファー

オージー産シンフォニック・デスコアバンドMake Them Sufferの通算3作目となるアルバム「worlds apart」さすがのオージーバンド、前作のドス黒さはなくなったが逆にまぶしすぎるほどの光、ホーリーな作品になった印象、ジャンルに縛るのがもったいなく感じる、とてつもない進化を遂げて、今後手の届かない存在になってしまうかも!と思わせる可能性を感じさせてくれた一枚!








シクス

今、活躍するDjentバンドたちにも大きな影響与えたバカテク・カオティック・プログレメタルバンドSikThの11年ぶりの通算3作目アルバム「the future in whose eyes?」このアルバムも回数を重ねるたびに新しい発見があるプログレッシブなアルバム、やはりどこかニューメタを感じさせるあたりもジェントだけではない世界観、無二な存在感は今作でも!そして伸びやかなメロディーは頭に残る、色々なジャンルをうまく融合しているのにゴチャゴチャにならないのが毎回感心しますww








ブラック・ダリア・マーダー


USはデトロイト産メロディックデスメタルバンドThe Black Dahlia Murder、8枚目となる「nightbringers」毎回ハイクオリティーで今作も聴く前から安心していたんだが、今作はより攻撃力増し増し、これ以上強くなるの無理でしょって毎回思うんですが、アルバム出るたびにブレずに強くなる、ブラダリさすがっす!!車のBGMにして何度事故りそうになったことか!!








ダーケスト・アワー

メタル・コア界の先駆者であり常に第一線で活躍するDarkest Hourの9作目のアルバム「godless prophets & the migrant flora」、多少のサウンドチェンジはあるけどブラダリと同じくブレずしっかりコンスタントにアルバムを発売してくれる、聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」というブランドである!しかもレコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!








ウィズィン・ザ・ルインズ

USはMA産テクニカル・デスコアバンドWithin the Ruins、5thアルバム「halfway human」想像を良い意味で裏切るテクニカル具合は他のバンドにはない個性、男臭さあふれるストレートな雄叫び、複雑だけど乗りやすいザックザックのリフはインダストリアルすきにもアピールできるんじゃないですかね、ジャケデザインはもう少し考えてほしかったかなww








コンヴァージ

Converge コンヴァージ」のThe Dusk In Us!個人的には今年のリリースでもっと待ち望んだ一枚!カオティック・ハードコア番長は、やはり神ってました!今作が最高傑作という声もちらほら見るくらいの究極なアルバムなのかもしれない!








ピネハス

Solidstate Records所属のクリスチャンメタルコアバンド、Phinehas、完全にスルーしてしまっていた作品、漢のメタルコアってイメージかオモロなMVもあったような…しっかりチェックしてみます!








ザ・フェイスレス

前作「Autotheism」から5年ぶりとなる待ちに待ったSumerian Recordsからの最新アルバム「in becoming a ghost」はまさにフェイスレスなジャケットデザインで期待感を膨らませ、サウンドは超絶テクニカルでプログレッシヴなデスコアサウンド、いろんな楽器を使用したり難解な展開、妖艶なメロディー、完全に一般人には掘っても掘っても届かない深部まで深化した無二の作品、








BLG161201052

ずーしーほっきー さんが選んだ2017年の最強の1枚
Within The Ruins の Halfway Humanでした!

Within The Ruins/ウィズィン・ザ・ルインズ








BLG161201053

ずーしーほっきーさんが選んだ2017年の最強の名曲
August Burns Redlifelineでした!








BLG161201054

Veil of Maya – Overthrow








ずーしーほっきーさん最強の10枚はどうでしたか~、テクニカルな変態ばかりで、空っぽの脳みそが音の洪水でパンパンになってしまった、Phinehasは完全スルーしてたんで大きな収穫でした!個人的にも大好きなThe Black Dahlia MurderDarkest Hourが入っているのがとてもうれしかった!猪突猛進にがんがんに攻め立てる勢いの凄まじいデスメタルは最高にテンションが上がります!あと持ってるのにあまり聴いていなかったMake Them Suffer の worlds apartがやばいことに今日、気づき…..今では虜ですww



最強の1枚はwithin the ruins の「halfway human」ってことで、最強の10枚の中、within the ruinsがNo.1だとは正直思いませんでした、完全に聴き込みが足りてないからこちらも聴きなおしてみま~す!そして今年の名曲No.1はAugust Burns Red の Lifeline!!3分後半からのギターワークは涙必須ですよね!

ずーしーほっきーさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!










引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

あなたが選ぶ2017年度【俺の10枚】アンケートスタート!

BLG161201022

12月も半ばを迎え残すところ18日!!マジ早ぇ~、あっという間に2018年がやってくる!


個人的ニュースといえば、秋から冬にかけて絶賛増量中、体重が6kgも増えた!!それくらいかなww太った分、着やせ効果を学び、スタイリングの幅が広まったといえばそうだが、できれば痩せたい、年末年始で暴飲暴食は止まらないだろうし、このまま体重を増量させとことん行ってみるのも良きかな…



今年も多くのバンドが生まれ、解散し、中には天に召されたアーティストも少なくはない、世の中何が起こるかわからない、そう考えると今を一生懸命生きよう!やりたいことはやる!食べたい物は何でも食べる!!そうやって暴食の罪悪感を消しているわけだww


それにしても2017年も最高なアルバムが多く発売された、今は先日発売したWar Of Agesのアルバムを聴いているところだ、とはいってもあまり好きではないダウンロードで・・・

War Of Ages – “Creator”

公開された新曲MVの唐突なイルミネーションには違和感しか感じないのだがww相変わらずのピュアなメタルコアサウンドは健在だった。Asking Alexandriaは15日、やはり手に取りリリックを目で追いながら聞きたいが、いったん音源をダウンロードする、だってCD到着まで待てないんだもの!!今年の10枚に入るだろうか?


War Of Agesとともに一番聴いているのがThe Facelessの「IN BECOMING A GHOST」前作から5年ぶりだもんね、マジ楽しみにしていた音源の一つ、テクニカルでプログレッシヴ、ユーモアもある、難解ではないが聴くたびに新しい発見がある、もう少し聴き込みが必要なようだ。

THE FACELESS – Cup of Mephistopheles

17年度、Sumeruan Recordsから発売されたアルバムだけでもVeil Of MayaChonStray From The PathOceanoSlaughter To PrevailBetraying The MartyrsBorn Of OsirisBad Omens、そしてAsking Alexandriaだもんね、1レーベルのみでこんだけヤバイアルバムのリリースがあったわけだ、だとしたら僕たちが好む音楽だけでも数千以上のアルバムが発売されているわけで、すべてをチェックするのは不可能、だったらあなたの力を借りる、それしかないよね!



ということで、何度も行ってきたように今年もやります!17年度、あなたが選んだアルバム10枚!



俺の10枚

今年も参加者全員に500円クーポン、抽選で1名様に10,000円クーポンをプレゼント、




ぜひ参加してください!!誰よりも楽しみに待っています(^_-)-☆


あなたから届いた最強の10枚はこのブログで紹介していくね!

ちなみに去年、16年度、河内野が選んだ「俺の10枚」はこちらをクリック!


去年2016年の1位はOath Breaker / Rheiaでした!

河内野

スメリアンツアーまであと三週間、君はどのバンドTシャツで参戦する?!

1

メタル雑誌Metal Hammerの企画「Golden Gods Awards 2013」は投票した?
実はBest New Bandにノミネートされたバンドが来日するんだよね。

そのバンドとはBorn Of Osiris と
Best New BandにノミネートされたUpon A Burning Body。

スメリアン・レコードの代表的なバンドが
2つも揃って来日するんです。

オフィシャルビデオも作成されて
盛り上がってるな~。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

テクニカルで複雑な展開を生で見れるなんて感激。
しっかり再現してくれるんだろうな。

今はライブ動画で我慢(>_<)。
※携帯で動画を見るにはここをクリック!

当日はスーツ姿でパフォーマンスしてくれるかな?
ヴィジュアルもサウンドもまとめて楽しみだな。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

日本勢も負けていないぜ~。

Her Name In Blood


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Crystal Lake


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

スメリアンツアーの日程は以下の通り。

5/31 京都二条 GROWLY
6/1 名古屋・今池 3STAR
6/2 東京・渋谷 clubasia

あと3週間。

お気に入りのバンドTシャツで
かっこよくキメて行こうね。

このフェスでBorn Of Osiris も Upon A Burning Bodyも
日本での人気が爆発するね。

The Faceless、Veil Of Mayaなんかも来日後、一気に人気が出たもんね。

特にグッズなんかは来日後にたくさんの注文をいただきました。

ライブを見て本当のカッコ良さを生で体感できた人は
ファンになっちゃうでしょ。

Upon A Burning BodyはBest New Bandにもノミネートされているから
世界中でも注目のバンドだよ。

河内野

2

【特選ビデオ】カオティック・ハードコアは音楽だけでなく、ビデオの内容も変態であることが判明

1

ストーカーされる女の子

ストーカーの変態おっさん

女の子に心臓が届く

女の子が豹変しストーカーのおっさんを誘惑する

女の子が捕まる……

さすが変態バンドのビデオ、

カオティックが好きなら誰のビデオか分かるよね?!





答えは、Every Time I Die の “I Suck (Blood)” ビデオです。


動画が見れない場合はここをクリック

そんなカオティックで変態なEvery Time I Dieですが、僕らが
思っている以上に海外ではでかい存在なんですよ!

海外では有名なフェス、The All Stars Tour 2013では

Chelsea Grin、 VEIL OF MAYA、 Terror、
Stray From The Path、 Capture The Crown、
iwrestledabearonce、 For All Those Sleeping、
Dayshell、 Volumes、 Structures

を抑えトップにドでかく表示されている。

2

これだけ見てもEvery Time I Dieって海外ではスゴイでしょ。

ここ日本では今一パッとしないというか、
突き抜けて人気が爆発することもなく
コアなファンにだけ人気って感じなんだけどね。

サウンドもヴィジュアルも最高なのに、
なぜ人気が爆発しないのか僕には本当に謎だ。

でもそれって裏を返せば、彼らのグッズはめったなことがない限り
仲間とかぶらないってこと。

人とかぶるのが嫌なあなたにはもってこいのグッズだね。

今はカオティックのイベント開催中で、
かなりぶっ飛んだサングラスも期間限定で無料で手に入るから、

この機会に誰ともかぶらないグッズを手に入れてね!


※画像をクリックして特設ページにGO。

それから、今回のカオティックイベントで登場する
Dillinger Escape Planも来月アルバム発売だね。

もうジャケットだけで期待を上回りそうな予感。

Dillinger Escape Plan ニューアルバム

そして意外にもSumerian Recordsからの発売。

全曲、少しづつ聞いてみよう。


動画が見れない場合はここをクリック

相変わらず狂った怒涛の展開、だけど整ってる、美しい…..アルバム待ち遠しいな~。

Every Time I DieにしろDillinger Escape Planにしろ
ビルボードにもたびたび登場する。

カオティックは想像以上に人気です。

彼らのグッズを着ているだけでなんか音楽通、コアな印象を与える
そんな不思議な力が宿っています。

河内野

Sumerian Records / スメリアン・レコード に所属するバンドはテクニカルでカッコ良い。

前回の続き。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
前回のビデオを見る場合はここをクリックして下さい

オススメのデスコア・バンドが数多く所属するスメリアン・レコードビデオを見ているハーコー野郎や新世代好スクリーマーたちに喜んでもらえそうなメニューってなんだろう?

人肉と地獄鳥の卵を使ったブラッディ・オムライスなんてどうかな...ブラスト・ビートのような包丁さばきをご披露しながら(笑)。

面白そうなので、今回はメリケンサック包丁は用意できなかったけど、Shockwave(ショックウェーブ) のTシャツを着てテンションを上げVeil Of Maya ブラッディ・オムライスを作ってみた。

改めて実感したのは、ちょっとしたアレンジやテクニックで大幅に味は変わるってことDeath。

どういう訳か料理の最中にずっと頭に浮かんでいたのはテック・デスコアでした。テック・デスコアと言えば、僕にとってはSumerian Recordsです。

年明けてから次々と新しいバンドと契約をし始めてるスメリアン・レコードですが、一筋縄ではいかないバンドが続々と登場してるんですよね。ブラッディ・オムライスで腹ごしらえもしたことだし、今日はポジではまだ紹介しきれていない飛び切りのバンドに焦点をあてて勢い良くいこうと思います。

ページの最後には、スメリアン・レコードに所属するバンドのレアグッズも合わせて紹介するので最後まで読んでね。知る人ぞ知るマニアックなTシャツばかり登場します。当然、生産数が限られているので廃盤となる前にファンは手に入れておいた方が良いかもね。10年後にその戦利品を見て一緒にニヤリ、です。


オススメのデスコア・バンド スメリアン大特集「バンドTシャツマニアが作る激ウマ Veil Of Maya Bloody オムライス!」の動画から生まれた企画なので、今回は料理に関係するプレゼントを用意しました。

2012年3月14日(水)から3月17日(土)の間にこのページで紹介するグッズを2点以上お買い上げ頂くともれなくクッキング専用マル秘バンドTシャツをプレゼントします。

クッキング専用ってのは嘘でした!普通に着れるカッコいいバンドTシャツですよ。何が届くかは秘密。きっと驚きます。ゲットしてあなたもデスコア風に、あるいはスクリーモ風に料理にチャレンジしてみて下さい。

参加してくれたあなた!ありがとうございます。商品のお届けまで楽しみにまってて下さいネ。「仕事が忙しくて気づけなかった~(涙)」というあなたは、次回の特典を見逃さないですむように下のボックスにメールアドレスを登録して【購読希望する】ボタンをクリックしてね。特典情報をメルマガにてお届けしていきます。損はさせません!

入力したアドレスは、携帯とPCアドレスどちらですか?
下記より選んでその下の購読ボタンをクリックしてください。
 PCアドレス
 携帯アドレス



それでは。準備は良いですか?スメリアン・バンド大特集♪ 大好きなバンドも、まだ知らないバンドも、是非この機会にプレイボタンを押してお楽しみに下さい。お手元に何か、スナックとか飲み物を用意するとナイスです。
 
 
Betraying The Martyrs/ビトレイング・ザ・マーターズ
 
Betraying The Martyrs/ビトレイング・ザ・マーターズ

Sumerian Records所属の5人組。デスコア・メタルコア・ブラックメタル風のシンフォニックさやエモ~いクリーンパート。アメリカのバンドにはない個性が感じれると思ったら、フランスのバンドでした。

いろんな要素があるバンドなのでスクリーモからメタルコア、デスコア好きの方まで幅広く支持されている注目のバンドです。。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Dead Letter Circus/デッド・レター・サーカス
Dead Letter Circus/デッド・レター・サーカス

Sumerian Recordsからまたしても現れた大型新人。シューゲイザー(※)・デジタル・インダストリアル・エモ・ヘヴィロックにメタルといろんな要素を取り入れながらも極上のメロディーを奏でる期待のバンド、デッド・レター・サーカス。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

シューゲイザー (Shoegazer, Shoegazing) とは?

ロックのスタイルの1つ。フィードバック・ノイズや深く歪ませたギターサウンド、ポップで甘いメロディーを際立たせた浮遊感のあるサウンド、囁くように歌い上げるボーカルなどがシューゲイザーの一般的特徴として挙げられる。

シューゲイザーという名称は、この種のバンドではギタリストが終始うつむいてギターを弾くことが多かったことに由来し、Shoe(靴)をgaze(凝視)する人という意味で一部のメディアが揶揄を込めてshoegazerと呼ぶようになったのが始まり(ドイツのシューゲルアインシュタインケリッヒが開発した音響装置に音がにているためシューゲイザーと呼ばれたというジョークもある)。

当時は「ハッピー・ヴァレー」または「テムズ・ヴァレー」と呼ばれることもあった。 シューゲイザーには1960年代後半に流行したサイケデリックミュージックのリバイバルまたは新解釈的な面があり、またその内省的な音楽スタイル全般がオルタナティヴ・ロックの1ジャンルと捉えられる事も少なくない。

(参考リンク:Wikipediaより)

 
 
The Francesco Artusato Project/フランチェスコウ・アートゥザートウ
The Francesco Artusato Project/フランチェスコウ・アートゥザートウ

USカリフォルニアのデスコア・デスメタルバンド、ALL SHALL PERISHのギターリスト、フランチェスコウ・アートゥザートウ。超絶テクニック。とてつもない!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 

  
The HAARP Machine/ザ・ハープ・マシーン
The HAARP Machine/ザ・ハープ・マシーン

スメリアンから突如現れたUK出身の超絶テクニカル・デスコア、メタルコア、プログレッシブ、エクストリーム・バンド、ザ・ハープ・マシーン。シンフォニック、且つ、中東を想像させるメロディーライン。さすがのスメリアンバンド。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Lower Than Atlantis/ロワー・ザン・アトランティス
Lower Than Atlantis/ロワー・ザン・アトランティス

多くのリクエストを頂いていたUK産メロディック・ポストハードコア・バンド、ロワー・ザン・アトランティス。UKでの人気はとてつもない。近い将来ここ日本でも大ブレイクすることでしょう!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Make Me Famous/メイク・ミー・フェイマス
Make Me Famous/メイク・ミー・フェイマス

海外では次世代スクリーモサウンドの中でも最も注目を浴びているのがこいつら、メイク・ミー・フェイマス!僕たちは人気が爆発する前に注目です。

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Structures/ストラクチャーズ
Structures/ストラクチャーズ

カナダ産、ダウンチューンモッシュありのプログレッシブ・メタル・コアバンド、ストラクチャーズ。壮大なメロから極上にポップなクリーンもあり。これもまたスメリアンらしい注目のバンド!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
T.R.A.M / ティー・アール・エー・エム

またしてもスメリアンからとんでもないやつらが現れた!ロスを拠点に4人で活躍。メンバーの顔触れが凄い。ギターの2人が、あのAnimals As Leaders。サックスにフルート、バスクラリネット、パーカッションと多彩な彼はThe Mars Volta。ドラムは、Suicidal TendenciesからEric。インストなんだけど、ジャジーでフュージョン?とにかく聞いてください。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
とてつもなく幅が広い。

デスコアだけじゃなく色々なジャンルのバンドを排出し続けているんですが、どのバンドも一貫性があってテクニカル。言われなくても、なんとなくスメリアンのバンドだとわかってしまう。

世界中の激音を常にチェックしてるレーベルではないでしょうか?毎回、【間違いない!】バンドが登場しますからね。そんなスメリアン・レコードの新曲は、もうチェック済ですか?

Sin City by Upon A Burning Body/アポン・ア・バーニング・ボディー

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Mystery Wall by I See Stars/アイ・シー・スターズ

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
With Passion And Power by Veil Of Maya/ヴェイル・オブ・マヤ

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Make It Precious by Make Me Famous/メイク・ミー・フェイマス

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
4.12.11 by I The Breather/アイ・ザ・ブリーザー

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Passenger by Periphery/ペリフェリ

※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
Against Them All by Stick to Your Guns/スティック・トゥ・ユア・ガンズ

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ニュー・リリース・ラッシュですね。どれも神々しい!

スメリアンには、いま流行のエレクトロを取り入れたアスキング・アレクサンドリアやアイ・シー・スターズもいるし、ダブ・ステップやクラブサウンドを得意とするBorgoreやヒップホップBizzy Bone(ビジー・ボーン)もいる。他にもブラック・メタルやバイキング・メタル、ヘヴィー・チューニング・モッシュコア。テクニック派は、大好きなギターヒーローやベースヒーローもいる。

そうはいっても、やはりスメリアン・レコードと言えば、べイル・オブ・マヤやフェイスレスなどのテック・デスのレーベルのイメージが大きいです。そして、こいつら。ボーン・オブ・オシリス。
 
 
 
Follow The Signs by Born Of Osiris/ボーン・オブ・オシリス

もうスケールがデカ過ぎて…..


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
 
 
 
オススメのデスコア・バンドが数多く所属するスメリアン・レコード

こんな感じで新しい音源をチェックしながら気になるオフィシャル・グッズも端から見ていたんですが、数えてみたら新作が107点もありましたよ。

既に人気のバンドから、今は未だ世界的にも知名度が低いけど将来が期待されるやばいバンドのモノまで、こちらのページで一気に見れるようにしました。チェックしてみてくださいね。
 
Veil of Maya Bloody オムライス作りから生まれたイベントということで、イベント期間中(2012年3月14日(水)~3月17日(土))にスメリアン・レコード関係のグッズを2点以上申し込んだ人には、クッキング専用マル秘バンドTシャツをもれなくプレゼントします。

何が届くかは秘密です。と言っても売れ残りなどをお届けするのではありません。現在も活躍しているバンドのTシャツなんで、あなたの期待は裏切りませんよ(^^♪
 
これを着て、あなたもデスコア風に、あるいはスクリーモ風に激ウマ『ヴェイル・オブ・マヤ・オムライス』作りにチャレンジしてみて下さい。小腹がすいた時や夜食なんかに最適ですよ!Veil Of Maya のデスロゴをケチャップで書けた人がいたら絶対見せてほしいなぁ~。デスロゴじゃなくても、料理作ったら「つくれぽ」写真撮って見せて下さい。確実に僕の明日の活力につながります!
 
 
スメリアン・レコードのアーティスト・グッズが一気に見れるスペシャル・ページは、こちらをクリックしてください。好きなバンドのカタログに最短で行きたい人は、この下にリストを用意したのでそちらからどうぞ。

★Sumerian Recordsに所属するバンド★
バンド名をクリックすると、オフィシャル・グッズのカタログが見れます。