バンドマーチ好きの河内野がなぜかバイク雑誌に載ったらしいぜ!

Dragonash

「悪いやつは大体友達」(自分は悪いヤツはだいたい避けてきましたけど)日本のhiphopの中でももっとも有名なパンチライン、ドラゴンアッシュのグレイトフルデイズのジブラのリリック、そして後半の「時は経ち、今じゃ雑誌のカヴァー」

ポジティブダイブも早10年(途中休憩あり)わたくし河内野もようやく雑誌に載ることになりました!(カヴァーじゃないけど)その雑誌はこれ

カスタムバーニング

バイク雑誌、カスタムバーニングである!そして河内野が映っている写真がこれだ!

power trip

僕だけカメラ目線…..しかもニヤついている、雑誌のカヴァーどころか特集をされたわけでもなくたまたまナイスポジションで偶然、写っただけなのであるwww期待させてしまってスマンw

(ニヤついている理由は後程)

この写真ってのは先日神戸で開催されたハードコアのフェスでもなくライブでもなく、バイクのカスタムショーなのである、中免すら持ってないんだけど、兄がバイク屋ってことで兄の仲間たちと参戦してきました。仲間って言ってもガラの悪いパイセンたちと

高速の車からの写真。


※アホだけど「今」を最高に楽しんでいる最狂なパイセンたちです(パイセンたちがこのブログを読まないことを願います…)

こういったバイクのカスタムショーなんかは生まれて初めての体験、もちろんバイクもたくさんあって物販もたくさん、バイク部品からアパレル、グッズなどなど、グッズのデザインなんかはバンドマーチと通づるものもあるし、男くさくて最高の空間だったぜ!

チョッパー

自分の知らない世界が広がっていて最高に刺激的だった、わざわざ体をむき出しにして危険なバイクに乗ること自体が普通じゃない、イカレてると思うんだけど、そこらへんはやはり僕たち激音好きに通づる部分があるなと。


出展されているバイクの中で一番のお気に入りはこのファイヤーパーターン、カウルからシート、おしり部分まで一体になっているラインがたまらなくセクシーでよい意味でバカっぽくて最高に好きだ!

ファイヤーパターン

雑誌に載っている写真、実はSMショーを待っているゲスい男たちの集まった場面が押さえられているのであるww僕のニヤけ具合でわかるでしょ?


バイクに興味なくただSMショーを見に来たカメラ小僧は女王様に「邪魔!!」と、ムチでカメラを落とされてましたwwちょっと切なくエモい気持ちになりました。

アホで超ドMなパイセンはSM嬢に踏まれてご満悦。「恥ずかしげもなく<もっと強く~~!>と叫ぶパイセンに若干引きましたけどww

SMプレイ

自分の知らない世界をのぞくのは最高に楽しい、来年には免許を取得してイベントに参加するぜ!ポジを愛用してくれているあなたはバイクは興味ある?、バンドのMVでもバイクはよく出てくるじゃない?「バイクも大好き」っているあなた教えてください!


今回参加したのはチョッパーというスタイルのイベントなんだけど、バイクのMVといえばパッと思いついたのがこれ!

Suicidal Tendencies Smash It Music Video Featuring Metal Mulisha

このチョッパーショーでもSuicidal Tendenciesのアイテムを装着しているイカツイ兄ちゃんたちはいっぱいいたし、Agnostic Front装着もちらほら、最高にテンションが上がったぜ!やはりバイクxハードコアはつながっているんだね!


さらに感じたのはスケートを持ち込んでいるお客さんも結構いたし、バイクxハードコアxメタルxスケートxエクストリームスポーツ、これらはつながってるんだなと!!

そういえばXIBALBAのMVでも一瞬だけどバイク映ってるよね!

XIBALBA “COLD” MUSIC VIDEO

デッキに乗ってバイクにつかまって結局こけてヒジがずる剥け….ケガも気にせずホットドッグを食らう、マジでアホだな~~!ww


ちなみにこのカスタムショーに参加したときはPower TripのTシャツを装着してたぜ!

バイクのショーだからさ、「だれも気付かないんだろうな」なんて思ってたけどさブースを出しているお店の人に声かけられましたwww

この日におきた最高にうれしい出来事、音楽の話もたくさんしたけど、バイク好きはクロスオーバースラッシュ好きがたくさんいるとのこと、その中でもやはりSuicidal Tendenciesは群を抜いて人気、崇拝してるんだってさ、「メタリカも好きだけどTシャツ着るのはハズかしい」らしい!しかし有名なSuicidal Tendenciesは全く恥ずかしくないとのこと、なんかその絶妙なニュアンスはすごいわかる….


知らな世界から入りろなことを学べた最高な日でした!

河内野

トレンドになろうが流行りが終わろうとも愛用し続ける春に大活躍のあのアイテム!

先週のコーデブログではCounterpartsのコーチジャケットを着用してお出かけしたわけだけどさ、この3連休もコーチジャケとを着用した。

街中でも着用している姿を見かけるようになったコーチジャケットだけど、世間でも流行っているようだ。どちらかといえばストリート色が強く、スポーツ感も強い、カジュアルなアイテム、いくら着用姿が増えたからといっても実際にあなたの周りはどう?着用率は以前比べ上がっている?グーグルのトレンドで調べてみたところ。

2月の初めから急上昇しそして3月の半ば、今だね、急激に上昇している。リアルタイムで今が一番注目されているアイテムなのがわかった。

調べたところ、ユニクロなんかもコーチジャケットを販売し、メンズの雑誌や女性誌でも特集が組まれているほどだ。

もともとはスケーターや、僕たち激しいサンドを愛するストリートから人気が出たアイテム、流行りもクソもなく、毎年使用している僕たちからするとこのトレンドの流れがとてもウザイんだよね。コーチジャケットを着ているだけでさ


・今流行ってるよね~!
・○○(有名人)着用してたよね!
・僕も持ってるよ!(流行りに乗った一般人)

なんて言われることが増えるんだろうな…..

「うっせー、10年前から愛用してるわ!!」

って言い返すのも大人気ないし….説明するのもめんどくさい。

トレンドのカラーなどに比べアイテムそのもののブームってのはまじ厄介だ、僕たちの世界ではユニフォームなくらい愛されているアイテム、気にすることはないんだけど、なんかイラっときてしまう、ストレスが溜まっているのだろうか?あなたはどう?

あなた同様10年、もしくは20年前から当たり前に着用してきたアイテムがさ、爆発的に流行してしまったら……..

けどさ世間で流行っているコーチジャケット見てよ!ストリートなどのブランドを除けば無地なアイテムが多い!

バンドマーチのように、


・メッセージ性
・アングラなデザイン
・バンドが持つ世界感

これが一切ないんだよね。だからさ、そもそも世間で流行っていようが関係ないっちゃー関係ない、量産されているコーチジャケットには一切独自な世界観がないんだもの、ただ流行っているだけ、流行が終わればただのゴミ同然、ブームが終われば絶対着ないであろう、トレンドだけを追いかける人たち。

コーチジャケットを10年以上愛しているからこそムカツク、良い点といえばコーデの幅が広がることかな、ストリートだけじゃなくいろんなスタイリングに合わせるわけだから着こなし的には参考になる部分もあるけど……..

流行っていようが流行っていまいが僕は自信を持って今シーズンも愛用していくぜ!

夏以外は年中愛用できるアイテムだけどさ、やっぱりこのシーズン、春には大活躍するアイテム、ただバンドマーチが好き、バンドマーチで春も過ごしたいあなた、そんな僕と同じ思いのあなた、

そして,]いまコーチジャケットを狙っているあなたには今週のキャンペーンにぜひ参加してもらいたい
その名も

コーチジャケット

プレゼントが手に入るのは3月23日(木曜)夜9時まで

コーチジャケット一覧はこちら

期限は2日間、気になるアイテムがあったらお手続きをお願いします!

3月も後半、あと2週間もすれば桜も咲き始めるだろう!そうなれば春のお楽しみお花見が始まるぜ!大人数が集まる機会ってのは少ないじゃん?やっぱりそんなときは自慢のイケイケなバンドマーチ、コーチジャケットで量産型のファッションを装着しているヤツらにギャフンと言わしてやりましょう!

ではあなたからのお手続き楽しみにしています。

河内野

ブレないハードコアバンドAgnostic Frontだってサウンドチェンジを繰り返してたわけだ!

数回にわたって話してきた、サウンドのチェンジに関して、色々な意見が聞けたし改めて考えて自分なりの答えもはっきり出た。やっぱり仲間たちで意見をぶつけ合って互いに尊重したり、納得できな部分は徹底的に話したりすることはとても重要なんだなと!今回はスーサイドサイレンスの話にばっかりになったけど、スラッシュのヘヴィーネス化、ハードコアのポストハードコア化、ポストハードコアのニューメタル化など色々とサウンドのチェンジが有り僕たちが愛する激しい音楽も常に進化し続けていることもよくわかった。



ブレずに30年以上を活動してきているNYHCバンドだってサウンドのチェンジ、進化は常にしてきている、一番すぐに浮かぶのは兄貴的、もはやダディー的存在のAgnostic Front



実際にリアルタイムでは体感していないけどアルバムそれぞれある個性、スラッシュとのクロスオーバー化でハードコアファンからは不評でもあり新しいファンを獲得した時代、ミドルテンポでモッシーになったり、さらにエピタフからの復活作ではハードコアパンク寄りになったり、ガッツリなタフガイなハードコアになったり、ここら辺あたりはリアルタイムで体感していたから衝撃だったよね、ここでも賛否両論を巻き起こしていたのを覚えている。これはこれでかっこいいんだけど、当時は納得できなかったな~。

AGNOSTIC FRONT – Peace feat. Jamey Jasta

HATEBREEDのジェイミーがプロデュースだもね、サウンドはモロにHatebreedなタフな仕上がり、ジャケットのダサさも尋常じゃなかったけど逆にこの時期のアイテムは貴重wwコーチジャケットは今でもよく愛用してるけどさハードコア好きな仲間からは「でたWarriorsデザイン!」ってちょっと馬鹿にされるんだよねwwあえて話題を作るために着用しているんだけど、実際はデザインも好きだよ!

今では大好きなアルバムだよ!ハードコアアルバムとしても完成度高めだしね!まだまだ記憶に新しいMY LIFE MY WAYでは、タフでメタリックな部分は残しつつもキャッチーでハードコアパンクなルーツを感じさせてくれる熱いいアルバムだったよね!プロデューサーはMAD BALLのフレディーだし!さすが兄弟!キラーチューンはMy Life My Way!何度も何度もシンガロングしたことか!(家で一人で…..)

Agnostic Front – My Life My Way

そして2015年に発売されたAMERICAN DREAM DIED、ジャケット見て「これは名盤だ!」と確信してしまったよね。前作同様フレディーのプロデュースだし、間違いないと購入し聞いてみると期待以上に最高なアルバムだったぜ!名曲揃いだけどさやっぱり一番好きなのは Never Walk Alone、たとえ独り寂しく家に居ようが拳上げてシンガロングしてしまうでしょ!!さらにレジェンドたちの熱い雄叫びが一気に聴ける、胸熱すぎるっしょ!!

AGNOSTIC FRONT – Never Walk Alone (OFFICIAL VIDEO)

15年当時に発売されたアイテムの中ではダントツで人気だった、アグノマーチ20枚ほどしか持ってないけどwこのアイテムはアグノTOP5には入る最強のマーチだね!一枚だけ即納あるから買い逃してる人は早めにね!

Agnostic Front

こういった感じでブレないハードコアバンドでも35年の歴史上で何度もサウンドのチェンジは行われているわけ、その度に賛否両論、色々な意見が飛び回るわけ、何事も時間が経てば良い思い出になるわけで、サンドのチェンジが許せなくてもさ、長い気持ちでさ、「ファンやめるは!」なんて言わないでさ、音楽だからさもっと楽しんでいこうぜ!!!これが結論!!!!


そうそう、アグノスティック・フロントのアイテムだけどさ去年の秋頃かな、急に商品取り扱えなくなったわけじゃん、当時はマジでショックだったんだけどさ、それから5ヶ月たってさ…………

Agnostic Front

Agnostic Front/アグノスティック・フロントの最新グッズはこちら

アグノスティック・フロント

Agnostic Front/アグノスティック・フロントの最新グッズはこちら

といった感じでプレセントも用意してます、アグノ・グッズ復活祭!ファンのあなた、お待たせいたしました!!!今回もヨーロッパからのお取り寄せってことでアメリカにはないレアなデザイン、アメリカにはないヨーロッパな空気感をまとったアイテムが多数、先程も言ったように過去作は売り切れているサイズが多くあるけどぴったり合うサイズがああれば今すぐに手に入れておこう、再販売はないようなんで!!まじ、アグノグッズ復活最高です、あなたよりも自分が一番楽しんでますがファンのあなたもぜひ参加してみてください!

ではあなたからのお申し込み楽しみにしてます!

Agnostic Front/アグノスティック・フロントの最新グッズはこちら

NYHC

河内野

レジェンドに学ぶ一生愛用できるジャケットの着こなし方

terror170217048

2017年もレジェンドたちが頑張っているよね!メタル界で言えばグラミー受賞したメガデスやパフォーマンスでは機材トラブルでブチギレのメタリカ、王道のバンドだけじゃなく大好きなBad Religionのボーカル、グレッグはカントリープロジェクトを新たに始めたり、

Greg Graffin – “Backroads of My Mind”

グレッグが歌えばBad Religionに聞こえるわけだけどwwお馴染みのオヤジの哀愁がたまらん、30歳を軽く超えた自分もすごく活力をもらっている、

レジェンドといえばハードコアリスナーの中でも人気のアイスーT率いるヒップホップとメタルをいち早くクロスオーバーさせたBody Countも新しいミュージックビデオが公開されたよね!

Body Count – No Lives Matter

さすがHiphop畑の出身だけあって、いま人気のニューメタルコアバンドのラップには真似できない、スキルや言葉の乗せ方、説得力も段違い。サウンドだけじゃなくBody Countのスタイリング、テラーが言ったようにブレず貫くスタイルが最高に好きだ。

僕のお気に入りの写真はこれ。

Body Count

今、イベント開催中のTERRORのディキーズジャケットと同じシルエットなんだけど、メンバーで揃えたチーム感、ギャング感もいいけどやっぱり渋いんだよね!さすがはリアルなワークブランド、ディッキーズってとこがスタイリングのポイントだ。

早速、このディッキーズのジャケットに関しての問い合わせがあったわけなんだけど、今回はこれから増えていくだろうディッキーズジャケットとバンドマーチのコラボ作品、の着こなし方などを見ていこうと思う。

問い合わせで多かったのはサイズ感着こなし方,、そもそもこのジャケットはリアルなワークスタイルとして作られていることから腕周りはふと目で腕を動かしやすく、そして丈は短めで着用していても邪魔にならない、機能性を重視されて作られたジャケットなのである。
ディッキーズ

しかし、ここ近年のトレンドはビッグシルエットってことでワークスタイルだけじゃなくタウンユースとして時代にもばっちりハマっている。とはいえビッグシルエットのトレンドが終わろうとも昔から変わらないスタイル、定番のアイテムとして何年たとうが愛用できるアイテムでもあるんだよね、そこがポイント。

丈が短い分、レイヤードが美しく作れる。

Dickies

サイジングに関して言うと、僕はXL、LサイズのTシャツやパーカーを着用するがMサイズを着用する、ゆったりとしたシルエットのため、ワンサイズダウンでチョイスするのが良いだろう。

ディッキーズ

着こなしに関しては上記の画像のようにボタンシャツと合わせて緩くキメるのもかっこいい、ジャケットの襟や生地感が良い意味で渋く大人なイメージを作り上げてくれるだろう。

もちろん今、真冬だったらパーカーなどもばっちりハマる、カジュアルなイメージの強いパーカーもジャケットの襟によって渋みをだしてくれる、ポイントは襟にあり!

ディッキーズ

パンツに関しては細めも太めも、どちらも合う、自分の好きなスタイリングで、太めだとワークスタイルの要素が強くなるし細めだとロックなイメージが膨らむよね、細めの画像だったらキックスに合わせて少し丈の長いホワイトのインナーを持ってくると良いだろう。

ハードコアで言えばAgnosticFrontのロジャーのようなバイクやモーターサイクルなどにも通じるイケてるオヤジなスタイリングも参考になるだろう。無骨でタフなハードコアなイメージだと太すぎず細すぎずのレギュラーストレートなパンツの方が合う。

スタイリングによって見え方はいくつもある、あなたが好きなスタイリングを自由に選べばよいだろう、意外とキレイめなスタイリングにもハマるんだよね。ポロシャツなどあわせればUKっぽくスイングトップのようにも見えるじやケットの着こなし、ポイントはボタンはしっかり止めること!

真冬だけじゃなく、春先のコーデにも使えるマストなジャケットである!、そこにバンドマーチにしか出せない世界観がプラスされるんだから間違いないってこと!


・ガキには出せない大人の渋さを表現
・無骨でタフなイメージ
・何年たとうがトレンド気にせず愛用できる。
・キレイめ、モーターサイクル、ストリート、スタイルを選ばない

これらのキーワードに少しでもあなたがハマるのであればこのジャケットは挑戦すべきだ!

iスタイリングは微妙だが動きのあるものビデオは丈感や腕周り、サイジングト参考になるだろう!

体重、身長、スタイルなど教えてくれたらあなたにばっちり合うサイズを見つけることができるからサイジングで迷ってる方はガンガン問い合せてくれぃ!

イベント開催中のTERRORのディキーズジャケットは完全限定なアイテムだから見逃さないように!

テラー

では!

河内野

ハードコア・アイテム装着で青葉山ハーバルビレッジに行ってきた!

スポーツの秋?いや、断然、食欲の秋っしょ!!!

最近、食いすぎるんだよね、特に米、米がうますぎる!!!毎回おかわり、
そのせいで腹がデブってきた。

いきなり走るのはキツいから、今回もお散歩、ウォーキングってヤツをしに
青葉山ハーバルビレッジにやってきた。

ようやく秋らしく木々が色づいてきた、あいにくの雨だが…….

青葉山ハーバルビレッジってのは今年の5月にオープンした「人と自然がつばがる」
がコンセプトの施設。

家から来るまで10分程度の山の麓にある施設、

到着まで10分程度だがしかりBGMは厳選してドイツの叙情派、Destinyで!

◆Destiny “Forsaken Love”◆

胸打つエモーショナルな旋律、思わずスピードも上がる、
号泣しながらダッシュするイメージ、スポーツのBGMとしても優れた曲だ。

そういえば叙情派ではないがジャズやフュージョン、ヒップホップを取り入れた
プログレッシブなハードコア、キャンデリアの新譜、聴いた?

◆Candiria “While They Were Sleeping”◆

青葉山ハーバルビレッジのマップをチェック!

何の情報もなしに来たが、一人で来るところではないね、あったかい家族が楽しく
はしゃいでいる姿が想像できるような場所である。

さみしい……

駐車場にめちゃめちゃ猿いるんですけど~~~~~!!

この施設で働く若い子達が棒を持って追っ払っていたが、
人間が逆に猿に遊ばれているようだった。

店員さんドンマイ!

この日見た猿は30匹ほど、もう猿と戯れる施設にしてみてはどうだろうか…..

落ち葉を見ていると、黄色やオレンジ、エンジなどを取り入れた
コーデがしたくなってくるんだよね。

完全病気だね。

今回はAgnostic Frontのコーチジャケット(XL)を装着。

ネイビーだからエアマックスのブルーと合わせてみた。

こうやってみるとカーキのパンツとイエローやオレンジの相性って抜群だと感じる。

そういえばさ、以前紹介したオレンジのパーカーあるじゃん?

そう、Sylarのパーカー、これ11月の後半に発売決定だよ!!!待っててね!

袖プリントやばいね!

ロックガーデンってのを見つけたんだが全然ロックしていない
、大きな岩が数個並んでいるだけだった……

この鮮やかなグリーンを見るとAttilaのアルバムを思い出すねww

新譜どうだった?

ロッジのシャレオツな建物が並ぶ。

ここはビジターセンターとワークショップ。

すごく感じの良い店員さん?受付の人たち、「惚れてまうやろ~!」キレイなお姉さんもいた。

お姉さん「よかったら、見てってください」

河内野「ぶはい、ほい!」

ハイという2文字をかんでしまった、情けない…..

エモい気持ちになりました。

紅葉を見ながら休憩。

そしてシャレオツなカフェやショップを発見。

こんな別荘がほすぃ~!

カフェでは美味しそうなポケットパンが販売。

しかーし、目的はカロリーオフ!パンは諦める!

アイスコーヒー(¥300)を購入!

紅葉を見ながらシャレオツなカフェでコーヒーを飲む、ちょっとリッチな気分!

紅葉や枯れた木々、落ち葉なんか見てると頭の中でCounterpartsが流れてくる。

Violent Side のホワイト・プルオーバー(Lサイズ)廃盤

Agnostic Frontのコーチジャケット(XLサイズ)廃盤

を装着、ホワイトとネイビーの相性って抜群だよ、爽やかさやユース感もでる
カラーコーデ。

パーカーとカーキのパンツの間には迷彩のシャツでレイヤード。

色を使いすぎないようにパンツのカーキに合わせた迷彩シャツ。

Reaper Recordsのロゴが袖にリピート。

3年以上前のパーカーだが、袖プリントはバンドマーチの定番。

現在のトレンドにもなってるけど、僕たちからしたら当たり前のデザインなんだよね!

このカフェ、最高に落ち着く、土日は人が多いそうだが平日は少なめ、
また癒されに来よう。

この時期ぴったりの叙情派ハードコア、Counterpartsを流しながら
およそ1時間近くもチルしてしまいました。

「イヤホン持ってきたらよかった~~~!」

紅葉と叙情派ハードコアのマッチングは最強でした!

hb161115022

そういえば叙情派ハードコアのグッズあまり持ってない!!!

以前発売されたCounterpartsの限定シャツ、お客さんが「どうしても」ってことで
譲ってしまったんだけどちょっと後悔……..

再販売は絶対にないんだよな………..

メーカーにどうにかならないか連絡してみよっと!

来年には来日だし、限定のアイテムで参戦したら羨ましがられるだろうな……..

アグノに合わせてNYロゴ(アフターベース)のキャップ装着!

サイズはまとめると、

こんな感じ!

今回はウォーキングで終わったが慣れてきたらしっかりジョギングして体重落とすぞ!!

米(ライス)の誘惑には負けないぞ!!!!

では!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

全て廃盤

Counterpartsグッズ!
パーカーやコーチ、ジャケット、アウター類



追伸:

迷彩のシャツはレイヤードに大活躍!

ブラックパーカーとの相性も抜群です!

一枚持っておくといいよ!

hb161115002