ハードコア店長が選ぶ、秋から冬にかけて聴きたい叙情派バンド

Hundredth2013001

叙情派のホープがついにやってくる。そうです、Hundredthが来日です!

  • 12/4(水) 東京 SHINJUKU at NINE SPICES
  • 12/5(木) 静岡 NUMAZU at CRAZY ROCK CARNIVAL
  • 12/6(金) 名古屋 at REFRECT STUDIO
  • 12/7(土) 大阪 KITA-HORIE at CLUB VIJON
  • 12/8(日) 東京 SHIBUYA at THE GAME

12月の4日~8日の夜は絶対に空けておきましょう。

Hundredth


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

フロリダの伝説、叙情派ニュースクールハードコアバンド、Shai Huludも来日したし、2013年は叙情派熱いね。叙情派って少し涼しくなる今、秋から冬の時期って無性に聴きたくならない?

Destiny “Forsaken Love”


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

CDラックを漁って叙情派集めてアイチューンでリスト作ってみたよ(笑)。ベタだけどやっぱり叙情派といえばフロリダだね。

  • Poison The Well
  • Strongarm
  • Sleeping By The Riverside

以外にも、

  • Taken
  • Hopesfall
  • With Resistance

などなど20代後半30代のあなたは懐かしいでしょ?!僕の中ではやはりこの曲がNO.1。3分半からの展開には多くのマニアが涙を流したことでしょう。

Hopesfall


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

上記のようなレジェンドなバンドやThe Ghost Inside、Hundredth、It Prevailsは、もちろんのことまだまだコアで人気爆発しそうな叙情派バンドが結構いる。

Altarsに最近はまっています


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

YOUR MEMORIAL:タフな叙情派が今は主流だね


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

To The Wind:Pure Noiseってのが意外


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Altars:最近はまってます


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Rescuer:RISE産の叙情派


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Ghost Insideの人気が爆発後にダウンチューニングでゴリゴリ落としていくスタイルが主流になってきたけどオールドスクールなストレートで叙情的でドラマチックなサウンドもかっこいい。

VERSE


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Killing The Dream


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Touché Amoré


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

叙情派にもメタルコアよりオールドスクールより、激情よりと色々いますが、今、叙情派マニアの注目の的Being As An Ocean はすべての叙情派を虜にするちょうど良い隙間を言っている感じでどっぷりはまっています。後期のTakenを思い出してしまった。

Being As An Ocean


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

なんせビデオやグッズがオシャレなんだよね。Hundredthとともに叙情派を背負って立つ存在になるだろう。同じInvogue RecordsバンドでもあるWorthwhileもマニアの中では常に名前の挙がるキテいるバンドだ。

Worthwhile


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

哀愁、切なさという感情を超越した叙情サウンドの素晴らしさが少しでもわかってもらえたかな。秋の空を見上げながら叙情派サウンドを聞いて激しく癒されよう。

河内野

【夏フェス熱中症対策】バンドマンに学ぶ、正しいキャップのかぶり方

1

夏フェスの季節がやって来たぜ。え、マジか、君は親友とサマーソニックへは行くのか。うらやましいなぁ。俺はそのころ仕事だ。え、君は地元で開催される野外コンサート&花火大会に彼女と行く予定なのか。晴れると良いね!

水分と塩分をしっかりとって、日焼け止めを塗って、かっこいいキャップもかぶって、熱中症対策を忘れずにな。楽しい思い出を作って来てくれよ。

あ、それからキャップのかぶり方は大丈夫か?!激音ファンとして恥ずかしくないかぶり方はマスターしたか?!彼女が唸って腰がくだけちゃうセクシーな着こなしの準備はできたか?!

そうか、まだか。だったら丁度いい。俺たちが大好きなミュージシャンがどんな風にキメてるか、一緒におさらいしてみようぜ。

まずはシャレオツバンドのYour Demise

2

メンバーほぼみんながキャップを愛用してる。硬派に真っ直ぐかぶったり、斜めバックにかぶったり、前髪を出して浅くかぶったり。このバンドだけでもいろいろな着用方法が参考になる。

3

キャップはやはりストリートな印象を与える最高のアイテム。流行の柄シャツなどもキャプがあることでストリート感をプラスさせる。バンドTシャツがメインのこの時期でもアクセントになってオシャレ度数がアップする。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

動画でもいろいろなキャプコーデが見れるね。いま主流のスナップバックから5パネルキャップ(ジェットキャップ)を激音界で流行らせたも彼らではないだろうか。

続いて、pierce the veil

4

細身のスタイルにもキャップはありだよと教えてくれた彼ら。カジュアルなストリートスタイルに細めスタイルをミックスさせたコーデは参考になるね。次世代のスクリーモやメタルコアバンドにスナップバックが欠かせない存在だと証明してくれたバンド。

オシャレバンドとしても知名度アップ中のHundredth

5

中でもボーカルのチャドウィックのスタイルは参考になる。眼鏡男子にも人気だ(俺だけか?!)。大きめのTシャツに細めのパンツ、そしてキャップでストリート感を出す。露出が多いこの夏、タンクトップとの相性もグッド!

7

前髪ちょろりも浅くかぶったスタイルも好きだけど、Emmureのフランキーな硬派なかぶり方も好きだな。キャラに合っている。イカツイ君は硬派にかぶろうぜ。

夏だけじゃなく冬にもキャップはあり。ジャケット類など渋めの色にもキャップでアクセントをつけます。新星Northlaneのボーカルもキャップをこよなく愛しています。

6

ひざ上丈のパンツに大き目のタンクトップにキャップ。ここ最近のバンドは、トップスは大きめを着用してるね。ライブでも活躍するキャップ。垂れてくる汗を抑えてくれる。夏にはもってこいだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ハードコア代表のTerrorもキャップを広めた功労者。なんたって、キャップの販売数が異常なほど多い。ハードコアで始まりエモやスクリーモ、デスコア、メタルコア、ポップパンク、すべてのバンドマンがこよなく愛するキャップ、間違いなし。ヒップホップではスナップバックの曲まである。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

以上、参考になっただろうか。くれぐれも体調には気を付けて、元気で楽しい夏休みを過ごしてくれよ。それじゃ。

河内野