【俺の10枚】2017年度の最強の1枚を決定!(Top5もあるよ!)

GG18113013


ありがとう!!!マジでありがとう!!総勢43名の仲間たちに参加していただきました!といっても20名近くの「俺の10枚」はまだ紹介できてないわけで…..さーせん!!ちょっとずつアップしていくから待っててね!



あなたのおかげで知らなかったバンド、スルーしていたバンドとも出会え、音源は20枚ほど購入、だから先月末からマーチが買えていないのがネックなんですがww

とにかく感謝感謝です!!ありがとう!!


ということで今回は届いたアンケートをまとめ合計430枚の中から2017年度の最強の1枚を選んでいくぜ!!

最強の1枚を発表する前にTop5を紹介!!!と思ったんだけど、6枚がズバ抜けて票数を獲得したんでTop6ね!!!

その前にTop6に入らなかったアルバムで上位にランクインしたアルバムも紹介しておこう!!

ハードコアでは

Backtrack – Bad To My World
Get The Shot – Infinite Punishment
Varials – Pain Again

が多く票を集めました。Get The Shotは海外のハードコアファンの中でも評価が高かったです!

ポストハードコア/メタルコアでは

Our Hollow, Our Home – Hartsick
While She Sleeps – You Are We
Ocens Ate Alaska Hikari
Miss May I – Shadows Inside
EMMURE – LOOK AT YOURSELF

Our Hollow, Our Homeが大健闘でしたね!Miss May Iもねクリーンが増えて離れたファンもいたけど大健闘!!そしてEMMUREは相変わらず人気、もうすぐ来日だね!!

Hundredth – Rare
The Black Dahlia Murder – nightbringers

が大健闘、Hundredthに関してはサンドチェンジしたけどそれでもアルバムの完成度がずば抜けていたことから上位にランクイン、ブラダリは貫禄ですね!




ではここから2017年度のTop6を紹介します!



Alazka – Phoenix
ALAZKA

6位に輝いたのはAlazka、Burning Down Alaskaから改名したポストハードコアバンドですね、しかも名曲揃い、Legasy、Blossomが好みですが、キラーチューンだらけの名盤でした! 2017年最高の1枚として選ぶ仲間も多かったです!ポストハードコアのドラマティック部門ならダントツで1位でした!!!グッズも取り扱いたいんですが発売が延期の連続!!購入できるようになったらすぐにアップするね!





Counterparts – You’re Not You Anymore
カウンターパーツ
叙情派ハードコアの代表格CounterpartsのYou’re Not You Anymoreが第5位!メンバーも大幅に変わって結構心配してたんですが、なんのそのこれぞCounterpatsって感じで安心、というかそうぞを超えて名盤でした、泣きの疾走、程よいクリーン、結構スラッシー、前も言ったけど泣きながら全力疾走しているような不思議な感覚を覚える、僕もお世話になった名作でした!





Code Orange – Forever
コードオレンジ
第4位に輝いたのはCode Orange のForeverでした、数多くある海外の2017のTop10アルバムなどチェックしてたんですが一番よく見かけたアルバムでしたね!2ndアルバム「I Am King」で僕たちの世界でも知名度が大幅に広がったんですが今作「Forever」ではさらに多くの音楽好きに広がった作品、超重力を感じる重低音サウンド、穏なエフェクト、これぞ究極のヘヴィーネスバンドではないでしょうか!





Neck Deep – The Peace and the Panic
ネックディープ

第3位に輝いたのはポップパンクの代名詞といっても過言ではないくらいに人気超爆発したNeck Deep、3枚目『The Peace And The Panic』アルバムチャート全米2位&全英4位だもんね、ポップパンクの歴史上語り継がれる名作かと!In Bloomは初めから最後まで全部歌えるくらいに聴いた名曲、前作に比べ落ち着いた感あるけど、前作よりも大好きな一枚、UkだけじゃなくUSそして日本でも大人気、来日のチケットは争奪戦になるかも?





Darkest Hour godless prophets & the migrant flora
ダーケストアワー
第2位に輝いたのはDarkest Hourの godless prophets & the migrant flora、多少のサウンドチェンジはあるけど良い意味でコア寄りに深化した一枚かと!聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」!前作は個人的には微妙だったけど、アルバムが出るたびに購入してしまう数少ないバンド。レコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATとJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!最高なんだけど第2位になるとは!!良い意味で予想外、CDラックの一軍入り、数年たっても聴くだろう個人的に神作!今日のBGMもこのアルバム!





見事2017年度の最強な一枚に輝いたのは!!!



BLG161201052-0




Converge – The Dusk In Us
コンヴァージ
Converge毎回神ってるんだけど、今作の神度数は天文学的数字、現実に存在する唯一の神です!言い過ぎ?Convergeにしか出せない圧倒的な個性は今作も爆発、毎回想像を超える前衛的な進化、今作では「おとなしくなってしまった」そんな意見も耳にしたけど、「ちゃんと聴きこんでる?」って言いたいね。もともと持っていた叙情性も強くなり、そのおかげで相反する暴力性が際立つ、引き立ててくれるんだよね、全体を通して聴いたときの満足度は2時間の映画以上、アンケートを見ていてもメタルコア好き、パンク好き、デス好き、ハードコア好きがNo.1として挙げた作品、そこがすごいって思ったね!更なる高みへと突き進見続ける孤高なバンド、コンヴァージが総まとめ、17年度の頂点に選ばれました!





・第6位:AlazkaPhoenix
・第5位:CounterpartsYou’re Not You Anymore
・第4位:Code OrangeForever
・第3位:Neck DeepThe Peace and the Panic
・第2位:Darkest Hourgodless prophets & the migrant flora
・第1位:ConvergeThe Dusk In Us

という結果になりました。



ここでいったん、2017年度「俺の10枚」を終了させていただきます!!!

参加してくれたあなたマジありがとう!

1万円クーポンの当選者発表も楽しみに!!

先日はConvergeのジャケットを装着して夕日を眺めてきた、神々しいでしょ?

Converge

では!

【11月部門】「Fit For A King」のスナップバック「Hundredth」のパーカーでキメたスタイリング!【No.31】

ハンドレッス
サ~~ブ~~!!朝晩の気温がすこぶるダウン、今日はパーカーにコーチジャケットを2枚羽織るありえないスタイリングで震えながらこのブログを書いているわけだが、震えながら待ったConvergeの新譜「Dusk In Us」はやはり最強でした!詳しくは別の記事で…..


今、ハマっているのはConverge、そして刺繍ロゴアイテム
、キャップは刺繍が当たり前だが、Tシャツやパーカーなども刺繍ロゴ、バンドのアイコンのワンポイントやバンド名のさりげない刺繍のバンドマーチにハマっている、って言ってもTシャツは3枚、タンクトップは1枚、ポロシャツ2枚、を所持しているわけだが、パーカーはまだ未所持である


ストリートでは年始あたりからよく見かける刺繍デザインのアイテム、バンドマーチでも増えてきたがまだまだ少ない、完全限定アイテムなどでも数点取り扱ってきたがほぼ反応なしww絶対に「イケてるのに!!」と思いながら、この思いを伝えられなかった自分のふがいなさを反省、


もう少し数を増やしてくれるとありがたいんだが、ストリートに敏感なSylarPolyphiaが出してくれれば爆発的に人気が出るんだと思うが、そういえばこないだLeft Behindの刺繍パーカーも紹介したね。(※このアイテムはツアー限定)


刺繍デザインってのはこういうアイテムである!
Left Behind

ド派手のアインパクトアイテムを好む人からすれば物足りないだろうが、この洗練されたシンプルデザイン、たまんないね、どっちのスタイルにも使用したらよいわけだが…



そしてここにきて僕の思いを見事に組んでくれたんではないかと言わんばかりのグッドタイミングで刺繍ロゴのパーカーを装着したスタイリング写真が届いたぜ!!!

11月部門1っ発目!もう11月も半ばだけど!!!!辞めちゃうよ~~ww


とにかくスタイリング写真をご覧あれ!!


Hundredth

Fit For A King

xGENxさん2度目の投稿ありがとうございます!前回のxGENxさんスタイリングも最高だったわけだが、今回もシャレオツなスタイリングである!


Hundredthでおなじみのカギロゴは刺繍になっていてxGENxさんが言うようにさりげないオシャレ感が素晴らしい、だってさ、よく見ないと刺繍だって気づかないわけじゃん、このこだわりがステキですよね!

キャップからボトムスまでオールブラックでキメ、キックスにパープル、ブラックコーデだけど、定番のキックスとかではなくSUPRAをあわえるのもポイントが高い!


上下スウェット生地ながら野暮ったくならないのはジョガーのシルエットのおかげ、バックに移るバイクなども相まってスポーティーでストリート、ブラックで合わせることによって洗練されたイメージも与える素晴らしいスタイリングである!!



機材盗難のベネフィットとして購入したFit For A Kingのキャップもスタイリングにしっかり物語、ストーリー性があるのが素晴らしい、バンドへの愛も感じれます!!レイヤードなどせずともこのセンスを感じさせるxGENxさんさすがっす!!!



xGENxさん最高な写真マジでありがとう!

早速、このHundredthパーカーを入手しようと試みるもすでに廃盤!!!!!アーティスティックで玄人向けのHundredthアイテムはほんと人気だね!人が着ているのを見ると余計にほしくなる、さらに売り切れと聞くとさらにほしくなるwwバンドマーチアルアルだなww今発売されているHUNDREDTHアイテムもチェックしといてね!

11月もスタイリング写真募集中!!参加待ってるぜ!もちろん今までに一度投稿した方も再チャレンジして

クーポンゲットしちゃってください!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 毎月1名に10,000円クーポンもプレゼント!

※一万円クーポンに関しては来月からちょっとシステムを変更するね!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・POSI以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてよ(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■一言(記入しなくてもOK)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2017年の秋冬スタイリング楽しみにしてます!

河内野




追伸:
今一番楽しみな音源はオージー産グランジ「シルヴァーチェアー」のトリヴュートアルバム!

Hands Like Houses – Ana’s Song (Open Fire)

トラックリストはこんな感じ

1. The Amity Affliction – Tomorrow
2. Void of Vision – Israel’s Son
3. In Hearts Wake – Freak
4. The Brave – Cemetery
5. Northlane – Anthem For The Year 2000
6. Hands Like Houses – Ana’s Song (Open Fire)
7. Ocean Grove – Spawn (Again)
8. Storm The Sky – Emotion Sickness
9. Tonight Alive – Without You
10. Columbus – Straight Lines

名曲TomorrowをThe Amity Afflictionが!!!これまた震えて待ちます!

オリジナルTomorrow

ハードコア店長が選ぶ、秋から冬にかけて聴きたい叙情派バンド

Hundredth2013001

叙情派のホープがついにやってくる。そうです、Hundredthが来日です!

  • 12/4(水) 東京 SHINJUKU at NINE SPICES
  • 12/5(木) 静岡 NUMAZU at CRAZY ROCK CARNIVAL
  • 12/6(金) 名古屋 at REFRECT STUDIO
  • 12/7(土) 大阪 KITA-HORIE at CLUB VIJON
  • 12/8(日) 東京 SHIBUYA at THE GAME

12月の4日~8日の夜は絶対に空けておきましょう。

Hundredth


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

フロリダの伝説、叙情派ニュースクールハードコアバンド、Shai Huludも来日したし、2013年は叙情派熱いね。叙情派って少し涼しくなる今、秋から冬の時期って無性に聴きたくならない?

Destiny “Forsaken Love”


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

CDラックを漁って叙情派集めてアイチューンでリスト作ってみたよ(笑)。ベタだけどやっぱり叙情派といえばフロリダだね。

  • Poison The Well
  • Strongarm
  • Sleeping By The Riverside

以外にも、

  • Taken
  • Hopesfall
  • With Resistance

などなど20代後半30代のあなたは懐かしいでしょ?!僕の中ではやはりこの曲がNO.1。3分半からの展開には多くのマニアが涙を流したことでしょう。

Hopesfall


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

上記のようなレジェンドなバンドやThe Ghost Inside、Hundredth、It Prevailsは、もちろんのことまだまだコアで人気爆発しそうな叙情派バンドが結構いる。

Altarsに最近はまっています


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

YOUR MEMORIAL:タフな叙情派が今は主流だね


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

To The Wind:Pure Noiseってのが意外


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Altars:最近はまってます


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Rescuer:RISE産の叙情派


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Ghost Insideの人気が爆発後にダウンチューニングでゴリゴリ落としていくスタイルが主流になってきたけどオールドスクールなストレートで叙情的でドラマチックなサウンドもかっこいい。

VERSE


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Killing The Dream


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Touché Amoré


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

叙情派にもメタルコアよりオールドスクールより、激情よりと色々いますが、今、叙情派マニアの注目の的Being As An Ocean はすべての叙情派を虜にするちょうど良い隙間を言っている感じでどっぷりはまっています。後期のTakenを思い出してしまった。

Being As An Ocean


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

なんせビデオやグッズがオシャレなんだよね。Hundredthとともに叙情派を背負って立つ存在になるだろう。同じInvogue RecordsバンドでもあるWorthwhileもマニアの中では常に名前の挙がるキテいるバンドだ。

Worthwhile


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

哀愁、切なさという感情を超越した叙情サウンドの素晴らしさが少しでもわかってもらえたかな。秋の空を見上げながら叙情派サウンドを聞いて激しく癒されよう。

河内野

【夏フェス熱中症対策】バンドマンに学ぶ、正しいキャップのかぶり方

1

夏フェスの季節がやって来たぜ。え、マジか、君は親友とサマーソニックへは行くのか。うらやましいなぁ。俺はそのころ仕事だ。え、君は地元で開催される野外コンサート&花火大会に彼女と行く予定なのか。晴れると良いね!

水分と塩分をしっかりとって、日焼け止めを塗って、かっこいいキャップもかぶって、熱中症対策を忘れずにな。楽しい思い出を作って来てくれよ。

あ、それからキャップのかぶり方は大丈夫か?!激音ファンとして恥ずかしくないかぶり方はマスターしたか?!彼女が唸って腰がくだけちゃうセクシーな着こなしの準備はできたか?!

そうか、まだか。だったら丁度いい。俺たちが大好きなミュージシャンがどんな風にキメてるか、一緒におさらいしてみようぜ。

まずはシャレオツバンドのYour Demise

2

メンバーほぼみんながキャップを愛用してる。硬派に真っ直ぐかぶったり、斜めバックにかぶったり、前髪を出して浅くかぶったり。このバンドだけでもいろいろな着用方法が参考になる。

3

キャップはやはりストリートな印象を与える最高のアイテム。流行の柄シャツなどもキャプがあることでストリート感をプラスさせる。バンドTシャツがメインのこの時期でもアクセントになってオシャレ度数がアップする。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

動画でもいろいろなキャプコーデが見れるね。いま主流のスナップバックから5パネルキャップ(ジェットキャップ)を激音界で流行らせたも彼らではないだろうか。

続いて、pierce the veil

4

細身のスタイルにもキャップはありだよと教えてくれた彼ら。カジュアルなストリートスタイルに細めスタイルをミックスさせたコーデは参考になるね。次世代のスクリーモやメタルコアバンドにスナップバックが欠かせない存在だと証明してくれたバンド。

オシャレバンドとしても知名度アップ中のHundredth

5

中でもボーカルのチャドウィックのスタイルは参考になる。眼鏡男子にも人気だ(俺だけか?!)。大きめのTシャツに細めのパンツ、そしてキャップでストリート感を出す。露出が多いこの夏、タンクトップとの相性もグッド!

7

前髪ちょろりも浅くかぶったスタイルも好きだけど、Emmureのフランキーな硬派なかぶり方も好きだな。キャラに合っている。イカツイ君は硬派にかぶろうぜ。

夏だけじゃなく冬にもキャップはあり。ジャケット類など渋めの色にもキャップでアクセントをつけます。新星Northlaneのボーカルもキャップをこよなく愛しています。

6

ひざ上丈のパンツに大き目のタンクトップにキャップ。ここ最近のバンドは、トップスは大きめを着用してるね。ライブでも活躍するキャップ。垂れてくる汗を抑えてくれる。夏にはもってこいだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ハードコア代表のTerrorもキャップを広めた功労者。なんたって、キャップの販売数が異常なほど多い。ハードコアで始まりエモやスクリーモ、デスコア、メタルコア、ポップパンク、すべてのバンドマンがこよなく愛するキャップ、間違いなし。ヒップホップではスナップバックの曲まである。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

以上、参考になっただろうか。くれぐれも体調には気を付けて、元気で楽しい夏休みを過ごしてくれよ。それじゃ。

河内野