オルタナシューゲイザー「Nothing」のドメニク・パレルモの壮絶な人生がすごすぎて引くレベル!

ナッシング

夏は終わったのか?あの異常な気温は影を潜め、快適な温度ではあるが連日の雨での湿気がゴイスーである。世間は安室ちゃん一色だけど、Easy Moneyの来日公演も始まり、TurnstileAll Out WarXibalbaLionheartなどなど最強クラスのハードコアバンドたち、そしてさらにPower Tripと今週やばくない?安室ちゃん好きだけど、活動休止がかすむくらいのリリースラッシュ!!


しかし、1公演もいけない、Power Tripはチケットまで取ったのに、友人に譲りました…..


そんな絶望と、妬み、嫉み、ひがみ、ヘイトの塊となっているワタクシ、そんな時にきている曲がNothingなもんで、さらに陰鬱になってきた。




僕の体はさらに湿気をおび、体も心もじっとりとダークに・・・こんな陰鬱なオルタナシューゲイザーサウンドを生みだせるはやはり、Nothingのギターボーカル、ドメニク・パレルモだからこそ、

TER1898013

アメリカのコメディー俳優、アダムサンドラーに少し似てるねww、そんなドメニク・パレルモの壮絶な人生の出来事とNothingの歴史を簡単に説明していこう!



・フィラデルフィアのケンジントンという高犯罪率で薬物中毒者だらけといった、最悪な環境で育つ


■バンドHorror Showを結成する、Nothingのルーツはハードコアということがわかる。



■最悪の環境の中グレにグレまくりで暴行の罪を犯す、人を刺す・・・そして刑務所で2年を過ごす。


■出所後、刑務所での経験なども活かし音楽活動を再開しブランドン・セッタと出会う


■EP3枚「Poshlost demo」 、「Suns and Lovers」 、「Downward Years to Come」を発売


■Whirrとのスピリットを販売


■エクストリーム系レーベル最高峰「Relapse Records」と契約


■そしていよいよ1stアルバム「Guilty Of Everything」が発売!



■ライブの後にオークランドの地下鉄で男に絡まれ大怪我を負わされ組まれていたライブはすべてキャンセルに!


■神経変性疾患であるCTE(慢性外傷性脳症)の初期段階と診断される


■Collect Recordsと新たに契約しようとするもレーベルに融資していた会社の不祥事で白紙に・・・


■それでも数々の困難を乗り越え16年に名盤と名高い2ndアルバム「Tired Of Tomorrow」が発売!プロデューサーはWill Yip



■2017年1月に初来日を果たしている!

Nothing_2017

■そして2018年、約2年ぶりの3rdアルバム「Dance On The Blacktop」が先日発売!プロデューサーはDINOSAUR JRSONIC YOUTHBOB DYLANなどの作品を手掛ける超有名な、John Agnelloと最強の布陣!



ドメニク・パレルモの壮絶な人生、経験が生かされNothingのサウンドが造り上げられているんだとよくわかるね、それにしてもすごい人生、僕だったら現世をドロンしてしまっているかもしれない。



Ep時代から完成されたオルタナ/シューゲイズなサウンド、どの音源も捨て曲なし、すでにビッグなバンドだがまだ聴いていない人はぜひこの時期に聴いてみてください!


現在のメンバーではないがブラックゲイズ、ポストブラックのDefhavenにシューゲイザー、ドリームポップ、インディーロックのWhirlのニック・バセットが在籍していたことも有名な話、そしてハードコア好きはびっくりのJesus Pieceのボーカルを務める、アーロンがNothingのベースを担当!

Jesus Piece

アーロン、シャレオツっす!!NothingとJesus Pieceの意外なつながり、サウンドの高低差はとてつもないですね!



轟くディストーションサウンド、歪と反する美しさ切なさ浮遊感が合わさり妖艶であるサウンド、初見は違和感を感じるかもしれない、けど聴けば聴くほどに虜になってしまう、抜け出せないサウンドである。時に雨の日、そしてこれからの秋の夜にはばっちりなサウンド、バンドがNothingである!


Nothingはシューゲイザーというジャンルになるんだけど、ハードコアなどを愛する僕たちにはそこまでなじみのないジャンル、言葉かもしれない、シューゲイザーとは?


フィードバック・ノイズやエフェクターなどを複雑に用いた深いディストーションをかけたギターサウンド、ミニマルなリフの繰り返し、ポップで甘いメロディーを際立たせた浮遊感のあるサウンド、囁くように歌い上げるボーカルなどがシューゲイザーの一般的特徴として挙げられる[1]。
シューゲイザーには、1960年代後半に流行したサイケデリック・ロックのリバイバル、あるいは新解釈という面があり、オルタナティヴ・ロックの1ジャンルと捉えられている。

wiki参照



My Bloody Valentineがシューゲイザーの代表的なバンドとしてよく紹介されているが、何か物足りない、その物足りなさは言葉では説明しにくいがNothingの頭脳でもあるドメニク・パレルモのルーツがハードコア/パンク畑だったことが大きいのではないかと!


叙情派ハードコアからシューゲイズ / ポストパンクへと変貌を遂げてファンを驚かせたHundredthもいることだし、10月にニューアルバム発売のBasementだってTitle Fightだってシューゲイズの要素があり、ポジでも大人気なバンド、シューゲイズに注目するのも良いでしょう!

今週はハードコアの来日ラッシュ、疲れた体をNothingなどのオルタナ/シューゲイズサンドで癒すのもアリじゃないっすか!!

実はNothingのマーチもアルバム発売以前から多くのリクエストをいただいているということで取り扱い開始します!

ナッシング


ドメニク・パレルモも装着しているネックレスもありまっせ!Nothingグッズはこちらをクリック!



ニューアルバム発売後にはとんでもなくリクエストが来たんだけど、ようやく実現することができました!

Nothingファンたちよ!待たせたな!






追伸:
シューゲイズ?「激しさが足りない!」そんな方はJESUを聴いてみましょう!

日本昔話に出てきそうな京都は美山町にある「かやぶきの里」にHundredthのキャップ、Thousand BelowのTシャツを装着して行ってきた

HUNDREDTH

雲一つない快晴が続いていたのにこの日に限って、小雨だったんで気にせず出発!今回の行き先は京都府は美山町にある「かやぶきの里」を目指す!

BL18810002

車で1時間ちょい、小雨、田舎道ということでBGMは叙情系で、今回着用しているTシャツ、Thousand Below / サウザンド・ビロウや新しい音源も楽しみなCounterparts / カウンターパーツ、そしてと先日のビーチアンケートでも登場したSeasons In Wreckage / シーズンズ・イン・レッケージ、帰り道のBGMにとHopesfall / ホープスフォールのアルバム4枚を持参、山肌にかかった霧、とBGMが最高にマッチし、少し感傷的になりながら目的地へと!

エモーショナルな気分のまま到着、駐車場に車を止めるも大雨、雨が止むのを待ちながら写真を数枚、撮る!

かやぶきの里

かやぶきの屋根、地方の集落などではまだ見かけるけど、ここまでの数が集まっているのを見るのは初めて、世界観はまさに「日本昔話」である!

かやぶき屋根とは?

現代でも地方の集落や人気の古民家でみられる「茅葺き屋根」。

この歴史は、瓦屋根よりもはるかに古く、まさに日本の伝統の技です。
今ではすっかり見かけることの少なくなってしまった茅葺き屋根ですが、日本を代表する屋根の一つであることは間違いありません。

ジャパニーズレトロスタイル、ジャパニーズオールドスクールな建築物である、なぜか今ではヨーロッパで「かやぶき屋根」が流行っているようだ!



マップもレトロな仕上がりだった。

かやぶきの里

近くにはきれいな川、雨が降ってもこの透明度、来る途中には釣り客がたくさん、鮎などの川魚が生存しているようだ、さらに川下りなども行われているそう、次回は川下りだな!

Disturbia

電柱や車が移らなければまさに日本昔話、田舎育ちの僕でも感動するくらいだ、都会っ子ならもっと感動すると思うよ!

かやぶき

レトロなポストも良き味を醸し出している!

かやぶき

石垣に急な坂道、道のわきを流れる水路の水は美しく、空気もうまい!

Air Max 95

どのかやぶき屋根の家も人が住んでいる、散歩していたマダムは「夏でも最高に涼しいのよ!」とか「冬も最高にきれいよ」、「星空は超やばい」とか、いろいろなお話を聴けた、しかし、マダムの口から超やばいという言葉には違和感しかなかった・・・

美山

結構な雨が降ってきたので雨宿り、

Thousand Below / サウザンド・ビロウ

今回の着用アイテムは

Hundredth / ハンドレッスのキャップ
Thousand Below / サウザンド・ビロウのボーダーシャツ(XLサイズ)
Burning City Records - Stay Positive ドックタグ・ネックレス
Disturbia / ディスタービアのALL-Seeing ミニショルダーバッグ
・パンツ33インチ
・Nike Air Max 95 (29cm)




さわやかさも演出してくれる、ボーダーシャツをビッグサイズで着用しパンツは細目、ストリート感を出すためにキャップとハイテクのスニーカーを合わせ、ネックレスや時計、バッグの小物類でこなれ感をプラスさせたよ!いかんせん僕の顔面がさわやかではないのでボーダーは結構使えるぜ!!

Thousand Below / サウザンド・ビロウ

最近増えてきたAS colurのボディーを使用、さらりと体のラインに沿うやわらかい生地感、体のシルエットが出やすいので苦手な方はインナーに何か着用すれば問題解決、バンドロゴのさりげなさが良いよね、刺繍ではなくプリント!




小雨になってきたようだ!散歩再開!!

BL18810012

歩き出して間もなく土砂降り、見つけたカフェギャラリー彩花(saika)に避難!

BL18810013

かやぶき集落の中にある隠れ家的カフェ。まるいちゃぶ台に格子ガラス。良き雰囲気、僕は縁側に腰を下ろす。

カフェギャラリー 彩花

濡れたカメラの心配をしてくれる、きれいな店員さん、心の中では「惚れてまうやろ~!」気持ちを落ち着かせ、ケーキなども食べたかったがここはクールに「黒豆コーヒーをひとつ!」とコーヒーの身を注文!

カフェギャラリー 彩花

黒豆の香りするコーヒー、ブラックでいただく!美味でした!!

カフェギャラリー 彩花

写真画やラリーなどもあり、その中にある星とかやぶき屋根が映ったい一枚はマジで感動しました!

カフェギャラリー 彩花

縁側に腰を下ろし、ここで聴いた1曲はSylarが新曲 “All or Nothing”アルバム楽しみだね~~!またあの限定のジャケット、ニューカラー発売してくれないかな~!

縁側から見る雨のかやぶきも良きでした!

BL18810019

お近くに来た際はぜひカフェギャラリー 彩花へ!
カフェギャラリー 彩花

大きな大木を発見、

かやぶき

小さな神社を発見!

BL18810021

ご挨拶を・・・

BL18810022

ここにきて大雨、完全に満足しないままかやぶきの里をあとにする。

BL18810023

晴れた日にリベンジします!

BL18810024

撮影地:かやぶきの里

次回はどこに行こうかな!

では!

河内野






今回装着しているHundredthのキャップがもらえるお得なイベント開催しているの知ってる?先着10名!!

PDBL1882029

なんかいまいちルールがわかっていない人が多くwwまだ少量残っています。キャップページにアップした0円のキャップをカートに入れ、

PDBL1882030

その他何でも1万円以上のお買い物、さらに注文時のコメント欄にキャッププレゼントと記入するだけでHundredthのキャップが手に入るわけだ、簡単でしょ?こんな太っ腹のイベントなんてめったにしないからね、万が一キャップが残った場合はサイトにて定価で販売するからね、その時になって後悔しないように!




1万円以上お買い物するなら「0円のキャップ、カートに入れとけ!」ってことです!そしたら簡単なコメント残すだけで5000円以上のキャップがもらえるから!

夏ソングアンケート【5000円クーポン】当選者の発表!確立は 1/12

PDBL1882019

もうすぐお盆休みに突入だね!お仕事中もテンションががっていることだと思う。


旅行に帰郷、BBQにライブやフェス、家でまったりとたまった海外ドラマを一気見などなど想像するだけでワクワクが止まらないよね、


僕は1日ほど休みをもらう予定、念願のBBQである、アンケートでみんなからもらった夏のビーチで聴きたい曲を流しまくるぜ!!!


ということで今回はアンケート参加者の中から1名に当たる5000円クーポンの当選者を発表したいと思う。


今回の参加者は下記の12名


てぃーやん さん
xGENx さん
Yu-Ki さん
タッシー さん
BAR WONDER さん
AxCx48 さん
pineapple さん
トト さん
マスターピラー さん
へい さん
ヤギ@Rethpa. さん
がわお さん

アンケートがあるたびに参加してくれる方、初めて参加してくれた方まで、本当にありがとう!



今回の当選方法はくじ引き、即席の抽選ボックスを作成!

PDBL1882021

参加してくれた12名のクジを作成!

PDBL1882022

1枚1枚切り~の、折りたたみ、ボックスにドロップ!!

PDBL1882023

超高速で箱をフリフリ!!!

PDBL1882024


ではお待ちかね、ここからは一気に当選者の発表と行きましょう!


PDBL1882025

PDBL1882028

てぃーやんさん、おめでとう!

PDBL1882027

5000円クーポン、メールで送らせていただきますね!お好きなバンドマーチ購入時にぜひ使ってやってください!まさかのアンケートにいち早く投稿してくれたてぃーやんさんが当選するとは!僕もうれしいです!


今回当たらなかった11名も本当に本当にありがとうございました!



また定期的にアンケートやっていくんでぜひ参加してくださいね!!!



では!


河内野




追伸:

そうそう、今回のクーポン並みにお得なイベント開催しているの知ってる?な、な、なんと来日予定のHundredthのキャップ(5900~7900円相当)プレゼント、先着10名!!

PDBL1882029

なんかいまいちルールがわかっていない人が多くwwまだ少量残っています。キャップページにアップした0円のキャップをカートに入れ、

PDBL1882030

その他何でも1万円以上のお買い物、さらに注文時のコメント欄にキャッププレゼントと記入するだけでHundredthのキャップが手に入るわけだ、簡単でしょ?こんな太っ腹のイベントなんてめったにしないからね、万が一キャップが残った場合はサイトにて定価で販売するからね、その時になって後悔しないように!




1万円以上お買い物するなら0円のキャップ、カートに入れとけってことです!そしたら簡単なコメント残すだけで5000円以上のキャップがもらえるから!

オシャレの最短ルートは「小物」を使ったバンドマーチコーデである!

PDBL1882006

各地で花火大会にお祭りが開催されている、事務所の前も多くの人が歩いて祭りへと向かう姿を目にする、



若い子たちからパパやママ、高校生など人間観察をしていて思った。連日35度を超える猛暑、のおかげでとてもシンプルな服装だったのである、年齢層関係なくね、


Tシャツ
+
ハーフパンツ
+
サンダル

みんな、どの世代を見てもこの格好なんだよね(じんべい以外)、それぞれのアイテムで個性を出したり、差別化を図るシルエット、サイズ感で変化をもたらせればいいんだけど、見る人の9割がそんなこともなく・・・・



僕たちでいえばバンドマーチでね、普通のシャツじゃないもんね!!とはいってもさ、ここ最近はシンプルなデザインが多いのは事実、「わかるやつだけわかれば!」それも正解なんだけど、一般人から見ればいたって普通のシャツ、まぁ、ド派手なデザインやタイダイ、ボーダーなどのデザインもあるから一概にはいけないけど、正直、本音を言うとね、普段着としてバンドマーチを着用している僕らは「一般人からもおしゃれだと思われたい!」悔しいけどそうなんだよね。



そんなお祭りに出かける人たちを永遠と見ていた時、思わす2度見、いや3度見したね!明らかにオスアンティーな、ハイセンスなオーラを身にまとっている人がそこに存在していた!その人に天からスポットライトが当たっているくらいに特別に思えたぼである。

その理由は何だったんだろう?



ストーカまがいにその人が歩いている方向に僕も歩き、全身を舐めまわすように隅から隅までその男性をチェックしていた、そして分かったことがある。

「小物使いがマジうまい!!」



これなんです!そうなんです、Tシャツにハーフパンツに、スニーカー、スニーカーはいたって普通のVansのオールドスクール、そこにプラスされていた「小物」が彼のスタイリングのすべてを昇華させていたのである!



かなり詳しく、ピーコのファッションチェックのごとくチェックしたから説明していくと、


小物1)プッシュしまくっている、ミニバッグ、ショルダーを装着!

Tシャツはいたってシンプル、ブランドはわからなかったけどワンポイント胸にデザインがあるホワイトのシャツ(この時点で清潔感が出ている)、そのTシャツをクロスするように肩からかかっていたバッグがミニショルダー、間違いなくこのカーハートのバッグだったね!

カーハート

伝わりずらいかもしれないけどショルダーを短くし手装着しているシルエットもオシャンティーに見えた!ポケットには一切何も入っていなくパンツのシルエットも崩れていなかったことから、携帯、財布にキー(鍵)もこのバッグの中に入っているのだろう、このバッグを装着していないスタイルもその彼で想像したがやはりミニバッグは重要なのだと大いに感じた!ちょっとほしくなったけどDisturbiaのミニショルダーのほうがかっこいいんでいらな~いww下記のDeez NutsのJJのようなイメージだね!※サングラスも使える小物です。

Deez Nuts



小物2)ブレスレット

二の腕から先は裸、なにも装着しない人が本当に多い、寂しいよね腕先は裸だもの、時計も小物としては重要だけど、もう一つの腕回りにはシルバーアクセ、といってもヴォリューミーじゃなく、あくまでさりげない2個付け、シルバーということで夕日に照らされほんのりと輝く、細いブレスなんだけど存在感がある、このさりげなさに僕はやられたね!シルバーに限らず、バンドマーチでいえばラバーリストも使えるよね!Neck DeepのDaniのようにシンプルに1本装着してもあるとないとは大違い!

Neck deep



小物3)デザインのあるソックス

彼の履いていた靴はVansのオールドスクール、パンツはハーフパンツ、そこにデザインのあるソックスを装着していた。サンダルが多く、サンダルといえば靴下は不要、そんな中だから余計と目がそちらに向いた、ソックスでも遊び心を持っている、ブランドまではわからなかったがちょいホラーでポップなドラキュラのデザインだった、丈はスケートソックスのように長くないミドル丈、しつこくなくスマートに履きこなしていたあたりがオシャンティー、真っ白なソックスも流行ではあるが一歩間違えれば日曜日のお父さん見たくなるから上級者向け、デザインソックスはすぐに取り入れるべくである!ラインソックスはマジで合わせやすいです!HundredthのChadのようにキックスをホワイトにソックスをブラックに合わせるスタイリングもイケてる!

PDBL1882004



小物4)キャップ・ハット

小物の王道なんじゃないかな!見かけた彼はベースボールキャップを装着、少し浅いダッドハットだったかもしれない、ワンポイントの刺繍が入ったトレンドアイテムだ、今までのブログで何度も言っているけどTシャツよりも先に目が行くのが顔なのである、ということはファッションの顔は帽子なのである。着こなしにスポーツ感をミックスさせてくれる、キャップのデザインはファッションの名刺代わりといっても過言ではない、だからこそ僕は絶対にバンドマーチのキャップを愛用すると常に決めている!バンドマーチのキャップは種類もデザインも豊富だしね!僕自身は美容院が苦手なせいか、髪型に余りこだわりを持っていない分、セットするのもめんどくさい、だから常にキャップはかぶっている、もちろん前髪は出さないスタイルで、そしてこの猛暑、一番熱を吸収してしまう頭を守ってくれる!一石二鳥なのである!しか~~しダッドハットが似合わないというwwだからハットかスナップバックなんだけど、ストリート感も増すしね!フォーマルなスタイルにも合うってのもいいよね!

PDBL1882005




その他使えるのはサングラスにネックレス、いろんな使い方ができるバンダナとかだね、その日見た彼は装着していなかったけどマジで使える小物たちだ。



これら昇華した小物たち、あるのとないのとは大違い!ということは理解していただけたと思う。


あなたもぜひ今回紹介した小物を夏コーデにプラスさせ仲間と差をつけてください!



そして一般人からもアイツお洒落だな!と必ず言わせてちゃってください!



では!



河内野



追伸:

新曲公開したBasementのギターのバンダナを首に巻くスタイルもイケている!挑戦してみよう!

新曲、さらに洗練されている感じがする、ニューアルバムがマジで楽しみである!!

Basementグッズはこちらをクリック

【俺の10枚】2017年度の最強の1枚を決定!(Top5もあるよ!)

GG18113013


ありがとう!!!マジでありがとう!!総勢43名の仲間たちに参加していただきました!といっても20名近くの「俺の10枚」はまだ紹介できてないわけで…..さーせん!!ちょっとずつアップしていくから待っててね!



あなたのおかげで知らなかったバンド、スルーしていたバンドとも出会え、音源は20枚ほど購入、だから先月末からマーチが買えていないのがネックなんですがww

とにかく感謝感謝です!!ありがとう!!


ということで今回は届いたアンケートをまとめ合計430枚の中から2017年度の最強の1枚を選んでいくぜ!!

最強の1枚を発表する前にTop5を紹介!!!と思ったんだけど、6枚がズバ抜けて票数を獲得したんでTop6ね!!!

その前にTop6に入らなかったアルバムで上位にランクインしたアルバムも紹介しておこう!!

ハードコアでは

Backtrack – Bad To My World
Get The Shot – Infinite Punishment
Varials – Pain Again

が多く票を集めました。Get The Shotは海外のハードコアファンの中でも評価が高かったです!

ポストハードコア/メタルコアでは

Our Hollow, Our Home – Hartsick
While She Sleeps – You Are We
Ocens Ate Alaska Hikari
Miss May I – Shadows Inside
EMMURE – LOOK AT YOURSELF

Our Hollow, Our Homeが大健闘でしたね!Miss May Iもねクリーンが増えて離れたファンもいたけど大健闘!!そしてEMMUREは相変わらず人気、もうすぐ来日だね!!

Hundredth – Rare
The Black Dahlia Murder – nightbringers

が大健闘、Hundredthに関してはサンドチェンジしたけどそれでもアルバムの完成度がずば抜けていたことから上位にランクイン、ブラダリは貫禄ですね!




ではここから2017年度のTop6を紹介します!



Alazka – Phoenix
ALAZKA

6位に輝いたのはAlazka、Burning Down Alaskaから改名したポストハードコアバンドですね、しかも名曲揃い、Legasy、Blossomが好みですが、キラーチューンだらけの名盤でした! 2017年最高の1枚として選ぶ仲間も多かったです!ポストハードコアのドラマティック部門ならダントツで1位でした!!!グッズも取り扱いたいんですが発売が延期の連続!!購入できるようになったらすぐにアップするね!





Counterparts – You’re Not You Anymore
カウンターパーツ
叙情派ハードコアの代表格CounterpartsのYou’re Not You Anymoreが第5位!メンバーも大幅に変わって結構心配してたんですが、なんのそのこれぞCounterpatsって感じで安心、というかそうぞを超えて名盤でした、泣きの疾走、程よいクリーン、結構スラッシー、前も言ったけど泣きながら全力疾走しているような不思議な感覚を覚える、僕もお世話になった名作でした!





Code Orange – Forever
コードオレンジ
第4位に輝いたのはCode Orange のForeverでした、数多くある海外の2017のTop10アルバムなどチェックしてたんですが一番よく見かけたアルバムでしたね!2ndアルバム「I Am King」で僕たちの世界でも知名度が大幅に広がったんですが今作「Forever」ではさらに多くの音楽好きに広がった作品、超重力を感じる重低音サウンド、穏なエフェクト、これぞ究極のヘヴィーネスバンドではないでしょうか!





Neck Deep – The Peace and the Panic
ネックディープ

第3位に輝いたのはポップパンクの代名詞といっても過言ではないくらいに人気超爆発したNeck Deep、3枚目『The Peace And The Panic』アルバムチャート全米2位&全英4位だもんね、ポップパンクの歴史上語り継がれる名作かと!In Bloomは初めから最後まで全部歌えるくらいに聴いた名曲、前作に比べ落ち着いた感あるけど、前作よりも大好きな一枚、UkだけじゃなくUSそして日本でも大人気、来日のチケットは争奪戦になるかも?





Darkest Hour godless prophets & the migrant flora
ダーケストアワー
第2位に輝いたのはDarkest Hourの godless prophets & the migrant flora、多少のサウンドチェンジはあるけど良い意味でコア寄りに深化した一枚かと!聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」!前作は個人的には微妙だったけど、アルバムが出るたびに購入してしまう数少ないバンド。レコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATとJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!最高なんだけど第2位になるとは!!良い意味で予想外、CDラックの一軍入り、数年たっても聴くだろう個人的に神作!今日のBGMもこのアルバム!





見事2017年度の最強な一枚に輝いたのは!!!



BLG161201052-0




Converge – The Dusk In Us
コンヴァージ
Converge毎回神ってるんだけど、今作の神度数は天文学的数字、現実に存在する唯一の神です!言い過ぎ?Convergeにしか出せない圧倒的な個性は今作も爆発、毎回想像を超える前衛的な進化、今作では「おとなしくなってしまった」そんな意見も耳にしたけど、「ちゃんと聴きこんでる?」って言いたいね。もともと持っていた叙情性も強くなり、そのおかげで相反する暴力性が際立つ、引き立ててくれるんだよね、全体を通して聴いたときの満足度は2時間の映画以上、アンケートを見ていてもメタルコア好き、パンク好き、デス好き、ハードコア好きがNo.1として挙げた作品、そこがすごいって思ったね!更なる高みへと突き進見続ける孤高なバンド、コンヴァージが総まとめ、17年度の頂点に選ばれました!





・第6位:AlazkaPhoenix
・第5位:CounterpartsYou’re Not You Anymore
・第4位:Code OrangeForever
・第3位:Neck DeepThe Peace and the Panic
・第2位:Darkest Hourgodless prophets & the migrant flora
・第1位:ConvergeThe Dusk In Us

という結果になりました。



ここでいったん、2017年度「俺の10枚」を終了させていただきます!!!

参加してくれたあなたマジありがとう!

1万円クーポンの当選者発表も楽しみに!!

先日はConvergeのジャケットを装着して夕日を眺めてきた、神々しいでしょ?

Converge

では!