【7月部門】ちょっとしたお出かけにはトレスポ2くんの夏ラフ・スタイリング!

August Burns Red

8月もいよいよスタ-トだね、10日もたてばいよいよお盆休み、連休はどっか行く?ばっちりバンドマーチでオシャレしてお出かけするのもいいけどラフなスタイルでスポーツやキャンプ、海水浴もいいよね、頑張りすぎずラフすぎずの絶妙なラインのスタイリングってのもかっこいいんだよね!そんな絶妙なラフ・スタイリング写真を送ってくれたのがこの方!




ATTILA

アッティラ

トレスポ2くん最高な写真マジでありがとう!

T2 トレインスポッティングのカード?DVDも来月には発売ですよね!20年の月日が経って、あの4人はどうなっているんだろうか?めっちゃ気になります!スタイリングですが廃盤になったAttilaシャツ、グラデーションのプリントがヤバイですよね!August Burns Redのダッドハットに細目のスウェットパンツ、ラフなスタイリングでこのまま近所の居酒屋へGo!そして、帰り道にちらほらと見える花火、そんな情景を想像してしまう!ラフだけどサイジングやプリントを一番目立たせているあたり、頑張りすぎていないラフ感が最高に好きです!サイズ感、丈、などシルエットが素晴らしい!

トレスポ2くん本当にありがとう!!




7月4発目の投稿はトレスポ2くん1万円クーポンゲットの確立は25%、1/4ってこと!今週中には発表するね!

今日からの投稿は8月部門、当選者は9月の初旬です!

参加を鈍っているあなたも8月部門にぜひぜひ参加してみてください!

当たり前だけど参加しなければ当たらないからねww

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

今週中には1万円クーポンの当選者を発表するぜ!楽しみに!!

河内野





追伸:
AttilaのFronzのレーベル、StaySick RecordingsのSpiteがジワジワとキテるね!

SPITE – Kill Or Be Killed

【2016年:俺の10枚】店長:河内野が選んだ10枚がこれだ!【第8弾】+2016バンドマーチまとめ!

「俺の10枚」ガンガンアップしてきたけどさ、「てめぇの10枚は何なんだ!」って声も届いたので今回は店長、河内野が選ぶ10枚、そして今年のまとめを簡単に書いていこうかなと。それにしても10枚選ぶってのはマジ難しい、こうやって自分のをリストアップする中であなたも必死で考えてくれたんだなってマジで嬉しく、「ありがとう」って気持ちが大きくなった!

改めて言わせてもらうよ、マジで

「ありがとう!」

何度も言うけど10枚に絞るのが難しい、なんとか40枚には絞ったんだけど、これ、明日になったらまた違う10枚になりそうだね、とにかく今、「この10枚だ!」ってのを紹介していくぜ!

■1枚目:Hellions / Opera Oblivia■

Hellions
Hellions – 25

UNFD、Rise Records、シドニーのバンドなんだけど、ジャンル分けも難しくて、メロディアスでハードコアな部分もあって、イージーコアな部分もある、けど、スケール感デカくてアリーナロックな印象も感じられるアルバムタイトルのようなオペラ、ストリートなクイーンってかんじな、いや、違うなwwとにかく教会で大人数でみんなと歌いたくなる、ネクストレベルにいるバンドだとおもう、マイケミがブラックパレードを出した時のような…..
「今日は!」って気合入れる日によく聴いたアルバムだった!






■2枚目:Coldworld / Autumn■

Coldworld  / Autumn
ColdWorld – Void

ここ最近人気なポストブラック、前作も最強なアルバムだったんだけど、前作は北極の氷の中にいるような痛々しくも美しくもダークな作品、今作は暖かい光に包まれているようなホーリーな印象を受けた、何度も何度もリピートして聴いた一枚だった!





■3枚目:Oath Breaker / Rheia ■

Oath Breaker / Rheia
Oathbreaker “Immortals” Official Video

ポストブラック色が強く感じられたアルバムだけど、女性シンガーCaro Tangheの独自なメロディーはビョークぽくもあり、美しく妖艶であってデスウィッシュらしいカオティックさも感じれる、ジャンルを飛び越えブレイクしそうな予感がするね!
Cursed、Frameworks、Planes Mistaken For Stars





■4枚目:Frameworks / Smother■

Frameworks / Smother
Frameworks “Purge” Official Video

Oath Breakerに続きDethwishのバンド、毎年必ず2バンドは確実に今年の10枚に入ってしまうDethwishって改めてスゲーレーベルですよね!このFrameworksのSmotherも聴きまくった一枚、とにかくドラマチック、カオティック、エモ、ポストハードコア、シューゲイザーなどのアプローチが絶妙にうまく絡み合っている最強なアルバムだ!





■5枚目:Darke Complex / Point Oblivion■

Darke Complex / Point Oblivion
Darke Complex – Void

Attila、Sylar、などなど今年は大いに盛り上がったニューメタルコア、中でも僕はこのPoint OblivionにやられWidow時代よりも暗黒度数は減ったもののグッドなメロ、捨て曲なしってことでアルバム通して最高でした!本格的なHiphopソングも挟んで飽きない一枚!Sykarともにグッズがハイセンスってのもポイントだね!





■6枚目:BLISTERED / The Poison Of Self Confinement■

BLISTERED - The Poison Of Self Confinement
Blistered – Path of the Coward

ザックザクなメタリックなリフやギターの単音リフとハモリ、フロリダ産ニュースクールにどっぷりはまっていた15年ほど前のピュアなハードコアへの愛が蘇る最高なサウンド、あの時代のピリ付いた空気感もしっかり醸し出している最高だよ!!!





■7枚目:Cruel Hand – Your World Won’t Listen■


Cruel Hand – Dead Eyes Watching (Official Music Video)

ネクストレベルなアメリカンハードコアの中でも異色を放つCruel Hand 今作でも一歩先を行くサウンド、ハードコアサウンドは飽きやすい!そう感じているあなたにもぜひ聞いて欲しい、絶妙なメロディーの使い方、グルーブ感、スコットランドのハードロック/ヘヴィメタルバンドThe Almighty を思い出したのは僕だけだろうか!ジャケもアートでハイセンス!






■8枚目:The Devil Wears Prada / Transit Blues■

The Devil Wears Prada
The Devil Wears Prada – Lock & Load

初期から大好きなバンド、初期に比べるとサウンドは大幅に変化したけどこのバンドもネクストレベルに到達したバンド、なぜか全然話題にならない、それが不思議でたまらないほどの完成度、商業路線からは大幅にはみ出し独自の道を突き進む姿に感動、Mikeのスクリームはやはり最高だ!カオティックハードコア好きをも納得させるアルバムだ!





■9枚目:everything in slow motion / Laid Low■

Everything In Slow Motion – 03 I Am Laid Low [Lyrics]

HANDS時代から大好きなバンド、Facedown系のポストハードコアが大好きな自分としては絶対に外せない一枚、特にいろいろあった時期に購入した音源ってのと個人的な神曲COMAは確実に今年No.1!ドラマチックでありヘヴィー、浮遊感あり、スケールもでかく幻想的って理由でクリスマスずっと聴いてましたww





■10枚目:Hatebreed / Concrete Confessional■

HATEBREED
HATEBREED – Looking Down the Barrel of Today (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

やっぱりHate BreedはHate Breed、相変わらず最高、もはや次元が違うモンスターバンド、なんだかんだ言っても最高なんですよね!アルバム発売後は常に車の中、どこに出かけるにもこのConcrete ConfessionalをBGMについスピードを上げすぎスピード違反で捕まってしまった情けないことも…..俺が悪いんじゃない!すべてHatebreedのせいだ!!!






俺の10枚の中で1位がこれだ!(アップの削除)

■Oath Breaker / Rheia■

Oath Breaker / Rheia
なんだかんだ言って一番衝撃的でガツンときた一枚、そして一番聞いた作品、ってことで1位をOath Breakerにしました!グッズも取り扱い始めてからチェックしてね!






■Everything in Slow Motion – “Coma” ■

一番聴いた曲はverything in Slow Motion – “Coma”だった、ヘッドフォンで爆音で流し常に浮遊してました。






10枚選ぶのには本当に苦労した、明日になれば変わっているかもしれないが現時点では上記の10枚だ、とは言ってもデス、エモ、スラッシュメタル、デスコア、ポップパンク、ビートダウン、あたり今年はあまり幌下げることができなかった、2017年はもっともっとやばい音源を見つけて紹介していくぜ!

■『ヴィジット』■

映画『ヴィジット』予告編

『シックス・センス』『ヴィレッジ』などスリラー映画の名手として知られるM・ナイト・シャマランが監督・脚本を務めた新作。
(C) Universal Pictures

公開は2015だがレンタルで見たのは今年ってことでヴィジット!M・ナイト・シャマラン大好きなんですよね!アンブレイカブル、ヴィレッジ、特にサインは大好きな映画、エアベンダーにアフターアースはシャマランらしさが皆無でクソだったから不安だったけどヴィジットはシャマランらしいオチがあって完全やられました!よかったら年末年始にでも見てみて!






これはとても難しい、2016年は大きくバンドマーチが進化した年でもあったからね、バンドマーチのレベルを超えた年でもあった。

・ピンクアイテムやダッドハット、ハットではスナップバックとともに多くのバンドから発売、色のレパートリーも増えバンドマーチの定番グッズとなった年であった!くどくないピンクのダッドハット、Chonから発売が決定、楽しみに待っていてね!

・ロング丈アイテム、最先端をいくバンドがいっぱい発売したよね!IssuesにAttilaにStay Sick、などなど即効で廃盤になるのがネックだけど、シャツだけじゃなく画像のパーカーはとても話題になった。シルエットの変化、見え方の違い、レイヤード、マストなアイテムふだ!

・袖のプリントでロングスリーブが流行やオールドイングリッシュの流行、更には一見わからないがよく見ると細かい泡のような斑点のあるボディー、スパークリングボディーもバンドマーチに新しく加入した最新アイテム、まだまだ知名度は低いが…

・刺繍Tシャツも2016年からだね、まだまだ日本では浸透しきっていないが海外では数多くのバンドが発売し人気の新しい形である!

オレンジカラー、袖がとてつもなく長いスーパーロングスリーブ、タイダイも変化し、ウォッシュ加工のアイテムも増えてきた、2017年も新しいシルエット、デザインのアイテムが発売されるだろう!楽しみである!デザイン面では2014後半あたりから非常にシンプルでアートな作品が増えてきたがストリートで流行のコテコテメタルデザインや90’sのリバイバルに影響され以前のバンドデザインにもどるかも知れない、シルエットではビッグシルエットのトップスに細めのパンツが現時点で人気だが、逆行する流れも出てきている、パンツはとにかく太く、スラックスなどなどバンドマーチがメインでもコーデに関しても最新のトレンドを追求していく予定だ。

バンドマーチでとにかく売れたのは袖にプリントの入ったアイテム、秋から今にかけてロングスリーブとプルオーバーが爆発的に人気なんだよね、中でもやはりStay Sickの暗黒プルオーバーは超絶人である。

今年一番のマーチなんだけど、ディスタービアのジャケットは殿堂入りってことで下記のアイテムに決定だ!

■ Sick Text Black サテン・ベースボールジャケット ■

おい!これまだ発売していないじゃんか!!!そう、まだ取り扱っていないStay Sickの最新アイテムなんだけど、2016年最後にしてこんなやばいアイテムが登場したわけ、実際に手に取って着用したわけじゃないけどさ、このアイテムに決定!ま、モチ、アップするから待ってててね!






こんな感じで河内野の10枚を紹介してみたぜ!、また次回からはあなたの10枚を紹介していくからさ、楽しみに!

では!

河内野








追伸
1万円クーポンの発表も楽しみに!!!

【それバンドマーチ?】進化し続けるバンドグッズ10選

昨日のブログで紹介した新譜たち

今秋も盛り上がってるね!購入する音源はもう決まった?迷うよね?

多くのバンドのMVを紹介したわけだが、以前から言うようにニューメタルコアサウンド
を奏でるバンドが本当に増えてきたよね。

EmmureやAttila、Issues、に始まり、Sworn InやDarke Complex にYüth Forever、
Cane Hill、アルバム発売で話題のSylarなどなど

リクエストもあったんだが、Gift Giverもいいよね!

彼らのグッズもアップしていくぜ!

Gift Giver – Vote For Trump

暗黒にとことんヘヴィーなバンドや、メロディアスに攻めるバンド、ミクスチャー
なサウンドからインダストリアルを取り入れるバンド、

ニューメタルコアサウンドの中でも独自のスタイルが生まれそれぞれのバンドが
個性を出している、2016年後半、2017年も盛り上がっていきそうだ。

ファッションでもいま注目されている「スポンテニアス」っていうワードが
あるんだけど

「自発的な」っていう意味。概念にとらわれず、自由なコーディネートを楽しむ
スタイルが注目されている。

どこか似た部分もあるような、今後もっと自由なヘヴィーミュージックが
現れるかもしれないね。

バンドコーデも自由なコーディネートを楽しんでいきましょう!

ショップを初めてバンドマーチも本当に進化している、10年目では考えら
れなかったアイテムたちも発売され、「バンドTシャツ=ダサイ」という
イメージは全くと言ってもいいほどにおしゃれに進化している。

今回は「それバンドマーチ」と言わせてしまうグッズを紹介していくぜ!

1.Erra /エラ – Contour Tシャツ

2015年後半あたりから多くのバンドが販売し始めたミネラルウォッシュ加工が
施されたシャツ、オールブラックなどのコーデからワンアップ上のスタイルを
望むファッショニスタに人気のアイテム!渋さもあり少しアダルトなイメージも
感じれるミネラルウォッシュはこれから定番になる最先端アイテムだ。

商品ページが開きます




2.Issues / イシューズ – Weed Custom タンクトップ

Issuesはやはり先をいってるね、柄と無地を切り返し、少し丈の長い独特なボディー
を使用する無二の作品、U字の裾でレーヤードにも使える、バンドマーチを超えた
アイテムだね!

商品ページが開きます




3.Mayday Parade / メイデー・パレード – Simple Logo ロング丈Tシャツ

ストリートでは定番となったロング丈、バンドマーチでも本格的に発売が
増えてきたね。中でもU字のアイテムは珍しいね、デザインもシンプルで
良い意味でバンドマーチらしくない出来、ISSUESではロング丈のパーカー
なんかも発売されてるからさらに人気が出そうな予感だ。

商品ページが開きます




4.Knocked Loose /ノックド・ルーズ – K/L ダッドハット (ブラック)
BL16810024

これまた定番化しつつあるダッドハット、良い意味でのオヤジっぽさがポイント
中でもこのKnocked Looseキャップはピンクの刺繍ってのがポイント、
ダークな印象のブラックに甘いイメージのピンクこのカラーリングはイケてる!
この配色はキャップに限らずシャツやパーカーでも増えていくだろう!

商品ページが開きます




5.Hellions / ヘリオンズ – Lovers White リンガーTシャツ

昔からあるリンガーシャツなんだけどここ最近バンドマーチでも急激に数が増えて
いるアイテム!「普通のシャツじゃ満足できない!」「個性を出したい、」そんな方に
人気のリンガーシャツ。コーデのワンポイントにもなるリンガーシャツは狙い目である。

商品ページが開きます




6.Terror/テラー – Camo Hour フードジャケット
TERROR

根強い人気のカモ柄、そしてプルオーバータープのナイロンジャケットはバンドマーチ
だけじゃなくストリートでも流行のアイテム、そして今作はコーチタイプにフードの
ついた最先端アイテム!テラーだからこそ迷彩が見事にハマる!

商品ページが開きます




7.Funeral Co./フューネラル – Varsity スリーブレス・シャツ
Sworn in

急激に増えてきたカットオフシャツ、切りっぱなしではなくしっかり縫製された
カットオフのシャツスタイリッシュでバンドTシャツにはない印象を与えるアイテム、
女性はセクシーに男子は力強さを、シンプルなアーチロゴもナイス、
さすがのSworn inボーカルブランド!

商品ページが開きます




8.Converge / コンヴァージ – You Fail Me ロングスリーブシャツ
Converge

ホワイトアイテム+ロングスリーブ、この組み合わせは昔からあるがレイヤードに
使うのではなくメインにロングスリーブを合わせるスタイリングがキテいる。
ホワイトのロングスリーブ、今季挑戦してみよう!

商品ページが開きます




9.ANTHONY GREEN/-ジョガーパンツ
ANTHONY GREEN

ただのスウェットではなくしっかりとしたリブのついたジョガーパンツは急成長!
靴に裾がかぶらない特徴から、スニーカーをしっかりと見せるために生まれた
アイテムがバンドマーチでも増えてきた、スウェットでは味わえないシルエット、
しっかり街着できる細部にまでこだわったパンツ!

商品ページが開きます※限定品




10.August Burns Red /オーガスト・バーンズ・レッド – Pigment Dye Tシャツ
August Burns Red

定番となったタイダイTシャツの次に爆発的人気となっているPigment Dye、染料よりも
粒子の大きな顔料は生地の表面を染め、摩擦により白くカスレた感じの出る加工である。
初めからヴィンテージ風にも見え、渋さと歴史を感じさせるアイテム、自身のスタイルに
説得力を与える注目アイテム!

商品ページが開きます※限定品(48時間のみ入手可能)



さて、いかがだったでしょうか、バンドマーチも常に進化しており、もはやバンドマーチ
のレベルを超え間違いなくバンドグッズだけでもオールコーデが可能となった時代が来たのである!

一般人どもよバンドマーチなめんなよ!

と思わず叫びたくなるでしょ!とは言ってもまだまだ僕たちの中では
浸透していないアイテムばかり。

いち早く取り入れて、概念にとらわれず、自由なコーディネートを楽し毛ではないか!!!

おまけだけど、このシャツやばいよねwwさすがのポケモンマニアIssues!!

Issues
商品ページが開きます※限定品

家は燃えてしまったようだが無事だったようだね、よかったよかった!!

では!

河内野

ハードコアなオヤジキャップ、Dad Hat(ダッド・ハット)ってダサくね~?いや、カッコイイだろ!

ハードコアミュージックとバンドTシャツ、バンドマーチをこよなく愛する細山さんからこんな声を頂いた。

どうも、お世話になってます。

ちょっと店長にお聞きしたいんですけど、最近増えてきたダッドハットってあるじゃないですか?

正直これ、ダサく見えてしまうんですがアリなんでしょうか?店長的にはアリですかナシですか?

大好きなバンドのダッドハットが販売されたので購入するかめっちゃ迷ってます。

細山さんありがとね!ダッド・ハットここ最近はバンドグッズでも増えてきたよね!じっくり解説していくね!

ダッドハットとは、正しく名前のとおり、オヤジハット、競馬場、田舎だったら畑仕事しているオヤジ、ファッションに全く興味がなくただ日除けアイテムとし、機能性飲みを求めたオヤジが装着してそうなキャップってこと。見た目はこんな感じ、

TerrorのKOTF刺繍のダッドハット【限定品-廃盤】

たしかにオヤジっぽいよねww

特徴としては

・5から6枚の生地で組み立てられている(5-6パネル)
・ツバ部分が曲線状に曲がっている
・シンプルなアイコンやロゴの刺繍
・コットンやツイールの柔らかめ生地が主流
・サイズ調整可能のアジャスター部分は合皮が多い
・スナップバックに比べると浅め

スナップバックに比べると横幅は短め、高さはほぼ変わんないんだけど生地が違うためダッドハットは頭にフィットする分、
浅く感じてしまうんだよね。

そんな感じ、90年代後半~2000年代初期は結構見かけたタイプのキャップ、ニューエラなんかが一気に流行りだして、
ストリートでもほぼ見なくなったけど硬派なメタラーなどは昔から今も愛用しているキャップ。

そしてスナップバックが主流になってストリートからジェットキャップなども流行り、14年後半頃からセレブやラッパーなどがこのダッドハットを愛用し出してストリートで火がつき今に至るって感じだね。昨年あたりからようやくバンドマーチでも数が増えてきた感じ。

今ではスナップバックと同じくらいの数のダッドハットがいろんなバンドから発売されるようになってきた。記憶が正しければ The Story so FarStick To Your Gunsがいち早くこのダッドハットを取り入れて発売してきたよね!さすが!

正直言うと僕はこのダッドハットちょいダサなアイテムだと思ってる、けどね、そのちょいダサな感じがオシャレだと思うんだ!「どっちだよ」と突っ込まれそうだけど、スナップバックなどにはないユルい空気感、良い意味でのチープ感がオサレと感じている、

特に全体的に人気のモードxストリートのミックススタイルのカチッとした中にこのダッドハットで抜け感を出すのがミスマッチでイケてるんじゃないかな!だからこのダッドハットは、ちょいダサだけどイケてるアイテムってことだね!

個人的にはダッドハットってすごくオールドスクールな印象を受けるんだ!歴史を感じるってこと、メタラーは逆にこのトレンドがウザく感じてるかもしれないねww

トレンドなくメタラーの主流アイテムだったしね!トレンドアイテムだけどそこに僕たちが愛してやまないバンドロゴやアイコンが刺繍されてるんだぜ!最高じゃない!ただ流行りに乗っかるわけじゃないってことだから

ダッドハットはアリアリなアイテムなのである!!

ダサく見えてしまうのもわかるけどそこがポイント、細山さんも新しいスタイルとしてダッドハット取り入れてみよう!スナップバック同様、はやりが終わるわけでもなくこれからはキャップの選択肢としてあなたも、ダッドハットは取り入れてみてはいかがかな!

これから一気にこのダッドハットが加速するにあたって一つポイントがあるわけ、やっぱりトレンドに流されたただのミーハーにはなりたくないじゃん!バンドのロゴが刺繍されていることで一般のダッドハットとはレベルが違うんだけどこのダッドハットを更にかっこよくする方法があるわけ

ダッドハット並みにいまキテいるバンドグッズあるじゃない!そうエナメル・ピンバッジこれをプラスしてあなただけのスタイルを作り上げよう!1個からでもOK、僕的にはいっぱいサイドに装着したいね!キャップのツバにつけるのもありかな!バックスタイルでかぶった時もこのエナメル品が良い味を出してくれるよ!ワンランク上のスタイルを目指すならダッドハット+エナメルピンバッジだね!

※DIllimger Escape Planのダッドハットも廃盤

バンドのエナメルピンバッジもここ最近増えてきたからね!

では!

河内野(カワチノ)

ところで今日紹介したキャップさ、完全限定アイテムでもう手に入らないんだけど、毎週再販売なしの限定アイテム追加してるから手に入れておいたほうがいいよ!

「あの時、手に入れておけば!」そうならないようにね!

ちなみに今週は

・August Burns Red刺繍Tシャツ
・Terror刺繍Tシャツ
・State Champs ビッグなフラッグ
・Circa Surviveベースボールシャツ
・Cro-Mags ナイロンジャケット
・Stick To Your Guns名作ドラマ
   サンプリングシャツ

などなど今週もぶっ飛んでやばいアイテムばかりです!