【2016年:俺の10枚】店長:河内野が選んだ10枚がこれだ!【第8弾】+2016バンドマーチまとめ!

「俺の10枚」ガンガンアップしてきたけどさ、「てめぇの10枚は何なんだ!」って声も届いたので今回は店長、河内野が選ぶ10枚、そして今年のまとめを簡単に書いていこうかなと。それにしても10枚選ぶってのはマジ難しい、こうやって自分のをリストアップする中であなたも必死で考えてくれたんだなってマジで嬉しく、「ありがとう」って気持ちが大きくなった!

改めて言わせてもらうよ、マジで

「ありがとう!」

何度も言うけど10枚に絞るのが難しい、なんとか40枚には絞ったんだけど、これ、明日になったらまた違う10枚になりそうだね、とにかく今、「この10枚だ!」ってのを紹介していくぜ!

■1枚目:Hellions / Opera Oblivia■

Hellions
Hellions – 25

UNFD、Rise Records、シドニーのバンドなんだけど、ジャンル分けも難しくて、メロディアスでハードコアな部分もあって、イージーコアな部分もある、けど、スケール感デカくてアリーナロックな印象も感じられるアルバムタイトルのようなオペラ、ストリートなクイーンってかんじな、いや、違うなwwとにかく教会で大人数でみんなと歌いたくなる、ネクストレベルにいるバンドだとおもう、マイケミがブラックパレードを出した時のような…..
「今日は!」って気合入れる日によく聴いたアルバムだった!






■2枚目:Coldworld / Autumn■

Coldworld  / Autumn
ColdWorld – Void

ここ最近人気なポストブラック、前作も最強なアルバムだったんだけど、前作は北極の氷の中にいるような痛々しくも美しくもダークな作品、今作は暖かい光に包まれているようなホーリーな印象を受けた、何度も何度もリピートして聴いた一枚だった!





■3枚目:Oath Breaker / Rheia ■

Oath Breaker / Rheia
Oathbreaker “Immortals” Official Video

ポストブラック色が強く感じられたアルバムだけど、女性シンガーCaro Tangheの独自なメロディーはビョークぽくもあり、美しく妖艶であってデスウィッシュらしいカオティックさも感じれる、ジャンルを飛び越えブレイクしそうな予感がするね!
Cursed、Frameworks、Planes Mistaken For Stars





■4枚目:Frameworks / Smother■

Frameworks / Smother
Frameworks “Purge” Official Video

Oath Breakerに続きDethwishのバンド、毎年必ず2バンドは確実に今年の10枚に入ってしまうDethwishって改めてスゲーレーベルですよね!このFrameworksのSmotherも聴きまくった一枚、とにかくドラマチック、カオティック、エモ、ポストハードコア、シューゲイザーなどのアプローチが絶妙にうまく絡み合っている最強なアルバムだ!





■5枚目:Darke Complex / Point Oblivion■

Darke Complex / Point Oblivion
Darke Complex – Void

Attila、Sylar、などなど今年は大いに盛り上がったニューメタルコア、中でも僕はこのPoint OblivionにやられWidow時代よりも暗黒度数は減ったもののグッドなメロ、捨て曲なしってことでアルバム通して最高でした!本格的なHiphopソングも挟んで飽きない一枚!Sykarともにグッズがハイセンスってのもポイントだね!





■6枚目:BLISTERED / The Poison Of Self Confinement■

BLISTERED - The Poison Of Self Confinement
Blistered – Path of the Coward

ザックザクなメタリックなリフやギターの単音リフとハモリ、フロリダ産ニュースクールにどっぷりはまっていた15年ほど前のピュアなハードコアへの愛が蘇る最高なサウンド、あの時代のピリ付いた空気感もしっかり醸し出している最高だよ!!!





■7枚目:Cruel Hand – Your World Won’t Listen■


Cruel Hand – Dead Eyes Watching (Official Music Video)

ネクストレベルなアメリカンハードコアの中でも異色を放つCruel Hand 今作でも一歩先を行くサウンド、ハードコアサウンドは飽きやすい!そう感じているあなたにもぜひ聞いて欲しい、絶妙なメロディーの使い方、グルーブ感、スコットランドのハードロック/ヘヴィメタルバンドThe Almighty を思い出したのは僕だけだろうか!ジャケもアートでハイセンス!






■8枚目:The Devil Wears Prada / Transit Blues■

The Devil Wears Prada
The Devil Wears Prada – Lock & Load

初期から大好きなバンド、初期に比べるとサウンドは大幅に変化したけどこのバンドもネクストレベルに到達したバンド、なぜか全然話題にならない、それが不思議でたまらないほどの完成度、商業路線からは大幅にはみ出し独自の道を突き進む姿に感動、Mikeのスクリームはやはり最高だ!カオティックハードコア好きをも納得させるアルバムだ!





■9枚目:everything in slow motion / Laid Low■

Everything In Slow Motion – 03 I Am Laid Low [Lyrics]

HANDS時代から大好きなバンド、Facedown系のポストハードコアが大好きな自分としては絶対に外せない一枚、特にいろいろあった時期に購入した音源ってのと個人的な神曲COMAは確実に今年No.1!ドラマチックでありヘヴィー、浮遊感あり、スケールもでかく幻想的って理由でクリスマスずっと聴いてましたww





■10枚目:Hatebreed / Concrete Confessional■

HATEBREED
HATEBREED – Looking Down the Barrel of Today (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

やっぱりHate BreedはHate Breed、相変わらず最高、もはや次元が違うモンスターバンド、なんだかんだ言っても最高なんですよね!アルバム発売後は常に車の中、どこに出かけるにもこのConcrete ConfessionalをBGMについスピードを上げすぎスピード違反で捕まってしまった情けないことも…..俺が悪いんじゃない!すべてHatebreedのせいだ!!!






俺の10枚の中で1位がこれだ!(アップの削除)

■Oath Breaker / Rheia■

Oath Breaker / Rheia
なんだかんだ言って一番衝撃的でガツンときた一枚、そして一番聞いた作品、ってことで1位をOath Breakerにしました!グッズも取り扱い始めてからチェックしてね!






■Everything in Slow Motion – “Coma” ■

一番聴いた曲はverything in Slow Motion – “Coma”だった、ヘッドフォンで爆音で流し常に浮遊してました。






10枚選ぶのには本当に苦労した、明日になれば変わっているかもしれないが現時点では上記の10枚だ、とは言ってもデス、エモ、スラッシュメタル、デスコア、ポップパンク、ビートダウン、あたり今年はあまり幌下げることができなかった、2017年はもっともっとやばい音源を見つけて紹介していくぜ!

■『ヴィジット』■

映画『ヴィジット』予告編

『シックス・センス』『ヴィレッジ』などスリラー映画の名手として知られるM・ナイト・シャマランが監督・脚本を務めた新作。
(C) Universal Pictures

公開は2015だがレンタルで見たのは今年ってことでヴィジット!M・ナイト・シャマラン大好きなんですよね!アンブレイカブル、ヴィレッジ、特にサインは大好きな映画、エアベンダーにアフターアースはシャマランらしさが皆無でクソだったから不安だったけどヴィジットはシャマランらしいオチがあって完全やられました!よかったら年末年始にでも見てみて!






これはとても難しい、2016年は大きくバンドマーチが進化した年でもあったからね、バンドマーチのレベルを超えた年でもあった。

・ピンクアイテムやダッドハット、ハットではスナップバックとともに多くのバンドから発売、色のレパートリーも増えバンドマーチの定番グッズとなった年であった!くどくないピンクのダッドハット、Chonから発売が決定、楽しみに待っていてね!

・ロング丈アイテム、最先端をいくバンドがいっぱい発売したよね!IssuesにAttilaにStay Sick、などなど即効で廃盤になるのがネックだけど、シャツだけじゃなく画像のパーカーはとても話題になった。シルエットの変化、見え方の違い、レイヤード、マストなアイテムふだ!

・袖のプリントでロングスリーブが流行やオールドイングリッシュの流行、更には一見わからないがよく見ると細かい泡のような斑点のあるボディー、スパークリングボディーもバンドマーチに新しく加入した最新アイテム、まだまだ知名度は低いが…

・刺繍Tシャツも2016年からだね、まだまだ日本では浸透しきっていないが海外では数多くのバンドが発売し人気の新しい形である!

オレンジカラー、袖がとてつもなく長いスーパーロングスリーブ、タイダイも変化し、ウォッシュ加工のアイテムも増えてきた、2017年も新しいシルエット、デザインのアイテムが発売されるだろう!楽しみである!デザイン面では2014後半あたりから非常にシンプルでアートな作品が増えてきたがストリートで流行のコテコテメタルデザインや90’sのリバイバルに影響され以前のバンドデザインにもどるかも知れない、シルエットではビッグシルエットのトップスに細めのパンツが現時点で人気だが、逆行する流れも出てきている、パンツはとにかく太く、スラックスなどなどバンドマーチがメインでもコーデに関しても最新のトレンドを追求していく予定だ。

バンドマーチでとにかく売れたのは袖にプリントの入ったアイテム、秋から今にかけてロングスリーブとプルオーバーが爆発的に人気なんだよね、中でもやはりStay Sickの暗黒プルオーバーは超絶人である。

今年一番のマーチなんだけど、ディスタービアのジャケットは殿堂入りってことで下記のアイテムに決定だ!

■ Sick Text Black サテン・ベースボールジャケット ■

おい!これまだ発売していないじゃんか!!!そう、まだ取り扱っていないStay Sickの最新アイテムなんだけど、2016年最後にしてこんなやばいアイテムが登場したわけ、実際に手に取って着用したわけじゃないけどさ、このアイテムに決定!ま、モチ、アップするから待ってててね!






こんな感じで河内野の10枚を紹介してみたぜ!、また次回からはあなたの10枚を紹介していくからさ、楽しみに!

では!

河内野








追伸
1万円クーポンの発表も楽しみに!!!

【それバンドマーチ?】進化し続けるバンドグッズ10選

昨日のブログで紹介した新譜たち

今秋も盛り上がってるね!購入する音源はもう決まった?迷うよね?

多くのバンドのMVを紹介したわけだが、以前から言うようにニューメタルコアサウンド
を奏でるバンドが本当に増えてきたよね。

EmmureやAttila、Issues、に始まり、Sworn InやDarke Complex にYüth Forever、
Cane Hill、アルバム発売で話題のSylarなどなど

リクエストもあったんだが、Gift Giverもいいよね!

彼らのグッズもアップしていくぜ!

Gift Giver – Vote For Trump

暗黒にとことんヘヴィーなバンドや、メロディアスに攻めるバンド、ミクスチャー
なサウンドからインダストリアルを取り入れるバンド、

ニューメタルコアサウンドの中でも独自のスタイルが生まれそれぞれのバンドが
個性を出している、2016年後半、2017年も盛り上がっていきそうだ。

ファッションでもいま注目されている「スポンテニアス」っていうワードが
あるんだけど

「自発的な」っていう意味。概念にとらわれず、自由なコーディネートを楽しむ
スタイルが注目されている。

どこか似た部分もあるような、今後もっと自由なヘヴィーミュージックが
現れるかもしれないね。

バンドコーデも自由なコーディネートを楽しんでいきましょう!

ショップを初めてバンドマーチも本当に進化している、10年目では考えら
れなかったアイテムたちも発売され、「バンドTシャツ=ダサイ」という
イメージは全くと言ってもいいほどにおしゃれに進化している。

今回は「それバンドマーチ」と言わせてしまうグッズを紹介していくぜ!

1.Erra /エラ – Contour Tシャツ

2015年後半あたりから多くのバンドが販売し始めたミネラルウォッシュ加工が
施されたシャツ、オールブラックなどのコーデからワンアップ上のスタイルを
望むファッショニスタに人気のアイテム!渋さもあり少しアダルトなイメージも
感じれるミネラルウォッシュはこれから定番になる最先端アイテムだ。

商品ページが開きます




2.Issues / イシューズ – Weed Custom タンクトップ

Issuesはやはり先をいってるね、柄と無地を切り返し、少し丈の長い独特なボディー
を使用する無二の作品、U字の裾でレーヤードにも使える、バンドマーチを超えた
アイテムだね!

商品ページが開きます




3.Mayday Parade / メイデー・パレード – Simple Logo ロング丈Tシャツ

ストリートでは定番となったロング丈、バンドマーチでも本格的に発売が
増えてきたね。中でもU字のアイテムは珍しいね、デザインもシンプルで
良い意味でバンドマーチらしくない出来、ISSUESではロング丈のパーカー
なんかも発売されてるからさらに人気が出そうな予感だ。

商品ページが開きます




4.Knocked Loose /ノックド・ルーズ – K/L ダッドハット (ブラック)
BL16810024

これまた定番化しつつあるダッドハット、良い意味でのオヤジっぽさがポイント
中でもこのKnocked Looseキャップはピンクの刺繍ってのがポイント、
ダークな印象のブラックに甘いイメージのピンクこのカラーリングはイケてる!
この配色はキャップに限らずシャツやパーカーでも増えていくだろう!

商品ページが開きます




5.Hellions / ヘリオンズ – Lovers White リンガーTシャツ

昔からあるリンガーシャツなんだけどここ最近バンドマーチでも急激に数が増えて
いるアイテム!「普通のシャツじゃ満足できない!」「個性を出したい、」そんな方に
人気のリンガーシャツ。コーデのワンポイントにもなるリンガーシャツは狙い目である。

商品ページが開きます




6.Terror/テラー – Camo Hour フードジャケット
TERROR

根強い人気のカモ柄、そしてプルオーバータープのナイロンジャケットはバンドマーチ
だけじゃなくストリートでも流行のアイテム、そして今作はコーチタイプにフードの
ついた最先端アイテム!テラーだからこそ迷彩が見事にハマる!

商品ページが開きます




7.Funeral Co./フューネラル – Varsity スリーブレス・シャツ
Sworn in

急激に増えてきたカットオフシャツ、切りっぱなしではなくしっかり縫製された
カットオフのシャツスタイリッシュでバンドTシャツにはない印象を与えるアイテム、
女性はセクシーに男子は力強さを、シンプルなアーチロゴもナイス、
さすがのSworn inボーカルブランド!

商品ページが開きます




8.Converge / コンヴァージ – You Fail Me ロングスリーブシャツ
Converge

ホワイトアイテム+ロングスリーブ、この組み合わせは昔からあるがレイヤードに
使うのではなくメインにロングスリーブを合わせるスタイリングがキテいる。
ホワイトのロングスリーブ、今季挑戦してみよう!

商品ページが開きます




9.ANTHONY GREEN/-ジョガーパンツ
ANTHONY GREEN

ただのスウェットではなくしっかりとしたリブのついたジョガーパンツは急成長!
靴に裾がかぶらない特徴から、スニーカーをしっかりと見せるために生まれた
アイテムがバンドマーチでも増えてきた、スウェットでは味わえないシルエット、
しっかり街着できる細部にまでこだわったパンツ!

商品ページが開きます※限定品




10.August Burns Red /オーガスト・バーンズ・レッド – Pigment Dye Tシャツ
August Burns Red

定番となったタイダイTシャツの次に爆発的人気となっているPigment Dye、染料よりも
粒子の大きな顔料は生地の表面を染め、摩擦により白くカスレた感じの出る加工である。
初めからヴィンテージ風にも見え、渋さと歴史を感じさせるアイテム、自身のスタイルに
説得力を与える注目アイテム!

商品ページが開きます※限定品(48時間のみ入手可能)



さて、いかがだったでしょうか、バンドマーチも常に進化しており、もはやバンドマーチ
のレベルを超え間違いなくバンドグッズだけでもオールコーデが可能となった時代が来たのである!

一般人どもよバンドマーチなめんなよ!

と思わず叫びたくなるでしょ!とは言ってもまだまだ僕たちの中では
浸透していないアイテムばかり。

いち早く取り入れて、概念にとらわれず、自由なコーディネートを楽し毛ではないか!!!

おまけだけど、このシャツやばいよねwwさすがのポケモンマニアIssues!!

Issues
商品ページが開きます※限定品

家は燃えてしまったようだが無事だったようだね、よかったよかった!!

では!

河内野

ニューメタルコアバンドの最先端ファッションチェック!

昨日のブログで紹介した英国ロック雑誌、ケランアワードのインターナショナル・ニューカマー部門の大賞Cane Hillを受賞したことで、まじでNu-Metalcoreニューメタルコアの流れがキテルることがわかった。

90年代や2000年代のニューメタルの良さと現在のメタルコアの良さがうまくマッチしている最高の最先端のジャンルじゃないかな~、最先端のサウンドを生み出している彼らはやはりファッション面においても最先端を言っているんのではないか?

そう感じたんだよね!だから今回はニューメタルコア・バンドのファッションチェックだ!!!MVとともに見ていこう!



Cane Hill

Cane Hill – (The New) Jesus (Official Music Video)

てか彼らのスタイル以前にも紹介しているね。

ロックテイストでブラックに決めているけどガタイの良い彼のロング丈コーデは参考になる!

モヤシっ子や細マッチョだけじゃなくてもロングコーデはありなんです!

オールブラックにバンダナ柄のレーヤードで遊びをもたすコーデなんかも参考になる!



Sylar

新しいMVが公開されたね!やばいです!レベル高いっす!アルバム楽しみすぎる!!

Sylar – Assume (Official Music Video)

スナップバックとともにキャップの主流になりつつあるダッドハットやノースフェイスのジャケット等ストリート感を出したスタイリングが素晴らしい!

ファッショニスタのYour demiseと同等くらいSylar のスタイルングも注目されるんじゃないかな!

黒ずくめやモノトーンスタイルもばっちり!バンドマンではいち早くロング丈を取り入れてたね!

ボーカル以外はブラックでロング丈や細身のパンツ、キックスは重厚感あるバッシュなど、着用しているブランドもイケてる!シュプリームにジョーダンだったりUK発のスケートブランドPALACEだったり、チョイスするアイテムが素晴らしい!

既に廃盤になっている下のメッシュパンツだってストリートで話題になったPyrexデザインのサンプリングだしね。

今後もしっかり追いかけていこう!



Yuth Forever

Yüth Forever – GROWING PAINS

彼らのスタイリングではないが彼らのから発売されているアイテムはイケてる!淡いピンクやブルー、無二の独特なデザイン!



寡婦馴染みWidowが改名した
Darke Complex

僕が彼らにはまったのは15年以上前に愛用していた「リーボックのバトルフロントを着用している!!」これで一気に好きになったバンド、マスクのイメージしかないかもしれないけど、ホワイトの大きめのシャツにチェーン、ブラックパンツにオールドなバッシュ、イケてます!

Darke Complex – “Slime”



まだまだいっぱいいるんだけどスタイリングはここまで、ここからはまだあまり知らてていないニューメタルコア・バンドを紹介していきます。

ANIMAL

暗黒度数高め不協和音やギターのスクラッチ、感情むき出しのスクリーミングが素晴らしい!

ANIMAL – I’m Sorry – We Are Triumphant



DVSR

ニューメタルコア・バンドでもいろいろなタイプがいるね、このDVSRは硬派なラップとチャグってるあたりが素晴らしい!

DVSR – Shutdown



devthbed

30秒あたりからのノイジーなボーカルにグルービーなバックは懐かしくも新しい!

devthbed – deceit [Lyric Video] (2016) Chugcore Exclusive



Bolu2 Death

Bolu2 Death – Jugando A Ser Dios (Official Music Video)



Dear Desolate

Dear Desolate – Live Free or Die



Viletongue

Viletongue – Paynekiller [Music Video] (2016)



BackWordz

メタルコアではないですね……

BackWordz- Statism (Ft. Craig Mabbitt of Escape The Fate)



生 Conform 死

すげーバンド名だなww1分からの展開好きです!

生 Conform 死 | Narrow



探せばいくレでもいるってことは本格的な流れが来ているね、その中でも数年後残っているバンドはどんだけいるのか、多くのリバイバルブームの中でもニューメタルのリバイバルが一番盛り上がっているんじゃないかな!

いち早くチェックして彼らのグッズも今!手に入れておこう!

この大きな流れが出来上がった一部にEmmureの存在も大きいんじゃないかなって感じますね!

Emmure – E

若干色は違うけどUNFDのOcean Grove やHellionsも注目だね!

最後はHellionsでお別れです!

Hellions – Quality Of Life

では!

河内野

春コーデはパーカーで決まり!パーカーコーデ術!

先日のブログでは女子のトレンドを追ってみたがメンズにはないアイテムのレパートリー数にびっくりした。

流石に真似できないことが多かったが学ぶべきことも多かった。

・70年代風スタイル
・ベルボトムパンツ
・フリンジ
・スエード素材
・ミリタリーアイテム
・スポーティーMIX
・ポロシャツ
・デニムアイテム
・レトロ”な雰囲気
・白・ホワイトカラー
・ワイドパンツ
・ピュアホワイト

上記のようなキーワードが出てきたよね、これをバンドグッズコーデでどう生かせれるのか?

・スポーティーMIX
スポーティーなデザインならバンドマーチもお得意!

Being As An Ocean – ビーイング・アズ・アン・オーシャン – BAAO Black Tシャツ
アディダスリップオフの名作デザイン、これぞスポーティー、「どう見てもアディダスでしょ”」って思わせてのビーイング・アズ・アン・オーシャン、コーデにも遊びがないとね!
こういったスポーティーなアイテムだからこそ合わせるアイテムはクールに決めてもいいね、革靴やブーツ、オールブラックで決めて異素材をプラスさせたり、ベースボールジャージーやメッシュパンツなどね、使えるアイテムだ!

ビーイング・アズ・アン・オーシャン

Sick Of It All – シック・オブ・イット・オール – Yankees プルオーバー(ネイビー)
ヤンキースなロゴ、ナンバリング、これぞスポーティーアイテム!ネイビーってのもスポーツ感が出る!どうしてもブラックが多いバンドマーチ、ネイビー自体がトレンドでもあるからネイビーアイテムは今取り入れてみよう!

シック・オブ・イット・オール

春も近いってことで明るめのアイテムと合わせたい、明るいカラーとの相性も抜群なんですよ!プリントにもよりますがイエローや明るめのグリーンは相性抜群。他にもグレーやホワイトもバッチリ合います。

Since  The Flood

トレンドのキーワードは若干無理がある、やっぱりバンドマーチで一番使える春アイテムはパーカー!パーカーにトレンドを取り入れてコーデすれば春はばっちりなんじゃないかな。

カスタムされた普通じゃないパーカーを選ぶのも差をつけれてありだ。

Stick To Your Guns -(スティック・トゥ・ユア・ガンズ)- RMA Athletic Hoodie カスタムプルオーバーパーカー
Stick To Your Guns

ファレル ウィリアムスみたく、ハットやストールなどを合わせハイエンドにも着こなせる。ライブ向きではないけどバンドグッズは普段のおしゃれグッズとして愛用するアイテムだよね?だからこういったスタイルにも挑戦してみよう!

POSIBLOG1534003

ダークに決めたいならブラックがいいね。

デニムとの相性も抜群、デニムもトレンドだったね。パ-カ-とデニムジャケットの丈感も素晴らしく合う!

パーカーにパーカーを合わせてみる凄テクも無二でありかも!グレーとイエローの相性も抜群!

以前街で見かけたのはジャストのプルオーバーにサスペンダーをプラスさせたスタイルがとてもイケてた!プルオーバーでもいろいろなコーデができるってことですね。

最近で言うとHellionsのボーカルDre Faivreのスタイリングがとてもオシャレだと思う!オレンジパーカーにデニムワークジャケット、配色が絶妙!

Hellions

サウンドもイケてるし今後ファッション面でも注目していきたいのがHellionsのボーカルDreだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

話は戻って、春も近づいてきた!春コーデ楽しんでいきましょう!次回も春コーデに使えるアイテムなど紹介していくね!

河内野

追伸:
パーカー類も新作いっぱい追加してるよ!

「春はパーカーコーデだ!」ってあなたは今すぐ下のリンクをクリック!

http://positivedive.net/shopbrand/Outer/

2014年の流行の激音とファッションはこれだ!

posiblog20141218002

ポジティブダイブもリニューアルオープンってことで

あらにスタートをきったって感じてますが、2014年も数多くのバンドがアルバムを発売したね。

音の変化やバンドマンのファッションに関しても変化があった年だと思う。

音の変化で言えば、エレクトロな要素、いわゆるピコリーモなバンドも少なくなってきた代わりに
90年代半ばに流行したニューメタルなどミクスチャーやラウドロックの要素が強くなってきたね。

My Ticket Homeなんか聞いていると懐かしい気持ちになるし新鮮にも感じる。ギターをスクラッチするあたりが懐かしい。

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

バンドマンの服装にも変化があるよね、見ての通り、オルタナやグランジ、メロコアなどを混ぜたような、サイズアップしている。

ここ最近の激音の主流としてはVansのエラですがコンバースのオールスターもまた主流になってきている。

My Ticket Home

ポップパンクがオルタナ、グランジよりのサウンドに移行していることもあってネルシャツも流行ってるね。

Title Fightや先日来にしたBasement、ポップパンクではないけどTwitching Tongues聞いていたらAlice In Chainsを思い出してしまう。後半のザクザク具合もたまんない!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Alice In Chains自体がドゥーミーでいろいろな要素を昇華かしたバンドだかど今になって聞きなおすと本当に新鮮に感じる。口では表せないメロディーラインなんか本当に当時を思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

個人的にはDiamond Youthが最強なんですがね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Seahavenなんかもそうだね、アメリカの田舎を想像させると言ったら失礼かな、アメリカの田舎のバーでいそうな兄ちゃんたちってイメージのファッション、渋いんですよね、スキニーではなくスリムなパンツってところも変わってきているかな。

Seahaven

90年代ファッションのリバイバルとともにこの流れが来ているようです、Emmureのサウンド、このMV見ているとどうしてもLimp Bizkitを思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Rage Against The Machineから影響を受けているThe Warriorsはちょっと早すぎたのかなww新譜出さないかな~?、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Stray From The Pathはうまく波に乗った感じだね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

そんな中でもISSUESは群を抜いて人気爆発したね、やはり洒落なバンドマンがいると人気も上がるね。彼らがよく愛用するホッケーシャツやベースボールシャツ、ナンバリングシャツなんかも今年は流行したね、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

服装はやはりワンサイズ大きめで細めのパンツ、ヒップホップなどとの距離感が縮まってきているようにも感じる、ハードコアxヒップホップってのは昔から繋がりがって共演しているのをよく見るけどポストハードコアとの共演も今後は増えていくでしょうね。だからヒップホップなんて聞かね~よって方はついていけなくなるかもよ。

ハードコアバンドとよく共演している、ASTROID BOYSも激音ファンのあいだでも話題になっているしね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

硬派なメタルやロックスタイルで行くのもしストリート感を強めに出してコーデしていくのもアリ、バンドマーチでスタイルを楽しんでいきましょう。

まだまだ知名度低いHellionsなんかも注目だね、いつの間にかRIse Recordsだし、もっと叙情的なサウンドだった気が……..にしてもMVもメンバーもシャレオツ、これはクルね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

ニューメタルでもラウドよりのポストハードコアではSworn Inはジワジワ人気が出てきているね、グッズも良く売れます。やっぱりオールブラックコーデははかっこいいね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

パーカーはプルオーバーが人気、以前は断然ジップがメインだったのに、これもバンドファッションの変化ですね、大好きなバンドTシャツが見せれないっていう点もあるけど、プルオーバーは一つのアウターとして成り立つアイテム、それ以外にも胸にワンポイントのプリントってのも今年のトレンドかな、ワンポイント+ポケットTも今年からだよね、そう考えると2014年のバンドグッズも進化したな!って感じるね。
Sworn In

ポストハードコアバンドとともに硬派なハードコアバンドのグッズも一緒に購入する人が増えた、距離感が縮まってきているのを実感した2014年でもありました、Your Demiseの貢献度が半端ですよね、ファッションに関してはオールブラックからド派手な柄物、ハットにナンバリング、ベースボールシャツ、いろいろな流行が生まれました。

流行を気にせず自分あ好きなものだけを着て貫くかっこよさもあるけどワンポイント流行のアイテムを入れておしゃれに決めるのもあなた次第、ま、両方すればよい!って感じです!

僕なんかは細めに決めるのもダボダボに決めるスタイルもオールブラックからメタル一直線の格好もするからいろいろなスタイルで楽しんじゃえって感じ!

2015年はどんなアイテムが現れどんなバンドが現れ、どうなっていくのか本当に楽しみで待ち遠しい、いろいろなジャンルを昇華するニューなバンドも現れるだろうね!

ニューといえばポジティブダイブも新しくなりました。もうチェックしてくれた?リニューアルオープンを記念してスーパーウルトラビートダウンなセール開催中です!

スーパー・ウルトラ・ビートダウンなセールページは下記のバナーをクリック!

7.8iv006

かなりのハイペースで注文いただいているけどまだまだやばいグッズが残ってるからね、まだこのブログなどでしか伝えてないからまだまだチャンスはあるよ!じっくり吟味して自分の分を確保してから友人に教えてあげてね。

今日紹介したバンドのグッズもあるかもね!

12月22日(月)夜9時まで

クリスマスに忘年会、年末年始、色々と出かける際は毎日違うバンドグッズでスタイリングしてお出かけしようぜ!

ではまた!

河内野でした。