夏とともに【Pure Noise Records】が本気出してきやがった!不満もあります・・・

Pure Noise Records


気持ちも服装も開放的な夏がやってきつつある、近所のコンビニは海が近いせいか平気で水着オンリーで買い物をする野郎からギャルがいる、ギャルは目の保養になるからよいものの野郎どもは勘弁である。



夏になると海水浴、花火、お祭りなんかは浴衣でデート・・・・こんな体験はもう数年していないな、日本の風情を感じれる夏のお祭りは雰囲気が好き最高だ、あなたは今年のお祭り花火大会は誰と行く?僕は多分義理の兄が花火大会に店を出すのでそのお手伝いで終わりそうだ・・・・・好みの女子と行きたい、Meg and Diaのどっちでもよいがこの二人が今のタイプである!サウンドも大好きなんですよね!



Meg and Dia最近活動してるのかな?なんて思っていたらまさかのPure Noise Recordsから新譜が8月の後半に発売!!!!ほんでいまだにどっちがMegなのかDiaなのかは知らないんですがwww今もなお美貌は健在!

Meg and Dia


サウンドはというと・・・・・なんかこじゃれたサウンドでロック感は皆無・・・・・洗練された感はあるけど、ちょっと寂しいね。



Pure Noise Recordsってのが意外でした!!そんなPure Noise Recordsから新たに契約したバンド、シカゴのハードコアパンクバンド LURKがイケてる!Dead Kennedysも感じさせるクラシカルなオールドスクールなハードコアパンクにオルタナ色もあり、タイトなサウンドが心地よいね!マーチもハイセンスだからアルバム発売後にアップするね!



そんなPure Noise RecordsStick To Your GunsCounterpartsTERRORSanctionYear Of The Knife、とPure Noiseの中でもハードコア寄りのバンドをお集めた最強のメンツでのツアーも開催中!
Pure Noise Tour



Pure Noise Tour 19としてSpotifyではプレイリストがしっかり作成されていた!BGM代わりとしても聴きまくっているんだけど、さすがのTERRORSTYGCounterparts、さらには次世代のハードコアとして爆発的人気を誇るYOTKSanctionだよ!「Pure Noise Recordsってマジスゲーな」って思う!



ポップパンクやイージーコアやオルタナロックにも強い、Drug ChurchFour Year StrongLess Than JakeSenses FailState ChampsThe Story So Farと読者だったらすべてわかるバンドたち、その中でもPure Noise所属のハードコアバンドをまとめてみると


Counterparts
First Blood
Inclination
Knocked Loose
Left Behind
Sanction
SeeYouSpaceCowboy
Sharptooth
Stick to Your Guns
Terror
Year of the Knife

Pure Noiseが本気出してきた!というかPure Noiseがハードコアに本気を出してきたと言いたい!Terrorを筆頭に、もはや現行の代表格に近づきつつあるKnocked Loose、次世代の注目株の中でも人気の、InclinationSanctionYear of the Knife、ハードコア好きだったら必ず反応してしまうバンドたちだよね!


そして新たに契約し音源が発売されたハードコアバンドChamberは知ってる?



テネシーはナッシュビル産ハードコアバンド、以前はUnbeaten Recordsからリリースしていたよね!その時から海外では注目されている人気の次世代バンド、カオティックかつダークで残虐な次世代メタリック・ハードコア、Pure Noiseからフルアルバムが発売されたら人気爆発しそうなバンドだね!俺の10枚でも登場したバンド、死産さんが激プッシュしていたバンド!良かったらチェックしてみて!

といった感じで今年、2019年だけでもこのChamber、含めハードコアバンドとの契約が目立つPure Noiseは再度注目のレーベルである!そんな最高なレーベルではあるんだけど、声を大にして言いたいことがある!

マーチにもっと力入れて!!!

Pure Noiseのハードコアバンドが好きなあなたならわかると思うけど、発売される数がマジで少ないんですよね!音源が発売される時に一緒に発売されるアイテム数点のみ、その後の新作は一向に発売されない!!!!!!!!色々な事情はあるとは思うけど、そこがとても残念なんです。それ以外は最高なんだけど、そこは僕にとってはとても重要!最高にクールなバンドなのにマーチが少ないって悲しいでしょ?

今年後半にはどんなハードコアバンドと契約するのか?マチガイナイPure Noise Records、今後の動向も定期的にチェックするべし!!いないとは思うけどPure Noise RecordsのYoutubeチャンネルは登録しときましょう!



では!


河内野





追伸:


Pure Noiseのハードコア代表TERRORは去年に続きRebel 8とのコラボアイテムが発売されたね!Pure Noiseのアイコンもプリントされている!ってことはトリプルネーム?!

TERROR X Rebel8



TERROR聴いてるとやっぱり落ち着く、ブレないこの安定感、さすがっす!






追伸2:
今日の激プッシュマーチ(シリーズ化しようかな?)

マサチューセッツ産Tripple B Records所属のデス・メタリック・ハードコア、1stも発売で今大注目のバンド Fuming Mouth / ヒューミング・マウスのマーチ!


デザインはBell WitchのジャケットデザインでもおなじみのMariusz Lewandowski!!とてつもないスケール感のある邪悪アート!

Fuming Mouth / ヒューミング・マウス



【ハードコア】Knocked Looseの最新アルバムLaugh Tracksがチャートイン!

今最も勢いのあるハードコアバンドって?

それは間違いなく「Knocked Loose 」でしょう!

先日Pure Noise Recordsから発売されたLaugh Tracksはもう聞いた?

ハードコアっぽくないジャケに透明のケースがイケてるよね!

前作Pop Cultureからハードコア好きの中では話題になっていたバンドだけど
Laugh Tracks発売で一気に人気がうなぎのぼり。

まさかのビルボードでもチャートイン!

Top200に入るハードコアバンドなんて、なかなかいないよね!

ヘヴィーでブルータル、ゴリゴリのビートダウンハードコアだよ!

そんなバンドが総合チャートに入るなんてスゲーことだよね!

だから今、最も勢いのあるハードコアバンドってことだ!

■Knocked Loose “Last Words” ■

ハードコアシーンのトップを走るバンド「Knocked Loose 」
はどんなスタイリングなのか?

ファッショニスタとは呼べないがハードコア特有のストリート感がある!

ニューメタルコアバンドや人気のポストハードコアにはないラフなスタイル

頑張って着こなしてます感がないのも良い。

ハードコアでもやはりスタイルは細め、シャツは大きめのYラインが主流である

ここらへんはやはりストリートなカルチャー、スケートなど横乗りな文化が
大きくハードコアと密接していることが分かる。

キャップはダッドハット、チェックのボタンダウンシャツ、細身のショーツ、
ラフ&スポーツがやはり基本である!

昔からラフ&スポーツなスタイリングが基本だが変わったことといえば

・Yラインなスタイリング、トップス大きめパンツ細身

・スナップバックからダッドハットへ

・キックスはハイテクからローテクに、コンバースオールスターやヴァンズに

・ソックスは短めからハイソックスにそして今はミドル丈

印象的なのはやはりレッドのオールドスクールなキャップをブラックなコーデの
ワンポイントとしてスタイリングしている姿、

広島カープじゃないよ!シンシナティ・レッズのキャップね。

パンツの丈はロールアップにしてソックスを見せるスタイリング。

これもスケーターから発信したスタイリング、以降現在のジョガーパンツへの
人気へとつながっているわけでもある。

ストリートとは無縁のブランドが発売するジョガーパンツなんかも、元をたどれば
スケートからの発信であることは知っておかなくてはいけない!

キャップにせよ生まれ育った地域をレペゼン、トップス、シャツはほぼバンドグッズ、

人気が出るにつれバンドマーチは着用しない!ブランド物を身につけるようになる!

だはなくバンドマーチはスタイリングのどこかに絶対的に取り入れる!

ライブに行く際の動けるムーヴィングなスタイリングで参考にあるのはやはり
ハードコアバンドである!

数は少ないけどKnocked Loose もチェックしてみて、次世代の代表格ハードコアバンド
だけあってマーチもいけてるよ!

Knocked Looseマーチはこちらをクリック!

最近アップした中ではCruel Handのマーチも素晴らしいよ!

ハードコアマーチは生産数少なめだからビビっときたアイテムは早めにね!

先日お知らせした、メーカーが倒産ってのもあるからね、

レジェンドなAgnostic Front、Madball、Sick Of It Allのヨーロッパ販売グッズはもう手に入らなくなってしまいます。

緊急事態、ラストチャンスアイテムはこちらから!

ハードコアで言えばこれまた注目のFacedown Records所属のPoured Outのアルバムが楽しみだね!

■Poured Out – Enslavement to the Substance (feat. Chris Lane of Headrush)■

河内野