バイオレンスなポリスに訴えるAGNOSTIC FRONTの新曲がやばい!

POSIBLOG15310003

田舎道をドライブしているとき道端に倒れているおばさんを発見した。

車は数台、通っていたがみんな無視。

「悲しい世の中だな~」

と呆れながらも車を急いで止めおばさんに声をかける

意識はあるようだがヨダレを垂らしロレツが回っていないようだ。すぐに救急に電話をした。

場所や内容を詳しく説明していると

「あ~~そこね。」

場所を言っただけですべてを把握しているかのような救急センター。この倒れているおばさんは近所では有名な「かばってほしい」おばさんってことが判明!そのおばさんには抱きつかれ大事なバンドTシャツはよだれまみれ….

「最悪や!」

車は結構走る道だからとにかくおばさんを引きずって最短の駐車場付近へ….救急車は一応くるとのこと、

そしてそこには付近をパトロール中の警察官が駆けつけ警察官が言った。

ポリ「あんたが轢いたの?」

オレ「はぁ~!!」「轢いてね~し」

状況を全く見ずに言った言葉におもっクソ腹が立った。完全に車で轢いた犯人扱い、しかもおもっクソ偉そうな態度。尋問受けまくりだったが納得したよう、詳しく状況を説明したあとも謝ることなくどこか冷たい目線で俺を見る!

もしかしてDeathのTシャツを着てたからなのか?フロントは思いっきりグロく大きくDEATHとかかれたプリントだったからなのか?今思い出しても無性に腹が立つ、すべての警察官ではないけどあの警察官は上から目線で偉そう、まじクソな警察官だ!

救急センターでは有名なおばさんのようだが警察官は全く知らないようだった。数人の友人に話すと、そ有名なおばんさんってこと知名度は抜群だったww

その後は無事帰宅したがクソ警察官を思い出すと腹が立ってきたので爆音で激音をかけて気持ちは収まった。クソ警官にはこの曲をおみまいするぜ!

AGNOSTIC FRONT – Police Violence


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

アメリカのポリスはバイオレンスだな、銃社会は本当に怖い、日本人で良かったww自分が経験したのは些細なことだけど海外では警察官の暴力がすごく問題になっているね!先日もホームレスを射殺した動画がなんかも話題なったけど胸糞悪くなるね!

AGNOSTIC FRONT4/7日にはNuclear Blastからアルバムが発売だね!前作もメタリック具合が少なくなって、これぞハードコアパンクってな感じだけど今作はどうなるのかな?楽しみだ!

AGNOSTIC FRONT

Sick Of IT ALLやMadballのアルバムが最高だったからAgnostic Frotも間違いなしだね!もうジャケがかっこいいもん!

曲順は

01. Intro
02. The American Died
03. Police Violence
04. Only In America
05. Test Of Time
06. We Walk The Line
07. Never Walk Alone (feat. Freddy Cricien, Toby Morse, Lou Koller)
08. Enough Is Enough
09. I Can’t Relate
10. Old New York
11. Social Justice
12. Reasonable Doubt
13. No War Fuck You
14. Attack!
15. A Wise Man
16. Just Like Yesterday

7曲目の Never Walk AloneではMadballのフレディーにH2Oのトビー Sick Of IT ALLのルーとNYHCを代表するボーカリストの参加、待ちきれない!!

48ページ・フルカラー・ブックレットのNo One Rulesもまだ手に入れてないから早めに入手しておかないと!!

そうだ先日は仲間たちもTURNSTILEの来日公演に参戦してきたようだが最高に盛り上がったようだ、「今ままで見てきたライブの中で間違いなくNO.1だ!」という友人もいたほど!ハードコアも盛り上がっているね!

違う意味で盛り上がっているのはまたまたVictoryのTony BrummelとHOODSがもめているようだ。日常茶飯事の揉め事だね!なんかもう笑えてくるwwこんなんで盛り上がっては欲しくないけど今年はハードコアがさらに盛り上がりを見せ、他ジャンルとの垣根が狭まってくるように思える!

Trapped Unde Iceも今年の末には新しい音源のレコーディングに入る予定ってことで楽しみだね!一番はTERRORの新作が待ち遠しい!アルバム発売で新作グッズも発売!待ちきれない!!!!!!

そして紹介したいのがハードコアやパンク、アングラな情報ならご存知Tokyo Unlearned!ポッドキャスト配信番組!濃厚なハードコアなお話が聞けるよ!

POSIBLOG15310002

試聴できるページはここから!Itunesでも聴けるからハードコア好きからこれから好きになるあなたにもオススメです!

河内野

Every Time I Dieのナイロンジャケット装着でリアルレゲエVSブラフマンのライブに行ってきた!

リアルレゲエ

今回はEvery Time I Dieのナイロンジャケット装着で舞鶴で行われたリアルレゲエVSブラフマンのライブに行ってきた!

小学校の合唱コンクール以来の舞鶴文化会館が開催場所!

ブラフマン

フライヤーが素晴らしくイケてるんですよね!

Brahman

ご存知のフライヤーアーティスト、END氏の作品!もちろん1枚記念にいただきました!

END

今回はスタッフとして参加させていただきました、パスもかっこいい、このTシャツがあれば買ったんだけど….

RRBLOGPOSI004

物販の準備!

RRBLOGPOSI005

ハードコアパンク特有のデザインが素晴らしくかっこいいです!1枚持ってます!

RRBLOGPOSI006

会場はかなり広く400人~500人ほどのキャパ。

RRBLOGPOSI007

ライブ会場にはない天井の高い空間が美しい。

RRBLOGPOSI008

準備も一段落着いたのでお散歩今日はEvery Time I Dieのナイロンジャケット装着です!

Every Time I DIe

サイズはLサイズ、パーカーはXLサイズ、身長は173cm体重72kgです。

エブリタイムアイダイ

インナーは薄いグレーでパンツはブラック、靴はホワイト、キャップもグレーで合わせてみました。

マッドボール

インナーはマッドボールパーカー、このジャケット裏地もしっかりしていて風を通さない、極寒の舞鶴の真冬でもあったかいです。

RRBLOGPOSI012

スタジアムジャケットの形でナイロン、スポーティーな要素が強いジャケットですが
いろいろなスタイルにもマッチする最高のアイテムです!

丈は少し短めパーカーのリブ+5cmくらいがはみ出すくらい、レーヤードにももってこいのアイテムなんです。

そしてとても軽い、冬になると肩こりがひどい私ですがこのジャケットだと不思議と肩がこらない、見た目そして機能性も抜群ジャケットは一回に一枚ですね!

Tシャツと合わせれば春先にも使えるアイテムです!

RRBLOGPOSI013

Every Time I Die – “Decayin With The Boys”
オチンチン映ちゃってるけど~~~!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Every Time I Dieのグッズ着用している方とまだ出会ったことがない!であったら最高に嬉しいな!なんで日本ではそこまでブレイクしないのかが不思議なバンドの一つである!グッズもいけてるんですよ!

お散歩お終わり会場に戻るとリハがスタートしておりました。

ブラフマン

結構ストイックでガチガチのリハなのかと思いきや和気あいあいとしてましたよ!なぜかボーイの曲もやってたww

RRBLOGPOSI015

会場もオープン、たくさんのお客さんが来場!

RRBLOGPOSI016

明らかにブラフマンファンであろうキッズ達が前列に!

RRBLOGPOSI017

そして舞鶴シティーハードコア、リアルレゲエがスタート!

RRBLOGPOSI018

相変わらずの爆裂サウンドでブラフマンファンもびっくりしている。

ツイッターなんかを見るとリアルレゲエはレゲエバンドだと思っているキッズ達もいたようですww

RRBLOGPOSI019

ピットも出来上がり盛り上がってました。

RRBLOGPOSI020


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

相変わらずかっこよかったです!東京から全国にも言ってるから近場の人は是非、生リアルレゲエを体感してみてください!

RRBLOGPOSI021

ここからブラフマン!って時にカメラの充電切れ、しっかり体感してきましたよ!1曲しか知らないんですがその曲もなく……とにかくかっこよかったです!

最高の一日でした~!

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【今日のコーデ】アグノスティック・フロントのコーチジャケットと、マッドボールのプルオーバーでキメて、初詣に行ってきた

hatu001

今回はアグノスティック・フロントのコーチジャケットに、マッドボールのプルオーバーを合わせて、舞鶴にある大川神社に行ってきたよ。あいにくの雪交じりの雨、こんな時はコーチジャケットが役に立つぜ。

hatu002

極寒で雨、正月も過ぎ1月半ばってことで誰一人いない、貸し切りだ。本殿までの一本道、真っ赤な鳥居、神聖で邪悪な心が洗われる。

hatu003

舞鶴市内では結構有名な神社、お正月はかなりの人がいるんだけどね~。

hatu004

雨の神社もなかなか素敵でしょ?

hatu005

鳥居を抜けると大きな大木と本殿が見えてきた。

hatu006

立派な木です。自然のパワーをもらうためタッチしておいた。

hatu007

コーチジャケットって若干雨をはじくから天気の悪い日にもってこい、風も通しにくいしね。

本殿手前ではおみくじを発見。

hatu008

引くしかないっしょ!確実に大吉だな、引く前からわかる。

hatu009

でました~小吉。去年も小吉だった記憶が、というか大吉引いたことない。結構な数で大吉が入っていると聞くんだが…

中途半端だ、凶なんか出たら良い落ちになるんだけど。

hatu001

運気容易に開けず口多し急がず時の至るを待ちてことを行え脇目を振らず正直に働いて信心怠りなければ自ら幸福がきます。

なるほど、脇目ふらず2014年、しっかり働きます。病の欄の「重し、医師に頼め」ってのが気になる~~~~。

今日着用しているのは、アグノスティック・フロントのコーチジャケット。XLサイズ、少し大きめに着用。(店長173cm、70kg)

珍しいネイビーってのがお気に入り、胸のロゴがいかにもって感じで最高だ。

hatu011

そしてインナーは、マッドボールのトレーナー、XL着用で霜降りのグレーでホワイトに近いって感じだ。もうこのロゴがあるだけで購入してしまう、マニアにはたまらない。

hatu012

定番にして絶対のプルオーバー+コーチジャケット、これこそが最強だ。色々なコーデが好きでも定期的に定番のコーデがしたいもんです。バンドマーチマニアのあなたならわかるはず。ハットと合わせてスポーティーかつストリートに決めてみた。

アグノマッボーともに新作が結構出たからチェックしておいた方がいいかも。

hatu015

背中も鉄板のブーツデザイン。

先に見えるが本殿。

hatu013

お願い事をするのは神様にとって失礼なようですよ。だから「おれはやるぜ!」ってゴッドに言ってやりましたよ。何をやるかは内緒。とにかく2014年、やります(笑)。

hatu014

今日からやってやる。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

気合入りまくりました。そんな時に厄年の票を発見。あなたは大丈夫?

厄年は成功する年でもあるそうだ!気を落とさずにね(笑)。

hatu016

大川神社で気合入れてきたんで、これを読んでいるあなた、楽しみにしていてね(^-^)。

hatu018

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

TERRORのすごさを教えてあげる!

ter201311001

スコットにマーティン、ニックにデイヴィッド、そしてジョーダン。彼らのバンド経歴がすごすぎる件。ファンなら当然知っているよね?新規ファンは今からでも遅くない、テラーファンなら知っておかなくてはいけないこと。

テラーメンバーが在籍していた、または在籍中のバンドを紹介。

まずはボーカルのスコット(Scott Vogel)

ter201311002

以前にも紹介したスコットが初めて結成したバンドSlugfest。スコット細いし若い(笑)。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Despair


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Buried Aliveはハードコア界でも有名なバンドだよね。解散後にカリフォルニアに引っ越したんです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

S.O.S. は去年話題になりましたよね。ヘイトブリードやアグノ、マッボー、トラップドのメンバーそしてテラーのニックとスコットのオールスターバンド。テラーが好きなら間違いないバンドだね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

続いてギターのマーティン(Martin Stewart)

ter201311003

ロスの極悪番長Donnybrookですよ~。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Piece By Pieceではベースを担当、テラーのニックがボーカル、名曲だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Lone Wolf


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Wings, Beer & Sports!ナイスなバンド名。ニックもいますよ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Snake Eyesや Like It Or Notにも在籍していた。Like It Or Notではボーカルを担当。

ドラムのニック(Nick Jett)

ter201311004

マーティンと同じくPiece By PieceとWings, Beer & Sports、Donnybrook、Snake Eyes。スコットと同じくS.O.Sに在籍していた。

Carry Onではベースを弾いていたんだよね。すげ~~!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ベースのデイヴィッド(David Wood)

ter201311005

もちろんご存知のDown To Nothingのボーカルだよね。新譜も最高だった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

TUIのメンバーなどで結成されたインディーロックバンド Diamond Youth。予想外のサウンドだった。

Murder Weapon、Game On、というバンドにも在籍していた。

ギターのジョーダン(Jordan Posner)

ter201311006

No Warning!!!!!だよね~~~。一回変な方向に行ってしまったバンドだけど伝説のバンドです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

多くのバンドに在籍し、経験を重ね、今のテラーが存在するわけなんだよね。テラーってやっぱりすごい。

Always the Hard Wayが聴きたくなった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

とんでもない経歴を持つテラーだけど、いま、This is Hardcore DVDプレゼント中です

Terror2013-Big-Index-Banner-2013-12-08

スコットも言ってたように、欲しいと思った瞬間に確保しておかないと永遠に後悔するのがバンドTシャツ。マジで「これは欲しい!」ってのがあったら速攻で申し込むように。

河内野

ハードコアの歴史を刻む伝説のデザイン

1

アグノのブーツデザインにマッドボールのボールデザイン。これらに匹敵するデザインと言えば13年選手のハードコアバンド、テラーのKOTFデザインだよね。

2

名盤、Keepers of The Faithデザインだよね。このデザインのパーカーは黒、紺、赤とポジ市場でも最も人気のあったハードコアグッズ。アルバムありきのグッズだけど、ハードコア特有のメッセージ性に一色で仕上げたシンプルなデザイン。名作中の名作グッズだ。

やはり人気のあるバンドってのは「コレッ」っていうデザインがあるんだよね。

Keeper of The Faithデザインだけでも何十種類と販売され、今では入手ができないアイテムがほとんど。パロディーのアイテムまで多く登場した。

HOODSのKeepers of The HATE!!

BMhoods05

HOODSらしいね(笑)。Keeper of The Faithデザインがいかに素晴らしいかを言わんばかりに一時期パロディーのデザインが多かった。それだけ影響を与えているってことだ。

やはり人気のあるバンドってのは「コレッ」っていうデザインがあるといったけど、Terrorはそれだけじゃなく、常にストリートの最先端を行くデザインをドロップし続けている。

Live By The Codeが発売されてからも名作のオンパレード。

terror239

このデザインの破壊力も凄まじいね。いち早くカスタムパーカーや5パネルキャップを発売したのもテラーだった。これというデザインがありつつも、常に名作を発売し続けるテラーは、ハードコア・マーチャンダイズのキングだ。今まで200枚ほどのテラーグッズを見てきて「これはないわ!」ってデザインが一枚もない。

アルバムではずれがないのと一緒です。とはいえ、3ヶ月ほどの周期でグッズは廃盤になり新しいグッズが生まれていく。気になったアイテムはすぐに押さえておかないと後悔するバンド。多く発売してくれるのはうれしいけど、「選びきれないよ」と毎回思ってしまう(笑)。

Blvck Scvleとのコラボシャツなんてもう手に入んないけど、いまだにリクエストをいただきます(ちなみに僕は売切れ前に確保しました)。後悔する前に手に入れておこうね。

スコットが着用しているプルオーバーもイケてるね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

河内野
ポジティブダイブ