【19年まとめNo.2】19年度バンドマーチ、グッズの進化やトレンド!!俺的Top10バンドマーチ

goribis171123029

「ヒナまつり」最高ですよね!7SEEDSってのも面白んで良かったらぜひ!

っていうコメントをいただいた!その他にも数件コメントいただきました!ありがとう!早速昨晩7SEEDS見始めましたよ!すっかりはまってしまいました!続きが気になって仕事が手につかないくらいwww


2019年もあと15日といよいよ19年終わりへのカウントダウンが始まっている、ということで本日出社の一発目はMEGADETHの破滅へのカウントダウンでスタート!今回のまとめは、俺的バンドマーチのTop10を発表しましょう!




19年のバンドマーチのトレンドをまとめるとこんな感じかな、


・袖プリント
・メタリックロゴ
・デスバンドではないデスロゴ
・蛍光グリーン、オレンジ、ゴールドボディー
・アニメモチーフ
・90’s
・刺繍ロゴ
・ホワイトのパーカー
・ミニショルダーバッグ
・アウトライン

メタルやハードコアは昔から多かった袖プリントもオールジャンルで爆発的に増えてきたのは去年末あたりから今年にかけて、ロゴが機械的でメタリック、エナメルっぽいプリントで素材感を表現するマーチもよく見かけるようになった、前回のブログでも言ったけどデスバンドではないバンドがデスいロゴを使うようになったね、一番最近ではGideonのこのシャツとか!

Gideon

このシャツもだけど発色の良い蛍光色カラーも間違いなく今年のトレンドであった、中でも「グリーン」と「オレンジ」がほんとに増えてきたね、そして今年一気にレパートリーが増えたのは「ゴールドイエロー」かな、2.3年前からちょこちょこ増えてきたけど今年は多く発売されている、そして「アニメモチーフ」は昨日のブログでも言った通り、1年前はカタカナや漢字が急激に増えてけど「ジャパニメーション」デザインは今年からだね!多くの人気のストリートブランドがコラボしている影響だろう、「90’s」なデザインってのは近年ずっと人気、中でも90年代のハードコアを連想させるデザインなどはやはりそういったバンドが増えてきた影響もあるのだろう、90年代のニュースクールハードコアやヘヴィーロック、ニューメタル化のバンドが増えてきた影響からだと、そして「刺繍ロゴ」は18年もトレンドだったけど今年に入ってから特に増えてきたね、プリントとはまた違う質感も新鮮で魅力的だった、最近では立体のプリント、「パフプリント」ってのも生まれてきているから、パフプリントってのは19年のトレンドとなるかもしれない!汚れが気になる!!だが人気なのが「ホワイトパーカー」、定番といえばやはりブラックかグレーだったんだけどホワイトのパーカーの数もかなり増えてきたね!清潔感、ふんわり感、そしてブラックとの相性の良さ、今すぐに取り入れてください!そしてこれまた1年前から人気の「ミニショルダー」は19年一気に増えた、さらにデザインのレベルも上がって機能性もアップしてね、2020年の小物類は何が流行るのかとても気になるね、ストリートで爆発したボディーバックとかクルかもね!!!最後は「アウトライン」アウトラインで描いたバンドロゴといえばすぐに思いつくほど数多くのバンドのバンドロゴがアウトラインで描かれていたよね!それでは話を戻して個人的19年度マーチTOP10を発表していきましょう!



■19年度:河内野が選んだバンドマーチTOP10




10位:Deafheaven/デフヘヴン – SUNFLOWER ロングスリーブ
Deafheaven/デフヘヴン

逆に袖プリントの無いロングスリーブも減ってきたよねwwとにかくサンフラワー、ヒマワリのデザインの美しくアートな作品、バンドが好きってのもあるけど、数多く見てきたフラワーデザインの中でもNo.1バンドマーチと言われないとわからないほどにハイセンスな一枚だと!!僕が手に入れたのはつい先日なので着るのは来年になりそうだ!早く着用して撮影に出かけたい!




9位:Cruel Hand /クルーエル・ハンド – Skull & Roses プルオーバーパーカー

Cruel Hand /クルーエル・ハンド - Skull & Roses プルオーバーパーカー


つい先日神戸の撮影でも着用したオレンジのパーカーですね!


19年のバンドマーチのトレンドでもあるのオレンジボディーに有刺鉄線の絡んだCHロゴを胸に、バックにはローズとスカルが絡んだ独自なTATTOO調デザインが落とし込まれる、 デザインのレベルも高いさすがのCHマーチ、さらに驚いたのは生地感がトラックジャケットとパーカーの間のような生地感、ユーロでたまに見るボディーメーカーのAWDisのJust Hoodsという品番、80%ポリエステル、20%コットンと珍しい比率の生地、デザインも生地も最高!ブラックのアウターとの相性も抜群です!




8位:Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム – SignsHub Tシャツ
Signs of the Swarm

このデザインはとにかくインパクトがとてつもない!女性共は全く分からないと思うが世界中の野郎どもは御用達の大手アダルトサイトPornhub(ポーンハブ)をサンプリングした最狂デザイン!Signs of the Swarmは相変わらずサンプリングするチョイスが絶妙!Hypebeastの記事、「Pornhub が最も検索されたワードなどを集計した年間の総決算 “Years in Review” を発表」もなかなか興味深いねwww


最も検索されたワードの座に輝いたのは“アマチュア(素人)”。その他にも“Cosplay(コスプレ)”など、日本でも馴染みのあるワードが並ぶ。最も視聴されたカテゴリーは、なんと“Japanese”がトップを飾り、日本のポルノビデオが世界でも支持を集めていることが判明。2位に“レズビアン”、3位に再び“アマチュア”という結果となった。

HYPEBEAST参照




7位:Casa De Roc(Madball Hoya) / – NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)

Casa De Roc(Madball Hoya) / - NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)

Madballの巨漢ベース、HOYA「ホヤ」の手掛けるアパレルラインCasa De Rocのサイトでも発売されていた New York Hardcapsのソックス、Sick Of It All、BIOHAZARDのソックスは持っているんですが、待望のNYHCソックス発売ってことで速攻入手しましたね、コーデのアクセントになるソックスもやはりバンドマーチって最高じゃないですか!今年はパンツのロールアップも流行したからチラ見せさせるのもアリ!ヘビロテなので僕はもうワンセット保管しています!NYHC好きにはたまらないアイテムかと!




6位:Varials /バリアルズ – In Darkness プルオーバーパーカー
Varials /バリアルズ - In Darkness プルオーバーパーカー

来日の記憶も新しいVarialsですが、こちらのパーカー、とてつもなく発色の良いグリーンにVarialsらしいハイセンスなデザインが乗る最強パーカー、ど派手で合わしにくそうですが意外とどんなスタイルにもはまる、僕がここ最近愛用しているフィッシングベストとの相性も抜群!パイセンも一目ボレして着用してくれています!

VR1941915




5位:Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション – HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ

Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション - HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ

巷でも人気のUSオールドスクールデス!そんな中、全オールドデス好きを沸かせた新世代オールドデスの帝王Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーションの待望のグッズが今期に発売されたんですが、このロングスリーブがなかなか届かない!!!!そしてようやく先日入荷、もう見ているだけでもワクワクしてしまうデザイン!宇宙やSF などをテーマにするデスメタル Cosmic Deathバンドも多く登場していますがデザインにもそのコンセプト が活かされた作品!待望のニューアルバム「HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE」のアートワークである! グリーンのデスロゴに人知を超えた惑星で空を見上げるエイリアン、そしてアルバムタイトル、Rings of Saturn ともまた違う世界観、アルバムもかなり話題になっていますよね!




4位:AxCx /アナル・カント – Everybody Should Be Killed「皆殺しの唄」 ロングスリーブ

anal cunt

待望のAxCxの新作!とはいえ94年にドロップされた傑作1stアルバム、BURRN!のレビューで貴重な「0点」をたたき出した伝説の一枚!「Everyone Should Be Killed」のデザイン!!見つけたときの興奮は19年度N0.1!なぜか仲間周りで爆発的に売れた一枚!男性からの支持は圧倒的だが女性からの軽蔑する目線・・・・ドMにはたまらないかもね!袖に連発されたAxCxロゴがたまりません!既に着用しすぎて色落ちが始まっている・・・それくらい着用したアイテム!




3位:Bad Brains /バッド・ブレインズ – 40周年 QUILTED フリーザー・キルティングジャケット(ブラック)

Bad Brains /バッド・ブレインズ - 40周年

期間限定で発売したBad Brainsのキルティングジャケット、40周年というアニヴァーサリーなアイテムだけあってゴージャスなゴールドの刺繍とパッチとシンプルだけどバンドマーチではできなかったスタイリングが可能なキルティングジャケット、現時点の気温でもパーカーとこのジャケットのみでもポッカポカの機能性も抜群な一枚!ほしい人は教えてね!特別にお取り寄せします!このアイテムではないけど48時間限定で現在発売中のこのアイテムも激やばですよ!ストリートでも人気のサイドラインデザイン、これまたバンドマーチのレベルを軽く超えております!

Bad Brains /バッド・ブレインズ




2位:Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ – Ill Communication プルオーバーパーカー

Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ - Ill Communication

全米1位、300万枚を売り上げたモンスターアルバムILL COMMUNICATIONから早くも25年!25周年を記念しIll Communicationのアートワークを落とし込んだプルオーバーパーカー!ヒップホップとハードコアを融合した曲サボタージュは名曲中の名曲! アートワークにも描かれているフォントで両袖にプリント、ニューヨークハードコア好きもヒップホップ好きもミクスチャー好きも一家に一枚的な伝説的デザインだと!大好きなフォトデザイン、袖デザインもお気に入りの一枚!

ore10005




1位:Gorilla Biscuits / ゴリラ・ビスケッツ – New Direction BMX ロングスリーブ

Gorilla Biscuits / ゴリラビスケッツ

1位はゴリビスの限定マーチ、ブラックにブルー選びきれませんでした!ブルーは8時間限定にも関わらず多くのお手続きをいただきましたがその後の再入荷のリクエストはエグいくら位に多かった一枚!手に入れられた人はマジラッキーですよね!ありえないくらいのゴージャスなプリント、けっしてオシャレとは言えないプリントwwwBMXやモトクロスのジャージー風に仕上げたレトロでド派手なデザインに殺られちゃいました!

ブラックヴァージョンは手元にありまだ入手できるんですが残り僅かなのでこの機会を絶対に見逃さないでくださいね!※ブラックバージョンはこちらからご購入を!




10位:Deafheaven/デフヘヴン – SUNFLOWER ロングスリーブ
9位:Cruel Hand /クルーエル・ハンド – Skull & Roses プルオーバーパーカー
8位:Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム – SignsHub Tシャツ
7位:Casa De Roc(Madball Hoya) / – NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)
6位:Varials /バリアルズ – In Darkness プルオーバーパーカー
5位:Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション – HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ
4位:AxCx /アナル・カント – Everybody Should Be Killed「皆殺しの唄」 ロングスリーブ
3位:Bad Brains /バッド・ブレインズ – 40周年 QUILTED フリーザー・キルティングジャケット(ブラック)
2位:Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ – Ill Communication プルオーバーパーカー
1位:Gorilla Biscuits / ゴリラ・ビスケッツ – New Direction BMX ロングスリーブ



という結果となりました!あくまで個人的なランキング、販売数ランキングとは比例していないですが激やばアイテムばかりでしょ?これ以外にもイケてるアイテムは数えきれないほど、19年度も確実にデザインのレベル、レパートリーの幅も増えている、2020年もさらにレベルがアップしたハイセンスなマーチが発売されることでしょう!


来週中には「2019年度最強の10枚」もスタートする予定だから準備しといてくださいね!!!

僕は今のところ8枚決定しています、あと2枚が選びきれていない・・・・・19年もマジ名作だらけだよね!

18年度の10枚は下記をクリックしてチェックしてみてください!








追伸:

先日アップしたDisembodiedの反応が薄いのはなぜなんだろう!今、活躍しているハードコアバンドに多大な影響を与え続けているバンドなのに・・・・

Disembodied / ディセンボディード

ミネアポリス産レジェンド!ブルータル・メタリック・イーヴォー・90’s・ニュースクールハードコア、現行のトレンドでもあるドロドロとした暗黒なメタリックハードコアバンドにも多大な影響を与えている、Disembodiedは先日オフィシャルディスコグラフィー、3枚組のLPがGood Fight Musicから発売し今世界的に再熱しているレジェンドでありんす!!

幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されるのが「ポストブラック」で感じれる多幸感である!

DH1998023

本日も35℃を超える夏日、関東は今夜から暴風が吹き荒れるようで気を付けてくださいね!



僕たちが好きな音楽界でも大きな動きがあったようで、「マーチを取り扱ってくれ!」と、とてつもなく多くのリクエストをいただいていたThe Amity AfflictionがまさかのPure Noiseに移籍、これでマーチの取り扱いもできる!!もうちょっと待ってててね!ほんでもってもうすぐ来日だね!



さらにはThe Get Up KidsからキーボーディストJamesが脱退、Sleeping With SirensからドラマーGabeが脱退と、The Get Up Kidsに関してはもうすぐ来日公演が控えているのに・・・ちょっと心配ですね!

個人的にびっくりしたのは、UKはリーズ産ハードコアバンド!アルバムSOUL STRUCTUREで衝撃を受けた人も多いはず!そうです!HIGHER POWERなんですが、ま、さ、か、のニューアルバムはロードランナーから発売!TurnstileAngel Du$tも衝撃だったんだけど、そこまでの知名度もないHIGHER POWERだよ!大出世ですね!先日公開された新曲はモダンでグルービーなハードコアからさらにオルタナ度数が増え、サビではDeftonesFarなども感じさせる、歌いまくってるね!!こういった流れが最近は多いね!

西も東とオルタナと、これが新しいクロスオーバーの形なのかと最近の流れを見ていて感じます。ニューアルバム「27Miles Underwater」が現時点で一番楽しみな一枚、発売は2020年の1月!!メロディーや歌がある分、ハードコアの入り口としても適しているバンドだね!ブレイクしそうな予感をヒシヒシと感じています!



どんなジャンルであっても多ジャンルを飲み込み新しいムーブメントを作るバンドがいるけど、Turnstileもいろんなジャンルをクロスオーバーし新しいハードコアの形を生み出している、だがブレイクするバンドにはやはり法則がある気がしてならない。クロスオーバーさせるジャンルの比率が絶妙なのである!クロスオーバーの流れが流行であっても、やはりその対比を間違うと違和感しか生じない、この言葉で勝たずけるのは嫌なのだが、やはりそのバンドが持つセンスなのである。そしてジャンルへの愛、とことん掘り下げられている音楽力が身についているからこそ!


ブラックメタルというあまりにも偏った閉鎖的な音楽にポストロックやシューゲイズの要素をクロスオーバーさせたDeafheavenもハードコアサイド、ブラック・メタルサイドからと決して交わらなさそうなジャンルの流れを変えてしまった重要なバンド、Deafheavenの名作「SUNBATHER」のブレイクによって多くのフォロワーが増えましたよね!






僕が一番好きなのはこのCanary Yellowなのですが、ブラックメタルを一気に聖なるものに変えてしまうような多幸感に溢れたサウンドは鳥肌が止まらなかった。幻想的な轟音リフ、大自然を感じさせるダイナミックスさ、極上に美しいヘヴィーサウンド、そんなDEAFHEAVENは11月に来日!

Deafheaven


Emperor好きには怒られるかもしれないけど、Deafheavenの単独のほうが・・・・・のでライブに行くかかなり迷っています?あなたは行く?

ハードコアにしろポストブラックにしろ、「やりつくされた感」はあれど、知らない間にこういったとんでもないバンドが表れてくるから本当にいろんな音楽を漁っていくのは本当に楽しい、2019年の後半、2020年にも大きなジャンルの流れを変えてしまうバンドが現れるだろう!それをいち早く見つけるためにDIGは終わらないのである!

そんなバンドいたら教えてね!そして見つけたらブログにアップしていくね!



では!

河内野







追伸:
Deafheaven好きなら間違いない音源も貼っておくね!

ALCEST – Protection (OFFICIAL VIDEO)



White Ward – Love Exchange Failure



Lantlôs – Melting Sun I: Azure Chimes



Numenorean – Horizon (Official Track)



Winterfylleth – Ensigns Of Victory



Deafheavenだけど、Ordinary Corrupt Human Loveのb-sideとして公開された新曲はダークでグラインドやクラストも感じさせる、この路線で進んでいくわけではないよね?これはこれでカッコ良いんだけどちょっと心配・・・

これでバンドファッションは完璧。似合うサングラスの三大原則:その1

LWEDDIE1975010

一気に気温が下がりまた夏が遠のいた感じだが確実に真夏が近づいている!フェス、海水浴、BBQ、夏のお出かけの際に必要なアイテムといえば?そうサウングラスだよね!今回はサングラスが似合うミュージシャンやアーティストの画像を20枚アップしたので今すぐチェックしてお出かけファッションの参考にしてください!

これでバンドファッションは完璧。似合うサングラスの三大原則:その1

以前にメルマガでおこなったアンケート結果を紹介しよう。

質問は何だったかと言うと、ポジティブダイブでメルマガを購読してなおかつ届いた瞬間にすぐに読んで、なおかつ僕が「アンケート答えてー」ってお願いしたらすぐに答えてくれる...

そんなナイスで性格が良くてモテモテでバンドファッションもメチャクチャ似合う人たち(←ゴマすり)に聞きました!

「あなたはサングラスをかけますか?」

そして届いた答えは...

===========================

1位:サングラス、かけまくり! ==> 44%

2位:たまに気が向いた時だけかける。 ==> 22%

3位:似合わないからかけない。 ==> 20%

4位:似合うけど趣味じゃないからかけない。 ==> 10%

5位:夜もかけるくらいグラサンが好き! ==> 4%

==========================

どーですかお客さん!?(猪木風)やっぱり予測通りサングラスかけまくりじゃん。1位と2位と5位を合わせたら70%ですよ、70%!(っておい...そこの5位の人!夜は危ないからダメよー)

これはつまり過半数が「サングラス肯定派」ということだよ。ね。肯定派。

昨日も言ったけど、肯定派が多いと分かったからポジティブダイブでサングラスの取扱いを開始しまーす!!!...という計画はぜんぜんなくて(汗)ただ単純に興味本位の質問だったんだけどさ、

情報としては「サングラスとバンドファッション」的なモノを用意した方が良さそうだね。例えば海外ミュージシャンがどんな風にバンドファッションにサングラスを取り入れているのか、とか。今、海外バンドマンの中ではどんなサングラスが流行っているのか、とか。

ね?!面白そうじゃない?!ということで写真を集めて下にアップしたよ。

あ、それから気になるのは「サングラス否定派」の心理状態なんだけど...なぜそこまでサングラスを憎むの?グラサンっていう昭和な響きが嫌なの?グラサンを憎む掟(おきて)か何かあるの?!なんで、なんで?!

っておい!誰も憎んでるなんて言ってないし、否定さえしてねぇーよ(汗)。肯定派、否定派ってうぜぇーよ、俺!

まじめな話さ、3位の「似合わないからかけない」については、似合うのを探せば解決するよな。顔の形によって似合うメガネの形ってぜんぜん違うからさ。「自分がかけたい」と思ってるサングラスじゃなくて「自分に似合う」サングラスにチャレンジすれば、めちゃくちゃカッコ良くなると思うよ。

あとは4位の「似合うけど趣味じゃないからかけない」は、ハッキリいってカッコ良いぜ。男の中の男!(あるいは女の中の女!あるいは...)

まるで、金持ってるけど...買わない、みたいな。電車賃あるけど...歩く、みたいな。宿題なんて簡単にできるけど...やらない、みたいな。モテモテだけど...一匹オオカミが好き、みたいな。本気出したら出世は簡単だけど...本気出さない、みたいな。その気になったら遅刻なんてしないけど...その気になりたくない、みたいな。

って、褒めてるのか馬鹿にしてるのかわかんねぇーよ!!!こんなことばっかり長々と書いちゃうからメルマガの購読が解除されちゃうんだよ、俺。

って、もちろん褒めてるよ。少なくとも馬鹿にはしてない。だって僕も諸事情からサングラスはかけない派だから(爆)。まあいいやそんな話は。とにかくサングラス推進派の為に、ここに情報をアップしていくので楽しみにしていてね。

まずはミュージシャンのサングラス写真をどうぞ。(裸体にサングラスで、あまりファッション的には参考にならない人が若干名紛れ込んでます。 汗)

【サングラスが似合う海外ミュージシャン写真】

Neck Deep / ネックディープのDani

この投稿をInstagramで見る

Hope everyone's doing reaal good 🔋

Daиi Abasiさん(@neckdani)がシェアした投稿 –



The Interrupters / ジ・インタラプターズのエイミー姐さん



Blink-182 / ブリンク182のトラヴィス

この投稿をInstagramで見る

⚠️ ⚠️⚠️ @clemente_310 #RAMSTEIN ℌ

travisbarkerさん(@travisbarker)がシェアした投稿 –



Deafheaven / デフヘヴン

この投稿をInstagramで見る

Thanks @bonnaroo. : @nickkarpphotos @rollingstone

Deafheavenさん(@deafheavenband)がシェアした投稿 –



Counterparts / カウンターパーツのブレンダン

この投稿をInstagramで見る

find a private room near you

Counterpartsさん(@counterpartsband)がシェアした投稿 –



TERROR / テラーのニック

この投稿をInstagramで見る

Ayo let's take a real nigga pic front dat fountain #realthugshit #lotj

Nick Jettさん(@nickgodie)がシェアした投稿 –



RANCID / ランシドのティム

この投稿をInstagramで見る

@timtimebomb _ Dod Morrison

RANCID ‍☠️さん(@rancid)がシェアした投稿 –



Trash Talk / トラッシュ・トークのリー

この投稿をInstagramで見る

Artificial Intelligence is our biggest existential threat

さん(@leespielman)がシェアした投稿 –



ROAM / ロームのアレックス

この投稿をInstagramで見る

The @sanpellegrino_official advert … this was my fridge @elliottxingham

Alex Costelloさん(@costelloroam)がシェアした投稿 –



Polyphia / ポリフィアのスコット

この投稿をInstagramで見る

It’s my birthday

swipさん(@scottielepage)がシェアした投稿 –



Seaway / シーウェイ のスコット



Angel Dust / エンジェル・ダスト のジャスティス

この投稿をInstagramで見る

New rockin vid in @turnstiletribe bio ft spike. Photo by @angelaowens

LA Jurticeさん(@jurtice)がシェアした投稿 –



The Story so Far / ストーリー・ソー・ファーのウィル



Drug Church / ドラッグ・チャーチのコリイ



State Champs / ステイト・チャンプスのデレック



Stick To Your Guns /スティック トゥ ユアー ガンズのクリス



Stand Atlantic / スタンドアトランティック

この投稿をInstagramで見る

did some disneyworlding thank u @beckles_95 xx

Stand Atlanticさん(@standatlantic)がシェアした投稿 –



With Confidence / ウィズ・コンフィデンス



Cold Cave / コールドケイブのウェスレイ

この投稿をInstagramで見る

Alles Ist Gut

COLD CAVEさん(@coldcave23)がシェアした投稿 –



No Warning / ノー・ウォーニング

この投稿をInstagramで見る

Thank you Europe for all of your rare and exquisite delicacies

No Warningさん(@nowarning)がシェアした投稿 –



NOFX / ノーエフエックスのエリック

この投稿をInstagramで見る

@eric_melvin voted! Did you? #nofx

NOFXさん(@nofx)がシェアした投稿 –



僕はメガネなのでサングラスかけれない・・・・・と思いきやあの大手のメガネ会社からサングラスメガネの2WAYが販売!買いに行くしかない!!

後編:「なぜミュージシャンはサングラスが似合うのか」を読む…