【19年-年間ベスト】「サトウさん」が選んだ「最強な10枚」【5発目】

2019-12-24000.0



あと6日で2019が終焉を迎える!本日はクリスマス?クリスマスイブ?どっちなのかわからないくらいにクリスマスには縁のないワタクシですが、今宵は「聖なる夜」ではなく「性なる夜」・・・


カップル共が街にあふれかえっている、そしてラブホ前の道路は鬼込みなのである!そんなリア充どもを蹴散らす10枚が本日届いたんで僕はこのブログを読んでくれている「あなたが笑ってくれるなら悪にでもなる~♪」(空と君のあいだに)の一節である!



では早速行ってみましょう!「2019年度最強の10枚」第5回目!!

ore10005




19年度あなたが選んだ「最強の10枚」を教えて!「サトウ」さんヴァージョンNo.05





1枚目:Shokran – Ethereal

Shokran Ethereal

中東風要素は抑え気味になったがクオリティはそのまま。





2枚目:Rings Of Saturn – Gidim

Rings Of Saturn / Gidim

もはや人間を超えてるエイリアンコアの更なる挑戦。





3枚目:Born Of Osiris – The Simulation

Born Of Osiris / The Simulation

進化し続けるSumerianモンスター。





4枚目:Infant Annihilator – The Battle Of Yaldabaoth

Infant Annihilator / The Battle Of Yaldabaoth

デスコアはおろかエクストリームメタルの最先端。





5枚目:Enterprise Earth – Luciferous

Enterprise Earth / Luciferous

デスコア界の声量おばけDan Watsonのボーカルは価値あり。





6枚目:Whitechapel – The Valley

Whitechapel/The Valley

デスコアを超えたデスコアいい意味で幅が広がった一枚。





7枚目:Motionless In White – Disguise

Motionless In White / Disguise

モダンかつゴシックなメタルコアの代表格。





8枚目:Signs Of The Swarm – Vital Deprivation

Signs Of The Swarm / Vital Deprivation

このバンドはデスコアの未来





9枚目:BABYMETAL – METAL GALAXY

BABYMETAL / METAL GALAXY

もうすでにイロモノではなくなった日本代表。バラエティ豊か





10枚目:After The Burial – The Simulation

After The Burial / Evergreen

このバンドは絶対に期待を裏切らない








ore10005




「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?

第一位Born Of Osiris – The Simulation

2019-12-2400011

全ての曲がシングルカットされても良い出来





19年度の最強の1曲を教えて!

最強の1曲Born Of Osiris – Under The Gun





■Shokran – Ethereal
独特なエジプトな世界観も好きだったんですが少し抑え気味ですね!ドラマ性は数段アップでさらに幅広いテックメタル、プログレ好きからペリフェリー好きにもに受け入れられる作品かと!間違いなく名作です!

■Rings Of Saturn – Gidim
前作より断然Gidimですね!まさに人間離れしたエイリアンだからこそのテク、見た目は人間ですが間違いなく彼らはエイリアンです!!!
気が狂いそうになった瞬間に所々に入る8ビットメロディーや美しいソロ、ピアノが狂気への限界を押さえる役目になっている!正直毎日は聴きたくないけど無償に聴きたくなってしまう時がある!


■Born Of Osiris – The Simulation
3年ぶりの待望の6作目!30分いかない短めのアルバムなんだけど満足度は1000%個人的に初期のほうが好きだったので初期っぽさもあり~のモダンという言葉ではかたずけられないいろんな要素を感じれる何度聞いても新しい発見がある最高な一枚でした!


■Infant Annihilator – The Battle Of Yaldabaoth
サウンドもマーチもぶっ飛んでますよね!マーチからも感じれるセンスはやはりサウンドにも表れる!進化し続けるテクニカルなデスでありながらハードコア好きも反応してしまうスラミングやビートダウン、極悪なエクスとリームが炸裂した傑作!



Enterprise Earth/Luciferous
身震いしてしまうほどの寒気すら感じてしまうメロが超好み!サトウさんが言われるように声量お化けの元Infant AnnihilatorでボーカルをやっていたDanの雄叫びはスザマジイです!間違いなくデスコア界の最重要バンドの一つ、個人的に暴虐性と不穏なメロディーのバランスが最高なのである!

■Whitechapel – The Valley
前作から導入したクリーンボーカルも賛否ありますが僕は断然ありありですね!例のバンドのような無理やり感もないしクリーンの入れ方ジ入りかたにもセンスを感じます!やはりマーチのセンスの良いバンドはサウンドもセンスが良いという僕の持論は間違ってないと!


■Motionless In White – Disguise
ゴシックメタルのダークヒーロー、文句なし、もはや貫禄すら感じる!ヴィジュアル面などの見た目関係なしに聴いてみてください!マジで1曲1曲の完成度が高い!良い意味でメジャーなサウンド!「そりゃ売れるわ!」ってかんじちゃいますもの!!マーチがなかなか入手できなくなってきたのが悲しいですが・・・もはやビッグバンドですもんね・・・


■Signs Of The Swarm – Vital Deprivation
2020年2月には来日も決定しましたね!結構聴いてますがこの手のバンドで一番飽きないアルバムなのは曲の展開が予測できないからか!CJ McCreeryの脱退も何のその今作からのボーカルDavidも引けを取らない!全く違和感なしに!というかサウンドの幅が広がってというか多彩になって前作よりも断然聴きごたえがありましたね!

■BABYMETAL – METAL GALAXY
僕も気に入ってしまい友人に借りたCDはいまだに手元に、小さい箱しか行かない自分にとっては大阪城ホールのでかいステージで見るライブは圧巻でした、もうちょっと近くで見たいですがね、やっぱりメロスピなArkadiaみたいな曲がもっと聴きたかったかな!



■After The Burial – Evergreen
ATBならではのリフが最高に心地よく、なぜか仕事、作業が捗どった一枚(笑)ストレートだし疾走感もあるのでハードコア好きも一度聴いてみてほしいね!
「ヤッベー!神盤じゃん!」とはならないんだけど、知らず知らず再生していた一枚なんですよね!


サトウさん 最強な10枚ありがとうございました。



1枚目:ShokranEthereal
2枚目:Rings Of SaturnGidim
3枚目:Born Of Osiris The Simulation
4枚目:Infant AnnihilatorThe Battle Of Yaldabaoth
5枚目:Enterprise EarthLuciferous
6枚目:WhitechapelThe Valley
7枚目:Motionless In WhiteDisguise
8枚目:Signs Of The SwarmVital Deprivation
9枚目:BABYMETALMETAL GALAXY
10枚目:After The BurialEvergreen





今年も当然クーポンを準備しています!投稿者全員に500円クーポン!そして抽選で1名に10000円クーポンではなく!!今年は2000円アップの12000円クーポンを1名にプレゼントしちゃいます!!!

下記のアンケート欄からあなたが選んだ最強の10枚を投稿してください!できればアルバムごとに一言添えてくださいね!





アンケート参加ありがとう!このブログでガンガン紹介していくから楽しみにしてて!そして自分も知らなかった名作に巡り合うことができるでしょう!マジで楽しみです!



あなたの周りも「アンケート開始したよ!」って教えてあげてくださいね!

アンケートの受付は12月31日まで!残り7日間です!
では!


河内野




追伸:
今回登場したバンドのグッズは下記をチェックしてね!



Rings Of Saturnのグッズはこちらをクリック
Born Of Osirisのグッズはこちらをクリック
Infant Annihilatorのグッズはこちらをクリック
Enterprise Earthのグッズはこちらをクリック
Whitechapelのグッズはこちらをクリック
Signs Of The Swarmのグッズはこちらをクリック
After The Burialのグッズはこちらをクリック

【19年まとめNo.2】19年度バンドマーチ、グッズの進化やトレンド!!俺的Top10バンドマーチ

goribis171123029

「ヒナまつり」最高ですよね!7SEEDSってのも面白んで良かったらぜひ!

っていうコメントをいただいた!その他にも数件コメントいただきました!ありがとう!早速昨晩7SEEDS見始めましたよ!すっかりはまってしまいました!続きが気になって仕事が手につかないくらいwww


2019年もあと15日といよいよ19年終わりへのカウントダウンが始まっている、ということで本日出社の一発目はMEGADETHの破滅へのカウントダウンでスタート!今回のまとめは、俺的バンドマーチのTop10を発表しましょう!




19年のバンドマーチのトレンドをまとめるとこんな感じかな、


・袖プリント
・メタリックロゴ
・デスバンドではないデスロゴ
・蛍光グリーン、オレンジ、ゴールドボディー
・アニメモチーフ
・90’s
・刺繍ロゴ
・ホワイトのパーカー
・ミニショルダーバッグ
・アウトライン

メタルやハードコアは昔から多かった袖プリントもオールジャンルで爆発的に増えてきたのは去年末あたりから今年にかけて、ロゴが機械的でメタリック、エナメルっぽいプリントで素材感を表現するマーチもよく見かけるようになった、前回のブログでも言ったけどデスバンドではないバンドがデスいロゴを使うようになったね、一番最近ではGideonのこのシャツとか!

Gideon

このシャツもだけど発色の良い蛍光色カラーも間違いなく今年のトレンドであった、中でも「グリーン」と「オレンジ」がほんとに増えてきたね、そして今年一気にレパートリーが増えたのは「ゴールドイエロー」かな、2.3年前からちょこちょこ増えてきたけど今年は多く発売されている、そして「アニメモチーフ」は昨日のブログでも言った通り、1年前はカタカナや漢字が急激に増えてけど「ジャパニメーション」デザインは今年からだね!多くの人気のストリートブランドがコラボしている影響だろう、「90’s」なデザインってのは近年ずっと人気、中でも90年代のハードコアを連想させるデザインなどはやはりそういったバンドが増えてきた影響もあるのだろう、90年代のニュースクールハードコアやヘヴィーロック、ニューメタル化のバンドが増えてきた影響からだと、そして「刺繍ロゴ」は18年もトレンドだったけど今年に入ってから特に増えてきたね、プリントとはまた違う質感も新鮮で魅力的だった、最近では立体のプリント、「パフプリント」ってのも生まれてきているから、パフプリントってのは19年のトレンドとなるかもしれない!汚れが気になる!!だが人気なのが「ホワイトパーカー」、定番といえばやはりブラックかグレーだったんだけどホワイトのパーカーの数もかなり増えてきたね!清潔感、ふんわり感、そしてブラックとの相性の良さ、今すぐに取り入れてください!そしてこれまた1年前から人気の「ミニショルダー」は19年一気に増えた、さらにデザインのレベルも上がって機能性もアップしてね、2020年の小物類は何が流行るのかとても気になるね、ストリートで爆発したボディーバックとかクルかもね!!!最後は「アウトライン」アウトラインで描いたバンドロゴといえばすぐに思いつくほど数多くのバンドのバンドロゴがアウトラインで描かれていたよね!それでは話を戻して個人的19年度マーチTOP10を発表していきましょう!



■19年度:河内野が選んだバンドマーチTOP10




10位:Deafheaven/デフヘヴン – SUNFLOWER ロングスリーブ
Deafheaven/デフヘヴン

逆に袖プリントの無いロングスリーブも減ってきたよねwwとにかくサンフラワー、ヒマワリのデザインの美しくアートな作品、バンドが好きってのもあるけど、数多く見てきたフラワーデザインの中でもNo.1バンドマーチと言われないとわからないほどにハイセンスな一枚だと!!僕が手に入れたのはつい先日なので着るのは来年になりそうだ!早く着用して撮影に出かけたい!




9位:Cruel Hand /クルーエル・ハンド – Skull & Roses プルオーバーパーカー

Cruel Hand /クルーエル・ハンド - Skull & Roses プルオーバーパーカー


つい先日神戸の撮影でも着用したオレンジのパーカーですね!


19年のバンドマーチのトレンドでもあるのオレンジボディーに有刺鉄線の絡んだCHロゴを胸に、バックにはローズとスカルが絡んだ独自なTATTOO調デザインが落とし込まれる、 デザインのレベルも高いさすがのCHマーチ、さらに驚いたのは生地感がトラックジャケットとパーカーの間のような生地感、ユーロでたまに見るボディーメーカーのAWDisのJust Hoodsという品番、80%ポリエステル、20%コットンと珍しい比率の生地、デザインも生地も最高!ブラックのアウターとの相性も抜群です!




8位:Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム – SignsHub Tシャツ
Signs of the Swarm

このデザインはとにかくインパクトがとてつもない!女性共は全く分からないと思うが世界中の野郎どもは御用達の大手アダルトサイトPornhub(ポーンハブ)をサンプリングした最狂デザイン!Signs of the Swarmは相変わらずサンプリングするチョイスが絶妙!Hypebeastの記事、「Pornhub が最も検索されたワードなどを集計した年間の総決算 “Years in Review” を発表」もなかなか興味深いねwww


最も検索されたワードの座に輝いたのは“アマチュア(素人)”。その他にも“Cosplay(コスプレ)”など、日本でも馴染みのあるワードが並ぶ。最も視聴されたカテゴリーは、なんと“Japanese”がトップを飾り、日本のポルノビデオが世界でも支持を集めていることが判明。2位に“レズビアン”、3位に再び“アマチュア”という結果となった。

HYPEBEAST参照




7位:Casa De Roc(Madball Hoya) / – NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)

Casa De Roc(Madball Hoya) / - NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)

Madballの巨漢ベース、HOYA「ホヤ」の手掛けるアパレルラインCasa De Rocのサイトでも発売されていた New York Hardcapsのソックス、Sick Of It All、BIOHAZARDのソックスは持っているんですが、待望のNYHCソックス発売ってことで速攻入手しましたね、コーデのアクセントになるソックスもやはりバンドマーチって最高じゃないですか!今年はパンツのロールアップも流行したからチラ見せさせるのもアリ!ヘビロテなので僕はもうワンセット保管しています!NYHC好きにはたまらないアイテムかと!




6位:Varials /バリアルズ – In Darkness プルオーバーパーカー
Varials /バリアルズ - In Darkness プルオーバーパーカー

来日の記憶も新しいVarialsですが、こちらのパーカー、とてつもなく発色の良いグリーンにVarialsらしいハイセンスなデザインが乗る最強パーカー、ど派手で合わしにくそうですが意外とどんなスタイルにもはまる、僕がここ最近愛用しているフィッシングベストとの相性も抜群!パイセンも一目ボレして着用してくれています!

VR1941915




5位:Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション – HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ

Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション - HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ

巷でも人気のUSオールドスクールデス!そんな中、全オールドデス好きを沸かせた新世代オールドデスの帝王Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーションの待望のグッズが今期に発売されたんですが、このロングスリーブがなかなか届かない!!!!そしてようやく先日入荷、もう見ているだけでもワクワクしてしまうデザイン!宇宙やSF などをテーマにするデスメタル Cosmic Deathバンドも多く登場していますがデザインにもそのコンセプト が活かされた作品!待望のニューアルバム「HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE」のアートワークである! グリーンのデスロゴに人知を超えた惑星で空を見上げるエイリアン、そしてアルバムタイトル、Rings of Saturn ともまた違う世界観、アルバムもかなり話題になっていますよね!




4位:AxCx /アナル・カント – Everybody Should Be Killed「皆殺しの唄」 ロングスリーブ

anal cunt

待望のAxCxの新作!とはいえ94年にドロップされた傑作1stアルバム、BURRN!のレビューで貴重な「0点」をたたき出した伝説の一枚!「Everyone Should Be Killed」のデザイン!!見つけたときの興奮は19年度N0.1!なぜか仲間周りで爆発的に売れた一枚!男性からの支持は圧倒的だが女性からの軽蔑する目線・・・・ドMにはたまらないかもね!袖に連発されたAxCxロゴがたまりません!既に着用しすぎて色落ちが始まっている・・・それくらい着用したアイテム!




3位:Bad Brains /バッド・ブレインズ – 40周年 QUILTED フリーザー・キルティングジャケット(ブラック)

Bad Brains /バッド・ブレインズ - 40周年

期間限定で発売したBad Brainsのキルティングジャケット、40周年というアニヴァーサリーなアイテムだけあってゴージャスなゴールドの刺繍とパッチとシンプルだけどバンドマーチではできなかったスタイリングが可能なキルティングジャケット、現時点の気温でもパーカーとこのジャケットのみでもポッカポカの機能性も抜群な一枚!ほしい人は教えてね!特別にお取り寄せします!このアイテムではないけど48時間限定で現在発売中のこのアイテムも激やばですよ!ストリートでも人気のサイドラインデザイン、これまたバンドマーチのレベルを軽く超えております!

Bad Brains /バッド・ブレインズ




2位:Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ – Ill Communication プルオーバーパーカー

Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ - Ill Communication

全米1位、300万枚を売り上げたモンスターアルバムILL COMMUNICATIONから早くも25年!25周年を記念しIll Communicationのアートワークを落とし込んだプルオーバーパーカー!ヒップホップとハードコアを融合した曲サボタージュは名曲中の名曲! アートワークにも描かれているフォントで両袖にプリント、ニューヨークハードコア好きもヒップホップ好きもミクスチャー好きも一家に一枚的な伝説的デザインだと!大好きなフォトデザイン、袖デザインもお気に入りの一枚!

ore10005




1位:Gorilla Biscuits / ゴリラ・ビスケッツ – New Direction BMX ロングスリーブ

Gorilla Biscuits / ゴリラビスケッツ

1位はゴリビスの限定マーチ、ブラックにブルー選びきれませんでした!ブルーは8時間限定にも関わらず多くのお手続きをいただきましたがその後の再入荷のリクエストはエグいくら位に多かった一枚!手に入れられた人はマジラッキーですよね!ありえないくらいのゴージャスなプリント、けっしてオシャレとは言えないプリントwwwBMXやモトクロスのジャージー風に仕上げたレトロでド派手なデザインに殺られちゃいました!

ブラックヴァージョンは手元にありまだ入手できるんですが残り僅かなのでこの機会を絶対に見逃さないでくださいね!※ブラックバージョンはこちらからご購入を!




10位:Deafheaven/デフヘヴン – SUNFLOWER ロングスリーブ
9位:Cruel Hand /クルーエル・ハンド – Skull & Roses プルオーバーパーカー
8位:Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム – SignsHub Tシャツ
7位:Casa De Roc(Madball Hoya) / – NYHC cross ソックス・靴下(2足セット)
6位:Varials /バリアルズ – In Darkness プルオーバーパーカー
5位:Blood Incantation / ブラッド・ インカンテーション – HHOTHR ロングスリーブ・長袖シャツ
4位:AxCx /アナル・カント – Everybody Should Be Killed「皆殺しの唄」 ロングスリーブ
3位:Bad Brains /バッド・ブレインズ – 40周年 QUILTED フリーザー・キルティングジャケット(ブラック)
2位:Beastie Boys /ビースティー・ボーイズ – Ill Communication プルオーバーパーカー
1位:Gorilla Biscuits / ゴリラ・ビスケッツ – New Direction BMX ロングスリーブ



という結果となりました!あくまで個人的なランキング、販売数ランキングとは比例していないですが激やばアイテムばかりでしょ?これ以外にもイケてるアイテムは数えきれないほど、19年度も確実にデザインのレベル、レパートリーの幅も増えている、2020年もさらにレベルがアップしたハイセンスなマーチが発売されることでしょう!


来週中には「2019年度最強の10枚」もスタートする予定だから準備しといてくださいね!!!

僕は今のところ8枚決定しています、あと2枚が選びきれていない・・・・・19年もマジ名作だらけだよね!

18年度の10枚は下記をクリックしてチェックしてみてください!








追伸:

先日アップしたDisembodiedの反応が薄いのはなぜなんだろう!今、活躍しているハードコアバンドに多大な影響を与え続けているバンドなのに・・・・

Disembodied / ディセンボディード

ミネアポリス産レジェンド!ブルータル・メタリック・イーヴォー・90’s・ニュースクールハードコア、現行のトレンドでもあるドロドロとした暗黒なメタリックハードコアバンドにも多大な影響を与えている、Disembodiedは先日オフィシャルディスコグラフィー、3枚組のLPがGood Fight Musicから発売し今世界的に再熱しているレジェンドでありんす!!

【2019年10月部門】の見逃せないパンク~ハードコア~デス、重要リリース情報!「名作の予感」

10月リリース

定期的に同じこと言ってんですがPure Noise Recordsやばくない?!


何がやばいって、移籍の嵐!!先日は予想外のBelmont / ベルモントPNへ!ポップパンクの中でも無二なサウンド、予想外の展開やドラムの手数、メロディーライン、大好きなバンドなんですがBelmontがPNね!音源も楽しみだね!

そしてこちらも予想外のTake Offense/テイク・オフェンスまでもが、PNへ移籍!!クロスオーバーサウンドと現行のハードコアを絶妙なラインでミックスさせたハードコアバンド、Take Offenseだよ!!TERRORとも仲の良いバンドだからね、おなじPNだからツアーも一緒に回るだろうね!さらにTake Offenseは早くも10月16日にアルバムリリースとうれしいニュースが続く!80’sスラッシーかつほんのりとサイケなアートワークもたまりません!


Take Offense/テイク・オフェンス



Take Offenseも含め10月のリリースもヤバめ!多くのバンドのリリースが控えておるのだ!!!ということで今回は早速ですが、忙しいあなたのために10月のヤッベー、リリース情報をアップしていきます!ビビっと来る音源が一枚でも見つかれば最高だね!!





Fire From The Gods – 「American Sun」

10/3リリース予定
Fire From The Gods - 「American Sun」


USオースティン産Rise Records所属のメタルコア・バンド!かなり歌い上げている!黒人ボーカルならではのリズム感の良さ歌のうまさ、グルーヴ、今作もバラエティーに富んだ作品になるのだろうか?とても楽しみな一枚である!






Kublai Khan -「Absolute」

10/4 リリース予定
Kublai Khan「Absolute」

USはテキサス産Rise Records所属のダウンチューンブルータルモッシュメタルコア、うねりあるヘヴィーなリフはまさに聞いている自分が強くなったかのような錯覚を覚える!






Lagwagon -「Railer」

10/4 リリース予定
Lagwagon「Railer」 (Fat Wreck)

老若男女大好きなメロディックハードコアLagwagonの待望の新作!!!アルバムのアートワークでまず期待させられるよね!そして公開された2曲も最高!全人類必須の一枚だ!






The Menzingers -「Hello Exile」

10/4 リリース予定

The Menzingers -「Hello Exile」

Lagwagonの新譜並みに楽しみな一枚!フィラデルフィア産のダンディズムすら感じる大人の渋さ哀愁を感じさせるパンクロックサウンド、この季節にもぴったり、ヒマな夜は用もなく車に乗り込んでこの「Hello Exile」をBGMに!どのアルバムも定期的に聴きたくなる、飽きのこない数少ないバンド、期待値は相当高まっています!






Spite -「The Root of All Evil」

10/04リリース予定

Spite -「The Root of All Evil」

カリフォルニア産Stay Sick Recordings所属のヘヴィダウンテンポが特徴のデスコアバンド、落としまくる極悪なモッシュパートは新作でも健在か?







The Devil Wears Prada -「The Act」

10/09リリース予定

The Devil Wears Prada -「The Act」

進化を続けるTDWP、「Transit Blues」から3年も経ってるんだね、現在進行形のポスト・ハードコアを知りたいならやはりTDWPである!新曲を聴く限りでもさらに空間的な広がりを見せる、今作も玄人向けな作品になるのか?ジャケットデザインは初期を連想させるけどね!






Toothgrinder -「I AM」

10/09リリース予定

Toothgrinder -「I AM」

ニュージャージー産Spinefarm Records所属、プログレッシヴ・メタルコアと言われているもののUSの骨太なヘヴィーロックも感じさせるToothgrinderであるが、新曲も路線は変わらず、TraptやTraust Co.な唄もののヘヴィーロックにプログレ要素をほんのりと添えました的な聴きやすく耳に残るサウンド!






Gideon -「Out Of Control」
10/09リリース予定

Gideon -「Out Of Control」

CRYSTAL LAKEとの来日ツアーで知った人も多い?個人的にはFacedown時代から大好きなバンドはEqual Vision Recordsへ移籍しCOLDを17年に発売、そして19年待望の新作がもうすぐ発売!
新曲でもウルトラヘヴィーでダウンテンポハードコア好きから叙情派メタルコア好きまで納得の作品になること間違いなしだね!






Thousand Below -「Gone In Your Wake」

10/9リリース予定
Thousand Below -「Gone In Your Wake」

サンディエゴ産Rise Records所属、名作だった前作「the love you let too close」を超えることができるのか?メロディアスかつエモーショナルなポストハードコアバンド、新曲聴く限りではまたしても名作が生まれてしまう予感がするね!ポスコア好きから叙情派好きまでお勧めしたい!






I Declare War -「Downcast」

10/16リリース予定
I Declare War -「Downcast」

シアトル産、今作も自主リリースかな?songs for the sickから3年が経過し待望の新譜がもうすぐ発売!!新曲は攻めまくりのブルータルなデスコアサウンド、ズッシリと臓器にまで響くダウンチューンサウンド、ジャケットのデザインからも醸し出されているやばさ、期待せざるを得ない!






Refused -「War Music」

10/16リリース予定
Refused -「War Music」

スウェーディッシュハードコアレジェンドRefused!!まだまだ記憶に新しいFREEDOMからもう4年もたつのね!新譜はSpinefarm Recordsから!新曲もリリックもパンキッシュでロッケンローな要素強めのオリジナルなサウンド、ETIDとか好きなら気に入ると思うんだが、前作同様に少し玄人向けなのかな?






Mayhem -「Daemon」

10/18リリース予定
Mayhem -「Daemon」

ノルウェーのブラック・メタルレジェンドCentury Media所属のMayhemの新譜は5年ぶり!厳格すぎるアルバムのアートワーク、ストレートなブラックメタルサウンド!前作が傑作だったのでかなり期待してます!






Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

10/11リリース予定

Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

アメリカ/ペンシルヴァニア産Unique Leader Records所属のブルータルデスコア!2年ぶりのニューアルバム、Vital Deprivation!!妖艶度数アップなアルバムアートワーク、新曲も安定のブルタリティー、エグイシャウトは健在、1曲しか聴いてないけどもう名作に決定ですwww






Rings of Saturn – 「Gidim」

10/18リリース予定
Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

変態テック宇宙デスwwRings of Saturnの待望の新譜!新曲も超絶変態的、テクニカル要素もパワーアップか!アートワークもぶっ飛んでる!マーチもヤバイんでお楽しみにwww






SLOW CRUSH -「EASE」

10/21リリース予定

SLOW CRUSH -「EASE」

ベルギー産Holy Roar所属のシューゲイズ・バンドSLOW CRUSH!!高純度シューゲイズサウンド!ポジではあまり人気のジャンルではないけど、前作はDeafheaven等も手がけるJack Shirleyがミックスを担当ということで知ったバンド、ぜひシューゲイズの世界へ!






Norma Jean -「ALL HAIL Mirror」 

10/23リリース予定
Norma Jean -「ALL HAIL Mirror」 

Solid State所属カオティックマスコアNorma Jeanもつねに深化しています!今作も一筋縄ではいかないサウンドを聴かせてくれるのか?エモーショナルな部分は控えてカオティックなブチ切れパートが増えていてくれれば・・・・個人的な好みなんですけどね。






Violent New Breed -「Bad Reputation」

10/23リリース予定

Violent New Breed -「Bad Reputation」

SBG Records所属、元Escape The FateのメンバーMax GreenによるバンドViolent New Breedの音源がいよいよ!ADEMAなどを感じさせるほんのりとデジタル、インダストリアル感あるヘヴィーロックサウンド、ハワードさんも参加のBury Meは名曲決定ですね!






Fit For An Autopsy -「The Sea Of Tragic Beasts」

10/25 リリース予定

 Fit For An Autopsy「The Sea Of Tragic Beasts」

USはニュージャージー産Nuclear Blast所属のデスコアFit For An Autopsy!!!ドン引きしてしまうくらいに新曲がヤバインだが!シンフォニックに歌い上げるサビ、クリーンを無理やり取り入れたバンドとは比にならない自然な流れでの極上のサビ、ブルータルな中に悲しみのフレーズを散りばめ極上な1曲に仕上がっているThe Sea of Tragic Beasts、これはマジやばいYO!






Secret Eyes -「HOLDING ON」

10/30リリース予定

Secret Eyes  -「HOLDING ON」

ペンシルバニア,ピッツバーグ産、inVogue Records所属ポストハードコアSecret Eyes!前作から4年ぶりとなる新譜Holding Onが10月のラストに!ハイトーンのボーカル、透明感、そして何より記憶に残るメロディの良さがずば抜けているバンド、長年付き合える一枚になるであろう新譜!早く聴きたい!!!






Counterparts -「Nothing Left To Love」

10/30リリース予定Counterparts -「Nothing Left To Love」

みんな大好きカウンターパーツ!待望のニューアルバム「Nothing Left To Love」来日も迫ってきたね!2曲新曲が公開されているけど、僕はWings of Nightmaresは思わず泣いちゃったね!

なんてエモーショナルでドラマチックな楽曲なんだ!今のところ前作を越えてきそうな予感がするんだけどどう?待ちきれない新譜No.1作品!やはり現行の叙情派代表ですな!






これでもほんの一部、好みのアルバム、バンド、サウンドは見つかったかな?かなり幅広いジャンルとはなるけど、一つでもビビっときたバンドがいたらうれしいな!リリースラッシュは永遠と続きますね、11月もヤバイリリースが控えているんでまた10月に紹介するね!そうだJimmy Eat WorldやDeez Nutsの新譜も10月だよね!忘れてた・・・・・

では!
10月もシクヨロで~す!!11月の新譜紹介は10月末あたりにまたお会いしましょう!

河内野

【2019年9月部門】の見逃せないパンク~ハードコア~デス、リリース情報!「このアルバムのリリース忘れてない?」



早速ですが、音源チェックできてる?忙しいあなたのために9月のヤッベー、リリース情報をアップしていきます!ビビっと来る音源が一枚でも見つかればうれしいね!!




Senses Fail – From The Depth Of Dreams「9/6リリース予定」
Senses Fail - From The Depth Of Dreams


スクリーモバンドSenses Failが2002年にドロップされたデビューEP「From the Depths of Dreams」の再録音源がを9月6日にPure Noise Recordsからリリース!!昔の音源と聴き比べるのも良いよね!初期を知らない若者に向けての再録らしいけど今聴いてもやはり曲が良く古さを感じさせない!




Downfall – Dead To Me「9/6リリース予定」
Downfall - Dead To Me 


ヒップホップのアーティストではございません!ジャケに騙されないように!リッチモンド・バージニアを拠点とするハードコア・バンド、MadballやDeath Threatといったクラシカルなハードコアサウンドを現代的に昇華させたハードコアサウンドはハードコアシーンでも話題のバンド!何のギミックもないピュアなストリートハードコア好きなら間違いないっす!以後、Downfallをお見知りおきを!




Infant Annihilator– The Battle of Yaldabaoth「9/6リリース予定」
Infant Annihilator - The Battle of Yaldabaoth


テクニカルデス・タマキンコア・バンドInfant Annihilatorのニューアルバム「The Battle of Yaldabaoth」も9月前半にリリース!テクニカルなマリオブラザーズみたいな新曲最高っす!アーロンパイセンの激太りもサウンドのパワーアップと同時に増加中の最高なタマキンサウンド!アルバム楽しみ~!




Visceral Disgorge – Slithering Evisecration「9/6リリース予定」

Visceral Disgorge - Slithering Evisecration

USはバルチモア産ブルータル・デス!!相変わらずの極悪でブルータルでテクニカルな救いようのない新曲、ニューアルバム「Slithering Evisecration」も期待できるね!今作もしっかりスラム、ビートダウンパートがふんだんにあればうれしいのだが!




Microwave – Death Is A Warm「9/11リリース予定」

Microwave - Death Is A Warm

アトランタ産Pure Noise所属の4人組オルタナティブロックバンドMicrowaveのニューアルバム!Usインディーロックをルーツと感じられるサウンドを少しモダン化したような、エモともいえるしオルタナ寄りのポップパンク好きにもおすすめしたい、前作Stovallから好きになったバンド!Pure Noiseってことで期待度も上がりますが期待に副えるアルバムになるかと!




War Of Ages – Void「9/13リリース予定」
War Of Ages - Void

みんな大好き(多分)Facedown RecordsWar Of Agesの新譜ももうすぐ発売!プログレッシブ度数が増したサウンドは初期ファンからは少し違和感あるかも、にしても毎回この完成度!War Of Agesすごいっす!ABR好きも絶対気に入るね!今年のメタルコア部門だとTop3に入ってきそうな予感がする!




And Hell Followed With – Chimerical Reality「9/13リリース予定」
And Hell Followed With - Chimerical Reality

あれまだやってたの?解散してなかったっけ?前作は2010年、9年の時が立ち放たれた新曲はシンフォニック度数、メロデス度数が増したミシガン州デトロイト産ブルータルデスコア!And Hell Followed With!!琴線に触れる叙情的なサビのギターのメロディーは鳥肌もん!復活おめでとう!てか皆、このバンド覚えてるかな?




Harborlights – Isolation Ritual「9/13リリース予定」
Harborlights - Isolation Ritual

MAはノースショア産のポストロック、ヘヴィーでミドルなダイナミックサウンドに繊細なメロディー、美しく心に残るボーカル、ダークな映画を見ているかのような情景が浮かぶサウンドにドはまりすること間違いなし!




Cult Of Luna – A Dawn to Fear「9/13リリース予定」
Cult Of Luna - A Dawn to Fear

スウェーデンを代表するポスト・メタル・バンド通算8作目になるのかな、ベテランですね!Neurosis、ISIS、好きはご存じのバンドですが、日本ではいかんせん知名度が低い!!!ドゥーム、スラッジ、シューゲイズ、前衛的で聴くものを選ぶサウンドですが、ハマると抜け出せない魅力があります!この新曲も10分を超える大作、クライマックスの盛り上がりは鳥肌物!




Murder Made God – Endless Return「9/13リリース予定」
Murder Made God - Endless Return

ギリシャ産ブルータルデス、Murder Made God!!信頼と安心のUnique Leaderからということでレベルの高いテクニカルなブルデスを奏でる!何のギミックもなく猪突猛進するストレートなブルータルサウンドは潔い!




Tweens – INCOMPLETE「9/16リリース予定」

TWEENS - INCOMPLETE


オハイオ州シンシナティ産のガレージパンクバンドTWEENS!レトロなパンク、ポップンロールサウンドがシャレオツでセンスを感じさせる!今作も話題になること間違いなし!一部でだけど・・・




Renounced – BEAUTY IS A DESTRUCTIVE ANGEL「9/23リリース予定」
RENOUNCED "BEAUTY IS A DESTRUCTIVE ANGEL

個人的に楽しみすぎるRenouncedのニューアルバムはまさかのHoly Roarから!00年代の叙情派ニュースクール、叙情派メタルコアなサウンドは当時にどっぷりとはまった記憶をよみがえらす、初期のMisery Signals感も強いよね、とても楽しみである!




Frecuencia De Muerte – DEATH FREQUENCY「9/23リリース予定」

FRECUENCIA DE MUERTE  - DEATH FREQUENCY




Dayseeker – Sleeptalk「9/25リリース予定」

Dayseeker - Sleeptalk

USはカリフォルニア産のポストハードコアバンド、4枚目となるアルバム「Sleeptalk」がA Spinefarm Recordsからリリース、さらにスケール感を増した、ドラマチックな新曲にヤラれちゃった人も多いはず!メタルコア度数はかなり減っていきそうな予感!!




Of Mice & Men – EARTH AND SKY「9/25リリース予定」
Of Mice & Men - EARTHANDSKY

Rise産メタルコア、Of Mice & Men説明不要のここ日本でも人気のバンド、6枚目となるニューアルバム「EARTH AND SKY」が9月後半に発売!




The Early November – Lilac「9/25リリース予定」

The Early November - Lilac


USはニュージャージー産エモバンド、2年ぶりのニューアルバムLilacはRise Recordsから、Drive Thru Records時代から10年以上も経過してるんだね、ついこないだのようだ、当時のティーン的なエモではなくアートワークからも感じさせる熟したアダルティーなエモサウンドのこの新曲は染みます!




Creeping Death – Wretched Illusions「9/25リリース予定」

Creeping Death - Wretched Illusions

テキサス産のCreeping DeathがついにeOneからデビューアルバム「Wretched Illusions」を発表!!デスメタリックハードコアサウンド、デスメタル、ハードコア、両サイドのファンからも支持を受ける注目のCreeping Death!アートワークも最近引っ張りだこなWretched Illusionsと期待が高まる一枚!




SeeYouSpaceCowboy – The Correlation Between Entrance and Exit Wounds「9/25リリース予定」

SeeYouSpaceCowboy -     The Correlation Between Entrance and Exit Wounds


カリフォルニア産Pure Noiseからの編集版アルバムも話題になったカオティックハードコアバンド SeeYouSpaceCowboyのフルレングスがついに!!ライブパフォーマンスとサウンド共にブチギレているが編集版よりもまとまった感が新曲では感じられる、Veinなどが出てきたときと同じくらいの衝撃だと、このアルバムでブレイク必須!




Toxic Holocaust – Primal Future「9/27リリース予定」
Toxic Holocaust - Primal Future

新世代スラッシュ・メタルの雄Toxic Holocaustから6年ぶり、ボッチスラッシュからバンド編成になってパワーアップして帰ってきた!!といってもRECはボッチで担当wwジャケットデザインとともに良い意味のダサさが戻ってきたように感じる早くフルで聴きたいね!




Issues – Beautiful Oblivion「9/30リリース予定」
Issues - Beautiful Oblivion

R&B要素をいち早く取り入れたメタルコア、ポストハードコアISSUES、期待高まる3作目となる新譜Beautiful Oblivionは9月の終わりに発売!待ちに待ったファンも多いはず!スクリーム担当のMichaelが脱退し心配していたが新曲の完成度が良曲だったんで安心です!







メタルコアの帝王 As I Lay Dyingのニュー・アルバム「Shaped By Fire」も9月中に発売、とても重要なアルバムですね!



これでもほんの一部、好みのアルバム、バンド、サウンドは見つかったかな?かなり幅広いジャンルとはなるけど、一つでもビビっときたバンドがいたらうれしいな!リリースラッシュは永遠と続きますね、10月もヤバイリリースが控えているんでまた10月に紹介するね!


一部でプチ炎上しているDeez Nutsのニューアルバムは10月、MVのようなポップな曲が増えるのか?とても気になる一枚、そんなDeez Nutsも2020年の初頭に来日するかも?そんな噂が立っていますよ!!!


では!
9月もシクヨロで~す!!


河内野

「日本アニメ」と「バンドTシャツ」と時々「Deez Nuts」の話・・・

LWEDDIE19750791

ほんのり朝晩は涼しくなってきたね!とはいっても当分は30℃越え、先日着弾したGorilla Biscuitsのユーロ限定のロングスリーブシャツ着用して撮影に行きたいんだけどね!当分先のようだ、30℃は越えるもこちら京都はずっと雨、梅雨が戻ってきたかのような天気が続く、朝目覚めて雨だとテンション上がらない、布団から出る気もしない・・・



眠たい目をこすりながら毎朝の日課でもある動画チェックと面白ネタがないかのニュースやSNSをチェック、多くの人がインスタのストーリーに挙げていたのはニコちゃんマークのイエローが印象的な、Deez Nuts/ディーズナッツの新曲に関して・・・早速見てみよう!

キャッチーな曲は以前からあったけど、この突き抜けたポップ感はなんだ!?これはDeez Nutsか?と一瞬疑ってしまった。コメント欄を見ると

・これはSmash Mouthか?
・彼らはstay true(DNの曲)に耳を傾けるべきだ!
・Deez 182
・これはキッズたちにアピールしようとする典型的な例。
・くらいついてみたけど・・・WTF!!!彼らに何が起こった?
・Sum Nuts41・・・
・ポップパンクモードのDeez Nuts!



皮肉を交えたコメントが多いも高評価に対して低評価は半分といったところ、ちょっと多いね、僕が感じたのはYour DemiseのThese Lightsみたい!!当時の反応も似ているような!



Deez 182よりかはSum Nuts41のほうがしっくりくるようなwww・・・僕の本音を言うと

嫌いじゃない!むしろ好き!

これはこれでめっちゃ良くない?ハードコア色はだいぶ落ちたけど、発売されるアルバムすべてがこんな曲になるわけもないだろうし、ジャケットはポップなんですけどね・・・

Deez Nuts

Your Demiseが一気に知名度を上げたのもThese Lightsとかその辺ですよね、ということでDeez Nutsがさらにブレイクする可能性も・・・・無きにしもあらず、これは彼らのマーケティングなのかもしれないだとしたらさすがっす!アルバムがますます楽しみになってきたね!

今朝の一番の衝撃がこのDeez Nutsの新曲なんだけど、毎日毎日新しい音源、MVが公開されるから朝はテンションが上がるね!その他の朝の日課としてはネットフリックスでアニメを一話見る!ここ最近のお気に入りは、先日もちょろっとブログに登場したジャンプ的展開がたまらない「鬼滅の刃」、洋風で少しオシャレな「キャノン・バスターズ」消防士のアニメと思いきやバトル満載のヒーローもの?「炎炎ノ消防隊」、科学の勉強にもなるこれまたジャンプ的な展開が分かりやすく最高な「Dr.STONE」と、どれかを1話見てから出勤という形。


アニメなんかはここ最近見なかったんですが、ネットフリックスに入会してからというものついつい見てしまう、1話25分程度っていうお手軽さも良いんだよね!映画だと「今から見るぞ!」そう気合い入れないといけないし、そのおかげで見たい映画のリストがたまるたまる、こうやって一生見ることない映画が増えていくのだろうwww



そんなアニメなんだけど、意外とバンドマーチとも関連性があるんですよね!そうです、100%アニメ会社の許可は得ていないであろう、アニメキャラをサンプリングしたデザイン!今ポジティブダイブサイトのトップのバナーになっているこのアイテムも、

Alpha Wolf / アルファ・ウルフ – Tears Tシャツ(ピンク)

Alpha Wolf / アルファ・ウルフ
今月の末に来日するオージーはメルボルン産、SharpTone Records所属のメタルコアバンド、メンバーがオシャレなバンドとしてもおなじみだよね、そんなAlpha Wolf / アルファ・ウルフから発売されたこのデザイン、もろに日本のアニメ、漫画のキャラですよね、元ネタがわからないんですが、わかる人いる?ぜひ教えてください!





続いてもピンクのボディーにアニメキャラが!

Kaonashi / カオナシ – So For Me… Tシャツ(ピンク)

Kaonashi / カオナシ

USはフィラデルフィア産、Unbeaten Records所属、某アニメのキャラクター名をバンド名にしたプログコア、ハードコア、ヘヴィーロック、叙情的要素も取り入れた無二のサウンドで一部話題のKaonashi / カオナシの萌えシャツ!!バンド名から日本愛を感じれるバンド、こちらも元ネタがわからないんで、誰か教えて!!!!





こちらは少し前の作品、一部で話題になったよね!!みての通りAKIRAである!

World Of Pain / ワールド・オブ・ペイン – Akira ロングスリーブシャツ

World Of Pain / ワールド・オブ・ペイン
カリフォルニア産ブルータル・メタリック・極悪ハードコアバンド、来日経験もあり ここ日本でも人気のWorld Of Pain / ワールド・オブ・ペイングッズ、彼らのサンプリングはマジでセンスが良いです、エイリアンやHipjopアーティストなど多彩!でもやはりこのアキラデザインはやられちゃった人が多いかと!




洋物にはなるけど、サウスパークサンプリングは今までにも数回見たかな人気だね!

Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム – Swarm Park Tシャツ

Signs of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワーム

ペンシルバニア州ピッツバーグ産UNIQUE LEADER所属、ブルータル・デス/デスコア・バンドSigns of the Swarm / サインズ・オブ・ザ・スワームの新作マーチ、メンバーがサウスパーク風に!サウンドと相反するこの可愛さに虜になります!アルバム楽しみ!




あまりの人気で即売り切れたドラゴンボールのキャラデザイン!

Rings of Saturn/リング・オブ・サターン – Legendary Warriors Tシャツ

Rings of Saturn / リング・オブ・サターン - Legendary Warriors Tシャツ(ブラック)

テクニカル・宇宙・デスメタル!宇宙がテーマの謎の世界観が炸裂したUSカリフォルニアのテクニカル・デスコア・バンド Rings of Saturn / リング・オブ・サターンの変態グッズ!ドラゴンボール超でもおなじみの破壊神ビルスVSポケモンのミューツーのマッシュアップデザイン!




アニメのデザインのサンプリング?そんなのだせーよ!

と、お思いのあなたは遅れている!僕的にはようやくアニメデザインのトレンドがバンドマーチでも始まったか!って感じ!大手ブランドもサンプリングではないけどコラボしまくっています!HuFにX-LargeにKITH、アディダス、offshore、A BATHING APE®、YOHJI YAMAMOTO、R4G、glamb、Supremeからヴィトンやバレンシアガなどなど、きりがないほど、近年はやはりドラゴンボールコラボが目立つね、日本人がディズニーやアメコミのTシャツを好んで着るのと同じような感覚なんでしょうね!東京を拠点にするファッションブランド「F-LAGSTUF-F」から発売されたタオパイパイのスウィングトップは本気で買おうかと悩んだ一枚!前面にキャラを出すのも、このアイテムのようなシンプルなのもアリですね!オシャレでしょ?


今後は確実に増えていくだろう日本のアニメや漫画のキャラクターデザインをサンプリングするバンドマーチ!頭の片隅にもおいといてください!



では!

河内野









追伸:

The Plot In You

ジャパニメーションではないんだけど、1987年にビクター音楽産業から発売されたロールプレイングゲーム「死霊戦線」のデザインをサンプリングしたJesus Piece / ジーザス・ピース – Lust For Blood Tシャツもイケてますよね!バンドロゴもしっかりサンプリングしています!


コアすぎて誰も気づかないんですけどねwww

Jesus Piece / ジーザス・ピース