【18年-年間ベスト】「トトさん」が選んだ「最強な10枚」【No.11】

ORE181221002

2018年も残すところ9日12月も20時かを超えると一気にクリスマス色が強くなってきたね!今年も何事もなかったかのようにクリスマス、クリスマスイブを過ごすのだろうか、ここにきて奇跡は起こらないだろうか?起こるはずもない!!!僕には最強の音楽、最強の10枚があるからクリスマスなんて忙しくて・・・・と保険をかけておくwww



ということで今日はブログ喜怒音楽 -きど”おと”らく-でおなじみのトトさんによる「最強の10枚」をチェックして行こう!!



ore10005

ore10006



Ailiph Doepa『OXYGEN』

1枚目:Ailiph Doepa『OXYGEN』

耳から取り入れる”酸素”
やっぱり1枚でこんなに多様性のある楽曲をぶち込めるのは日本のバンドならでは。











Bad Wolves『Disobey』

2枚目:Bad Wolves『Disobey』

ハイキャリアのメンバーから為るスーパーバンド。


The Cranberriesの”Zombie”カバーは2億再生目前!



トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Bad Wolves『Disobey』ハイキャリアなメンバーから成るバンドのデビュー盤!










Dance! No Thanks『Bright Lights - EP』

3枚目:Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』

イタリアのPOP PUNK4年ぶりの新譜。CNCCのBertがゲスト参加してる曲もあり、POP PUNKリスナーはマストチェックなバンドです。



トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』4年ぶりの新EP!










Day Seeker Dreaming Is Sinking /// Waking Is Rising (Reimagined)

4枚目:Day Seeker『Dreaming Is Sinking /// Waking Is Rising (Reimagined) – EP』

昨年リリースしたアルバムのReimaginedという名のPiano ver的EP。Linkin Parkの”Crawling”カバーは胸熱。










ERRA『Neon』

5枚目:ERRA『Neon』

Crystal Lake主催TRUE NORTH FESで来日。


音源再現レベルのクリーンボーカルは圧巻でした…














From Ashes To New『The Future』

6枚目:From Ashes To New『The Future』

全盛期のニューメタルを彷彿とさせる現代バンドはBackWordz、Sylar、そしてFrom Ashes To Newの3強。1stからスクリームボーカル変わりましたが、2作目も良盤です。

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
From Ashes To New『The Future』若手ニューメタル筆頭バンド2枚目の作品









IIVU『NECTAR - EP』

7枚目:IIVU『NECTAR – EP』

流行りのシティポップとR&B色を掛け合わせたようなお洒落サウンド。



R&Bロックの流れが日本のアングラシーンに徐々にキていますが、その中でもイチオシ。











Main Line 10『Better Together』

8枚目:Main Line 10 『Better Together』


スペインのパンクバンド。

待望の国内盤には前作EP曲全部入り、Rise Aganist、Linkin Park、Xmasソング”Not Without You”のカバー曲入りと大盤振る舞い











Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』

9枚目:Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』

harpTone Recordsからの新星EASYCORE。For The WinやSink The Ship、Abandoned By Bearsあたりのヘヴィさ重視のEASYCORE好きならきっとハマる!

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
Settle Your Scores『Better Luck Tomorrow』









WSTR『Identity Crisis』

10枚目:WSTR『Identity Crisis』

今年Hopeless Recordsと契約したバンド2枚目の新譜。悪ガキ声のボーカルに、陽性サウンドばかりを収録した明るく楽しい1枚は今年の隠れた良盤。

トトさんによるレヴューブログ↓↓↓
WSTR『Identity Crisis』明るく楽しく王道POP PUNKを鳴らす2枚目!













ore10007

Dance! No Thanks『Bright Lights – EP』

Dance! No Thanks『Bright Lights - EP』









ore10008

Ice Nine Kills”IT Is The End”

ホラー映画『IT』を歌ったシアトリカル+ポスコア!ここにLess Than Jakeのホーン隊がゲスト参加し、スカ要素も加え、賑やかだけどダークな世界観は最高です。









ore10009

Attila”Pizza”









ore10010

We Were Sharks『Lost Touch』

We Were Sharks『Lost Touch』









ore10011

11月にポジに投稿したコーデに、お気に入りが全て入っていますw

ありがとうございます(^_-)-☆!!









今年の10枚は良盤、広く知って欲しいバンド(アルバム)を挙げました。(最強の10枚ではなくすいませんw) 最強の10枚は年末にブログで書きますんで、是非チェックを!”

トトさん、最高10枚ありがとう!

全く知らなかった、Ailiph Doepa『OXYGEN』、IIVU『NECTAR – EP』、そして一番の気に入りはMain Line 10『Better Together』でした!高速メロディック最強です!そしてDay SeekerのCrawling感動しました!見事最強の1枚にえらばれたDance! No ThanksのBright Lights、寒い今こそ陽なポップパンクが染みますね(^^♪!


トトさんのブログで近日発表される「最強の10枚」もチェックだね!!!!
喜怒音楽 -きど"おと"らく-




引き続きあなたからの2018年度「最強な10枚」募集中です!




【トラップメタル?】メタルやメタルコアとヒップホップの架け橋?次にブレイクするジャンル?

BL18827001

お盆も終わり夏の後半戦が始まった、とはいえ9月中はこの暑さが続くようだね!バンドTシャツがいつまでも着用できるのかと思うと嬉しいのだが、コーデが楽しくなる秋の訪れも楽しみである。


楽しみなのは大好きなバンドのニューアルバムの発売、何度も言っているTERRORの新譜、そしてひそかに楽しみなSylarのニューアルバム、「Seasons」は10月の発売、新曲All Or Nothingに続きNo Wayも公開された。

サウンドも洗練され、この作品でブレイクする可能性も高い気がする16年あたりからニューメタルコアなる新たなサウンドを奏でるバンドが次々と現れてきているが、個人的に好きなのはDarke Complex、そして来日中のOcean Grove

メタルコア、メタルからラップへのアプローチは何度も見てきたんだが、本格的なラッパーからメタルをクロスオーバーさせる流れが今きまくっているよね!それというと、ヒップホップで今主流なトラップミュージックってのがあるの、


重低音を強調したビートに、スネアドラムの連続音や、派手な電子音を加える中毒性の高いスタイルが一般的

Wiki参照

そんなトラップミュージックとメタルを組み合わせた代表的なアーティストとといえばロンドン在住のSCARLXRD(スカー藩主)、スカーロードと呼ぶ。

ナルトに出てくるカカシ先生のような姿、音割れ寸前のようなキックの低温が心地よく、いわゆる僕らでいうゴリゴリなサウンド、そこに怪しい、カオスな電子音、そしてスクリームが絡む、ヘヴィーミュージック好きなら何かを感じ取れるだろう!そしてなんとSCARLXRDはラップを始める前はなんとニューメタルバンドのMyth Cityのボーカルをしていたそう。

普通にかっこいい!!というか音源がほしくなるレベル、ラップのスキルが高いため、チャラさもなく本格的、なラップコアバンドである。


そんなトラップメタルをもっと掘り下げたいなら下記の動画で好みのアーティストを探してみては?

ラッパーからのメタルへの歩み、これはすごいことなんじゃないかな、数年前からラッパーのマーチでよくデスロゴを見かけていたんだけど、その理由もこのトラップメタルにあるのではないかと、このトラップメタルがきっかけでもっともっとメタルへ歩み寄ってくれれば最高なんだけどね!

そういえばぼくたちが大好きなAttilaのキ〇ガイボーカル(誉め言葉)、Fronzは早速その流れを組み込んだプロジェクトをスタートさせたよね!それがBone Crew

さすが先を行く男、Fronz、サウンドは文句なしにイケている、ブレイクダウンもしっかりあるし、ラップのアルバムを発売するだけあってFronzのスキルは間違いなし、

メタルコア、デスコア寄りから生れたトラップメタルコンビだけあってビシビシと五臓六腑に染みてくるサウンドだ!

今後、こういったバンドが確実に増えていくであろう、という確信をもたらしてくれたのがこのBone Crew、注目しておいたほうがいいよ!マーチが発売されたらすぐにアップするね!

Bone-Crew

しっかりとしたラップスキルがあるからこそのサウンド、下手に手を出したら危険なジャンルなのかもしれない、SylarのJayden位のスキルなら成立するだろう、スクリームもうまいしね!

Bad Religionのシャツを着用しているCAMERONAZI が個人的には好き、

そしてドハマりしてしまったのがこのZillaKami x SosMula によるShinners 13、完全にぶっ飛びすぎていて爽快である!

トラップメタルコア、トラップデスコア、などなど出てくるかもよ~!

では!

河内野

【ハードコア】絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選【後半戦】

B180120045

3月2日にPure Noise RecordsからリリースされるハードコアバンドStoneでボーカルを務めるザックがセクハラを告発されるという最悪のニュースが届いてしまった、ここ最近本当に良く耳にするようになったね、セクハラを告発する「#MeToo」ムーブメントってのがあるようだ、Pierce The VeilのドラマーMikeやWith ConfidenceのLuke、Suicide SilenceのEddie、Moose BloodのGlenn、何処までがセクハラでどこまでがコミュニケーション内にとどまるのか、知らないうちにセクハラしていることもあるのだろうか? 決定的なセクハラは最低なことだが便乗している奴も絶対にいるはず、「どうだかな~」難しい問題です、EXPIRE時代から大好きなザック、のバンドってことで僕は変わらずStoneを応援していきます!いくつかツアーがキャンセルもされたようで、レーベルメイトのKnocked Loose TERRORも残念だろうね・・・


それでは昨日の続き、

河内野的、絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選



前半戦の6枚は見てくれた、今回は後半戦、残り4枚、紹介していくぜ!



シックオブイットオール

シック・オブ・イット・オール

17年奇跡の来日を果たしたNYHCの重鎮Sick Of It Allは4枚目のアルバム「Built to Last」アルバムタイトルであり名曲である「Built to Last」は1000回は聴いているだろう。ほのかなサウンドチェンジはあるものの一貫してぶれないヘヴィーなオールドスクールハードコアでありながらアグレッシブでメタリックでOiパンクなキャッチーな部分もある、代表曲Step DownやScratch the Surfaceが収録されている「scratch the surface 」と迷ったんですがこれまた兄貴の部屋にLP飾られており脳裏に焼き付いたデザインとファンになって初期に購入した作品ってことで選んでみた。ジャケットもよい意味でSOIAらしくない「Built to Last」ぜひ!

Agnostic Front

Sick of It All – ORIGINAL ALBUM COLLECTION
アグノ同様にコレクションアルバム3枚組があるので初聴はこのアルバムかベスト的なセルフカバーアルバムNon Stopから入ってみるのがいいかも!










B180120031

HATEBREED

ヘイトブリード
みんな大好きヘイブリですがメタリックやモッシュハードコアシーンに大きな影響を与えたバイブル的な一枚それが「Satisfaction Is The Death Of Desire」突進力は確実にこのアルバムがNo.1!
記憶に残るブレイク、モッシュパート、ビートダウン、これこそがメタリックハードコアの礎となった歴史的名盤です!「THE RISE OF BRUTALITY」と迷ったけどやはりこのアルバムだな!そういえばグラミーにもノミネートされていたよね?違ったらごめん!一番好きな曲は「Before Dishonor」








B180120031

BIOHAZARD

バイオハザード

リアルサグ感がズバ抜けた、ハードコアにヒップホップをミックスさせたクロスオーバーサウンドのパイオニア的存在、Biohazardの3枚目「State Of The World Address」最高傑作の上がるのは「URBAN DISCIPLINE」だけど、よりヘヴィーにグルーヴ感も増して個人的にはこの「State Of The World Address」を押します!多くのフォロアーを産み中でもCold Worldも10枚に入れたかったバンド、今聞いても色あせない、グルーヴメタル、ミクスチャー、ニューメタルから最近のニューメタルコア好きにも聴いてほしい最強な一枚!いまだに愛聴している傑作、リアルなストリートに生きるまさに漢なリリックにも注目してほしい、とてつもなく売れたアルバム、ブックオフの250円コーナーによく見かけるんでブックオフに行った際はぜひww








B180120031

MADBALL
マッドボール
ハードコアを好きなったきっかけであり色あせない名盤、Madballの「Set It Off」何のギミックもない混ぜ物なし、純度100%の生粋のハードコアバンド、このアルバムからハードコアにどっぷりハマった人は数知れず、名盤にして最重要な作品、マスターピース!このアルバムに入っている「Set It Off」とDemonstrating My Styleに入っている「Pride」と別れますが僕は「Set It Off」この曲を生で見たときは思わず涙がこぼれた、こぶしを突き上げシンガロングしながら流れる涙、不思議な感覚だったな、すべてのハードコアファンにお勧めの一枚です!








いかがでしたか?俺的ハードコア名盤10選結局NYHCばかりになっちゃったけど、今回はハードコアを好きになるきっけにと選んだ10枚、思いつくだけでオススメしたいアルバムは100枚以上、ハードコアって言っても幅広いしね、なんだかんだ言っても一番はMadball去年はSick Of It All、そして今年の5月にはAgnostic Front、来年はもしやMadballが・・・・なんて期待もしてます!来日お願いします!



そういえばこの極悪で倫理的にはダメなジャケットデザイン、このマーチだけで5枚は持ってるwwレアなのは持ってないんだけど、大好きなデザインなんですよね、ここ最近ではアグノのマーチは取り扱いがあるんだけどマッドボールに関してはね…アグノはあってマッボーはなぜ販売しないのか謎なんだが、これを機にリクエストしまくりますよ!


実は常にMadballマーチ探しているんだけどとんでもないブツが発売されるのは知ってる?

それがこのアイテム。Tシャツとロングスリーブなんだけどまず見てほしいのはこのフロントデザイン!

マッドボール

93年94年に使用されていたマッドボールロゴなんですよね、マニアにはたまらないこのロゴ、当時のアイテムだったらかなり高値で取引されている初期ボールロゴ。

Set It Off

よく見かけるのはこのボールロゴですよね。良い意味でチープな初期ロゴ、僕みたいなファンにはたまらないデザイン、発見したときは速攻でカートに入れたけどね!!

Madball

ロングスリーブのバックデザインはこんな感じ。「Set It Off」のアルバムアートデザイン!たまりません!袖のオールドイングリッシュもたまりませんね!

マッドボール

Tシャツのバックデザインはこんな感じ、「Set It Off」のアルバムアートデザインに注目してほしいのはバンド名のカラーリング、「Droppin Many Suckers」のエンジでもなく現時点で一番新しいアルバム「Hardcore Lives」のオレンジロゴ、新旧をミックスさせたこれまた激レアなカラーリング、「まじやっべ~!」

NYHC

あれ・・・興奮しているのは僕だけ?、このデザインがどんだけやばいか、Madballファンならわかってくれるはず、

このアイテムのヤバさが本当にわかる人だけに言いたいんだけど、

僕と一緒に注文しない?

マッドボール

MADBALL限定アイテムはココをクリック

B180120048

MADBALL限定アイテムはココをクリック


AGNOSTIC FRONTの来日決定で、ハードコア熱が急激に高まっていることでしょう!あなたのハードコアの欠かせない名盤アルバムがあったら教えてね!

河内野

【Stray from the Path】の新曲が酷評?叩かれすぎている件

SFTP

Rage Against the Machineの遺伝子を受け継いだバンドとしてもおなじみ、先日に来日でも記憶に新しいStray from the Pathだがいよいよ9月にアルバムが発売されるよね!

stray from the path

発売は9月8日、1ヶ月半ほど先にはなるが数多く発売されるアルバムの中でも確実に購入する一枚である。ハードコアの疾走感に立てノリなグルーブ、ラウドロックやニューメタルでもあるが今多いニューメタルコアともまた違うベクトルにいるバンド、昔から政治的なリリックだからびっくりはしなかったんだけど先日公開されたMVが批判の嵐!

STRAY FROM THE PATH – Goodnight Alt-right

19日の現在の時点で高評価が5450、低評価が45292高評価の10倍近くが低評価になるわけだ、サウンドは期待通り、サウンドチェンジをしたわけもない、なぜ?ブレイク後には「ナチパンクファックオフ」と強烈なメッセージ性もあるけど….曲名は政治色ぶっこみまくり、曲名は「グッナイ!オルタナ右翼!」ただの右翼ではなくオルタナティブな右翼? ただの保守主義ではなくさらに過激で新しい保守主義とでもいうべきか、アメリカ大統領選挙の際にはよく耳にした言葉である。

そんなオルタナ右翼に対するヘイトが込められた局になっているわけである、ビデオに登場する覆面男たちがネオナチの家に上がり込んで額に鉤十字を刻むといった非常に暴力的なMVに仕上がっている。その暴力的な行為が低評価につながっているわけ、もちろん人種差別が最低なのはわかるけどそれをバイオレンスでで押さえつけるってのもどうかと….政治色が濃く考えさせられるMV。

日本に住んでいるとリアルに伝わって来ないんだけどアメリカではやはりトランプ政権後にこう言った問題をテーマにした曲もふぃえてきているわけでただ事ではないこともわかるんだけどね、それにしてもSFTP「やっちまたな~」って感想かな、SFTPは過激な集団だと思われても仕方がなくなってしまう、もうちょっとやり方がなかったのかな?と残念に思う。

とはいえ、政治には詳しくない自分にとってはMVを見てアメリカの現状や問題など伝わってくるし右でも左でもない中立な立場から客観的に見ていろいろ考えさせられるし、そう思うとよいきっかけにもなった。

SFTPが本当に言いたいことってのはしっかりアルバムを買ってリリックを見て訳して感じ取ろうかと、もともとメッセージ性の強いハードコア、リリックの部分ももっと掘り下げてバンドが伝えたいことなどもしっかり感じ取ろうと思った19日の夜でした。

あなたはどう感じた?

河内野




追伸:

低評価の嵐といえばスーサイドサイレンスのアルバムSUICIDE SILENCEだけど聞き込むにつれかなり好きになってきたんだけどwwこれまたあなたはどう?やっぱ無理?

ブラックメタルバンド、ディセクションのTシャツを装着したメタラーがレコードを燃やすビデオなんかがアップされてるんだけど!!!燃やすんなら俺にくれよ!ついでにディセクションのTシャツもください!

【最高?それともクソ?】スーサイド・サイレンスのアルバムどうだった?

BL17222044

寒い日が続くね~!こちら舞鶴は雪、春のスタイリングにはまだ早い、気温は5度、ヒートテックにロンT、Tシャツ、パーカー、そしてアウターと、重装備で今日も過ごしているわけだがもう春のスタイリングは考えてる?いつもどおりの定番アイテムでスタイリング?それとも、新しいチャレンジでスタイリングするのか?4月も迫ってきてさ、何かしら新しい気持ちでスタートさせたいからいろいろなスタイリングにチャレンジしていく予定だ。



そうそう、チャレンジといえば、新しいスーサイドサイレンスの音源はもう聴いた?、賛否両論というか否定的な意見が大半を占める形になっているわけだけどさ、やっぱり自分の耳で判断したいってことで購入したんだけどさ、簡単に言うと、「コレじゃない」感が否めない、スーサイドサイレンスを感じれる部分もあるけど、やっぱりね、デスコアではなくなったよね、完全ニューメタルだよね。



でもどんだけ否定されても、不買の署名を集められようとも貫いたことは凄いステキだと思うんだよね、微々たるニューメタルの影響を以前からあったわけで、ミッチの時代だってDeftonesのかヴァーもしていたわけで……

Suicide Silence – Engine No.9 – (Deftones Cover)

でもKORNやDeftonesなあの頃のニューメタルを焼きまわしで終わっている感じもする、デスコアの代表格とまで言われたバンドだからこそニューメタルなサウンドにももう少しオリジナリティーがあれば…….散々こき下ろされているわけで、逆に応援したくなってきたよ。インタヴューやいろいろな記事をみても本当にやりたかったことがこの手のサウンドなんだから彼らにデスコアなサウンドを求めるのはもうやめた、このまま突き進んでニューメタルとして最高な音源を発売して欲しい、次回作も僕は絶対に購入するぜ!あなたはどう?BMTHくらいね上手くシフトチェンジしてくれれば最高なんだがww




コレジャナイ感でいえば、「実写版ジョジョ」の予告編ってみた?

スーサイドサイレンスは許せてもコレは許せない、ジョジョの世界観が、実写ってマジで難しんだな、ドラゴンボールのハリウッド版よりかはいくらかましには見えるけど、コレジャナイ感が…………新しいことにチャレンジするのは素晴らしいことだけど、なんでこうなってしまうのだろうか?世間的にマシだと言われてる乗ってるろうに剣心の実写版くらいじゃね?『鋼の錬金術師』の実写化も心配すぎるよねww

宮藤官九郎×みうらじゅん「なぜ漫画原作の実写化は悪く言われてしまうのか」という記事で書かれていた

「問題なのは、最近って原作を忠実になぞるというか、再現できてるかできてないかばかりが語られる」

「原作を忠実に再現しているかどうかなんてどうでもいいっていうか、映画はまったく別物だと思うんです。撮る側が原作の世界にこだわっている限り、悪く言う人は必ず出てくる」




なるほど、確かに思い入れが強い分、再現率ばかり気になっている自分もいる、けどさ、完全にオリジナルな世界感が既に出ているジョジョなんてやっぱり色眼鏡で見てしまうでしょ?ちょっと反省しないといけない部分もあるけど、もし批判するならスーサイドサイレンスの新しいアルバムのようにすべてをチェックしてみてからだね。




音楽の方向から映画の話になってしまったから戻すと、否定から入るのではなく、良いと思える部分を探してみる、新しいことにチャレンジしている姿勢を尊重する、スーサイドサイレンスの新譜だって何度も聴いていくうちに好きになるかも知れないしね。わからないけどww急にタフガイハードコアになったAgnostic FrontのAnother VoiceやWarriorsだってはじめは違和感しかなかったしねwwそれでも今では最高に好きなアルバムだしww

Agnostic Front – Another Voice




急なサウンドの方向チェンジ、シフトチェンジしたバンドってたくさんいるだろうけど思いつく?いつかそんな特集でも組んでみたいぜ!よかったら教えてね!

スーサイドサイレンスの次回作にはメタリカのブラックアルバム、RadioheadのKid A並みのシフトチェンジからの破壊力を持ったアルバムを発売してくれる事を願う、さらなる成功を求めて大きく方向転換、ぶっ飛んで変な方向に行って欲しいね。

ニューアルバムの初週売上は前作の初週売上の30%にとどまってしまったって記事も見たからさ、少し心配になってきたwwもっとぶっ飛んだことにチャレンジして次回作は過去最高の売上を上げて欲しいね!




変わらずブレない、スタイルを曲げないかっこよさ、常にチャレンジして新しいものを取り入れ進化する、音楽にしろファッションにしろどっちも正解だからどちらにも否定的な意見があれば肯定的な意見もある、うまくバランスをとることが重要なんじゃないかな~なんてあったかいお茶を飲みながら今日も考えてる!新しいものを取り入れ進化したものが時が経ち定番になるってことも多いにあるからね、頭の固いオヤジにならず、最新だけを追いかけるイタいオヤジにもならないように気をつけていくぜ!



そうそう、ブレないスタイルだけど実際は進化し続けるハードコアなグッズも取り扱いが可能になったから新商品楽しみにしててね!一発目はリクエストが多発していたスラッシュメタルとハードコアのハイブリッドPower Tripのグッズも3年ぶりに復活してるからね!要チェックです!

Power Trip – “Firing Squad”

では!

河内野