今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤15~30!!

無くなってしまうかもしれないVictory Recordsの名盤15戦前半戦は見てくれたかな?まだの人は下記をクリックしてね!

2000年までにすでに15枚を超えてしまったんで今回は2000年以降のVictoryリリースの名盤を紹介していきやす!ハードコア色強かった90年代、00年以降はVictoryと大モメあのバンドも登場するぜ!では16枚目からスタート!





16.Shutdown – Few and Far Between

ニューヨークハードコアShutdownこちらはセカンドアルバム「Few and Far Between」アグノのロジャーがプロデュースでしたよね!ファストなオールドスクールハードコアサウンドからのいきなりのモッシュパートが特徴中でもMadballのフレディー参加のFew And Far Betweenは名曲ですよね!





17.Thursday – Full Collapse
Victoryに移籍し発売されたセカンド「Full Collapse」で大ブレイクしたThursdayといえばこの作品ですよね!エモーショナルなロックサウンドでありスクリーモ好きからも支持を受けた名盤、やはり彼らの代表曲といえばUnderstanding In A Car Crash、ドラマチックなメロディーから曲の展開、リリックに至るまで芸術の領域!!そして19年の12月には来日!





18.Boy Sets Fire – After The Eulogy
デラウェア産ニュースクール、ポストハードコア、エモコア、スクリーモとして90年代後半からカリスマ的存在だったBoy Sets Fireの「After The Eulogy」ニュースクールな曲から王道の美メロなロックな曲、ほんのりカオティックな曲までバラエティーに富んだ楽曲、その1曲1曲が名曲といっても過言ではないほど!





19.Student Rick – Soundtrack For A Generation

インディアナ産ポップパンクバンド、Student Rickのアルバム「Soundtrack For A Generation」極上のメロディーラインと美しいコーラスワーク、名曲揃いの一枚です!現行のポップパンクやエモ寄りのポップパンク好きは絶対に聴いておいたほうが良いですよ!





20.Blood For Blood – Outlaw Anthems
4枚目にして最高傑作だと!ボストンハードコアBlood For Blood の 「Outlaw Anthems」メタリックでタフガイなグルーヴなハードコアにOiやロッケンロール、ストリートパンクな要素を詰め込む、これぞボストンハードコアな危険なストリート感がぎっしりと詰め込まれたBlood For Bloodにしか出せない世界観、それが一番現れているのがこのアルバムかと!





21.Atreyu – Suicide Notes And Butterfly Kisses

ニュースクールからMaメタルなメタルコアの流れが生まれだした時代の代表的なアルバム、Atreyuの「Suicide Notes And Butterfly」メタリックかつデスいサウンドにシンフォニックなサウンドを注入し時にキャッチーでエモく、ドラムが歌い上げる姿がいまだ印象に残ってるね、中でもラストを飾るLip Gloss and Blackは名曲中の名曲、先日の来日では歌ったのかな?





22.Hoods – Pray For Death
CAサクラメントのWEST COAST 極悪ハードコア代表Hoods によるセカンド「Pray For Death」完璧なブレイクダウンにビートダウン、モッシュパート、シンガロング、まさにフロアを意識したパーフェクトなモッシュコアアルバム!定期的に聴いてしまう名盤ですな!Eurogyからリリースの次回作のKing Is Deadも名盤中の名盤!





23.Waterdown – The Files You Have On Me
そこまでは知名度はないが個人的に大好きな一枚なのでオススメしたいのがWaterdownの「The Files You Have On Me」当時のスクリーモバンドに多大な影響を与えたバンドの一つ、finchも彼らのファンで影響を受けたと公言してましたよね、僕の中ではスクリーモといえばこのアルバム、ニュースクールハードコア的なザクザクなメタリックなサウンドに極上なエモーショナルを注入し時にDeftonesのような妖艶さもミックスさせた大名盤!この次の作品は普通のメタルコアになってしまってかなりショックだったな・・・





24.Silverstein – When Broken Is Easily Fixed
歴代スクリーモTop10に確実に選ばれるであろう、カナダ産スクリーモSilversteinによるファーストフル「When Broken Is Easily Fixed」、メロディアスでドラマチックな展開、ひ弱に感じる感情的なスクリームはサウンドの繊細さとマッチしてこれまた最高なんです!





25.Dead To Fall – Villainy And Virtue

シカゴ産、ニュースクールハードコアをしっかり通過したブルータルなメタルコアにスウェディッシュデスなリフが交差するサウンド、日本での人気はすこぶるなかったイメージだけど、隠れた名盤アルバムだと!テクニックだけのメタルコでは血がたぎらないあなたはこの当時のメタルコアを聴くべし!





26.Bury Your Dead – Cover Your Tracks

ボストン産のゴリッゴリのヘヴィーなメタリックモッシュコア、Bury Your Dead の セカンドアルバム「Cover Your Tracks」スーツ姿で演奏するMVはあなたの記憶にも残っているはず!





27.Comeback Kid – Wake The Dead

これまた説明不要のモダンユースクルー、モダンオールドスクール、Comeback Kid のFacedownからVictoryに移籍しドロップされたセカンド「Wake The Dead」とにかくすべてのセンスがズバ抜けている、やはり神曲Wake The Deadですよね!世界的にもブレイクした名盤、





28.A Day To Remember – For Those Who Have Heart
やってきましたA Day To Remember、ブルータルなモッシュコアかと思ったら突如現れるメロディックパート、スクリーモでもない、メタルコアでもない、これは何ぞや!当時はマジで衝撃でしたね、歴史が大きく動いた重要作品、やはり初期が好きだね!その後Victoryの看板バンドへと、Victoryの稼ぎ頭となり裁判沙汰に・・・





29.Emmure – Goodbye To The Gallows
これまた説明不要、Emmure のファーストフル作品「Goodbye To The Gallows」ブルータルでカオティック、重力を感じるくらいにへヴィーでドロドロなローテンポでザクザクなブレイクダウン、変幻自在の多彩なボーカル、時にエモーショナルに日に多くのフォロワーを生み出しているがEMMUREの世界観には一切太刀打ちできていない強烈なインパクトを残した名作!





30.The Warriors – Genuine Sense of Outrage
これまた衝撃的だったThe Warriors の「Genuine Sense of Outrage」モッシュコアにラップスタイル、サグ感あるストンピンなハードコアではなくRATMとモッシュコアをミックスしたような無二のサウンド、新しいハードコアスタイルを創り上げたバンド、ほんのりとロッキンな要素も散りばめられてハイセンス、当時マーチがバカ売れした記憶があります!





あれ・・・・30選でもまだ00年代半ば、終わりが見えない、上記に上がっていない名盤アルバム、バンドでいうと、A Perfect Murder、Beneath The Sky、Endwell、Spitalfield、Between The Buried And Me、The Autumn Offering、Sinai Beach、Hawthorne Heights、いくらでも出てきます、恐ろしやVictory!!!ハードコアからメタルコアスクリーモが00年代は一気に増えてきたよね、00年代半ば以降は、また次回にでも・・・・・

今回はこれまで!!!!

では!

河内野

追伸:

80年代後半から90年代のリリースは前のページでチェックしてね!

ore10005

Victory Recordsの「名盤」前半戦はこちらをクリック!

2014年の流行の激音とファッションはこれだ!

posiblog20141218002

ポジティブダイブもリニューアルオープンってことで

あらにスタートをきったって感じてますが、2014年も数多くのバンドがアルバムを発売したね。

音の変化やバンドマンのファッションに関しても変化があった年だと思う。

音の変化で言えば、エレクトロな要素、いわゆるピコリーモなバンドも少なくなってきた代わりに
90年代半ばに流行したニューメタルなどミクスチャーやラウドロックの要素が強くなってきたね。

My Ticket Homeなんか聞いていると懐かしい気持ちになるし新鮮にも感じる。ギターをスクラッチするあたりが懐かしい。

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

バンドマンの服装にも変化があるよね、見ての通り、オルタナやグランジ、メロコアなどを混ぜたような、サイズアップしている。

ここ最近の激音の主流としてはVansのエラですがコンバースのオールスターもまた主流になってきている。

My Ticket Home

ポップパンクがオルタナ、グランジよりのサウンドに移行していることもあってネルシャツも流行ってるね。

Title Fightや先日来にしたBasement、ポップパンクではないけどTwitching Tongues聞いていたらAlice In Chainsを思い出してしまう。後半のザクザク具合もたまんない!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Alice In Chains自体がドゥーミーでいろいろな要素を昇華かしたバンドだかど今になって聞きなおすと本当に新鮮に感じる。口では表せないメロディーラインなんか本当に当時を思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

個人的にはDiamond Youthが最強なんですがね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Seahavenなんかもそうだね、アメリカの田舎を想像させると言ったら失礼かな、アメリカの田舎のバーでいそうな兄ちゃんたちってイメージのファッション、渋いんですよね、スキニーではなくスリムなパンツってところも変わってきているかな。

Seahaven

90年代ファッションのリバイバルとともにこの流れが来ているようです、Emmureのサウンド、このMV見ているとどうしてもLimp Bizkitを思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Rage Against The Machineから影響を受けているThe Warriorsはちょっと早すぎたのかなww新譜出さないかな~?、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Stray From The Pathはうまく波に乗った感じだね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

そんな中でもISSUESは群を抜いて人気爆発したね、やはり洒落なバンドマンがいると人気も上がるね。彼らがよく愛用するホッケーシャツやベースボールシャツ、ナンバリングシャツなんかも今年は流行したね、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

服装はやはりワンサイズ大きめで細めのパンツ、ヒップホップなどとの距離感が縮まってきているようにも感じる、ハードコアxヒップホップってのは昔から繋がりがって共演しているのをよく見るけどポストハードコアとの共演も今後は増えていくでしょうね。だからヒップホップなんて聞かね~よって方はついていけなくなるかもよ。

ハードコアバンドとよく共演している、ASTROID BOYSも激音ファンのあいだでも話題になっているしね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

硬派なメタルやロックスタイルで行くのもしストリート感を強めに出してコーデしていくのもアリ、バンドマーチでスタイルを楽しんでいきましょう。

まだまだ知名度低いHellionsなんかも注目だね、いつの間にかRIse Recordsだし、もっと叙情的なサウンドだった気が……..にしてもMVもメンバーもシャレオツ、これはクルね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

ニューメタルでもラウドよりのポストハードコアではSworn Inはジワジワ人気が出てきているね、グッズも良く売れます。やっぱりオールブラックコーデははかっこいいね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

パーカーはプルオーバーが人気、以前は断然ジップがメインだったのに、これもバンドファッションの変化ですね、大好きなバンドTシャツが見せれないっていう点もあるけど、プルオーバーは一つのアウターとして成り立つアイテム、それ以外にも胸にワンポイントのプリントってのも今年のトレンドかな、ワンポイント+ポケットTも今年からだよね、そう考えると2014年のバンドグッズも進化したな!って感じるね。
Sworn In

ポストハードコアバンドとともに硬派なハードコアバンドのグッズも一緒に購入する人が増えた、距離感が縮まってきているのを実感した2014年でもありました、Your Demiseの貢献度が半端ですよね、ファッションに関してはオールブラックからド派手な柄物、ハットにナンバリング、ベースボールシャツ、いろいろな流行が生まれました。

流行を気にせず自分あ好きなものだけを着て貫くかっこよさもあるけどワンポイント流行のアイテムを入れておしゃれに決めるのもあなた次第、ま、両方すればよい!って感じです!

僕なんかは細めに決めるのもダボダボに決めるスタイルもオールブラックからメタル一直線の格好もするからいろいろなスタイルで楽しんじゃえって感じ!

2015年はどんなアイテムが現れどんなバンドが現れ、どうなっていくのか本当に楽しみで待ち遠しい、いろいろなジャンルを昇華するニューなバンドも現れるだろうね!

ニューといえばポジティブダイブも新しくなりました。もうチェックしてくれた?リニューアルオープンを記念してスーパーウルトラビートダウンなセール開催中です!

スーパー・ウルトラ・ビートダウンなセールページは下記のバナーをクリック!

7.8iv006

かなりのハイペースで注文いただいているけどまだまだやばいグッズが残ってるからね、まだこのブログなどでしか伝えてないからまだまだチャンスはあるよ!じっくり吟味して自分の分を確保してから友人に教えてあげてね。

今日紹介したバンドのグッズもあるかもね!

12月22日(月)夜9時まで

クリスマスに忘年会、年末年始、色々と出かける際は毎日違うバンドグッズでスタイリングしてお出かけしようぜ!

ではまた!

河内野でした。