今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤15~30!!

無くなってしまうかもしれないVictory Recordsの名盤15戦前半戦は見てくれたかな?まだの人は下記をクリックしてね!

2000年までにすでに15枚を超えてしまったんで今回は2000年以降のVictoryリリースの名盤を紹介していきやす!ハードコア色強かった90年代、00年以降はVictoryと大モメあのバンドも登場するぜ!では16枚目からスタート!





16.Shutdown – Few and Far Between

ニューヨークハードコアShutdownこちらはセカンドアルバム「Few and Far Between」アグノのロジャーがプロデュースでしたよね!ファストなオールドスクールハードコアサウンドからのいきなりのモッシュパートが特徴中でもMadballのフレディー参加のFew And Far Betweenは名曲ですよね!





17.Thursday – Full Collapse
Victoryに移籍し発売されたセカンド「Full Collapse」で大ブレイクしたThursdayといえばこの作品ですよね!エモーショナルなロックサウンドでありスクリーモ好きからも支持を受けた名盤、やはり彼らの代表曲といえばUnderstanding In A Car Crash、ドラマチックなメロディーから曲の展開、リリックに至るまで芸術の領域!!そして19年の12月には来日!





18.Boy Sets Fire – After The Eulogy
デラウェア産ニュースクール、ポストハードコア、エモコア、スクリーモとして90年代後半からカリスマ的存在だったBoy Sets Fireの「After The Eulogy」ニュースクールな曲から王道の美メロなロックな曲、ほんのりカオティックな曲までバラエティーに富んだ楽曲、その1曲1曲が名曲といっても過言ではないほど!





19.Student Rick – Soundtrack For A Generation

インディアナ産ポップパンクバンド、Student Rickのアルバム「Soundtrack For A Generation」極上のメロディーラインと美しいコーラスワーク、名曲揃いの一枚です!現行のポップパンクやエモ寄りのポップパンク好きは絶対に聴いておいたほうが良いですよ!





20.Blood For Blood – Outlaw Anthems
4枚目にして最高傑作だと!ボストンハードコアBlood For Blood の 「Outlaw Anthems」メタリックでタフガイなグルーヴなハードコアにOiやロッケンロール、ストリートパンクな要素を詰め込む、これぞボストンハードコアな危険なストリート感がぎっしりと詰め込まれたBlood For Bloodにしか出せない世界観、それが一番現れているのがこのアルバムかと!





21.Atreyu – Suicide Notes And Butterfly Kisses

ニュースクールからMaメタルなメタルコアの流れが生まれだした時代の代表的なアルバム、Atreyuの「Suicide Notes And Butterfly」メタリックかつデスいサウンドにシンフォニックなサウンドを注入し時にキャッチーでエモく、ドラムが歌い上げる姿がいまだ印象に残ってるね、中でもラストを飾るLip Gloss and Blackは名曲中の名曲、先日の来日では歌ったのかな?





22.Hoods – Pray For Death
CAサクラメントのWEST COAST 極悪ハードコア代表Hoods によるセカンド「Pray For Death」完璧なブレイクダウンにビートダウン、モッシュパート、シンガロング、まさにフロアを意識したパーフェクトなモッシュコアアルバム!定期的に聴いてしまう名盤ですな!Eurogyからリリースの次回作のKing Is Deadも名盤中の名盤!





23.Waterdown – The Files You Have On Me
そこまでは知名度はないが個人的に大好きな一枚なのでオススメしたいのがWaterdownの「The Files You Have On Me」当時のスクリーモバンドに多大な影響を与えたバンドの一つ、finchも彼らのファンで影響を受けたと公言してましたよね、僕の中ではスクリーモといえばこのアルバム、ニュースクールハードコア的なザクザクなメタリックなサウンドに極上なエモーショナルを注入し時にDeftonesのような妖艶さもミックスさせた大名盤!この次の作品は普通のメタルコアになってしまってかなりショックだったな・・・





24.Silverstein – When Broken Is Easily Fixed
歴代スクリーモTop10に確実に選ばれるであろう、カナダ産スクリーモSilversteinによるファーストフル「When Broken Is Easily Fixed」、メロディアスでドラマチックな展開、ひ弱に感じる感情的なスクリームはサウンドの繊細さとマッチしてこれまた最高なんです!





25.Dead To Fall – Villainy And Virtue

シカゴ産、ニュースクールハードコアをしっかり通過したブルータルなメタルコアにスウェディッシュデスなリフが交差するサウンド、日本での人気はすこぶるなかったイメージだけど、隠れた名盤アルバムだと!テクニックだけのメタルコでは血がたぎらないあなたはこの当時のメタルコアを聴くべし!





26.Bury Your Dead – Cover Your Tracks

ボストン産のゴリッゴリのヘヴィーなメタリックモッシュコア、Bury Your Dead の セカンドアルバム「Cover Your Tracks」スーツ姿で演奏するMVはあなたの記憶にも残っているはず!





27.Comeback Kid – Wake The Dead

これまた説明不要のモダンユースクルー、モダンオールドスクール、Comeback Kid のFacedownからVictoryに移籍しドロップされたセカンド「Wake The Dead」とにかくすべてのセンスがズバ抜けている、やはり神曲Wake The Deadですよね!世界的にもブレイクした名盤、





28.A Day To Remember – For Those Who Have Heart
やってきましたA Day To Remember、ブルータルなモッシュコアかと思ったら突如現れるメロディックパート、スクリーモでもない、メタルコアでもない、これは何ぞや!当時はマジで衝撃でしたね、歴史が大きく動いた重要作品、やはり初期が好きだね!その後Victoryの看板バンドへと、Victoryの稼ぎ頭となり裁判沙汰に・・・





29.Emmure – Goodbye To The Gallows
これまた説明不要、Emmure のファーストフル作品「Goodbye To The Gallows」ブルータルでカオティック、重力を感じるくらいにへヴィーでドロドロなローテンポでザクザクなブレイクダウン、変幻自在の多彩なボーカル、時にエモーショナルに日に多くのフォロワーを生み出しているがEMMUREの世界観には一切太刀打ちできていない強烈なインパクトを残した名作!





30.The Warriors – Genuine Sense of Outrage
これまた衝撃的だったThe Warriors の「Genuine Sense of Outrage」モッシュコアにラップスタイル、サグ感あるストンピンなハードコアではなくRATMとモッシュコアをミックスしたような無二のサウンド、新しいハードコアスタイルを創り上げたバンド、ほんのりとロッキンな要素も散りばめられてハイセンス、当時マーチがバカ売れした記憶があります!





あれ・・・・30選でもまだ00年代半ば、終わりが見えない、上記に上がっていない名盤アルバム、バンドでいうと、A Perfect Murder、Beneath The Sky、Endwell、Spitalfield、Between The Buried And Me、The Autumn Offering、Sinai Beach、Hawthorne Heights、いくらでも出てきます、恐ろしやVictory!!!ハードコアからメタルコアスクリーモが00年代は一気に増えてきたよね、00年代半ば以降は、また次回にでも・・・・・

今回はこれまで!!!!

では!

河内野

追伸:

80年代後半から90年代のリリースは前のページでチェックしてね!

ore10005

Victory Recordsの「名盤」前半戦はこちらをクリック!

【リリース情報】3月4月もヤッベーリリースが続くけどハードコアバンド「Stone」どうなってんの?

Stone1837004

抹消されてる・・・

楽しみにしていたPure Noise Recordsからアルバムが発売のStoneだけどさ、アルバムが延期になるどころからメーカーにアップされていた商品は消されているしPure Noise Recordsページのバンドリストからは抹消、あらら、アルバム発売、グッズの発売は幻となってしまったわけだ。

The Plot In You


Expire時代から大好きで、ギターを務めたザックのバンドってことでepが発売されたころから待ちに待っていたアルバム、しかもPure Noiseから発売ってニュースを聞いたときは思わずガッツポーズしたんだけど、やはり「セクハラ」問題が原因で・・


何とかアルバムを手に入れることはできないだろうか?手に入らなくなると余計とほしくなってしまう人間の性、あきらめきれない・・・・



ライブ動画でも見て我慢しときますわ・・・幻となってしまったアルバム「Inch of Joy」いつまでも待ちます!アホな友人はアルバム名をインチン・オブ・ジョイトイとディスっていました。




Pure Noise Recordsといえばさ、2月後半にアルバム発売、ようやく僕の手元にも届いたSenses Failの「If There Is Light, It Will Find You」なんだけどさ、マジでさ、クソ、クソ、クソ

クソ、ヤバくない!

正直さ前作のアルバムはピンとこなかったんだけど、マジでいま一番ハマっているアルバム!

Senses Fail

見事なチャートイン、サウンドもまさにあの頃のスクリーモサウンド、

ほんでもって名曲ぞろい、ま、アルバムジャケットを見た時点で「なんかこのアルバムやばそう!」そんな印象を持っていたからさ、期待はしてんだけど期待を完全に上回る出来、キラーチューンがたくさん!!アルバムラストを飾る「If There Is Light, It Will Find You」はリアルに涙が・・・

Senses Failありがとう!





AttilaのCallout2では、なぜにディスられいたんだろうか・・・・・
ヴァリエーション豊かなSenses Failの新作もアップしたからチェックしてみて!


そしてまたまたPure Noise RecordsからスクリーモレジェンドHawthorne HeightsもアルバムBad Frequenciesが4月後半に発売だね、スクリームはないけど、新曲の完成度、安定感は期待させるね~~!!



Pure Noise Recordsさん、TERRORの新譜もよろしくおねげーしますよ!!そしてレーベルは違えど、Fearless Recordsからニューアルバム「Erase Me」が4月初旬に発売のUnderoath!!!新曲きた~~!ちょっと前だけど・・・




再生回数はすぐに100万超えるだろうね、世界中のファンが待ちに待った8年ぶりのニューアルバムだよ!待たせすぎ、てかあきらめてたけどww僕はニュースクール+ブラックメタルテイストな時代からのファンだからこれまた興奮しっぱなし!いまだに定期的に聴く名曲、長いけどww






ジャケットデザインもすでに公開、ジャケットからにじみ出た名作の予感、期待している人も多いでしょう!新曲聴いた時点で100点でしたもの!!

Stone1837003

ドハマリしたThe Changing of Timesからもう16年も経つんだね!

Stone1837005



・1999年:Act of Depression (Takehold Records)
・2000年:Cries of the Past (Takehold Records)
・2002年:The Changing of Times (Solid State Records)
・2004年:They’re Only Chasing Safety (Tooth & Nail Records)
・2006年:Define the Great Line (Tooth & Nail Records)
・2008年:Survive, Kaleidoscope (Solid State Records)
・2008年:Lost in the Sound of Separation (Tooth & Nail Records)
・2010年:Live at Koko (Tooth & Nail Records)
・2010年:Ø (Disambiguation) (Roadrunner Records)
・2011年:Play Your Old Stuff (Solid State Records)
・2012年:Anthology: 1999–2013 (Solid State Records)

・2018年:Erase Me (Fearless Records)


The Plot In You

They’re Only Chasing SafetyのSpecial EditionはConvergeのジェイコブデザインってのは知ってた?



ジェイコブらしい独特な配色とアート感、ジェイコブ好きならぱっと見でわかるよね、



3月4月もヤベーバンドのアルバムリリースラッシュだ!


・3/9・Between The Buried And Me「Automata Ⅰ」 (Sumerian Records)
・3/16・Greyhaven「Empty Black」 (Equal Vision)
・3/23・Blessthefall「Hard Feelings」 (Rise Records)
・4/20・TesseracT「Sonder」 (Kscope)

あなたが期待しているアルバムは何!ぜひ教えてください!

思わず手を合わせたくなる、神々しいクリスチャン・コアバンド「17選」

クリスチャンメタルコア

お~~神よ!!Polyphiaのティモシーのギターテクニックを我に与えたまえ!

都合の良い時だけ神頼み、どうも河内野です。

芸術の秋ってことで芸術に関しての記事書いてたら神の話になってしまった前回のブログは読んでくれた?今回は

クリスチャン・コア・バンド特集

ってことでガンガン紹介していくぜ!

ピロピロテクニカルサウンド、巨漢のボーカルとオモロなMVが印象的、Djent的な変拍子リフもいち早く取り入れ現れるのが流行ったA Plea for Purging


A Plea for Purging – “The Life”







オージー産クリスチャン・メタルコアFor All Eternity叙情メタリックなサウンド、高音のクリーン、完成度が高いにもかかわらずあまり話題にならなかったのが不思議でたまらない、Misary Signals好きだったらたまらないと思うんだが….

FOR ALL ETERNITY “Metanoia”






先日解散してしまったクリスチャン・ハードコアバンドThose Who Fear同じくクリスチャンのFit For A KingRyanが参加した一曲だ!


THOSE WHO FEAR “Ego Trip”







ピュアなメタルコアサウンドを奏でるWAR OF AGESもクリスチャン、2014年以来アルバムが出ていないが現在は何してるのやら、9月にはフェスには出ていたようだが…とにかく硬派なメタルコアサウンド、ぶれないけどクオリティーが毎アルバムごとに上がる、安心と信頼のWAR OF AGES

WAR OF AGES “Chaos Theory”







Haste The Day!!色あせない名曲だよね、もう13年も前の曲になんだね、ミリタントニュースクール風なだみ声シャウト、いきなりロックバラードな展開、またアルバム聞き直そっと!

Haste The Day – American Love







プログレッシブでテクニカルなクリスチャンメタルコアバンドHope for the Dying 、シンフォニック、メロデスとモダンなメタルコアサウンドが一体になったハイブリットサウンド、クサメロメタル好きにも人気が高かったバンドである!

Hope for the Dying – Setting Sun







ex As Cities BurnBetween The Buried And Meのメンバーが在籍のクリスチャンメタルコアバンドOh,Sleeper!!あまり話題にならんかったんですけどめちゃめちゃクオリティの高いメタルコアサウンド、このバンドもメロディーが素晴らしく、印象に残る名曲も結構あるんです!

Oh, Sleeper – “The Finisher”







90年代のピュアなFury Edge系のサウンドでコアなファンには大人気のSaving Grace、貴重なサウンドを奏でるバンド、新しいマーチも発売されているから近いうち何らかの動きは期待できる、このまま解散だけはやめてね!

Saving Grace – “Recidivist”







クリスチャン・メタルコアの代表格、現在ではより芸術的な孤高なサウンドに進化したThe Devil Wears Prada、キーボードを前面に出していた初期のほうがクリスチャン・メタルコアな印象は強かったね!

The Devil Wears Prada – Worldwide







Solid Stateの看板バンド、メタルコアとヘヴィロックの間位のサウンド、最近ではメロディーに重点を置いた先品が多くどのアルバムにも名曲が必ずある、だからアルバムは毎回買ってしまうんですねww

Demon Hunter – “Dead Flowers”







ボルティモア産クリスチャン・メタルコアバンドI THE BREATHERメタリックでテクニカルかつブルータル、激しいリズムチェンジの中に叙情的なメロディーが印象的、Sumerianらしいサウンドだね!


I THE BREATHER – SOUL : SEEK







EXTOLのOleによるニューバンドFleshkiller、さすがのEXTOLメンバーだけあってプログレッシブなデスメタルサウンドに仕上がっている注目のバンド!

Fleshkiller – “Warfare”



frameborder=”0″ allowfullscreen>





サウスダコタ産クリスチャン・メタルコアバンドColossus、ダウンチューン系の重いザクザクのリフ、程よい叙情サウンド、完成度高めのFacedownらしいバンドである。

COLOSSUS “Demons’







LA産ウェストコースト・クリスチャン・ハードコアバンドDYNASTY、アルバムbeyond measureではWu-Tang Clan、TERROR、AGNOSTIC FRONT、など豪華すぎるゲストで話題になったんだが、最近は動いていないようだ…

DYNASTY “Explicit Method”







ノースキャロライナ産クリスチャン・メタルコアバンドONWARD TO OLYMPAS、メロディックなデスメタル・スタイルのメタルコアサウンド、このバンドも日本での人気は皆無….


ONWARD TO OLYMPAS “Wolf’s Jaw”







個人的にも大好きなALOVE FOR EMEMIESのメンバーにより結成されたクリスチャン・メタルコア・バンドLETTER TO THE EXILESメロデスの要素も強いメタルコア、ブルータルに落とす強烈なブレイクダウンもたまりません!

LETTER TO THE EXILES “The Greater Hands Of Lesser Sons”







カリ産クリスチャン・デスコア・バンド、Impending Doom本当にクリスチャンなの?ってくらいの残虐なサウンド、ホーリーなパートなんて皆無、デスコア勢の中でもずば抜けて高いセンスをもったバンド、現在はラフミックスも完成したようで新しいアルバムが楽しみすぎる!

Impending Doom – Doomsday



クリスチャン・コアのバンド特集でした~!!

結局はFacedownのバンドばっかになっちまったけど、この中からあなたにばっちりハマるバンドが見つかればうれしいです!

では~!





追伸:
クリスチャン・コア代表格はやはりAugust Burns Redだね!アルバムも発売開始!もう全曲聞いた?待ちきれないからダウンロードしたんだけど、今作も激やば!!何がやばいってそりゃあなたの耳で確かめてくださ~い!

August Burns Red – King of Sorrow

宇宙旅行で流すハードコア、インディーロック、メタルコア、エモはこれで決まり!

最近は嫌なことばっかりあるし、やりたいことはなかなか進まない、何をしても思い通りに行かない、

そんな時期ってあるよね、

僕もそんな時期がここ最近続いたんだよね。

そんな時ふと「星を見に行こう!」って思ったわけ、

しか~し台風の真っ只中、星一つ出てない真っ黒な曇り空、

家に戻り星を見たいという欲求に駆られYoutubeを開き宇宙関連の動画を見まくっていた!

そんな中見つけたのがこのヤッベー動画

Star Size Comparison 2

宇宙、広すぎるっしょ!!!自分て、なんて小さな存在なんだ!

悩みや抱えている問題はちっぽけで鼻クソ以下、そう思うと同時に

「小さなことからコツコツと!」またあすから頑張ろう!そう感じれた。

そして同時に宇宙への旅がしたくなった。

週に一回は宇宙に旅してるくらい(妄想)星や宇宙が好きなんだけどさ、

今回は僕の妄想に付き合ってくれませんか?

名づけて「2016河内野宇宙の旅」!!

宇宙で聞きたい音楽を並べただけなんだけどさ、暇だったら付き合ってよ!


Cave In – Joy Opposites


スペースシャトルに乗り込「いざ宇宙へ出発だ!」レッツスペース!


The Appleseed Cast


無事母なる地球を離れ広大な宇宙に突入!「静かな旅が始まった!」


Architects – “Gone With The Wind”


トラブル発生!!、宇宙船の一部が宇宙ゴミによって破壊、シャトルを出、外部で作業中、
乗組員の1人が広大な宇宙に飛ばされる。

RIP Tom!今頃天国で仲間たちとギターを奏でているであろう!


RINGS OF SATURN – UNSYMPATHETIC INTELLECT


破損した船体の修理は進まず、やむを得ず近くの星へ着陸未確認生物が数百体も登場し乗組員とモンスターの戦いが始まる!


Between the Buried and Me – Famine Wolf


宇宙のモンスターとの戦い、残るはラスボスのみ!ラスボスとの戦い


I See Stars – Running With Scissors


モンスタも撃退したがたどり着いた星はあと数分で爆発!レッツ脱出!


GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR – 03 Asunder, Sweet


無事脱出し再度宇宙の旅が始まる!疲れきった船員たち、仲間を多数失った悲しさと広大な宇宙で悲壮感ただよう時間


Dredg – Bug Eyes


目的の衛星とドッキング、最重要任務の緊迫したシーン


The Gloria Record – Good Morning Providence


目的を無事果たす果たし母なる地球への帰還、希望に満ちた思いとともに宇宙の旅の終焉を哀しむ。

2016河内の宇宙の旅でした。

宇宙もののSF映画が大好きなんだけど、最近だとインターステラーや
ゼロ・グラビティー、オデッセイは最高に面白かったんだけど
一番好きなのはダニーボイル監督のサンシャイン2057

賛否両論な映画なんだけど僕は確実SFものではNO.1!!

映像美と音楽が素晴らしすぎるんだよね!

Sunshine “Kaneda’s Death (Part 2)” Music Video

よかったら見てみてね!

あなたは宇宙を旅するならどんなサウンド、バンドが思い浮かぶ?

とても興味があります!教えてくれ!

そういえば宇宙⇒惑星(プラネット)、で思い出したんだけどSilent Planetも
どこか宇宙を感じれるよね!

にしてもSilent Planetのアルバム最高ですよね!グッズも注目度高し!!

ブレイク必須のバンドだね!

そんなSilent Planetが所属するSolid State Recordsがサンプラーを
フリーダウンロード
公開してるよ!

サンプラーの入手方法は簡単。

Free Downloadをクリック

アドレスを入力

郵便番号を入力

国を選ぶ(ジャパン)

Get A Downloadをクリック

メールが届きます。

Downloadをクリック

Download Nowをクリック!

ダウンロード完了!簡単でしょ?

曲は5曲!


1曲目. Silent Planet / Inherit The Earth
2曲目. Fit For A King / Pissed Off
3曲目. Forevermore / Overlord
4曲目. Norma Jean / 1,000,000 Watts
5曲目. The Ongoing Concept / Unwanted

Fit For A Kingもアルバム発売もうすぐだし、9月も盛り上がってるね!!

では、今日も一人宇宙の鯛へと出かけて行きます!(妄想)

河内野

追伸:

長野県「阿智村」で開催されている「日本一の星空ナイトツアー」ってのが話題なっているようだね!


日本一の星空ナイトツアー

マジで行ってみたいんだけど、ほぼカップルばっかじゃないのこれ、行きづらい、、、

星好きのハードコア野郎ども一緒に行かない?女の子でもいいよww

【特選PV】ハマるとヤバい!カオティック・ハードコアバンド特集

変人バンドって何ぞや?

ズバリ、変態サウンド。おもにカオティックの
部類に入る変人達、いや変態さん達です。

いやぁ、このジャンル、ハマるとヤバいですよ。

大音量で聴いてると家族が、

「お前、新しいカルトか何かに入信して
宇宙と交信でも始めちゃったのか?!」

とか、

「こら、二階で道路工事をするの、やめなさい!」

とか、

「あんた、昨日夜中に音楽聴きながら、
大声でお経を唱えてたでしょ?!お婆ちゃんが
一緒に唱えはじめるからやめなさい!」

などと白目をむいて怒るサウンドですが、
ハマるとやめられません。マジです。

Nails
去年来日しましたよね?

オールドなスラッシュ風味にパワーヴァイオレンス、
グラインド、最近じわじわ人気が出てきている
ダークなハードコアとの絶妙なバランス。

一般人は5秒でステレオのストップボタンを
押してしまうであろう変態バンド。

元テラーのトッドの雄叫びも狂ってます!!

エンジニアはカオティック番長、コンヴァージの
カートってんだから、やばいのは当たり前!


動画が見れない場合はここをクリック


Dillinger Escape The Plan

初期の超絶的なリフにテクニカルエッセンス、ついていけない展開。
だけど計算しつくされた楽曲、クリーンも取り入れ、そのメロディーがまた
頭にこびりつく!

変人度数が足りなかった僕はCalculating Infinityを聴いた時に

「なんじゃこれ」

そう思ったんですが、聴きこむうちに虜になっていた。

変態サウンドにのめり込むきっかけとなったバンドです。

新作、One of Us is the Killerも楽しみすぎる!!
スメリアンから発売ってのも意外ですね。


動画が見れない場合はここをクリック


La Dispute

カオティックと言うか、ポストハードコア・激情系にも部類する
バンドだと思うのですが、At The Drive InやFall of Troyなどの
狂ったロックにも通じるサウンド!

狂っているんですが、美しく、オシャレなんですよね!


動画が見れない場合はここをクリック


Every Time I Die

爆走ロッケンロー・カオティックハードコアな兄貴です。

サザンテイストをいち早く取り入れ、ロッケンローで
セクシーという言葉も当てはまる変態バンド。

ハードロックやストーナー好きのパイセンも
気に入ってくれたバンドなんです。

初期のカオティック全開サウンドも
ロッケンロー全開なサウンドもグッド。

日本ではいまいちブレイクしていないあたりも
聴き手を選ぶバンドなんですよね!

動画が見れない場合はここをクリック


ジャンル分けが難しいですが、Between the Buried & MeやA Life Once Lost、
日本のPalmなんかも、僕たち変人にはもってこいのサウンドですよね!

今日ここで紹介したバンドが好きなら、きっと
あなたは本物の突き抜けた変人です(笑)。

変人として、変態バンドのグッズを愛用して
さらに世間から疎外されるのも悪くないかもね。

最後に、今一番カオティックなサウンドと言えば、
これかもしれません。


動画が見れない場合はここをクリック

カオス!

河内野ユズル
ポジティブダイブ