今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤15~30!!

無くなってしまうかもしれないVictory Recordsの名盤15戦前半戦は見てくれたかな?まだの人は下記をクリックしてね!

2000年までにすでに15枚を超えてしまったんで今回は2000年以降のVictoryリリースの名盤を紹介していきやす!ハードコア色強かった90年代、00年以降はVictoryと大モメあのバンドも登場するぜ!では16枚目からスタート!





16.Shutdown – Few and Far Between

ニューヨークハードコアShutdownこちらはセカンドアルバム「Few and Far Between」アグノのロジャーがプロデュースでしたよね!ファストなオールドスクールハードコアサウンドからのいきなりのモッシュパートが特徴中でもMadballのフレディー参加のFew And Far Betweenは名曲ですよね!





17.Thursday – Full Collapse
Victoryに移籍し発売されたセカンド「Full Collapse」で大ブレイクしたThursdayといえばこの作品ですよね!エモーショナルなロックサウンドでありスクリーモ好きからも支持を受けた名盤、やはり彼らの代表曲といえばUnderstanding In A Car Crash、ドラマチックなメロディーから曲の展開、リリックに至るまで芸術の領域!!そして19年の12月には来日!





18.Boy Sets Fire – After The Eulogy
デラウェア産ニュースクール、ポストハードコア、エモコア、スクリーモとして90年代後半からカリスマ的存在だったBoy Sets Fireの「After The Eulogy」ニュースクールな曲から王道の美メロなロックな曲、ほんのりカオティックな曲までバラエティーに富んだ楽曲、その1曲1曲が名曲といっても過言ではないほど!





19.Student Rick – Soundtrack For A Generation

インディアナ産ポップパンクバンド、Student Rickのアルバム「Soundtrack For A Generation」極上のメロディーラインと美しいコーラスワーク、名曲揃いの一枚です!現行のポップパンクやエモ寄りのポップパンク好きは絶対に聴いておいたほうが良いですよ!





20.Blood For Blood – Outlaw Anthems
4枚目にして最高傑作だと!ボストンハードコアBlood For Blood の 「Outlaw Anthems」メタリックでタフガイなグルーヴなハードコアにOiやロッケンロール、ストリートパンクな要素を詰め込む、これぞボストンハードコアな危険なストリート感がぎっしりと詰め込まれたBlood For Bloodにしか出せない世界観、それが一番現れているのがこのアルバムかと!





21.Atreyu – Suicide Notes And Butterfly Kisses

ニュースクールからMaメタルなメタルコアの流れが生まれだした時代の代表的なアルバム、Atreyuの「Suicide Notes And Butterfly」メタリックかつデスいサウンドにシンフォニックなサウンドを注入し時にキャッチーでエモく、ドラムが歌い上げる姿がいまだ印象に残ってるね、中でもラストを飾るLip Gloss and Blackは名曲中の名曲、先日の来日では歌ったのかな?





22.Hoods – Pray For Death
CAサクラメントのWEST COAST 極悪ハードコア代表Hoods によるセカンド「Pray For Death」完璧なブレイクダウンにビートダウン、モッシュパート、シンガロング、まさにフロアを意識したパーフェクトなモッシュコアアルバム!定期的に聴いてしまう名盤ですな!Eurogyからリリースの次回作のKing Is Deadも名盤中の名盤!





23.Waterdown – The Files You Have On Me
そこまでは知名度はないが個人的に大好きな一枚なのでオススメしたいのがWaterdownの「The Files You Have On Me」当時のスクリーモバンドに多大な影響を与えたバンドの一つ、finchも彼らのファンで影響を受けたと公言してましたよね、僕の中ではスクリーモといえばこのアルバム、ニュースクールハードコア的なザクザクなメタリックなサウンドに極上なエモーショナルを注入し時にDeftonesのような妖艶さもミックスさせた大名盤!この次の作品は普通のメタルコアになってしまってかなりショックだったな・・・





24.Silverstein – When Broken Is Easily Fixed
歴代スクリーモTop10に確実に選ばれるであろう、カナダ産スクリーモSilversteinによるファーストフル「When Broken Is Easily Fixed」、メロディアスでドラマチックな展開、ひ弱に感じる感情的なスクリームはサウンドの繊細さとマッチしてこれまた最高なんです!





25.Dead To Fall – Villainy And Virtue

シカゴ産、ニュースクールハードコアをしっかり通過したブルータルなメタルコアにスウェディッシュデスなリフが交差するサウンド、日本での人気はすこぶるなかったイメージだけど、隠れた名盤アルバムだと!テクニックだけのメタルコでは血がたぎらないあなたはこの当時のメタルコアを聴くべし!





26.Bury Your Dead – Cover Your Tracks

ボストン産のゴリッゴリのヘヴィーなメタリックモッシュコア、Bury Your Dead の セカンドアルバム「Cover Your Tracks」スーツ姿で演奏するMVはあなたの記憶にも残っているはず!





27.Comeback Kid – Wake The Dead

これまた説明不要のモダンユースクルー、モダンオールドスクール、Comeback Kid のFacedownからVictoryに移籍しドロップされたセカンド「Wake The Dead」とにかくすべてのセンスがズバ抜けている、やはり神曲Wake The Deadですよね!世界的にもブレイクした名盤、





28.A Day To Remember – For Those Who Have Heart
やってきましたA Day To Remember、ブルータルなモッシュコアかと思ったら突如現れるメロディックパート、スクリーモでもない、メタルコアでもない、これは何ぞや!当時はマジで衝撃でしたね、歴史が大きく動いた重要作品、やはり初期が好きだね!その後Victoryの看板バンドへと、Victoryの稼ぎ頭となり裁判沙汰に・・・





29.Emmure – Goodbye To The Gallows
これまた説明不要、Emmure のファーストフル作品「Goodbye To The Gallows」ブルータルでカオティック、重力を感じるくらいにへヴィーでドロドロなローテンポでザクザクなブレイクダウン、変幻自在の多彩なボーカル、時にエモーショナルに日に多くのフォロワーを生み出しているがEMMUREの世界観には一切太刀打ちできていない強烈なインパクトを残した名作!





30.The Warriors – Genuine Sense of Outrage
これまた衝撃的だったThe Warriors の「Genuine Sense of Outrage」モッシュコアにラップスタイル、サグ感あるストンピンなハードコアではなくRATMとモッシュコアをミックスしたような無二のサウンド、新しいハードコアスタイルを創り上げたバンド、ほんのりとロッキンな要素も散りばめられてハイセンス、当時マーチがバカ売れした記憶があります!





あれ・・・・30選でもまだ00年代半ば、終わりが見えない、上記に上がっていない名盤アルバム、バンドでいうと、A Perfect Murder、Beneath The Sky、Endwell、Spitalfield、Between The Buried And Me、The Autumn Offering、Sinai Beach、Hawthorne Heights、いくらでも出てきます、恐ろしやVictory!!!ハードコアからメタルコアスクリーモが00年代は一気に増えてきたよね、00年代半ば以降は、また次回にでも・・・・・

今回はこれまで!!!!

では!

河内野

追伸:

80年代後半から90年代のリリースは前のページでチェックしてね!

ore10005

Victory Recordsの「名盤」前半戦はこちらをクリック!

【リリース情報】3月4月もヤッベーリリースが続くけどハードコアバンド「Stone」どうなってんの?

Stone1837004

抹消されてる・・・

楽しみにしていたPure Noise Recordsからアルバムが発売のStoneだけどさ、アルバムが延期になるどころからメーカーにアップされていた商品は消されているしPure Noise Recordsページのバンドリストからは抹消、あらら、アルバム発売、グッズの発売は幻となってしまったわけだ。

The Plot In You


Expire時代から大好きで、ギターを務めたザックのバンドってことでepが発売されたころから待ちに待っていたアルバム、しかもPure Noiseから発売ってニュースを聞いたときは思わずガッツポーズしたんだけど、やはり「セクハラ」問題が原因で・・


何とかアルバムを手に入れることはできないだろうか?手に入らなくなると余計とほしくなってしまう人間の性、あきらめきれない・・・・



ライブ動画でも見て我慢しときますわ・・・幻となってしまったアルバム「Inch of Joy」いつまでも待ちます!アホな友人はアルバム名をインチン・オブ・ジョイトイとディスっていました。




Pure Noise Recordsといえばさ、2月後半にアルバム発売、ようやく僕の手元にも届いたSenses Failの「If There Is Light, It Will Find You」なんだけどさ、マジでさ、クソ、クソ、クソ

クソ、ヤバくない!

正直さ前作のアルバムはピンとこなかったんだけど、マジでいま一番ハマっているアルバム!

Senses Fail

見事なチャートイン、サウンドもまさにあの頃のスクリーモサウンド、

ほんでもって名曲ぞろい、ま、アルバムジャケットを見た時点で「なんかこのアルバムやばそう!」そんな印象を持っていたからさ、期待はしてんだけど期待を完全に上回る出来、キラーチューンがたくさん!!アルバムラストを飾る「If There Is Light, It Will Find You」はリアルに涙が・・・

Senses Failありがとう!





AttilaのCallout2では、なぜにディスられいたんだろうか・・・・・
ヴァリエーション豊かなSenses Failの新作もアップしたからチェックしてみて!


そしてまたまたPure Noise RecordsからスクリーモレジェンドHawthorne HeightsもアルバムBad Frequenciesが4月後半に発売だね、スクリームはないけど、新曲の完成度、安定感は期待させるね~~!!



Pure Noise Recordsさん、TERRORの新譜もよろしくおねげーしますよ!!そしてレーベルは違えど、Fearless Recordsからニューアルバム「Erase Me」が4月初旬に発売のUnderoath!!!新曲きた~~!ちょっと前だけど・・・




再生回数はすぐに100万超えるだろうね、世界中のファンが待ちに待った8年ぶりのニューアルバムだよ!待たせすぎ、てかあきらめてたけどww僕はニュースクール+ブラックメタルテイストな時代からのファンだからこれまた興奮しっぱなし!いまだに定期的に聴く名曲、長いけどww






ジャケットデザインもすでに公開、ジャケットからにじみ出た名作の予感、期待している人も多いでしょう!新曲聴いた時点で100点でしたもの!!

Stone1837003

ドハマリしたThe Changing of Timesからもう16年も経つんだね!

Stone1837005



・1999年:Act of Depression (Takehold Records)
・2000年:Cries of the Past (Takehold Records)
・2002年:The Changing of Times (Solid State Records)
・2004年:They’re Only Chasing Safety (Tooth & Nail Records)
・2006年:Define the Great Line (Tooth & Nail Records)
・2008年:Survive, Kaleidoscope (Solid State Records)
・2008年:Lost in the Sound of Separation (Tooth & Nail Records)
・2010年:Live at Koko (Tooth & Nail Records)
・2010年:Ø (Disambiguation) (Roadrunner Records)
・2011年:Play Your Old Stuff (Solid State Records)
・2012年:Anthology: 1999–2013 (Solid State Records)

・2018年:Erase Me (Fearless Records)


The Plot In You

They’re Only Chasing SafetyのSpecial EditionはConvergeのジェイコブデザインってのは知ってた?



ジェイコブらしい独特な配色とアート感、ジェイコブ好きならぱっと見でわかるよね、



3月4月もヤベーバンドのアルバムリリースラッシュだ!


・3/9・Between The Buried And Me「Automata Ⅰ」 (Sumerian Records)
・3/16・Greyhaven「Empty Black」 (Equal Vision)
・3/23・Blessthefall「Hard Feelings」 (Rise Records)
・4/20・TesseracT「Sonder」 (Kscope)

あなたが期待しているアルバムは何!ぜひ教えてください!

A Day To Rememberが、困難を乗り越えアルバム発売!

1

「訴えてやる!」でおなじみのダチョウ倶楽部もハードコア芸人じゃないの?という情報を友人からもらったんだけど、イエローモンキーの吉井さんとのコラボってことでロック芸人じゃないか!!!

熱湯風呂やおでんのくだりはハードコアだけどね。「訴えてやる」、いや訴えられまくりでお馴染みのVictory Recordsだけど、そんなゴタゴタを解消して自主リリースしたアルバムが最強にかっこいいんですよ。

そのアルバムはA Day To RememberのCommon Courtesy。

2

Victory Recordsと言えば本当に社長Tonyのワンマン経営で有名で、ThursdayやTaking Back SundayやAtreyuやHawthorne Heightsとか多くのバンドともめまくっているよね。Silversteinもそう。

A Day To Rememberの旧作Old Recordを再録は「2日で終わらせろ!」とか。

A Day To Remember - Old Record

完全なブラック企業です(笑)。「必ず2日で終わらせろ、でなければお前らのバンド人生を終わりにしてやる」、悪魔です。2日で録ったとは思えない出来ですけど(笑)。

A Day To Rememberにもうかかわらないでください!!!とはいえ、ようやくCommon Courtesyがお披露目されましたね。安定感が半端ない。最高で最強のアルバムです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

自主でリリースってことだからプロモーションは大幅に減っている。新譜が発売されることすら知らない激音ファンもいるのでは?!ヤバいアルバムが発売されたことみんなに知らせてあげたいよね。

てか、どこで買えるんだ!!!!HPではダウンロードできるけど、やっぱりCDがほしい。デラックス・エディションは11月に発売される予定、それまで待とう。

悪名高きVictory RecordsのTonyはこんな人。

627

Victory Recordsは最高のバンドがいるし大好きだからTonyをなんとか辞めさせれないものかな。

河内野