オルタナシューゲイザー「Nothing」のドメニク・パレルモの壮絶な人生がすごすぎて引くレベル!

ナッシング

夏は終わったのか?あの異常な気温は影を潜め、快適な温度ではあるが連日の雨での湿気がゴイスーである。世間は安室ちゃん一色だけど、Easy Moneyの来日公演も始まり、TurnstileAll Out WarXibalbaLionheartなどなど最強クラスのハードコアバンドたち、そしてさらにPower Tripと今週やばくない?安室ちゃん好きだけど、活動休止がかすむくらいのリリースラッシュ!!


しかし、1公演もいけない、Power Tripはチケットまで取ったのに、友人に譲りました…..


そんな絶望と、妬み、嫉み、ひがみ、ヘイトの塊となっているワタクシ、そんな時にきている曲がNothingなもんで、さらに陰鬱になってきた。




僕の体はさらに湿気をおび、体も心もじっとりとダークに・・・こんな陰鬱なオルタナシューゲイザーサウンドを生みだせるはやはり、Nothingのギターボーカル、ドメニク・パレルモだからこそ、

TER1898013

アメリカのコメディー俳優、アダムサンドラーに少し似てるねww、そんなドメニク・パレルモの壮絶な人生の出来事とNothingの歴史を簡単に説明していこう!



・フィラデルフィアのケンジントンという高犯罪率で薬物中毒者だらけといった、最悪な環境で育つ


■バンドHorror Showを結成する、Nothingのルーツはハードコアということがわかる。



■最悪の環境の中グレにグレまくりで暴行の罪を犯す、人を刺す・・・そして刑務所で2年を過ごす。


■出所後、刑務所での経験なども活かし音楽活動を再開しブランドン・セッタと出会う


■EP3枚「Poshlost demo」 、「Suns and Lovers」 、「Downward Years to Come」を発売


■Whirrとのスピリットを販売


■エクストリーム系レーベル最高峰「Relapse Records」と契約


■そしていよいよ1stアルバム「Guilty Of Everything」が発売!



■ライブの後にオークランドの地下鉄で男に絡まれ大怪我を負わされ組まれていたライブはすべてキャンセルに!


■神経変性疾患であるCTE(慢性外傷性脳症)の初期段階と診断される


■Collect Recordsと新たに契約しようとするもレーベルに融資していた会社の不祥事で白紙に・・・


■それでも数々の困難を乗り越え16年に名盤と名高い2ndアルバム「Tired Of Tomorrow」が発売!プロデューサーはWill Yip



■2017年1月に初来日を果たしている!

Nothing_2017

■そして2018年、約2年ぶりの3rdアルバム「Dance On The Blacktop」が先日発売!プロデューサーはDINOSAUR JRSONIC YOUTHBOB DYLANなどの作品を手掛ける超有名な、John Agnelloと最強の布陣!



ドメニク・パレルモの壮絶な人生、経験が生かされNothingのサウンドが造り上げられているんだとよくわかるね、それにしてもすごい人生、僕だったら現世をドロンしてしまっているかもしれない。



Ep時代から完成されたオルタナ/シューゲイズなサウンド、どの音源も捨て曲なし、すでにビッグなバンドだがまだ聴いていない人はぜひこの時期に聴いてみてください!


現在のメンバーではないがブラックゲイズ、ポストブラックのDefhavenにシューゲイザー、ドリームポップ、インディーロックのWhirlのニック・バセットが在籍していたことも有名な話、そしてハードコア好きはびっくりのJesus Pieceのボーカルを務める、アーロンがNothingのベースを担当!

Jesus Piece

アーロン、シャレオツっす!!NothingとJesus Pieceの意外なつながり、サウンドの高低差はとてつもないですね!



轟くディストーションサウンド、歪と反する美しさ切なさ浮遊感が合わさり妖艶であるサウンド、初見は違和感を感じるかもしれない、けど聴けば聴くほどに虜になってしまう、抜け出せないサウンドである。時に雨の日、そしてこれからの秋の夜にはばっちりなサウンド、バンドがNothingである!


Nothingはシューゲイザーというジャンルになるんだけど、ハードコアなどを愛する僕たちにはそこまでなじみのないジャンル、言葉かもしれない、シューゲイザーとは?


フィードバック・ノイズやエフェクターなどを複雑に用いた深いディストーションをかけたギターサウンド、ミニマルなリフの繰り返し、ポップで甘いメロディーを際立たせた浮遊感のあるサウンド、囁くように歌い上げるボーカルなどがシューゲイザーの一般的特徴として挙げられる[1]。
シューゲイザーには、1960年代後半に流行したサイケデリック・ロックのリバイバル、あるいは新解釈という面があり、オルタナティヴ・ロックの1ジャンルと捉えられている。

wiki参照



My Bloody Valentineがシューゲイザーの代表的なバンドとしてよく紹介されているが、何か物足りない、その物足りなさは言葉では説明しにくいがNothingの頭脳でもあるドメニク・パレルモのルーツがハードコア/パンク畑だったことが大きいのではないかと!


叙情派ハードコアからシューゲイズ / ポストパンクへと変貌を遂げてファンを驚かせたHundredthもいることだし、10月にニューアルバム発売のBasementだってTitle Fightだってシューゲイズの要素があり、ポジでも大人気なバンド、シューゲイズに注目するのも良いでしょう!

今週はハードコアの来日ラッシュ、疲れた体をNothingなどのオルタナ/シューゲイズサンドで癒すのもアリじゃないっすか!!

実はNothingのマーチもアルバム発売以前から多くのリクエストをいただいているということで取り扱い開始します!

ナッシング


ドメニク・パレルモも装着しているネックレスもありまっせ!Nothingグッズはこちらをクリック!



ニューアルバム発売後にはとんでもなくリクエストが来たんだけど、ようやく実現することができました!

Nothingファンたちよ!待たせたな!






追伸:
シューゲイズ?「激しさが足りない!」そんな方はJESUを聴いてみましょう!

日本昔話に出てきそうな京都は美山町にある「かやぶきの里」にHundredthのキャップ、Thousand BelowのTシャツを装着して行ってきた

HUNDREDTH

雲一つない快晴が続いていたのにこの日に限って、小雨だったんで気にせず出発!今回の行き先は京都府は美山町にある「かやぶきの里」を目指す!

BL18810002

車で1時間ちょい、小雨、田舎道ということでBGMは叙情系で、今回着用しているTシャツ、Thousand Below / サウザンド・ビロウや新しい音源も楽しみなCounterparts / カウンターパーツ、そしてと先日のビーチアンケートでも登場したSeasons In Wreckage / シーズンズ・イン・レッケージ、帰り道のBGMにとHopesfall / ホープスフォールのアルバム4枚を持参、山肌にかかった霧、とBGMが最高にマッチし、少し感傷的になりながら目的地へと!

エモーショナルな気分のまま到着、駐車場に車を止めるも大雨、雨が止むのを待ちながら写真を数枚、撮る!

かやぶきの里

かやぶきの屋根、地方の集落などではまだ見かけるけど、ここまでの数が集まっているのを見るのは初めて、世界観はまさに「日本昔話」である!

かやぶき屋根とは?

現代でも地方の集落や人気の古民家でみられる「茅葺き屋根」。

この歴史は、瓦屋根よりもはるかに古く、まさに日本の伝統の技です。
今ではすっかり見かけることの少なくなってしまった茅葺き屋根ですが、日本を代表する屋根の一つであることは間違いありません。

ジャパニーズレトロスタイル、ジャパニーズオールドスクールな建築物である、なぜか今ではヨーロッパで「かやぶき屋根」が流行っているようだ!



マップもレトロな仕上がりだった。

かやぶきの里

近くにはきれいな川、雨が降ってもこの透明度、来る途中には釣り客がたくさん、鮎などの川魚が生存しているようだ、さらに川下りなども行われているそう、次回は川下りだな!

Disturbia

電柱や車が移らなければまさに日本昔話、田舎育ちの僕でも感動するくらいだ、都会っ子ならもっと感動すると思うよ!

かやぶき

レトロなポストも良き味を醸し出している!

かやぶき

石垣に急な坂道、道のわきを流れる水路の水は美しく、空気もうまい!

Air Max 95

どのかやぶき屋根の家も人が住んでいる、散歩していたマダムは「夏でも最高に涼しいのよ!」とか「冬も最高にきれいよ」、「星空は超やばい」とか、いろいろなお話を聴けた、しかし、マダムの口から超やばいという言葉には違和感しかなかった・・・

美山

結構な雨が降ってきたので雨宿り、

Thousand Below / サウザンド・ビロウ

今回の着用アイテムは

Hundredth / ハンドレッスのキャップ
Thousand Below / サウザンド・ビロウのボーダーシャツ(XLサイズ)
Burning City Records - Stay Positive ドックタグ・ネックレス
Disturbia / ディスタービアのALL-Seeing ミニショルダーバッグ
・パンツ33インチ
・Nike Air Max 95 (29cm)




さわやかさも演出してくれる、ボーダーシャツをビッグサイズで着用しパンツは細目、ストリート感を出すためにキャップとハイテクのスニーカーを合わせ、ネックレスや時計、バッグの小物類でこなれ感をプラスさせたよ!いかんせん僕の顔面がさわやかではないのでボーダーは結構使えるぜ!!

Thousand Below / サウザンド・ビロウ

最近増えてきたAS colurのボディーを使用、さらりと体のラインに沿うやわらかい生地感、体のシルエットが出やすいので苦手な方はインナーに何か着用すれば問題解決、バンドロゴのさりげなさが良いよね、刺繍ではなくプリント!




小雨になってきたようだ!散歩再開!!

BL18810012

歩き出して間もなく土砂降り、見つけたカフェギャラリー彩花(saika)に避難!

BL18810013

かやぶき集落の中にある隠れ家的カフェ。まるいちゃぶ台に格子ガラス。良き雰囲気、僕は縁側に腰を下ろす。

カフェギャラリー 彩花

濡れたカメラの心配をしてくれる、きれいな店員さん、心の中では「惚れてまうやろ~!」気持ちを落ち着かせ、ケーキなども食べたかったがここはクールに「黒豆コーヒーをひとつ!」とコーヒーの身を注文!

カフェギャラリー 彩花

黒豆の香りするコーヒー、ブラックでいただく!美味でした!!

カフェギャラリー 彩花

写真画やラリーなどもあり、その中にある星とかやぶき屋根が映ったい一枚はマジで感動しました!

カフェギャラリー 彩花

縁側に腰を下ろし、ここで聴いた1曲はSylarが新曲 “All or Nothing”アルバム楽しみだね~~!またあの限定のジャケット、ニューカラー発売してくれないかな~!

縁側から見る雨のかやぶきも良きでした!

BL18810019

お近くに来た際はぜひカフェギャラリー 彩花へ!
カフェギャラリー 彩花

大きな大木を発見、

かやぶき

小さな神社を発見!

BL18810021

ご挨拶を・・・

BL18810022

ここにきて大雨、完全に満足しないままかやぶきの里をあとにする。

BL18810023

晴れた日にリベンジします!

BL18810024

撮影地:かやぶきの里

次回はどこに行こうかな!

では!

河内野






今回装着しているHundredthのキャップがもらえるお得なイベント開催しているの知ってる?先着10名!!

PDBL1882029

なんかいまいちルールがわかっていない人が多くwwまだ少量残っています。キャップページにアップした0円のキャップをカートに入れ、

PDBL1882030

その他何でも1万円以上のお買い物、さらに注文時のコメント欄にキャッププレゼントと記入するだけでHundredthのキャップが手に入るわけだ、簡単でしょ?こんな太っ腹のイベントなんてめったにしないからね、万が一キャップが残った場合はサイトにて定価で販売するからね、その時になって後悔しないように!




1万円以上お買い物するなら「0円のキャップ、カートに入れとけ!」ってことです!そしたら簡単なコメント残すだけで5000円以上のキャップがもらえるから!

【アンケート最終】「がわお」さんが選んだビーチで聴きたい夏の名曲がこれだ!No12

アンケート

夏の名曲アンケート最後の投稿になりました!

たくさんの投稿マジでありがとう!!!!!!僕のプレイリストはパンパンです!これもあなたのおかげ!!感謝感謝!


第12回目ラストを飾るのはがわおさん!ありがとうございます!


では、少し寂しいですが最後の最後の投稿をご紹介!


1曲目:WVNDER – Counterpart

MVはモロ冬なんですが、エモって日本の四季にフィットしてよりエモいです(無理矢理w)






2曲目:Makari – Transient

先述のWanderのVoさんが加入したMakari
Invogueと契約したようなので、Wanderより先に売れちゃいそうでよりエモいです…





3曲目:Seasons In Wreckage – Above The Trees

だいぶ前ですがVoさん脱退して、解散したのか休止なのか…激情サウンドと相俟って、聴く度に泣きそうです






4曲目:Villes – City Of Gold

マレーシアの大泉洋さんが最っ高に夏!






5曲目:Aviana – Canvas

猛暑続きなので避暑地スウェーデンへ(!?)






夏に聴きたい最強アルバムは?

Novelists – Noir

Novelists - Noir

8月にライブ観てきます
夏っぽいサウンドではないけど、楽しみすぎて個人的この夏の1枚!
音も服装も機材もセンスの塊みたいなパリジャン集団

BL18717073





夏に大活躍のバンドマーチといえば?

ハーフパンツ





今年夏一番のお気に入りのバンドTシャツは何?

CommuneのTシャツ!

12年経っても現役です!!





がわおさん、ありがとうございます!



そして夏に最強な一枚はCommune



そしてこの夏のお気にのバンドTシャツはDillinger Escape Plan/デリンジャー・エスケイプ・プラン – Dissociaflag Tシャツ(ブラック)

Dillinger Escape Plan/デリンジャー・エスケイプ・プラン - Dissociaflag Tシャツ(ブラック)

ブラックなんだけど涼しげなブルーのちょい夏感が好きです

デリンジャー・エスケイプ・プランのグッズはこちらをクリック!







がわおさん、最強な5曲に最強な一枚、その他の回答、マジでありがとう!

まずはWVNDER の Counterpartでスタート、MV見てたら少し涼しくなりましたwwエモーショナルであり、絶妙なポップ具合がたまりません!TRANSITなんかが思い浮かびました!灼熱のビーチをほんのり冷やしてくれるそんな曲ですね!そして2曲目にはMakari の Transient、突き抜けるようなボーカルがたまりませんね!オルタナティブからインディーロック、ポストハードコア好きにも!空間的な美しいギターサウンドもひんやりしていています!続いて3曲目には、Seasons In Wreckage の Above The Trees、叙情派バンド好きの中でも話題になった注目バンド、これまた美しいイントロで始まり感情的な叫びからクリーンに歌うパートまで「パーフェクト!」と思わず言ってしまう名曲です!後半にかけての感情があふれ出す展開は涙必須!!4曲名はVilles の City Of Gold、大泉洋さん率いるマレーシア出身、シンガポールで活動するバンド!かわおさんが大泉洋っていうもんだから!もうそれにしか見えなくなっちゃいましたww似てますねwwZESTONEから音源が出ていることから僕も知ったんですが、アジアンポストハードコアもレベルが高いですね!そういうことすら愚問なんですがwwラスト5曲目にはAviana の Canvas、避暑地スウェーデンへトリップしたかのような冷たい風を感じるプログレッシブ・メタルコア、来日もうすぐですね!

BL18717075

そしてがわおさんが夏に聴きたい最強アルバムに選んだNovelists の Noir、これまた名盤!!フランス・パリ産ということだけあってかわおさんが言う通りシャレオツなメンバーたち!サウンドはテクニカルでプログレッシブなメタルコア、シャウト、クリーン、美しいメロディー、めちゃくちゃハイクオリティー、いろんな表情があるんで夏でもOKな一枚ですね!!ライブ楽しんできてくださいね!!

Novelists



今回登場した5曲、にアルバム、持っていない曲はもちろん購入してプレイリストに追加しますね!!!!!



夏ソングアンケートの最後を飾ったのはがわおさんでした!ありがとう!!!!



今回参加してくれた強者たちは、


・てぃーやんさん
・xGENxさん
・Yu-Kiさん
・タッシーさん
・BAR WONDERさん
・AxCx48さん
・pineappleさん
・トトさん
・マスターピラーさん
・へいさん
・ヤギ@Rethpa.さん
・がわおさん




の12名でした!マジありがとう!教えていただいた名曲から名盤アルバムはもちろん、そこから芋ずる式に知れたバンドまで、僕のプレイリストは名曲でパンパンです!お盆に開催されるBBQでは肉焼いていても音楽に思わず耳を傾け「この曲だれ?」と思わず言わせてしまう名曲ばかり、何曲くらい「この曲だれ?」と言わせるか、しっかりアカウントしておきたいと思いますwww




マジありがとう!



5000円クーポン当選お楽しみに!

河内野

【移籍】Pure Noiseに移籍する超重量級のハードコアバンドは確実にブレイクするであろう!!

レフトビハインド

良いのか悪いのか台風が発生したため気温は少し落ち着いた感じ、とはいえまだまだ暑い!!

ガリガリ君とスイカバーを喰らい絶賛お腹がブレイクダウン中、胃の中はケイオス!なのでいったん夏ソングアンケートは休憩ってことでww※といってもまだまだ募集中なので下記のリンクからぜひ参加してクーポン、ゲトってください。

夏のビーチでかけたい僕たちの夏ソング募集!


やはり今回のアンケートですがポップパンクが多いね、やはり夏に聴きたい音楽はポップパンク、とはいってもシューゲイザーやエモ、サーフロックにミクスチャー、オシャンティーなポップスも多い、例外でデスコアやグラインド、メタリックなハードコア、暑さが増すドゥームでまとめた人まで、後半戦で紹介していくんで楽しみに!!



ポップパンクでも知名度、サウンドの完成度共に上位にいるThe Story So Farのニューアルバムが楽しみで仕方ない!ジャケットデザインもスケール感で書く、名盤になりそうな予感がするよね!

The Story So Far


新曲も公開されたがこの安定感にマチガイナイ感、やはりThe Story So Far期待が高まる、発売は夏が終わりを迎える9月の後半、今年はマジでポップパンクのリリースラッシュだね!



アルバム発売ということはマーチも発売、中でも個人的に手に入れたいのはこのデザイン!ジャケットデザインに極太なバンドロゴをプラスしたハイセンスマーチ、ボディーカラーもイケてる!



取り扱えるのも9月の後半と少し先だけどお楽しみに!The Story So FarはPure Noiseだけど、Counterpartsのepも楽しみである、B-Side曲ではあるけど新曲も相変わらずの良曲だった。

発売は9/7とThe Story So Farよりも少し早い、毎年言ってるかもしんないけど、今年はマジで豊作である!!


そんなPure Noise Recordsだが新たにレーベルに加わったバンド知ってる?それがウエストバージニア産STIGMATAのメンバー運営Unbeaten Recordsから移籍、見た目もサウンドも超重量級な暗黒メタリック・ハードコアバンド

Left behind

そう、Left Behind(レフト・ビハインド) なのである!
ブレイク/ビートダウンパートの極悪さはゾクゾクが止まらない!!

ポップパンクなイメージが強かったこPure Noiseに所属の叙情派も入れたハードコアバンドは

・Counterparts
・First Blood
・Knocked Loose
・Sanction
・Sharptooth
・Stick To Your Guns
・Terror

と、豪華になってきたね!

Knocked Looseのようにブレイクは必然かもしれないLeft Behind移籍前のマーチは今のうちに入手しておいたほうが良いかもね!ちなみに僕のお気に入りはこのロングスリーブ!マーチデザインのレベルが高いってのもポイント!

レフトビハインド

すでにレーベルメイトであるFirst Bloodとはツアーを回っていたし、これからTERRORKnocked Looseとのツアーも確実に開催されるであろう、Left Behindは注目しておかないといけない重要なバンドってことです!XIBALBACODE ORENGEHARMS WAYに などの暗黒で重量級なハードコア好きは絶対に頭に入れておいてね!!



Pure Noiseファスなんか開催してさポップパンクと同じ舞台で極悪メタリックハードコアのステージングを見てみたい!もしくはレーベルメイトのStatechampsThe Story So Farとのコラボ曲なんて、夢のまた夢かもね!TERRORの新譜はこの秋から冬にかけてでしょ?もしかしたらありえるかもね!他ジャンルとのコラボ期待してます!!



アンケートまだまだ募集中、7/30日の夜9時まで、あと5日間です!楽しみに待ってるね!

では!

河内野






追伸:
Pure Noise で忘れてはいけないリリースがBoston Manor オシャンティーでエモーショナルなロックサウンドは夏の夜にもバッチリとハマりますな~!

ハードコア好きも聴けるデスコアバンドとは?

デスコア

この雨はいつまで続くのだろうか・・・・事務所前にある川の水量が見に行くたびに増している、少し怖いんですが、この緊迫感、デスコア聴いているせいか余計に恐怖が増してくるんだよねww


恐怖感を一切感じないデスコアといえばAttilaww


ピザは地球上で最強の食べ物





相変わらず偏差値の低いリリック、ピザに関してのリリック、「ピザとパイナップルの組み合わせはクソ」だと、Callout 2に引き続き叫んでおられますwww・・・・相変わらず酷い、


けど、そのアホさが好きなんですよね!


個人的にこの1週間はデスコアにハマっております!



10月にはI Declare Warの来日!!

I Declare War




さらには来年2019年になるけどWitin The Ruinsの来日も決定している。

B1862011046


と人気のデスコアバンドも来日が決定しているようで、先日、

「店長最近デスコア聴いてないっしょ!」

と突っ込まれたところなんでww聴いてますよ!!!とはいっても大御所だけどWhitechapelSuicide Silence(ミッチ時代)は良く聴いてるよ!Djentやテクニカルなのはちょっと最近聴けてないかな、正直ディグれていないね!



Lorna ShoreのボーカルTom Barberを迎えたChelsea Grinのニューアルバムはとても楽しみ、デスコアの中でも群を抜いて期待されているアルバムだね!新曲も洗練されてる!来週発売だ!



チェルシーグリン



Chelsea Grinとともに注目のリリースだたのはImpending Doomの6thフル・アルバム「THE SIN AND DOOM VOL.Ⅱ」だよね!


impending doom


始まりから終わりまでブルータル、まさに筋肉系なミドル店舗の極悪ゴリッゴリズンズンワッショイ!!強烈極まりないグロウル、近年主流なテクニカルなデスコアには出せないノリ重視な楽曲が僕みたいなハードコア好きをもうならすんでしょう!ダウンテンポのハードコア好きなら間違いでしょう!



昨晩の大雨のドライブでのBGMもこのImpending Doomの6thフル・アルバム「THE SIN AND DOOM VOL.Ⅱ」だったんだけど、ポップスしか聴かない友人にとってはただの雑音、いや、流している間は地獄だったようで・・・

「何でも聴くよ」



という友人がいた場合は絶対にデスコアやグラインドコアをかけます!!


そして顔がゆがむ友人に対し「何でも聴くよ」っていったやん!と突っ込むのが快感ww



ということで「何でも聴くよ」と言ってるヤツの9.9割は、デスコア、デスメタルなど究極なエクストリームサウンドは受け付けないということだ!



そうそう、デスコアではないんですが、全く話題になっていないけどハードコアの流れを汲んだオールドスクール・デスメタルバンド Jungle Rotの新譜も今月中に発売だね!Chelseagrin並みに楽しみな一枚!アルバムアートデザインがカオスですね!

jungle rot




デスコアに関してはあまりディグできていないんだけど、詳しいそこのあなた!

今注目すべきデスコアバンドを教えてください!

僕は昨日に続き、Impending Doomの新譜を聴きながらTシャツたたみなおします!

では!

河内野