【2020年】の最先端トレンドの「10のキーワード」から注目すべき「バンドマーチ」をリストアップ!

ZBL20120002


1月の半ばっていうのに暖かい日が続くね~!毎年、今の時期は雪が降っているころなんだけど、春を目前とした3月のような気温、パーカーとコーチジャケットのみでも快適に過ごせる心地の良い日だった、今朝からいきなりIgorrrのMVを観ちゃって・・・・殺られております!すごい映像ですよね!さすがの奇才ですね!





そういえばKnotfestでSuicide Silenceの出演が決定しましたね!先日発表されたComeback Kid、3月だけでもパッと思い浮かぶのはBrujeriaPig DestroyerHopesfallTakenLagwagonと来日ラッシュ、どれに参戦すべきなのか迷ってしまいますよね!特に社会人、家庭のある人には苦渋の選択が必要になってくるね!

2020年も初っ端から来日ラッシュ、リリースラッシュ、と、それだけじゃなく、バンドマーチの新作、毎日更新される情報についていくのも大変だ、大好きだからうれしい悲鳴だけどね!20年バンドマーチはどんな新しい動きがあるのかどんな新しいアイテムが生まれるのか?何が流行っていくのか?とても楽しみである!


去年でいえばフォトデザイン、90’sやレトロフューチャー、アウトライン、ジャパニメーション、カラーでいえば、ナチュラルカラーなど、アイテムに関しては新しい形のマーチってのは思い浮かばないけどレディースアイテムのクロップドシャツやパーカーは19年から数点だけど販売されていたね!クロップドっていうのは今日アップしたこのアイテムみたくお腹あたりの丈のアイテムのことね!



Madball



トレンドを踏まえ発売されるバンドマーチだからこそ2020年のファッションのトレンドを知っておくべしってことで今回は20年のトレンドから注目すべしバンドマーチをリストアップしていくぜ!

トレンドカラー


トレンドカラー

クラシックブルー
トレンドカラーは、取り入れるだけで、最新のトレンドを感じさせることができるので難しいファッションの方程式などは必要ない!ただ取り入れれば良いだけ!多くのファッション雑誌や媒体を見てトレンドカラーに挙げられていたのは僕達にもなじみが深い藍やデニムのようなクラシックブルーカラー、バンドマーチでも多くはないけどちょこちょこ見かけるカラーだよね!ネイビーに近いカラーなのでネイビーのアイテムを取り入れるべしなのである!例えばこのShelter /シェルター – Jump ロングスリーブとか


Shelter


もうすぐRegulateと来日する、Krust / クラストのこのBones Handplant Tシャツとかね!

KRUST

とかね、このクラシックブルーーってのは見ていてもわかるように安らぎを与えたり、信頼などのイメージ、さらには海の底、深海のようなダークかつ美しい浮遊感、集中力を高める色でもあるんだよね!あなたのバンドマーチコーデにも取り入れよう!あなたらしいブルースタイルで!!

※ネイビーカラーのバンドマーチはこちらをクリック
※ブルーカラーのバンドマーチはこちらをクリック






ではハイブランド雑誌、20年のSSからAWのコレクションやランウェイをチェックした中ならリサーチし、特に話題になっている、はブランドの新作に使われている柄からデザイン、キーワードをいくつか厳選したんのでバンドマーチにあてはめて紹介していく!


トレンド柄やデザイン、キーワードなど


ネイチャームード

ネイチャー

ジャングル、バンドマーチでも多い南国リゾート、パームデザインとか、大自然なデザイン、身近なガーデン、キャンプなどなど、色々なネイチャーに関してのモチーフが注目されている、バンドマーチで当てはめるとすれば、このProtest the Hero/プロテスト・ザ・ヒーロー – Animal Kingdom Tシャツなんかは大自然やジャングルを感じさせつつも無二なアートに昇華させているし、ネイチャームードというキーワードにもハマっているかと!





シャーベットカラー

シャーベットカラー

バンドマーチでも人気のライムグリーンから淡い紫、ラベンダー、さわやかさに爽快感も感じれるペパーミント、などのシャーベットカラーも多くのコレクションで見かける、このGorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ – Queens Style ロングスリーブなんかはもろにシャーベットカラーである!差し色でこのカラーを使うのではなく、ワントーン、パンツも同じ系統にするのがトレンドのようだが、なかなか高度なスタイリングになりそうなのでまずはトップス、もしくはパンツどちらか、さらには小物だけでも取り入れてみよう!!




ゼブラ柄

ゼブラ柄

バンドマーチでも19年度に多くのレオパード柄が登場したけど、その流れを汲んだ新しいアニマル柄はゼブラ柄がキテイルようだ!バンドマーチではこのCHON/チョーン – Zebra カスタム・タンクトップオンリーだが、これから増えていく予感はビシビシと感じている!小物などでワンポイント取り入れるのではなく大胆にメインアイテムとして取り入れるのがポイントのよう、もう少し先になりそうだが、某バンドからゼブラ柄のパーカーが発売予定なのでお楽しみに(^_-)-☆




グリーン

グリーン

ネイチャームードにつながるジャングルを彷彿させるような鮮やかなグリーンを取り入れたルックが多くみられた、来日も決定しているこのLagwagon / ラグワゴン – Legal Speed Tシャツがまさにそんなグリーンである、鮮やか目のグリーンは少ないが、グリーンアイテム数多く取り扱ってるのでチェックし好きなバンドのアイテムがあれば取り入れるべし!※グリーンアイテムはこちらをクリック!シャーベットカラー同様にワントーンでコーデするのがポイント、先日期間限定で販売したBad Brainsのパーカーとスウェットパンツ、購入者はほぼ上下セットアップとして購入してくださっていた、すでにこのトレンドを予想していたのかもしれないね!




ニュー・ミニマリズム

極限までシンプル化した服などをブラッシュアップさせたニュー・ミニマリズム、シンプルな中にブランドが持つバックボーン、DNAを前面に出したアイテムが多く登場!そのブランドにしかないこだわり、バックボーン、アイデンティティ、バンドマーチ同様、そういった流れがファッション界にも起こっているようだ、このアイテムと選ぶのは難しいがやはりバックボーン、アイデンティティを持つアイテムはバンドマーチならではなので自信をもってバンドマーチを着用すべしだ!しいて言うなら、わかりやすいスケートスタイル、パンクスタイル、一見してそのジャンルを想像させるスタイルっていうのがより良い風潮になってくる可能性を感じさせる!




ポルカドット

ポルカドットとは、 ピンドットより大きく、コインドットより小さい水玉、ドットのこと、 シャツ、女性用のワンピースなどにでよく見る最も標準的な大きさのドット柄だね、僕的にはレトロを感じさせるドット柄、バンドマーチでは見かけたことがないね、ドットはあるけどドット柄はねなかなか難しいかな、ファッション感度の高い次世代のバンド、もしくはCHONやPolyphiaあたりから発売されるかもしれないね!頭の隅にでも「ドット柄」を入れといてください!



デニム

タイトなデニムシャツ、Gジャンやフレアパンツなど、レトロ雰囲気のデニムアイテムがトレンド、ランウェイやルックで一番見かけたのは裾が広がったフレアパンツ、00年代のインディーロック、スクリーモバンドによく見られたアイテムであるがその流れがまたキテいるようだ!音楽もファッションもトレンドを繰り返すんだね!タイトすぎず太すぎないストレートなフレアデニムってのがポイントね!思い浮かぶのはAt The Drive Inや初期のころのEvery Time I Dieとかね!フレアデニムパンツといえばブーツがよく合うイメージだけど、オールスターのハイカットの相性は抜群なので取り入れてみては?




メローイエロー

メローイエロー

先ほども出てきたグリーンとともにランウェイを席巻したのが、明るいイエロー、メローイエローであった、これはバンドマーチでも18年後半から急激に増え、定番化したカラーですよね!19年度最強の10枚にも選ばせていただいたAngel Du$T、そうAngel Du$T / エンジェル・ダスト – Pretty Buff ロングスリーブはまさにメローイエローなカラー、そこにジャングルも感じさせるアート作品、まさにトレンドアイテムではなかろうか?引き続きイエローアイテムの新作は多く登場するのでこれからも注目である!※イエローアイテムはこちらをクリック!




レトロチェック

 レトロチェック

チェック柄はバンドマーチでもシャツなどでよくみられるんだけど、ギンガムチェック、画像右寄りのマドラスチェックってのは見かけないね、インナーにバンドTシャツその上にギンガムチェックやマドラスチェックを取り入れるのもアリだな!この2チェック、レトロな雰囲気を醸し出すアイテム、子供っぽくも見えてしまうギンガムチェックを着こなすのは少し難しいのでご注意を!





これまでに紹介してきた中にも登場しているキーワードで重要なのは、ワントーンセットアップ!同色で上下を合わせるスタイルは19年同様20年もトレンド、そしてスーツなどのジャケットスタイルもワントーンセットアップを踏まえている、スーツは上下同じカラーが当たり前だもんね、近年のストリートなスタイルが男性から女性、老若男女、キッズからDGN、年配にも流行っていたその反動が今きている、だれもが着用しているSupremeなどのストリートブランドも勢いが収まっていくだろうね!そっちのほうが僕的にはありがたいのですがwwwいわゆる反ストリートスタイル、90’sなストリート、スポーツミックス、オーバーサイズなスタイルも徐々に街から消えていくと予想されている、流行ってのはほんと怖いよね!!


僕たちはそんなことも関係なしに10代の頃から変わっていないストリートなスタイル、そこに今回紹介したようなトレンドをうまく組み合わせて順応していくべきだと、芯の部分はブラさずにうまくトレンドと付き合っていこうということです!流行するといわれているスーツのスタイリングもストリート感を出すことだってできるわけだからね!



今回の記事も真に受けずぜひ参考までに!頭の隅にでも入れといてください!定期的にファッションお話もバンドマーチや音楽と組み合わせて話していくんで2020年のブログもシクヨロです!!

では!

河内野





ファッション感度も高いHigher Powerの新MVが公開されたね!ブログをしっかりと読んでくれたあなたは気づいていると思うけどボーカルは上下ワントーンのスタイリングだよね!うまくトレンドを取り入れながらも「終わる」と言われているwwストリート感ある最高なスタイリング!曲も映像の世界観も最高です!アホ面に見えてしまうスキっパもおしゃれに見えるwww

11/11は独身の日!独り身ですが何か?2019年度の最強の10枚にノミネート予定のハードコアアルバム聴いて独身という事実を忘れる

INK191112009

11/11日、昨日はポッキーの日、中国では「独身の日」らしい・・・・なんか40代を目の前にして独身の日ってのは妙に悲しくなってしまう・・・そんな今季を逃した野郎どものための日なのだろうか?この年まで結婚できなかったのはやはり問題があるのだろう、わかってますよ(怒)



エモイ音楽なんて聞いたら泣いてしまいそうなんで、ハードコアミュージックを爆音で聴きテンション上げてこ!ヘイトで極悪なビートダウンハードコアばかりをBGMに、

インスタにも「We Are Back Next Year」とアップしたことから久々の復活が期待できるSix Ft Ditch、アルバムが出るなら2020年かな?そうなったら6年ぶりだ!マジ楽しみ!!!

ヘイトも音楽で吐き出したので独身への劣等感は消えつつある!ハードコアといえばゴッドファーザー、Agnostic Frontがニューアルバムをドロップしましたよね?といってもまだ聴けていない・・・LPは購入したけど輸入なので当然まだ届かない、Spotifyではなぜか配信されていない・・・海外では配信されているようだけど、この時間差は何?早く聴きたい!!!!!


Sick Of It Allは18年にアルバム発売!そして今年の19年はAgnostic Front、なら2020年は?期待しちゃうよね!そうですMadballである!でもMadballも18年にアルバムリリースしているからそれは無いとして、来日はもしかしたらあり得るんじゃないかな?現在はというと、ツアーもひと段落しているようだね。



フライヤーに書かれているNo Optionってデラウェア産のハードコアバンドも要チェック!最近だとKnocked LooseKing NinePurgatoryなどとも共演して沸々と人気が上がってきているようだ!



Knocked Looseの来日公演も正式に発表されたね!SANCTIONもね!


Knocked Loose

今年も良作なハードコアアルバムがひっきりなしに発売されてきたんだけど、そろそろ2019年のまとめ企画「19年-最強の10枚」(今年の10枚)も選んでいかなくちゃね!18年度河内野が選んだ10枚は下記からチェックしてみてね!

18年度の10枚ではハードコアバンドだけでも下記の4枚を選んでいた!
Regulate – In The Promise Of Another Tomorrow
HOPESFALL – Arbiter
Vein – Errorzone
TERROR – Total Retaliation

19年に入っても良く聴いていたのがRegulate、そして来日も決まったHOPESFALLは今日も聴いてたね、ハードコアだけでも選ぶのがマジ大変だった、19年はさらに大変になりそう!

この「19年-最強の10枚」(今年の10枚)のために常日頃から音源をリストアップしているんだけど、僕が今のところ選んでいるハードコアあアルバムを紹介してみよう、まだ未聴なアルバムがあったら是非チェックしてみてね!間違いなく名作だから!


Renounced – 「BEAUTY IS A DESTRUCTIVE ANGEL」
叙情派ニュースクールから叙情派メタルコア好きは間違いないでしょう!

Renouncedグッズはこちらをクリック






Refused -「War Music」
スウェーデン・レジェンダリーハードコア、Refusedですよ!ハードコアの枠を超えた前衛的なサウンド、中でも6曲目のヘヴィーチューン「Turn The Cross」がオススメ!

Refusedグッズはこちらをクリック






All Out War -「Crawl Among the Filth」
メタリックサイドなNYHCのシーンの立役者、全くぶれないザックザクの刻みリフにイーヴォーなボーカル、実家並みの安心感!!

All Out Warグッズはこちらをクリック






Death Before Dishonor -「Unfinished Business」
名手Zeussのプロデュ-スで前作よりもサウンドは図太くも相変わらずのDBD節、ボストンハードコアならではのパンク感も絶妙でタフでヘヴィーなのに聴きやすいキャッチー感!もっともっと話題になと思っていた一枚なんですが・・・

Death Before Dishonorグッズはこちらをクリック






ABUSE OF POWER -「What On Earth Can We Do」
アートすぎるジャケでもおなじみ、90’sメタリックハードスタイルでニュースクールでもオールドスクールでも響くミドルスクールサウンド!程よくメロディアスでエモーショナル、良い意味でチープ感あるメタリック具合がたまりません!






CHAMBER -「Ripping/Pulling/Tearing」
Pure Noiseのハードコアラッシュだった19年だけど僕はこのCHAMBERをオススメしたい!カオティックかつモッシー、時折顔を出す叙情性にテクニカルなフレーズ、カオティック過ぎずモッシュコアすぎず絶妙なライン、不協和音が脳に侵食してくる!

CHAMBERグッズはこちらをクリック






ONE STEP CLOSER -「From Me To You」
メロディックなオールドスクールからモダンオールドスクール好きを魅了するパッションネイトなオールドスクールサウンド!近年では少なくなったこのサウンド、このレベルのクオリティーを出すバンドが現在に現れるとは!!フルがマジで楽しみ!






SAFE -「Power Of Bliss」
ONE STEP CLOSERとはまた違う、モダンオールドスクール全盛期を彷彿させつつももろメロディック寄りな曲もシンガロング満載な曲も、バラエティー豊富な一枚!
18年リリースのepアートワークはもろにクリシュナコアを意識してる?ShelterのMantraにも通づる部分もあるもんね!






FURY -「Failed Entertainment」
まさかのRun For Coverからのリリースもびっくりしたがアートなジャケに深化したサウンドにもびっくり!まさに次世代なハードコア!オルタナ、グランジ的要素を取り入れグルーヴ感も増す、多彩なヴォーカル・ワーク、サウンド的には異なるがTurnstileのようにシーンの流れを変えてしまう一枚かもしれない!






Fuming Mouth -「The Grand Descent」
CONVERGEのKurt Ballouプロデュースってことで知ったバンドなんだけどサウンドはスウェディッシュ・デスメタル影響下のヘヴィーなメタリックハードコア!ドロドロの暗黒なモッシュパートも最高!そしてこのジャケも最高なんです!

Fuming Mouthグッズはこちらをクリック






Restraining Order -「This World is Too Much」
クラシックなハードコア・パンクが現代によみがえったようなサウンド、USハードコア・パンクのルーツ的なサウンドが新鮮!ブラックフラッグ好きもぜひ!アルバム一枚で15分ほどなので何週も何週も聴いてます、テンション上がって効率が上がる作業用BGMとして!






VLADA INA -「Chained Down To Things That Are」
自称OUTTA SPACE HARDCORE、True Chillのぶっ飛んだバカなジャケも印象に残っている人も多いはず!メタリックかつグルーヴィーなハードコア、Get The Shotを連想させるがなり立てて歌うスタイルもポイント、Cold World や Biohazardも感じさせるパートもあり、個人的に大注目なバンド!






これ以外にも何度も紹介している、VarialsKnocked LooseSanctionYear of The Knife、も最高だったし、重鎮である、Born From PainSworn EnemyBrick By Brickも最高だった、ハードコアといってよいのか絶妙なところでいうと、CEREMONYAngel Du$t、もよく聴いてるしね、BDHWからのRYKER’SGUILT TRIPBRUTALITY WILL PREVAILのユーロ系バンドのアルバム達もまだまだ記憶に残っている・・・ハードコアだけでもこれだよ、さらにはメロディックにポップパンクにエモ、ポストブラック、ポストメタル、シューゲイザー、インディーロック、メタル・・・今年も選ぶのに相当な時間がかかりそうだ!



あなたもそろそろ2019年のまとめ企画「19年-最強の10枚」(今年の10枚)用に準備しといてね!

河内野

追伸:
Pure Noise系のハードコアバンドにも確実に多大な影響を与えただろう、Disembodiedも12月にアルバムが発売!と思いきや過去作LP3枚組で再発なんだね!

2020年はHigher Powerのアルバムが一番楽しみかな!

【17年度】明けましておめでとうございます!「店長:河内野」が選んだ2017年度「最強な10枚!」で2018年スタート【No.9】

BLG16120106111



どうもどうも、明けちゃいましたね、2018年、おめでとうございます!今年もよろしくです!


新年、特に正月らしいこともせず、エクストリームな音楽まみれで過ごしています、初夢は覚えておらず、初マーチはTERRORジャケットとFit For A Kingのパーカーで朝日を見てきた。



新年一発目は「俺の10枚」河内野編でスタート!年末から考えだしたなんだけどマジで迷いましたww


BLG161201052-0

BLG161201060
AYS

ユーロ圏でいち早くモダンなテイストを取り入れたグルービーでオリジナルなハードコアサウンドを奏でるAYS から5枚目のアルバム「worlds unknown」やはり先駆者、曲ごとに表情を変え飽きない一枚、とにかくセンスが良い、ジャケットデザインも毎回独特でカルト的なのからアジアンテイストなど、他のバンドにはないセンスが爆発、マーチは癖が強く若干ダサいんでスルーしてますがww一発目はAYSでした~!





コンバージ
今回のアンケートでも多くの仲間が選んだ、説明不要、Convergeの「The Dusk In Us」100点満点としたら1万点越えしてしまう規格外のすばらしさ、すでにCD100周越えしてます、深化している部分はあるもののやはりハードコアなんですよね、文句なしの名盤、1曲を選ぶとしたら?「選びきれません!」コロコロ変わってしまうけど現時点ではConvergeの最高傑作かと!「ここまで興奮させてくれてありがとう」と言いたいねww





オールピッグマストダイ
Convergeのベン、The Hope Conspiracyのケヴィン、Bloodhorseのアダムにマット、そして最新作「HOSTAGE ANIMAL」からTrap Themのブライアンの カオティックオールスター率いるAll Pigs Must Dieの「Hostage Animal」ちょっと….やばくない、初聴、「あ、Converge越えちゃってる?」なんて思ったり、正直どちらのほうが良いのか?いまだ判断できず、、、油断する隙すら与えない怒涛の展開に今作もブラックがかったトレモロ、荒々しいブラストで爆走するデス・クラスト・メタリック・ハードコア!!!最強なアルバムでした!マーチはイケてます!






ハイアーパワー

イギリスはLeeds出身のモダンでグルービーなハードコアHigher PowerのアルバムSOUL STRUCTURE、初聴はShelterやん!!そう大好きなShelterを連想させる高音のメロディアスなボーカル、グルーヴィーでメタリック、90年代の初頭のポストハードコアを連想させるあたりも僕のツボ、ShelterからQuicksand、Leeway、Turnstileが好きなら間違いないね!






Zola Jesus
コールド・ケイヴ関連で知ったZola Jesus、アルバム「Okovi」ひそかにマイブームだったダーク・ウェイヴ、初めて聴いたのは「Exhumed」で大好きなビョークからの影響を感じたんで速攻音源ゲット、USアンダーグラウンドの若き暗黒女王”と呼ばれるのも納得な暗黒でアバンギャルドで美しいエレクトロサウンド、Okovi(「束縛」)』というタイトルも納得の傑作、前作も一緒に購入したんですがひどいくらいにポップで速攻売りましたww次回作も同じくダーク・ウェイヴな路線で行ってくれるのであればうれしいのだが
ジャケットに惚れてからサウンドに惚れたパティーンです!この手のサウンドはもっと掘っていきたい、詳しいそこのあなたいろんなアーティスト教えて!!!





コックスパーラー

ロンドンはストリートパンク、オイ・パンクのレジェンド”COCK SPARRERは10年ぶりのアルバム「Forever!」、バイク好き、サッカー好きの兄貴の友人があまりの興奮気味で「コックスパーラーアルバムでるぞ~~!」店に来るたびにCDをガンガンかけられたおかげでどっぷりハマってCD買っちゃいました!キャッチーでシンガロング必須、極上のメロディー、男らしさ、やっぱり「音楽ってシンプルでストレートがかっこいい!!」そうお思わせてくれた一枚!パンクスなスタイリングにあこがれてMサイズのマーチを買うもピチピチすぎて着用していない…..痩せなければ….Booze & Gloryと迷ったけどやはり歴史と貫録を見せてくれたCOCK SPARRERを選びました!





ノー・ウォーニング

もう二度と聴くことはできないと思っていたNO WARNINGのニューアルバム、賛否両論だった前作「SUFFER, SURVIVE」から早くも12年、ついに発売された「TORTURE CULTURE」まずジャケットを見た時点でただものじゃないセンスを感じたんだが中身は予想を超えて80~90年代パンク/ハードコアとベイエリアスラッシュのクロスオーヴァー感あふれるサンドを現代にブラッシュアップ、Alice in Chainsを連想させる曲などや人気のモダンUSハードコアな部分も若干プラスさせ完全オリジナルに仕上げた名作、当然LPも入手、今年一番聴いた作品かもしれない!






パワー・トリップ

USはテキサス産のクロスオーバー・スラッシュPower Tripの2ndアルバム「Nightmare Logic」今では引っ張りだこなバンド、マーチも初期作品から購入し愛着あるバンド、Armaggedon bluesでスラッシュ好きの仲間内で話題になったのをよく覚えている、30代40代のハートも鷲つかむザックザクに刻むリフ、80年代のベイエリアスラッシュがそのまま現代にタイムスリップしてきたようだ!仲間たちとメタルライブに行く途中の車の中では何度「Swing of the Axe!」とシンガロングしたことか、テンションを上げるとき、単調な作業をしているとき、車の運転時とどこに行くにもPower Tripがここにいた!!!






カウンターパーツ
叙情系なら間違いなくNo.1作品であろうCounterpartsの「You’re Not You Anymore」ランニングマシーンに乗りながらレックしてんじゃないかってくらいの疾走感は相変わらず、ハードコアの攻撃力と綺麗な叙情的フレーズの回復力、RPGの主人公のようなヒーロー感、さすがっす!マーチも一気にアートに寄てきまして17年人気だったな~なんて、よく撮影とかに行くんだけどその道中によく聴いた思い出が、想像通り、あの疾走感、車のスピードはみるみる上がり、リミッターカットで叙情的なフレーズに涙し爆走していたw「美しいハードコア」この言葉が一番ハマる「You’re Not You Anymore」でした!






メンジンガーズ

フィラデルフィア産、エピタフ所属ののパンク・ロック・バンド、The Menzingersの5枚目となるアルバム「After The Party」キラキラとしたポップパンクもよかったがやはり大人の哀愁、を感じさせつつもパンクってのがいいんですよね~いまだ大人になりきれない30代.40代には伝わるであろうこの大人になり切れないけど絶妙に感じさせる哀愁感、17年の初めあたりに発売されたんだけど車には常備、黄昏るときもこのアルバムは年中通して良く聴いていた思い出がある、ストリートパンク好きからポップパンク好き、にもマジ大推薦な一枚!


NO WARNINGの「TORTURE CULTURE」発売された喜び、Power Tripなどクロスオーバーやスラッシュなどにハマった17年、その中でも大好きなハードコアバンドNO WARNING、Convergeと迷ったが明らかにNO WARNINGのほうが聴いていたってことでNo.1に決定!
No Warning





BLG161201053

SWAIN – Never Clean My Room

SWAINというグランジ、オルタナバンド、いろんなサイトで音源探してたら妙にインパクトあるアルバムジャケットを発見、ピンク背景に頭部借り上げた部分にアルバムタイトル、Youtubeで検索し出てきたのがNever Clean My Room、もろに好みのグランジサウンド、名曲揃いなんだけどNever Clean My Roomが良すぎてこの曲しかほとんど聴いてない、もっと聴きこんでいたら間違いなく10枚の中にランクインしてたんだけど….根暗でナード、薄汚いんだけどリアルな美しさがある、個人的にはRadioheadのCreepやNirvanaのHeart-Shaped Boxを初めて聴いた時と同じような電流が体に走った、そんな個人的名曲、アルバムも最高なのでぜひ!





BLG161201054

August Burns Red – Invisible Enemy

August Burns Redも最高なアルバムだったんだけど購入して1か月後に友人に貸してから返ってきていないんですよね、そこでMVばっかり見てたんですがこのInvisible Enemy、サウンドも最高なんですがデジタルなMV、CG、リリックビデオが多い中アナログでしっかりと手の込んだつくりの人形劇がたまらなく好きなんです!





BLG161201055

完全にジャケットアートにほれ込んで全くの情報なしに購入した一枚!まさにジャケ買いです!17年初めに発売されたんですが知ったのは夏あたり、サウンドはアトモスフェリックなポストハードコア、後期のPoson The Wellにメランコリックをプラスさせたかのようなサウンド、暗黒で孤独で憂鬱なアートなジャケットにほれ込みました!!

The Drowned God






TERRORの限定ジャケット、今季一番お気に入りのアウター、Sylarの限定ジャケットと迷ったんだけど、バンド自体はTERRORのほうが好きなんでwwお馴染みのイーグルロゴが 胸に、バックにはHARDCORE TRUE BELIEVER、そして中期のバンドロゴがさりげなく、ハードコアなメッセが詰められた背中に仕上がっている さらに、袖にはHCハードコアの頭文字がプリントで他のMA-1をさらにハイレベルに仕上げた最強ハードコアアウター!!
テラー ハードコア





BLG161201059

みんな大好き、ウォーキング・デッドのシーズン6後半から7、「ニーガンやべ~~!」の一言に尽きますwwシーズン8はこの正月にって思ってたけど時間がない!!!じっくりと見ていきます!今年は映画ほとんど見れなかったんだよね~!






2017年はこんな感じでしたね、音源に関しては最高な音源がありすぎて….明日になればこの10枚も変わってくるくらい迷いに迷いました、17年、特にデスコア、グラインド、ブラックなどに関しては掘り下げれなかったんで18年こそ!!マーチではピンクが流行りカラーヴァリエーションが増えた年、加工されたアイテム、ブリーチ、タイダイ、ヴィンテージのヴァリエーションも増えたしアウターの種類も増えた、18年のマーチの進化も楽しみである!そしてメーカーの担当者が変わって塩対応になったのが残念wwクッソ~!

ということで2018年もよろしく!!!

河内野

追伸:
今年はガキ使見てないんだけど面白かった?

メロコア?パンク?スカ?レゲエ?いや夏だからこそ聴くべきはハードコアでしょう!

Madbal

暑い暑い、こちら京都の北部は35℃、スーパー猛暑であります。顔面や腕は焼けてるんだけど足が真っ白だから今日はディッキーズのハーフパンツをはいて足をコンガリと焼いております….しかし照り付ける太陽に負け10分程度でギブ!

先日も言ったけどSick of It All来日ってことでスナップバックとソックスはSOIA、シャツはMadballなんだけどね、10月の来日がマジ楽しみだ。夏といえばメロディックやポップパンク、なんかもばっちりハマるんだけどやっぱり夏は男らしくハードコアが聴きたくなるんだよね。

ハードコアバンドの来日も楽しみなんだけど続々と新しいアルバムが発売されるよね。まさかの Devin Townsend がゲスト参加の新曲、まさにスタイルウォーズ、クロスオーバーなハードコアサウンドでほのかな叙情性、そして昨日またしても新曲が公開!

COMEBACK KID – Somewhere, Somehow (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

疾走感増し増し、メロディーワークも最高、初期を彷彿させるシンガロングと泣きのメロディー思わずニヤニヤしてしまった!楽しみすぎるアルバム、発売は9月8日、ジャケットも素晴らしい!

ビデオではメンバーがSick Of It All、One Love Apparel、Cro-Mags、Leatheface、Flatliners、Silent Planet、Risk It、Rotting Out、などのバンドマーチを装着、バンドマーチ好きにもたまらないMVである!個人的に注目しているのはBeatdownhardwearのこのバンド!

SLOPE “Goodbye Mr. Dandy” OFFICIAL MUSIC VIDEO

TurnstileTrapped Under Iceっぽさもあるドイツのバンド、90年代初期を感じさせるレトロな仕上がり人気出そうなバンドである。Beatdownhardwearといえばやはりこのバンド!

NASTY “Rock Bottom” OFFICIAL MUSIC VIDEO

相変わらずのザックザックで安定のビートダウン、ハイセンスでドープなビデオ、今年の夏には来日、アルバムは9月発売!ビートダウンバンドの最高峰、楽しみすぎるね!最近ドはまりしているのがこのバンド

Higher Power – Four Walls Black (Official Music Video)

グルーヴィーでメタリックでオルタナティブ、レイキャポを彷彿させるボーカル、ちょっと遅れ気味だけど今一番聴いているバンド、マーチも取り扱いたいね。

こんな感じで個人的にもハードコアががっつり夏ライフを彩ってくれてます!あなたが夏に聴きたいハードコアバンドはないですか?

そうそう、ハードコアアイテムも地味に増えてきてるからねチェックしてみてよ!

HARDCORE

新作では Knocked Loose、Saving Grace 、Queensway、DISCHARGE、Left Behind、レジェンドのCro-Magsアイテムも追加中だぜ!

河内野




追伸:
アンケートやスタイリングにも参加してくれているヤーマンさんのおすすめはこのバンド。

Guilt Trip – Unrelenting Force 2016 (Full EP)

クロスオーバースラッシュなハードコアサウンド、PowerとかTripでつくバンドは外れないよね?




そうそう、スタイリングも募集中!1万円クーポンは誰の手に!!!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

河内野