メロコア?パンク?スカ?レゲエ?いや夏だからこそ聴くべきはハードコアでしょう!

Madbal

暑い暑い、こちら京都の北部は35℃、スーパー猛暑であります。顔面や腕は焼けてるんだけど足が真っ白だから今日はディッキーズのハーフパンツをはいて足をコンガリと焼いております….しかし照り付ける太陽に負け10分程度でギブ!

先日も言ったけどSick of It All来日ってことでスナップバックとソックスはSOIA、シャツはMadballなんだけどね、10月の来日がマジ楽しみだ。夏といえばメロディックやポップパンク、なんかもばっちりハマるんだけどやっぱり夏は男らしくハードコアが聴きたくなるんだよね。

ハードコアバンドの来日も楽しみなんだけど続々と新しいアルバムが発売されるよね。まさかの Devin Townsend がゲスト参加の新曲、まさにスタイルウォーズ、クロスオーバーなハードコアサウンドでほのかな叙情性、そして昨日またしても新曲が公開!

COMEBACK KID – Somewhere, Somehow (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

疾走感増し増し、メロディーワークも最高、初期を彷彿させるシンガロングと泣きのメロディー思わずニヤニヤしてしまった!楽しみすぎるアルバム、発売は9月8日、ジャケットも素晴らしい!

ビデオではメンバーがSick Of It All、One Love Apparel、Cro-Mags、Leatheface、Flatliners、Silent Planet、Risk It、Rotting Out、などのバンドマーチを装着、バンドマーチ好きにもたまらないMVである!個人的に注目しているのはBeatdownhardwearのこのバンド!

SLOPE “Goodbye Mr. Dandy” OFFICIAL MUSIC VIDEO

TurnstileTrapped Under Iceっぽさもあるドイツのバンド、90年代初期を感じさせるレトロな仕上がり人気出そうなバンドである。Beatdownhardwearといえばやはりこのバンド!

NASTY “Rock Bottom” OFFICIAL MUSIC VIDEO

相変わらずのザックザックで安定のビートダウン、ハイセンスでドープなビデオ、今年の夏には来日、アルバムは9月発売!ビートダウンバンドの最高峰、楽しみすぎるね!最近ドはまりしているのがこのバンド

Higher Power – Four Walls Black (Official Music Video)

グルーヴィーでメタリックでオルタナティブ、レイキャポを彷彿させるボーカル、ちょっと遅れ気味だけど今一番聴いているバンド、マーチも取り扱いたいね。

こんな感じで個人的にもハードコアががっつり夏ライフを彩ってくれてます!あなたが夏に聴きたいハードコアバンドはないですか?

そうそう、ハードコアアイテムも地味に増えてきてるからねチェックしてみてよ!

HARDCORE

新作では Knocked Loose、Saving Grace 、Queensway、DISCHARGE、Left Behind、レジェンドのCro-Magsアイテムも追加中だぜ!

河内野




追伸:
アンケートやスタイリングにも参加してくれているヤーマンさんのおすすめはこのバンド。

Guilt Trip – Unrelenting Force 2016 (Full EP)

クロスオーバースラッシュなハードコアサウンド、PowerとかTripでつくバンドは外れないよね?




そうそう、スタイリングも募集中!1万円クーポンは誰の手に!!!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

河内野

【バンドマンへの提案】練習も大事だけど、ステージ衣装はもっと大事な理由

uchiage001

地元のライブの打ち上げに参加したんだけど、若手のバンドが言ったことに、先輩バンドがモノ申していたんだよね。

先輩バンドマン

おつかれ!今日のライブよかったじゃん!

若手バンドマン

ありがとうございます。

ライブでの音の出し方、MCのやり方など、詳しくディスカッションされていた。僕もその中に入り、会話に参加していたんだけど、話はステージングや衣装についての話になったわけ。

若手バンドマン

先輩達ってライブの衣装ってこだわってます?やっぱり見られる立場だから結構考えるんですよね・・・

先輩バンドマン

はぁ~気にしね~~し、俺は音楽で勝負してるから!

若手バンドマン

そうですか……

先輩バンドマン

ステージで着る服なんかを考えている暇あったらもっと練習しろ!

若手バンドマン

はぃ……

異様な空気が流れていた。その場は頭をかくしかなかった。

428061.TIF

正直に言うと、「先輩よ、それ間違ってない?」そう思ったんだ。

先輩バンドは結構ベテランのバンド、後輩バンドは結成して間もなく、ライブもまだ10回程度のバンドだったわけ。

両方ともに激しいパンクバンド、先輩バンドのステージを見て思ったのは音はかっこいいし、MCでもよいことを言っているが、新鮮味がない。

地元では毎回同じ曲で、MCも似たようなこと、そして正直ダサイ。ダサイと言うか、衣装なんかは全く気にしていない感じ、というか汚い。ダサくてもバンドの空気感があって、サウンドとマッチしていればいいけどそれも感じない。

若手のバンドはオシャレしてきた!って感じだけど、バンドのカラーを感じれるしサウンドは若手って言うだけでフレッシュで勢いがある。先輩バンドのようにダラダラした感じはない。

視覚と聴覚両方でかっこいいと思えたのは若手のバンド、サウンドの好みとかではないよ。

「ステージで着る服なんかを考えている暇あったら、もっと練習しろ!」

この言葉は僕の心には届かなかった。俺は正直言って、先輩バンドマンが言ったことは間違っていると思う。

練習が足りず、悲惨な演奏をしたバンドならその意見も飲み込めるんだけど、素人目に見ても、後輩バンドはかっこいいバンドだと思ったし、演奏もしっかりしていた。

音楽勝負ってのもすごいわかるけど、それプラス見た目、視覚で楽しむことってすごく大事なことじゃないのか。

ヤバいくらいの音楽に、見た目もイケてたら相乗効果で、もっとかっこよく見えるわけじゃない?だったらステージの衣装もたいせつだろう!

バンド側ではなく、お客さんとして、そしてバンドグッズのショップ側として言わしてもらうからね。

バンドの衣装とはそのバンドの見た目である!

考えてほしい。ライブやPVは視覚だよね。SNSなどでは写真を残すわけだよね。ファンなら見るよね?これだけでも衣装って大切でしょ?

バンドグッズを販売して感じているのは、バンドはブランドでもあるってこと。メンバーの姿は、ブランドの顔と言うこと。

やはりオシャレなバンドは人気が出るのが事実。サウンドがイケていて、ファッションもイケているバンドと、サウンドはイケているけどダサイバンド、君ならどっちを好きになる?当然前者だよね。

Your demiseなんかとくに、見た目にも最高に気を使って、着実に人気を徹底させたバンドである。PVであろうが、ライブであろうが、イケている衣装で登場し、ファッション・アイコンとまで言われるようになった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Your demiseのThese Lightsのビデをはファッションの教科書みたいだよね。

バンドのカラーがイメージできるのも衣装のおかげだ。たとえば、バンドグッズを毎回愛用しているバンドなんかは、どんなバンドが好きでルーツにあるのかもわかるよね。ジャンルやどのようなシーンにいるかもわかる。ジャンルレスのライブなんかだと特にね!

例えば、オシャレバンド、HundredthはShelterのシャツ着ている。「え、Shelter好きなの?」と意外なことでバンドがさらに好きになることもある。レイキャポが好きなら反応してしまうよね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

地方だと、僕たちが好む激音のバンドは結構少なく、ジャンルレスなイベントになってしまうことも多々ある。そんな時には、特に注意が必要だ。

オシャレでいろ、派手でいろ!ってわけじゃないよ。そのバンドのこだわりや、カラーを大事にしてほしいんだ。バンドマンは「見た目」もブランドの一つであると意識して欲しいんだ。

衣装にも気を使い、サウンドと見た目が合致した特の破壊力はすごいものになるのだ。

先輩よ、バンド練習も大事だよ。けどね、衣装にもバンドのセンスを求めているという意見が多いことを分かってほしい。

さて次回は、実際にどんなアイテムがステージ衣装に向いているのか、売る側の立場から、俺がいろいろ提案することにしよう。楽しみにしていてくれ。

河内野