【アンケート】「へい」さんが選んだビーチで聴きたい夏の名曲がこれだ!No10

BL18717066

前田敦子の結婚報告の数倍シビれた出来事はPALMの新曲(音我苦 -ONGAKU-)がマジ半端ない!「パームマジ半端ないって!めっちゃリリック染みるやん!そんなん書けへんやん普通!」と思わず言ってしまうくらいだ!



夏ソングアンケートも無事終了!たくさんの投稿マジありがとう!

投稿してくれたあなたは5000円クーポン券当選もお楽しみに!

残りのやばい夏の名曲たちを紹介していくぜ!

第10回目を飾るのはへいさん、ありがとうございます!


では、早速、いってみよう!!!


1曲目:Simple Plan – Boom

ぶぶぶーぶーぶぶーぶーってみんなで歌いたい!






2曲目:5 Seconds of Summer – Good Girls

サビがわかりやすくて知らない人でも楽しめる!





3曲目:向井太一 / Siren

この曲は夜ゆったりしながら聞きたい!






4曲目:State Champs – If I’m Lucky

やっぱりアコースティックは夏っぽい!






5曲目:Czecho No Republic – Call her

ドライブしながら聞きたい!(車の免許を取ったら)






夏に聴きたい最強アルバムは?

State Champs – The Acoustic Things

ステイトチャンプス

アコースティックは暑さに効く






夏に大活躍のバンドマーチといえば?

ハーフパンツ





今年夏一番のお気に入りのバンドTシャツは何?

Sandの白Tシャツ





へいさん、ありがとうございます!名曲Simple Plan の Boomが1曲目、ぶぶぶーぶーぶぶーぶー!!♪確かに言いたくなりますね!Simple Planの中でも大好きな曲が粋ない一曲目!とてもうれしくなりました!そして2曲目には5 Seconds of Summer の Good Girls、まともな青春時代は送っていませんが、なんかね甘酸っぱい青春を連想させる良曲、「良い子って思われてる女の子たちはみんな ばれてないだけの悪い子だから」ってのもいいですね!そして3曲目は向井太一さんの Siren、全く知らなかったアーティストなんですが、すごい才能の持ち主なんですね、聲とサウンドのバランス最高!都会のナイトプールでギャルたちとゆったり流れながら聴きたい!そう思わせてくれる曲でした!4曲目にはState Champs の If I’m Lucky!アコースティックサウンド最高ですね!MVのようにピックアップトラックの荷台に乗り込みビーチ沿いをドライブしたい!ステチャンはメロディーが最高何でアコースティックでも抜群の威力がありますね!そしてラスト5曲目、Czecho No Republic の Call herですが、このMVで合ってます?Stroksを彷彿させる飾り気のない生っぽさが心地よいです!このバンドしっかり覚えておきますね!!車の免許頑張って取得してくださいね!車の中で聴く音楽も最高ですよ!!!



そして夏に最強な一枚はState Champs の The Acoustic Things ジャケットも涼し気なブルーがメイン、へいさんが言われる通り暑さを和らげてくれる効果があるかもしれません、さっきも言ったけど曲、メロディーが最高だからアコースティックでさらに曲の良さが伝わってきます!アコースティックっていうだけでこのアルバムもってなかったんでダウンロードしときます!!



そしてこの夏のお気にのバンドTシャツはSandの白Tシャツってことですがデザインが気になりますww僕も数枚持っているんですがストリートでありスポーティーでありハードコアなデザインが最高ですね!



へいさん、最強な5曲に最強な一枚、その他の回答、マジでありがとう!


今回登場した5曲、持っていない曲はもちろん購入してプレイリストに追加しますね!!!!!

河内野

TERRORから学ぶ世界のハードコアバンド109選

BG17116100

野郎ども!バレンタインは最高だったかい?僕はというと毎年もらっていたオカンからも、もらえずさみしいバレンタインデーを過ごしたぜ!

さみしい夜のお相手は友人ミッチーとの電話、思わず「チョコもらった?」そう聞いてしまったのが終わり、そこから永遠と何故か説教ww



「バレンタインだ?」「何チャラついてんだよ!」「そんなもんお菓子会社の陰謀だろ!」ここからバレンタイン関係なしに人生論を語られ、ミッチーの哲学論を語られと散々な夜になった。



電話後、妙に気持ちがダダ下がりしたため大好きな音楽を爆音でかけることにしたんだ、気分はパンクでもエモでもメタルコアでもデスコアでもなくこんな日はハードコア、今一番はまっているFirst Bloodの最新アルバムRulesだ。



チョコを貰えなかった不甲斐なさと、めんどくさい奴との長電話のうさ晴らしになるとともに、やる気がみなぎってきた、なんか強くなれたようなwwモヤシな自分にとってはハードコアはどんな薬よりも効能のあるモノである!





そしてTERRORの最新MVをチェックしながら世界中のハードコアバンドをチェックしディグっては音源を探したりと良き一日となった、そのMVはこれ。

TERROR – Deep Rooted (OFFICIAL VIDEO)

The 25th Hour’の最後14曲目を飾る名曲である。このビデオには世界中のハードコアバンドが登場するんだけどさ、今からハードコアを好きになるあなたもハードコアが好きすぎるあなたも最高に楽しめるMVだよね!

NYHC

東海岸、ニューヨーク周辺のハードコアバンドが登場


・Agnostic Front
・Breakdown
・Cro-Mags
・Gorilla Biscuits
・Judge
・Killing Time
・Madball
・Sick Of It All
・Warzone
・Youth of Today

とお馴染みのハードコアバンドたち、ロゴのデザインを見るだけでも楽しいよね!





HOODS

次は西海岸のバンドたち!


・Carry On
・Descendents
・HOODS
・Excessive Force
・Inside Out
・Infest
・Outspoken
・Powerhouse
・Strife
・Suicidal Tendencies

東と比べサウンドの違いなどを見つけるのも最高に楽しい。





Converge

次はボストン周辺


・American Nightmare(Give Up The Ghost)
・BANE
・Blood For Blood
・Converge
・In My Eyes
・Reach The Sky
・Slap Shot
・SSD

ボストン周辺,独特な世界感のあるバンドが多いね!

American Nightmare(Give Up The Ghost)のボーカル、ウェスリーによるCold Caveも熱いね!

Cold Cave – Confetti





次はCT、NJ、VA周辺

・100Demons
・AVAIL
・Bad Brains
・Brace War
・Death Threat
・Dag Nasty
・Down To Nothing
・E Town Concrete
・Floorpunch
・4 Walls Falling
・Hatebreed
・Lifetime
・Mayday
・Minor Threat
・Mouthpiece
・Turning Point


一気に土地が広がったけどオリジナルでパイオニア的なバンドもいっぱい!
Maydayは恥ずかしながら知りませんでした、このバンドやっべー!!グッズとかもう手に入らないだろうな……

Mayday – Virginia Beach/Hampton Hardcore





ColDAsLife

デトロイトやクリーブランドなどの極悪地域


・Cold As Life
・Face Value
・INTEGRITY
・Negative Approach
・One Life Crew
・Pitbull
・Ringworm

デトロイトやクリーブランドハードコアって聞くだけで恐ろしいイメージですww

RINGWORM – “Snake Church” (Official Music Video)






テキサスハードコア

テ~~キサス!


・BItter End
・Iron Age
・Will To Live

Will to Live – “Old Habits Die Hard” Filled with Hate





シアトルハードコア

シアトル


・Brotherhood
・Champion

brotherhood – the deal






その他アメリカとCBKはカナダ


・ComebackKid
・INSIGHT
・The Killer
・Clenched Fish
・Foundation
・Kids Like Us
・Strech Arm Strong
・Day Of Suffering
・Next Step Up
・Turmoil
・Cold World
・All Out War
・Stigmata
・Zero Tolerance
・Earth Crisis
・Cruel Hand
・No Warning
・A Death For Every Sin

Strech Arm Strong大好きだったな~!復活してくれないかな!

Stretch Arm Strong – Worst Case Scenario





UKHC

UK


・DIscharge
・Knuckle Dust

UK、少なっ!!!

KNUCKLEDUST – HUMANITY’S NIGHTMARE






EUHC

ヨーロッパ


・Back Fire
・No Turning Back
・Born From Pain
・Dead Stop
・Charley’s War
・True Blue
・Kickback
・Last Hope
・Raw Power

BACKFIRE! – WHERE WE BELONG






メキシコ!!


・Massacre68
・ULTIMA VICTIMA
・tiopia aclitud
・なんて読むの?

Ultima Victima – Maldito Traidor (ft. Martijn from No Turning Back)






Billy the kid

コスタリカ


・Billy The Kid

Billy The Kid – Gran Jaguar






ブラジルハードコア

ブラジ~ル


・Point Of No Return
・Confronto
・Clearview

CLEARVIEW – CONSTANT DENIAL






JPHC

我が日本+韓国


・Doggy Hoods
・SAND
・Loyal To The Grave
・Fc Five
・The Geeks

DOGGY HOOD$ ”Bitch and Money” feat PRINCE JO$E of BLASPHEMY BOYZ official music video






Feel The Burn

マレーシア+インドネシア


・Second Combat
・Saber Tooth
・Feel The Burn
・Rightning Wrong
・Overthrown

Overthrown – Unbroken






o-sutorariaha-dokoa


・Miles Away
・No Apologies
・Toe To Toe
・Mind Snare

TOE TO TOE – HOPE & SORROW






ニュージーランドハードコア

ニュージーランド


・Evil Priest
・Antagonist

evil priest at hamtown smakdown 2003






どうでしたか?自然に自分はどこの地域のバンドが好きなのか?どの国のバンドが好きなのか?自分の好みの地域やサウンドも、ウッスラとわかるハードコアの教科書的なMVだね!っていいてももっと有名なバンドや活躍しているハードコアは登場していない、このMVの本当の意味は明日またじっくり語っていくね!

バレンタインではチョコはノーゲッツだったけど南米のヤバイバンドもしれたし最高な2/14になったぜ!

TERRORいつもありがとう!

河内野

【ライブ】OLEDICKFOGGYにTrapped Under Iceを見てきた!

シルバーウィークは連日、ライブに参加してきた!まずは先日のブログでも行ってきた
福井の和田海水浴場にあるカフェバー、ファミリア。

目の前は海やし、最高のロケーションの中にあるカフェバーである。

本日はライブハウスとして貸切で営業!

アーティストは

・REAL REGGAE
・OLEDICKFOGGY
・The Wrestling Crime Master

到着したのが19時前、リハも終わり本番が始まるまでのゆるーい時間が流れていました。

砂浜から見るとこんな感じの場所。

ドリンクとポテトを頼んで腹ごしらえ、

バーテン、店員さんもさわやかな笑顔、イケメンだった。

19時を過ぎREAL REGGAEがスタート。

舞鶴を代表するバンドだけあって、さすがの貫禄でした。

先日はNaparm Deathと共演したようだ、その時の映像がこちら。

REAL REGGAE // 2016 9/7 Umeda Club Quattro




聞いてのとおりただ疾走するハードコアではなくレゲエやダブ、斬新な展開、フレーズは
耳に残るしよかったらチェックして欲しいバンドである。

とにかくドラムがすごい!楽器をやっていない僕ですら感動させてしまうドラミングは
素晴らしかった。

カメラ買いたて、設定がわからなく写真すべてがブレブレで終わってしまったのは残念だ。

次回までにはしっかり使いこなしていくぜ!

続いては大阪のThe Wrestling Crime Master

90’s日本ハードコアシーンを語る上でも重要なバンドの人るでもある
The Wrestling Crime Master、グルーヴィーでキャッチーなんだけどヘヴィーな
ハードコアサウンド、独特でした。

マーチもシャレオツ!サウンドとリンクしたクロスオーバーなデザイン!
特にグラフィックロゴのシャツは最高でした!

WARZONE、BIOHAZARD、QUICKSAND等の海外バンドのサポートも数々こなしてきた
バンドだけあって説得力あるステージングが素晴らしかったです。

Big Town Calling / Wrestling Crime Master




そしてトリはOLEDICKFOGGYオールディックフォギー!

こんなクソ田舎にもしっかりファンベースを作っている、とんでもない人気なんだなって、
感じました。

どの曲が始まっても歓声がが上がり大合唱、耳に残るメロディー、お酒が飲みたくなる、
パブパンクなどんちゃ騒ぎ状態、ハードコアにない平和なくピースフルな空間が心地
よかった。

名曲、月になんて!は涙出そうになったくらい感動しました(つд⊂)

OLEDICKFOGGY/月になんて

最高の一日でした。

この日見たバンドTシャツはOLEDICKFOGGYメンバーがライブ後に着用していたFugazi、
Doggy Hoods、The Devil Wears Prada、お客さんではShockwave、Numb、Sandでした。




続いて、翌日は大阪に!
※前日カメラをコンクリに落としウルトラブレイクダウン、故障です!
ので写真はありません!

見に行ったのはコレ!!

4時スタートだが大阪についたのは19時頃、ちょうどTigerが始まったところ!

精力的に活動している大阪ハードコア、関西のみならず全国のシーンで活躍
しているだけステージングはピカイチ!ここ最近増えてきたラッピンモッシュコア
の中でもダントツにかっこよいバンドだね!

TIGER – NCON – [Official Video]




続いてCRYSTAL LAKE!USの人気インディーレーベルARTERYとも契約を交わし
絶好調なメタルコアバンド、さすがのパフォーマンスと完璧なサウンド、
ラップ調ボーカルもうまくもっと長く見たいと感じました。

カヴァー曲Beastie BoysのBody Movinはメタルコアサウンドにもばっちり
ハマってました!

Crystal Lake – Body Movin’




そして5年ぶり?久々に見たTrapped under Iceはやっぱりやばい!
前回の来日で見た数倍よかった、メンバーそれぞれがサイドプロジェクトが
盛り上がっちゃってるから「もうTUIは見れないんだろうな」なんて思って
たから本当に本当に待ち望んでいたライブ。

やっぱりフロントマンJusticeのあの肉体は相変わらずすごく存在感、カリスマ感、
最強のハードコアなパフォーマンスでした。

Trapped Under Ice – FULL HD LIVE SET – Karlsruhe




ラストはSand、説明不要の極悪メタリックサウンド、ピットも大荒れ、相変わらず危険でした。
pierrotの後半パートはもうゾクゾクが止まらない!やっぱり最狂でした!!

SAND -OFF THE TABLE

サウンドなんかは詳しい説明できないけど、やっぱりハードコアのライブって最高、
音源では味わえない魅力はやっぱりライブにあるんだなと再確認、無理に時間を
作ってもライブには行くべきだなと感じた夏の終わりでした。

個人的なライブの楽しみ方はバンドマンやお客さんたちのバンドマーチをチェック
するってこと。

さすが大阪ってことでいろいろなバンドマーチや独自なファッションスタイル、
めっちゃ参考になった。

昔に比べいろいろなジャンルのバンドマーチを着用しているイメージ、ガチムキ
なハードコアアイテムから懐かしのニュースクールマーチ、オールドスクールな
マーチ、までいろいろチェック!ライブに来てマーチを見るだけでも楽しいね。

ちなみに自分はDynastyのTシャツにComeback Kidのガチャベルトで参加しました。

あさって24日はいよいよ東京で開催のBloodAXE!関東エリアの方が羨ましい!

ChokeholdにLifeless、そしてXibalba、Capsize、そしてTUI!
さらに国内バンドも豪勢、誰かライブレポよろしく!!

では!

追伸:
キャメラは現在修理中、治り次第またどこかに出かけて撮りまくるぜ!

【妄想】メルマガ読者が選んだ「激音紅白歌合戦2013」出場者発表!その2

1

忙しい年末にピッタリの現実逃避企画、『妄想激音歌合戦』の時間がやって来ましたよ。

準備はいいかあ!!!

おおおぉおおおお!!!

昨日の激音紅白歌合戦に続いて、今日の見どころはズバリ、2013年を締めくくるこの曲だ。

感動でパソのスクリーンがぼやけて見えなくなるぜ。

日本(紅組)VS 世界(白組)

arrow center

■1組目■

日本(紅組)
After Tonight(アフター・トゥナイト)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Chunk! No, Captain Chunk!(チャンク・ノー・キャプテン・チャンク)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

日本のポップパンクのレベルもすごいっす!ってこと、After Tonightで開幕!そしてチャンクのイージーコアでピースな雰囲気で1組が終わる!

arrow center

■2組目■

日本(紅組)
All Found Bright Lights(オール・ファウンド・ブライト・ライツ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Palisades(パリセーズ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

名古屋を代表してAll Found Brightが登場、盛り上がりはチャンクを超える!そしてライズのPalisades登場、独特なメロディー、世界観を見せつける。

arrow center

■3組目■

日本(紅組)
Fear, and loathing in LasVegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
I see stars(アイ・シー・スターズ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

エレクトロな対決、先行はFear, and loathing in LasVegasで会場が壊れんばかりに揺れる、そこにI see stars登場でさらに盛り上がる。

arrow center

■4組目■

日本(紅組)
ROACH(ローチ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Abandon all ships(アバンドン・オール・シップス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ハードコア・メタルコアの中に独特の沖縄民族の誇りを感じさせるメロディーは会場の一体感を生む、そしてAbandon all ships登場。独特なエレクトロサウンドで会場はダンスフロアに!

arrow center

■5組目■

日本(紅組)
SAND(サンド)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Your Demise(ユアー・ディマイス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

会場の空気は一変しハードモッシャーがピットを独占、極悪な世界が会場を包む、そしてYour Demise登場でハードモッシャーからキッズたち入り乱れてサークルピット!

arrow center

■6組目■

日本(紅組)
Crossfaith(クロスフェイス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Attila (アッティラ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Crossfaith登場で会場のボルテージはフルに、世界で経験を積んだステージングはすべてのオーディエンスを揺らす、そしてAttila登場でレッツラ・パーティ、予想外に一番の盛り上がりを見せる!

arrow center

■7組目■

日本(紅組)
Maximum the hormone!(マキシマム・ザ・ホルモン)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Suicide Silence(スーサイド・サイレンス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Attilaの盛り上がりそのままに激音の究極系マキシマム・ザ・ホルモンで紅組の最後を閉める、そして新体制のSuicide Silence登場、暗黒なウルトラブレイクダウンで12時の針を超え2014年が幕を開ける。

今回も最高の激音紅白歌合戦でした。実現は不可能かもしれないけど、僕の脳内ではしっかり開始されました(笑)。最高の激音紅白歌合戦を送ってくれたあなた、ありがとう!

PMA ThreadsのPositive Mental Attitudeリストバンドの当選結果お楽しみに。

ところで、この7組、14バンドで最高の激音紅白歌合戦を企画してくれたあなた、メールアドレスを教えてください!!!プレゼント当選したら連絡します。

下記のコメントフォームからご連絡くださいね。お待ちしています。

次回はどんな激音紅白歌合戦が披露されるのか。楽しみに待っていてね!

河内野