見逃し厳禁!今週「09/19~09/25」の【注目のMVまとめ!】One Step Closerの新譜が鬼ヤバ!

DW21022003750



ミーハーですが、楽しみにしていた鬼滅の刃「無限列車」地上波放送ですが、あまりにもCM が多すぎて集中できず途中で寝落ち・・・幸せな夢を見ることなく熟睡して朝を迎えました・・・


今朝も20度前後、Tシャツで少し肌寒い、過ごしやすい時期、朝起きて金魚に餌をあげるのが日課なんですが、外に出ると、秋らしく、澄んだ冷たい空気、高くなった空、道端の枯れ木、最高に心地が良い一日のスタート、今朝のBGMはRun For Cover Records、日本はRETRIBUTE RECORDSからリリースされたOne Step Closerの「This Place You Know」





00年代にドはまりしたエモーショナルなモダンオールドスクールを感じさせるサウンドで少しノスタルジックに、心もエモーショナルになりながら朝を過ごしました!このアルバム間違いなく名作!21年度の俺的Top10にも入ってきそうだ!

21年度も「あなたが選ぶ最強な10枚」のアンケートするから準備しといてね!





さて今週「09/19 ~ 09/25」はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





IRON RULE – SEVENTH SIN

Southern California産のメタリック/ビートダウンハードコアIRON RULE、19年のEP、20年のシングル以来の新曲、相変わらずのシックすぎるビートダウンをかましてくれます!










Cult of Lilith – Profeta Paloma

アイスランド産、Metal Blade 所属のテクニカル・デスCult of Lilithの20年にリリースされたアルバム「Mara」からProfeta PalomaのMV、テクニカルにシンフォニック、オペラ、中東を感じさせる民謡的パートとプログレッシブにいろんな要素がミックスした1曲ですね!デザインが徐々に出来上がるタイムラプスなMV!





Vomit the Soul – Cold

イタリア産ブルデスVomit the Soul、 Unique Leader Recordsから11月にリリース予定のニューアルバム「Cold」からのCOLDのMV、これぞブルデスな教科書的な王道サウンドが最高に心地が良い!バンドロゴがどうしてもWhitechapelに見えてしまうのは僕だけ?





The Copyrights – Stuck in the Winter

USはイリノイ産、Fat Wreck Chords所属、メロディックパンク/ポップパンクの人気バンドThe Copyrightsから10月リリース、7年ぶりのニューアルバムALONE IN A DOMEからStuck in the WinterのMV、これぞ00年代のポップパンクの王道サウンド、メロディーの良さがとにかく持ち味なバンドですね!





OBSCURA – Devoured Usurper

ジャーマンテックデスの帝王OBSCURA、Nuclear Blast Recordsから11月にリリース予定のニューアルバム「A Valediction」からDevoured UsurperのMV、オールドスクールデス路線を強めた新曲、僕はこっちのほうが好みです!アルバム全体はどうなるか気になりますね!





Calling All Captains “Wasted”

カナダ産Equal Vision Records所属のポップパンクCalling All Captains10月にリリースされるアルバムからWastedのMV、ポップパンクサウンドにエモーショナルを演出するギター、しゃがれたボーカルの声質も魅力的、スクリームパートもあり、ハードコアを経由したポップパンクなんかが好きな人も、メロディックハードコア好きにもアピールできる、この手のバンドでは一番アルバム楽しみである!





Scowl – Bloodhound

19年にリリースされたEp[Reality After Reality…]も話題になったカリはサンタクルーズ産のハードコアパンクScowlFlatspot Recordsから11/19にリリース予定のファーストフル、「How Flowers Grow」からBloodhoundのMV、Drain GulchのSam CiaramitaroもMVに写っていますね!Katの激しいボーカル、鋭くエッジの効いたハードコアパンクサウンド、TORSO好きなら間違いないサウンド!





Youth Fountain “Scavenger”

カナダはヴァンクーヴァー産、Pure Noise 所属のポップ・パンク/エモYouth Fountainから11月にリリース予定のニューアルバムからScavengerのMV、エモーショナルなポップパンクサウンドにスクリームも加えた良曲、味付け程度にスクリームを取り入れるバンドが増えてきましたね!パンク寄りのスクリーモ好きも注目である!





Smrtdeath – “Everything’s Fucked”

ヒップ・ホップに00’s pop punkの要素を取り入れた爆発的人気のいわゆるエモラップSmrtdeathの新曲、Everything’s Fucked、エモーショナルになった中期のブリンクも感じさせるポップパンクのバンドサウンドとデジタルなリズム、ポップパンクサンドとしてもレベルの高い楽曲!





Whitechapel – A Bloodsoaked Symphony

Metal Bladeからのニューアルバム「Kin」のリリースが迫ってきた!デスコアWhitechapelの新曲MV!さすがの攻撃力に安定感、The Valleyからみせたサウンドの幅の広がりをさらに突き詰めた重厚なデスコアサウンド!





FIT FOR AN AUTOPSY – Far From Heaven

ニュージャージー産デスコアFIT FOR AN AUTOPSY!来年にNuclear Blast Recordsからリリースされる「OH WHAT THE FUTURE HOLDS」からFar From HeavenのMV!クリーンも違和感なく強みにもなっている!Gojira化は否めないけど本来重要としていた重厚さもアリな1曲!





Modern Color – Now, Life Is Living You

カリ産インディーロック/メロディックModern ColorにOther People RecordsからリリースされたEpからNow, Life Is Living YouのMV!このバンドを初聴な人はびっくりするかと思うのですが、彼らの良さでもあるカオティック張りに激情なスクリームをインディーサウンドに時折注入し無二なサウンドを奏でるバンド、このMV曲はドリーミーなインディロックサウンドから曲が変わったかのようなハッキリとしたカオティックなハードコアサウンドを注入するモダンな仕上がりです!





と言った感じの今週のミュージックビデオまとめでした!気に入った曲は見つかったかな?
個人的にはScowlのサウンドと映像にヤラれちゃいました!



MVは出ていないけど数多くリリースされた週でもありました。ぶっちぎって最高だったのがNever Ending GameのニューEp「Halo & Wings」




そしてSunday Drive Records所属、ノースカロライナ産のオールドスクールハードコアNo Longer at EaseのEp、90年代後半から00年代初頭にかけてのオールドスクールサウンドを連想させる、BaneやVerseにHave Heart、が好きなら間違いないね!One Step Closerよりもより硬派なオールドスクールサウンドに感じるね!もちろんそれ以前のTurning Pointからの影響は間違いないでしょう!知名度はまだまだ、注文のバンドです!








追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので秋冬に向けてチェックを!





1万点のバンドグッズはこちらをクリック!





Run For Cover Recordsの人気コンテンツ、Record SelectionにOne Step Closerが登場です!この企画最高に楽しいです!ぜひ彼らが選んだ音源もディグってみてください!






Have HeartのボーカルPatが歌うインディーロックバンド「Fiddlehead」の新譜が楽しみ!

Fiddlehead	Between The Richness


高湿度、雨、バンドマーチの大敵、カビもルンルンなこれからの時期、そう梅雨である、そんな梅雨に咲く花、あじさい、このアートワークよく見るとアジサイではないのね!


Basementのメンバーや、Have HeartのメンバーからなるFiddleheadのニューアルバム「Between The Richness」がRun For Cover Recordsから5/21にリリースされる!

アルバムからすでに3曲が公開されている、アーティスティックなMVにもなっているHeart to Heartがこれ!




Heart to Heartも少し前に公開されたMillion Times




そして先日公開されたDown University!




ポスト・ハードコア 、ポスト・パンク、DCからクラシックなエモなどがうまく融合されているのはさすがのメンツです繊細なエモではなくダイナミックや力強いエモが好きな人はドンピシャでしょう!EPにファーストアルバムも最高でしたがニューアルバム「Between The Richness」はどうかな?アルバムのアートワークだけだったら前作より好きですwww



インディーロック・エモ・スクリーモグッズはこちらをクリック!


河内野

【2019年11月部門】の見逃せないパンク~ハードコア~デス、デスコア重要リリース情報!「名作の予感」

早くも11月か、2019年もあっという間だね、巷では復活のニュースが盛り上がっているね、My Chemical RomanceRage Against The Machineなど、個人的にはEurogy時代から好きだったSmash Your Enemyがいつの間にか新譜出していてそれがまた最強なわけで・・・まさにデトロイトハードコアな極悪な仕上がり!





把握できていないリリースの中でも名盤が数多くある、10月リリースもやばかったんですが11月も多くのヤッベーバンドのリリースが控えている、ということで毎月一回行うリリース情報!忙しいあなたのために11月のヤッベー、リリース情報をアップしていきます!ビビっと来る音源が一枚でも見つかれば最高だね!!








Turnover「Altogether」

11/1リリース

Turnover

ジャケットデザインからにじみ出るオシャレ感、ドリーミーでほんのりジャジーでサイケなサウンドは秋の公演でホットコーヒーで手を温めながら聴きたい!ヘッドフォンで大き目な音で聴くとさらにハマって抜け出せなくなります!
Turnoverグッズはこちらをクリック!






Greet Death 「New Hell」

11/4リリース予定

GREET DEATH "NEW HELL"

Deathwish Records所属、Nothing好きは必ずチェックしてほしいパンクやハードコア経由のシューゲイズサウンドを奏でる注目のバンドGreet Death / グリート・デス!豊かなメロディーの雰囲気と憂鬱な叙情的なメロディー交差する独創的な作品、前作は各メディアで絶賛されるもここ日本ではほぼ知名度無し、オススメな一枚です!
Greet Deathグッズはこちらをクリック!






Hawthorne Heights「Lost Frequencies」

11/6リリース予定
NOVERR191103015

エモ・スクリーモの重鎮Hawthorne Heights!相変わらずの極上なメロディーライン!初期まではいかないものの
公開されている楽曲は良曲揃い、新曲のMachineheadはド直球なスクリーモサウンド!コレコレ!!!

Hawthorne Heightsグッズはこちらをクリック!






FALLBRAWL 「Darkness」

11/8リリース予定
FALLBRAWL "Darkness"

ジャーマンブルータルビートダウンハードコア!4枚目もBDHWから!新曲を聴く限りぶれないサウンドで安心!!ながら程よいメロディーを導入で差別化を図る!ラストの落としも完璧!ジャーマンを代表するビートダウンバンドですよね!






Agnostic Front 「Get Loud!」

11/8リリース予定
NOVERR191103016

説明不要のNYHCゴッドファーザーAgnostic Frontの4年ぶりの新譜「Get Loud!」はいよいよ来週!!!!全14曲で2曲が公開!公開された曲はそうでもないけど「Cause For Alarm」を連想させるアルバムのアートワークなんでクロスオーバースラッシュなAFも期待しちゃうよね!






Macseal 「Super Enthusiast」

11/8リリース予定

Macseal  「Super Enthusiast」

NYはロングアイランド産6131Records所属のエモ、インディー、オルタナサウンドを奏でるバンド、EPは3枚発売されているがフルは初!ジャケットのアートワークのようなポップでありながら田舎の風景を感じさせる染みるエモーショナルロックサウンド、繊細な美メロディーがたまりません!






Hour Of Penance 「Misotheism」

11/8リリース予定
Hour Of Penance 「Misotheism」

AGONIA所属イタリア産テクニカル・デスの活動歴20年を超えるベテランならではの安定したデスサウンド暴虐性の高さにテクニカルなフレーズを散りばめた圧倒的サウンドは完成度高し!






Despised Icon 「Purgatory」

11/12リリース予定
Despised Icon  「Purgatory」

デスコア界のパイオニア的存在の、DESPISED ICON待望の6thフル・アルバムがもうすぐ発売!
表情豊かなツインボーカル、アグレッシブなブラストからのブレイク、圧巻の貫録を見せつけてくれるであろう全デスコアファン必須の一枚!

Despised Iconグッズはこちらをクリック!






Left Behind「No One Goes To Heaven」

11/13リリース予定
Left Behind「No One Goes To Heaven」

Pure Noiseに移籍後のニュースからようやく新譜がもうすぐリリース!新曲2曲が公開、ウルトラヘヴィーなハードコアサウンドは相変わらず、ザックザクかつグルーヴィーに、そして落とし込む、よりシンプルにストレートに仕上げたヘヴィーサウンド、早く全曲聴きたいね!

Left Behindグッズはこちらをクリック!






Hypno5e 「A Distant (Dark) Source」

リリース予定

Hypno5e

PELAGIC所属フランスのポストメタル・バンド、自身はシネマティックメタルと自称しているだけありアトモスフェリックかつ時にポストブラックのようなブラストが入ったりクリーンに歌ったり叫び散らしたりと表情豊かで1曲で一つの映画を見たような満足感を感じれるんでしっかり最後まで聴いてみてください!個人的にっても楽しみな一枚!!前作は間違いなく名盤ですよ!






Constellatia 「The Language of Limbs」

11/18リリース予定

CONSTELLATIA "THE LANGUAGE OF LIMBS"

南アフリカのケープタウン産Isolation Records所属アトモスフェリックブラック!DeafheavenやOathbreakerともまた違うドラマチックかつノスタルジックかつロマンチックな美ブラック、は土地柄もあるのだろうか?次に来るアトモスフェリックブラックはConstellatiaかも!






What We Do In Secret 「Repose」

11/20リリース予定
What We Do In Secret 「Repose」

テネシー産Facedown Records所属のクリスチャンメタルコア/ポストハードコアバンドWhat We Do In Secret !!独特の豊かで繊細なメロディー・ライン00年代半ばのクリスチャンハードコアやポストハードコアな世界観を感じさせる、少し懐かしく感じるサウンド、フルで聴けるのがとても楽しみである!






Cattle Decapitation 「Death Atlas」

11/22リリース予定
Cattle Decapitation  「Death Atlas」

通算8作目ヴォーカルは自信で最高傑作と断言するほどの自信作!すでに2曲公開、エクストリーム・ブルータル・グライド/デスの中に嫌味の無いクリーンはさすがのセンスを感じさせる!一辺倒なブルータルサウンドにはない表情豊かな傑作になること間違いなしでしょう!






Life Awaits「Fluorescent」

11/29リリース予定
Life Awaits「Fluorescent」


来日経験もある中国産ポストハードコア、Life Awaitsの待望のニューアルバムは11月の後半いリリース予定!叙情的で疾走感ありつつも現行のDjentな要素も散りばめた、ハイセンスな新曲Everlast最高じゃない!!前作よりも叙情派ハードコアな部分が増えているのが個人的にはうれしい!






これでもまだまだほんの一部、好みのアルバム、バンド、サウンドは見つかったかな?かなり幅広いジャンルとはなるけど、一つでもビビっときたバンドがいたらうれしいな!リリースラッシュは永遠と続きますね、12月~1月にかけてもヤバイリリースが控えているんでまた12月に紹介するね!

では!
11月もシクヨロで~す!!11月の新譜紹介は12月初めに!!

河内野

【ニュース】NYHCダークサイドAll Out War「オール・アウト・ウォー」18年ぶりの来日が決定!そして明日はレコード・ストア・デイ!!

18420006

夏いね~!「半袖でいけんじゃねーの」ってくらいに暑い、明日の京都は28℃、初夏だな、とはいっても朝は10℃その差19℃、朝早くからお出かけの場合はしっかり薄手のアウターを持って出かけよう!ちなみにスイカバー食って腹がブレイクダウンしました、思うんだけどあのの部分いらないよね?僕だけ?

そうそう、またまた

ビッグなニュース

が届いたね!

オール・アウト・ウォー

NYHCダークサイドAll Out War(オール・アウト・ウォー)、そしてXibalba(シバルバ)の来日が決定ってことで、体温は急上昇中である、またしてもとんでもないバンドの来日、All Out Warメタリックハードコア好きなら発狂もんでしょう!約18年ぶりだって!当たり前だけど、2歳の子がもう成人になっている!18年だよ、ヤバいね!

日本一のハードコアフェス、Bloodaxe Festivalでの来日公演、第一弾のメンツでこの豪華さ、第二弾三弾も楽しみすぎるね!!

Bloodaxe Festival





セカンドアルバム、「For Those Who Were Crucified」はほんとに大好きなアルバム、Merauder(メラウダー)と共にデスメタリックなハードコアバンドに多くの影響を与えた大名作、まだ聴いたことない人は絶対に必聴です!

セカンドアルバム、「For Those Who Were Crucified」は聴きすぎてCDはボロボロ、レコード買おうか迷ってます!

レコードといえば昨日のブログではTouche Amore(Touche Amore)のジェレミーの絞り出す半泣きボイスが大好きって言ったんだけど、大好きな動画シリーズがあるんだよね。

これ、Run For Cover Recordsチャンネルのバンドマンがレコードショップに行ってレコードをチョイスするシリーズ、どんなバンドに影響を受けたのか?どんなバンドが好きなのか?ファンだけじゃなく音楽好きならワクワクする動画だよね!直接レコードショップ行ってディグしまくりたいな~!都会人はいいよなー、地方にはレコードショップ、CDショップすらない!ブックオフすら潰れたし・・・



あなたはCD派?カセットテープ派?ダウンロード派?もしくはMD?ww断然CDの所有枚数が多いんだけど、レコードも少しづつ増えてきた、レコードを丁寧に取り出し、針を落としす。この手間がかかる感じ、パッとダウンロードして聴けるものとは重みが違う、良い曲は良い曲なんだけどね、手間がかかった分そこに想いが乗るというか、わかりますよね!好きなんですよね~、レコードを買ったとしてもダウンロードクーポンは大概ついてるしね!あとはやはり12インチはデカい!大好きなCold World(コールド・ワールド)このジャケめっちゃオシャレでしょ?

Cold World

邪魔な時もあるけど(笑)お気に入りの名盤のジャケットデザインをデカいサイズで見れるってのもポイント!レコード自体のカラーヴァリエーションも見ているだけで楽しいよね、Cold World(コールド・ワールド)はホワイト

コールドワールド

7インチは未発表曲が入っているしサイズ感などなどコレクター心をくすぶるしね、可愛いんですよね!カセットはトイ感が良いよね!Coliseum(コリシアム)の7インチ、こちらもダウンロードクーポン付

Coliseum

明日4月21日はレコード・ストア・デイこのマーク、よく見かけるでしょ?

レコードストアデイ

レコード・ストア・デイとは?

その名の通りレコードストアの文化を祝い、宣伝し、独立した小売店舗を活性化し、フィジカルメディアを手にするよろこびや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典です。
2008年4月19日にキックオフし、以降、毎年4月の第3土曜日に開催されており、現在ではアメリカをはじめ世界23カ国で数百を数えるレコードショップが参加を表明しています。数多くのアーティストが一体となり、貴重なRSD限定盤のアナログレコードやグッズなどのリリースを行っているほか、世界各地で様々なイベントが開催されています。RSD限定盤については(日本においては発売日より一週間)ネット販売を制約する規定があり、またRSD参加店舗として加盟するには、主に限定盤取り扱いに関する規約を守っていただく、などの約束ごとがあります。ネット販売や音楽配信が盛んになり、誰もが簡便に音源に触れることのできるようになった昨今にあって、スリリングともいえるこうしたアクティビティを通してRecord Store Day は人気を集めてきました。
11年目となる2018年4月21日も、設立時と変わらぬスタンスでRSDは音楽、そしてレコードショップを祝していきます。

RECORD STORE DAY Japan参照

ますます近所にレコードショップがないのが悔やまれます、明日、レコード・ストア・デイはユニオンさんでネット購入しよっと!

河内野






追伸:
プッシュしているレコードなんだけど、先日レコードプレーヤーがデストロイしてしまいまして・・・良いものでのなかったんだけど、レコード好きのあなた、オススメのプレーヤー教えてくれない?ターンテーブルでもよいです。全然知識がないもんで、ちなみに良いスピーカーはあります!