NYで開催される最強のハードコアフェス「Black & Blue Bowl 2019」のあまり知名度のないバンドをディグったらとんでもないバンドがいた!

BNB

夏日が続いておりますがバテてない?5月病からはもう抜け出した?5月は早くも折り返し地点、本日5月15日はストッキングの日らしい・・・先日撮影に行った通天閣に行った際に見たニューハーフが履いていたストッキングを思い出してしまう、ストッキングに圧迫されウネウネになっているすね毛・・・あまり思い出したくもないが記憶が脳裏に焼き付いてしまっている・・・


すね毛といえば、The Hirs Collectiveというバンドのマーチ、すね毛の生えた女性が描かれたマーチもサウンド共に衝撃的だったな・・・

THE HIRS COLLECTIVE


この見た目にだまされてはいけない、サウンドは超一級な変態ハードコアサウンドなのである!ハードコアパンク的でもありグラインドコア的でもありロッケンロールでもあり土臭いサザンテイストも感じさせる、The Hirs Collectiveサウンド、ライブでのパフォーマンスもぶっ飛んでいる!

続いてお勧めしたいのが、Left BehindQueensway の音源もドロップしたUnbeaten Records所属のThirty Nights of Violenceというバンド、去年末に「To Die In Your Portrait」をリリースするも全然話題にならなかったんだけど、これがまたかっこよくて!って言っても僕も完全スルーしてましたが、友人にプッシュされまして・・・・

00年代半ばのニュースクールやメタルコアシーンに完全に影響を受けているサウンド、カオティック、90’sニュースクール、スポークンワード、叙情的なフレーズ、僕と同じ世代は懐かしく、キッズたちには新鮮にこえるだろう、ZAONorma JeanMartyr ADEvery Time I Dieなんかも感じさせるよね!フルアルバムが楽しみである!

このバンドを教えてくれた友人が言っていたのは


NYHCで騒いでいる奴らいるけど、Sworn Enemy忘れてねーか!!」

わ、わ、忘れるわけないっしょ・・・・・先日もブログにアップしたところだし!確かにそこまでメディアでプッシュされているわけでもなく、とはいえプロデュースはMachine Headのロブ、これだけでもすごいことだけど、サウンドはご安心のメタリックハードコア、なんか前作よりもかなり重厚でタフな仕上がりに、これはFirst BloodのRulesに匹敵するくらいにヤバイアルバムなのかも!聴きまくるぜ!!

それよりもBorn From Painの新譜もそこまで話題にならない、メタリックなハードコアって今あまり人気ないのかね? アルバムタイトルも藤井フミヤもびっくりな「True Love」とかなりのキラーワードなのにね・・・Sworn Enemyで思い出したけどニューヨークで開催されるHugeなハードコアフェス、BLACK’N BLUE BOWLの2019が今週末開催だね!!

BLACK'N BLUE BOWL

とんでもないメンツが勢ぞろいなわけですが、今回はあまり知名度のないバンドをこのフライヤーからDIGっていきやしょう!!

初日である17日はヒップホップアーティストも多く登場する!Lord Ezecが選んだであろうDIABLO Day、メンツは

・M.O.P.
SKARHEAD
・JAYSAUN
・COUNTIME
・CONCRETE DREAM
・FTW
・DISSENT
・SAV KILLZ
・BIG RUSH

ロスの北東のストリートから2004年に産声を上げた生粋のゲットー育ちのハードコアバンド、COUNTIME、モロにLAギャングなTHUGい見た目もハードコアですね!






レジェンド Lord Ezec (Crown of Thornz, Skarhead, Danny Diablo)の目に留まり彼のレーベルE-Train Recordsからドロップ、Ezecも激プッシュしているバンド、ヒップホップとメタルのクロスオーバー、ニューメタルな聴きやすいサウンドである!バンド名はCONCRETE DREAMBNBらしくはないけど、そこはやはりEzecのプッシュがあったのだろうね!





翌日18日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!

KILLING TIME
OUTBURST
WISDOM IN CHAINS
DEATH BEFORE DISHONOR
・I AM
WORLD DEMISE
・BOUNDARIES
・ANTE UP
・WRONG MOVE

ピュアなハードコアの中に1126 Records所属のテキサスデスメタル、I AMの名前が!!ハードコアとデスメタルの邪悪な部分を融合させたサウンド、ハードコア好きも納得のシャープなスラミング、ブレイクダウン、まさにテキサスデスなソリッドなリフ、まだまだ知名度は低いが今後化けそうな予感がする!





先ほど紹介した>Thirty Nights of Violenceと同じくUnbeaten Records所属、コネチカット産のBoundariesこちらも18年年末にepが発売されるもそこまで話題にならず、Code Orangeを感じさせる不協和音、ジャリングギターハーモニックス、バスどらの嵐に突飛的に発生するなモッシュパートがうまく連携されている、と思えばメロデスのようなギター、このバンドも期待されているUSハードコアバンドの一つだ!






デトロイト産サウンドもまさにデトロイトの極悪さがにじみ出たタフでゴリッゴリのサウンド、ある程度知名度はあるよね!FWHからドロップされた音源は家のどこかにあるはずなんだけど・・・・極悪なメタリックハードコア好きなら間違いないっす!





NYはアルバニー産、16年に結成、デモ2枚ドロップという状況でBNBに出演とはと若手からすれば夢のまた夢、それほどのポテンシャルを持ったハードコアバンドなのだろうか?Hatebreed、Bulldoze、100Demonsのようなメタリックなハードコアサウンド、はハードコアの様式美的な定番な展開はやはり最高である!






最終日19日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!LEEWAYは名作「Born To Expire」リリース30数年を祝「Born To Expire」再現と何ともうらやましい最終日は

・IRON REAGAN
LEEWAY
BRICK BY BRICK
・VATICAN
・LION’S LAW
・ACTIVATE
PURGATORY
NO VICTORY

クロスオーバーのIRON REAGANにLEEWAY、若手注目のVATICANから意外なOiパンクLION’S LAWにタフガイハードコアPURGATORYと、そして

一部のみ話題となったww、Fast Break Records所属のB級ピザ・スケートスラッシュACTIVATEはいろんな意味で盛り上がりそうだが、超本格派のIRON REAGANも出るからね・・・






これまたUnbeaten Records所属のNO VICTORYはインディアナ産のザックザクのビートダウン極悪ハードコア、こてのサウンド中では大のお気に入りバンド、Time To Dieは名作です!





といった感じのレジェンドから中堅、、若手まで入り乱れる最強のハードコアフェスのバンドをディグって見た!お気に入りのバンドは見つかったかな?大好きなバンドのツアーのフライヤーを見ては参加するバンドをディグるのってマジで楽しいよね!BNBのプレイリスト造ったんでドライブ、作業中のBGMにぜひ!



夏らしいポップパンクやメロディックも最高だけど夏こそ暑苦しいまさに「漢」なハードコアサウンドで汗を垂れ流すのもアリだよね!6月にはVeinSheer TerrorINFEST、8月にはKrimewatch、9月にはMerauderKnocked Loose、10月にはCounterparts、11月にはBlack Flagと19年も夏から秋にかけてとてつもないバンドの来日ラッシュ、まだまだこれからも増えてくだろうしね!盛り上がっていきましょう!



ライブだけじゃなくニューリリースも期待しているのはH2OAgnostic Front、そろそろ、ニューアルバム出してほしいよね!アグノといえばNY/HC好きは絶対に見とかないといけないドキュメンタリー映画「The Godfathers Of Hardcore」これの日本語訳字幕ヴァージョンでないかな・・・・

こないだかのように鮮明な記憶があるAgnostic Frontの来日はもう1年も前になるんだね・・・・

では!

河内野


>

【移籍】Pure Noiseに移籍する超重量級のハードコアバンドは確実にブレイクするであろう!!

レフトビハインド

良いのか悪いのか台風が発生したため気温は少し落ち着いた感じ、とはいえまだまだ暑い!!

ガリガリ君とスイカバーを喰らい絶賛お腹がブレイクダウン中、胃の中はケイオス!なのでいったん夏ソングアンケートは休憩ってことでww※といってもまだまだ募集中なので下記のリンクからぜひ参加してクーポン、ゲトってください。

夏のビーチでかけたい僕たちの夏ソング募集!


やはり今回のアンケートですがポップパンクが多いね、やはり夏に聴きたい音楽はポップパンク、とはいってもシューゲイザーやエモ、サーフロックにミクスチャー、オシャンティーなポップスも多い、例外でデスコアやグラインド、メタリックなハードコア、暑さが増すドゥームでまとめた人まで、後半戦で紹介していくんで楽しみに!!



ポップパンクでも知名度、サウンドの完成度共に上位にいるThe Story So Farのニューアルバムが楽しみで仕方ない!ジャケットデザインもスケール感で書く、名盤になりそうな予感がするよね!

The Story So Far


新曲も公開されたがこの安定感にマチガイナイ感、やはりThe Story So Far期待が高まる、発売は夏が終わりを迎える9月の後半、今年はマジでポップパンクのリリースラッシュだね!



アルバム発売ということはマーチも発売、中でも個人的に手に入れたいのはこのデザイン!ジャケットデザインに極太なバンドロゴをプラスしたハイセンスマーチ、ボディーカラーもイケてる!



取り扱えるのも9月の後半と少し先だけどお楽しみに!The Story So FarはPure Noiseだけど、Counterpartsのepも楽しみである、B-Side曲ではあるけど新曲も相変わらずの良曲だった。

発売は9/7とThe Story So Farよりも少し早い、毎年言ってるかもしんないけど、今年はマジで豊作である!!


そんなPure Noise Recordsだが新たにレーベルに加わったバンド知ってる?それがウエストバージニア産STIGMATAのメンバー運営Unbeaten Recordsから移籍、見た目もサウンドも超重量級な暗黒メタリック・ハードコアバンド

Left behind

そう、Left Behind(レフト・ビハインド) なのである!
ブレイク/ビートダウンパートの極悪さはゾクゾクが止まらない!!

ポップパンクなイメージが強かったこPure Noiseに所属の叙情派も入れたハードコアバンドは

・Counterparts
・First Blood
・Knocked Loose
・Sanction
・Sharptooth
・Stick To Your Guns
・Terror

と、豪華になってきたね!

Knocked Looseのようにブレイクは必然かもしれないLeft Behind移籍前のマーチは今のうちに入手しておいたほうが良いかもね!ちなみに僕のお気に入りはこのロングスリーブ!マーチデザインのレベルが高いってのもポイント!

レフトビハインド

すでにレーベルメイトであるFirst Bloodとはツアーを回っていたし、これからTERRORKnocked Looseとのツアーも確実に開催されるであろう、Left Behindは注目しておかないといけない重要なバンドってことです!XIBALBACODE ORENGEHARMS WAYに などの暗黒で重量級なハードコア好きは絶対に頭に入れておいてね!!



Pure Noiseファスなんか開催してさポップパンクと同じ舞台で極悪メタリックハードコアのステージングを見てみたい!もしくはレーベルメイトのStatechampsThe Story So Farとのコラボ曲なんて、夢のまた夢かもね!TERRORの新譜はこの秋から冬にかけてでしょ?もしかしたらありえるかもね!他ジャンルとのコラボ期待してます!!



アンケートまだまだ募集中、7/30日の夜9時まで、あと5日間です!楽しみに待ってるね!

では!

河内野






追伸:
Pure Noise で忘れてはいけないリリースがBoston Manor オシャンティーでエモーショナルなロックサウンドは夏の夜にもバッチリとハマりますな~!

【バンドマーチファッション】トレンドカラーとうまく付き合う方法!

BG1795005

漆黒のブラック、松崎しげるからのブラッケンドなハードコア、暗黒なハードコアバンド、ブラックというカラーの内部を前回のブログで紹介したわけだけど、今回はバンドマーチのスタイリングに重要なカラーについて話していく。


今季のトレンドカラーは何なのだろうか?夏に比べさらにブラックなスタイリンが増えてしまう僕だが、秋冬こそいろいろなカラーを取り入れていこうかなと検討している、バンドの事と同様にファッションのことを考えるのもワクワクする。


「トレンドなんか無視しろよ!」とも言われそうだがトレンドもうまく取り入れればさらにかっこよくなることは今までのブログで実証済み、トレンドに流されるのではなく、トレンドをうまく、さりげなく取り入れるのがポイント、ま、とにかくトレンドのカラーやアイテムをチェックしてみよう!


まずはカラーだ!夏はピンクオレンジイエローなどが流行してたようだけど、どう?確かにピンク、オレンジはよくわかるけど、イエローはバンドマーチではあまり見かけなかったかな、ピンクっていうか淡いパステルカラーはバンドマーチでも多くのアイテムが発売されたね!


ではこれからの秋冬のトレンドをカラーを見ていこう、
(※参考にしたサイトは最先端を行くFashion Press)


一番注目されているのはネイビー、これはバンドマーチでも人気のカラー、そこまで多くは発売されていないが今季は注目していこう!僕が持っているネイビーのアイテムでお気に入りなのはおなじみのAgnostic Frontのコーチジャケット!(廃盤)オリーブとの相性もいいよね!

アグノスティックフロント


ネイビーと相性の良い薄目のブルーグレーも注目のトレンドカラーである。グレーはバンドマーチでも定番のボディーカラー、薄目のブルーは結構珍しいよね。僕が持っている薄目のブルーといえばCold World のシャツやSet It GoalsのTシャツ、グラデーションになっているけどPierce The Veilのデニムベストなんかも薄目のブルーだよね。

PTV

先日イベントでも今日票だったPolyphiaのプルオーバーパーカーも薄目のブルー、やっぱこのアイテム最強だな!ネイビーのパンツなんかと合わせてもよい感じにハマりそうだ。

POLYPHIA


去年に続き濃い茶色・濃いめのピンク、マスタード、など秋冬らしい濃いカラーも注目されている。マスタードのアイテムたまにバンドマーチでも見かけるようになった。くすんだイエローって感じのカラーですね。

BG1795004

プレオーダーのアイテム観てたら2.3点はこのカラーのアイテムがバンドマーチから発売されそうだ。お楽しみに!


いろいろなサイトから雑誌までチェックしたのだが鮮やかではっきりとしたカラー、ビビットカラーが一番多く鮮やかなレッドはよく目にした。その次にネイビーって感じ、秋冬でも鮮やかに着こなすのがカラーコーデの1つのテーマなのかもしれない!

ここまで派手なカラーがトレンドになるってのも聞いたことがないから意外だったんだけど、しっかりとした理由があったわけだ。


ファッション界では、ノームコア(究極の普通の意)ブームが過ぎ、タッキー(悪趣味の意)ブームが到来。ノームコアファッションでグレージュやブラウンなどのナチュラルカラーをよく着ていた反動から、人々が鮮やかな色を欲しているのではないか!

by.S参照

ファッション用語バリバリ、ノームコア?新しい音楽ジャンルかよ!と思わず突っ込みをいれたくなったが確かに上記の内容も納得できる部分もある。タッキー(悪趣味の意)ブーム?そんなのがキテんの?僕たちはいつだって悪趣味だからね、それが普通なんだけどww(誉め言葉)

大まかにいうと

秋冬でもド派手にキメろ!

ってことだな、トレンドだけを追うだけならね!

問題なのはバンドマーチでそのトレンドカラーがあまりにも少ないってことだ!無理にトレンドは追わなくてもいいがやはりどこかワンポイントは確実に取り入れるべきだ。好きなバンドのマーチでトレンドカラーがないのならバンドマーチ以外や「小物で取り入れろ」ってこと。カラーヴァリエーション豊富ですぐに取り入れやすいのは秋冬の必須アイテムニット帽、ビーニーである。

マスタードのカラーのニット帽も秋っぽくていいよね。一番に取り入れやすいのがニット帽ということだ!

僕が着用しているLeft Behindのロングスリーブやっぱイケてんな~!(自画自賛)

そういえば新譜も10月の終わりに発売されるぜ!

Left Behind – Tough Love

STIGMATAのメンバーが運営しているレーベル「Unbeaten Records」ヘヴィーでブルータル、メタリックな注目のハードコアバンド!


わざわざボディーのカラーでトレンドを取り入れなくてもさ、プリントの一部がトレンドカラーのほうがさりげなくていいんじゃないの!という結論に達してしまいましたw このLeft behindのグッズのようにね!

Left Behind

・アクセサリ、小物で取り入れる
・ニット帽、ビーニーがとりいれやい
・プリントの一部でトレンドカラーをさりげなく使う

トレンドはうまく付き合えば最高にオシャレになるが取り入れすぎたらダサくなるってことを頭の片隅においておこう!

河内野

【Posi散歩】Left Behindのロングスリーブでスケボーしてきた!

秋といえば?そう食欲の秋!!毎日ライスを食いまくっているせいが体が重いんだよね!
だったらスポーツでしょう!ってことでスポーツの秋を満喫するため青葉山ろく公園に
スケートしてきた!

しっかりストレッチしてまずはプッシュ。

5分程度のプッシュでゲロ吐きそうなほどに息が上がる!

スケボーってことで今日はしっかりVansのハーフキャブを履いてきた。

スケートをするのもハーフキャブを履いたのも2年ぶりくらい、新しいデッキ買おうかな~。

スケーターの皆さんおすすめを教えてください。なんせエセスケーターなもんで!!
いや散るスケーターとしておこう。

ちなみに今日のサイジングはこんな感じ!

マジで体が重くて飛べない、オーリーなんか全くできないってことで手すりをつかみ猛練習!

オーリーは諦めハーフパイプへ、いざ登ると降りる勇気もなくただパシャリと一枚撮る!

少し高い場所から滑るもおもっくそコケてしまい足グネる!

完全に心が折れました…….

今日着用しているのはLeft Behind(レフト・ビハインド)のロングスリーブシャツ!

ウエストバージニア産STIGMATAのメンバー運営Unbeaten Records所属の
ダークハードコアバンドである!

Left Behind – Snakes feat. Bryan from Knocked Loose (Official Music Video)

Unbeaten Recordsはかっこいいバンドが多いよね!

No Victory
Trife Life
Downpresser
Born Low

などなど、そしてSTIGMATAね!

若い子達には反応がないけどSTIGMATAのマーチとか着用してたら「すげ~」って思うんだけどね!

しっかり背中にUnbeaten Recordsロゴが刻印!

胸のアングラなホラーテイストピラミッドアイが素敵でしょ!
フロントはシンプルに胸にワンポイント!

袖にはLeft Behindロゴ!

心折れたんでスケートはもうやめ!公園内を散歩します!

アウレチックコースがリニューアルされたということで向かう!!

アスレチックコースに到着!

小学校から、思春期、高校卒業まで仲間たちとドロケをした思い出の場所だ!

まずはこれ、バランスを崩しながらもしっかりとクリア!

マウスの右クリックで鍛えた握力でなんとかクリア!

母の産道を抜け世界への誕生を意味するホールなのかは分からないが筒を無事に抜けクリア!

何をどうすれば良いのかわからない、用途が不明な柱とファイティング!

すべてのステージをクリアし空を見上げるととても今日も空は青かった!

疲れたので昼寝、(約15分)

一応ショップの店長なんでスタイリングを説明していくねww

ロングスリーブはここ最近では普通になってきた袖でインパクトを出すデザインを選んだ!

デザインのカラーのオレンジをメインカラーにしニットキャップと合わせたのである!

秋をイメージしてオレンジをメインにカーキのパンツと合わせる。パンツは細すぎず太すぎず…

これ以上色を入れるのはあまり好きではないのでキックスはブラックで!

XXLのビッグサイズのロングスリーブを選んだのは自分の中でパーカーの上にロングスリーブを合わせる
スタイリングがブームだからおきいサイズを購入した。

別にパーカーと合わせずとも今回のように単品で着てもOK!

店長スペック
身長:173cm
体重:70kg

このロングスリーブの寸法は

身幅:63cm
着丈:81cm

ボディーはGILDAN、

アクセントにドッグタグ!

XXLサイズってことで袖を伸ばすとここまで長い、これは萌えポイントとしても使えるぞ!!

パリコレでもヤバイヴランドがビッグサイズで袖を伸ばし着用する姿を見かける!

もしかしたら袖は伸ばしたままビッグサイズを着用するのがクツのかもしれない!
普段の生活を考えるとかなり不便そうだが…..www

ローラのビッグサイズ着用姿はやばい!可愛すぎる!

超絶ビッグサイズスタイリングはそこまでキテいるようだ!あなたも挑戦あれ!!

では

さようなら!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて