ボストンハードコアの暴れん坊将軍「Death Before Dishonor」10年ぶりのアルバムが発売決定!!!

ボストンハードコア代表

魔の月曜は満喫してます?先日もNYHC好きの中でもごく一部が盛り上がっている出来事があったよね!それはこのブログでも何度か紹介している、The Hundredsとハードコアバンドとのコラボ作品!



日本時間では3日前かな?お昼12時にちょうどお知らせが届いたかな、メロディック好きからハードコア好きまで幅広く支持を受ける最強のハードコア/パンク・バンドH2OとストリーとブランドThe Hundredsとのコラボです!



もう購入した?もう在庫は無いようだね!カバーアルバムでもある、Don’t Forget Your Roots「ルーツを忘れるな」のメッセージもたまらないね!ちなみに僕はカートに入れるものの、他のやばいアイテムを見つけちゃったんで泣く泣く今回はスルー・・・・今更後悔していますがね!


先日バンドマンのファッションチェックをしたけど、H2OのTobyもおしゃれだよね!憧れの親父No.1!NYHCの英才教育を受ける息子もイケメンすぎる!


ウォルターやモービーと写っている人物もすごいが、Tobyのピンクのシャツの着こなしに惚れる、どこのブランド?よく見るとピンクのシャツにはFUGAZIとモノグラムのようにプリント!え、こんなシャレオツなFUGAZIシャツあるの?と速攻で探したよね!見つかってないけど・・・・タイガーカモのパンツは入手してます!もちろんTobyの影響でね!




あなたのファッションはバンドマンから影響を受けてる?そこらへんとても気になります、僕のファッションのルーツは間違いなくバンドマンのコーデです!今のように何でもネットで見れる前は雑誌やアルバムジャケットに写るメンバー着用しているアイテム、MVはもちろんブートのライブ映像に写るメンバーのスタイルも良く参考していたね!そしてもちろん現場でも!同じライブの空間にいる人たちのスタイリング、仲良くなり話せば、いろんな情報も共有できるもんね、地元に戻ってきてからはあまりライブには参戦できなくなったけど、今年はいっぱい参戦する予定だから出演するバンドメンバーから見に来ている仲間たちのスタイリングも目を光らせてチェックして行きます!



スタイリングもバンドから地域などでも特徴がある、Hiphopらしいストリートな要素が強いニューヨーク、漢な土臭さもミックスしたストリートな印象を受けるボストン、ローライダー、ホッドロッド、スケートな印象の強いロサンゼルスと出身地ごとにも特徴があるスタイルがある、バンドマーチのプリントによってもそのバンドや地域などの特徴がある、そこらへんも踏まえてコーデしたりすると、深みが出てくるのではないかと!わかる人にはわかる、そこに行きついてしまうんだけど、薄っぺらいよりも深みがあったほうが良いでしょ?僕たちのニッチな世界の仲間たちは日ごろからディグ精神がしみついているからね、音楽にしてもファッションにしてもこだわりの強い人が多い、だからさっき言ったようにライブハウスでの出演者だけでなく見に来ている人たちのファッションもとっても参考になるんです!あなたもライブに行った際にはこのことを頭の片隅にでも・・・



地域別の話をしたけど、妙に「漢」を感じさせてしまうボストンのシーン、ニューヨークハードコアとともに人気なのがボストンハードコア、そのボストンの代表格といっても良い、ボストンハードコア暴れん坊将軍Death Before Dishonorからニューアルバム発売のアナウンスが!!!!!



Death Before Dishonor



これは事件だよね!まだ記憶にも新しかったアルバム「Better Ways To Die」から早くも10年がたっているんですね!そう、10年ぶりのニューアルバム、その名も「Unfinished Business」直訳で未完のビジネス、いったいどういった意味が込められているのだろうか?発売は7月の終わりとまだ先だけど、待ちに待った人も多くいるんじゃないかな!これまたテンションが上がるニュースだ!



今作も安定のBridge Nine Recordsからドロップ、先日解散を発表したBacktrackやもいる老舗ハードコアレーベル、おなじみのプロデューサーZeussのPLANET Z Studiosにて録音!ってことは必然的にZeussのプロデュース、ミックスになるよね、


Zeussとは?


ZEUSS (本名、Chris Harris)は、アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア、ミキサー。


マサチューセッツ州ハドリーのレコーディング・スタジオ「Planet-Z Recording」を拠点に活動。


ヘイトブリード、シャドウズ・フォール、ザ・レッド・コード、ソウルフライ、The Acacia Strain、Throwdownなど、ハードコアやヘヴィメタル・バンドのプロデュース等で知られている。

wiki参照

やばい布陣、まだ新曲は公開されていないけど、程よくストリートパンクを感じさせるタフでメロディックなギター、だれもがこぶしを突き上げ口ずさみたくなる「漢」なパンチライン、そして2ステップでモッシー、悪ブレイクダウンといつものサウンドを硬派なジャケットから読み取れる!!大幅なサウンドチェンジは100%無いだろう!聴く前から安心感がありますwww



マーチもね最近追加してるんでぜひこちらからチェックしてみてください!

Death Before Dishonor / デス・ビフォー・ディスオナー



10数年ほど前に購入したパーカーは着用しすぎて色あせが半端ない、新調しないとね!


ところで気になったんだけどあなたが好きなハードコアってどこのシーンが多い、好きになるバンドがなぜか一部の地域が多いとかもあるよね、とても気になります。

数秒で終わるアンケを用意したんでぜひ教えてください!





以前にUSオンリーだけど雑誌ケラングを参考に、各地域の代表ハードコアバンドを紹介する記事も書いてるんでぜひチェックしてみてください!




出身地の気温や宗教、食べ物、環境、ライフスタイルでサウンドの特徴が表れるのってすごい不思議だけど、探っていくと楽しいよね、ま、バンドそれぞれ、人それぞれ、違いますから、出身地、それだけじゃないですけどねそういった部分を知るのも楽しいかと思います!!わかりやすいニューヨークやボストン、フロリダは一種のブランドになっている部分もあるからね!でも長年聴いてきた人は特徴がなんとなくわかることでしょう。



では!

河内野





追伸:
今日、まさに今聴いているのはNo Turning Back、オランダのシーンもイケてるバンドが多いよね!Born From PainArkangelBackfire!Enemy Ground、などなど世界は広いよね~!

このジャケットアートかなり好みです!!アルバムと同じくボディーがレッドだったら即買いだったんだけどね!!

Backtrackの来日や解散、Jesus Peiceの来日、ニューリリースなどなど日々更新されるハードコアニュース、追いかけていくのも大変だ!!けど楽しい(^_-)-☆

【ハードコア】新規ハードコアバンドを発掘する方法

ハードコア

台風大丈夫でしたか~?こちらはちょうど台風の中心がそのまま上陸していたようで、少し雨と風が強い位でした、夕方の町はゴーストタウン化、車も人もほぼいない状態、なんか終末ホラーを感じさせる、すごい光景でした。



久々に自分お部屋でゆっくりと、普段聴けていなかった音源を聴きまくるという良き一日だった。

まずは待望のニューアルバム発売、届いてからも、なかなかじっくり聴けなかった大阪のPALM、しっかりと歌詞カードを見ながら、一つ一つの言葉をかみしめ、

Palm JP

2018年度のハードコア流行語大賞は間違いなく

腐りきった肉の塊、お前に言ってんだよ カス

個人的には、アルバムタイトルにもなっている最後を飾る「To Live Is To Die, To Die Is To Live」が一番好き、その中でも、下記の一節がとても心に響いた。


空気を読んで世渡りしているうちに ただの空気になって 人知れず 死んでいく 生きたままで死んでいく

人の顔色ばかりうかがって言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンな人も多い、空気を読んで上手く人生を渡り歩くことだってすごいスキルだと思うけど、本当の自分をさらけ出すことって本当に難しい、言いたいことを言うことで敵も多く増える、批判も増える、けど、本当に必要で必要とされる仲間はもっと増えるんじゃないかな、どっちが正解でもないけど、こういうことを考えさせられるリリックっていうことが大事、日本語詞ということで直に言葉が脳内に突き刺さる、さらにサウンドが究極にかっこいいんだもの、PALM最強じゃね!てことですww



やはりハードコアの魅力はメッセージ性、大好きな海外のバンドもしっかりリリックを見て、時間はかかるかもしれないけど、どんなメッセージが込められているのかを紐解くともっと好きになるよ!

先日紹介したTERRORの新曲のリリックもぜひチェックしてみてください!

そんなTERRORですが、新曲Spirit of Sacrifice が6日に公開されるようだ、日本だと7日だね、楽しみだけど、アルバム届く間で聴きたくない気持ちもあるんだよね、そう思わせてくれるほど楽しみなTERRORのニューアルバム、そして先日言ったSick Of It Allのニューアルバム、楽しみである!



上記で上がったようなレジェンドや人気バンドだけじゃなく、コアなバンドもチェックして行こうではないか!

すでにリリースされているが、あまり話題になっていない今注目のオハイオ出身メタリックハードコアバンド Homewrecker / ホームレッカー、スラッシュ、デスな要素の強い今年のハードコアトレンドでもあるサウンドの中でも群を抜いて飛びぬけているバンド、

※Homewrecker / ホームレッカーグッズはこちらをクリック!


僕も含めおじさん世代は歓喜、若者は新鮮な90’sなエッジメタルな要素もありつつ極悪な落としも見せるSANCTIONはPurenoise所属っていうことで名前は良く聴くバンドだと思うけど・・・

※SANCTIONグッズはこちらをクリック!


Rise of The NorthstarにDrowning、の新譜も良かったね、BDHWのEISBERGは個人的にな楽しみだしReaper RecordsのDAREはEPだけど、ジャケットが素晴らしいから気になるww

DARE


Bridge Nine Recordsといえば、SpineBeach Rats、近々で話題なっているバンドといえば、DeathwishのGOUGE AWAYなんかはDWでも注文が殺到しているようだ。



女子でいえば元Punch のヴォーカリスト Meghan在籍のSuper Unisonなんかも注目だし



取引あるメーカーのスタッフがオススメする、Ex Youthもすごいポテンシャルを秘めている!

そんな彼らのライブを見ていたら、忍者ハットリくんのTシャツを着ている女子が!!!ちょっとほしいww

PDBL1882078


大好きなバンドのライブのオーディエンスが着用しているバンドマーチをチェックし、そのバンドを検索したりしても、新しいバンドが発見できたりするし楽しいよ、

そうそう、最近、良く聞かれるんだけど


「どうやって新しいバンド発掘しているんですか?」



ある程度知名度あるバンドのツアーのフライヤー、SNSなどでアップされるよね、そのバンドと一緒に対バンする控えめに書かれているバンドを検索したりYoutubeが多いかな、「ハードコア好きが登録しておいたほうが良いチャンネル」を言うね!

1.HARDCORE WORLDWIDE

2.JR168

3.David Tan

4.hate5six

5.xBrutalYouth666x

これ以外にはレーベルは必ずチャンネル登録しておいたほうがいいね、ジャンル関係ないれーるるもあるからハードコアレーベルに限らずね、上記で上げたライブ動画などはあまり名前効かなくてもめちゃくちゃ盛り上がっているバンドは要チェック!

そんなもんかな、今年も残り3ヶ月、もうすぐ開催の日本最大のハードコアフェスBLOODAXE FEST、10月にはJUDGE、今月半ばのPower Tripに10月半ばのQuicksandそして何よりも話題になっているのは JESUS PIECE の来日だね!

PDBL1882079

12月15日(土)東京 渋谷GARRET
12月16日(日)愛知 名古屋CLUB ZION
12月17日(月)大阪 火影
12月18日(火)東京 小岩BUSHBASH
12月19日(水)東京 新宿ANTIKNOCK

招聘元:

大阪は火影でJESUS PIECEってとんでもないことになりそうだ!



追伸:

叙情系なら間違いなく、Dreambound だね!