最も売れたポップパンクアルバムは何?そして誰も知らない【ポップパンクバンドを発掘】

ポップパンク

今日は比較的涼しいけどほぼ快晴、ポップパンクが最高に合う天気だね!昨晩は「明日聴くポップパンク、メロディックパンク」を決めようと、CDをかき集め、結局夜中の3時まで迷いに迷い、決めれずにCDに埋もれながら寝落ち・・・・詳しくは覚えてないけど海ではしゃぐ夢を見たww

Millencolin True Brew

MillencolinのTrue Brew

そして起きて出勤前には目をつぶり散らばったパンクアルバムの中に手をねじ込む、つかんだのは、MillencolinのTrue Brew、意外と最近の作品、正直初期~中期のほうが大好きなバンドだけど、名曲True Brewは本当に好きな曲、昔のMillencolinが戻ってきたような、少しアダルトなBad Religionも彷彿させる最高なアルバム!良かったらぜひ聴いてみてください!!

部屋に散らばったパンクアルバム、今晩も寝るのは遅くなりそう、CDの整理ってテンション上がらない!整理途中なのに無駄に再生しては違う方向に・・・あるあるだよね!


一昔前はビルボードでも常連だったポップパンク、ふと何のアルバムが一番売れたんだろうと気になってしまった。

最も売れたポップパンクアルバム、Top10というのがPop Buzzというサイトでアップされていた。

はたしてAvril Lavigneはポップパンクになるのだろうかww

10) Sum 41 – “All Killer, No Filler”, 1000万枚
9) The Offspring – “Americana”, 1000万枚~1100万枚
8) The Offspring – “Smash”, 1100万枚
7) Avril Lavigne – “Under My Skin”, 1200万枚
6) Blink 182 – “Take Off Your Pants And Jacket”, 1400万枚
5) Green Day – “American Idiot”, 1400万枚~1500万枚
4) Blink 182 – “Enema Of The State”, 1500万枚
3) No Doubt – “Tragic Kingdom”, 1600万枚 million
2) Avril Lavigne – “Let Go”, 2000万枚
1) Green Day – “Dookie”, 2000万枚~

それにしても1000万枚ってケタが・・・・・ま~時代でもあるけど、ゴイスーだね!Avril Lavigne以外のアルバムはすべて持っている、中でもいまだに聴くのはBlink 182 – “Enema Of The State” その中のAll The Small Thingsのビデオはいつ見ても爆笑してしまうwwこれぞポップパンクビデオ部門だと間違いなくNo.1、フルチンで走るWhat’s My Age Again?も名作ビデオだけど、All The Small Thingsだね!

先日のアグノ来日でハードコアブームだったんだけど、現在はポップパンク、メロディックがマイブーム、それはのせい!まだ夏ではないけどね!暖かくて最高の天気、間違いなく一番合う音楽はポップパンク、メロディックでしょう!!!



そういえば、去年の11月の少し古いランクだけど、50 Greatest Pop-Punk Albumsってのもあったよね!

50. Discount, Half-Fiction (1997)
49. RVIVR, RVIVR (2010)
48. 5 Seconds of Summer, 5 Seconds of Summer (2014)
47. Joyce Manor, Never Hungover Again (2014)
46. Good Charlotte, Good Charlotte (2000)
45. All, Breaking Things (1993)
44. The Distillers, Sing Sing Death House (2002)
43. The Ataris, Blue Skies, Broken Hearts … Next 12 Exits (1999)
42. Lagwagon, Let’s Talk About Feelings (1998)
41. The Wonder Years, The Greatest Generation (2013)
40. Bouncing Souls, Hopeless Romantic (1999)
39. Screeching Weasel, My Brain Hurts (1991)
38. Yellowcard, Ocean Avenue (2003)
37. The Undertones, The Undertones (1979)
36. Saves the Day, Through Being Cool (1999)
35. Pennywise, Unknown Road (1993)
34. The Ergs!, dorkrockcorkrod (2004)
33. Simple Plan, No Pads, No Helmets … Just Balls (2002)
32. Lifetime, Jersey’s Best Dancers (1997)
31. Tsunami Bomb, The Ultimate Escape (2002)
30. AFI, The Art of Drowning (2000)
29. Green Day, Kerplunk (1991)
28. The Damned, Machine Gun Etiquette (1979)
27. MxPx, Life in General (1996)
26. The Jam, Snap! (1983)
25. Jimmy Eat World, Bleed American (2001)
24. Stiff Little Fingers, Inflammable Material (1979)
23. Alkaline Trio, From Here To Infirmary (2001)
22. The Rezillos, Can’t Stand the Rezillos (1978)
21. Operation Ivy, Operation Ivy (1991)
20. All Time Low, So Wrong, It’s Right (2007)
19. Good Charlotte, The Young and the Hopeless (2002)
18. Bad Religion, Stranger Than Fiction (1994)
17. Rancid, …And Out Come the Wolves (1995)
16. Green Day, American Idiot (2004)
15. Sum-41, All Killer No Filler (2001)
14. New Found Glory, New Found Glory (2000)
13. The Offspring, Smash (1994)
12. Jawbreaker, 24 Hour Revenge Therapy (1994)
11. NOFX, Punk in Drublic (1994)
10. Misfits, Walk Among Us (1982)
9. Paramore, Riot! (2007)
8. Blink-182, Dude Ranch (1997)
7. Generation X, Generation X (1978)
6. Buzzcocks, Singles Going Steady (1979)
5. Fall Out Boy, Take This to Your Grave (2003)
4. Descendents, Milo Goes to College (1982)
3. The Ramones, Rocket to Russia (1977)
2. Blink-182, Enema of the State (1999)
1. Green Day, Dookie (1994)

     

The Wonder Years

The Wonder Years-The Greatest Generation
         
Blink-182, Enema of the Stateよりも聴いている音源は間違いなくNOFX, Punk in Drublicだね、パンクバンドのレジェンド達がいる中、僕たちが愛するThe Wonder Years, The Greatest Generation (2013)がランクインしてるってマジですごいことだよね!ま、2014年までに発売されたアルバムの中から選ばれているから2018年現在だったら現行で活躍するState champsStory So FarNeck Deep、のアルバムもランクインしそうな気もするね!

State Champs も収録されている、Warped Tour2018のコンピレーションもマジで楽しみである!発売は6月後半、あと1ヶ月だね!最後のワープドツアーが開催されるのも6月後半から、実際には行けないからYoutubeのライブ配信で楽しみます!!だれか行く人いる?

ワープドツアーのホームページにも記載されているラインナップを見るだけでも最高に楽しい時間が過ごせるんだけど、まさかのFenix TXの名が、ボーカルの病気などあり15年ぶりに発売されたCre.Epは最高でした、相変わらずいい声してますよね~!


そうそう、現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

ワープドツアー18のラインナップはこちらから、最下部にあるローカルアーティストからやばいバンドを見つけるのもありだね!!ポップパンクやメロディックに限らずポストハードコア、メタルコア、デスコア、メタル、ハードコア、たくさんの無名なバンドも参戦、未来のスターを発掘せよ!!

ロスのポップパンク・メロディックバンド!Crash Overcast




ピッツバーグ産、Four Chord Music所属のEternal Boy




ニューヨークはブルックリン産のパンクバンドFat Heaven




リッチモンド産イージーコア/ポップパンクバンドFlight Club




ロサンゼルス産、Neck DeepのベーシストFilがマネージメントをしているポップパンク/ポップロックバンドGardenside




ポートランド産、Common Ground Records所属のドリームパンクバンドGlacier Veins




ロングアイランド産、CI Records所属メロディックパンクバンドGutterLIFE




ニューヨーク産、パンクロックバンドKNUCKLEHEAD




ニューヨーク産、ポップパンクバンドLocals Only




ハンティントンビーチ産Hostage Records所属のパンクロックバンドLOVE CANAL




オレンジカウンティ産We Are Triumphant所属のポップパンク/ロックバンドSincerely, Me




ボルチモア産Common Ground Records所属のポップパンクバンドSomething More




ミシガン産、Anchor Eighty Four Records所属のポップパンクバンドSouthpaw




ロス産、メロディックパンク/ハードコアStandard Issue




ポップパンク/オルタナティブロックバンドStay Loud




ノースカロライナ産Adventure Cat Records所属のポップパンクバンドSummer Wars(トトさんもおすすめのバンドですね!)




アリゾナ産、Outerloop Records所属のエモーティブパンクバンドSundressed




ワシントン産、Altercation Records所属のパンクバンドThe Split Seconds




イギリスはウェールズ産、ポップパンクバンドWho Saves The Hero?






ローカルバンドにポジでも人気のWe Were SharksCarousel Kingsがいるのも違和感ありましたが無名でもハイセンスなバンドがたくさんいますね!その中でもあなたが気に入ったバンドはいましたか?僕はイージーコア寄りのFlight Clubにボーカルのシャウト交じりな歌い方が特徴なLocals Onlyにヤラれましたね!!!今回はポップパンク、メロディくバンドだけ集めてみましたがポストハードコア、ハードコア、デスコア、やばいバンドいっぱいいましたよ!ぜひネクストブレイクかも?な新しいバンド発掘してみてください!


ポップパンクといえば現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

NECK DEEPのだれが何と言おうと歴史に残る名盤「The Peace & The Panic Red」のカセットテープのプレゼントは明日5月22日火曜日夜9時までね!!

では!!

ヘヴィーすぎず緩すぎないCHONにハマリ中!届いたマーチも最強だった?

チョーン

夏いね~~~、今日は35℃越え、暑いどころじゃない、湿気もゴイスーだし常にサウナにいるみたい、ま、事務所はクーラーつけて快適なんだけどwwそして常にYoutubeを開いては新しいビデオのチェックや仕事のはかどるBGMを探したり、一番はかどるのはやはりスラッシュメタル、やクロスオーバースラッシュ、しか~し早すぎて誤字脱字のオンパレード、かといってカフェで流れてそうなBGMにすると眠くなる、クリーンの歌物が入ってると歌いたくなるし….

絶妙にテンションも上がってユルく歌の入っていないインスト、今はChonに大ハマり!作業がハカドル、ハカドル!あ、歌入ってる…..

CHON – Nayhoo (feat. Masego & Lophiile)

難解ちゃー難解なんだけど楽器もやっていない素人が聴いても心地いいし胸が躍る、そんな方も多いはず!

CHON – Waterslide (Official Music Video)

そうそう、先日そんなCHONのグッズを注文してくれて届いたんだけどさ、これがまた生で見ると激やばだったんだよね!
CHON

スパークリング柄というバンドマーチでも新しいボディー、ホワイトの単色が泡のように柄になっているのかと思いきやこれだもんね、生で見てマジでびっくりしたぜ!当目で見るとわからないけど近くで見るとこのこだわり、ヤッベーっす!

CHON以外にもスパーリングボディー数アイテムあるからチェックしてみてね!

スパークリングボディーのアイテムは

Senses Fail /センシズ・フェイルのスパークリングシャツ
Invent, Animate/インヴェント・アニメイトのスパークリングシャツ
CHON / チョーンのスパークリングシャツ

2017年もバンドマーチの進化が止まらないね!昨日ヤッベー最先端のバンドマーチ見つけたからさガンガンアップしていくぜ!

河内野




追伸

最新のMVでよく聞いているのがこいつら

The Wonder Years – There, There (Acoustic Version)


COMEBACK KID – Surrender Control


NASTY “Forgiveness”


Victorian Halls – Dissolution



Converge – “I Can Tell You About Pain”

THE LURKING FEAR – The Starving Gods Of Old

Create To Inspire – Blue

Goldfinger – See You Around

Varials – Pain Again

Burn “Ill Together”

ConvergeBurnの音源が楽しみすぎる!そしてALL OUT WARね!夏後半も秋もリリースラッシュ、あなたが購入予定の音源は?

【2013年総まとめ】読者が選んだ激音アルバムトップ5、「片桐さん」の場合

0

昨日のケリンさんに続いて片桐さんが選んだ2013年、ベストアルバムTOP5を紹介します。

1

第5位

バンド名:Hands Like House
アルバムタイトル:Unimagine

TOP007

片桐さんから一言

エモ好きにはたまらない、今年一番エモいアルバムをリリースしてくれました!前作からは正直全く予想できなかったバンドの躍進を見せてくれました。アルバム全体を通して完成度、曲の良さがありますが、一番の曲はやはりラストを飾るA Fire On A Hillでしょう!涙がこぼれそうなサビにしびれろ!来日公演を切に願います。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

1

第4位

バンド名:Chunk! No, Captain Chunk!
アルバムタイトル:Pardon My French

TOP008

片桐さんから一言

popな要素とmetalのゴリゴリ感を気持ちいい具合に混ぜこのバンドの軸のブレなさを堂々と見せつけてくれました。ギターリフもよくもまあ思いついたものだなとこちら側に関心させるほど一筋縄ではいかない、耳に残ってしまう曲がたくさんあります。 11月後半から多数の公演がありそれに足を運びましたが、ライヴで劣化を見せずにCD音源同等、いや、それ以上の実力を発揮してとてもパワフルな公演でした。元気がない、機嫌が悪くて破壊衝動に駆られるがしかし、暴力なんて振るってはいけないと思ってるそんなあなたにおすすめの破壊力と元気を兼ね備えたアルバムになっています!これを聞いて元気になれる!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

1

第3位

バンド名:The Wonder Years
アルバムタイトル:The Greatest Generation

TOP009

片桐さんから一言

まずアルバムの2曲目であるPassing Through a Screen Doorをyoutubeで聞けば一発でハマる事間違いなしです。来日公演に行ってきましたが、1曲目からこの曲でフロアはごっちゃごっちゃに、そしてシンガロング、ジャンプの嵐でした。そんな光景を見てボーカルのDanは涙している様子を見せました。海外のファンがこれだけ自分たちの曲を歌ってくれる、盛り上げてくれるものなのかと感動したんでしょう。我々ファンには大好きだから歌うし騒ぐしで当然のような気もしますが、あちら側からすると灌漑深い光景だったのでしょう。それだけ日本のファンの熱狂させるこのアルバムを聞かないのは非常にもったいない!ぜ


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

1

第2位

バンド名:State Champs
アルバムタイトル:Finer Things

TOP010

片桐さんから一言

もうリリースが待ちきれなくて入荷の早い輸入盤を買ってしまうくらい待ち望んでいた一枚です。個人的に名曲のCriticalで彼らの名前を知りましたが、この曲がついに製品版に収録されたアルバムが出て大歓喜です。アルバム全曲にpop punk好きにはたまらない次々に迫りくるシンガロングできるパート。まだ日本にライヴしに来てはいないのでyoutubeでいくつかライヴ映像を見ましたが、ボーカルのDerekが歌の上手いこと!(笑) これは本物ですわ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

1

第1位

バンド名:Blessthefall
アルバムタイトル:Hollow Bodies

TOP011

片桐さんから一言

前作から異常なほどの破壊力溢れるリフ、シャウト、美麗なクリーンボイスで溢れていましたが今回はそれ以上のものが詰まっています。きっと前作よりもシャウトパートがかなり多めになっている気がします。あんな風に叫んでみたい! アルバムが届いた日にはガッツポーズを部屋で一人決めてしまいました(笑) 今作はメタルコア界の友人たちにゲストボーカルで参加してもらってかなり豪華な仕上がりになっています。曲の良さは文章では伝わらないので是非聞いてみてください、その一言に尽きるのですが、一つ個人的にとても感心することがありまして、ギターの音がとてつもなくいいんです!こんな音、僕も出してみたいです!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!


片桐さんありがとう。最高の5枚ありがとう!!僕も大好きなバンドがいっぱい入っていてうれしい。そして、コメントいただいた曲が名曲ばかり。A Fire On A Hillは鳥肌が立ってしまいました。まだ持っていないアルバムなんで速攻注文しました。

片桐さんが選んだTOP5どうだったでしょうか?5枚のみ選ぶのは本当にキツイ。2013年は神盤だらけだね。まだまだみんなからTop5届いているから発表していくよ。Arkaik Clothingの2枚重ねドッグタグの抽選会もお楽しみに。

河内野

【2013年総まとめ】読者が選んだ激音アルバムトップ5、「ケリンさん」の場合

0

あなたが選んだベストアルバムTOP5続々と届いています。ありがとう。今回はケリンさんが選んだTOP5を発表します。

2

第5位

バンド名:Beartooth
アルバムタイトル:Sick EP

3

ケリンさんから一言

元AA!のCaleb Shomoはやっぱりかっこよくて、4曲しか入っていないこのEPは一時期ヘビロテしてました。 フルアルバムの発売が楽しみです!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

第4位

バンド名:Asking Alexandria
アルバムタイトル:From Death to Destiny

4

ケリンさんから一言

このアルバムは絶対外せませんよね! 特にRun FreeとKilling Youは最高。 今までとは少し違ったサウンドもまたいい感じになってて気に入りました。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

第3位

バンド名:Confide
アルバムタイトル:All Is Calm

5

ケリンさんから一言

スクリーモといえば自分の中でConfideなのですが、このアルバムは世間であんまり話題にならなかったような・・・ ドラムのJoel脱退やらなんやらありましたが、曲のクオリティーがどれも高く、かなり印象に残っているアルバムです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

第2位

バンド名:Secrets
アルバムタイトル:Fragile Figures

6

ケリンさんから一言

なんといってもこの心にくるメロディにはまりました。 特にMaybe Next Mayは恐らく今年一番聴いた曲かもしれません。 もっと人気がでてもいいのではないでしょうか。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

第1位

バンド名:Sleeping With Sirens
アルバムタイトル:Feel

7

ケリンさんから一言

今回もドツボでした。 発売されてから狂ったように聴きまくってます。 Kellinは自分にとって神様のような存在です。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!


ケリンさんありがとう!最高の5枚だね。Confideすっかり忘れていました。なんで話題にならなかったのか不思議ですね。そして一位はSleeping With Sirens、最強の神盤でしたね。もう一度聴きなおしてみます。そして持っていないConfideは購入しま~す!!!

まだまだみんなからTop5届いているから発表していくね。Arkaik Clothingの2枚重ねドッグタグの抽選会もお楽しみに。

河内野

モモクロの感電少女「れにチャン」もびっくり、ニュー・ファウンド・グローリーのギタリストが演奏中に感電→入院へ

0

モモクロの新曲ってすごいね!
いまさらですが、ハマってしまいました(笑)。

ちなみに僕はれにちゃん(紫)が好きです。

が、今日はそんな個人的な趣味を打ち明けたいのではなく、心配なニュースが飛び込んで来たのでお知らせします。

少し前の話なのですが、僕たちが愛する
ポップパンクのあの人がライブ中に感電、
そして病院に担ぎ込まれたそうです。

根っからのハードコア人であり、
Terrorの最新作も手掛けたあの人。

そうです、ニュー・ファウンド・グローリーのギタリスト
Chad Gilbert、チャドパイセンが感電して入院してしまったよー。

1

でも、更に調べてみたところ、
翌日には退院してステージに立ったとの情報あり。

…って超人かよ!

あぁ、良かった。
ほんとうにビックリしちゃったよ。

「ヘイ、みんな。いま退院した。
一晩中、心臓を検査&すべて大丈夫だ。
みんなの愛とサポートに感謝する!」 by チャド

ソース

モモクロのれにちゃん(感電少女)もビックリ。
彼のあだ名は「感電兄貴」に決定です。

さすがハードコアも通ってきた兄貴、電流が流れても死にません。
ニュースを見た時はびっくりでしたが本当に安心しました。

チャドの彼女、ヘイリー(パラモアのシンガー)
も心配したでしょうね。

2

こんな日はこの曲を聴きたくなった!


動画が見れない場合はここをクリック

My friends over you!
お前(女)より友達だ!

熱い歌詞が最高です。

暖かくなってくるとポップパンクやメロディックが
ほんとうに心地よいですね。

これからの時期はThe Wonder Years、The Story So Far、
Man Overboard、Face To Face の新譜がかかせなくなりそうです。

それではThe Wonder Yearsのリリックビデオでお別れです。


動画が見れない場合はここをクリック

ではまた。

河内野