最も売れたポップパンクアルバムは何?そして誰も知らない【ポップパンクバンドを発掘】

ポップパンク

今日は比較的涼しいけどほぼ快晴、ポップパンクが最高に合う天気だね!昨晩は「明日聴くポップパンク、メロディックパンク」を決めようと、CDをかき集め、結局夜中の3時まで迷いに迷い、決めれずにCDに埋もれながら寝落ち・・・・詳しくは覚えてないけど海ではしゃぐ夢を見たww

Millencolin True Brew

MillencolinのTrue Brew

そして起きて出勤前には目をつぶり散らばったパンクアルバムの中に手をねじ込む、つかんだのは、MillencolinのTrue Brew、意外と最近の作品、正直初期~中期のほうが大好きなバンドだけど、名曲True Brewは本当に好きな曲、昔のMillencolinが戻ってきたような、少しアダルトなBad Religionも彷彿させる最高なアルバム!良かったらぜひ聴いてみてください!!

部屋に散らばったパンクアルバム、今晩も寝るのは遅くなりそう、CDの整理ってテンション上がらない!整理途中なのに無駄に再生しては違う方向に・・・あるあるだよね!


一昔前はビルボードでも常連だったポップパンク、ふと何のアルバムが一番売れたんだろうと気になってしまった。

最も売れたポップパンクアルバム、Top10というのがPop Buzzというサイトでアップされていた。

はたしてAvril Lavigneはポップパンクになるのだろうかww

10) Sum 41 – “All Killer, No Filler”, 1000万枚
9) The Offspring – “Americana”, 1000万枚~1100万枚
8) The Offspring – “Smash”, 1100万枚
7) Avril Lavigne – “Under My Skin”, 1200万枚
6) Blink 182 – “Take Off Your Pants And Jacket”, 1400万枚
5) Green Day – “American Idiot”, 1400万枚~1500万枚
4) Blink 182 – “Enema Of The State”, 1500万枚
3) No Doubt – “Tragic Kingdom”, 1600万枚 million
2) Avril Lavigne – “Let Go”, 2000万枚
1) Green Day – “Dookie”, 2000万枚~

それにしても1000万枚ってケタが・・・・・ま~時代でもあるけど、ゴイスーだね!Avril Lavigne以外のアルバムはすべて持っている、中でもいまだに聴くのはBlink 182 – “Enema Of The State” その中のAll The Small Thingsのビデオはいつ見ても爆笑してしまうwwこれぞポップパンクビデオ部門だと間違いなくNo.1、フルチンで走るWhat’s My Age Again?も名作ビデオだけど、All The Small Thingsだね!

先日のアグノ来日でハードコアブームだったんだけど、現在はポップパンク、メロディックがマイブーム、それはのせい!まだ夏ではないけどね!暖かくて最高の天気、間違いなく一番合う音楽はポップパンク、メロディックでしょう!!!



そういえば、去年の11月の少し古いランクだけど、50 Greatest Pop-Punk Albumsってのもあったよね!

50. Discount, Half-Fiction (1997)
49. RVIVR, RVIVR (2010)
48. 5 Seconds of Summer, 5 Seconds of Summer (2014)
47. Joyce Manor, Never Hungover Again (2014)
46. Good Charlotte, Good Charlotte (2000)
45. All, Breaking Things (1993)
44. The Distillers, Sing Sing Death House (2002)
43. The Ataris, Blue Skies, Broken Hearts … Next 12 Exits (1999)
42. Lagwagon, Let’s Talk About Feelings (1998)
41. The Wonder Years, The Greatest Generation (2013)
40. Bouncing Souls, Hopeless Romantic (1999)
39. Screeching Weasel, My Brain Hurts (1991)
38. Yellowcard, Ocean Avenue (2003)
37. The Undertones, The Undertones (1979)
36. Saves the Day, Through Being Cool (1999)
35. Pennywise, Unknown Road (1993)
34. The Ergs!, dorkrockcorkrod (2004)
33. Simple Plan, No Pads, No Helmets … Just Balls (2002)
32. Lifetime, Jersey’s Best Dancers (1997)
31. Tsunami Bomb, The Ultimate Escape (2002)
30. AFI, The Art of Drowning (2000)
29. Green Day, Kerplunk (1991)
28. The Damned, Machine Gun Etiquette (1979)
27. MxPx, Life in General (1996)
26. The Jam, Snap! (1983)
25. Jimmy Eat World, Bleed American (2001)
24. Stiff Little Fingers, Inflammable Material (1979)
23. Alkaline Trio, From Here To Infirmary (2001)
22. The Rezillos, Can’t Stand the Rezillos (1978)
21. Operation Ivy, Operation Ivy (1991)
20. All Time Low, So Wrong, It’s Right (2007)
19. Good Charlotte, The Young and the Hopeless (2002)
18. Bad Religion, Stranger Than Fiction (1994)
17. Rancid, …And Out Come the Wolves (1995)
16. Green Day, American Idiot (2004)
15. Sum-41, All Killer No Filler (2001)
14. New Found Glory, New Found Glory (2000)
13. The Offspring, Smash (1994)
12. Jawbreaker, 24 Hour Revenge Therapy (1994)
11. NOFX, Punk in Drublic (1994)
10. Misfits, Walk Among Us (1982)
9. Paramore, Riot! (2007)
8. Blink-182, Dude Ranch (1997)
7. Generation X, Generation X (1978)
6. Buzzcocks, Singles Going Steady (1979)
5. Fall Out Boy, Take This to Your Grave (2003)
4. Descendents, Milo Goes to College (1982)
3. The Ramones, Rocket to Russia (1977)
2. Blink-182, Enema of the State (1999)
1. Green Day, Dookie (1994)

     

The Wonder Years

The Wonder Years-The Greatest Generation
         
Blink-182, Enema of the Stateよりも聴いている音源は間違いなくNOFX, Punk in Drublicだね、パンクバンドのレジェンド達がいる中、僕たちが愛するThe Wonder Years, The Greatest Generation (2013)がランクインしてるってマジですごいことだよね!ま、2014年までに発売されたアルバムの中から選ばれているから2018年現在だったら現行で活躍するState champsStory So FarNeck Deep、のアルバムもランクインしそうな気もするね!

State Champs も収録されている、Warped Tour2018のコンピレーションもマジで楽しみである!発売は6月後半、あと1ヶ月だね!最後のワープドツアーが開催されるのも6月後半から、実際には行けないからYoutubeのライブ配信で楽しみます!!だれか行く人いる?

ワープドツアーのホームページにも記載されているラインナップを見るだけでも最高に楽しい時間が過ごせるんだけど、まさかのFenix TXの名が、ボーカルの病気などあり15年ぶりに発売されたCre.Epは最高でした、相変わらずいい声してますよね~!


そうそう、現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

ワープドツアー18のラインナップはこちらから、最下部にあるローカルアーティストからやばいバンドを見つけるのもありだね!!ポップパンクやメロディックに限らずポストハードコア、メタルコア、デスコア、メタル、ハードコア、たくさんの無名なバンドも参戦、未来のスターを発掘せよ!!

ロスのポップパンク・メロディックバンド!Crash Overcast




ピッツバーグ産、Four Chord Music所属のEternal Boy




ニューヨークはブルックリン産のパンクバンドFat Heaven




リッチモンド産イージーコア/ポップパンクバンドFlight Club




ロサンゼルス産、Neck DeepのベーシストFilがマネージメントをしているポップパンク/ポップロックバンドGardenside




ポートランド産、Common Ground Records所属のドリームパンクバンドGlacier Veins




ロングアイランド産、CI Records所属メロディックパンクバンドGutterLIFE




ニューヨーク産、パンクロックバンドKNUCKLEHEAD




ニューヨーク産、ポップパンクバンドLocals Only




ハンティントンビーチ産Hostage Records所属のパンクロックバンドLOVE CANAL




オレンジカウンティ産We Are Triumphant所属のポップパンク/ロックバンドSincerely, Me




ボルチモア産Common Ground Records所属のポップパンクバンドSomething More




ミシガン産、Anchor Eighty Four Records所属のポップパンクバンドSouthpaw




ロス産、メロディックパンク/ハードコアStandard Issue




ポップパンク/オルタナティブロックバンドStay Loud




ノースカロライナ産Adventure Cat Records所属のポップパンクバンドSummer Wars




アリゾナ産、Outerloop Records所属のエモーティブパンクバンドSundressed




ワシントン産、Altercation Records所属のパンクバンドThe Split Seconds




イギリスはウェールズ産、ポップパンクバンドWho Saves The Hero?






ローカルバンドにポジでも人気のWe Were SharksCarousel Kingsがいるのも違和感ありましたが無名でもハイセンスなバンドがたくさんいますね!その中でもあなたが気に入ったバンドはいましたか?僕はイージーコア寄りのFlight Clubにボーカルのシャウト交じりな歌い方が特徴なLocals Onlyにヤラれましたね!!!今回はポップパンク、メロディくバンドだけ集めてみましたがポストハードコア、ハードコア、デスコア、やばいバンドいっぱいいましたよ!ぜひネクストブレイクかも?な新しいバンド発掘してみてください!


ポップパンクといえば現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

NECK DEEPのだれが何と言おうと歴史に残る名盤「The Peace & The Panic Red」のカセットテープのプレゼントは明日5月22日火曜日夜9時までね!!

では!!

こち亀は終わったけどSick Of It Allは終わらない!30周年を記念して発売される音源がやばいぞ!

始まりがあれば終わりがある。

終わってしまったね、「こち亀」40年だってよ、

ブログを読んでくれている9割以上の方は生まれていない時に始まってんだね、
すごいね。

こち亀といえば高校時代3年をかけて授業中に全て読んだ記憶がある。

といってもその頃は100巻を超えていた程度だったと思う。

ずば抜けて面白いわけでもなかったんだけど、読んでいくと生活に欠かせない
自分の一部になっていた記憶がある。

リアルではないけどリアリティーが有り実際に両津は存在しているんでは
ないかと錯覚してしまうこともあった。

こち亀は存在して当たり前、高校以降は読んでいなく決してファンではないが
※アニメは見ていた。

常に存在するものと思い込んでしまっていた、なくなってしまうと寂しいもんだ。

約40年におよぶ連載を一度も休んだことがないってのが本当にすごいよね!

毎週必ずだよ、普通じゃできないよね。

作者の秋本さん、そして両津お疲れさまでしたと言いたい。

200巻だけでも読んでみようかなww

葛飾ラプソディーが妙に悲しく聞こえてしまう…….









40年には満たないけどさNYHCレジェンド、Sick Of IT Allは30周年を迎えたよね!


このデザインはハードコア界で有名なジョナサン・バスク師匠!(※テラーのジャケとかね)

もちろん30周年シャツは手に入れてるよね?

そしてなんと結成30周年を記念して新しい音源
「When The Smoke Clears」が発売されるね!!

アルバムじゃなくEPなんだけどさ、楽しみすぎる、最高のニュースだ!

新曲5曲に、レアなフォト、AFI、REFUSED、HOT WATER MUSIC、GORILLA BISCUITS、DROPKICK MURPHYS、
などのメンバーによる解説文も付属ていう最高な作品!

発売は11月4日、待ちきれないね!

ということは新作グッズも発売か?これまた楽しみだ!

今もなお精力的にツアー中だが来年の1月はオーストラリア、その流れで日本!!
って期待しちゃうよねww

どういうつながりかわからないけどベテラン・ニューメタルのP.O.D.の曲に
ボーカルLou Kollerが参加したよね!

P.O.D. – Revolución (Audio) ft. Lou Koller

ファンにとっては異なるジャンルでLou Kollerの声が聞けるのは新鮮で最高だ!

Lou KollerフィーチャリングだとBorn From PainとかH2Oとかが有名だけど香港ハードコアの
リーチーワンに参加した曲がやばい!

King Ly Chee 荔枝王 – Lost in a World (featuring Lou Koller of Sick of it All)

どんな曲でもLou Kollerが叫べばSick Of It Allになってしまう。

そんな存在感のでかい個性的で無二の魅力あるボーカルがLou Kollerだ!

そんなLou Kollerのスタイルも大好き、年を取ってくるとやっぱり存在感があって説得力のある
アーティストのスタイルは

真似したくなっちゃうんだよね、若いバンドには出せない渋みがあるよね。

ファッションも人間力って大事だなってすごく感じる!

Lou Kollerといえばやっぱりポロシャツ!

ナイキのコルテッツにポロシャツ、真似させていただいてますww




チェックのシャツもLou Kollerは結構愛用してるけど渋いよね~!

このスタイリングに憧れて僕はディスタービアのチェックシャツをこの夏はいっぱい愛用しました!

こんなオヤジになりたい選手権があるなら間違いなくNo.1だ!!!

ポーランドで行われた30周年ライブ動画!テンション上がる~~!!

SICK OF IT ALL – 30 ANNIVERSARY | Live @ PROXIMA | Warszawa 16.03.2016 | Poland |

相変わらずPete Kollerは元気だねww

飛び跳ねるPeteデザインのシャツはメーカーでももう在庫が少ないようだよ!

始まりがあれば終わりがある、SICK OF IT ALLもいつかは解散してしまうんだね……

そう考えると悲しくなってきたわ….あと10年は頑張ってこち亀の40年記録抜いちゃってください!

河内野

追伸:

Agnostic Frontは結成34年、あと6年でこち亀を抜いちゃうね!!

メロコアファン必見!『Punk Goes 8​-​Bit』の第2弾と第3弾、計22曲が無料でダウンロード可能に

前回も反響があったあのシリーズ『Punk Goes 8-Bit』の第2弾と3弾が発表された。今回も無料でダウンロードできるよ。

第2弾の内容はこちら。

  1. Guttermouth – Lipstick (8-Bit) 02:45
  2. Operation Ivy – Vulnerability (8-Bit) 01:49
  3. Green Day – 86 (8-Bit) 02:44
  4. Less Than Jake – Never Going Back To New Jersey (8-Bit) 02:52
  5. The Lillingtons – All I Hear Is Static (8-Bit) 01:59
  6. AFI – The Boy Who Destroyed the World (8-Bit) 03:01
  7. Lagwagon – Beer Goggles (8-Bit) 02:47
  8. Bad Religion – Sometimes I Feel Like (8-Bit) 01:30
  9. Screeching Weasel – Cindy’s on Methadone (8-Bit) 01:24
  10. Mad Caddies – Macho Nachos (8-Bit) 03:23
  11. Anti-Flag – Press Corpse (8-Bit) 03:08
  12. Propagandhi – Ska Sucks (8-Bit) 01:48
  13. Buck-O-Nine – My Town (8-Bit) 03:23

ダウンロードはここをクリック。Buy Nowをクリックしたら金額を入力するところに「0」と入力してDownload Nowをクリック。お金を払ってもいいという人は寄付も可能です。

そして第3弾はこちら。

  1. Rise Against – Black Masks & Gasoline (8-Bit) 03:06
  2. Catch 22 – Keasby Nights (8-Bit) 02:54
  3. Good Riddance – Favorite Son (8-Bit) 01:15
  4. NOFX – This Machine Is 4 (8-Bit) 02:03
  5. Satanic Surfers – Sunshiny Day (8-Bit) 01:58
  6. Goldfinger – Here In Your Bedroom (8-Bit) 03:08
  7. Teenage Bottlerocket – Wasting Time (8-Bit) 02:18
  8. H2O – I See It In Us (8-Bit) 02:17
  9. Millencolin – Bullion (8-Bit) 01:53
  10. Reel Big Fish – Cheer Up (8-Bit) 02:42
  11. Ten Foot Pole – A.D.D. (8-Bit) 02:53
  12. The Queers – I Can’t Stop Farting (8-Bit) 01:42

ダウンロードはここをクリック。Buy Nowをクリックしたら金額を入力するところに「0」と入力してDownload Nowをクリック。こちらも寄付可能です。

メロコアの名曲たちがチープになって可愛く復活、メロコア世代の友人たちは反応しまくり(笑)。メロコア大好きな友人などに聞かせると必ず喜ぶよ。

原曲も聴きたくなって、Youtubeで聴きまくっているんだけど、メロコアって最高だよね。中3あたりからランシドやNOFX、オフスプリングが流行ってきて、アングラなバンドを掘り下げていく、メタルからハードコア、グランジなんかも同時に聞いていたけど、当時テンションが上がるのはやっぱりメロコアだったよな。

借りっぱちされたメロコアの名盤なんかはアマゾンやブックオフで激安で売っているから最近購入しまくってる(笑)。といっても、現役のバンドも数多くいるわけで、再びはまってしまいそうだ。Burning Heart Recordsとかどうなったのかな~。

No Use For A Nameと間違えてNo Fun At ALLのCDを買ってしまったことを思い出す。結局、No Fun At ALLにもはまってしまったんだけど….


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

あなたが好きなメロディックハードコアバンドは誰ですか?

河内野