【アンケート】「タッシー」さんが選んだビーチで聴きたい夏の名曲がこれだ!No4

アンケート

週間予報10日予報を見てもすべて天気、最高なんだけど気温がちょっと…..
舞鶴

やばいね、太陽に負けない鮮やかなBad Brainsシャツで「自分が太陽くらい輝いてやる!!」と思うも太陽には勝てず、おもっくそ反射して周りからは暑苦しいとのこと、さわやかで夏らしいカラー、最高なカラーなのに、わかってないよね!!

バッドブレインズ
バッドブレインズシャツはこちらをクリック



さてさて今開催中の夏のビーチでかけたい僕たちの夏ソング募集!アンケート!本日も多くの名曲たちが届いた!


第4回目を飾るのはタッシーさん、いつもありがとうございます!!!

では早速、紹介していこう!夏感じてください!




1曲目:The Northern Lights – Malibu (ft. Danny Martin)





2曲目:The Young Sires – The Way It Feels (ft. Fancy Cars)





3曲目:Victors – Holding On





4曲目:Cascadia – Polaroids





5曲目:THRILLCHASER – A Lot Like Love





夏に聴きたい最強アルバムは?

LOYALS – LOYALS

LOYALS - LOYALS






夏に大活躍のバンドマーチといえば?

キャップ・ハット





今年夏一番のお気に入りのバンドTシャツは何?

Noija – Pink Logo Tee Tシャツ

Noija - Pink Logo Tee





タッシーさん、ありがとうございます!1曲目はThe Northern Lights、映像が夏感を増し増し、レトロな電子音で始まりゆったりと美しく進んでいくレトロなポップサウンド、この手のサウンドは全く聞かないんでとても新鮮でした!都会的な印象も受ける良曲ですね!続いてThe Young SiresCrown The Empireで活躍していたBennのプロジェクトなようでポップでダンサブルなサウンドが心地よい、地元の海じゃなくオシャレなビーチの夜に聴きたくなるような雰囲気がステキ!そして3曲目には全2曲と同じく都会的でないとクルーズな印象を与える90’ダンスポップな良曲、Cascadia、前3曲とは一気に雰囲気が変わりポストハードコアサウンド、17年のワープドツアーにも出ているバンド、全く知らなかったバンド、今後はしっかり注目していこう、メロディックなポストハードコアサウンドでも透明感あるサウンドは夏にもハマる!5曲目にはTHRILLCHASER、これまた初耳なバンド、壮大でありながらキラキラな愛らしさもあり影もあるインディーポップ、めっちゃ好みですww夏に聴きたい最強アルバムはLOYALS – LOYALSということでおしゃれなジャケットがイケてる!モダンなオルタナティブなポップロックバンド、心地よくも都会的でR&B好きならたまらないんじゃないでしょうか?アルバム通してチェックしてみます!!



そしてこの夏のお気にのバンドTシャツはNoija – Pink Logo Teeシンプルでバンドロゴのピンクも涼し気な印象あるクールな1枚、夏のスタイリングにこのシャツオンリーでもサマになるたたずまいが魅力的!





タッシーさん、僕の中にはない新鮮な4曲に一枚、その他の回答、マジでありがとう!


音源を探すのが難しいほどコアなバンドやユニットたちですが何とかプレイリストに追加しておきます!!!



アンケートはまだまだ募集中です!参加してクーポン、ゲトっちゃってくださいね!


「アンケ-ト、ポップパンクしかだめですか?」と問い合わせいただいたんだけど、なんでもいいですよ!ポップスでもメタルでもハードコアでも、デスコアでもJ-popでもTUBEでも、あなたが思う夏ソングですから!!!

あなたからの参加楽しみに待ってるね!!夏の名曲はみんなで共有しようね!!!

アンケートの募集期間は7月の30日までとしますね!

ちなみに僕のBBQは8月のお盆前です!
では!!

河内野

独断と偏見で2017年を大胆予想!!

あれよあれよという間に2017年も6日が経過、年初めになると新しい目標や新しいルールを決定するんだけどさ、相変わらずの3日坊主、目標はある程度簡単にクリアできるラインを設定するのが良いと実感した、どうも河内野です!

年の始まりは毎年気になっていることがあるんだよね!
 

・2017年どんなバンドマーチが発売されるんだろうか?

・どんな新しいジャンルが生まれるのだろうか?

・どんなファッションが流行するのだろうか?

2017年も楽しみ、ワクワクします、ここで独断と偏見で2017年を大胆予想してみようと思う!

まずは音楽について!

クラブシーンではプログレッシブハウスというよくわからんジャンルが流行するらしい、

ハウスの4つ打ちビートを基調とし、そこに特徴的なシンセサイザーやベースライン、ストリングス、民族的なパーカッション、効果音を乗せ、さらにブレイクビーツ、リバーブ、ディレイなどのエフェクトを多用する音楽です。※http://tomothai.net/参照

プログレッシブは、ぼくたちにも馴染みのあるワード、ハウスってなんだよ!家かよ!!あまり馴染みのないハウスとは70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源とWiki先生は説明してくれているけど、わかりやすく言うとポップスをダンス向けにリミックスした感じ、意外と耳に入ってくる音楽はハウスなのかもしれない、僕たちが好きなエレクトロなコアも、アート性やストリングス、ポップスまでとは言わないけどわかりやすいメロディーの歌もの重視が増えてきているようにも感じる。

ISSも初期に比べエレクトロな部分は洗練され、クリーンも少し艶が有りグッドメロディー、クリーンがテーマではないだろうか?

I SEE STARS – Calm Snow (Official Music Video)

アルバムを通して70%がクリーンボーカルになる!そんな衝撃的なニュースを発表したSuicide Silence、やはりクリーンというキーワードは賛否両論だけど注目せざるを得ないキーワードなのだ。

Suicide Silence- “Doris” + You Only Live Once (Knotfest 2016)

正直言うと違和感がありまくるんだが、たぶん音源は買ってしまうだろう、しっかり全曲聴いてみて判断してみるよ、クリーンのはいりがファルセットってのもびっくりだが、若干Machine Headギターボーカルのロブ・フリンの歌声と似ている感じもする。ニューデスコアだね!

2016年爆発したニューメタルコアのバンドたちもクリーンをサビに持ってくる曲が増えてきているし、ブレないバンドたちもどこかにクリーンを取り入れ始めるかもしれないね!音源を数枚発売し急に音楽性の変化が出るのは自然の摂理かもしれないがオリジナリティーある変化なら大歓迎、「はやりに乗っかっちゃった!」はマジダサいからやめてほしいねwそんなことはないだろうけど!

NHKで放送が決まっている、バナナ♪ゼロミュージック「2017流行するかもしれない音楽SP」もチェックしてみると面白いかもね!

1/7 (土) 22:20 ~ 22:50 (30分) この時間帯の番組表
NHK総合・東京(Ch.1)

音楽バラエティー「バナナゼロミュージック」新シーズンの開幕は2017年に流行するかもしれない音楽を特集。人気が再燃してるヘビーメタルと生誕100年を迎えるジャズを取り上げます。プレゼンターはヘビーメタル一筋25年のTHE冠とセクシーすぎるジャズピアニスト高木里代子。音楽クイズで大盛り上がり、レディビアードはデスボイスでクイズを出題します。さらには即興ジャズセッションにも挑戦します。【司会】バナナマン,雨宮萌果,【ゲスト】小沢一敬,高橋一生,山本彩,矢倉楓子,須藤凛々花,Ken Yokoyama,THE冠,高木里代子,レディ・ビアード,【出演】オルケスタ・バナナゼロ・ムジカ

ファッションにしても音楽にしても流行は20年で繰り返すってよく言うじゃん?20年前ってことは1997年、オルタナやグランジが落ち目になりニューメタルが流行り始めた頃、ハードコアで言えばニュースクール全盛期?これは個人的にかもしれない、いや、NYHCばっかり聴いていたな…

そう考えると現在のニューメタルコアなバンドのトレンドは流行は20年で繰り返すにバッチリハマる、とはいえ廃れるジャンルなのかもしれない、ハードコア、メタル、パンクは関係ないかも知れない、オルタナ要素の強いポップパンクもサウンドの変化が出てくるかもしれないね、

とは言ってみたものの20年前と現代の音楽の流通や聞く環境も違う、当時はやはり情報量が少なく今は調べれば一発で聴ける、独自なサウンドを奏でるバンドも数多く登場するだろうしそのバンドが話題になることも現代では大いにありえる、良い意味で期待を裏切ってくれる激音バンドの登場が見てみたいね!

ふと思ったのはVRの登場で音楽の映像を見るだけでなく体感する、例えばライブに行かなくても自宅で…..とか、やはりライブは生!音源の数百倍最高なライブに来てもらうには?バンドマンにとっては集客の危機でもある、今以上にしっかり考えていかなければいけない重要なことかもしれない!

話がずれてしまったけど、意外なバンドがクリーンを取り入れる、そんな予想ができる。アングラはよりアングラな方向に、ブレないバンドはブレない中でのオリジナリティーを見つけ出す。予想は当たるだろうか?




どんなファッションが流行するのだろうか?

お馴染みのパリコレクション、2017春夏のコレクションを見るとある程度わかるよね。

ボンバージャケットは未だにコレクションでもよく見かけるがやはり独自なシルエットや柄を取り入れたアイテムが登場するようだ、そういえばディスタービアのボンバージャケットもオリジナリティーがああたよね!(Sサイズ1点のみ在庫有りだよ!)

カラーや柄、トレンドのキーワードは、

・カモ(迷彩)
・ピンク
・オレンジ
・海のような鮮やかなブルー
・アニマル柄、
・アニマルデザイン
・刺繍
・ジェンダーレス(男女の境目の薄れ)
・サンダル・ソックス
・レトロxオタク=ギークスタイル
・スポーティーアイテム+モードミックス

これらのキーワードが同バンドマーチに反映されてくるのだろうか、そこがポイントだよね!

カモ、ピンク、オレンジ、はもはや定番化、アニマル柄にアニマルデザインってことはシンプルから派手めのマーチが増えていく予想もつくね。サンダル・ソックスはどう見ても土日のお父さんなイメージ、バンドマーチには関係ないであろう、

シルエットに関してはビッグシルエットはコレクションでもかなりの数が登場してきているから引き続き重要なキーワードだが、パンツ、ボトムスは細身から極端に太い目になる可能性もある、タックの入ったパンツや緩めのクラッシュデニムはよく見かけるようになったよね、と言っても丈は短めでソックスを見せるスタイリングだそうだ。

バンドマーチとしてはある程度シルエットは決まっているからカラーや柄の新しいアイテムが多く登場するだろう。アウター類のバリエーションは増えて欲しいが、やはりコーチジャケットの数をもっと増やしてほしいよね!

軽く予想してみたけどさ、こんなジャンルが来る、こんなスタイリング、アイテムがくる!ってのがあったら教えてくれない?

最後はアンケートにも参加してくれた山下さんのリクエストで!

Sleep Talk – Mother (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

やっばいね!叙情的で空間的で浮遊感ありのメロディックハードコア、ネクストブレイクが予想されるバンドである!!
Dreamboundは注目のレーベルだね!

バレンタインデーに聴きたい曲TOP5

posiblog1524002

男子校なのにロッカーをチェックし行き帰りの電車ではゾワゾワ、期待が膨らむ。

電車の時間なのに無駄に駅にたむろする。

帰り道は普段通らない商店街や学生が多い道を通ってみる。

しか~し結局、何もなく家に帰る。

するとリビングのテーブルにはMaijiの板チョコが一枚寂しげに。

posiblog1524001

「母さん!ありがとう!」

バレンタインはいつも母からの板チョコ、もしくはチロルチョコ

これがバレンタインの日課、どうも河内野です。

もうすぐバレンタインだね~!

毎年貰えないのになにか期待しちゃう!そんな男子も多いはず!

貰えないことを正当化しようといいわけをする!

大手業者の企みなんかにはのらないぜ!!

バレンタイン?なにそれ?

今日(2/14)は家出てないからね!

バレンタイン?おれキリスト教じゃね~し!

俺、甘いもの食べれないから!

「上記のひとつは言ったことあるでしょ?」

世界各地で男女の愛の誓いの日!そんなバレンタインデーになると世間ではラブソングがいたるところで鳴り響く!

切なすぎる!

だからバレンタインデーまではBabymetalのギミチョコを大声で歌って街を闊歩してやる!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

これでチョコレート1個はもらえるかな?30超えたおっさんが歌うBabymetal!恐怖でしかない!

バレンタインに良き思い出なんか皆無だからさぁバレンタインデーってドライブや家ではどんな音楽を流して愛を語り合うのだろうか?非常に気になる!

やっぱりラブソング?まとめサイトをチェックしてみた!

■国生さゆり – バレンタイン・キッス
■Love so sweet  嵐
■チョコレイト・ディスコ Perfume
■チョコレート 家入レオ
■CHE.R.RY  YUI
■Go For it 西野カナ
■First Love 宇多田ヒカル
■告白 FUNKY MONKEY BABYS
■ただ・・・逢いたくて EXILE
■愛のうた 倖田來未
■LOVE LOVE LOVE DREAMS COME TRUE
■コイスルオトメ いきものがかり
■Let it go
■RIP SLYME – Hot chocolate
■松浦亜弥 チョコレート魂
■UP-BEAT Rainy Valentine

CD&DLでーたによると

1位 チョコレイト・ディスコ/Perfume
2位 バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ
3位 バレンタイン・キッス/アニメ「テニスの王子様」キャラクターソングより
4位 Bittersweet/嵐
5位 恋するフォーチュンクッキー/AKB48
6位 チョコの奴隷/SKE48
7位 Love so sweet/嵐
8位 バレンタイン・キッス/渡り廊下走り隊7
9位 チョコレート/家入レオ
10位 もぎゅっと“love”で接近中!/μ’s
11位 運命Girl/Kis-My-Ft2
12位 orion/シド
13位 バレンタイン・キッス/THE IDOLM@STER/水瀬伊織(CV:釘宮理恵)
14位 決戦は金曜日/DREAMS COME TRUE
15位 ただ泣きたくなるの/中山美穂
16位 お願いヴァレンティヌ/HKT48
17位 カブトムシ/aiko
18位 赤いスイートピー/松田聖子
19位 Hot chocolate/RIP SLYME
20位 ずっと feat. HAN-KUN & TEE/SPICY CHOCOLATE

世間はウンコみたいな結果だった。意外と分かるのが悲しい!!
こんなんでいいのかよ!!!!

ならばやってやる!俺が選んだバレンタインデーに聴きたい曲Top5
大好きなあの娘をマイカーで迎えに行きBGMをセット、家ではシャンパン片手にBGMはあの曲!妄想して選んでみました!

「歌詞の内容などは完全に無視でサウンドで選んでみたよ!」

第5位 PVRIS – Holy
去年来日していたRise RecordsのPVRIS、女性ボーカルってバレンタインデーに合うよね~!オルタナ/エレクトロックサウンドがいいムードを演出してくれそうだ!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

第4位 PERIPHERY – Feed The Ground
新しい2枚のアルバムも最高!どっち派?まだまだ聞き込みが足りない、からこの曲で、ピアノで始まり盛り上がってきたところでシャンパンで乾杯!バレンタインにはうるさいかもしれないけどアートな激音はアリですよね!女子なら告白する前にテンションを上げる曲としても使える!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

第3位 TAKEOVER! by Miki & Max Mutzke – Creep (Radiohead cover)
レディオヘッドの名曲Creep、曲名はマッチしないけどジャジーなカバーでおしゃれにバレンタインデーをすごせるね!ファッキンスペシャルな一日になりそうだ!盛り上がる部分では愛が爆発するぜ!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

第2位 The Get Up Kids – Valentine
たまらないね!甘酸っぱい恋がしたいぜ!曲名がバレンタイン、歌詞は切ない、最高じゃない!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

第1位 The Gloria Record – Start Here (2002) [Full Album]
BGMとしても最強のThe Gloria Record、Mineralより好きです!スケールのでかい宇宙浮遊を感じてしまう!二人の空間が出来上がってしまう最高のアルバム!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

あなたはどんな曲をバレンタインデーのBGMにする?興味あります!!よかったら教えてね~!ホワイトデーに何かあげるかもよ!!!

そうだ、第4位に登場したPERIPHERYだけど新作アップしたよ!なんでここまでかっこいいのに商品数が少ないんだと思っていた時に今回の新作、嬉しいね!お馴染みのPデザインだけど今作もアートで素晴らしい!

2枚のアルバム最高じゃない?これは早くも2015年最強の10枚にノミネートしそうだ!

PERIPHERYの最新アートグッズはこちらをクリック!

バレンタインまであと10日、男子諸君よ!奇跡はおこらないかもしれないけど何かしらアクションを起こそう!僕は今からスナックのママ(46歳)に会ってきますww

では!

【夏の準備】バンドTシャツ愛好家必見!梅雨が来る前にやっておくべきこと

BC

今回はブリーズ・キャロライナのTシャツでキメて、梅雨前の最後の晴れと言うことで、タンスに眠っているTシャツを干してきたよ。

バンドTシャツ

去年のコーデブログでも行った、天然記念物の冠島から丹後半島までが一望できる舞鶴の名所「空山展望台」にやってきた。

Stick To Your Guns

何度来ても美しい絶景スポット。見渡す限り、青い海が広がる。眼下に見える漁師町がよい雰囲気だ。

Breath Carolina

絶景にはBGM、スーサイド・サイレンスのThe Black Crownだ。新譜が楽しみだね。

スイサイドサイレンス

ミッチの雄叫びが若干切なく感じてしまう…..名盤アルバムだね。

スーサイド・サイレンス

早速、ここに来た目的を果たそう。そう、もうすぐ梅雨、タンスに眠っていたTシャツたちの臭いが少し気になるので、天日干しで雑菌と臭いを暗殺。

ってことでホームセンターで調達した青い紐で準備開始。ひっかけるところがないので公園の建物にグルグル巻いてみた。

BC Tシャツ

持ってきたTシャツを取り出す。

KNR007

紐にジャンジャンかけていく。

Reign Supreme

爽やかな風に揺られながら、日光に照らされTシャツたちは喜んでいるようだ。

バンドTシャツ

まるで露天でバンドTシャツ販売しているみたいだ。

あなたも梅雨前にしまってあるTシャツを一度干してみよう、風が通すだけでも良いよ。

※注※
真夏は長時間、直射日光に当てないでね。焼けとプリントがとけちゃう場合があるからね。


バンドTシャツ

来年はバンドTシャツで、鯉のぼりならぬバンTのぼりをやってみよう。

デスコア

では、今日のコーデのポイント。前回につづき、アクセントカラーをホワイトにしてコーディネイト。ブリーズ・キャロライナのTシャツプリントの色とスニーカーの色を合わせている。ベースカラーが黒だから、アクセントカラーのホワイトが入ることで引き締まって見えるでしょ。通常、黒一色の場合、印象が重くなりがちだけど、これならOK。無駄に色は使わない。

店長コーディネート

上下がブラックで写真だと分かりにくいかもしれないけど、ブリーズキャロライナのTシャツは大き目。XLサイズは狙って着ている(身長173cm、体重70kg)。

Breath Carolina

バックは、88のナンバリングにバンドロゴ。ナンバリングシャツはバンドTシャツでもはやってきているから注目だよ。

KNR011

袖にも注目。頭文字のBCロゴがプリント。

KNR012

もう片方の袖にはラインのプリント。

KNR013

プリントがいっぱいで存在感大、ゴージャスな一枚。そして何より、ナンバリングやラインなどトレンドを吸収しつつ、バンドTならではのオリジナルなデザインが素晴らしすぎる、僕のお気に入りTシャツの一枚だ。

ところで、彼らの新譜はもう聞いた?今回もアゲアゲでテンション上がる一枚だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

タンスに眠っていたTシャツたちも日差しを十分に浴び、風をうけて元気になった。「そろそろ行くよ!」と、ここで片付けるのが、少しかわいそうになったよ。

KNR014

片付けが終わり休憩。

KNR015

絶景でしょ?

KNR016

では88番帰ります!

KNR017

帰ろうとした視線の先に、怪しげな鉄柱を発見。

KNR018

非常に気になる。

KNR019

ということで、やってきました怪しい鉄柱前。上る気満々。

KNR020

大自然も大好きだけど、こういう無骨な建物も好きなんだよな~。

KNR021

フェンスには鍵、そしてカメラ作動中ってことで、大人の僕はあきらめた。悔しいが今日はここまで。

次はどこに行って何をしようかな。

KNR022

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

早くも2014年度、ハードコアの名盤が発売されたと噂に!

TD2014002

昨日は、マー君にハードコア精神を感じるっていう話をしたんだけど、今、世間のハーコー野郎の間で盛り上がっているバンドがあるのを知っている?とにかく音源を聴いて「おかえり」と言いたくなった。Haymakerでどっぷりはまり、あれからもう10年以上の時がたつのか…

ライブ会場やハーコー野郎の中でも今一番話題になっているバンドがこいつらだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そうThrowdownだ。名作Haymakerで初めて知ったバンドで、掘り下げBeyond RepairやYou Don’t Have To Be Blood To Be Familyの声も好きだった、若干PIMPでタフなハードコアアルバム、いまだに聞くアルバムだ、初期も最高ってこと。

やはりモッシュコアと言えばHaymaker、やっぱりこの名曲は色あせない。Trustkillも全盛期だったころだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そして賛否両論だったVendettaやVenom & Tears、さらにはDeathlessでは…正直僕も嫌いじゃないんだけどね。そこにきて2014年最新作Intoleranceが発売。

TD2014001

初期のオリジナルメンバーで再編成されたって聞いた時点で、もう期待度は上がっちゃたんだけど、その期待をはるかに超えた名作だ。と言ってもパンテラ臭も根に若干残しつつってことで、昔のまんまってわけじゃなく新しい、モッシュコアの名作が誕生した。マー君の渾身のストレート並みの衝撃だ。

2014年のしょっぱなからこんな名盤が発売となって今年はハードコアがガガッと来るんじゃないかと期待しています。

Comeback Kidの新譜も楽しみすぎるね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

河内野

追伸:

世界で認められるヤバいハードコアバンドがここ日本にも多数いる。ハードコアが今までにない盛り上がりを見せている。イベンターやバンドマンが頑張っているこその盛り上がりだ。

Bloodaxe Festival 2014行きたかったな~~(涙)。