【初期はよかった問題!】そういってしまう理由がコレである!

コンヴァージ

もう始まっちゃってる?



そうです、ゴールデンウィークである!


ま、僕には全く関係ないんですけど・・・9連休とか?最終日の夕方は憂鬱だろうねww始まる前から終わることを考えてはだめ!!休日の初日、もしくは休日前夜の高揚感、たまんないね!


その高揚感を表す曲を選ぶとしたらTerror(テラー)の初期の名曲、push it awayだな!リリック的には全く関係ないけどwww





やっぱりTerror(テラー)初期もイイネ~!ニューアルバムまだかな~・・・


そういえば「初期は良かった」おじさんに関してのブログではコメント、直接メールといっぱいいただきました、ありがとう!





その中から抜粋してフムフムと思わず頭を縦に振った言葉を紹介していこう。


自称音楽通の人って初期のアルバムをやたら持ち上げますよね?
実は新しいアルバムしっかりチェックできていない人とかいっぱいいますよ。

「ギクッ!」としてしまいましたねww確かに多いかもしれない、音楽通とは自称していないけど、ガッツリ聴いてもいないのに良くなかったと判断してしまう場合も少なからずある、気をつけよっと!




そのアーティストに何をどんな音を求めているかで聞こえ方や感じ方も変わってきますもんね。

こっちの都合で「変わってほしくない」と思っても、バンド自体は常に進化したいでしょうし、調整んしたいだろうし、僕もバンドに「変わらず今のままで」と求めすぎているのかなと・・・




初期の頃にそのバンドを好きになった人はその頃のサウンドが好きやから
あたらしいアルバムより初期のアルバムを持ち上げるのは理解できる!

違う方も言っていましたが、好きになったのがどの時期であろうと、聴いたアルバムがその人にとっては初期のサウンドとなるわけですもんね、2ndから聴いたのならそのアルバムがその人にとって初の音源なわけだし・・・




勢いがあるのは断然初期ですね、僕は粗削りな感じが大好きなんで妙に完成されたアルバムは響かないです。どのバンドも最近音が良すぎて、「良い子ちゃん」に仕上がっていすぎる気が、音楽技術の発達という点もありますがバンドが持つ空気感が薄れている気もします、自分がオッサンになったせいもあるんですが(笑)

サウンドチェンジじゃなくて音自体、録音技術の進化で昔のアルバムが良かったと感じるという問題もありますよね、あえて昔っぽく粗削りに録音するバンドも多いですけどね。




やっぱり「最初は」気合入れて作ると思うんですよね。その音源が世に出るワケだから。そういう「夢」と「希望」と「自分たちのやりたいこと」が詰まった初期音源だからこそ、心動かされる人も多いんじゃないかと。

バンドをやってきて初の音源、それまでのバンド人生のベストアルバムといっても過言ではないですもんね!やはり初期衝動というものは特別な何かが存在するんだと確信しました!




まぁ、初期が好きだろうが、中期が好きだろうが、後期が好きだろうが、所詮音楽なんて「人の好み」って一言で片付いてしまいますけどねwかと言って聴かずに判断するのは”音楽”ではないと思いますので、ちゃんと”聴いて”から判断することは忘れちゃいけないですよね。

「ちゃんと”聴いて”から判断する」それが本当に大事ですよね、Youtubeみて1曲聞いて判断する人が本当に多いですよね、アルバムの中に隠れた名曲があるにもかかわらずです。




YUKICHIさんから教えていただいた衝撃的な面白い記事もありました。



【NEWS】人は33歳頃を境に新しい音楽を聴かなくなる

USサイトSkynet & EbertがUS Spotifyユーザーを元にリサーチした結果、人は33歳頃を境に新しい音楽を聴かなくなるという調査結果を発表しました。

10代までは圧倒的にポピュラー音楽を聞いている割合が多く、その後20代から着実にその割合は減少し、30代前半には「円熟」した音楽を聴くようになる傾向があるとのこと。

またポピュラー音楽から離れる理由として、リスナーは10代前半にFMラジオでは聴くことがなかった馴染みのない音楽ジャンル、よりコアなアーティストを知るようになること。またリスナーは成人した頃に聴いていたポピュラー音楽に戻っていくことが挙げられており、どちらにしても最新のポピュラー音楽は聴かなくなると伝えています。

さらにリサーチの結果、男性も女性も10代の頃は同じような音楽を聴いているが、その後は男性の方が女性よりも早い段階でメインストリームの音楽を聴かなくなる傾向があること。そして子供が出来ると同年代の人よりも早く新しい音楽を聴かなくなる傾向があると伝えています。

ALTPRESS JP参照

ポピュラーは早くから聴かなくなったせいか、ここで書かれていることが正しいとは思わないんですが30代を軽く超え40代もチ被いてきた現在でも新しい音楽は聴くんだけど、あくまでここで書かれているのはポップス、メインストリーム、一般的、僕たちには当てはまらないかな、僕たちイカれているもんねwww




この方からいただいたメールも紹介しよう。


アルバムが出るたびに僕は、初期のアルバムも聴きなおすんですが、とても詳しく音を聴き比べます、いわゆる音マニアってやつですね(笑)

あからさまにサウンドチェンジしたら聴きかたは変わりますが、進化というよりもっと深い部分でのサウンドの違いを楽しむのが好きです。

特にメンバーが変わったりしたらあからさまにわかりますね!

進化ではなく深化している過程を探るのが好きで、楽器をやっている方達ってのは聴き方も変わってくるでしょうね。

とはいっても何も考えずフィーリングで感じる部分も大事にしています。Convergeはサウンドを紐解いていくとめちゃくちゃかっこいいし楽しいです。

あまりにもすごいんでヘコんでしまいますが(笑)ジェイコブは自身で「人間的」といっていましたが、人間を凌駕しもはや神ってます!!




楽器をやっている方はやはり聴き方も変わってくるんでしょうね、楽器ができない僕はどういった感覚なのか理解できませんが、フィーリングのほうが大事だとも思っていましたが、もっともっと細かい文を紐解くのも楽しそうですね、いろんな聴き方を試してよかったのかよくないのかを判断していこうかなと。




深化っていう言葉が本当にConvergeは的確ですよね、深いところまで行きついたのか、最深部で新たな光を見つけたかのような「The Dusk in Us」はマジで最高でしたね、いつ聴いても新しい発見があるし、良い意味でも悪い意味でも流して聴けないww音に集中してしまう自分がいます。


最深部まで行ってしまった彼ら、次はどうなってしまうのか?次を期待させるバンドってのも僕の中では数少ないバンド。


そういえば、未発表音源やレアトラックなどを詰め込んだファンにとっては涙もののアルバムUnloved & Weeded Outが再販売されるのは知ってる?

コンヴァージ

Converge / Unloved & Weeded Out

ただ再販売されるのではなく、God City Studios、Convergeのギタリストであり、エンジニア・プロデューサーとしても超有名なKurt Ballouによってリミックスされリマスターだよ!最強ってこと!

ファンなら擦り切れるほどに聴いた一枚だけど、リミックスされ、リマスターだよ、当然購入するよね!!!すでに持っている人も、持っていない人もConverge好きはマストな一枚!最狂の一枚!

レアトラックっていうとねボツ曲をかき集めた感はあるけど、このアルバムは違います、僕が好きなこの曲を聴いてもらえればわかるはず!


でしょ?狂ってるでしょ?最後の2曲はライブ、これライブ?ってくらいのパーフェクトな演奏、やはり神ってますwwトラックリストは


01. Downpour
02. Flowers And Razorwire
03. Tremor
04. Home Song
05. For You
06. Jacob’s Ladder
07. Undo
08. Towing Jehovah (Demo)
09. The Cost Of Playing God (Demo)
10. When Forever Comes Crashing (Demo)
11. The Year Of The Swine (Demo)
12. Letterbomb (Demo)
13. Locust Reign (Live In California)
14. This Is Mine (Live In California)


アートすぎるジャケットデザイン!色気とカオス、神々しさが入り混じっています!!


Unloved & Weeded Out

Converge

コンヴァージ

Converge 限定

コンヴァージ Tシャツ

本日28日、夜9時からスタートね!

レアトラックヲ購入する人ってConvergeの本当のファンだと思うんだけど、だからこそ今回は本当のファンに手に入れてほしいアイテム、「お!!レアトラックアルバムのデザイン着用している、絶対こいつはニワカなConvergeファンじゃないな!」僕ならそう思ってしまいます!

【Converge】+【トレンド】で最狂スタイリングが完成する!

Converge

ブラックのカラーが持つ意味から、暗黒なハードコア、そしてトレンドカラーの話、トレンドカラーの取り入れ方などを話してきたわけだけど、

まだチェックしていない人は下記のリンクをクリック!

【バンドマーチファッション】トレンドカラーとうまく付き合う方法!
「松崎しげる」に学ぶブラックの魅力!



トレンドに関してHxCxVさんから意見をいただいたんだ。その内容がコレ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

昔はトレンドばかり追い続け、毎シーズントレンドアイテムを購入していました。

ふと、回りをみるとみんな同じだったんですよね、大学生ってのもあって、やはり流行には敏感なんですけど個性がないっていうか、自分っていうのがないように感じだしました。

そこで僕の中でも「カブるのはいや!」という気持ちが芽生えました。

もともとはメタルやハードコアも好きだったんですが「バンドTシャツはダサい!」という認識しか当時はなく着用することはなかったんですが河内野さんのブログなんかを見るようになってバンドTシャツがすごいオシャレになっていることに気づいてからもう虜です。

大好きなConvergeのグッズは好きになってからはほぼすべて手に入れています!フラッグ類は入手してないんですが….Convergeを知らない仲間からもなぜか人気なんですよね!やはりデザイン力、ジェイコブの才能とセンスだと思うんですが、ぼくはガッツリやられています!IntegrityとJane Doeが合体したシャツもポジで購入したんですよ(^◇^)

バンドグッズでも確かにトレンドを取り入れたカラーやデザインは存在すると思うんですがそれだけじゃないですよね、バンドが伝えたいこと、メッセージ、プリントが意味すること、シャツを買うことでバンドをサポートしていること、ただのトレンドアイテムとは違うのはしっかりとしたバックボーンがあるってことなのかなと、トレンドも好きな分、今ではうまくバンドグッズと合わせてコーデしてます!また写真送らせていただきますね!

トレンド追いかけてばっかの僕に新しい道を切り開いてくれた河内野さんには感謝してます!これからもよろしくお願いいたします!

最近はConvergeのEveばかり聴いてます!アルバム楽しみすぎますね!

HxCxVさんありがとうございます!マジうれしいです!!

僕が言いたいことすべて代弁してくれているようで、言うことがなくなっちゃいそうですが、


・バンドTシャツがすごいオシャレになっている
・しっかりとしたバックボーンがある
・トレンドも好きな分、今ではうまくバンドグッズと合わせてコーデしてます!


特に上記の部分、わかっていただけで本当にうれしい。「トレンドなんてクソ食らえ!」って人もいますが、「バンドTシャツはおしゃれだと」、「普段着に使えるアイテムだ!」と感じてる人はさりげなくトレンドを取り入れるべき!

HxCxVさんConverge楽しみすぎますよね!!アルバム発売は10月30日あと2か月ほど。マジ、待ちきれない!!アルバムジャケットももう公開されましたよね!

CONVERGE

タイトルは

THE DUSK IN US

歴代のジャケットデザインと比べてもDROPDEADとのスプリットと同じくらい暗黒、ギリシャの彫刻を感じさせつつもジェイコブならではの模様がちりばめられ暗黒な前衛的なアートに仕上がっている。(首もげてるよね)そして注目はバンドのロゴ、2文字づつの4段ロゴ、個人的には少し「和」を感じさせてくれる。マーチでは何度か使われているバンドロゴだよね!このステッカーがあればぜひ販売してほしいね!

コンバージ

こうやって見るとやはりJacobデザインは究極の暗黒なんだけど、どこ美しく泥臭いアングラ、完全無二な世界観が表現されています、さすが鬼才ですね!戦慄すらおぼえる殺意に満ちたサウンドとジェイコブのデザイン、まじカリスマだ!一度でいいからジェイコブの頭をのぞいてみたいものだ、どんなことを考えて、世界の何を見て、どんな物を食べて、どんな生活していたらこんなデザインができるのだろうか……少しでよいからその才能をワタクシに!

コンヴァージ

そしてグッズのデザインもそう、ジェイコブが担当しているだけあってどのバンドにもない完全オリジナルな世界観を生み出している!できればジェイコブのデザインでブランドを立ち上げてもらいたいくらいだ!!

トレンドアイテム、カラーなどとConvergeのアイテムを合わせればオシャレで暗黒でアートな最狂なスタイリングが完成してしまうではないか!!!今更だけど新たにConvergeグッズのヤバさに気ずいたぜ!前回も言ったようなトレンドカラーのアイテムを合わせて秋冬コーデを完成させていく予定だ!新作のグッズも一気に11月には取り扱う予定だからさ楽しみに待っててよ。てかさ、毎回、毎回思うんだがConvergeアイテム生産数少なすぎやしねーか!!!!逆にレア度は増すからいいけどさ、新たにファンになった人たちは悔しいだろうねww実際僕も買い逃したアイテムも多数あるわけで….一部を除いて再販はあまり望めない、一番後悔しているのがConvergeアイテムの中でも珍しいメンバーのフォトシャツ!

CONVERGE

長年ポジをチェックしてくれている方にしたら懐かしすぎるでしょww確かヨーロッパ限定だったよね!これを逃したのはマジ後悔してます!!すでに廃盤の過去作、購入するのは不可能だけどデザインだけ見たい人はデータ送ってあげるから教えてね!

このままアルバム発売を記念してこのままイベント開催したいんだけど、アルバム発売は10月の終わり…..まだ先になりそうだけど……

アルバムが発売される前に7インチのEpが発売だよね!!アルバム発売記念ではなくアルバム発売前の前夜祭としてこのままConvergeイベントを開催しちゃいます!

コンヴァージ・ジェイコブ

Convergeアイテムはココをクリック
BG1795014
Convergeアイテムはココをクリック
BG1795015
Convergeアイテムはココをクリック

Convergeアイテムはココをクリック

コンヴァージ新作

Convergeアイテムはココをクリック

今日も真夏並みに暑いけどさロングスリーブシャツの季節がもうやってくるね!秋といえば?やはり思い浮かぶのは「芸術の秋」もはや芸術のConvergeのロングスリーブは確実にこの秋、取り入れなくちゃ!このロングスリーブを装着し絵画展に行って周りの反応を楽しんでみたいぜ!

では!

河内野

【春コーデ】カウンターパーツのコーチジャケット、コールドケイブの長袖シャツ装着で福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

Counter parts

春が近づいてきたってことで今回はCold CaveのホワイトのロングスリーブシャツにCounterpartsのコーチジャケットを装着し福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

今回も完全B級観光地、いつも大自然に囲まれている僕には刺激がない場所wwてかネットで調べてきた場所だから若干の期待はあるのだが、看板を見ても…………

Cold Cave

春も近づいてきたからさ春コーデを意識して薄手出来てしまった……この公園は山の上部、気温は4度、寒すぎる。

駐車場に車を止め早速公園の中心部へと、まず見えた吊り橋の手前には「クマ注意」ここ最近マジで熊が出没するらしい、若干ビビり始めた河内野であった。

カウンターパーツ

なかなか立派な橋が掛かっているが強烈な冷風が体を突き刺す、早く春よ来い!

コールドケイブ

さすがの上流、川は結構な深さがあるにも関わらず透明感はアイドル並!夏はアユなど釣れそうである!

コールド・ケイブ

川を渡るとそこには、超絶にしょぼいアスレチック、BBQができそうな広場があった。一応遊んでみた。らせん状の滑り台、

Counterparts マーチ

いつぶりだろうか、ブランコって楽しいね、となりに誰かがいればもっと楽しいのに……ボッチは寂しい。

Counterparts Tシャツ

思いのほか楽しんでますww大自然を眺めマイナスイオンを感じてます。

Counterparts キャップ

さてさて、ご自慢おアイテムを紹介しよう。今日のコーチジャケットはCounterparts,CPのオールドイングリッシュがかっこいいでしょ?軽くて着脱しやすいコーチは最高だね、さらにデザインが最高にイケている!お気に入りのアイテムである。

Counterparts コーチジャケット

バックデザインはお馴染みのアートデザイン、大自然にも大都会の街並みにもマッチする主張しすぎないナチュラルな最高のデザインだ。

サイズはMサイズを装着、(店長173cm 70Kg)実はLサイズを注文したのにMサイズが届く、メーカーよ毎回サイズ間違いが1点以上あるんだが、頼むぜ!!とは言ってもMサイズでジャスト、若干僕の体型だと腕周りがきついかな。

カウンターパーツ ジャケット

インナーはCold Caveのホワイトロングスリーブ(XLサイズ)を着用。フィラデルフィアとNYを拠点とするニュー・ウェイヴ~テクノポップを織り交ぜ、芸術性を持ったロック・バンド、 ボーカルはなんとボストン・ハードコアレジェンド、American Nightmare、 Give Up the Ghostのウェスリー!!

Cold Cave – Confetti

世間のストリートファッションでも流行の袖プリントのロングスリーブ、流行りのルーツは完全バンドマーチなんだけどね!春も迫っている!ってことでホワイトのロングスリーブを装着!

コーチジャケットを脱いだ時に袖のプリントでシャレオツ感をアピールできる、かっこいいジャケット脱いだらダサいインナーだったらガッカリだもんね!

コールドケイブ ロングスリーブシャツ

小さい橋を渡る、バンドやっているならこういう大自然の中でPVを撮ってみたい、カラフルな煙を出して演出したりね!あるあるだよね!

カウンターパーツ グッス

大きなサークル状の広場の中心で宇宙と更新している図、ちょっとしたフェスもできそうな広場である。

デスウィッシュ

美しい川の堤防前、ドカンの上で一枚、コーチとロングスリーブでレイヤード!

レイヤードコーデ

コーチジャケットはストリート感、スポーツ感が強くさらりと着こなせる、そこに最高なバンドマーチのデザインが落とし込まれる。マストなアイテムだ!年中愛用できる使えるブツなんだがやはり春先に一番バッチリとハマるアイテム、お花見そしてGWも愛用するであろう!僕のストックでは18枚もコーチジャケットがタンスに眠っている!これから毎日違うデザインで春コーデを楽しむぜ!

デスウィッシュ

特に目立った場所がないから川の付近まで降りてみた。指差す橋がわたってきた場所である。

Counterparts パーカー

春コーデできたがまだまだ寒い、早く帰って暖まろう。

カウンターパーツ 長袖

今日の着用アイテム。

バンドマーチ

そうそう、あなたのスタイリング随時募集中です!毎月1名様に1万円のクーポンプレゼント中!次回は4/1に当選者発表するね!

スタイリング

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて