【ハードコア】あのイギリス雑誌が「USA-各50州」それぞれを代表する「ハードコアバンド」を選出したようだ!「全部分かったアナタはハードコアフリークです!」

ハードコア

今日は最高の秋晴れだった、気分良く出勤しメールフォルダを開く、メーカーからの一通を見て激怒!!!!先日のイベントでも大盛況だったMadballのレザーカレッジジャケットあるじゃん?

僕が頼んだXLサイズのみ売り切れ!!!!

売り切れが発生しないために早め早めに頼んだアイテム、しかも個人的には18年の最強アイテムだと超楽しみにしていたアイテム、残念過ぎて今日は全くやる気が出ません!!!!奇跡的にXLサイズは僕以外の注文なかったんでその他サイズ10着ほど入荷予定!楽しみにしててね!!メーカーには文句言ってやりますよ!!!!!


そんな感じで一日が始まったんだけど、例のケラングの記事、メタル、パンクが終わったんで、そう!!


今回はお待たせ、ケラングが発表した

これが各州の最強のアメリカンハードコアバンドだ!



を紹介するぜ!!!みんな大好きハードコア!意外とね、近々の現行バンドも選ばれているし、名前すら聞いたことのないバンドまで、めちゃくちゃ勉強になりました!とても長い記事になるんでDigする感じで軽くチェックしてみてくださ~~い!!あなたが求めていたバンド1つでも見つかればうれしいっす!!!



では、スターツッ!!





KERRANG!

アラバマ州: 【Dismal Dream



まだ歴史はない新しいバンド、タイトな演奏、アグレッシブでクロスオーバーなサウンドの7インチ7th Realmを聴く限り今後人気が爆発するかもしれない注目のバンドだということがわかる、アラバマという土地柄はやはりクロスオーバーが盛んなのだろうか?




アラスカ州: 【Facehugger



アラバマはハードコアに限らずパンクバンドも少ない土地、「Alaska Sucks」というアルバムタイトルからいかにアラバマにハードコアシーンが根ずいていないのかが分かる、粗削りではあるがハードコアパンクでありながら抑揚があるサウンド、名前くらいは覚えておこう!





アリゾナ州: 【Jody Foster’s Army (JFA)



81年に結成、今もなお名前はマーチのデザインは有名なスケートパンク/ハードコアバンド、軽くて早いそしてチープ感がたまりません!パンク好きでスケボー好きはもちろんご存じのレジェンドである!




アーカンソー州:【Inrage



サウンドは文句なしのハイクオリティーなハードコアバンドながら、マーケティングが糞なのか、全く知名度がない!マジでクールなバンドなので最新のep「Struggle」は要チェックである!





カリフォルニア州:【Black Flag



何の文句もなく間違いなくカリフォルニアを代表するハードコアバンドといって良いだろう!説明不要のレジェンド!!





コロラド州: 【Line Brawl



コロラド州中北部に位置する都市デンバー産、かっ飛びファストハードコア!Irish Voodoo Recordsからの2017年のEP、Worse Offはハイレベルなサウンドながら、全く注目されていないバンド、僕もこの記事で初めて知ったバンド、一聴で惚れてしまいました!Irish Voodoo Recordsの所属バンドにも注目!知名度はないがクールなバンドが埋もれまくっているレーベル!





コネチカット州:【Youth of Today



同じ意味でもレジェンドではなく伝説と言いたいコネチカット産ユースクルー・ハードコアの代名詞!多くのハードコアの礎
となったハードコア史の中でも最重要なバンド!僕はShelterから入った、完全に後追いのバンドですが、やはりレイはカリスマですね!





デラウェア州: 【Year of the Knife



アメリカ合衆国大西洋岸中部に位置するデラウェア州を代表するのは次世代ハードコアバンドの中でも注目度がずば抜けているバンド、過去二年でリリースされた2枚のEPだけでこの人気、ただものじゃない!!Vein、Jesus Piece、そしてYear of the Knife、最もフルアルバムのリリースが望まれているメタリックハードコアバンドである!サウンドとは相反してキュートなモチーフをミックスするマーチも注目、ゆるキャラのフォトをしたマーチは話題になりましたね!





フロリダ州:【Culture



フロリダ産のニュースクールハードコアをたとっで行くと必ずたどり着くバンドCulture!!、後にMorning Againというのは有名!!フロリダの伝説的な叙情派ニュースクールハードコア、Shai HukudやStrongarmだって影響を受けている、ま、Shai Huludの初代ボーカリストのDamienはCultureにいたんですけどね、久々に聴きなおしたCulture、フロリダ産ニュースクールにもう一度ドップリはまってしまいそうです!





ジョージア州:【Foundation



ジョージア州はアトランタ産、すでに解散してしまった90’sなクラシカルなハードコアにグルーブを加え、モダンなハードコアサウンドだけどモダンすぎない絶妙なサウンドは今のキッズにもチェックしてほしいバンド、解散後もいまだ人気、音源のアートワークのハイセンスなデザインも脳裏にこべりついています、最後の音源となったTurncoatデザインのポリティカルかつアートなシャツは未だ愛用してます!





ハワイ州:【Die Slow



8つの島と100以上の小島からなるリゾート地ハワイ産ハードコアバンドDie Slow、Warzone、Cro-Mags、Baneなどから影響を受けたバンド、2012年解散、ハワイのハードコアシーンを知るならHawai Hardcoreをチェック!





アイダホ州:【Septic Death



カナダとの国境に面する、アメリカ合衆国北西部のロッキー山脈にある州、アイダホからはパスヘッドがボーカルを務めたハードコアバンドSeptic Death、個人的にはサウンドよりもマーチ、デザイン先行で知ったバンド、パスヘッドがデザインしたあアイテムは常に高値で取引、MISFITS、METALLICAのアートワークでもお馴染みだけどやはりCOCOBATのCOCOBAT CRUNCHがおなじみだね!




イリノイ州:【Charles Bronson



主要都市はシカゴのイリノイ州、ファストコア、パワーバイオレンス好きなら俳優よりもこのバンドが思い浮かぶ、3年ほどの活動のみでシカゴのハードコアシーンを世界的にも広めた重要なバンド、早くてうるさい、でもカッコ良いCharles Bronsonです!




インディアナ州:【Zero Boys



開拓民の州としてもおなじみのインディアナ州はハードコア・パンクバンドZero Boys、どちらかといえばメロディック好きのほうがファンファ多い、82年リリースの捨て曲一切なしのVicious Circleは必聴!いろんなモチーフをコラージュさせたフェイスデザインとイエローの背景のジャケットはハイセンス!ハードコアの暴力性がありながらもポップ、一家に一枚的な名盤ですね!





アイオワ州: 【Modern Life Is War



ド田舎のイメージが強いアイオワ、感情むき出しなエモーショナルオールドスクールハードコア!個人的にも思い入れのあるバンドが選ばれているのがとてもうれしい!WITNESSに収録のD.E.A.D.R.A.M.O.N.E.S.は名曲中の名曲、車の中でいつもシンガロングしているww2013年に復活しFever Huntingをリリースから5年経った今年に7インチ2枚を発売でフルの発売も楽しみである!ラモーンズデザインをサンプリングしたマーチはポジでもベストセラーでした、もう廃盤だけど・・・





カンサス州: 【Spine



野球ボール並みにデカイ、ヒョウが降ったことぐらいしか記憶にない田舎風景が広がるカンサス州からはWEEKEND NACHOSのVo.JohnがDr.を務めていることでも知名度ある、ヘヴィーかつファストでダーティーなハードコア、アンガーなボーカルが個人的には好み!BRIDGE NINEからリリースされた9曲入りの Faith は話題になったよね!





ケンタッキー州:【Knocked Loose



リンカーンやモハメド・アリの出身地としてもおなじみのケンタッキー州からは来日後日本でも人気のゴリッゴリのヘヴィーなビートダウンハードコアサウンドとハイテンションでキー高めのボーカルとのバランスは奇跡!間違いなくハードコアの歴史上欠かせない音源となったLaugh Tracksは一家に一枚!!できればマーチの数を増やしてほしい!!Pure Noiseの所属バンドってマーチの数少なくね!!Counting Wormsの「オウッ!オウッ!」はいつ聴いてもテンション上がる!!





ルイジアナ州:【Shell Shock



ルイジアナ州はニューオーリンズ産、79 年に結成のハードコアバンド、ジャパンスラッシュのShell Shockは知っていたんですがニューオリンズのShell Shockは個人的には知らなかったバンド、しっかりチェックしてみます!




メイン州: 【Cruel Hand



Hopeless Records所属OUTBREAKのメンバーが結成したメイン州はポートランド産ハードコアバンド、グルーヴィーでメロディアスな要素もプラスさせた進化したモダンハードコアサウンド、サウンドもボーカルも多彩、現最新作Your World Won’t Listenでは個人的にTHE ALMIGHTYのJONESTOWN MINDを連想させた、ハードコアバンドの中でもクラシカルなサウンドよりも個性的なのがタイプな人にはもってこいのバンド、旧作のマーチも復活する予定なのでお楽しみに!





メリーランド州:【Turnstile



ボルティモアでもおなじみのマサチューセッツ州からは説明不要、ハードコアを飛び越えたジャンルからの支持も高いオルタナティブ・ハードコアヒーローTurnstile、サウンドにファッション、アート、音楽の枠を超えて新しいムーブメントを引き起こすまさにスターである!





マサチューセッツ州:【SSD



才あふれるバンドを輩出し続けるレベルの高いマサチューセッツ州はボストン産の重要バンドハードコアSOCIETY SYSTEM DECONTROLことSSD、初期はスラッシーなハードコア、後期はAC/DC的なロッキンクロスオーバー、やはり初期が好き、個人的に同じくボストンのDYSと一色たんになってしまうモグリなので叱り音源購入しよっと!





ミシガン州:【Negative Approach



ミシガンだけでなく80’s アメリカンハードコアを語るうえで絶対に外せないバンド、アングリーハードコアNegative Approach、音源をまとめた編集盤「Total Recall」を持っていればマチガイナシ!パワーバイオレンス系バンドにも多大な影響を与え続けるバンド、圧倒的で暴力的でスラッシーなのが聴きたいならNegative Approach!!




ミネソタ州:【Hüsker Dü



ミネソタはミネアポリス産の3人組、パンクからハードコア、オルタナティブなどのシーンに影響を与えたレジェンド、サイケなどのたとえもよく使われるけどヴォーカルの歌い方はハードコアそのものノイジーでメロディアスなギターも聴きどころ、去年はメンバーの一人が亡くなるという悲しいニュースもあったけど、現代も相変わらずよく名前を耳にするバンド、バンド名のみ知っている人もいるけど音源もしっかりチェックしてみよう!!





ミシシッピ州:【The Grumpies



ハードコアというよりもキャッチーなパンクロックというイメージのThe Grumpies、名盤名高いWho Ate Stinkyは捨て曲なし!良い意味でチープでショボイ感がたまりません!ポップパンク好きにも聴いてほしいバンドである!





ミズーリ州:【Free At Last



ミズーリ産オールドスクール、TURNING POINT直系なメロディアスとクラシカルなオールドスクールハードコアが融合、Triple B Recordsから発売のEmbrace Youが必須、比較的最近のバンドである!




モンタナ州: 【Deranged Diction



モンタナ初のハードコアバンド、なんとあのモンスターバンド、パール・ジャムのベーシストJeff Amentの最初のバンドである、ノイジーでカオティック、ファストなハードコアサウンドが特徴!僕は全く知りませんでした・・・・




ネブラスカ州:【Bent Life



ネブラスカはハードコアシーンなど皆無な荒れ果てたリンカーンから現れた最高級なハードコア、ヘヴィーでメタリックなタフな
ハードコアサウンド、16年BRIDGE NINEリリースのnever asked for heavenは名盤です!





ネバダ州: 【7 Seconds



USの西部に位置するネバダ州からは、みんな大好き(多分)7 Seconds、キャッチーでメロディアスな疾走するハードコアパンクサウンド!初期USハードコアを代表するバンドである!ポリティカルなリリックにも注目!初期が名盤とされているが、05年作Take It Back, Take It On, Take It Over!や14年作のLEAVE A LIGHT ONも衰え知らずの名作である!





ニューハンプシャー州:【Backstabbers Incorporated



ニューハンプシャー州はランカスカー産グラインド・コア、クロスオーバー・スラッシュ、ポスト・ハードコア、デス・メタルの要素を組み込んだ激列ハードコアサウンドはクール!04年発売のKamikaze Missionsは必聴!!





ニュージャージー州:【Misfits



パンクヴァージョンとともにニュージャージー代表として登場の説明不要のUSホラーパンクの始祖Misfits!!メロディーライン、コーラスワークが極上なんです!





ニューメキシコ州:【Logical Nonsense



ニューメキシコ産、あまりにも黒い世界観、ブルータルでありスラッシーでありグルービーアートワークも含め最強なLogical Nonsense、グラインドコア、パワーバイオレンス好きにもプッシュしたいバンド!





ニューヨーク州: 【Agnostic Front



一番気になっていたニューヨークはNYHCゴッドファーザー、ロジャー、ヴィニー率いるAgnostic Front!何の文句もなく納得です!彼がいなければクロスオーバーなハードコアしかり、今のNYHCはないでしょうね、それくらい重要なのです!AMERICAN DREAM DIEDは15年リリース、MadballもSick of It Allも新譜リリースが18年にあったんで、そろそろニューアルバム期待しちゃいますよね!





ノースカロライナ州:【Catharsis



ノースカロライナ産、90年代半ばから00年代初頭まで活動しアンダーグラウンドの伝説として語り継がれる、ニュースクールハードコア、激情ハードコア、スラッシュ、クラスト、ポストロック、までも取り組んだ無二なサウンドを奏でる、3枚目のアルバムpassionは名作中の名作である!





ノースダコタ州: 【Swing Low



USの中西部の最北部に位置するノースダコタ州はファーゴ産ハードコアSwing Low!!





オハイオ州: 【 Integrity



オハイオはクリーヴランドが生みだしてしまったモンスター!暗黒デスメタリック・ハードコア、先日の来日でも記憶に新しいIntegrity、30年以上に渡り活動を続け、闇黒ヘヴィサウンドにおけるアイコン的存在、ぶれないサウンドにアートワークからマーチにも注目である!





オクラホマ州: 【N.O.T.A.



アメリカのほぼ中央に位置しているオクラホマはN.O.T.A.、正式名はNONE OF THE ABOVE!!全く知らなかったバンドこちらもしっかりチェックします!





オレゴン州: 【Poison Idea



オレゴンはポートランドが生んだ80年代初頭に結成され巨漢メンバーも記憶に残っているハードコア、USハードコアのオリジネイターとして有名なPoison Idea、マイナースレッドが掲げたストレート・エッジとは真逆、ビールにハンバーガー、セックス、ドラッグ!の荒くれたアメリカンなハードコア、この当時のUSハードコアサウンドの中でも破壊力からスピードも増し増しで群をぬいていたようだ!





ペンシルヴァニア州:【Paint It Black



ペンシルヴァニア州はフィラデルフィア産のメロディックハードコアバンド、LifetimeとKid Dynamiteの中心人物Danが率いるバンドとしてもおなじみだよね、オールドスクールハードコアの良さとメロディックパンクの良さ両方ともがうまく詰め込まれたサウンドは幅広くの人に愛され続けている。NEW LEXICONも記憶に新しいけどリリースからもう10年もたつんですね・・・




ロードアイランド州: 【Verse



日本における滋賀県と同程度の面積しかない、全米50州の中でも最も小さい州から生み出されたのは泣きのオールドスクールハードコアサウンドを奏でるVerse!!僕の中ではモダンオールドスクールの4天王的存在、度の音源も定期的に聴きたくなる!すべてがモダンオールドスクール、泣きのオールドスクールの名盤である!





サウスカロライナ州:【Guyana Punch Line



サウスカロライナからは超ド変態カオティックハードコアGuyana Punch Line!!渦巻くカオスのど真ん中で発狂し暴走、ブチ切れカオティック代表といっても過言ではない!意外と聴きやすくキャッチーにまとまっているところが不思議、意外と聞き終わった後さっぱりしますよww





サウスダコタ州:【Souls



サウス・ダコタ産、最新Epは17年発売と現在も活躍しているハードコアバンド、Souls!!Full of HellやTrap Themにも通づるヘヴィーで邪悪なアンダーグラウンド感ある今後が楽しみな注目のハードコアバンドである。





テネシー州: 【His Hero Is Gone



テネシー州はメンフィスから登場したダークハードコア・レジェンド!説明不要のHis Hero Is Gone!!




テキサス州: 【MDC



本土では1番の広さを誇るテキサス州からは80’sポリティカルハードコアMDC、究極的に左翼的なリリックは当時危険視され、結果自分の首を絞める結果となってしまった、サウンドは80’sハードコア好きなら、マチガイナシ!!




ユタ州: 【Clear



ユタはソルトレイクシティー産、ヴィーガンストレートエッジ、Clear!!Earth CrisisやHatebreedに影響されたことを自負している、メンバーのMickは7年間Eighteen Visionsで活躍、しかし35歳の若さで他界したようです。




バーモント州:【Drowningman



西部をニューヨーク州、東部をニューハンプシャー州、南部をマサチューセッツ州、とハードコアの聖地に囲まれたバーモント州はTDEPとのスプリットでもおなじみのエモーティヴなカオティックサウンドを奏でる、Drowningman!!エモ、スクリーモ、激情、ハードコア、ノイズを消化したサウンド、で未だに人気のバンドである!





ヴァージニア州:【Scream



ヴァージニア州からは、1981年に結成、ニルヴァーナのDave Grohlも所属していたDCハードコアサウンドを奏でるバンドScream!!





ワシントン州: 【The Accüsed



ワシントン州からはシアトルが生んだ80’Sクロスオーバースラッシュ、アクの強いボーカル、メタリックでスラッシーなギターはいまだ色あせない!!D.R.I.よりも好き!って方も多いのでは?





ウェストバージニア州:【Th’Inbred



ウェストバージニア州からは暴走レイジングスラッシュハードコア!Th’Inbred、疾走しながらも変則的に遊び心ある展開は無二!音源を購入するなら36曲収録のLegacy of Fertilityだね!





ウィスコンシン州:【Die Kreuzen



ウィスコンシンはミルウォーキーが生み出したまさにモンスター80’sハードコアバンドDie Kreuzen、ツッペリンやサバスなどのハードロック的な要素を見事にハードコアとマッシュアップさせたオリジナルなサウンド、ハードコアを飛び出し形容しがたいサウンドを奏でるオリジネーター、独特な世界観がたまりません!





ワイオミング州:【stoic.



全米50州の中で最も人口が少なく、当然ハードコアシーンも根付いていない土地であるワイオミング州からはstoic.、バンド数自体が少ないためワイオミングでは神格化されているバンド、ひたすら重苦しくヘヴィーでありカオティックなバンド名の通り闇黒なストイックさ感じさせるバンドである!近年のバンドではあるがすでに無期限の活動停止を発表、と残念である!暗黒でメタリックで邪悪なバンドがハードコアのトレンドの一つでもあるから人気が出そうな気もするのだが・・・




アメリカのどの州にも属さない連邦政府の直轄地」という意味が込められていD.C.、コロンビア特別区のワシントン市、そうワシントンDCはMinor Threatだ!と記事を書いている方が最後に締めくくっている!アメリカンハードコアを語るうえで最も外してはいけないバンドだね!!




とてつもなく時間がかかってしまったハードコアヴァージョン!ハードコア好きでも知らないようなバンドがちらほら、最高に楽しませてくれた今回の企画、今度は1つの州に絞ってハードコアバンドをリストアップしてほしいね!ケラングはマジで楽しい記事がいっぱい何でメルマガ登録しておくといいよ!



では!河内野

KERRANG!参照

【ハードコア】2018年度No.1の本格派アウターがMADBALLから登場!

3連休ど真ん中、お出かけしてる?もちろんバンドマーチでね!!今日は晴れて、比較的過ごしやすい感じ、夕方からは一気に冷え込み、冬を感じさせる、特に朝晩はマジでキツイ!


前回のブログで言ったように本格派のアウターもバンドマーチで販売されているけどやはり数は少ない、ハードコア系は特にね、昨日の夜からも夜通し探しまくって見つけましたよ極上のブツ!


今日は直球で行かせてもらいます。その本格派アウターはキングオブ・ニューヨークハードコア

マッドボール



そう、MADBALLの本格派アウターなのである!!!USよりもNYHCに力を入れているヨーロッパ限定のアイテムである!ストリートなカジュアルなジャケットに袖は自然にも優しいヴィーガンレザーを使用でゴージャス感をプラス!フロント胸にはおなじみでありNYHCを代表するデザインでもある
ボールデザインの刺繍パッチが装着!!

マッドボール

バックには 古き良きアメリカの広告スタイル Americanaにインスパイアされたデザインで主張が強すぎないからどんなアイテムとも合わせやすいデザイン!

名盤名高い最新アルバム 「For The Cause」に結成されたest1988がプリント!ポケットにもヴィーガンレザーが使用されレザー特有の光沢感で他のマーチを圧巻させる仕上がり、袖や裾、首回りにはブラックと濃いグレーのリブが装着で防寒性も高くボディーのメインである箇所はさらりとしつつも伸縮性あるリングスパンコットンとコットンが組み合わされた生地を使用の極上アイテム!

‘s
本格的な冬シーズンが始まる今、最も求めていたNYHCアウター、ダークでシックに、ストリートにかつカジュアルに、ライブやフェスはもちろん普段のおしゃれアイテムとしての活用がメインになるであろうジャケっとである!やはり手の込んだあアイテムだけあり生産数は極わずか、世界中のNYHCファンが注目のアイテム、絶対にも逃してほしくないアイテムである!


見つけたときの喜びは2018年度No.1ですね!心配なのは売り切れ、誰よりも早く自分の分だけ確保しちゃいましたwww


興奮しているのは僕だけ?当然NYHC好きなら心揺さぶるアイテムですよね!ということで今夜21時ぴったりにサイトにアップします!!


当然、特典つけちゃいます!僕的には2018年度No.1マーチになりそうなので特典もやりすぎゴージャスで!!!




Madball



画像の通りハードコアバンドのTシャツをプレゼントしちゃいます、僕の気が変わらないうちにいち早くお手続きをしといてください!!


MADBALLカレッジ・ジャケットはこちらをクリック!



僕は普通にパーカーと太目のパンツを合わせて、90’sストリートなスタイルに仕上げようかと、ファットなパンツもストレートもスキニーでもバッチリはまるであろう、カジュアルにもキレイめにもハマるであろう、ジャケット、マジマストです!!!


マッドボール


MADBALLカレッジ・ジャケットはこちらをクリック!




では、あなたからのお申込み楽しみにしています。

Madball

河内野

福井県は大飯町にある廃村・永谷集落に限定の「MADBALL」ロングスリーブを装着し探索してきた!

永谷集落 MADBALL

夏の暑さもいったん落ち着き、Tシャツで心地が良い気温、そろそろロングスリーブが装着できると先日はPower Trip、今回はMADBALLのロングスリーブを身にまといお出かけしてきた。


連日の雨でポジ散歩も諦めていたが、雨が降ろそうで降らない曇りということでポジ散歩を決行することに、さて「どこに行こう?」パッとしない天気、最近ハマりまくっているNothingのニューアルバム「Dance On The Blacktop」を聴いていると、ノイジーなギターに悲しげでありその中にやさしいメロディー、そんなサウンドを聴いていると廃村に出かけたくなった。


グーグル先生の登場、近場の廃村を探す。そして見つけた福井県は大飯町にある永谷集落へと、(車で1時間ほど)

永谷集落

廃村に一人で行く勇気はなかったため、ドローンの使い手YDXパイセンと林道マスターのH川さんを誘い出発!



道中の9割は山道、途中から補装はされているが車1台がギリギリ通れる道、しかも崩れかけていたりガタガタの酷道である、進むにつれ道にそってながれる川は美しい。

マッドボール

決して大きくはないが、道の側面の崖から流れる水、小さな滝が数多くあった。

名田庄

一人で言ってたら確実に引き返していただろう酷道を抜け、自然の中に明らかに人の手が加えられたであろう石垣が現れ、無事に到着することができた。

石垣



全体像はYDXのドローンにて撮影された一枚である。

永谷集落

今から半世紀、53年以上もの前、1965年、福井県の深い深い山の中にある集落、そこにダムの建設計画が持ち上がった、発展途上全盛期の時代、昼間に使われる電力の確保が必要となり、わずか20戸の民家が消滅することぐらい、僅かな代償として計画が進められていたようです、そのダム計画による地元民の反対派から推進派に分かれいたそう、それを感じさせるのがこれ

NYSBL18913007

大自然に囲まれ平和だった村、その小さな集落でも住民同士の争いが長い間続いたそう、そして20年近くがたった1985年、反対派の住民も大半がこの村を出ることに、そして誰もいなくなったようだ。


村人の争いによってこの村は終わりを迎えた悲しいストーリーがある。その後ダムの建設は反対派や政治的な力も加わり中止になったそう。


結局は人と人との争いでなくなってしまった村、悲しいね、ダムの計画があるにせよ無いにせよここまで山のお口にある村が現在まで残っていたのか?とも思うが、そんな悲しいストーリーを知ると見えてくる建物も違うように見てくるものである。


村人がいなくなり30年以上が経過、すでに崩壊が始まっている。

Madball

昔ながらの日本家屋、グランマザーの家がこんな感じだったから、別に違和感もなく懐かしい気持ちにすらなった、道路以外はコケが生えこのまま自然に還っていくのだろう。

マッドボール

そんな家の外周を回ってみることに、

限界集落

木の壁を押すとギシギシと、おもっくそ押してしまうと倒れそうである。

永谷

遠い昔の過去には人がしっかり生活していたとわかる、アイテム、ヤカン、ラジカセ、当時の雑誌、が所々に散乱、ノスタルジーを感じさせる!

廃墟

光の全くない玄関、「お邪魔します」と一声発し潜入してみた。

永谷集落

ほぼ真っ暗な状態だが一部壊れた戸から差し込む光に照らされた当時の物が散乱していた。

永谷集落

木でできた棚の取っ手は不気味に微笑んでいるようにも・・・・

NYSBL18913017

当時の家具たちはしっかりと原型をとどめ、少し修復すれば使えるくらい、同時の物の完成度はやはりすばらしい、ペラペラの1か月もあれば完成する最近の家にはない重厚感、値は張ってもしっかりとした日本家屋に住みたいね!


家の中はコウモリが縦横無尽に飛び回る、まるで市乳hしてきた僕を追い払うようだった、すぐに家をでた。そしてみていないこの家の外側を探索し、壁に設置されてある井戸水をくみあげるポンプや、マキ風呂の煙突など、時代を感じさせるアイテム!

Madball Longsleeve

この家のそばに流れる川につながっている階段、滑りやすく危険であったが降りてみた。

NYSBL18913019

住人はここで洗濯や、野菜を洗ったりしていたのだろうか? ひんやりとした風が上流から流れてくる、網にスイカでも入れて冷やしておきたいね!

永谷集落

奥に見える柱は橋だったのだろう、そこを渡らないといけない場所もあったが、確実に落ちるので断念!

廃村


唐突だけど、本日の着用アイテムを紹介する!


・ニューヨークハット:フリーサイズ
Suicidal Tendencies:ネイビーバンダナ
Disturbia:ショルダーバッグ
・Stay Positive :ドッグタグ、ネックレス
Madball :Set It Off ロングズリーブ(廃盤)
・ブラックパンツ:33インチ
・Electric Zombie:ソックス
・AirMax 95 :28.5cm


マッドボール

初期のボールデザインをフロントに落とし込んだレアデザインのアイテム、限定アイテムだからもう手に入りませんが・・・・そしてバックは名盤のSet It Offデザイン、そのブルーに合わせ、バンダナとキックスにブルーのテイストを散りばめたぜ!

NYSBL18913023

マッドボール

MADBALLで思い出したけど、Agnostic Frontのアイテムが急きょ100点近く廃盤になりました・・・・NYHCはいつもいきなり何の予兆もなく廃盤、マジでどうにかしてほしい・・・その代わりに限定アイテムが登場したのは知ってる?キャップとTシャツ、スカーフ1点ずつのみアップ中、9/19に移行は手に入らないアイテム何でぜひ!下記の画像をクリックしてみてください!

Agnostic Front キャップ

Agnostic Front ブーツ・スキンヘッド

ポジ散歩続きとまいりましょう、廃家を数軒回り、さらに奥へと、完全に崩れた家、さらに奥に何かが見える。

廃村

道は無いようだ。

廃村

サイドから回り込み、顔をあらわしたのは異様な空気を醸し出すお寺跡?

廃寺

灯篭はきれいなままの姿で残っていた。

廃墟

本殿はもう崩れる寸前、訪問者を無視するように獅子舞は横を向いていた、もともとなのか、だれかが獅子舞を置いただけなのか?違和感でしかない。

廃村

外にある獅子は長年の月日、人が触れずだったためにコケが覆いつくしている、人類が滅ぼうとも姿は変わらずこの姿であり続けるのだろう。

廃村

ただならぬ空気を感じたので退散、ドローンで見た通り、残っている家は数件のみ、このように外枠のみ残った家も多く見かけた。

廃村

ここ最近必ず装着しているDisturbiaのショルダーバッグだが、


「ハードコアバンドのショルダーってないですか?」

そういった声をいただくんだが、メーカーでもちょくちょくアップされるんだけど、速攻で売り切れるんだよね、再販売しないし・・・そこで改めて探して見つけたのがBDHWビートダウンハードウェアーのバッグ!ビートダウンハードコア好きならたまらないレーベルのバッグ、とはいってもアパレルラインも多くドロップしているレーベルだからデザインはイケている!数に限定があるから早めに手続してい置いてね!あとはハードコア好きもぜひ!このバッグの名前はプッシャーバッグ、プッシャーといえばスラングで麻薬密売人と意味する、危険なドラッグは入れないように!!

bdhw18914001
このバッグ、ブラックもありますよ!


ここで一休み、廃墟を眺めながらNothingをアイフォンから流す、廃墟+Nothing、最高である!

nothing

朽ち果てていく建物はまるでディストーションのギターサウンドのよう、その中にある思い出や歴史ストーリーが切ないメロディーのよう、大自然と一体化していく人工物はNothingの浮遊感を表しているよう。その不思議な空間に僕も存在していて悲しくも心地の良い、そんな不思議な気持ちとなった。

朽ちていく遊具、そこで遊んでいた子供たちの姿が透き通って見えてきそうである。

廃村

どうしても行けない家などもあったが永谷集落の廃村、満喫させていただきました。今回一緒についてきてくれたYDXパイセンのドロン映像が完成したようなんで!

ここに来るまでの道はかなりの酷い状態なのであまりお勧めはしませんがオフロードのバイクと持ってる人はぜひ!下界にはない独特のノスタルジーを感じる永谷集落へ!

永谷集落

廃村に廃墟、工場跡などなど、オススメがあたら教えてね!

次回はどこに行こうかな?

では!

河内野










追伸:

今日着用していたMadballの長袖はXLサイズね!

IMG_5465

ここ最近MADBALLグッズ復活したのは知ってる?またいつ入手不可になるかわからないからチェックしておいて、好みのアイテムは手に入れておいてください!

マッドボール

【ポジ散歩】「Madball」+「Sick of It All」マーチ装着で京都に残された奇跡のビーチへ・・・

oppama18829002

8月もあと数日でオワリ、「そういえば夏らしいこと一切やってない!!」、BBQも今年は中止になったし・・・ということで、夏といえば海、そう海に向かうことにした、数年前から友人が「絶対に行ったほうが良い!」と念を押されていた宮津にある奇跡のビーチ、おっぱまビーチへ向かうことに!

oppama18829003

明らかにヤバイであろう超発達した雲が出現した、しかも進行方向・・・一瞬迷うも、天気予報を見て数時間後には晴れることが分かったんでそのまま目的地を目指すことに!



目的地はおっぱまビーチ、知る人ぞ知るビーチのため、細い山道を越えなくてはならない、そしてビーチにつながる細道の入り口はというと・・・ロープが張ってある、車では無理だと、邪魔にならない野原に車を止め徒歩で目指すことに!レッツラゴー!!!

MADBALL

グーグル先生に尋ねると、車で二分、距離は1.2キロ
おっぱま

山道の1.2キロって結構やばいよね?ダイエットにも良いだろうと、徒歩で目指すことに!しか~~~し!

おっぱま

完全封鎖!!!OMG!!きっぱり諦めました!!がテンションはダダさがりである。

oppama18829006

諦めて次の目的地を探そうとグーグルマップ先生でマップをチェックすると、この山道は逆サイドにつながっている、「逆から攻めれば行けるかも!」(緑ライン)という淡い期待を抱いて・・

oppama18829007

逆サイドもダメでした!

近隣の十門居話を聞くと、先日の台風やその前の大雨のせいでガケ崩れが発生しているようだ、こればかりは仕方がない、本当に諦めまっす!




目的もなく周りをさまよっていると陸にあがっている、だれかが住んでいたかのような形跡がある船を発見、良い感じに朽ち果てている。MVの撮影とかでも使えそうだね!

Sick Of IT All

この船を撮影し始めると空は暗くなりカミナリが鳴り響く、何かやばい力がこの船には・・・・

oppama18829010

そして大雨が降ってきたんで車で待機するも一向に病む気配もなし、とにかく移動することに、数十分移動すると空は晴れ始めた、奇跡のビーチでなくても近辺のビーチは美しい!ということで車を降りビーチへ向かう!

oppama18829011

ここ近辺では確実に5本の指に入るほど美しいエメラルドブルーの水、きれいな砂浜のビーチである!

oppama18829012

波で綺麗に磨かれた大粒な砂、というよりも細かい石といったほうがあっているような、何が最高かって肌にべっとりつかない、ササっとはらえる大粒の砂、これは最高だね!

oppama18829013

ちなみにこの浜も「おっぱまビーチ」と呼ぶらしい!遠回りしたが目的地にはちゃんと到着したことになるよね?




周りには一つの家族と高校生二人組の2組のみ、プライベートビーチといっても過言ではない!

oppama18829014

おっぱま(越浜)とは?


栗田湾と島陰湾を隔てる無双ヶ鼻の付け根に島陰湾に面してあり、栗田湾とはわずか1km程の平地でつながっています。
 近くには島陰の集落がありますが、ビーチの周辺には民家もほとんど無く、手つかずの自然が残された砂浜です。
 夏場は海水浴場となりますが、駐車場も少なく、トイレなどの設備も仮設になります。訪れる人は多くはありませんが、人混みを嫌いきれいなビーチを求めるリピータの多い浜です。

※丹後観光お助けツール参照

特に「海に来たから」って何もすることはないから特に期待しないようにwwいろんな寄り道したせいかもう時間は16時と夕方に差しかかっている。

oppama18829015

靴を脱いでビーチを歩く、予想外に水は冷たい、まぁ夏とは言ってももう9月だもんね!

oppama18829016

足先だけでは満足できないんでTerrorのビーチパンツに着替え海にイン!

oppama18829017

マジ気持ち良いっす!この透明感、伝わるかな~?

oppama18829018

ちょっとした岩場に上り魚を探すも見当たらず、いまはキスがよく釣れるようだね!

oppama18829019

砂が荒い分、少し足の裏が痛いっす!!健康には良さそうだ!

oppama18829020

汗だくである・・・・

oppama18829021

MADBALLのシャツを脱ぎCold Worldのタンクトップに!

COLDWORLD HXC

タンクトップも汗でビシャビシャになったんで天日干し、その間はPALMシャツ!

PALM

バックプリントもイケてますよ!

oppama18829024

砂も肌に引っ付かないし、虫が少ないし、横になって小一時間、爆睡してしまった。睡眠を促進したのはAftershockでしたww

Aftershock

寝起きに夕焼けにきれいな海にビーチ、BGMにハードコア、最高に心地が良い!最高なひと時である!

PALM

さて今回の着用マーチは、

oppama18829026

寝汗でPALMのTシャツもベチャベチャ、初めに来ていたシャツやタンクトップパンツなどは天日干しでカラッと仕上がっていやがる!

マッドボール

キャップ、Tシャツとヒッコリーのパンツは同系色で、バンダナとインナーのタンクトップで差し色を加えた、夏っぽさを感じさせるコーデを意識したぜ!パンツはワークパンツなのだが、裾をつまんでロールアップすればテーパードのシルエットになるからぜひ試してみてね!

oppama18829029

Comeback Kidのガチャベルトの差一歩の金具が紛失したのだが、あの生地を食いこますギザギザの部分踏んだら危ないと探すも見当たらず、結局は車にありましたとさ。

Comeback Kid

久々に着用したMADBALLのTシャツがやはりメイン、このデザイン、マジで好きなんですよね!廃盤だし大事に着用しないとね!

マッドボール

そういえば、メーカーの倒産が続き、なかなか入荷できなかったMADBALLマーチ一気にアップしたのはチェックした?今回の取引先も大きくないメーカーだからいつ倒産、そうして廃盤になってもおかしくないからすぐに手に入れておいてね!

Madball


来年こそ体を鍛え上げ「海へマッスルダイブしてやる!」という決意を抱き魂震えている図である!

マッドボール

ベスト・キッド、ミヤギさんを思い出し鶴の構えをするも頭部が見切れてしまった図である。

oppama18829034

疲れた・・・夕焼けを眺め黄昏る。

oppama18829035

このElectric Zombieドラムバッグはマジで大活躍である、結構な容量があるしね、ちょっとしたレジャーには欠かせないぜ!廃盤だけど!

oppama18829036

砂浜の美しさ、海水の透明度、人が少ない、まさに奇跡のビーチでした!

ありがとう!!おっぱまビーチ!

oppama18829037

次回はどこに行こうかな?

では!

河内野





追伸:
海ってことでグラサンも装着したんだけど、やはり目が悪いせいか何も見えず、メガネ男子アルアルでした!

oppama18829040

【緊急アンケート】夏だ!ビーチで聴きたい名曲を求む!!「5000円」クーポンプレゼントもあるよ!!

BL18717027

猛暑を超えた暑さ、ヒドイナツと書いて酷暑(こくしょ)というらしい、昨日黒染めしたMadballのシャツも悲鳴を上げている!


こんな日は海にダイブしたい気分だ!海開きもされ、夕方になると海沿いの道はいつも渋滞している、そうそう、あなたはもう海行った?プール行った?泳いだ?夏らしいことしてる?

僕は一切、夏満喫していませんが、車で10分走ればきれいなビーチがあるからね海が好きな人にとってはうらやましい環境だとは思う、先日もちょっと足だけでもと訪れたビーチは、まじDQNが多くて、陰キャな僕は速攻海を後にした、一人だと足を運ぶのに躊躇してしまうww

そういえば先日入手したビーチパンツで一回海に入って撥水性などを検証してみたいって思っていたんだ!

BL18-6-27031

お盆あたりに仲の良い仲間たちとビーチでBBQをする予定だから、その時に検証してみます!お肉に焼きそば、そして水着ギャルも楽しみなんだけど、ビーチでかける音楽を選ぶのが本当に楽しみ!!


毎年、僕がチョイスしてなかなか好評でもあり、たまにデスコア、ビートダウンなどかけると速攻スキップされる、そこは不評かなww、みんながみんな激しい音が好きなわけでもないしねwww

去年と曲が被ることは絶対にしたくないから、今の内に夏っぽい曲のプレイリストを作成中している、今年も去年とほとんど同じメンツだからね数曲くらいならかぶってもいいけど、選曲するなら「この曲だれ?」と言わせたいじゃん!!!!ちょっと狙っている子もいるから、曲をきっかけに仲良くなれるかもしれないしww



夏ソング2018で検索したところ、人気の夏ソング・夏歌ランキング【2018】というまとめがあった。

100位までしっかり表示されているけどここでは1位から10位まで見てみよう。


1位|渚|スピッツ
2位|打ち上げ花火|DAOKO × 米津玄師
3位|HANABI|Mr.Children(ミスターチルドレン)
4位|若者のすべて|フジファブリック
5位|楽園ベイベー|RIPSLYME(リップスライム)
6位|Hot Limit|T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)
7位|君がくれた夏|家入レオ
8位|世界でいちばん熱い夏|PRINCESS PRINCESS(プリンセス・プリンセス)
9位|ナツコイ|井上苑子
10位|真夏の通り雨|宇多田ヒカル

ヤッベー、スピッツ、リップスライム、T.M.Revolutionしかパッとメロディーが浮かんでこない、てかTUBEは入んないのねwww Hot Limitはギャグでプレイリストに入れておこうww



一応すべてチェックしておきましたがポップスもたまに聴くと良いもんだねWW洋楽のチャートもチェックしたが9割わからん!!自分がいかに一般とズれているのかがわかる、みんなはわかるのかなぁ~・・・



今回は僕が選んだプレイリストをビーチに遊びに行く流れで一部、紹介していこうと思う。



午前9時過ぎ:仲間を一人一人迎えに行き海を目指す、車の中でながしたい夏ソングはこれ!

Belmont – Overstepping
ポップパンクとイージーコアの中間を位置するような激しいリフで始まる名曲、大音量で車の中もハイテンション、遠足に出かけるバスの中の子供のようにワクワクが止まらない!!ニューるバム楽しみだね!!




午前10時15分:いったんスーパーにより本日のBBQ似た目の食材を確保し車に戻りさらに移動、山を越え、海を感じる風を感じだしたころ、坂道を超えた瞬間に、水平線の海が眼下に広がる!
Four Year Strong – Dumpweed
イントロからのキタキタ感、ブリンク化と思いきやまさかのFYSヴァージョン、ザックザクのギターがよりテンションを上げてくれます!




午前10時半:ビーチに到着し、パラソルやシート、イスなどを並べ準備に入る。シートやイスに座るヤツや着替えだす奴、いきなりビールを飲むやつ、海へダイブするまえのひと時少しゆったりとチルしている時にかかったのは、
Dirty Heads – Vacation
海がビーチがばっちりとはまるサーフロックでゆったりと!





午前11時着替えも終わりそれぞれが海へ突入!ダイブするヤツ、浮き輪でゆったり流れに身を任せるヤツ、ビーチボールで遊ぶやつ、ひたすら泳ぐヤツ、連れれ来た彼女と海でいちゃつくヤツ、そんな時に流れていたのは

Abandoned By Bears – I Want You Back (Jackson 5 Cover)

それぞれがそれぞれの楽しみ方で海を満喫してやがる!楽しくハッピーになれる名曲のカヴァーですね!Abandoned By Bearsもニューアルバムが楽しみ!





午前11時45分海を満喫したヤツらはおなかが減る、BBQの開始である!火をおこし灼熱になった網の上に極上の肉を一枚二枚と、焼き係のアイツのための選曲!

MUNICIPAL WASTE – Breathe Grease
暑苦しいスラッシュリフは肉焼き作業を効率よく、よりスピーディーに!まぁ1曲も終わることなく誰かにスキップされるだろうけど!





午後12時45分BBQも後半、締めの焼きそばを喰らい、やつらのお腹ははち切れそうなほどにパンパン、吐き出してしまいそうなほどの満腹感を抑えるためにチョイスしたのはこの曲!

Tigers Jaw: June

曲名はJuneだけどさわやかなちょっとオセンチなインディーポップで!女の子も素直に入ってくる曲だと、11月には来日が決定したね!!!

タイガーズ・ジョウ





午後13時10分限界突破した胃袋を休めようと、それぞれが体にオイルを塗りたくって体を焼きまくる、お昼のチルタイムである!

CHON – Splash

テクニカルなのにクセがなく、ヴァケーション感、レジャー感、夏感もあるチルタイムにもってこいな選曲であろう!





午後14時35分満腹感も収まりやつらが動き出した!砂浜の先には高さ5m以上はあるだいぶスポットを発見しメンズどもは根性試しを行う、速攻で飛び込めるやつ、ただ下から見ているヤツ、狙ったあの子に自分のダイブを見せたいと気合いを入れるも高所恐怖症なヤツの応援歌!

Basement – “Aquasun”

Dive into me 俺に飛び込め
dive into me 俺にに飛び込め
I’ll meet you on the water there, sometime いつか水の上で会おうぜ!

サビのリリックがいいよね!Dive into Seaなんだけど・・・





午後15時40分ビーチから見える小さな島、メンズどもは泳いで島を目指すことに、カナズチである一人は手漕きボートで島を目指すことに、相乗りするのは女子、泳ぐメンズに並走してボートを漕ぐ、その時に流れてきたのは、

Senses Fail “If There Is Light, It Will Find You”

じわじわと盛り上がるSenses Failの名曲、思わず夏の恋が始まってしまいそうである!





午後16時10分ビーチから見えた小さな島にみんな到着し、本土にはなかったエメラルドグリーンの美しいビーチを発見する、もちろんみんなハイテンション!島を探索することに!

Trophy Eyes – More Like You
冒険が始まるワクワク感、ポップパンクだけどワイルドなヴォーカルが探索ソングにぴったりでは?ニューアルバムは8月の初めに発売!今一番楽しみなアルバムかもしれない!





午後16時10分島を探索し、本土のビーチに戻る、みんなクタクタ、体力は0に等しい、体力回復のため浜茶屋へ向かい、かき氷を喰らう!火照った体を一気に冷やしてくれるかき氷、一気にかきこむために頭キーン状態、仲間みんなが頭を押さえ悶え、それぞれが笑う、まさに青春である・・・

New Found Glory – My Friends Over You

仕事や結婚、なかなか出会えなくなった友人たち、今日は久々の再開でそれぞれが最高に楽しんでいるもこの日があと数時間すれば終わってしまう、今度はいつ会えるのだろうか・・・





午後17日時50分帰宅の準備に入る、楽し1日も終わりを迎える、少しエモい気分に、沈みかける夕日を眺めながらかたずけを進める。

Slightly Stoopid- Killin Me Deep Inside

日が落ちかけるビーチとぴったりな島唄をサンプリングしたSlightly Stoopidの1曲が心に染みる!





午後18日時30分かたずけも終わり車に乗り込む、日が落ちりビーチを横目にまた当分会えないさみしさをごまかしみんながハイテンションに、

No Use For A Name – International You Day

さみしさを押し殺した空元気、疾走しながらも泣いてしまうほどのメロディーがぴったりでは!





午後19日時30分あたりは暗くなり始め、一人ひとり家まで送り最後に残ったのは大親友のみ、二人はくだらない話をしながらも、もうすぐお別れ、その友人が大好きな曲を流す。

HAKAIHAYABUSA “KOE “

二人で大合唱しながら、曲が終わったと同時に親友宅に到着しおろす、「このまま二人で飲みに行く?」という言葉が久々に会ったせいか出ず、互いにモジモジしながらも「またな!」という言葉を残し二人は別れた。





そして自分も帰宅、最高に楽しい一日だったけどすこしモヤモヤが残る、冷蔵庫から発泡酒を取り出し1本2本と飲み干していく、一日の締めにえらんだ曲は

Hopesfall “Faint Object Camera”

激しくも切ないHopesfallを聴きながら一日を振り返り余韻に浸る、酒も進む・・・そして寝落ち、そしてまた彼の新しい一日が始まるのである!





いかがだったであろう、ビーチで聴きたいとは少しずれてしまったものの名曲が詰まっているんでぜひチェックしてほしい!Hopesfallの新譜マジでやばかったぜ!!

現在あるプレイリストもまだまだ曲数が足りない!!!そこで音楽通なあなたにお聞きしたい!

あなたが夏のビーチでかけたい曲をぜひとも教えて!

僕のプレイリストをあなたの知識で埋めてください!!!という完全に僕だけが得をする!いや、あなたもいろんな名曲を知ることができる!!ということで急ではありますが夏のビーチでかけたい曲アンケート募集します!

あなたからの参加楽しみに待ってるね!!夏の名曲はみんなで共有しようね!!!

では!!

河内野