Outline In ColorやUpon This Dawningをはじめ2014年はこいつらがブレイクする?!

hakkutu002

なんでガキはすぐ泣くんだよ。

友達の子供(3歳)がYouTubeでアンパンマン見てたからさ、良かれと思ってあるバンドのPVを流してやったんだよ。

そしたら壊れたみたいにワンワン泣きだしやがんの。

わけが分からない。

そいつの母親には怒られるし、新年から俺の方こそ泣きてえよ(T_T)。

っていうか、このビデオって3歳児には早すぎたのかなぁ...

arrow center

arrow center

The Ongoing Concept

その子の母親には「こんな雑音聞かせないで」「雑音じゃねーよ」「激音はアートだ」って言えませんでしたけど~~~。にしても、このビデオクリップ大好きだ。solidstatereってのがいいね。今年ブレイクするね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

ということで、前回に続き「2014年こいつらがブレイクする。このバンドやばくないか」ってバンド特集の第2弾だ。

arrow center

Hearts and Hands

Chelsea Grinのボーカルが始めたバンドだけあってセンスが良い。すでにAlexは脱退したけど、2014年の動きに注目だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Incredible’ Me

Arteryもここ最近はナイスなバンドを排出しているよね。極上のポップ感と激しさが融合。いるようでいない、これから絶対に話題になるバンドに違いない。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Farewell, My Love

お化粧メタルを思い出してしまった。見た目でも話題になりそうだ(笑)。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Consider Me Dead

BCかよ!って思ったけど、メロディーラインなどは絶妙に違うね。次のアルバムで大幅に化けそうな予感がする。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Upon This Dawning

Chrisの存在感が凄すぎる。激しいパートからクリーンのメロディーもレベル高い。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Serianna

シンプルで聴きやすいんだけど飽きない。結構活動が長いんだから、そろそろ話題になって(熱望)。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Outline In Color

とにかくクオリティーが高い。プルモーション次第では人気が爆発?


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Elitist

硬派で良いね。djent系の叙情を取り入れたメタルコアも増えてきたけど名前の通りのエリート。完成度がパない。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Sleep City

オシャレ!とにかくオシャレだ。激音世界を飛び越えて一般でも人気が爆発するかも。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Exotic Animal Petting Zoo

サザンテイストあるバンドはやっぱりかっこいい。思ってもみないエモーショナルな展開は鳥肌もん。バンドマンや楽器をやっている方には人気なんだけどね。あと1枚出したらもしかすると….


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Hand Of Mercy

オーストラリアはマジ熱い。叙情派ハードコアバンド、こんなバンドいたんだ….叙情派は2014も期待だね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Forever The Light

激音の有名どころのレーベルと契約すればブレイクしそうな予感。激音のトレンドなサウンドは強いね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Adaliah

Mediaskareも激熱なレーベルだね。Mediaskareらしく、とにかくヘヴィーでダウンチューニングタフガイモッシュメタルコアは2014年も盛り上がりそうだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Dead Silence Hides My Cries

ロシアとその周辺国のシーンが2014年も盛り上がりそうだ。シンフォニックなエレクトロがたまらなくぞくぞくする。とにかく壮大で感動してしまうサウンド。ハマってしまった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Merchants

うわっ。挙げて挙げてもヤバいバンドがいる。マジできりがない。今後も追いかけてみよう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

今日もいっぱいのバンドの動画をアップしてしまった。あなたの琴線に触れたバンドはいた?

「まだまだヤバいバンドいるぜ」、そう思うあなたに、3分でできる簡単なアンケートフォーム用意したから、教えてよ。もっともっと知りたいから、助けてくれ~~い。

ヤバいバンド教えてくれ~~い。

河内野

【妄想】メルマガ読者が選んだ「激音紅白歌合戦2013」出場者発表!その2

1

忙しい年末にピッタリの現実逃避企画、『妄想激音歌合戦』の時間がやって来ましたよ。

準備はいいかあ!!!

おおおぉおおおお!!!

昨日の激音紅白歌合戦に続いて、今日の見どころはズバリ、2013年を締めくくるこの曲だ。

感動でパソのスクリーンがぼやけて見えなくなるぜ。

日本(紅組)VS 世界(白組)

arrow center

■1組目■

日本(紅組)
After Tonight(アフター・トゥナイト)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Chunk! No, Captain Chunk!(チャンク・ノー・キャプテン・チャンク)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

日本のポップパンクのレベルもすごいっす!ってこと、After Tonightで開幕!そしてチャンクのイージーコアでピースな雰囲気で1組が終わる!

arrow center

■2組目■

日本(紅組)
All Found Bright Lights(オール・ファウンド・ブライト・ライツ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Palisades(パリセーズ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

名古屋を代表してAll Found Brightが登場、盛り上がりはチャンクを超える!そしてライズのPalisades登場、独特なメロディー、世界観を見せつける。

arrow center

■3組目■

日本(紅組)
Fear, and loathing in LasVegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
I see stars(アイ・シー・スターズ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

エレクトロな対決、先行はFear, and loathing in LasVegasで会場が壊れんばかりに揺れる、そこにI see stars登場でさらに盛り上がる。

arrow center

■4組目■

日本(紅組)
ROACH(ローチ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Abandon all ships(アバンドン・オール・シップス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ハードコア・メタルコアの中に独特の沖縄民族の誇りを感じさせるメロディーは会場の一体感を生む、そしてAbandon all ships登場。独特なエレクトロサウンドで会場はダンスフロアに!

arrow center

■5組目■

日本(紅組)
SAND(サンド)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Your Demise(ユアー・ディマイス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

会場の空気は一変しハードモッシャーがピットを独占、極悪な世界が会場を包む、そしてYour Demise登場でハードモッシャーからキッズたち入り乱れてサークルピット!

arrow center

■6組目■

日本(紅組)
Crossfaith(クロスフェイス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Attila (アッティラ)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Crossfaith登場で会場のボルテージはフルに、世界で経験を積んだステージングはすべてのオーディエンスを揺らす、そしてAttila登場でレッツラ・パーティ、予想外に一番の盛り上がりを見せる!

arrow center

■7組目■

日本(紅組)
Maximum the hormone!(マキシマム・ザ・ホルモン)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

世界(白組)
Suicide Silence(スーサイド・サイレンス)

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Attilaの盛り上がりそのままに激音の究極系マキシマム・ザ・ホルモンで紅組の最後を閉める、そして新体制のSuicide Silence登場、暗黒なウルトラブレイクダウンで12時の針を超え2014年が幕を開ける。

今回も最高の激音紅白歌合戦でした。実現は不可能かもしれないけど、僕の脳内ではしっかり開始されました(笑)。最高の激音紅白歌合戦を送ってくれたあなた、ありがとう!

PMA ThreadsのPositive Mental Attitudeリストバンドの当選結果お楽しみに。

ところで、この7組、14バンドで最高の激音紅白歌合戦を企画してくれたあなた、メールアドレスを教えてください!!!プレゼント当選したら連絡します。

下記のコメントフォームからご連絡くださいね。お待ちしています。

次回はどんな激音紅白歌合戦が披露されるのか。楽しみに待っていてね!

河内野

【GW特集】ゴールデンウィークのお出かけバンドファッションは Rise Records がお勧め

rise records logo

最先端のバンドファッションをチェックしてきたけど、やっぱりサウンドも最先端を行っているバンドが「シャレオツだ!」ってことだよね。

毎年数多くのバンド、レーベルが生まれているけど、常に流行を生み出して影響を与え続けているのはRise Records。Rise Recordsに所属すればほぼ話題になる、人気が出る。でもレーベル効果だけではなく、契約を交わすレーベル側のセンスも良いってことだよね。

初期はある程度予測できるバンドと契約を交わしてきたけど、ここ最近では激音のいろんなジャンルのバンドを輩出している。最先端を常にキープして僕たちに激音を届けてくれる。

そんな偉大なRise Recordsから今新作ビデオが続々と登場してます。
きょうは一緒に逃さずチェックしていこう。

最先端を行くバンドのファッション、スタイルにも注目です。

Woe, Is Me – A Story To Tell


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:139,966

Of Machinesの元ドラマーであるオースティンを中心に結成されたWoe, Is Meだけど、すでにOf Machinesを軽く超えてしまうほど人気。アルバムも飽きないんだよね。クリーンパートも激しいパートも頭からこべり付いて離れない。


Issues – Princeton Ave


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:251,861

元WOE, IS MEのメンバーによるニュー・バンドで、ポジでもじわじわ人気が出てきているバンド。RISEのお騒がせバンドWOE, IS MEみたくあまりメンバーチェンジは避けてほしいな。期待を裏切らないサウンドだからこのまま長~~く続けてほしい(笑)。


Misser – Goddamn, Salad Days


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:7,090

今一番新しいRISEのバンド。インディーロック、エモ、大人な渋めのポップパンク、ここ最近RISEも力入れてるジャンルだね。90年代後半の男らしい、インディーロック、エモ好きは反応してしまうサウンド。

二日前に公開されての7000の再生回数、期待度もでかいバンドだ。


The Plot In You – Fiction Religion


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:75,028

Before Their Eyesのメンバーも含む注目のバンド。とにかくメロディーが極上すぎるんだよね。ボーカルのイカレ具合もかっこいい。歌詞や曲名も結構残虐的。だから結構コアなファンにも人気なバンドだ。


Transit – Weathered Souls


動画が見れない場合はここをクリック

RISEと契約した時はビックリだったんだけど、今となってはRISEにとって欠かせないバンド。メロディックパンク、ポップパンク、エモ、インディーロックファンはもう堪らないサウンド。激しいRiseバンド好むあなたは、中休みにはぜひTransitを!

あ~癒される~。

バンド全体を包み込むオシャレな空気感、なかなか出せないよ。


The Color Morale – Smoke and Mirrors


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:40,937

海外では相当な人気なんだけど、イマイチ、日本では話題に上がってこないね~。(僕の周りだけかな?)こんなかっこいいのに…..けどグッズは人気なんだよね(笑)。

もともと叙情ニュースクールから最先端のスクリーモ、メタルコアに派生したサウンドだから叙情ニュースクールファンにも人気なバンド。こっち系のRISEバンドは緩急の展開がほんと得意。


Face To Face – Bright Lights Go Down


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:18,220

マジで!

目を疑っちゃいました。あのメロディックハードコアの大御所Face To Faceだよ。まさかRISEから音源が発売される日が来るとは!!!RISEセンスいいよな~。Face To Faceだよ。

ベテランが出すサウンドは安定感抜群。メタルコア、スクリーモしか効かない方はぜひ聞いてほしい。若いキッズがFace To Faceグッズ着用してたら絶対二度見してしまう(笑)。

マッシュアップ/リミックスユニットThe Legion of Doomもやっていたからけっこうスクリーモ系にも繋がりがあるのかもしれないね。


動画が見れない場合はここをクリック


Thick As Blood – Diente Por Diente


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:19,984 回再生

Thick As Blood!!!

こういった硬派のモッシュコア、ハードコアバンドがいるのもRISEの魅力です。This Is HellもRiseだよね。


Man Overboard – White Lies


動画が見れない場合はここをクリック

来月発売のアルバムも楽しみなMan Overboard。クラシックなエモサウンドと現代のポップパンクサウンドをうまく調合したMan Overboard、人気爆発中だよね。こちらのバンドもオシャレな空気感をうまく出している。

メンバーもシャレオツだし、ジャケットのセンスもグッド。勿論、グッズもハイセンス。


Poison The Well – Botchla


動画が見れない場合はここをクリック

フロリダの伝説ニュースクーラーPoison The WellもRISEなんだよね。新譜はぜひ初期、中期のころのサウンドで!


RISE、そうそうたるメンツでしょう。
ダサい二番煎じのバンドなんて一つもいない。

激音の流行を生み出している最高のレーベルだ。

Sharks
Crown The Empire
Legend
Dave Hause
The Jealous Sound
Bleach Blonde
Rescuer
Of Mice & Me
Make Do And Mend
Like Moths To Flames
SECRETS
Further Seems Forever
Sleeping With Sirens
Miss May I
Palisades
In Fear And Faith
The Acacia Strain
The Early November
Bouncing Souls
I Am King
Hands Like Houses
Hot Water Music
American Me
Ghost Runner On Third
Your Demise
MSWHITE

このメンツを見たらRise Recordsがとんでもないレーベルだってのがわかるでしょう。
これ以外にもまだまだいるけどね。

激音にも色々なジャンルが存在するけど、特定のジャンルにこだわるあなただって
きっとRise Recordsに好きなバンドが一組はいるはず。

Sleeping With Sirensの再生回数は中でも驚異的だな。

Sleeping With Sirens – If You Can’t Hang


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:13,022,760

1千万越えって!

最先端を行くRise Recordsの最先端グッズ、
デザインも流石にカッコいいんだよね。

早く見てあなたにびっくりして欲しいので、
今から急ピッチで新作アップします。

河内野