最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野

超絶ギタリストもびっくりな神の手を持っていたのはマインツの岡崎だ!

ゴッドハンド、いわゆる神の手、イングヴェイやスティーブ・ヴァイではなく、メシュガーのギタリストでもなく、本当の神の手を持っているのはこいつだ!

その名もマインツのザキオカ(岡崎)である。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ザキオカは良く柴犬に似ているとよく言われている、ならばこのゴール手ではなく前足になるのではないか?

結局神の手ではなかったということ……

おふざけはここまで(笑)。

メシュガーのギタリストで思い出したけど、メシュガーってDjentサウンドの生みの親じゃない。名前を作ったのはPeripheryだよね。そんなPeripheryを含むヤバいバンドが今週末に集まるね。なんで東京だけなんだよ!!

スクリーム・アウト・フェス2014 バンドTシャツ

豪華なメンツだよな。参加するあなた、感想を聞かせてー。この日限定のグッズとかあるのかな?こういったツアーに参戦するって本当に思い出に残るよね。しかもそのイベントの物販で買ったグッズ、なんてのは何年経とうが当日のライブを思い出してしまう。

昨日のブログで言ったように、そんなグッズを捨てるなんてホンマに許せんな!また思い出して怒りがよみがえってきた(笑)。

着ていくシャツ、そのシャツに反応してしまう仲間やバンドマン、そしてバンドTシャツをきっかけに海外のミュージシャンと会話が弾むかもしれない。ライブ会場はそんな事件がおこる現場だ。絶対にそこらへんのブランドTシャツじゃなくて、バンドTシャツで参戦してくれよ。

Peripheryは単独公演がソールドアウト。すげー人気だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

1月からヤバい作品ばかりが発売される。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

あなたはもうCapture The Crownの新しい音源は手に入れた?またとんでもない音源が発売されたね。早く届け~~!!ヤバいってもんじゃなく、大ブレイクの予感。すべてにおいてセンスが良い。ジャケット見た時点で「これはヤバイ」って感じた。王冠に宇宙、色々なアイコン、オシャンティー!このままTシャツにして欲しいくらいだ。

キャプチャー・ザ・クラウン

そんなCapture The Crownだけど、今とんでもないメンツとツアー真っ只中なんです。

TUA002

Attila、I See StarsにIce Nine Kills。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そして、ここ最近すごい人気のMykaとRelocate。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

このツアーに参加したい。そしてグッズを買いあさりたい。このツアーのポスターも欲しい。参加してなくてもツアーポスターってほしくなってしまう。ちょっと参加した気分にもなれるし、ヤバいバンドのロゴが1枚に刻まれている。欲しくなるのは当たり前か。僕もいっぱいへやに貼って参戦している気分だよ(笑)。

bane Terror Death MLIW This Time Next Year

数年前のツアーのポスターだって、いまだに見てあのバンドとあのバンドが●●年に共演してたのか~なんて、思わず「ニヤリ」してしまうんだよな。参加せずともツアーポスターには思い入れがある。バンドグッズのすべてが最高のアイテムだと言いたい。

今日はツアーのポスターやツアーのTシャツを見て思い出にふけろう(笑)。Capture The Crown、新しい音源ってことは新しいグッズも….楽しみで仕方がない。

河内野
ポジティブダイブ

【激音発掘】2014年こいつらがブレイクする!

hakkutu001

新年ってことで、お餅食ってたらのどに詰まって……マジで危なかった。これが走馬灯ってやつか。一瞬だったけど、頭の中で人生を振り返った。

もっといっぱい激音を聴いていたい!!!マジで思ったよ。だから今、Youtubeでかっこいいバンドをチェックしてる(笑)。

おいおい、知らないかっこいいバンド山ほどいるじゃん!!!!

まだまだ死ねないぜ!

ってことで、「2014年はこいつらがブレイクする!このバンド、やばくないか!」って特集だ。さっそく次世代のメタルコアやスクリーモバンドのやばいビデオアップしていくぜ。

あなたは何バンド知っているだろうか?5バンド以上知ってたら激音マニアだ。

それじゃいくよ。はじめー。

arrow center

Wolves At The Gate

オルタナティブな要素も強く、クリーンとスクリームの割合も7:3くらいで好みだ。Thriceなんか連想しちゃった。すでに人気なようだけど注目していこう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Sworn In

去年の年末あたりに知ったんだけど、このバンドの暗黒具合やばくない。バンドマーチもオシャレ、世界観がここまで明確に出ているバンドって好きだな~。叫びも一辺倒じゃないところが素晴らしい。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Time Traveller

またまたRiseからヤバいバンドが出てきたね。クリーンは高め、Kellin Quinnも参加した曲がイケてる。人気が出る要素が詰め込まれたまさに今なバンドだな。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Breakdown of Sanity

こりゃ~たまげた!硬派なメタルコアスタイル、懐かしくもDjentな要素もあり、叙情性も一級。もう話題になっているよね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Fit For A King

いまいち話題に上がらないんだけど、アルバム通してじっくり聞いたら激ハマり、そろそろ来るんちゃいますかこのバンド!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Everything In Slow Motion

handsのShane Ochsnerが新しくはじめたバンドってことでもう安心なんだけど、handsに比べてなんかこう希望を感じさせてくれる、素晴らしい。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Bruised But Not Broken

こんなかっこ良いバンドを見逃していたとは…。シンセの使い方も結構独特で好みだ。若干エレクトロなバンドに飽き飽きしてきている人も聞いておいたほうがよいよ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

A Lot Like Birds

プログレッシブでカオティック、まさに変態サウンド。Equal Vision Recordsってのも納得、これは2014年きちゃいますね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

In Hearts Wake

オーストラリアのバンドって、ここ最近熱いよね。次くる叙情派メタルコアはこいつらか!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Oceans Red

これまたヤバいバンドだな。エレクトロなメタルコア、なんだけどニューメタルな要素も若干あったりシンセも独特。こりゃ新しいな!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Affiance

伸びやかなボーカルが素敵、音域広!ピュアなメタル要素も最高。今年こそブレイクしてほしいよ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Dayseeker

このバンドは絶対ブレイクするよ。何と言っても、美しさと激しさがうまく共存、激情的な叫びに素晴らしいメロディーセンス、最強でしょ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Breathe Carolina

ここ最近音沙汰なかったけどそろそろ動きだすよ。再ブレイクでまた彼らの名を多く聞く2014年になりそうだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Sirens & Sailors

モダ~~ンなメタルコアサウンドもここ最近ではありふれているけど、こいつらはセンスが良い。展開も多めで飽きない。結構前からやっているバンドだけあってスタイルが確立されてるね、今年こそ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Myka, Relocate

知らなかったのが恥ずかしい。もう結構な知名度があるんだよね。爽やかだな~。featも豪華、爆発する日も近いか。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Redeem/Revive

中世やヨーロッパを彷彿とさせる世界観がここ最近のトレンドなのか?


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Honour Crest

Riseは本当にすごいな。よくも次々とこんなバンドを見つけてくるもんだ。TDWPを連想してしまった。チャラさのない硬派なエレクトロが最近は好み。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

いや~~~軽くチェックしただけで、出てくる出てくるヤバいバンドたち。すでにある程度の知名度があるバンドもいるけど、あなた好みのバンドはいたかな?

引き続き、正月中にもっともっとサーチしまくって、ヤバいバンド見つけるぜ!

それから、あなたの「2014年このバンドチェックしとけ」っていうのも教えてね。「そんな暇ない」って?!そんなこと言わず、たったの5分で済むからさ。ね、ちょっとだけ付き合ってくれ~ぃ。下記に簡単なアンケートフォーム用意したからパチパチと打ってね。あなたから届くの、僕は楽しみに待ってる!ありがとう。

ジャスティン・フィーバーって知ってる?(リップオフ大特集)

「ビルボード常連のあいつ、」

「アイドルだよ、なんて言ったっけな?」

「ジャスティン・フィーバー?」

ちがうちがう、

「ジャスティン・ビーバーだよ。」

Justin Bieber

「このデザインはジャスティンがフィーバーしてるけどね!」

そんな会話も楽しめるリップオフ作品。

ジャスティン・ビーバーにかなりの悪意があるデザイン。

  
このデザインなんて完全に悪意があるね(笑)

ビルボード常連のイケメン・アイドルなんて
「クソ喰らえ!」ってね!

そんな最高のデザインを届けてくれたバンドがこいつら!

Ice Nine Kills

動画が見れない場合はここをクリック

かっこいいバンドでしょ?

メジャーのアーティストのカバーなども結構やっているから
もしかしたら敬意をはらってのリップオフ作品かもしれないね(笑)

ジャスティン・をリップオフしたバンド以外にも、

今回の新しく追加したリップオフ作品、
ポジ初登場のバンドも結構いるよ!

一緒にみていこう!

A Hero A Fake

動画が見れない場合はここをクリック

リップオフ作品はNBAチーム、シアトルホーネッツのデザイン。
NBA好きにもアピールしてA Hero A Fakeを広めよう!




そして、メジャー級のポップサウンド、心地良いサウンドが素敵な
Phone Calls From Home。


動画が見れない場合はここをクリック

誰もが知るアベンジャーズデザイン。

ヒーローたちの顔がメンバーになっている!!!
プリントのタッチは写真並みのリアル感が無駄に素敵(笑)




City In The Sea

動画が見れない場合はここをクリック

このバンドは何とムービースターであるラッパー、
ウィル・スミスのデザイン、若かれしウィルの写真がハイセンスだ!




ポップパンクを中心に活躍するバンドが所属する今人気の
レーベル、Pure Noise Recordsからは、
このヒップホップ・レコードレーベルのデザインだ~~!

ヒップホップも聴くあなたならこのデザインのやばさ
わかるよね?

ヒップホップつながりで2パックを落とし込んだデザイン。

イケイケのBガールにもアピールできるブツですな!

こんなハイセンスデザインをやってのけたのは
This Or The Apocalypseというやばいバンド。

ビデオのセンスも抜群だ!


動画が見れない場合はここをクリック




続いては、Nothing Til Bloodというハードコアバンド。


動画が見れない場合はここをクリック

サウンドとリンクして可愛いマリオが仕上がっています。




ハードコアつながりでフェイスダウンの注目バンド、Dynasty。


動画が見れない場合はここをクリック

デザインは何とあのストリートブランド10 DEEPの

このステッカーデザイン(↑)を使用したTシャツ。
ストリートなデザインがやばいっす!




これら以外にも、ジュラシックパーク、シュワルツネッガー、タートルズ、
ケンタッキーのカーネル・サンダース、オズの魔法使い、スパルタンX、ミッキーハンド、
バック・トゥ・ザ・フューチャー、ウォーキングデッド、ソニック・ヘッジホッグ、
ストリートファイター、ダースベイダー、

などなどのリップオフ作品、新作が多数登場しています。

今すぐ、下記の画像をクリックして
チェックしてみてね。

今回はスペシャルな特典もあるから急いでチェックだ~。

河内野

追伸:

ジャスティン・ビーバーってどんな音楽なのか初めて知った。


動画が見れない場合はここをクリック

サウンドはよくわからん(笑)
フィーチャリングは豪華だな~。

ラップばっかりじゃなくデスコアバンドとのコラボを希望します(笑)

しかしイケメンだ…「ちっきしょょょょょょょょょょょょょょょ!」

リップオフ作品ページはここをクリック!