Convergeの最新アルバムJane Liveのデザインに携わった5人のアーティストとは?

昨日のコーデブログでさちょこっとだけ、ConvergeのJane Liveの話したじゃん?それに対してこんな声が届いたんだよね。

ConvergeのJane Liveってライブアルバムなんですね!このデザイン最高に好きなんですがLP5種のデザインって全てジェイコブのデザインなんですか?ポスターとかグッズは販売されますか?楽しみにしてま~す!Convergeマニアより。

そうなんですよ、ライブアルバムなんですよね!2016年の4月に行われた1晩限りのJane Doe 再現ライブが行われたわけ、そのライブを収録したのが3月発売のJane Liveってことだね!

ティーザーを見てわかるとおり、ライブとは言っても最高のサウンドで録音されているから安心だね、新しい曲ではないけどさハードコアの歴史を語る上で絶対に名の挙がる神盤じゃない!マニアなら絶対に買いだよね!当然僕もCDとLP購入するぜ!

Converge “Jane Live” Video Teaser

サウンドはもちろん、アルバムジャケットを含めトータルで完成した最強のアルバム、ブログでも何度も何度も語ってきたからさ、もうご存知だろうけど、本当に歴史的名盤だよね。

LP5種のデザインって全てジェイコブのデザインなんですか?
これが実は色々なアーティストが手がけてるんだよね!詳しく説明していくね。

メインになっているこのデザインは ASHLEY ROSE COUTUREというデザイナーが手がけたデザイン。

Converge

グラフィックでデザインされているのかと思いきや立体的で作成されている、手の込んだ作品、ASHLEYさんは若干だがXのToshiに似ているような……

CONVERGE

実はこのASHLEYさんはすごい方でファッションのデザイナー、有名なコレクションにも参加するアーティスト、Converge同様ボストンで活躍しているってことから今回のコラボ作品が完成したのかは不明だ。

Ashley Rose Couture Fashion Show Merge Arts Boston at Venu nightclub

アングラで暗黒でゴシックで美しい、惹かれるものがあるよね、今回のJane Liveのデザインのやばさも納得である。

Jane Doe

このデザインは、RANDY ORTIZによるもの、RANDYさんはエンピツにこだわった絵を作成するアーティスト。人物画から動物、暗黒なデザインから前衛的なアート作品などなど、中でも僕語のみなのは下記の作品。精神的にやばい作品も多かった、Dethwishに在籍するバンドにもばっちりはまりそうなデザインが多かった、今後も注目していきたいアーティストだ!

Jane Live




コンバージ

このデザインは FLORIAN BERTMER作、どこか優しく暖かいイメージかと思いきやスカルなどが見え隠れする暗黒なデザイン。彼のインスタやネットショップをたどってみると過去にもConverge作品を手がけていることがわかった。Tシャツにもなっているデザインだよね!

コンヴァージ

さらにFACTのジャケットも手がけていたのだ。どういう経緯で FLORIAN BERTMERと接点を持ったのかが気になる。

Fact




ジェーン

5種のデザインの中でも最も色鮮やかな作品、このデザインはJOHN DYER BAIZLEY作、この名前はぼくたち激おと好きならお馴染みのアーティストだよね!そう、BaronessやDarkest Hour、Skeleton Witch、Kylesa、Pig Destroyer,、などなど野路やケットを手がける売れっ子、パスヘッドの遺伝子を受け継ぎ美しさをプラスさせたオリジナルなセンスが光る大好きなデザイナーだ。

BaronessやDarkest Hour、Skeleton Witch、Kylesa、Pig Destroyer,

Baroness – Red Album Speedpainting




THOMAS HOOPER

切り絵のような、幾何学的な模様とJane Doeが絡まった繊細なデザインを手がけるのはTHOMAS HOOPERというアーティスト。TATTOOアーティストでありながらBMXのライダーでもある、TATTOOのデザインも模様にこだわったデザインが多く、彼もまた独自な世界感を持つアーティストである。

Inspired By BMX – Tom Hooper – Tattoo Artist – DIG ALUMNI Ep.1

THOMAS HOOPERが手がけたこのデザインも超絶にイケてる!

THOMAS HOOPER




このように5種のデザインは最高なアーティストによって作成されたようだ、しかし最終的にはジェイコブの手直しがあって完成したそうなので最終的にはジェイコブデザインと言っても過言ではない、どのデザインのLPも手に入れたかったがプレオーダーの時点でも既に売り切れ、悲しすぎるぜ!

ポスター等は手に入るようだが1枚1万円以上する高価なものばかり、取り扱いは控えておく、どうしても欲しいあなたは連絡くれれば取り寄せるからね。

そしてやはりマーチだよね、はい、新作マーチ発売されます!毎度のことながらJane Liveの発売を記念してイベントを開催するぜ!

CON172100471
Convergeの最新アイテムはこちら

CON172100474

説明不要、カオティックハードコアのトップに君臨し続けるConvergeのアイテムは間違いないってことで、本物を見極めるあなたからのお申し込み楽しみにしてます!

Convergeの最新アイテムはこちら

【Posi散歩】PolyphiaのMA-1装着でConvergeのJaneちゃんを撮影してきた!

Polyphia

来週はいよいよバレンタイン、チョコをもらえる予定も、デートする予定もないが最高にイケてるPolyphiaボンバージャケットがいち早く届いたので早速装着して散歩してきた。

よく見かける風景だが今回は即納アイテムの撮影に来たのだ、そのついでにこの最強なPolyphiaボンバージャケットを紹介していくぜ!

今回はPolyphiaボンバージャケット(Lサイズ)ヘザーグレーのMadballプルオーバー(Lサイズ)とブラックのパンツ(33インチ)を装着、チラリと見えるオレンジが素敵でしょ?

ポリフィア

想像していたとおりアームホール(腕周り)、身幅は大きめ、丈は短め、僕が望んでいたシルエットだったのはマジ嬉しい、これが本当のボンバージャケット(MA-1)である!

タフで硬派なMA-1にこのアートなデザインが最高なんですよね!これは予想を超えて良かった部分、Tシャツやパーカーなどとは違う生地だからさ、このアートなプリントの劣化が心配だったんだけど、このプリントが予想以上にしっかりしている、何度着用しようが擦れ用がプリントが剥がれることはないだろう、そんな安心感あるプリントだった。

この丈感がたまらない、パーカーとのレイヤード、さらにシャツを腰巻にして2段階のレイヤードでスタイリングしてみた。




170209009

今回のコーデの他にオールブラックで決めたり、ライトブルーなデニムに合わせてカジュアルに決めたり、カーキのアイテムともバッチリハマった、なんといってもやはりレイヤードが楽しめるところ、腕周りの太さのシルエットが本当に素晴らしい。

ここに来た目的は即納アイテム、ガンガンアップしていくからお楽しみに!!バレンタインは全く予定ないから僕はデートする相手を見つけたんだ。その名はジェーンちゃんww思わずチューしてしまうほどに美しいが関わると危険な女性でもある!外人の彼女だ!

※ぼく完全にやばいヤツですね!

Converge

このアイテムも即納にアップする予定だったけど既に注文が入ってしまった、ファンにはたまらないアイテムだよね!とにかくでかい!!

Convergeのフラッグは7種持っているけどやっぱりこのJane DoeちゃんがN0.1、神盤だもんね!そういえばJane Doeの一夜限りの再現ライヴを収録したライヴアルバムJane Liveが3月に発売だよね!間違いなく購入するんだけどさ、このデザインのフラッグも販売してほしい!その他のグッズも楽しみだ。

Converge “Jane Live” Video Teaser

Jane LiveのLPは5種のジャケットが用意されたようだ、下記の4デザインのLPはプレオーダーなのに既に売り切れ完全に買い逃した!!!!プレオーダーであろうが生産数を極端に増やさないスタイル、これまたConvergeアイテムがレアになるわけだ!
コンヴァージ

ConvergeのJacob によるプロジェクトWear Your Woundsが新曲 を公開したね!4/7にからリリースされるデビューアルバム「WYW」も楽しみだ!

Wear Your Wounds “Wear Your Wounds” Official Video

フラッグ以外にもグッズたちの撮影は無事完了したから散歩して帰宅、それにしても今日は寒い!!関東は雪が降っているようだ!風邪には気をつけてね!

今回紹介したPolyphiaボンバージャケット次回の再販売はないかもよ!早めに手に入れておいてね!

Polyphia/ポリフィアのボンバージャケットはこちら

そうそう、Polyphia以外にもThe Acacia Strainもボンバージャケットの販売が開始されたのは知ってる?こっちは完全限定品

The Acacia Strain/アカシア・ストレイン - Bastard Crew ボンバージャケット

こちらもお見逃しなく!!

The Acacia Strainのボンバージャケットはこちら

アカシア・ストレインの木製ネックレスを装着して田辺城公園に行ってきた!

アカシア・ストレインの木製ネックレスを装着し、田辺城公園に行ってきた。

ご立派な門がお出迎え。

出っ張った部分はなぜかつかみたくなる。

人間の習性です。

門をくぐると公園が広がる。
田辺城跡なのでお城はありません。

まだまだこちら舞鶴では桜が乱れております!
散る桜も美しい。

資料館もあるようなので早速突入してみよう。

昔ながらの資料が満載。

資料館で一番輝いていたのは…

細川 幽斎(ほそかわ ゆうさい)さんの像。
近世歌学を大成させた当代一流の歌人なんです!

バンドマンは手を合わせておいたほうがよいかもね(笑)。

ウィキペディアによると、

細川 幽斎 / 細川 藤孝(ほそかわ ゆうさい / ほそかわ ふじたか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名、歌人。号は幽斎玄旨。一般に俗名の藤孝(ふじたか)で知られる。また一時期、領地の長岡を名字としていたことから長岡 藤孝(ながおか ふじたか)ともいった。

足利将軍家の連枝・三淵氏の生まれ。奉公衆・三淵晴員の次男で、母は儒学・国学者の清原宣賢の娘・智慶院。晴員の実兄の和泉半国守護・細川元常の養子となった。
初め13代将軍・足利義輝に仕え、その死後は15代将軍・足利義昭の擁立に尽力するが、後に織田信長に従い丹後宮津11万石の大名となる。後に豊臣秀吉、徳川家康に仕えて重用され、近世大名・肥後細川氏の祖となった。

また藤原定家の歌道を受け継ぐ二条流の歌道伝承者三条西実枝から古今伝授を受け、近世歌学を大成させた当代一流の文化人でもあった。

鎧もある。

鎧や甲冑を見ているとWinds of Plagueを思い出してしまうのは
僕だけじゃないはず。

Winds of Plague

昔の町並みを再現。

この時代に生まれていれば忍者になりたい。

結構リアルに作られているから見ていて楽しい。

店長、この時代にタイムスリップしてみました。

店長を探せ~~!

「どこにいるかわかる?」

資料館を出まして公園を探索しよう。

ここから敵を狙っていたんだな。

外側から見たらここ。

公園中央で休憩。

あとひとつ資料館があるようです。

今日愛用しているのは、ディスタービア・クロージングのラグランシャツ。
Lサイズを愛用してます。(店長:173cm、70kg)

7部丈なんだけど、僕は少し腕が短いようで9部丈になってますww
(腕周りアームホールが少し細めでスリムな着こなしにも向いてますよ。)

ラグランシャツは1枚でも2トーンの配色になるのでおしゃれに見える。

丈の短さはラバーリストバンドなどをしっかり見せてくれるところがグッド。

パープルがメインのカラーになっているから、
スニーカーもパープルでコーデ。

ディスタービアはなんせ生地が良い。

一度体験してほしいな。

シャツ一枚でのコーデが増えるこれからの季節、
仲間との差をつけるのは何と言ってもアクセだ。

ラバーリストバンドもありだけど、ネックレスもありでしょ。

アカシア・ストレインの木製ネックレスで~す。

GOOD WOODという木で作ったネックレス、少し前からはやってるね。

まさかバンドグッズで木製ネックレスが登場するとはね。いやぁ、びっくりした。

アカシア・ストレイン以外にもこれからいっぱい登場しそうだ。

逆十字架の暗黒デザイン。
サイド部分にはバンドロゴ。こだわってます。

これからの季節はネックレスでさらにコーデに磨きをかけようね。

もうひとつの資料館へGO。

マジックで描かれた「城」がシュール。

一階には絵が飾られており、その中でも鬼との宴のこの絵が気に入った。

二階に上がってみよう。

木の壁、木の床、木の階段、将来はおしゃれな家じゃなく
日本家屋に住んでみたい!

2階にはお城跡のミニチュアや桜の写真などが展示。

ここでお茶会をしたい(笑)。

2階から舞鶴の景色を堪能。

結局は入り口のこの門が一番迫力あってよかった。

次回はどこに行こうかなぁ。

さてさて、「元気出していきましょう!」ってことで、
エナジードリンク!

キャッチフレーズは、「燃えるココロに火をつけろ!」

日本コカコーラ社から発売の「burn]ミックスベリー味だ。

缶コーヒーのファイヤーとかぶっているような気もするけど、
グッドなデザイン。

鮮やかなベリー色、味はファンタグレープに
デカビタCをあわせたような….

持続系サポート
BCAA・リボース配合

飲みやすい度数:★★★★☆(星4)
元気が出る度数:★★★☆☆(星3)

飲んでから5時間後の真夜中、いつもなら眠くなる時間も
少し体力に余裕があるような、ないような。

何度か飲んで試してみま~す!

飲みやすさは上級でした。

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【GW特集】ゴールデンウィークのお出かけバンドファッションは Rise Records がお勧め

rise records logo

最先端のバンドファッションをチェックしてきたけど、やっぱりサウンドも最先端を行っているバンドが「シャレオツだ!」ってことだよね。

毎年数多くのバンド、レーベルが生まれているけど、常に流行を生み出して影響を与え続けているのはRise Records。Rise Recordsに所属すればほぼ話題になる、人気が出る。でもレーベル効果だけではなく、契約を交わすレーベル側のセンスも良いってことだよね。

初期はある程度予測できるバンドと契約を交わしてきたけど、ここ最近では激音のいろんなジャンルのバンドを輩出している。最先端を常にキープして僕たちに激音を届けてくれる。

そんな偉大なRise Recordsから今新作ビデオが続々と登場してます。
きょうは一緒に逃さずチェックしていこう。

最先端を行くバンドのファッション、スタイルにも注目です。

Woe, Is Me – A Story To Tell


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:139,966

Of Machinesの元ドラマーであるオースティンを中心に結成されたWoe, Is Meだけど、すでにOf Machinesを軽く超えてしまうほど人気。アルバムも飽きないんだよね。クリーンパートも激しいパートも頭からこべり付いて離れない。


Issues – Princeton Ave


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:251,861

元WOE, IS MEのメンバーによるニュー・バンドで、ポジでもじわじわ人気が出てきているバンド。RISEのお騒がせバンドWOE, IS MEみたくあまりメンバーチェンジは避けてほしいな。期待を裏切らないサウンドだからこのまま長~~く続けてほしい(笑)。


Misser – Goddamn, Salad Days


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:7,090

今一番新しいRISEのバンド。インディーロック、エモ、大人な渋めのポップパンク、ここ最近RISEも力入れてるジャンルだね。90年代後半の男らしい、インディーロック、エモ好きは反応してしまうサウンド。

二日前に公開されての7000の再生回数、期待度もでかいバンドだ。


The Plot In You – Fiction Religion


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:75,028

Before Their Eyesのメンバーも含む注目のバンド。とにかくメロディーが極上すぎるんだよね。ボーカルのイカレ具合もかっこいい。歌詞や曲名も結構残虐的。だから結構コアなファンにも人気なバンドだ。


Transit – Weathered Souls


動画が見れない場合はここをクリック

RISEと契約した時はビックリだったんだけど、今となってはRISEにとって欠かせないバンド。メロディックパンク、ポップパンク、エモ、インディーロックファンはもう堪らないサウンド。激しいRiseバンド好むあなたは、中休みにはぜひTransitを!

あ~癒される~。

バンド全体を包み込むオシャレな空気感、なかなか出せないよ。


The Color Morale – Smoke and Mirrors


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:40,937

海外では相当な人気なんだけど、イマイチ、日本では話題に上がってこないね~。(僕の周りだけかな?)こんなかっこいいのに…..けどグッズは人気なんだよね(笑)。

もともと叙情ニュースクールから最先端のスクリーモ、メタルコアに派生したサウンドだから叙情ニュースクールファンにも人気なバンド。こっち系のRISEバンドは緩急の展開がほんと得意。


Face To Face – Bright Lights Go Down


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:18,220

マジで!

目を疑っちゃいました。あのメロディックハードコアの大御所Face To Faceだよ。まさかRISEから音源が発売される日が来るとは!!!RISEセンスいいよな~。Face To Faceだよ。

ベテランが出すサウンドは安定感抜群。メタルコア、スクリーモしか効かない方はぜひ聞いてほしい。若いキッズがFace To Faceグッズ着用してたら絶対二度見してしまう(笑)。

マッシュアップ/リミックスユニットThe Legion of Doomもやっていたからけっこうスクリーモ系にも繋がりがあるのかもしれないね。


動画が見れない場合はここをクリック


Thick As Blood – Diente Por Diente


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:19,984 回再生

Thick As Blood!!!

こういった硬派のモッシュコア、ハードコアバンドがいるのもRISEの魅力です。This Is HellもRiseだよね。


Man Overboard – White Lies


動画が見れない場合はここをクリック

来月発売のアルバムも楽しみなMan Overboard。クラシックなエモサウンドと現代のポップパンクサウンドをうまく調合したMan Overboard、人気爆発中だよね。こちらのバンドもオシャレな空気感をうまく出している。

メンバーもシャレオツだし、ジャケットのセンスもグッド。勿論、グッズもハイセンス。


Poison The Well – Botchla


動画が見れない場合はここをクリック

フロリダの伝説ニュースクーラーPoison The WellもRISEなんだよね。新譜はぜひ初期、中期のころのサウンドで!


RISE、そうそうたるメンツでしょう。
ダサい二番煎じのバンドなんて一つもいない。

激音の流行を生み出している最高のレーベルだ。

Sharks
Crown The Empire
Legend
Dave Hause
The Jealous Sound
Bleach Blonde
Rescuer
Of Mice & Me
Make Do And Mend
Like Moths To Flames
SECRETS
Further Seems Forever
Sleeping With Sirens
Miss May I
Palisades
In Fear And Faith
The Acacia Strain
The Early November
Bouncing Souls
I Am King
Hands Like Houses
Hot Water Music
American Me
Ghost Runner On Third
Your Demise
MSWHITE

このメンツを見たらRise Recordsがとんでもないレーベルだってのがわかるでしょう。
これ以外にもまだまだいるけどね。

激音にも色々なジャンルが存在するけど、特定のジャンルにこだわるあなただって
きっとRise Recordsに好きなバンドが一組はいるはず。

Sleeping With Sirensの再生回数は中でも驚異的だな。

Sleeping With Sirens – If You Can’t Hang


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:13,022,760

1千万越えって!

最先端を行くRise Recordsの最先端グッズ、
デザインも流石にカッコいいんだよね。

早く見てあなたにびっくりして欲しいので、
今から急ピッチで新作アップします。

河内野

自分のファッションセンスは棚に上げて、バンドファッションを批判する馬鹿野郎

ムカつく。だってその男、ユニクロで全身を固めてるくせに財布だけはグッチなんだよ。理由をきけば、「え、財布と言えばグッチでしょ?」と意味の分からない返事。そんなにグッチが好きだったら、財布だけじゃなく全身をグッチで固めろよ。って、無理か….

でもさ、無理してブランド品を持つ意味あるんかな。金がいくらでもあるセレブだったら分かるんだけど、あいつ、思いっきり一般庶民じゃん。小市民じゃん。

単に「大人はブランド財布」という世間の風潮に従ってるだけで、
こだわりも糞もないんだよ。

そこが、なおさらムカつく!

さらにさらに、昨日そいつに会ったら、
イキナリこんなこと言うんだよ。

「なんかお前のファッション、子供っぽいね!」

「いまから野球するの?(笑)」

「YoYoBボーイみたいだね」

ムキィー!!!!(怒)

俺の自慢のお出かけファッションを
馬鹿にしやがって!!!

こっちは既製品でも、なるべく人と
重ならないアイテムをそろえてるんだよ。

これでも気を使って生きてるんだよ。
こだわりがあるんだよ。

人と同じものばっかり集めて喜んでるあいつとの間に
というか、むしろそういう世間全体と自分の間に、
マリアナ海溝ばりの溝を感じたよ。

あ、ちなみに僕のどんなファッションを
見て笑ったかというとですね、

これ、いつも愛用している
スナップバック・キャップなんです。

2

あいつ、バンドTシャツに対しても否定的なんだけど、
何かこれを書いてて、腹を立ててる自分がアホ臭く思えてきたよ。

このキャップの良さが分からないなんて
むしろ可哀そうじゃん。

意味もわからずブランドものに大枚はたいて
「それが普通」だと思い込んでる奴のことなんて
もう気にしなーい!!!

俺はおじさんになろうが、おじいさんになろうが、
一生、バンドファッションで行くぞー!!!

バンドファッション最高!
キャップ最高!

ついでにキャップを愛用しているミュージシャンの
ビデオを集めたから見てみて~。

超カッコいいよ。

Obey The Brave – Live and Learn


動画が見れない場合はここをクリック

男らしい正統派なキャップのかぶり方、いいね!

Emmure – I Thought You Met Telly and Turned Me Into Casper


動画が見れない場合はここをクリック

やっぱりツバは曲げないほうがいい感じ!

Annotations Of An Autopsy- Stage Breaker


動画が見れない場合はここをクリック

ドラムの前髪チョロリと出す感じもいいね。

Rise of The Northstar – Sound of Wolves


動画が見れない場合はここをクリック

前髪チョロリといえばRONTSだね!スナップバックのアジャスターから出す!

RITSOS – Respectie OU Creve


動画が見れない場合はここをクリック

ちょっと斜めにかぶるのも1周してかっこいいな!

Odessa (UK) – All I Have


動画が見れない場合はここをクリック

パーカーのフードとキャップの相性がいい!

The Acacia Strain – The Impaler


動画が見れない場合はここをクリック

キャップとヒゲあうな~、ヒゲ伸ばそう(笑)

Chunk! No, captain Chunk! – In Friends We Trust


動画が見れない場合はここをクリック

スナップバックが良く登場するのはプールでのMVですよね!

Tyga – Snapbacks Back feat Chris Brown


動画が見れない場合はここをクリック

ヒップホップではスナップバックの曲もあるんだな!

オシャレなミュージシャンは前髪を出して浅くかぶるのに対して
硬派なバンドのミュージシャンはスッポリと深くかぶるよね。

キャップ一つでも多様のかぶり方がありますね。

キャップスタイルはかっこいい!
キャップLOVE!

グッチアホ。

3

河内野