【18年-年間ベスト】「KTさん」が選んだ「最強な10枚」【No.7】

ote7181214002

2018年も残すところ17日長年の功績をたたえて贈られる「殿堂入り」そんなロック版が「ロックの殿堂」、Def Leppardが殿堂入りしたということで今日はDef Leppardで出勤!雪が降りそうで降らない灰色の邪悪な空、そんな空も吹き飛ばしてしまいそうなデフレパードの美しすぎるコーラスワーク!ロックっていいよね!!なんつって!!ノミネートされたアーティストの中にLL Cool Jがいるんだけど、ロックの殿堂って別にロックじゃなくてもいいの?別に良いみたいです・・・・数多くあるジャンルくらいあいまいなんですね!今回届いた「最強の10枚」も色々なジャンルのバンドが登場します!あなたの意識を変えてしまうほどの名盤が必ず1枚はあるはず!


では、いってみよう!!僕たちが選んだ「最強の10枚」スターツです!!




ore10005




ore10006

defeat the giant - things we grab in shatters

1枚目:defeat the giant – things we grab in shatters

Mixed and Mastered by Jay Maas (ex-defeater)、
Artwork by Dave Quiggleって気合い入りすぎ!

defeaterにFacedownでおなじみのDave!!携わっている方が豪華ですね!!!来日経験もある台湾産モダンオールドスクールハードコア!00年代のモダンオールドスクール全盛期を思い出させてくれた一枚!!ハードコアからメロディック好きまで聴かなくちゃいけない名作!








rolo tomassi - time will die and love will bury it

2枚目:Rolo tomassi – time will die and love will bury it

2.aftermath → 3.rituals最高!

多くのメディアが絶賛しているアルバムですよね!ヤッベーアングラバンドがウジャウジャいるholyroarRecordsからrolo tomassi、英国はシェフィールド産、スペーシーでアンビエントなエレクトロ、美しいEVA嬢の声、MVにもなっている「aftermath」であるそして違う曲を聴くとEVA嬢は狂ったように叫び散らしクリーンも歌う、次世代のヘヴィーロックを牽引していくほどポテンシャルを感じさせる一枚だった!









fiddlehead - springtime and blind

3枚目:fiddlehead – springtime and blind

Pat(ex-Have Heart)、Alex(Basement)ってだけでもう!

さらにVerseにIntent、と、と、とんでもないメンツですね( ;∀;)DCエモ、インディーロック、メロディックを連想させる荒々しく骨太で、乾いた空気感、渋めのオルタナロックサウンドが好きなら間違いないね!にしてもここまですごいメントなのは知りませんでした・・・・・










world demise - s/t ep 2018

4枚目:world demise – s/t ep 2018

The Forgotten Ones 2018年度、最強の名曲第2位。

Suburban Scum、Mongoloidsなどのメンバーからなるこちらも最強な布陣のニュージャージーハードコアWORLD DEMISE、Suburban Scumの新譜?と言いてもわからないほどSuburban Scumなメタリックでモッシーな作品!とてつもなくレベルが高いんで僕の周りでも比較的、名前を聴いたハードコアバンドである!










blind justice - no matter the cost

5枚目:blind justice – no matter the cost

world demiseといいNew jerseyアツい!

Flatspot Records、ニュージャージーやばいですね!!ハードコアリリースの中では確実に5本の指に入る一枚!オールドスクールの様式美にグルーブをプラス!まさにパーフェクトいっても過言ではない現行のハードコアのなかでも群をぬいてイケてるヤツらである!










the interrupters - fight the good fight

6枚目:The Interrupters – fight the good fight

She’s Kerosene 2018年度、最強の名曲第3位。

これはまじで名盤ですよね!ランシドの名作たちと肩を並べるくらいのパーフェクトなアルバム、「捨て曲なし!」じゃなくすべてが名曲、夏前に発売して夏真っただ中に入手しどんだけ聴いたことか!!聴いた回数では一番かもしれない!そして毎年必ず聴くであろう、すでにクラシックなアルバムである!










living with lions - island

7枚目:living with lions – island

来日切望!

いや~~前作から長かった、「HOLY SHIT」から7年!僕もとても楽しみにしていた作品、カナディアンポップパンクliving with lions の island、2年の月日を費やし造られた力作、ポップパンク好きの中ではあまり話題にならなかったんだけど今年のポップパンクの中でも5本の指に入るんじゃないかと、CBKで活躍したメンバーが現在のメンバーっていうのも僕的に大きなポイント!!










pig destroyer - head cage

8枚目:Pig Destroyer – head cage

今までと少し違うPD。良い

こちらも、久々6年ぶりとなるニュー・アルバム「head cage」結構賛否両論でしたよね!サウンドには厚みが増しおなじみのザックザクのメタリックでスラッシーなリフは健在、以前ほどにスピード感は感じれなくなったし生々しさもちょっと減ってしまったがその分ヘヴィーに重たくグルーヴ感も増して僕は超好みな音源!毎回ジャケットが楽しみなバンドでもあるんですが今回もイケてますよね~!









castaway - paint it

9枚目:Castaway – Paint it

sway、初の日本語歌詞良い。

日本のポップパンクシーンにおいて、最重要のバンドswayも全く違和感なかったです!多幸感あふれるサウンド、やはりストレートなポップパンクっていいよね!と思わせてくれた一枚!RainとFloat Awayが特に好き、Float AwayにはなんとKnuckle packのJoeが参加と豪華な曲、ブレイクは間違いなしだね!








drug church - cheer

10枚目:Drug Church – cheer

曲もartworkもヤバめ。

ニューヨーク産オルタナパンクバンド!オルタナとグランジ、インディー・ロックさらにはハードコアなどもクロスオーバーさせたサウンドはTurnstileなどのオルタナ色を強めたハードコア好きもハマる一枚!各メディアでも絶賛されているのをよく見る一枚!日本ではどうなのかわからないが、オルタナ、グランジ、パンク、DC産エモコアすべて大好きな僕にはたまらない一枚でした!












ore10007

Living With Lions – Island

living with lions - island








palm - scapegoat

Palm – Scapegoat








ore10009

Drug Church – unlicensed hall monitor








ore10010
Harm’s Way – posthuman

harm's way - posthuman








ore10011
Amenra – tripod コーチジャケット・胸ワンポイント刺繍
コーチジャケット画像が見当たりませんでした、来日公演で購入されたんですか?
amenra - tripod



jesus piece
/ hate5six 来日で盛り上がっているので、追加してほしいアンケート項目「今年一番好きなlive映像」なんてどうですか?




「今年一番好きなlive映像」いいですね~~!!今年はちょっと厳しいので来年2019年度では必ず!!!!

KTさんのN0.1に輝いたのはLiving With Lions の Island 、納得の一枚でした。それにしてもバラエティーに富んだ10枚、僕の10枚に入れる予定のバンドもちらほら、それもまたうれしかったです!一番びっくりだったのはrolo tomassi 、そこまで話題になっていなんですがやばいですよね!やはり2.aftermath → 3.ritualsこの流れ最高です!18年度の名曲にはPalmのscapegoat、今年一のパンチライン「腐りきった肉の塊 おまえに言ってんだよ カス!!」これには僕もやられちゃいました!18年度最強MVにはdrug church の unlicensed hall monitor、リリックを理解してみるとさらに良きMVになりますね!ジャケット大賞にはHarm’s Way の posthuman、サウンドからは想像できない現代アートな作品でした、記憶に残る顔面結晶デザイン!マーチはちょっと見つからなかったんでアイコンだけで・・・今回も楽しませていただきました!



KTさん最高の10枚ありがとう!





引き続きあなたからの2018年度「最強な10枚」募集中です!




【18年-年間ベスト】「タッシーさん」が選んだ「最強な10枚」【No.4】

今年の10枚

2018年も残すところ21日、本日もすこぶる寒い!!トップスはいっぱい着用すればいいけどパッチをはくとスキニーがパツンパツンで・・・そういえばグラミー賞2019にノミネートされたアーティストが発表されたね!Best Metal Performance部門ではBetween The Buried And MeDeafheaven、High On Fire、Trivium そして意外だったのがUnderoathだね!8年ぶりニュー・アルバムは賛否両論だったけどこうやってノミネートされるのを見ると「さすが!」と言わざるを得ないね!はたして「18年度最強の10枚」にUnderoathのERASE MEを入れる人はいるのかも気になりますね!


では、「最強な10枚」今日もいっちゃいましょう!4発目は「タッシー」さん!


ore10005





ore10006



Glass Hands - DIVE

1枚目:Glass Hands – DIVE


インディアナ産のポストハードコバンドGlass Handsの待望のアルバム「DIVE」が一枚目に登場!個人的にはFIT FOR A KINGを連想させるサウンドだけど引けを取らないハイクオリティーなアグレッシブな楽器隊、時にテクニカル、極上のシャウトからの至極の歌メロ、ヘヴィーなブレイクダウンから悶絶の歌メロへと進むStruggle to Sleepが大好きな一曲です!










Windwalkers - The Lost Boys

2枚目:Windwalkers – The Lost Boys

アメリカ合衆国マサチューセッツ州中央部に位置するウースター産、トリプルギターの6人組ポストハードコアバンドWindwalkers の 「The Lost Boys」が2枚目に登場!ウースターでのミュージックアワードでは賞を取るほどの実力の持ち主、テクニカルにあっグレッシブに、そしてキャッチーなサビはとても印象に残る、00年代のスクリーモバンドのサウンドを連想させる部分もありながら最新の独自のポストハードコアサウンドを奏でる、時折入る電子音やストリングスの味付けも効果的、好みのバンドである!全く知らなかったのでうれしい発見!タッシーさんありがとう( ;∀;)







Falsifier - World Demise

3枚目:Falsifier – World Demise

カナダ・オンタリオ州南西部のエセックス郡にある都市ウィンザー産Artery Recordings所属の4ピース、デスコアバンド、Falsifier の 「World Demise」が3枚目に登場! 2014年に結成とは思えないハイクオリティーな極悪ダウンチューンサウンド、骨を粉砕してしまいそうな邪悪でヘヴィーなリフ、憎悪に満ち溢れたスクリーム、ダウンチューン、ダウンテンポなヘヴィーなハードコア、デスコア好き、The Acasia Strain好きにはドンピシャなバンド!これまた全く知らなかったバンド、スネイクの光沢がどこかゴージャス感を生み出す、そんなジャケットワークも最高です!マーチも探してみま~す!







Landmvrks - Fantasy

4枚目:Landmvrks – Fantasy

来年にはポジでも人気のPOLARISとともに来日するおフランス出身ARISING EMPIRE所属の4人組、ポストハードコアバンドLandmvrks の 「Fantasy」が4枚目に登場!美しくテクニカルなギターワーク、高音よりのシャウト、スクリーム、ラップ調のボーカル、キャッチだったり、感情揺さぶる叙情的だったり、ブレイクダウンしたりと多くの表情を持つ程よいプログレッシブ感、いろんな展開があるがしっかりそれぞれが計算されつくりこまれ、全くの違和感を感じさせないのが素晴らしい!このバンドも一気にファンになっちゃいました(^_-)-☆







The True Blue - Somewhere I Go Often

5枚目:The True Blue – Somewhere I Go Often

5枚目に登場したのはThe True Blue というバンドのEP 「Somewhere I Go Often」、ポスト・ロックになるのかな、ミシガン産4人組、柔らかく、景色が浮かぶサウンド、まさにサウンドスケープ、幸福感を感じますね!繊細なパーカッションとシンセ音がパワフルであり優しいボーカルの声を包む!ん~心地よく優しい・・・・他の音源も漁っていこう!はい!!すでにファンになってしまった自分がいますwww海外の音楽サイトでも18年のベストに選ばれていた、今後人気が爆発するかもしれませんね!








LOYALS - LOYALS

6枚目:LOYALS – LOYALS

6枚目には夏の最強ソングのアンケートでもタッシーさんが選んでいたTooth & Nail所属のLOYALS のアルバム「LOYALS」タッシーさんに教えていただき僕もしっかり購入し良く聴く一枚!シンセポップ、R&B、オルタナティブロックの要素を融合して、キャッチーに仕上げている。心地よくも都会的であり温かみあるインディーポップサウンド、R&B要素を取り入れたバンドが好きなら間違いないでしょう!寒い朝のリビングで熱いコーヒー飲みながら聴きたい!








Normandie - White Flag

7枚目:Normandie – White Flag

前作「Inguz」のマーチはポジでも大人気だったのを記憶している、スウェーデンの4人組のNormandieから、「White Flag」が7枚目に登場!多種多様なサウンドを取り込んだポストハードコアというイメージだったが新しいアルバムでは、よりオルタナロック色強めに相変わらずの曲の質が高く、気づくか気づかないかくらいの程よい演出、耳に残るグッドメロディがやはり彼らの強みかと、前作よりもよりストレートなロックサウンドへ!想像以上にブレイクしそうな予感がしますね!








Write Home - Overgrown

8枚目:Write Home – Overgrown

カナダはオンタリオ州オタワ産、Of Burning Empireのメンバーが結成した、VesuviusがWrite Homeに改名しドロップされたEP「Overgrown」が8枚目に登場!Of Burning Empireからは想像できない、先ほどのNormandieに近い、さわやかなオルタナロックサウンド、とにかくメロディーの良さが際立っている名盤である!Gloss&Bloomの叙情的なギターフレーズからの極上なメロのサビ、大好きな曲である!フルアルバムが本当に楽しみなバンドである!








Founding Neverland - Founding Neverland

9枚目:Founding Neverland – Founding Neverland


フィンランドの都市ユヴァスキュラ産、Founding Neverland の「Founding Neverland」が9枚目に登場!魅力的なポップフックとモダンなサウンドスケープを融合させた独自のオルタナロックサウンド!伸びやかなボーカル、フィンランド産だからこその独自の美しくも力強いメロディーライン、近年オルタナ化が進むシーン、その中でも独自の世界観を見せつけてくれた一枚!ほんのりだが、コアな部分が見え隠れする味付けも見事です!








INLIGHTS - Do It Yourself

10枚目:INLIGHTS – Do It Yourself

ワシントンはシアトル産3ピースのポップパンクバンド、INLIGHTS のアルバム「Do It Yourself」が10枚目、全く生も知らなかったバンド、力強く、キャッチーで、グッドメロディー、イージーコアな部分が1曲目に感じれるが、それ以降は美メロなロックサウンドが続く、疾走する系ではなくじっくりと聴かせるミドルテンポのポップサウンド、今後、注目のバンド、All Time Law やHit The Lights好きなら間違いないね!








ore10007

Write Home - Overgrown







ore10008

Vaines – Feelingdown







ore10009

Breathe Atlantis – Cold

この曲やばくね?名曲を超えた神曲だ!







ore10010
Noija – Colorblind

Noija - Colorblind







ore10011

capture







タッシーさん、最高10枚ありがとう!

No.1に輝いたWrite Homeやその他アルバムもていないアルバムたくさんあったんで購入リストに加えました!18年度一番好きな「ミュージックビデオ」で登場したBreathe Atlantis – Cold、映像としても最高でしたが、曲に惚れてしまいました。サビのメロ、これは神曲です!!!ジャケットはNoija の Colorblindということで17年度と同じですね!それくらい大好きなジャケットなのでしょう!そしてマーチはCapture、程よく緩いスカルと袖に入ったバンドロゴ、ハイセンスな一枚ですね!!ありがとうございました!




引き続きあなたからの2018年度「最強な10枚」募集中です!




ペヤングの新商品「超超超大盛GIGAMAX」より豪華なテラーのニューアルバムレコーディングゲスト達

RR18525018

このうだる暑さ、若いころは意識しなくても普通に生活しているだけでヤセていくが迫っているのだが、やはり努力しなければ痩せない、


体重計が壊れて以来自分の体重を把握せず数年がたっている、ここ最近よく言われる、「太った?」わかってはいるが現実から目を背け毎日ライスは必ずオカワリ、このままではヤバイ、そう思い仕事終わりに電気屋さんに行き最新の体重計で体重を図る、


67キロだった体重は74キロまで増量、7キロも増量していたわけだ、細身のパンツはパッツンパッツンだし、何よりポッコリお腹問題が・・・・このままではヤバイ、そう思うも大好物のペヤング大盛りをほおばる5月の終わり・・・


そして目にした衝撃のニュース、

ペヤングの新商品「超超超大盛GIGAMAX」発売!

ペヤング

関東地方で6月18日から、関東以外では7月9日から発売。価格は410円前後、普通サイズの約4倍2142kcal、これは完全にデブの元、超危険ジャンクフードである!!でも一回買ってみますww

何事もチャレンジだからね!!と言い訳をしてみた。


名前の通り、メガでもなくギガマックスなゴージャスである、ゴージャスといえば、先日ベースパートの録音が終わった、ハードコアの代名詞、TERROR/テラーがインスタにアップした最新情報、これがギガマックスにゴージャスな写真であった!

ハードコアオールスター

ギャングスタたちの集会か?ではなく、ハードコアのスーパースターたちによる録音、タフガイたちが叫ぶ、シンガロングパートの録音であろう、このメンツがまたすごすぎる!!



No Warning/ノー・ウォーニング





Wisdom In Chains /ウィズダム・イン・チェインズ





King Nine /キング・ナイン





Skarhead / スカーヘッド





The Distance / ザ・ディスタンス





World Demise / ワールド・ディマイズ





Year of the Knife / イヤー・オブ・ザ・ナイフ





TERROR X NO WARNING X WISDOM IN CHAINS X KING NINE X SKARHEAD X THE WRONG SIDE X THE DISTANCE X YEAR OF THE KNIFE X REAPER RECORDS X WORLD DEMISE

これらのメンバーによるシンガロング、この面路を集めるだけでも、TERRORのメンバーの顔の広さ、そして人間性がなしえるメンツ、さすがである、プレオーダーすらまだ開始されていないから、ニューアルバムの発売は9月以降だね、震えて待ちます!




TERRORのニューアルバム発売までに-10キロを目指してダイエット始めるか!信念をどこまでも貫く者として

Keepers Of The Faith

痩せれなかったらペナルティーとしてクーポンプレゼントとか、そこまでしないと痩せれないだろうな・・・・・河内野ダイエット企画・・・・だれが興味あるのだろうか?ぼちぼち考えていきますんでそちらも楽しみにww