レジェンドに学ぶ一生愛用できるジャケットの着こなし方

terror170217048

2017年もレジェンドたちが頑張っているよね!メタル界で言えばグラミー受賞したメガデスやパフォーマンスでは機材トラブルでブチギレのメタリカ、王道のバンドだけじゃなく大好きなBad Religionのボーカル、グレッグはカントリープロジェクトを新たに始めたり、

Greg Graffin – “Backroads of My Mind”

グレッグが歌えばBad Religionに聞こえるわけだけどwwお馴染みのオヤジの哀愁がたまらん、30歳を軽く超えた自分もすごく活力をもらっている、

レジェンドといえばハードコアリスナーの中でも人気のアイスーT率いるヒップホップとメタルをいち早くクロスオーバーさせたBody Countも新しいミュージックビデオが公開されたよね!

Body Count – No Lives Matter

さすがHiphop畑の出身だけあって、いま人気のニューメタルコアバンドのラップには真似できない、スキルや言葉の乗せ方、説得力も段違い。サウンドだけじゃなくBody Countのスタイリング、テラーが言ったようにブレず貫くスタイルが最高に好きだ。

僕のお気に入りの写真はこれ。

Body Count

今、イベント開催中のTERRORのディキーズジャケットと同じシルエットなんだけど、メンバーで揃えたチーム感、ギャング感もいいけどやっぱり渋いんだよね!さすがはリアルなワークブランド、ディッキーズってとこがスタイリングのポイントだ。

早速、このディッキーズのジャケットに関しての問い合わせがあったわけなんだけど、今回はこれから増えていくだろうディッキーズジャケットとバンドマーチのコラボ作品、の着こなし方などを見ていこうと思う。

問い合わせで多かったのはサイズ感着こなし方,、そもそもこのジャケットはリアルなワークスタイルとして作られていることから腕周りはふと目で腕を動かしやすく、そして丈は短めで着用していても邪魔にならない、機能性を重視されて作られたジャケットなのである。
ディッキーズ

しかし、ここ近年のトレンドはビッグシルエットってことでワークスタイルだけじゃなくタウンユースとして時代にもばっちりハマっている。とはいえビッグシルエットのトレンドが終わろうとも昔から変わらないスタイル、定番のアイテムとして何年たとうが愛用できるアイテムでもあるんだよね、そこがポイント。

丈が短い分、レイヤードが美しく作れる。

Dickies

サイジングに関して言うと、僕はXL、LサイズのTシャツやパーカーを着用するがMサイズを着用する、ゆったりとしたシルエットのため、ワンサイズダウンでチョイスするのが良いだろう。

ディッキーズ

着こなしに関しては上記の画像のようにボタンシャツと合わせて緩くキメるのもかっこいい、ジャケットの襟や生地感が良い意味で渋く大人なイメージを作り上げてくれるだろう。

もちろん今、真冬だったらパーカーなどもばっちりハマる、カジュアルなイメージの強いパーカーもジャケットの襟によって渋みをだしてくれる、ポイントは襟にあり!

ディッキーズ

パンツに関しては細めも太めも、どちらも合う、自分の好きなスタイリングで、太めだとワークスタイルの要素が強くなるし細めだとロックなイメージが膨らむよね、細めの画像だったらキックスに合わせて少し丈の長いホワイトのインナーを持ってくると良いだろう。

ハードコアで言えばAgnosticFrontのロジャーのようなバイクやモーターサイクルなどにも通じるイケてるオヤジなスタイリングも参考になるだろう。無骨でタフなハードコアなイメージだと太すぎず細すぎずのレギュラーストレートなパンツの方が合う。

スタイリングによって見え方はいくつもある、あなたが好きなスタイリングを自由に選べばよいだろう、意外とキレイめなスタイリングにもハマるんだよね。ポロシャツなどあわせればUKっぽくスイングトップのようにも見えるじやケットの着こなし、ポイントはボタンはしっかり止めること!

真冬だけじゃなく、春先のコーデにも使えるマストなジャケットである!、そこにバンドマーチにしか出せない世界観がプラスされるんだから間違いないってこと!


・ガキには出せない大人の渋さを表現
・無骨でタフなイメージ
・何年たとうがトレンド気にせず愛用できる。
・キレイめ、モーターサイクル、ストリート、スタイルを選ばない

これらのキーワードに少しでもあなたがハマるのであればこのジャケットは挑戦すべきだ!

iスタイリングは微妙だが動きのあるものビデオは丈感や腕周り、サイジングト参考になるだろう!

体重、身長、スタイルなど教えてくれたらあなたにばっちり合うサイズを見つけることができるからサイジングで迷ってる方はガンガン問い合せてくれぃ!

イベント開催中のTERRORのディキーズジャケットは完全限定なアイテムだから見逃さないように!

テラー

では!

河内野

着用するだけで「貫禄」と「説得力」を醸し出してしまう不思議なバンドマーチとは?

暑い炎天下のなか観光地としても有名な場所でピザを焼いて販売してたことがあって、
そこで起きた話なんだけどね、

熱風を発生させる大きな釜からピザを取り出しては嫌いな奴を思い出し
念を込めてカットしてたわけ、

そしたら後ろから炎天下なのにスタッズまみれの革ジャンにボロボロでパッチ、
ワッペン貼りまくりのパンツ、そんなイカツイ、ジャパコア兄ちゃんが
話しかけてきたわけ。



やべ、なにかのクレームか?などと悪い予感、
けどそのジャパコア兄ちゃんの言葉にテンションが上がった。

ジャパコア兄ちゃん)「それMadballのシャツですよね~!」




敬語使ってる~!!意外といい人ww(偏見ありすぎ?)



僕)「あ、はい、Madball知ってるんですか?」




ハードコアの「ハ」の字も思い浮かばないような観光地に
「Madballを知っているヤツがいるんなんて」と思うよね!



ジャパコア兄ちゃんいわく「こんな場所でMadballのTシャツ見るとは思わんかった」
とのこと、

これぞバンドTシャツの醍醐味だね!

当然店にあるラジカセにはMadballのをイン!

MADBALL – Look My Way [Full Album]

madballをBGMに、どのアルバムが好きなのか?どの曲が好きなのか?
シャツのデザインについて、ハードコアシーンについてなどなど

店はスタッフに任せおよそ20分以上も話し込んでしまった。



ちなみにMADBALLの名曲Look My Wayの歌詞を落とし込んだデザインのグッズはこちらから購入可能です。

大阪から観光にやってきていたジャパコア兄ちゃんは
ピザを喰らい満足気な顔をして去っていった。

もちろん僕も大満足、クソみたいな仕事が楽しく感じれた一日だった。


当然ジャパコア兄ちゃんの着用していたシャツもしっかりチェックしておいた、
もちろんジャパコアシャツ、知らないバンドだったから
帰宅してからしっかり調べましたww



Madballシャツを着ていて本当に良かったと思った瞬間である。

多分まだ歴史を刻んでいないバンドアイテムを着用していなかったら起きなかった
ことなのかと、

特にNYHCのアイテムを着用しているとこういった嬉しい事が起きる、NYHCのアイテム
が好きな理由の一つでもある。




Madballは結成28年くらい?、SIck Of It Allは30年、
Agnostic Frontにいたってはもう36年、

歴史を刻んできたレジェンドたち、NYHCに限らず歴史を刻んできた
バンドは本当に素晴らしい!



グッズに関しては○○周年ってはいってるだけでマニア心を揺さぶられる!当然SIck Of It Allの30周年記念のシャツは手に入れたよね?

0000000099632



長年の歴史て培ったものはデザインの魅力を超越してしまうんですよね!

もちろんデザインも大切だけど、デザインの中に歴史が詰まった
アイテムにはどんなバンドの、どんなおしゃれなデザインのアイテムにも
かなわない魅力がある。



着用している人を見たら、なんかこの人「すごそう」っていう貫禄まで出してしまう、
なんとも説明しにくい不思議な魅力があるアイテムたち!



だからキッズ達にもおすすめしたいのがレジェンドのバンドたちのアイテム、
当然そのバンドが好きなのが前提だけど、

「○○というジャンルを語る上で欠かせない!」そんなバンドのアイテムは
一枚は持っておいたほうが良いよ、妙に説得力がますんだよね!



「最新のバンドもおっかけつつ、レジェンド級のバンドもディグる!」

そして「最先端のバンドグッズでおしゃれに決める!」
と同時に「レジェンド級のアイテムで貫禄、説得力を出す!」

・ジャンルの創始者
・刻んできた歴史
・ハードコアなタフな部分
・流行に流されないスタイル
・多くのジャンルから支持を受ける
・影響を与えている

これらが貫禄、説得力を醸し出している理由だと思っている。

ちなみに、Sick Of It AllのキャップBOLDのキャップ
Cro-MagsのキャップMerauderの廃盤シャツShockwaveの廃盤シャツ

も入荷してるよ!全て1点ものこちらからチェックしてみてね!
シャツに関してはSサイズ、サイズが合えばぜひ!



Stigmataのシャツなんかもあるよ!15年ぶりに発売されたアルバムは
相変わらず極悪で最高だったね!

Stigmata “Conditioned to Murder”




歴史を刻んだバンドもいいけど、からあげくんは30周年、
じゃがりこ20周年なんだって、「刻んでるね~~!」

今日はSick Of It All聞きながらからあげくんを食べよう!



VICEで公開されている「ユースクルー〜モッシュ・ハードコアの祖 JUDGE物語」
はどんな映画よりも魅力的だ!

ハードコアにハマっていないあなたはハードコアにハマるキッカケになるかもね!



ちなみにJUDGEグッズはこちらから購入可能です。


ジャパコアの兄ちゃんは3年後、偶然大阪のライブハウスで出会った、その時、
僕の着用TシャツはOne Life Crewだった!ジャパコア兄ちゃんは
One Life Crewを知らなかった………..

では

河内野

【今日のコーデ】アグノスティック・フロントのコーチジャケットと、マッドボールのプルオーバーでキメて、初詣に行ってきた

hatu001

今回はアグノスティック・フロントのコーチジャケットに、マッドボールのプルオーバーを合わせて、舞鶴にある大川神社に行ってきたよ。あいにくの雪交じりの雨、こんな時はコーチジャケットが役に立つぜ。

hatu002

極寒で雨、正月も過ぎ1月半ばってことで誰一人いない、貸し切りだ。本殿までの一本道、真っ赤な鳥居、神聖で邪悪な心が洗われる。

hatu003

舞鶴市内では結構有名な神社、お正月はかなりの人がいるんだけどね~。

hatu004

雨の神社もなかなか素敵でしょ?

hatu005

鳥居を抜けると大きな大木と本殿が見えてきた。

hatu006

立派な木です。自然のパワーをもらうためタッチしておいた。

hatu007

コーチジャケットって若干雨をはじくから天気の悪い日にもってこい、風も通しにくいしね。

本殿手前ではおみくじを発見。

hatu008

引くしかないっしょ!確実に大吉だな、引く前からわかる。

hatu009

でました~小吉。去年も小吉だった記憶が、というか大吉引いたことない。結構な数で大吉が入っていると聞くんだが…

中途半端だ、凶なんか出たら良い落ちになるんだけど。

hatu001

運気容易に開けず口多し急がず時の至るを待ちてことを行え脇目を振らず正直に働いて信心怠りなければ自ら幸福がきます。

なるほど、脇目ふらず2014年、しっかり働きます。病の欄の「重し、医師に頼め」ってのが気になる~~~~。

今日着用しているのは、アグノスティック・フロントのコーチジャケット。XLサイズ、少し大きめに着用。(店長173cm、70kg)

珍しいネイビーってのがお気に入り、胸のロゴがいかにもって感じで最高だ。

hatu011

そしてインナーは、マッドボールのトレーナー、XL着用で霜降りのグレーでホワイトに近いって感じだ。もうこのロゴがあるだけで購入してしまう、マニアにはたまらない。

hatu012

定番にして絶対のプルオーバー+コーチジャケット、これこそが最強だ。色々なコーデが好きでも定期的に定番のコーデがしたいもんです。バンドマーチマニアのあなたならわかるはず。ハットと合わせてスポーティーかつストリートに決めてみた。

アグノマッボーともに新作が結構出たからチェックしておいた方がいいかも。

hatu015

背中も鉄板のブーツデザイン。

先に見えるが本殿。

hatu013

お願い事をするのは神様にとって失礼なようですよ。だから「おれはやるぜ!」ってゴッドに言ってやりましたよ。何をやるかは内緒。とにかく2014年、やります(笑)。

hatu014

今日からやってやる。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

気合入りまくりました。そんな時に厄年の票を発見。あなたは大丈夫?

厄年は成功する年でもあるそうだ!気を落とさずにね(笑)。

hatu016

大川神社で気合入れてきたんで、これを読んでいるあなた、楽しみにしていてね(^-^)。

hatu018

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

TERRORのすごさを教えてあげる!

ter201311001

スコットにマーティン、ニックにデイヴィッド、そしてジョーダン。彼らのバンド経歴がすごすぎる件。ファンなら当然知っているよね?新規ファンは今からでも遅くない、テラーファンなら知っておかなくてはいけないこと。

テラーメンバーが在籍していた、または在籍中のバンドを紹介。

まずはボーカルのスコット(Scott Vogel)

ter201311002

以前にも紹介したスコットが初めて結成したバンドSlugfest。スコット細いし若い(笑)。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Despair


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Buried Aliveはハードコア界でも有名なバンドだよね。解散後にカリフォルニアに引っ越したんです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

S.O.S. は去年話題になりましたよね。ヘイトブリードやアグノ、マッボー、トラップドのメンバーそしてテラーのニックとスコットのオールスターバンド。テラーが好きなら間違いないバンドだね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

続いてギターのマーティン(Martin Stewart)

ter201311003

ロスの極悪番長Donnybrookですよ~。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Piece By Pieceではベースを担当、テラーのニックがボーカル、名曲だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Lone Wolf


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Wings, Beer & Sports!ナイスなバンド名。ニックもいますよ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Snake Eyesや Like It Or Notにも在籍していた。Like It Or Notではボーカルを担当。

ドラムのニック(Nick Jett)

ter201311004

マーティンと同じくPiece By PieceとWings, Beer & Sports、Donnybrook、Snake Eyes。スコットと同じくS.O.Sに在籍していた。

Carry Onではベースを弾いていたんだよね。すげ~~!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ベースのデイヴィッド(David Wood)

ter201311005

もちろんご存知のDown To Nothingのボーカルだよね。新譜も最高だった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

TUIのメンバーなどで結成されたインディーロックバンド Diamond Youth。予想外のサウンドだった。

Murder Weapon、Game On、というバンドにも在籍していた。

ギターのジョーダン(Jordan Posner)

ter201311006

No Warning!!!!!だよね~~~。一回変な方向に行ってしまったバンドだけど伝説のバンドです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

多くのバンドに在籍し、経験を重ね、今のテラーが存在するわけなんだよね。テラーってやっぱりすごい。

Always the Hard Wayが聴きたくなった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

とんでもない経歴を持つテラーだけど、いま、This is Hardcore DVDプレゼント中です

Terror2013-Big-Index-Banner-2013-12-08

スコットも言ってたように、欲しいと思った瞬間に確保しておかないと永遠に後悔するのがバンドTシャツ。マジで「これは欲しい!」ってのがあったら速攻で申し込むように。

河内野

アグノスティック・フロントと「笑っていいとも!」の共通点とは?!

1

31年の歴史に幕を閉じる。想像を絶する長さ、続けることの素晴らしさを彼に教わりました。オアシスのメンバーにミュージックステーションでは、すかしたおじさんやマフィアとも言わせた、あの生きる伝説のタモさん!

タモさんが死んだわけじゃないよ(笑)。ご存じのとおり、笑っていいともが終わってしまうんだよね。

2

ま、見てないけど…。タモリ倶楽部はいまだに録画して見ています(笑)。空耳アワーで知った激音バンドもいます。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

31年、本当にすごい!バンドでもここまで続けているバンドってほぼいない。とくにアングラな激音界になると…

あっいる!アグノスティック・フロントって、1980年結成だからもう34年だ!!!

3

まじか34年、いいともを超えちゃってる。メタリックになろうがぶれずにNYHCを継承し続けるアグノスティック・フロントって神じゃね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

激音の中でも流行りがありバンドが生まれ消えていく、そのなかでハードコア一本で突き通す姿勢は本当に素晴らしい。ボーカリストであるロジャーのダンディーさは絶対に出せないな。

弟、フレディーのマッドボールも結構長い。

4

1988年結成だから、26年!!!まじかい。そうだ、25周年のTシャツあったもんね。何たる兄弟だ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そりゃ野郎どもが憧れるわけだ。ハードコアって本当に素晴らしいと感じさせてくれる。兄貴が頑張っているんだからといつも背中を押してくれる存在なんだよね。どれだけ多くのバンドに影響を与えてきたんだろうか?考えると恐ろしい。

彼らのグッズを着ている人を見るだけで、なんかこいつは「すげ~やつだ」って思わせてしまう。アグノのブーツデザイン、マッドボールのボールデザインにしろ、ロゴだけでどんだけオシャレなデザインのバンドTシャツにも勝てない深さがある。

長年やってきた証だね。ぶれずにやり続けているバンドは本当にすごい。マッボーにしろ、アグノにしろ、50年先も元気にやっているような気がするな(笑)。

河内野