甘ったるいバレンタインこそ聴きたいスラッシュ、クロスオーバーなハードコアバンド10選

バレンタイン バンドTシャツ

バレンタインまであと9日、昨日のブログはチェックしてくれた?



野郎共は少しばかりソワソワしているんじゃない?先日のバレンタインに関する記事をアップした2分後に仲間から声をいただいた。



「バレンタインですね、お菓子会社の策略にまんまとハマってしまうリア充どもは、抹殺です!僕は大好きなクロスオーバースラッシュ聴きながら出勤し浮かれている女子どもを見つけたらモッシュで蹴散らしてやります!


けど河内野さんが言うようにほんのり期待しちゃいます(笑)僕もバレンタインらしくレッドのビーニーで出勤しようかな!


話は変わるんですけどクロスオーバースラッシュハードコアのBack Downにハマっています!まだまだ未熟なのでこの機会にクロスオーバースラッシュハードコア系のバンド教えてくれませんか?」



ですよねですよね~菓子会社の策略ですよね~!!抹殺は絶対にしないでくださいね!確かにクロスオーバースラッシュ聴いていたら蹴散らしたくなってしまうのはすごくわかりますwwwオカンにすらもらえなくなったチョコへの恨み嫉み妬み、だれがなんと言おうとお買い会社の策略、いや陰謀なんだと自分に言い聞かせてますwww


ちなみに、だれも興味がないであろうワタクシ河内野の好きなチョコランキングは

5位:アルフォート
4位:アポロ
3位:キットカット
2位:たけのこの里
1位:クランキーポップジョイ(ストロベリー)

1760511_original



「店長チョコもらう気満々じゃねーか?」とツッコミが入りそうですが、一応発表しておきましたwww


チョコの送り先、ラブレターは、京都府の・・・・・うそうそwww


チョコは月に1回ほどしか食べないんだけどね、スナック菓子は塩っ辛いほうが好き


それよりそれより、Back Down好きなんですか!!実は僕も大好きなバンドで個人的にマーチも購入しちゃっています。一部のハードコア好きには話題になったよね、「2018年度の最強の10枚」に入れようかと迷ったくらいの名盤がこれ、




いわゆるクロスオーバーになるのかはちょっと絶妙なところなんだけど前作に比べると18年に発売されたSinnerはよりスラッシーなリフなどが増えている気もするね、メタリックといったほうが正しいのかもしれないけどクロスオーバースラッシュからメタリックハードコア、NYHC、エッジメタル好きまで虜にする名盤じゃないかと!メタリックなハードコアはすべてがメタルとハードコアのクロスオーバーなわけで一概にはクロスオーバーではないとも言えないわけで、そこらへんは難しいけどユースクルーなどを省くとほとんどのバンドがクロスオーバーしているってことになるね!


今回は甘ったるいバレンタインこそ聴きたいクロスオーバースラッシュ・ハードコアバンドを紹介していこう!(アグノなどもそうだけどなるべく現行のバンドを紹介していくね!)

世界的にも爆発的に売れ今やライブやフェスではヘッドラインをまかされ、人気絶頂なPower Tripはクラシックなメタルサウンドの要素を強め幅広く支持を受けている!来日に行けなかったのが悔やまれる。






こちらもBack Downと同じくUKのバンドGrove Street Families、ヨーロッパあたりではかなりの人気だけどまだまだ日本では知名度が低いね、スラッシュメタルとハードコアのクロスオーバーさらにモダンなHip hopな要素も混ぜ込み、時にスピーディーに時にグルーヴィーに時にモッシーに!





続いてはブログでもプッシュしてきたスウェーデンのクロスオーバー、Negative Self、サウンドや見た目からもわかる通り、SUICIDAL TENDENCIESや EXCELの影響をを受けたであろう、Leewayなんかも感じさせるよね!特徴的なのはメロディアスなボーカル、見事にドはまりした一枚、懐かしくも新しいサウンド、バレンタインで浮かれている女子のど真ん中をスケボーで突っ切りたい!





REAPERからリリースされたUnited States Of Mindでドはまりしたカリフォルニア産クロスオーバーサウンドのTake Offense、18年にドロップされたTensions On Highもさすがのサウンド、マーチデザインはもろにクロスオーバースラッシュ、たまりませんよね!






17年度の「最強の10枚」にも選んだNo Warning、先日来日したTerrorのスコットも大好きなバンド、まさかの12年ぶりの新譜発売で興奮したのを覚えている、ハードコア好きの間でも話題になったよね!ベイエリア・スラッシュの影響を強く感じさせるクラシックなメタルサウンドを取り込み、スラッシュバンドがオルタナ化した流れさえも絶妙に組み込む独自のオリジナルサウンドに昇華させている名盤!ボーカルのエフェクトなんかもモロだよね!今一番来日してほしいバンドである!





去年18年の「最強の10枚」にも登場したニューヨーク産、注目株のバンドMindforce、クラシックなハードコアサウンドとスラッシーでメタリックなサウンドが見事にクロスオーバーしつつもキャッチーでありグルーヴィー、展開のセンスはずば抜けているよね!





USはサンフランシスコ産、スラッシュなクロスオーバーハードコアのシーンでは確実に注目度がずば抜けているバンド、PRIMAL RITEジャケットから感じさせる邪悪なデスメタリックなハードコアサウンドにスラッシーなリフあり、特有の唸るギターソロがたまらない、Power Trip好きは見逃してはいけないバンド!






フィンランド産、クロスオーバー、Forseen荒くれハードコア・パンク特有のロウな荒々しさにスラッシュ特有のザクザクと切り刻むリフから緩急ついたミドルな展開とハイセンス極まりないクロスオーバーサウンド、Power Trip並みに人気が出ても良いと思うんだけどね~・・・





Power Tripを生んだテキサスと同じ出身のJudiciaryも忘れてはいけないよね!自主でドロップされたThe Axis Of Equalityも名作だが先日発売されたばかりのSurface Noiseがこれまた傑作なのである!







西海岸なスケートスラッシュななクロスオーバーも人気だけどモダンなアメリカンハードコアとスラッシュのクロスオーバーなサウンドが本当に人気ですよね、16年にコアなハードコアファンの間で話題となったUKマンチェスター産のGuilt Tripは絶対に外せないよね!


フルの音源がBDHWから発売されると言われていますがいつになることやら、つい定期的にSNSをチェックしてしまうほど好きなバンド、すでにみんな知っているとは思うけどまだ未聴の人は必ず聴いといてね!





まさにクロスオーバーなこのジャケットデザイン、大好きなんですよね!!
デザインしているのはAndrei Bouzikovというお方、先ほど登場したJudiciaryからMunicipal WasteSkeleton WitchCannabis CorpseToxic Holocaustなどなど、まさにB級感出た80’sスラッシュなデザインがたまりませんよね!!
Guilt trip


そういえば、このGuilt Tripというバンド、定期的に「Guilt Tripマーチを取り扱ってくれ!」というリクエストが届くんだよね、それほど注目度が高いバンドってことだね!BDHWでも販売しているがほぼ売り切れ、Guilt Trip自身のグッズサイトでもほぼ在庫切れが続いている、定期的にはチェクしているんですがね!

けどねちょうど先日ね待望のグッズが販売されたんだよね、それがなんと先日のブログでも特集したレッドカラーのアイテム、そしてストリートのトレンドでもあるボディーバッグ(ウエストバッグ)、

Guilt trip

どう?やばくない!コーデのアクセントとなるレッドカラーとスラッシーなロゴの刺繍、詳細をチェックすると細部にまでこだわって見た目だけじゃない機能性もバツグン!!プッシュしまくったショルダーにはない収納力、僕は速攻で惚れこみましたよ!

Guilt trip

画像のカラーはブラックとレッドとは違うアイテムだけど、サイズ感はこんな感じ。
Guilt trip


タイミングが良すぎるこのバッグ発売!思わずパソコンに向かって「待ってました!」っていたくらいだからねwwwけどね余裕かましている場合でもないの、自主サイトで販売、当然、生産数は想像以上に少ない!毎日「売り切れてしまうんじゃないか」とヒヤヒヤしながらサイトをチェックしているんだよね!ということで僕は一足先に発注させていただきました!!



リクエストをくれていた数名にもすでに連絡済みで数点確保してあるんですが、このバッグ欲しい人いる?今週の金曜日に再度発注予定だからチェックしてね!!


ちょっと待った!

せっかくなのでGuilt Tripマーチ取り扱い記念として特典用意しました!!!

GT19250010



7インチ、小さいレーコードだね、未発表曲などが収録されることが多いシングル的なレコードなんだけど、キュートなサイジングはインテリアとしても使える、今回はアンダーグランドなハードコアバンドのレコードを用意するから、楽しみにしていてね、この特典はもちろん、バッグも期限がすぎれば絶対に販売しないからこのお得な期間に必ずお手続きしといてください!



GT1925006

お申込期限:2月8日(金曜):夜9時まで


ギルトトリップ

フルアルバムが出れば確実にブレイク必須なGuilt Trip、グッズの入手も今よりも難しくなるんで、スラッシュとハードコアがクロスオーバしたバンドが好きなあなたは手に入れておいてくださいね!



では!最後は熱いライブ映像でお別れです!

開始は21時ね!


では!
河内野

【イベント】新感覚のハードコア「Turnstile」ニューアルバム発売からの初取り扱いブランド!

DTS18223154

ついに出たね!世界中から注目を集めまくっているハードコアバンドの2ndフルアルバム、しかも今作はロードランナーってね!ますますビッグになるだろう!そうTURNSTILEね!オールドスクールハードコアが軸なんだけど新感覚なハードコアである!

音源が良ければCDもLPも購入するのが僕のルールなんだけど、ジャケもサウンドも相変わらずぶっ飛んでる、70、80年代のカルト的な印象も受けるアイコンやデザインがMVにもよく登場するよね、ジャケットも好きだな~!

turnstile

ライブフォトなんだけど奥に見える砂漠にピラミッド、ミラーボールがモノクロで、レトロな質感あるイエローの配色もやはりぶっ飛んでいる、まさに新感覚ハードコアだ!古臭さもアリ~のグルーヴィー、予想を裏切る斬新さ!そう思わせるって相当なセンスだと思うんだけど、あなたはTurnstileの新譜「Time & Space」どうだった?

The Pilot In Youの新譜も進化というか深化して最高だったし2月のリリースもヤベー音源ばかりだよ!We Were Sharksもお気に入りの一枚だね!3月はBetween The Buried And MeMoose Bloodでしょ!そしてTwitching Tonguesにだいぶ楽しみなStone来月もたまんないね!3月一番楽しみなのはこいつら!昨日も紹介したね!

Suicidal Tendencies好きなパイセンに教えてもらったバンド、NEGATIVE SELF、まさかのBDHWから新譜が発売、「古臭くてクソダセェーから聴いてみ!」というパイセンのお言葉通りの古臭くいなたいダサさが絶妙!Suicidal Tendenciesの中期らへんがすきだったら間違いないと思う、多分レコードも買ってしまうだろうなww


ちなみに※クソダセェーってのは誉め言葉ね!このニュアンスが伝わればいいんだけど・・・「Answers」って曲ではコーラスで「ウッ!!~~ハッ!!」って言っちゃてる!!たまりません!若干ポップだしね!アルバム楽しみだ!映像を見なくてもオールドスクールなスケート、バイク、車、のカルチャーを連想させてくるあたりハイセンスっす!!


そんなNEGATIVE SELFのインスタをのぞいてみると、スイサイダルのマーチや、ドッグタウンのデッキ、マイクなスタイリングなど相当好きなんだね!!

Dog town

去年、Suicidal Tendenciesの来日が決定してから個人的にヴェニス周辺の音楽やスタイルのリバイバルブーム、そこからここ最近のDogtownごり押しになっているんですがww

この機会にDogtownのアイテムを取り扱うことが決定しました!

Suicidal Tendencies取り扱ってから結構多くのリクエストも届いてたし、僕の周りでスケボーを改めて始める仲間が増えたこともあり、ま、一番は個人的にもほしいアイテムがいっぱいあるから(笑)せっかくなんで取り扱い記念はイベントにしまっせ~!

バンドマーチではないし、スケートブランドだし、っていう部分で今まで渋っていたんだけど、取り扱いを決定する出来事は前回のDQNに絡まれたこと、そのDQNがドッグタウンを着用してるんだもの、完全に

神のお告げでしょう!!

詳しくは前回のブログをチェックしてね!

早速デッキからその他グッズまで一気にアップしたから、すぐにチェックしてみてください!

DTS18223153

当然特典プレゼントも用意しましたよ!

LAのローカルなギャングスタイルを広めたドッグタウンのアイコンといえばクロスロゴだよね!スケートデッキからチャリ、バイク、車に貼っても良し、の5枚セットだ!

DTS18223002


独特なカラーリングやモチーフ、これらを「かっこいい」と思えるあなたは本物だと思う、生粋のハードコアスケートブランド、ドッグタウン、特典が手に入る今手に入れておいてね!


スイサイダル・テンデンシーズが4月にまた来日するじゃん?そこでスイサイダルだけじゃなく、スイサイダルに関係するドッグタウンもいま国内で注目されている、僕みたいに改めて注目するオッサン連中からドッグタウンのデザインを新鮮と感じる若者まで幅広くね!


国内だけじゃなく世界的にあらためてドッグタウンのやばさに気付いている人はマジで多い、カラフルなSex Skateboardsとのコラボ、Diamond Supply Co.とのコラボWOLVES KILL SHEEPnano・universeとのトリプルネームコラボまで、幅広くコラボしているからねその注目度もわかるはず!

バンドTHE SHRINEとのコラボ作品も話題になったよね!

今回アップしたグッズの中にもコラボ作品が隠れているからじっくりチェックしてね!

DTS18223153

バンドマーチではないけどバンドとも多くのつながりがあり影響も与え続けるハードコアスケートブランド、ドッグタウン、ぜひあなたのスタイリングに取り入れてみてください!

河内野





追伸:

TERROR


そういえばテラーも良くドッグタウンのクロスロゴをサンプリングしてたよね!

テラーもロスだしね、サウンドもクロスオーバースラッシュなリフがよく登場するし、そう考えると納得である!

当然このアイテムは廃盤である!!僕は持ってますけどね~(自慢)

【DOGTOWN】思わずスケートしたくなるクロスオーバー・ハードコア・メロディック・ポップパンクバンドのMV特集!

DT18-02-22006

実は、昨日スケートパークでスケートしながら写真撮ってたんだけど、近所のスケートパーク周りの駐車場の夜はカーセ●クスのメッカになってるんだよね・・・家かホテル行けよ!と言いたいんだが、

撮影のため、カメラのフラッシュをタキまくっていたせいかカーセクロスしていたカップルたちは次々と帰宅していったんだけど、あるカップル、完全に見た目がDGNに絡まれました。

盗撮していたと勘違いされたww「盗撮するんだったらフラッシュなんてたかねーよ!」(※しませんけどね!)DGNの怒りはおさまらないためカメラに入っている画像をチェックされた、マジでイライラしてくるから詳しくは書かないけど、結局は無事に何事もなく、「ブログチェックします!」とのこと、少しだけ仲良くなりました(笑)「しかし今後、ヤツと出会うことはないだろう!!」

そんな感じだったんだけどさそのDQNの服装がマジ衝撃的


ドッグタウン


なんと、ここ最近僕がずっと言っているDog Townのアイテムを着用しているじゃないの!!!!


※Dog Townとは?
70年代から今なお存在感を発し続けているハードコアかつオールドスクールなスケートボードの代名詞ブランドSuicidal Tendenciesのフロントマン、マイク・ミューアの兄で、元Z-BOYSのジム・ミューアが70年代に立ち上げたスケートブランドだね!



DQNはその恰好からはスケートというイメージが一切わかないスタイリング、しかし完全に胸にはDog Townと書かれているんだよね、けどねシャカシャカのセットアップ、そんな彼が後ろを見た瞬間、「あ~やっちまってるな~!」


ドッグタウン


画像のようなシャカシャカ感に、バックには龍が前面に描かれブラックドラゴンと描かれている鬼ダセェーセットアップ、地方のマジ卍DQNスタイル!!これね、一応Dogtownでは間違いないんだよね!

90年代に日本の会社がライセンス生産して、作ってしまった黒歴史のアイテム!僕みたいな30代なら懐かく感じるんじゃないかな?

ライセンスっていうのはブランドの商標を他社が使用することへの「使用許可」、ドッグタウンが許してしまったわけ、海外からは「japanese dogtown 」とかネタにされていた時代があるんだよね、今でも地方の怪しい服屋さんとか言ったら見かけるからね、マジ卍な人たちにはビビっとくるアイテムだが、本気でDog Townが好きな人からすれば「マジやめてほしい」、ま、本物とは明らかに違うからさ、大丈夫なんだけどwwでもこの糞ダサいヤツも一応本物か!

そもそもなんでDog Townにハマっているんですか?



そういう声もいただいたんですが、やはりきっかけはSuicidal Tendenciesかな、何度も言うけどZ-boys(ジーボーズ)のメンバーであるジム・ミューアーの兄貴がSuicidal Tendenciesのマイク・ミューアーってのもあるんだけど、久々に見たロード・オブ・ドッグタウンって映画が一番のきっかけかな。


その中でもJay Boy ジェイ・アダムスの生きざまにほれ込みました!


ジェイ・アダムス



映画の中でも描かれているけど、メインとなるトニー・アルバやステイシー・ペラルタとは違い


世間やメインストリームにこびないアングラなスケーター



っていうのが男としてほれ込みますよね!LAのローカルなギャングスタイルなスタイリング、



Jay Boy


バンダナにネルシャツのアウトローなスタイルもオールドスクールなスケーターに今もなお影響を与え続けている。

53歳と言う若さで亡くなったのが本当に残念・・・

映画の中の彼のスタイリングやライブハウスからの乱闘シーンもハードコア好きなら見どころだよね。



高校で初めてスケートを始めたころに初めて買ったスケートブランドがDog TownってのもあってDog town熱が急上昇、あの頃に買ったパーカーなどは本物だったのだろうか?実家を探しても見つかりませんでしたww



やはりハードコアなスケートブランドってとこ、パウエルや、アンチヒーロー、スラッシャーなどもハードコアなイメージだけど、スラッシャーはね最近のアイドルが着用しているの見たりビレバンにあったりでゲンナリしてしまって・・・

最近ではスケートも全然できていなかったし、新しいデッキも購入予定、絶対にDogTownだけどね!



久々に見た「ロード・オブ・ドッグタウン」でスケート熱が上がりスケートパークへ、そのスケートパークでマジ卍なDQNに絡まれる、そのDQNが来ていたのがDOGTOWNってなんか運命を感じちゃった、神のお告げなのかもしれない!

ドッグタウン
では、ここからはスケートと関連するミュージックビデオを紹介していこう!
ドッグタウン

最近のバンドではもうすぐ来日のNeck Deep、ボーカル、ベンはスケーターだよね!ブランドでいえば「HUF」なんかが浮かんでくる。

ドッグタウン

Trashtalkのボーカルも生粋のスケーター、ボーカルのLEEとギターのギャレットが手掛けるスケートアパレルショップ、「Babylon LA」も有名だよね!取り扱いたいな~!

ドッグタウン

Gnarwolvesなんかは、毎回トリックをメイクしてから曲が始まる感じ、興味無くてもスケートがやりたくなる!魅力的なMVがマジ多いよね、MVの中でも登場するロンドン生まれのスケーターファッションブランド。「Palace」なんかぴったり!


ドッグタウン


僕のような30代後半、40代からするとやはりスケートxメロコアは鉄板だったよね、Millencolinは絶対外せなかったな~!ブランドでいえば「THRASHER」かなww勝手に想像だけで選んでるから文句言わないでね!

ドッグタウン

僕の周りではメロディックパンクSnuffと間違えてすこぶる人気なかったんだけどカナダのメロディックパンクレジェンドSNFUはスケートに最高だよ!好きすぎて大量にTシャツ仕入れたけどすこぶる人気がなくいまだに残っているのが・・・・ブランドでいえば、思い浮かばないww

ドッグタウン



オーストラリア・ブリスベンの4人組グランジパンク・バンド Violent Soho のMVも良くスケートシーンが出てくるよね!ブランドでいえばオージーということで老舗の「GLOBE」なんかがイメージできるかな!

ドッグタウン

カリフォルニアはベニス産ってことでSuicidal Tendenciesの陰に隠れがちだけどEXCELスケートとは切っても切れないクロスオーバーサウンド、スイサイダルよりもイーヴォーな邪悪な雰囲気もアングラ好きにには人気、ツレの家にはEXCELのスケートデッキが数十年部屋に飾られているんだけど、どこのブランドとのコラボなのだろうか?近いうちに確かめてきます!

ドッグタウン


スウェーデンの覆面クロスオーバー・スラッシュDR.LIVING DEAD!スイサイダルやDRIリスペクトなクロスオーバースラッシュ、スケートがしたくなるサウンドだ!スケートパークでのライブ映像も必見!

ドッグタウン


DR. LIVING DEADつながりで、DR. LIVING DEADのAndreas によるスウェーデンのメタルやハードコア・クロスオーバーなバンド、今かなり注目しているBDHWからNEGATIVE SELFスケートシーンが盛りだくさん!レトロなノイズがはしった映像もクール!アルバムは3月に発売だぜ!

ドッグタウン



The Finer Thingsのジャケットデザインがもうスケーターってね、トリックを決めるんじゃなくて海沿いをプッシュし続けたくなるようなサウンド、State Champsクロスオーバー、メロコア、ポップパンクサウンドはスケートに欠かさないね!

ドッグタウン

このままじゃ永遠に終わらないんで最後はSuicidal Tendenciesで!

オールドスクールハードコアコアスケートのすべてが詰まったPOSSESSED TO SKATEでお別れです!

僕たちが聴く音楽とスケートは密接にあることがわかるね!

なんでDog Townにハマっているんですか?

その答えはハードコアスケートブランドだからである!

では!



追伸:
ちなみにZ-Boysのオリジナルメンバーであるステイシー・ペラルタはスケートシーンを築いてきたパイオニアブランド、パウエルを作り上げた、スケートをしなくても聞いたことは1度はあろう重要人物、あのトニー・ホークを育てた人、映画監督でもある、何度も登場した映画ロード・オブ・ドッグタウンの脚本も書いているのである!そう思うとすべてのルーツでもある、ドッグタウンってすげー場所だったんだね!

ドッグタウン、スイサイダルそしてテラーなどの西海岸LA、ニューヨークハードコア、東海岸NY、それそれのスタイル、どっちが好きか?選べない!!!!

ドッグタウンのデッキも狙っているけど、来日も決定したニューヨークハードコアAgnostic Frontのデッキもほしい、アグノは完全に観賞用、インテリアとしてね、だれか一緒に注文する?

アグノスティックフロント