Cradle of Filthにディスられた世界的有名アーティストとは?

カニエ

とうとう新曲のビデオが公開になったよね!そう4月の後半に発売されるTERRORの新しい音源。

1曲目:Balance The Odds
2曲目:Kill ‘em Off
3曲目:The Walls Will Fall
4曲目:No Love Lost
5曲目:Step To You

2曲目に収録されているKill ‘em Offのビデオが公開となったわけだ。

Terror “Kill ‘Em Off” Official Music Video

車の爆発シーンがサムネになっている時点で激しさを連想させ期待を膨らませてくれた。じっくり聞いての感想はクロスオーバーでメタリックな疾走感あるスラッシーリフにモッシュパート、ブレイクダウンと期待を裏切らない、いや期待以上な名曲だった。

相変わらず歌詞もドープだし!ジャケットを見た時点でどこかオールドスクールなハードコアだけどクロスオーバーな要素も感じさせているからね。

TERROR

オールドスクールな良い意味で手書きのチープ感と死神やモンスターたちのデザインはやはりクロスオーバーメタル感をほんのりミックスさせたデザインが最高なんですよね。

本格的にスケートも再開しようかななんて考えているからこういったデザインはもっと増えて欲しいぜ!

本格的なメタルデザインもいまストリートでは注目されているじゃん?例えばねTestamentのシャツなどを愛用して話題になったカニエ、蟹江敬三さんじゃないよ!

アメリカのブラックミュージック業界を代表するカニエ!あんま知んねーけど!アディダスとカニエ・ウェストのコラボレーションによるスニーカー、イージーブーストなんか有名だね!

そんなカニエさんが又してもメタルアイテムを愛用していて話題になってるよね、そのバンドとはCradle of Filth,、英国のヴァンパイアメタル、ホラーメタルとも呼ばれている、いわゆるシンフォニックデス、ハードコア好きにはあまり馴染みはないバンドかもしれないけど、そんな

Cardle of Filthは

「Kanyeは俺たちのただのファン。幸運にもコラボレーターじゃない」

と、Facebookページに投稿している事からカニエを完全にディスっているあたりが壮快で気持ちが良いwwコラボするわけがないもんね、そもそもカニエさんよ~Cradle of Filth知らねーだろ!

バンドマーチの世界では

「知らないバンドのTシャツ着るってのは最悪にダサいんだぜ!」

Rihannaは自分のロゴをデスロゴにしてライブのスクリーンに映したり、VETEMENTSっていうブランドもデスロゴを使用したり、どこまでデスメタルの世界観をわかっているのやら…にしてもデスロゴやメタルが持つ暗黒なモチーフってのはストリートで大流行中なんだよね。

リアーナ

なんかね、この流れはね、カニエきっかけでCradle of Filthのファンが増えるわけでもなく、ヒップホップよりのショップでは店主がバンドすら知らないのに大量にバンドマーチを仕入れ販売しているのを最近はよく見かける、

以前にも言ったけど実際京都のショップにおとぞれた際、店員に販売しているバンドに話を振ってもちんぷんかんぷんだったし、上手くメタルアイテムが利用されている現状だね、

メタルに限らずパンクやハードコアって世間に中指立てているアンチテーゼ的な世界じゃない?いくら有名なアーティストが自身のバンドマーチを装着してくれようが嬉しくもなんともないと思うんだ。

ここ最近のシュプリームだってヴィトンとコラボでスケーターからはSupremeばなれが実際に起きているわけじゃない、



なんかねアングラなストリートが一般大衆化している気もするんだ、良いことなのか悪いことなのか、あなたはどう思う。

Supremeにしてもカニエ、コラボレーションによるスニーカー、イージーブーストなんかも高値で取引されたり、そこまの魅力がどこにあるんだろう、ただの知名度だけじゃん、イージーブーストのカッコよさもイマイチ理解できない僕は異常なのだろうか?




Cradle of Filthじゃなくてねもう少しアングラなバンドのグッズを選んだりしてくれたら「お、カニエやるじゃん!」って思うんだけど、SupremeだってねTerrorとコラボするならいくらでも並んで購入するよ!

イージーブーストなんかオークションなんかでは20万円とかだからね!それならこのスニーカーを僕はこのキックスを20個購入するぜ!

前回のブログでもオールブラックのスニーカー探してるって言ったじゃん?ちょうど見つけたのがこれ、オールブラックではないけど高級感あるテカるエナメル素材やブラックでも異素材で上手く作られ暗黒なペンタグラムやサイドジップ、ホワイトのロゴ、見つけたときは発狂してしまったぜ!

タン部分にはDIS、そうDisturbia Clothing(ディスタービア)の新作アイテム、2017SSアイテムなんだよね、カニエとは違ってロック、パンク、メタルのバックボーンがあるブランドだからデザインに真実や説得力を感じることができるんだよね!!




取り扱いが可能になったら販売するから楽しみに待っててね、そしてストリートで流行なデスロゴや悪魔的な暗黒モチーフの話もしたじゃん、そこらへんはDisturbiaのお得意なモチーフ、例えばこのシャツ

このアイテムも17SSの新作なんだけど初期ブラックメタルシーンの中核的なメイヘムのデスロゴサンプリングだよね!チョイスするバンドが渋いんだよね!ハードコアのCold Worldも以前サンプリングしてたよね!

さすがDisturbia、今では新作が出れば必ず雑誌で特集が組まれるほど、信頼度がぱない!世界的なブランドのグッズと並んで紹介されていまるくらいだからね!




ここ最近はレディースグッズに力が入りすぎてスルーしてたけど前年のイベント開催ころからしっかりメンズアイテムも多くドロップされている、もう少し待ってててね!



やっぱりバックボーンがしっかりしているバンドのデザイン、ブランドのデザインってかっこいい!

ただ流行っているから取り入れるのはダサい!それが言いたかったわけです!!

では!

河内野

店長がすすめる最新バンドマーチスタイルに重要なアイテムがこれだ!

「どんなスタイルで今日は出かけようか?」

「どのバンドマーチを着用しようか?」

「今日はいつもと違ったスタイルに挑戦しようか?」

暖かくなってくると外出するのがワクワクしますよね!

そんな中こんなを頂いたのである。

「みんな同じスタイルで面白くないんです!」

「激しい音楽を聴く仲間とも差をつけたいんですがどのバンドのスタイルを参考にしたら良いですか?」

「店長がすすめる最新のバンドマンスタイルを教えてください」

了解!

では早速お答えしていこう!

やはり最近注目しているのは

Hopeless Recordsに移籍したSylarかな

サウンドも最先端のヘヴィーミュージックだけどスタイリングはピカイチだと思う。

人気のブラックコーデでもサイジング、特に丈のバランスがとてもうまい。

そしてスニーカーのこだわりが素晴らしいね。

Welcome Sylar to the Hopeless Family!

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

上記でも言った靴、スニーカーが良いよね、ブラックのスリムパンツにはみんなやっぱりVansのエラとかスリッポン、ローカットのペタ靴が多けど

彼らはジョーダン、などハイテクや復刻したハイカットやミドルのスニーカーを着用でストリート感、増し増しな感じ!

丈のバランスだけど以前から何度も言っているようにロング丈がバンドマーチでもトレンドになりつつある。

既に販売されているのはStaysickのアイテム。

一歩先を行くStaysickのアイテム、さすがFronzillaです。

バンドマーチでも今年はロング丈のアイテムが確実に増えていく予感。

Nortlaneボーカルもロング丈

とは言っても現状ロング丈を販売しているのはStaysickのみだね。

以前のブログでも紹介したけどSworn inもロング丈を愛用している。

バンドTシャツの中にロング丈を合わせてレーヤードするのがポイント。

バンドグッズでもここ最近増えてきている

パンツをロールアップして派手目のミドル丈のソックスを見せるスタイル

ストリートで流行のテカリのあるエナメルピンバッジをキャップやボタンシャツの襟、シンプルなジャケット類、バッグに装着。

このエナメルピンバッジもいろいろなバンドから発売される予定です!

バンドロゴ、特にデスロゴのピンバッジとか最高ですね!「メーカーさん販売してください」

ということでまとめると

・ロング丈
・ハイ・ミドルのスニーカー
・エナメルピンバッジ
・ロールアップにソックス

が重要なキーワード

これらを取り入れて最先端のバンドマーチスタイルを作り上げてみてはどうでしょうか?

仲間ともかぶらないと思うよ!

2016年これから、上記のキーワードアイテムを誰よりも早く取り入れてトレンドを広めるファッショニスタになろうぜ!

では!!

河内野