【バンドTシャツ182枚】にまみれながら、すべてたたみ直してみた!

BM1873001

雨がゴイスー!

今日はポジ散歩へと出かける予定だが台風の影響で京都は北部も警報が出るほどの大雨、梅雨何にまとまった雨が降らず、関東では早くも梅雨明け、晴れが続いて、今週は毎日が雨、ちょっと降りすぎ!!!


予定は崩れたし、梅雨ってことでバンドTシャツのカビ対策をってことでバンドTシャツを畳なおすことにした。

先日記事にもしているからチェックしてみてね!

まずは一つ目のタンスを開けすべてのバンドTシャツを取り出した!ここ最近着用しなかったデザインを見るとテンション上がるね!!

バンドマーチ


あまりの数に畳なおすのを躊躇したけど、引っ張り出したが終わり、たたみ直さないとバンドマーチが痛むだけ。

BM1873003

さらにテンションを上げるために、昨日ようやく届いたImpending Doomの新譜「The Sin And Doom」をコンポにセットしBGMに!メタリックなハードコア好きにも聴いてほしいデスコアですね!


Impending Doomのドスの効いた凶悪なグロウル、極悪リズムとグルーヴリフでテンションはメガマックス、たたむのを忘れバンドマーチとたわむれる!これぞ幸せの極み!!

BM1873004


こんなところにあったのか!One Life CrewのTシャツ!!最近何処探しても見当たらなかったんですよね。お宝を探し当てた気分ww、ちなみに僕が着用してるのはSleeping Giantね!

one life crew


最近のお気に入りはハードコアとパンクがうまくクロスオーバーした漢なDEATH THREATのTシャツ、パープルのプリントって持ってなかったのと、よい意味でチープなプリントにやられました。

デススレッド


このConvergeシャツも久々だな~、こうやって無駄に時が過ぎる・・・・・

コンヴァージ



先日のConvergeイベントではたくさんのお手続きありがとう!!到着を楽しみに待っててね!

このマーチはReign Supremeの思い出の一枚、来日公演で購入した1枚、Reign Supreme復活してくれないかな~!

レインシュプリーム


Reign Supremeのボーカル、CounterpartsFit For An AutopsyMisery Signals、のメンバーによるバンドENDもイケてるんで、音源もマーチもハイセンスでイケてます!


Tシャツ全部たたむのに約2時間

Impending Doom4周はしたねww

BM1873009



あと別のタンスに眠るシャツは200枚以上(多分)今日はこれまで!!!!!!!疲れました・・・・


今回たたんだバンドTシャツは182枚、ハードコアが多いがいろんなジャンルのシャツがあった、自分はやはり雑食なんだと改めて再確認、やはりブラックが多いけど、レッド、マルーン、ブルー、グリーン、ホワイトなどなど色々、気になったのはやはりホワイトシャツの黄ばみが結構あった、カビとともに日焼け、汗、が原因だと思われる、漂白剤で黄ばみを落とし定期的にたたみ直すことを決心しました!



BM1873010


最後は部屋にTシャツを並べ記念撮影!

BM1873011

雨でお出かけしないときは持っているバンドTシャツをたたみ直しましょう!マジでこの時期のカビは厄介だからね!

カビをなめちゃいかんぜよ!!

では!雨にも湿気ニモマケズ!

河内野

【ブーム】聴きもしねーで「ダセェ」とか言ってんじゃねー!!って話


売れてるアーティスト、メジャーなバンドをすぐにバカにするクソな友人、まさる(本名)からいきなりラインが来たんだよね!

まさる

三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」
お前こういう話題好きやろ?

河内野

へ~~どうでもえーわ!!!

まさるは完全に自分と同じ思考を僕が持っていると思っている。

アングラ気取りで、「俺こんな音楽聞いてんだぜ!」

「そんなオレかっけ~!」的なww

確かに好きではないよ、でも嫌いでもない、だってちゃんと聞いたことないんだもん!!!どうでもいいんだよね!!まさるはこの話題に乗ってこなかった僕に対してつまらなそうに締めのハイセンスな文を送ってきた!

まさる

レコード大賞受賞の曲が「Unfair World」だぜ、

不公平な世界て(笑)

アンフェアー…..不公平…..なるほど!!

この出来過ぎた流れには思わず口に含んだコーヒーを吐き出してしまったwwまるで台本があるかのような流れ、う、うますぎる!ここに来て河内野、三代目JSBに興味津々、そこで「Unfair World」のMVを見てみたが……何も感じなかった……….というかどっかで聞いたことあるような無いような…..無難というか、にしてもイケメンばかりだ。(ちょっと褒めてみた)

ま、不正はいかんでしょ!って話だね。(上層部の汚い奴らが行った最低の行為だろうけど)結局、僕もこのブログでネタにしているんだからまさると同等なのかもしれないが、僕は売れてる、メジャーってだけで馬鹿にするわけではない!!!何度も言ってるように、安室ちゃん好きだしwwビルボードで1位を取ったGreen Dayだって大好きだ。

一般人の中では毛嫌いされている僕たちが好きなヘヴィーミュージックの中でも

トレンドやブーム的な流れもあるよね。

そんなバンドを馬鹿にする仲間たちもいる、そっちの方がよっぽど悲しいよね。

・はやりに乗ったからだめ!
・最近人気ですぎてダメだわ!
・硬派じゃないよね!

などなどの言葉を見ると本当に切なくなってしまう!ほっておけばいいんだけど、やっぱ好きなバンドがけなされると気分が悪くなんだよね!

いま流れが来ているニューメタルを取り入れたバンドに対しても馬鹿にするような言葉を書き込むヤカラもいる。なんでわざわざ書き込むんだろう、自分の心のなかでしまっておけばいいのに….

新しい流れがあるからサウンドも進化するし、流れが緩やかになるから、
さらに新しいサウンドが生まれる、だから楽しんだよ音楽って!!!!

当然、ブレずに己の意思を貫くバンドもかっこいいけどさ、

試行錯誤して新しいサウンドを取り入れるバンドだってかっこいいじゃん。

なんに対しても否定から入るやつがボクは大嫌いです。

あなたはどう思う?

話題に上がったニューメタルを取り入れたバンド、本格的にブームが来ているよね!

僕は自信を持ってニューメタルを取り入れたバンド
僕は何を言われようがカッコイイって言える!

実は多くの方からニューメタルを取り入れたバンド教えてくださいっていう
リクエストが来るんですよね。

まだまだヘヴィーな音楽にドップリはまっていないキッズから、
リバイバルってことから懐かしさを感じているアダルトな世代までね。

だから今回はニューメタルを取り入れたバンドを紹介していこうと思う。

紹介するバンドたちのスタイリングにも注目だぜ!

やっぱりこのバンドは外せない、IsuesやEmmure,などなどこの手のサウンドのパイオニア的存在。

■Attila – Let’s Get Abducted (OFFICIAL MUSIC VIDEO)■

人気が出てきた分、アンチも増えてるけどさ、やっぱり新曲が発表されるとワクワクするよね!
ふざけたMVは相変わらずw新譜Chaosもいよいよ発売だね!



ポリティカルな曲出して批判されたりと話題性も抜群、先週アルバム発売で話題のGift Giver。

■Gift Giver – Roach King■

ミクスチャ寄り、完全なニューメタのリバイバルサウンド、懐かしさもあるが
もう少しメタル要素があってもいいかなってのが正直な感想。




現リバイバルサンドとは違いRATMなどからの影響も強いチャラさはなく硬派寄り、
来年の来日も楽しみなStray From The Path!!

■Stray From the Path – Back to School ■

彼ら自身公言している影響を受けたDeftones の名曲のカヴァー!



UNFD、RiseのOcean Grove、意外と話題にならないんだけど、
怪しいキャラなどが90年代の懐かしさを感じさせてくれる!

■Ocean Grove – I Told You To Smile■



寡婦でお馴染みのWidowが改名したDarke Complex!!

■Darke Complex – Dead To Me■

Widow時代はもっと暗黒でドロドろしたイメージがあったが歌メロを大胆に取り入れて
キャッチーになった印象!



今一番リクエストが多いバンド、注目のVoid Of Vision

■Void of Vision – Ctrl Freak■

VOのスタイリングが超好み!ストレートなスポーツアイテムに細めのパンツも
次世代な仕上がり!



ストリート感強め、ダウンテンポでヘヴィー、チャラさ低め!

■NWO – Illuminated ■

新しいMVでは若干Hiphop色強め、どちら側に寄せてくるのかが楽しみなバンド!



UNFDはこの手のバンド妙に増えてきてるね!オージー産バンドI Am Zero

■I Am Zero – Until The Sky Falls■

ブレイクダウン、歌メロ、ラップ、Djentなどいいとこ取り感は否めないが注目のバンドである!



AttilaやEmmureなどとレーベルメイト、サウンドやアートワーク、クリップなどアート性では
一つ上を行ってるニューメタ度数は少なめだが最先端を行く注目バンド!LOATHE

■LOATHE – Rest; In Violence■

フルアルバムが楽しみなバンドだ!


今、一番注目されているのはやはりSylar、アルバムの完成度はずば抜けてるね!

■Sylar – Dark Daze■

一つ言いたい!もっとグッズ増やしてくれ!!!!



あとはCane Hill、Sworn In、Islanderなどなど、元もっと無名なバンドを合わせると
とんでもない数のバンドが急増中。

このブームは広がり産業ロック的にもっともっとポップでキャッチーなサウンドの
バンドが出てくる予感もする。

まだまだ模索し自身のサウンドを追求しているバンドが多い、

そんな今のニューメタリバイバルシーンがいちばん楽しいかもね!!

しっかりとあなたの耳で感じてダメならダメ、好きなら好きでいいじゃないの!!

聞いてもいないのに「ダセェ」とか言っちゃうあなたがいちばんダサいですよ!

では!

河内野

【CBK】Die Knowingってアルバムはクソなのか?


昨日のブログで言ったComeback KidとMisery Signalsなんだけどさ

Comeback Kidには特に思い入れがあるんだけどさ、同じ大ファンの友人

(僕と同様に全ての音源を持っているしLPも揃えるマニア)

曰く現時点での最新アルバムが「正直CBKじゃないよ!クソだね!」
って言ったわけ、とても悲しかった。

気持ちはわからんでもないけど、クソ入っちゃダメっしょ!!

聴き込みもしないで「クソ」っていうやつほんと嫌い、

ジャンルに縛られて聴きもしないで最近のバンドを馬鹿にするし、
なんか悲しくなるとともに「もったいねーな」って思っちゃう。

なんか思い出したら腹たってきた!
      ・
      ・
      ・
      ・

話を戻して、確かに、今までのアルバムに比べ………..

とにかくファーストのやばさから紹介していくからさCBK好きは
チェックしてよ。

記憶が正しければ2003年Facedown Recordsから発売されたファーストアルバムTurn It Around
をSTMで視聴して1曲でぶっ飛ぶくらいにやられたのを覚えている。

Turn It Around

いわゆるオールドスクールって当時は軽くて古臭い、そんなイメージしかなかったんだ
よね。

メタルからハードコア好きになったからさ、ニュースクールなバンドばかりを好んで
聴いていたわけ、いわゆるフロリダのニュースクールとかMAメタルとか、当時で言う
デスコアとか、(今のでスコアではないよ。)

当時はメタリックな要素が多くないと好きになれなかったわけ、そこに突如現れた
Comeback KidのTurn It Aroundを聞いて衝撃が走ったんだよね。

オールドスクール特有のハイトーンなボーカル、ハイテンションで哀愁なリフ、
ドラマ性のあるメロディー、思わず拳を上げシンガロングしたくなるパンチライン
スピードあり疾走しているんだけどしっかりモッシュパートも入れてくる。

「こんな完璧なバンドいたんだ!」鳥肌の連続だったね。

モダン・ユースクルー、モダンオールドスクールにどっぷりハマる
きっかけになった人生の中でも最重要な一枚それがTurn It Around!!

曲が短いからササっと聞けるってのもいいよね。

Comeback Kid – Turn It Around






そしてVictory Recordsに移籍し発売された2ndアルバムWake The Dead、日本での知名度が
一気に上がったのはこのアルバムからだね。

Wake The Dead

不動の人気を誇ったのもやはりアルバムタイトルにもなっている神曲Wake The Dead!!
未だにこの曲を超えるモダンオールドスクールソングは生まれてないんじゃないかな。

1stよりも哀愁度数もアップ、ブレイクダウンもパワーアップ、絶妙な展開は計算され
付くして作られたんじゃないかって思うほどパーフェクトなアルバム。

オールドスクールを代表するアルバムがこのWake The Deadだ!

ジャケットのにもギミックがあってアートワークも印象に残っている一枚。

Comeback Kid – Wake the Dead






続いて2007年発売の3rdアルバムBroadcasting、アルバムが発売される前にVictory Records
のサンプラーに入っている曲を聴いて………….「アレ、何かが違う!!!」そう思ったわけ

Broadcasting

違和感はそう、ボーカル変わってる!!!スコットからアンドリューに!

違和感は感じたんだけどサウンドはさらにタフさもアップし幅も広がったしスケールも
格段に上がった印象。

しか~~しオールドスクール感は減少気味かな。

ギジュ的な部分や声量なんかは格段に安堵流が上なんだけど
僕はスコット派なんだよね…..

Figure Fourらしいメタリックな部分も増えてきた印象だったね、とにかく完成度の
高い名盤、カナダだけじゃなくアメリカでも認められたアルバムじゃないかな。

Comeback Kid – Broadcasting






続いては2010年Victory Recordsからアンドリューになってからは2枚目の4thアルバム
symptoms + curesが発売!

前作を聴き込むにつれ好きになるんだけどやっぱり聞いているのは1stと 2ndなんだよね。
今作symptoms + curesそこまで期待はしていなかったんだけど、ジャケット公開時には
アートワークはお馴染みのデザインってことで期待は高まる!

そしてコンポにセットしsymptoms + curesが流れる。

1.2.3.4と曲が終わるたびに、「もしや、このアルバムやばいんじゃないか!」って
最後の曲Pull Back the Reinsが終わった頃には、

「出ました!名盤決定!」

期待を遥かに超えるアルバムだった、ベースはモダンオールドスクールなんだけど
叙情性は格段にアップ、スケール感もまし壮大!CBK史上一番泣けるアルバム。

哀愁メロからのブレイク、にお馴染みのシンガロングが上手く組み立てられた
パーフェクトを超えた一枚。

メロディックハードコアファンにもアピールした一枚、このアルバムが最高傑作という
人も多いんじゃないかな!

聴き終わったとき僕は号泣し拳を天に突き上げた。

「我が人生に一片の悔いなし!」

そう思わせてくれたアルバムでした。

Comeback Kid – Symptoms + Cures






そして前作から4年ぶり、2014年に5thアルバムがVictory Recordsから発売!
その名も「Die Knowing」

Die Knowing

おなじみのアルバムアートワーク、今作はセルフプロデュース作品、そんな情報を
先に耳にし期待が高まる、届いたアルバムは早く聴きたいためバーコードのシール
ごとジャケットを開けてしまったためジャケットはバリバリに割れてしまった。

コンポにCDを装着しツマミを回し音量を上げ爆音で、レッツスタート!

1曲目、2.3.3.4.、前作のような泣きのメロは皆無!「めっちゃハードコアじゃん!」
ってイメージ、これはこれでかっこいいんだけど….

Should Know Betterでようやく叙情的なメロやリフが垣間見れるも6曲目では
CBKらしいリフや展開はあるもハードコアなストレートな曲、
泣きの拳ではなく漢なストリートパンク的なシンガロングパートもあり、
Unconditionalはミドルテンポではあるが泣きのメロディー全開の曲、後半で疾走
しメロディアスな波がなだれ込む。

Didn’t Even MindはRise Againstぽいメロディックハードコアからのモッシュパートが
印象的。

そしてFull Swingスピード前回で始まり、初期を感じさせると持ったらなんと
全ボーカルのスコットが参加していた!

ラスト曲はラストを飾るにふさわしいメロディアスなシンガロング満載の
名曲で幕を占める。

シンプルでストレート、一番アグレッシブなアルバムだった、期待したアルバムでは
なかったが何故かつい聞いてしまう不思議なアルバムだ。

とは言っても基本はCBKサウンド、CBK史上1のハードコア・アルバムだった!

Comeback Kid – Die Knowing






2014年発売当時「これはCBKじゃない!クソだ!」といった友人も今ではこの
アルバムは「最高だよ」といってる、当時の言葉は撤回してくれたし、
新作がでれば必ず買うと言ってる。

嬉しいね。

僕もなんやかんやでComeback Kidは超大好きなバンドであることに変わりはない!

これからも追っていくぜ!そろそろアルバム発売してくれないかな……

オールドスクールからモダンオールドスクール、が大好きになったきっけのバンド、
ハードコア音楽の幅を広げてくれるキッカケを作ってくれた偉大で愛してやまない
バンドそれがComeback Kidである!

なんやかんやでComeback Kidあなたも好きでしょ?

いよいよ11月に来日、予習しておかなくっちゃね!

Sick Of It Allとのツアーも終わった頃、最新のライブ動画でどの曲が
ライブの定番なのかチェックしてシンガロングポイント抑えておこう!

COMEBACK KID [HD] 17 AUGUST 2016

やっぱりCBKのライブはシンガロングの嵐!盛大に盛り上がるね!

河内野

ミュージックビデオから最新スタイルを盗む!

こちら舞鶴は、そろそろサクラ咲きそうだ。

そんな3月の後半、春が近づいてくるとふと思い出す。

18歳で舞鶴を離れ神戸の専門学校に通い始める。

同じ夢を持った新しい仲間と出会い、いろいろな刺激を受けた。

新しいファッション、新しい音楽にもであった。

放課後は仲間たちと毎日ショップに出かけてはスタッフと仲良くなり
いろいろな情報を吸収し、自分のスタイルに取り入れていく。

だからいろいろなスタイルに挑戦するのが本当に楽しかった。

そのおかげで今でもいろいろなファッション
が好きだし、音楽も幅広く好き、

どんなに時が経っても変わらないスタイルもかっこいい、

けど僕はなんでも取り入れていきたい。

スタイルが変われど「信念がぶれてなければよくね~!」

と思うのである、だからレジェンド級のバンドも好きだし
新しく登場してくるバンドも好き。

ファッションも同じく、新しいものでもカッコ良いと
思えば取り入れていきたいと思う。

なので今回は新しいバンドや新しいミュージックビデオを
チェックしていこう!

新しいサウンドやそのバンドのスタイルなんかにも注目していく。

Rise RecordsからはHACKTIVIST、これは新しいね、
ニューメタル、メタルコア、ラップ、Djent、実に新しい!

てか人気でそうだな~!

HACKTIVIST – TAKEN feat. Rou Reynolds (2016 OFFICIAL VIDEO)

※携帯で動画を見るにはここをクリック。




ラップを担当している彼のバンダナ柄のシャツが実にイケている!バンダナ柄もトレンドだもんね。
Attilaから発売されているバンダナ柄のシャツを装着し
バンダナ柄も取り入れよう!

ここまでコテコテなネックレスでは無くでもよいがゴールドのネックレスとの相性も抜群だね。

ビッグサイズで着よしてもかっこいい、

クセが強すぎると感じたのならシンプルシャツの下に着用しチラ見せさせるのも技ありでイケてる。

バンダナ柄のバンドアイテムも2016は増えていくだろう!




ISSUESの新譜も楽しみだ。相変わらずお洒落なサウンド、もうちょっと激しい方がいいかな…….

Issues – The Realest (Official Music Video)

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


このビデオで登場しているモトクロスのスーツ、これもトレンドと関係している。
2014年あたりからコレクションでもハイブランドが取り入れていたり
ストリートブランドでも近年取り入れている話題のキーワードでもある。

sakura3-24015

ド派手な配色の切り返しやスポンサーロゴがいっぱいプリント者刺繍されたりと、
「ロンTの袖部分にプリントがいっぱい!」のようなアイテムは通じる部分がある。

いち早く取り入れたのはWe Came As RomansのWolf MMV Black ロングスリーブシャツだ!

ロンTで袖にプリントがいっぱい入っているデザインが狙い目、トレンドである。



Facedownから久々のハードコアバンドPoured Out!今一番楽しみな音源である!

Poured Out – American Justice

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


定番のプルオーバータイプでラフに、気張ってない感じが好きだな~、
ここ最近ではジップアイテムよりもプルオーバータイプがパーカージャケットにしても人気なのである。




StaySick Recordingsからのアルバムも楽しみなデスコア、Spiteも今後が楽しみだ!
暗黒極まりないブレイクダウンがたまらない!

AttilaのフロントマンChris Fronzakが主宰するレーベルだから期待感が「パない!」よね。

Spite Digging Pt I Official Music Video

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


ボーカルが愛用しているシャツの袖はライン入り。バンドマーチでも
多くのバンドがラインの入ったグッズを発売しているよね!

なかでも群を抜いてイケてるのはSworn Inのロングスリーブ!
2本の袖のライン、ナンバリングにアーチロゴ、Spiteのボーカル着用のブラックスケールの
シャツよりもイケてる!これから以降もラインデザインは増えていくだろうね!



最先端グッズが多く登場するSworn Inのスタイルもいつも参考になるよね!

シャツの丈は長め、サイズもジャストよりもワンサイズ大きめ
ローファーからハイテクのキックスまで参考になる点が多い。

そしてバンダナを発売するバンドも多いってことでバンダナを
しっかり頭に装着するスタイルもトレンドになるかもしれない。

彼が着用しているブランドFuneral Co.アイテムもイケてるよ!

まだまだ知名度は低めなので狙い目!

最新のクリップで流行を追うのもアリではないでしょうか?

新しい生活の始まるこの時期、新しい仲間からの刺激を受けそれを
吸収して新しいスタイルにチャレンジだ!(信念はぶれずに!)

まだまだ紹介したいバンドいるけどまた次回に!

河内野

追伸:
あなたが注目しているバンドは何?