【待ってた】2018年初頭「ハードコア」オススメのリリース情報

B180125004

こちら京都舞鶴は大雪、約60cmの積雪、2時間ほどかけての雪かきで腰がスクリームしております。


最近でもないけど特に1月後半からハードコア熱が急上昇中、その理由はKnocke Looseの来日のおかげ・・・・

行ってねーけど!!


FYSとともにチケットを取るも行けず、この年になればいろいろあるんですよ(言い訳)といってもそのチケットは友人に譲りしっかり参戦してきてもらいましたよ!その友人にリアルタイムでインスタでライブ配信もしてもらったんだけど、音はバリバリ、ぐちゃぐちゃ、何を見せられているのかも理解できないくらいのライブ配信でしたww
後日にその友人が言った言葉。

「ピットが地獄」

とんでもなく盛り上がったんだ,
ということがすごくわかる言葉、その友人はずっと「アウッ!アウッ!」と、口癖になっています、行けなかった悔しさで「アウッ!アウッ!」を聞くたびにイライラしてますw


この「アウッ!アウッ!」KLファンならすぐにわかりますよねww


Pure Noiseってこともありポップパンク好きのお客さんたちからハードコアライブに始めていくお客さんなどと結構な数参戦したようで。

・ハードコアが好きになりました。

これからハードコアガンガン掘り下げていきましょう(^^♪

・ピットの治安悪すぎて、帰り道自分が強くなった気がしたんですが、コンビニにたむろしているDQNからしっかり目線をそらしました!!

めっちゃわかります、僕だったら妄想でDQNをボコボコにします、妄想でねww

・多ジャンルのライブよりオシャレな人が本当に多かったイメージでした!あとインフルエンザもらっちゃいましたww

ほかのジャンルのライブはあまり参戦できていないんですが、なんとなくわかりますよ!ハードコアキッズはファッションのアンテナも高いですよね!あとお大事に!





ハードコアライブの雰囲気、空気感ってホント独特ですよね、ハードなピットは完全イカレていますもんねwwこのままハードコアも好きになってくれたらマジうれしいです!



すんません完全に脱線してますね、ハードコア熱が急上昇ってことで今回は

注目のハードコアバンドのニューリリースを紹介!

Twitching Tongues

Twitching Tongues – Gaining Purpose Through Passionate Hatred
ニューアルバムが3月にリリースのTwitching Tongues、ハードコアの枠を超えてクラシックなヘヴィメタルサウンドをクロスオーバーしたサウンドが特徴的、新曲ハラキリも最高、18年度の10枚に入るかもしれないほど期待しているアルバムです!ジャケも最高!







HARM'S WAY

HARM’S WAY – POSTHUMAN
Death WishからMetal Bladeに移籍後初となるHARM’S WAYからPOSTHUMANが2月初旬に発売!超重量級のブルータルメタリックハードコア、美しいじゃけデザインからサウンドの進化はあるのか?早く全曲じっくり聴きたい期待の一枚である!








HARM'S WAY

Vein – SELF DESTRUCT
すでに発売はされているがThis Is Hardcore Fest17の出演で強烈なインパクトを残したブレイク必須Veinのep.
ブチ切れシャウトにメタリックでノイジーなギター、不協和音、カルト的な効果音など完全にぶっ飛んだバンドが誕生です!フルアルバムが一番楽しみなバンドである!







Stone

Stone – Inch of Joy
元ExpireのギタリストZachによるハードコアバンド、ハードコア界隈でも注目のバンドがついにフルアルバム発売、しかもPure Noise Records、Knocked LooseやTerrorとレーベルメイトだね!レーベルのプッシュもありブレイクするか!?グルーヴィーでモッシーでメタリック、マチガイナシ!







American Nightmare Self-Titled

American Nightmare – Self-Titled
これまたまさかのニューアルバム発売!!!15年ぶり!!さらにRise Recordsって!!初めてこのニュースを目にした時は目を疑ったね、そしてようやく2月の半ばにセルフタイトルで発売!!オールドスクールにほんのりとメタリックを足し若干のエモさハードコアパンクな疾走感、モダンオールドスクールハードコアパンク!ワクワクが止まらない一枚!WesはCold Caveでも活躍してるよね!








Turnstile

Turnstile – Time & Space
大出世!Code Orangeと同じくRoadrunnerに移籍、アルバムTime & Spaceは2月の23日に発売、ハードコア好きなら誰もが知っている現行ハードコアシーンの中でもNo.1の人気、来日も経験で日本でも爆発的人気のTurnstile、すでに新曲も数曲公開でハードコアの枠を超えて人気が爆発しそうな予感です!今作も国内版が発売されたらうれしいな!







Wolfpack Loathe

Wolfpack – Loathe
おフランスはパリ産ビートダウンハードコア、アルバム「Loathe」は3月に発売!前作はEurogy、今作はBDHW、まだ新曲は公開されていないがユーロ圏内ならではのThugいへヴィーサウンドに鉄板のビートダウン、そしてメタリック、ニューアルバムではさらに進化しているのか!気になる!







BDHWつながりでいうと新曲の安定感もッパなかったBORN FROM PAIN、そしてビートダウン系では何よりも楽しみなのがWORDS OF CONCRETENasty好きだったら間違いないんだけどそれだけじゃなくドラマチックな要素もプラスさせているあたりがツボなんですよね、アートワークもまだ発表されていないけど新曲が公開!





Die Young

Die Young – The God In Which We Suffer
テキサス産、Good Fight Musicから2月初頭に発売されるニューアルバムThe God In Which We Suffer、ミリタント・ヴィーガン・ハードコア!ミリタントでメタリックでありモッシー、ハードコアのいろんな要素が楽しめる最高なバンドだと、新曲も数曲公開、







ハードコアも本当に幅広いですよね、気にったバンドから徐々に掘り下げてあなたが本当に好きなハードコアバンドが見つかると嬉しいな!

なんの発表もないけど、TerrorAgnostic FrontMadballあたりが今年に新譜出してくれないかな~(切望)

僕の周りのハードコア好きは「え、そんな曲あった?」ってよく突っ込まれるんだけど、しっかりepもWisdom In Chainsとのスプリットだけど発売しているんだけどな~!最後はMadballのFor the Causeでお別れです!

河内野

追伸:
そうだ、ハードコアじゃないけどSleeping giantの新譜も発売だね、解散が決定しているのが悲しい・・・・

【ブーム】聴きもしねーで「ダセェ」とか言ってんじゃねー!!って話


売れてるアーティスト、メジャーなバンドをすぐにバカにするクソな友人、まさる(本名)からいきなりラインが来たんだよね!

まさる

三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」
お前こういう話題好きやろ?

河内野

へ~~どうでもえーわ!!!

まさるは完全に自分と同じ思考を僕が持っていると思っている。

アングラ気取りで、「俺こんな音楽聞いてんだぜ!」

「そんなオレかっけ~!」的なww

確かに好きではないよ、でも嫌いでもない、だってちゃんと聞いたことないんだもん!!!どうでもいいんだよね!!まさるはこの話題に乗ってこなかった僕に対してつまらなそうに締めのハイセンスな文を送ってきた!

まさる

レコード大賞受賞の曲が「Unfair World」だぜ、

不公平な世界て(笑)

アンフェアー…..不公平…..なるほど!!

この出来過ぎた流れには思わず口に含んだコーヒーを吐き出してしまったwwまるで台本があるかのような流れ、う、うますぎる!ここに来て河内野、三代目JSBに興味津々、そこで「Unfair World」のMVを見てみたが……何も感じなかった……….というかどっかで聞いたことあるような無いような…..無難というか、にしてもイケメンばかりだ。(ちょっと褒めてみた)

ま、不正はいかんでしょ!って話だね。(上層部の汚い奴らが行った最低の行為だろうけど)結局、僕もこのブログでネタにしているんだからまさると同等なのかもしれないが、僕は売れてる、メジャーってだけで馬鹿にするわけではない!!!何度も言ってるように、安室ちゃん好きだしwwビルボードで1位を取ったGreen Dayだって大好きだ。

一般人の中では毛嫌いされている僕たちが好きなヘヴィーミュージックの中でも

トレンドやブーム的な流れもあるよね。

そんなバンドを馬鹿にする仲間たちもいる、そっちの方がよっぽど悲しいよね。

・はやりに乗ったからだめ!
・最近人気ですぎてダメだわ!
・硬派じゃないよね!

などなどの言葉を見ると本当に切なくなってしまう!ほっておけばいいんだけど、やっぱ好きなバンドがけなされると気分が悪くなんだよね!

いま流れが来ているニューメタルを取り入れたバンドに対しても馬鹿にするような言葉を書き込むヤカラもいる。なんでわざわざ書き込むんだろう、自分の心のなかでしまっておけばいいのに….

新しい流れがあるからサウンドも進化するし、流れが緩やかになるから、
さらに新しいサウンドが生まれる、だから楽しんだよ音楽って!!!!

当然、ブレずに己の意思を貫くバンドもかっこいいけどさ、

試行錯誤して新しいサウンドを取り入れるバンドだってかっこいいじゃん。

なんに対しても否定から入るやつがボクは大嫌いです。

あなたはどう思う?

話題に上がったニューメタルを取り入れたバンド、本格的にブームが来ているよね!

僕は自信を持ってニューメタルを取り入れたバンド
僕は何を言われようがカッコイイって言える!

実は多くの方からニューメタルを取り入れたバンド教えてくださいっていう
リクエストが来るんですよね。

まだまだヘヴィーな音楽にドップリはまっていないキッズから、
リバイバルってことから懐かしさを感じているアダルトな世代までね。

だから今回はニューメタルを取り入れたバンドを紹介していこうと思う。

紹介するバンドたちのスタイリングにも注目だぜ!

やっぱりこのバンドは外せない、IsuesやEmmure,などなどこの手のサウンドのパイオニア的存在。

■Attila – Let’s Get Abducted (OFFICIAL MUSIC VIDEO)■

人気が出てきた分、アンチも増えてるけどさ、やっぱり新曲が発表されるとワクワクするよね!
ふざけたMVは相変わらずw新譜Chaosもいよいよ発売だね!



ポリティカルな曲出して批判されたりと話題性も抜群、先週アルバム発売で話題のGift Giver。

■Gift Giver – Roach King■

ミクスチャ寄り、完全なニューメタのリバイバルサウンド、懐かしさもあるが
もう少しメタル要素があってもいいかなってのが正直な感想。




現リバイバルサンドとは違いRATMなどからの影響も強いチャラさはなく硬派寄り、
来年の来日も楽しみなStray From The Path!!

■Stray From the Path – Back to School ■

彼ら自身公言している影響を受けたDeftones の名曲のカヴァー!



UNFD、RiseのOcean Grove、意外と話題にならないんだけど、
怪しいキャラなどが90年代の懐かしさを感じさせてくれる!

■Ocean Grove – I Told You To Smile■



寡婦でお馴染みのWidowが改名したDarke Complex!!

■Darke Complex – Dead To Me■

Widow時代はもっと暗黒でドロドろしたイメージがあったが歌メロを大胆に取り入れて
キャッチーになった印象!



今一番リクエストが多いバンド、注目のVoid Of Vision

■Void of Vision – Ctrl Freak■

VOのスタイリングが超好み!ストレートなスポーツアイテムに細めのパンツも
次世代な仕上がり!



ストリート感強め、ダウンテンポでヘヴィー、チャラさ低め!

■NWO – Illuminated ■

新しいMVでは若干Hiphop色強め、どちら側に寄せてくるのかが楽しみなバンド!



UNFDはこの手のバンド妙に増えてきてるね!オージー産バンドI Am Zero

■I Am Zero – Until The Sky Falls■

ブレイクダウン、歌メロ、ラップ、Djentなどいいとこ取り感は否めないが注目のバンドである!



AttilaやEmmureなどとレーベルメイト、サウンドやアートワーク、クリップなどアート性では
一つ上を行ってるニューメタ度数は少なめだが最先端を行く注目バンド!LOATHE

■LOATHE – Rest; In Violence■

フルアルバムが楽しみなバンドだ!


今、一番注目されているのはやはりSylar、アルバムの完成度はずば抜けてるね!

■Sylar – Dark Daze■

一つ言いたい!もっとグッズ増やしてくれ!!!!



あとはCane Hill、Sworn In、Islanderなどなど、元もっと無名なバンドを合わせると
とんでもない数のバンドが急増中。

このブームは広がり産業ロック的にもっともっとポップでキャッチーなサウンドの
バンドが出てくる予感もする。

まだまだ模索し自身のサウンドを追求しているバンドが多い、

そんな今のニューメタリバイバルシーンがいちばん楽しいかもね!!

しっかりとあなたの耳で感じてダメならダメ、好きなら好きでいいじゃないの!!

聞いてもいないのに「ダセェ」とか言っちゃうあなたがいちばんダサいですよ!

では!

河内野