思わず手を合わせたくなる、神々しいクリスチャン・コアバンド「17選」

クリスチャンメタルコア

お~~神よ!!Polyphiaのティモシーのギターテクニックを我に与えたまえ!

都合の良い時だけ神頼み、どうも河内野です。

芸術の秋ってことで芸術に関しての記事書いてたら神の話になってしまった前回のブログは読んでくれた?今回は

クリスチャン・コア・バンド特集

ってことでガンガン紹介していくぜ!

ピロピロテクニカルサウンド、巨漢のボーカルとオモロなMVが印象的、Djent的な変拍子リフもいち早く取り入れ現れるのが流行ったA Plea for Purging


A Plea for Purging – “The Life”







オージー産クリスチャン・メタルコアFor All Eternity叙情メタリックなサウンド、高音のクリーン、完成度が高いにもかかわらずあまり話題にならなかったのが不思議でたまらない、Misary Signals好きだったらたまらないと思うんだが….

FOR ALL ETERNITY “Metanoia”






先日解散してしまったクリスチャン・ハードコアバンドThose Who Fear同じくクリスチャンのFit For A KingRyanが参加した一曲だ!


THOSE WHO FEAR “Ego Trip”







ピュアなメタルコアサウンドを奏でるWAR OF AGESもクリスチャン、2014年以来アルバムが出ていないが現在は何してるのやら、9月にはフェスには出ていたようだが…とにかく硬派なメタルコアサウンド、ぶれないけどクオリティーが毎アルバムごとに上がる、安心と信頼のWAR OF AGES

WAR OF AGES “Chaos Theory”







Haste The Day!!色あせない名曲だよね、もう13年も前の曲になんだね、ミリタントニュースクール風なだみ声シャウト、いきなりロックバラードな展開、またアルバム聞き直そっと!

Haste The Day – American Love







プログレッシブでテクニカルなクリスチャンメタルコアバンドHope for the Dying 、シンフォニック、メロデスとモダンなメタルコアサウンドが一体になったハイブリットサウンド、クサメロメタル好きにも人気が高かったバンドである!

Hope for the Dying – Setting Sun







ex As Cities BurnBetween The Buried And Meのメンバーが在籍のクリスチャンメタルコアバンドOh,Sleeper!!あまり話題にならんかったんですけどめちゃめちゃクオリティの高いメタルコアサウンド、このバンドもメロディーが素晴らしく、印象に残る名曲も結構あるんです!

Oh, Sleeper – “The Finisher”







90年代のピュアなFury Edge系のサウンドでコアなファンには大人気のSaving Grace、貴重なサウンドを奏でるバンド、新しいマーチも発売されているから近いうち何らかの動きは期待できる、このまま解散だけはやめてね!

Saving Grace – “Recidivist”







クリスチャン・メタルコアの代表格、現在ではより芸術的な孤高なサウンドに進化したThe Devil Wears Prada、キーボードを前面に出していた初期のほうがクリスチャン・メタルコアな印象は強かったね!

The Devil Wears Prada – Worldwide







Solid Stateの看板バンド、メタルコアとヘヴィロックの間位のサウンド、最近ではメロディーに重点を置いた先品が多くどのアルバムにも名曲が必ずある、だからアルバムは毎回買ってしまうんですねww

Demon Hunter – “Dead Flowers”







ボルティモア産クリスチャン・メタルコアバンドI THE BREATHERメタリックでテクニカルかつブルータル、激しいリズムチェンジの中に叙情的なメロディーが印象的、Sumerianらしいサウンドだね!


I THE BREATHER – SOUL : SEEK







EXTOLのOleによるニューバンドFleshkiller、さすがのEXTOLメンバーだけあってプログレッシブなデスメタルサウンドに仕上がっている注目のバンド!

Fleshkiller – “Warfare”



frameborder=”0″ allowfullscreen>





サウスダコタ産クリスチャン・メタルコアバンドColossus、ダウンチューン系の重いザクザクのリフ、程よい叙情サウンド、完成度高めのFacedownらしいバンドである。

COLOSSUS “Demons’







LA産ウェストコースト・クリスチャン・ハードコアバンドDYNASTY、アルバムbeyond measureではWu-Tang Clan、TERROR、AGNOSTIC FRONT、など豪華すぎるゲストで話題になったんだが、最近は動いていないようだ…

DYNASTY “Explicit Method”







ノースキャロライナ産クリスチャン・メタルコアバンドONWARD TO OLYMPAS、メロディックなデスメタル・スタイルのメタルコアサウンド、このバンドも日本での人気は皆無….


ONWARD TO OLYMPAS “Wolf’s Jaw”







個人的にも大好きなALOVE FOR EMEMIESのメンバーにより結成されたクリスチャン・メタルコア・バンドLETTER TO THE EXILESメロデスの要素も強いメタルコア、ブルータルに落とす強烈なブレイクダウンもたまりません!

LETTER TO THE EXILES “The Greater Hands Of Lesser Sons”







カリ産クリスチャン・デスコア・バンド、Impending Doom本当にクリスチャンなの?ってくらいの残虐なサウンド、ホーリーなパートなんて皆無、デスコア勢の中でもずば抜けて高いセンスをもったバンド、現在はラフミックスも完成したようで新しいアルバムが楽しみすぎる!

Impending Doom – Doomsday



クリスチャン・コアのバンド特集でした~!!

結局はFacedownのバンドばっかになっちまったけど、この中からあなたにばっちりハマるバンドが見つかればうれしいです!

では~!





追伸:
クリスチャン・コア代表格はやはりAugust Burns Redだね!アルバムも発売開始!もう全曲聞いた?待ちきれないからダウンロードしたんだけど、今作も激やば!!何がやばいってそりゃあなたの耳で確かめてくださ~い!

August Burns Red – King of Sorrow

【DIY精神】60秒で作成!!世界でひとつのオリジナル・バンドマーチを作り上げる!

himored007

「バンドマーチでカスタムアイテム作ってください!」

そんな声を頂いた、以前にはカスタムデニムを作ったりしたのだがもう見ていただいたろうか?

カスタムデニム

先日のコーデブログに登場したデニムジャケットもカスタムする予定なのでお楽しみに!!ま、これらのカスタム、簡単ではあるが、もっと簡単に世界に一枚しか存在し得ないアイテムを作成することが可能なのは知っているだろうか?

これまた、過去に作成したバンドマーチ・カスタムアイテムを紹介しよう

今から世界に1枚しか存在しないマッドボールパーカーをDIYするぜ。ハードコアだぜ。用意したのはMadballのプルオーバーパーカーとカラーヒモだ。パーカーにはもともと黒いヒモがついていたので、ぶっこ抜いてやったぜ!!!

himored001

プリントがグレーなので、どの色もよく似合いそうだ。よし、決めた。今回はオレンジでいくぜ。

himored002

ヒモの付け方はこの動画が参考になるぞ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

俺はストローがなかったのでヒモの先っぽにセロハンテープを巻いて通した。わずか2分の作業だ。ヒモが通ったら抜けないように先っぽを結ぼう。

himored003

はい、世界で1枚のマッドボールパーカーが出来上がったよ(^-^)。

オレンジのキャップのツバとスニーカーのカラーがマッチしてるでしょ。インナーは赤系統に合うグリーンのTシャツで合わせてみたぜ。

himored004

ヒモがブラックに生えてる。いい感じでしょ!?

himored005

寒い今、暖かいカラーのヒモで仲間も温めてあげよう。

himored003.5

結んでもキュートじゃない?!パーカー男子の一歩も二歩も先を行くコーデが楽しめるよ。

himored006

このMadballパーカー以外にも5種のパーカーにカラーヒモを合わせてみた!

himored020

それではまず最初の作品だ。

himored009

イエローのヒモとホワイトのプルオーバーでコーデ(店長173cm、68kg)。Lサイズのパーカーを愛用です。

イエローのアウターと、ホワイトが多めでイエローのスウォッシュのスニーカーを使用。

himored010

そして次。

himored011

レッドのヒモにグレーのプルオーバーでコーデ(Lサイズのパーカーを着用)。グレーにレッドロゴのスニーカーでトップスと合わせ淡いカラーのパンツなので中心にブラックのTシャツを挟み整えました。

パーカーのロゴと合わせてレッドのひもを使用しましたがパンツと合わせて黄土色のヒモでも合いそうだ。

himored012

続きましてブルーのヒモにグレーのパーカーを使用。(Mサイズのパーカーを着用)

himored014

プリントに使われているブルーをメインにスニーカーも合わせてみた。

himored013

パーカーのプリントにピンクやパープルがあるので、ピンクやパープルのヒモも似合うぜ。

himored015

そして次。

himored018

前々回のブログでも着用したレッドのパーカーにグリーンのヒモを使用。

(XLサイズのパーカーを着用)レッド+ブラックのスニーカーとも相性が良いでしょ?今回一番気に入った配色がグリーンとレッド、クリスマスカラーでもあるね。

himored017

以上、5種類のオリジナル・バンドパーカーとその着こなし方法を紹介したぜ。

ヒモカラーをインナーに合わせる、プリントに合わせる、スニーカーに合わせる、全く関係ない色を合わせてみても新しいカラーコーデが見つかるよ。

バンドファッションって本当に楽しい。常に意識しているとこの色とこの色は相性が良いなど分かってくるよ。

あなたが持っているCDのジャケットの配色を真似したり、バンドTシャツのカラーをもて何のカラーのボディーに何のカラーのプリントが施されているのか良くチェックしてみてみよう。

himored019

完成した作品をならべたところ

「ヒモ」は本当に使えるアイテムだ、今季のコーデに取り入れて唯一無二のあなただけのパーカーを作成しちゃいましょう!

ホワイトやブラックなどモノトーンなコーデ、そんなパーカーにも1色プラスさせオリジナルなパーカーを作り上げてみよう!

では!

河内野

何を今更!そのトレンドってさ、僕たちは昔から取り入れてるぜ!!

Supremeとスレイヤーのコラボ作品が発表されたね、、想像を超えてかっこよかった。

注目している人、購入予定な人たちのどれだけの人数がスレイヤー好きなのかは疑問に感じるが….

現在世界的にも流行しているバンドTシャツの影響もあり、スレイヤー自体を知らない多くのキッズ達も
着用するのかと思うと吐き気がする。

メタルTシャツが持つ良い意味でのダサさがなくなっている気もする…….

もし購入するのならこのデザインかな!個人的に一番ハマったDivine Interventionのデザインがあれば…….

このコラボをきっかけにとも感じるけど、9割はスレイヤーのファンになることはないだろうねww

しっかりデザインを見てもやはりピュアなバンドマーチのデザインも負けてないって心から思うね。

先日入荷したTERRORの限定シャツだって、完全に一目惚れ、可愛さと強さ、淡いカラーの組み合わせ、
パーフェクトなアイテムだよね!

TERROR

デザインがかっこよすぎるから上に何も羽織りたくないけど、合わせるならコーチジャケットに淡いカラーの
ピンクに合わせてコンバースのピンクのオールスターハイカットなんかもいいかなって!

ところであなたはバンドマーチをメインでコーデを考えてる?ふと気になったんだよねww

こちらも先日入荷したパーカーたち、ジワジワと人気が出てきているStorm the SkyのパーカーとハードコアKnocked loseのパーカー

Storm the Skyはピンクのボディーに有刺鉄線の袖プリント!Knocked loseも袖プリントで魅せるアイテム!

そう、袖のプリントが一段とアピールするトレンドだね、先日のLeft Behindのロングスリーブもそうだね。

一般に発売されているブランドも袖のプリントデザインに力を入れるアイテムがトレンドでもあるけど、
バンドマーチは昔からこの袖プリントは大切な要素、メッセージやレーベル、バンドのアピールとしてね。

トレンドのみを追っている一般人には「バンドマーチが先だから!」と言っておきたい。

We Came As Romansのコーチ、大胆なデザインだよね!

Disturbiaのジャケット、袖のソードがお気に入り!
最近はレディースアイテムばかりだからメンズアイテムいっぱい販売してほしいブランドだね!

Motionless in Whiteのジャケット、腕章デザインがいけてます!

Dynastyのプルオーバー、フロントのフォトと相まってイケてるでしょ?

アウターやロングスリーブの購入を考えているなら袖プリントにも注目だね!

真冬になれば袖なしのデニムジャケットやダウンベストなんかとの相性も抜群、しっかりバンドマーチのアピールができるってわけ!

袖プリントの魅力は
・カジュアルになりすぎない!
・Tシャツとのレイヤードにバッチリハマる!
・袖なしアイテム、デニムベスト、ダウンベストの相性抜群
・コーデのアクセントになる!
・カジュアルにもモードなスタイルにも合わせられるモダンアイテム
・ライブやフェスでの動きある場所ではよく目立つ!

今日サイトにもアップしたAttilaの新作のロングスリーブも袖プリントの大胆さがポイントだね!

袖にしろこのアイテムのオールドイングリッシュだって、ストリートではトレンドなキーワードだが、
ブラックメタルやハードコアは何十年前から得意としてきたフォントなんだよね!
blog161028041

現在では袖プリントトレンドってきワードで検索したらいくつもの特集ページが表示されるほど、そう考えるとストリートからバンドマーチではなく、バンドマーチからストリートのトレンドを生み出しているといっても過言じゃないね!

世間のトレンドに合わせているんじゃなく俺は昔から袖プリント着用してたぜ!って堂々とこの秋冬も着用するぜ!





今回登場したアイテム

・Attilaグッズはこちらをクリック
・Dynastyグッズはこちらをクリック
・Knocked Looseグッズはこちらをクリック
・Storm The Skyグッズはこちらをクリック

【ライブ】OLEDICKFOGGYにTrapped Under Iceを見てきた!

シルバーウィークは連日、ライブに参加してきた!まずは先日のブログでも行ってきた
福井の和田海水浴場にあるカフェバー、ファミリア。

目の前は海やし、最高のロケーションの中にあるカフェバーである。

本日はライブハウスとして貸切で営業!

アーティストは

・REAL REGGAE
・OLEDICKFOGGY
・The Wrestling Crime Master

到着したのが19時前、リハも終わり本番が始まるまでのゆるーい時間が流れていました。

砂浜から見るとこんな感じの場所。

ドリンクとポテトを頼んで腹ごしらえ、

バーテン、店員さんもさわやかな笑顔、イケメンだった。

19時を過ぎREAL REGGAEがスタート。

舞鶴を代表するバンドだけあって、さすがの貫禄でした。

先日はNaparm Deathと共演したようだ、その時の映像がこちら。

REAL REGGAE // 2016 9/7 Umeda Club Quattro




聞いてのとおりただ疾走するハードコアではなくレゲエやダブ、斬新な展開、フレーズは
耳に残るしよかったらチェックして欲しいバンドである。

とにかくドラムがすごい!楽器をやっていない僕ですら感動させてしまうドラミングは
素晴らしかった。

カメラ買いたて、設定がわからなく写真すべてがブレブレで終わってしまったのは残念だ。

次回までにはしっかり使いこなしていくぜ!

続いては大阪のThe Wrestling Crime Master

90’s日本ハードコアシーンを語る上でも重要なバンドの人るでもある
The Wrestling Crime Master、グルーヴィーでキャッチーなんだけどヘヴィーな
ハードコアサウンド、独特でした。

マーチもシャレオツ!サウンドとリンクしたクロスオーバーなデザイン!
特にグラフィックロゴのシャツは最高でした!

WARZONE、BIOHAZARD、QUICKSAND等の海外バンドのサポートも数々こなしてきた
バンドだけあって説得力あるステージングが素晴らしかったです。

Big Town Calling / Wrestling Crime Master




そしてトリはOLEDICKFOGGYオールディックフォギー!

こんなクソ田舎にもしっかりファンベースを作っている、とんでもない人気なんだなって、
感じました。

どの曲が始まっても歓声がが上がり大合唱、耳に残るメロディー、お酒が飲みたくなる、
パブパンクなどんちゃ騒ぎ状態、ハードコアにない平和なくピースフルな空間が心地
よかった。

名曲、月になんて!は涙出そうになったくらい感動しました(つд⊂)

OLEDICKFOGGY/月になんて

最高の一日でした。

この日見たバンドTシャツはOLEDICKFOGGYメンバーがライブ後に着用していたFugazi、
Doggy Hoods、The Devil Wears Prada、お客さんではShockwave、Numb、Sandでした。




続いて、翌日は大阪に!
※前日カメラをコンクリに落としウルトラブレイクダウン、故障です!
ので写真はありません!

見に行ったのはコレ!!

4時スタートだが大阪についたのは19時頃、ちょうどTigerが始まったところ!

精力的に活動している大阪ハードコア、関西のみならず全国のシーンで活躍
しているだけステージングはピカイチ!ここ最近増えてきたラッピンモッシュコア
の中でもダントツにかっこよいバンドだね!

TIGER – NCON – [Official Video]




続いてCRYSTAL LAKE!USの人気インディーレーベルARTERYとも契約を交わし
絶好調なメタルコアバンド、さすがのパフォーマンスと完璧なサウンド、
ラップ調ボーカルもうまくもっと長く見たいと感じました。

カヴァー曲Beastie BoysのBody Movinはメタルコアサウンドにもばっちり
ハマってました!

Crystal Lake – Body Movin’




そして5年ぶり?久々に見たTrapped under Iceはやっぱりやばい!
前回の来日で見た数倍よかった、メンバーそれぞれがサイドプロジェクトが
盛り上がっちゃってるから「もうTUIは見れないんだろうな」なんて思って
たから本当に本当に待ち望んでいたライブ。

やっぱりフロントマンJusticeのあの肉体は相変わらずすごく存在感、カリスマ感、
最強のハードコアなパフォーマンスでした。

Trapped Under Ice – FULL HD LIVE SET – Karlsruhe




ラストはSand、説明不要の極悪メタリックサウンド、ピットも大荒れ、相変わらず危険でした。
pierrotの後半パートはもうゾクゾクが止まらない!やっぱり最狂でした!!

SAND -OFF THE TABLE

サウンドなんかは詳しい説明できないけど、やっぱりハードコアのライブって最高、
音源では味わえない魅力はやっぱりライブにあるんだなと再確認、無理に時間を
作ってもライブには行くべきだなと感じた夏の終わりでした。

個人的なライブの楽しみ方はバンドマンやお客さんたちのバンドマーチをチェック
するってこと。

さすが大阪ってことでいろいろなバンドマーチや独自なファッションスタイル、
めっちゃ参考になった。

昔に比べいろいろなジャンルのバンドマーチを着用しているイメージ、ガチムキ
なハードコアアイテムから懐かしのニュースクールマーチ、オールドスクールな
マーチ、までいろいろチェック!ライブに来てマーチを見るだけでも楽しいね。

ちなみに自分はDynastyのTシャツにComeback Kidのガチャベルトで参加しました。

あさって24日はいよいよ東京で開催のBloodAXE!関東エリアの方が羨ましい!

ChokeholdにLifeless、そしてXibalba、Capsize、そしてTUI!
さらに国内バンドも豪勢、誰かライブレポよろしく!!

では!

追伸:
キャメラは現在修理中、治り次第またどこかに出かけて撮りまくるぜ!

春が待ちきれない!事務所で寂しくファッションショー!

POSIBLOG15311008

春が待ち遠しいが舞鶴では未だに雪が舞う!気温は8度、寒い!!

そこで事務所一人で春コーデ先取り!ってことで一人ファッションショーを開催してみた!

河内野スタイルはじめます!春コーデって言ってもやはりバンドマーチで過ごしたい!ということでバンドマーチでも数の多いプルオーバー・パーカーをメインにするぜ!

arrow center

■気温も上がり気持ちを上げるため明るいレッドのパーカー(DYNASTY – XLサイズ着用)にネイビーのコーチジャケット(Agnostic Front – XLサイズ着用)で決めました。レッドとネイビーの相性抜群でしょ!レッドをメインカラーにスニーカーと合わせ、春を感じれるなちゃらるカラーのハットを合わせました。花見に参加し暑くなってきたらコーチジャケットを脱ぐ、気温差が激しい春にはパーカー+コーチジャケットがグッド!
Dynasty

■レッドに続きタイダイのど派手パーカー(Stay Sick Clothing – Lサイズ着用)に細めのパンツ、タイダイの中にあるイエローをメインカラーにイエロー+ブラックのスニーカーをチョイス!難しく考えがちのタイダイアイテムだけどそのまま着用すればいいだけなんじゃないかな!ちょっと恥ずかしいならシャツを重ねたりデニムジャケットとデニムパンツを同じカラーで合わせたりしましょう!タイダイの中にあるイエローやブルー、レッド、パープル、この中の1色を選んでメインカラーにしてパンツ以外で合わしましょう!デニムジャケットはちょっと重いから冬コーデになってしまうかな、生地の薄いシャツやジャケットと合わせましょう!
Stay SIck Clothing

■清潔感を出すホワイトパーカー(Violent Side – Lサイズ着用)とブラックのパンツ、真っ白なスニーカーでのモノトーンコーデ!若干のモード感を出しながらもバンドマーチが持つ独自の空気感はプリントで表現!これまたブラックのコーチジャケットで気温差激しい春を過ごそう!真っ白アイテム、カレーうどんなどの汁物には注意!花見でのBBQにも注意だね!
POSIBLOG15311003

■モノトーンや明るいアイテム以外にも渋さを出したアダルトなストリートスタイルもありじゃないでしょうか?(The Banner – XLサイズ着用)暗黒さを兼ね備えたパーカーに渋いカラーのパンツ、ハイテクではなく定番のスニーカーを合わせる。一見地味だけどパーカーの柄やデザインで勝負しています!
POSIBLOG15311004

■ユース感の出るネイビーパーカー(SInce The Flood – Lサイズ着用)のイエロープリントと相性の良い迷彩ジャケット、そして淡いデニム、プリントと合わせたスニーカーで決めてみました。やはり春はどこか白に明るいい色を入れたくなる、精神を高揚させ、元気づけてくれるイエローは春にぴったり!
POSIBLOG15311005

■グレーのパーカー(Madball – XLサイズ着用)にブラックのパンツ、迷彩のハットで春らしくハイテクスニーカーのブルーと腰に巻いているシャツで爽やかさアップのコーデで決めてみました。爽やかになりすぎないため明細のハットでストリート感を出して見たよ。腰に巻いているシャツは大きめでパーカーの上に着用してもばっちり、パーカーの中に着用してもあり!小さい画像ではデニムベストを合わせてみた!
POSIBLOG15311006

■春だ?関係ね~~!!春でもオールブラックだ!そうだね、明るいカラーも、もちろん取り入れるけどオールブラックコーデも冬に引き続きやっくぜ!!(Madball – XLサイズ着用
POSIBLOG15311007

はい、こんな感じで春を予想して一人コーデをやってみました。

何度も言うけどパーカーは本当に使えるアイテムだ!バンドマーチをメインに考えるならパーカーです!あと足元はやはり大事だね!どのジャンルも細身が流行している今、自分が好きなジャンルをアピールするならスニーカーなどの足元も気を抜かないように!ハイテク、ローテク、ローカットにミドル、ハイカット、それぞれのメーカーの代表作、好きなジャンルのバンドはどんなスニーカーを着用しているかもチェックして参考にして他ジャンルと差別化を図るのも大切です!

春が待ち遠しいねヽ(´▽`)/

春になったらChonをBGMにして桜をみにいくぜ~!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

春にピッタリなサウンド、バンドっている?

河内野