思わず手を合わせたくなる、神々しいクリスチャン・コアバンド「17選」

クリスチャンメタルコア

お~~神よ!!Polyphiaのティモシーのギターテクニックを我に与えたまえ!

都合の良い時だけ神頼み、どうも河内野です。

芸術の秋ってことで芸術に関しての記事書いてたら神の話になってしまった前回のブログは読んでくれた?今回は

クリスチャン・コア・バンド特集

ってことでガンガン紹介していくぜ!

ピロピロテクニカルサウンド、巨漢のボーカルとオモロなMVが印象的、Djent的な変拍子リフもいち早く取り入れ現れるのが流行ったA Plea for Purging


A Plea for Purging – “The Life”







オージー産クリスチャン・メタルコアFor All Eternity叙情メタリックなサウンド、高音のクリーン、完成度が高いにもかかわらずあまり話題にならなかったのが不思議でたまらない、Misary Signals好きだったらたまらないと思うんだが….

FOR ALL ETERNITY “Metanoia”






先日解散してしまったクリスチャン・ハードコアバンドThose Who Fear同じくクリスチャンのFit For A KingRyanが参加した一曲だ!


THOSE WHO FEAR “Ego Trip”







ピュアなメタルコアサウンドを奏でるWAR OF AGESもクリスチャン、2014年以来アルバムが出ていないが現在は何してるのやら、9月にはフェスには出ていたようだが…とにかく硬派なメタルコアサウンド、ぶれないけどクオリティーが毎アルバムごとに上がる、安心と信頼のWAR OF AGES

WAR OF AGES “Chaos Theory”







Haste The Day!!色あせない名曲だよね、もう13年も前の曲になんだね、ミリタントニュースクール風なだみ声シャウト、いきなりロックバラードな展開、またアルバム聞き直そっと!

Haste The Day – American Love







プログレッシブでテクニカルなクリスチャンメタルコアバンドHope for the Dying 、シンフォニック、メロデスとモダンなメタルコアサウンドが一体になったハイブリットサウンド、クサメロメタル好きにも人気が高かったバンドである!

Hope for the Dying – Setting Sun







ex As Cities BurnBetween The Buried And Meのメンバーが在籍のクリスチャンメタルコアバンドOh,Sleeper!!あまり話題にならんかったんですけどめちゃめちゃクオリティの高いメタルコアサウンド、このバンドもメロディーが素晴らしく、印象に残る名曲も結構あるんです!

Oh, Sleeper – “The Finisher”







90年代のピュアなFury Edge系のサウンドでコアなファンには大人気のSaving Grace、貴重なサウンドを奏でるバンド、新しいマーチも発売されているから近いうち何らかの動きは期待できる、このまま解散だけはやめてね!

Saving Grace – “Recidivist”







クリスチャン・メタルコアの代表格、現在ではより芸術的な孤高なサウンドに進化したThe Devil Wears Prada、キーボードを前面に出していた初期のほうがクリスチャン・メタルコアな印象は強かったね!

The Devil Wears Prada – Worldwide







Solid Stateの看板バンド、メタルコアとヘヴィロックの間位のサウンド、最近ではメロディーに重点を置いた先品が多くどのアルバムにも名曲が必ずある、だからアルバムは毎回買ってしまうんですねww

Demon Hunter – “Dead Flowers”







ボルティモア産クリスチャン・メタルコアバンドI THE BREATHERメタリックでテクニカルかつブルータル、激しいリズムチェンジの中に叙情的なメロディーが印象的、Sumerianらしいサウンドだね!


I THE BREATHER – SOUL : SEEK







EXTOLのOleによるニューバンドFleshkiller、さすがのEXTOLメンバーだけあってプログレッシブなデスメタルサウンドに仕上がっている注目のバンド!

Fleshkiller – “Warfare”



frameborder=”0″ allowfullscreen>





サウスダコタ産クリスチャン・メタルコアバンドColossus、ダウンチューン系の重いザクザクのリフ、程よい叙情サウンド、完成度高めのFacedownらしいバンドである。

COLOSSUS “Demons’







LA産ウェストコースト・クリスチャン・ハードコアバンドDYNASTY、アルバムbeyond measureではWu-Tang Clan、TERROR、AGNOSTIC FRONT、など豪華すぎるゲストで話題になったんだが、最近は動いていないようだ…

DYNASTY “Explicit Method”







ノースキャロライナ産クリスチャン・メタルコアバンドONWARD TO OLYMPAS、メロディックなデスメタル・スタイルのメタルコアサウンド、このバンドも日本での人気は皆無….


ONWARD TO OLYMPAS “Wolf’s Jaw”







個人的にも大好きなALOVE FOR EMEMIESのメンバーにより結成されたクリスチャン・メタルコア・バンドLETTER TO THE EXILESメロデスの要素も強いメタルコア、ブルータルに落とす強烈なブレイクダウンもたまりません!

LETTER TO THE EXILES “The Greater Hands Of Lesser Sons”







カリ産クリスチャン・デスコア・バンド、Impending Doom本当にクリスチャンなの?ってくらいの残虐なサウンド、ホーリーなパートなんて皆無、デスコア勢の中でもずば抜けて高いセンスをもったバンド、現在はラフミックスも完成したようで新しいアルバムが楽しみすぎる!

Impending Doom – Doomsday



クリスチャン・コアのバンド特集でした~!!

結局はFacedownのバンドばっかになっちまったけど、この中からあなたにばっちりハマるバンドが見つかればうれしいです!

では~!





追伸:
クリスチャン・コア代表格はやはりAugust Burns Redだね!アルバムも発売開始!もう全曲聞いた?待ちきれないからダウンロードしたんだけど、今作も激やば!!何がやばいってそりゃあなたの耳で確かめてくださ~い!

August Burns Red – King of Sorrow

【Posi散歩】Emmureの迷彩ジャケット装着で総合運動公園に行ってきた!

EMMURE

僕を甲子園に連れてって!!!ってのは嘘、EMMUREの迷彩ジャケットがかっこいいの意味もなく、福井県はおおい町にある総合運動公園に行ってきた。※自宅から車で20分

なぜに運動公園に来たのかは、公園内に歴史資料館があるとのこと、怪しいモニュメントの前で1枚。街中によくあるイマイチ理解できないモニュメント、このモニュメントを見て思ったのは「汚い….」もうちょっと綺麗な状態にしとけよと、何を意味するのかはわからないが、アートはそれぞれが何かを感じれば良いわけで……

エミュア

目的の歴史資料館に到着。

内部は撮影禁止ってことでロビーで一休み、この日の気温は5°だが風が強いため長時間の外出はキツイ!

アンミュレ

内部の撮影は無理なので誰かもよくわからない像と一枚、Polyphiaあのデザインを思い出す….

ポリフィア

像を見るともうPolyphiaしか浮かばない…..今回は久々にBetrayalのスナップバックを装着!

そういえば2015年、Runaway Kidsに改名しep発売後どうしてるんだろうか?
Runaway Kids “Better Days” (Official Music Video)

この総合運動公園の内部はこんな感じ…….

野球場、テニスコート、フットサル場、大きなグラウンドや体育館あれど誰ひとりとして運動していない、これでこの大きな施設が成り立っていると思うと、さすがは市の建物といった感じ、閑散としていてとてもさみしい….緩くもないキャラが出迎えてくれた…..

寂しすぎるぞ!!公園で一人遊び。

ソ~~~レ~~~い!良い反り具合でしょ?

Emmureのジャケット(L)にSleeping Giantのクルーネック・トレーナー(L)を装着、

Sleeping Giant

そういえばSleeping Giantは最近活動しているのだろうか?EMMUREのFrankieが参加した曲最高にクールだよね!

SLEEPING GIANT – Eyes Wide Open (OFFICIAL VIDEO)

このEmmure迷彩ジャケットだが着用した感じはコーチジャケットと似た感じだがコーチよりも柔らかいナイロンの生地、触り心地がとても気持ち良い、裏地はブラックだ。この日は雨が降っていたけど雨を弾いてくれた。

この日はカジュアルを意識したストリートなコーデだがバックのロゴやフロントのロゴも洗練された感じだからブラックコーデにもばっちりハマる、いろんなスタイリングが可能なアイテム!

いよいよ3月にアルバムが発売だね!シンプルなデザインのジャケット、今までとは違う何か新しいサウンドを届けてくれるかも知れない!楽しみだ!

フランキー以外のメンバーは総入れ替え Glass CloudやThe Tony Danza Tapdance Extravaganza などのメンバーが正式加入でサウンドもよりへヴぃーにテクニカルに
はなってないかな?どこからどう聞いてもEMMUREだね!やっぱりかっこいいよ!

Emmure – Look At Yourself (Teaser)

アルバム発売で新しいグッズも追加していくからお楽しみに!!いま発売されているグッズもいつ廃盤になるかわからないから早めにチェックしておいてね!

では!

河内野

一度でいいから球場でホームランを打ってみたいな…..

ミュージックビデオから最新スタイルを盗む!

こちら舞鶴は、そろそろサクラ咲きそうだ。

そんな3月の後半、春が近づいてくるとふと思い出す。

18歳で舞鶴を離れ神戸の専門学校に通い始める。

同じ夢を持った新しい仲間と出会い、いろいろな刺激を受けた。

新しいファッション、新しい音楽にもであった。

放課後は仲間たちと毎日ショップに出かけてはスタッフと仲良くなり
いろいろな情報を吸収し、自分のスタイルに取り入れていく。

だからいろいろなスタイルに挑戦するのが本当に楽しかった。

そのおかげで今でもいろいろなファッション
が好きだし、音楽も幅広く好き、

どんなに時が経っても変わらないスタイルもかっこいい、

けど僕はなんでも取り入れていきたい。

スタイルが変われど「信念がぶれてなければよくね~!」

と思うのである、だからレジェンド級のバンドも好きだし
新しく登場してくるバンドも好き。

ファッションも同じく、新しいものでもカッコ良いと
思えば取り入れていきたいと思う。

なので今回は新しいバンドや新しいミュージックビデオを
チェックしていこう!

新しいサウンドやそのバンドのスタイルなんかにも注目していく。

Rise RecordsからはHACKTIVIST、これは新しいね、
ニューメタル、メタルコア、ラップ、Djent、実に新しい!

てか人気でそうだな~!

HACKTIVIST – TAKEN feat. Rou Reynolds (2016 OFFICIAL VIDEO)

※携帯で動画を見るにはここをクリック。




ラップを担当している彼のバンダナ柄のシャツが実にイケている!バンダナ柄もトレンドだもんね。
Attilaから発売されているバンダナ柄のシャツを装着し
バンダナ柄も取り入れよう!

ここまでコテコテなネックレスでは無くでもよいがゴールドのネックレスとの相性も抜群だね。

ビッグサイズで着よしてもかっこいい、

クセが強すぎると感じたのならシンプルシャツの下に着用しチラ見せさせるのも技ありでイケてる。

バンダナ柄のバンドアイテムも2016は増えていくだろう!




ISSUESの新譜も楽しみだ。相変わらずお洒落なサウンド、もうちょっと激しい方がいいかな…….

Issues – The Realest (Official Music Video)

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


このビデオで登場しているモトクロスのスーツ、これもトレンドと関係している。
2014年あたりからコレクションでもハイブランドが取り入れていたり
ストリートブランドでも近年取り入れている話題のキーワードでもある。

sakura3-24015

ド派手な配色の切り返しやスポンサーロゴがいっぱいプリント者刺繍されたりと、
「ロンTの袖部分にプリントがいっぱい!」のようなアイテムは通じる部分がある。

いち早く取り入れたのはWe Came As RomansのWolf MMV Black ロングスリーブシャツだ!

ロンTで袖にプリントがいっぱい入っているデザインが狙い目、トレンドである。



Facedownから久々のハードコアバンドPoured Out!今一番楽しみな音源である!

Poured Out – American Justice

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


定番のプルオーバータイプでラフに、気張ってない感じが好きだな~、
ここ最近ではジップアイテムよりもプルオーバータイプがパーカージャケットにしても人気なのである。




StaySick Recordingsからのアルバムも楽しみなデスコア、Spiteも今後が楽しみだ!
暗黒極まりないブレイクダウンがたまらない!

AttilaのフロントマンChris Fronzakが主宰するレーベルだから期待感が「パない!」よね。

Spite Digging Pt I Official Music Video

※携帯で動画を見るにはここをクリック。


ボーカルが愛用しているシャツの袖はライン入り。バンドマーチでも
多くのバンドがラインの入ったグッズを発売しているよね!

なかでも群を抜いてイケてるのはSworn Inのロングスリーブ!
2本の袖のライン、ナンバリングにアーチロゴ、Spiteのボーカル着用のブラックスケールの
シャツよりもイケてる!これから以降もラインデザインは増えていくだろうね!



最先端グッズが多く登場するSworn Inのスタイルもいつも参考になるよね!

シャツの丈は長め、サイズもジャストよりもワンサイズ大きめ
ローファーからハイテクのキックスまで参考になる点が多い。

そしてバンダナを発売するバンドも多いってことでバンダナを
しっかり頭に装着するスタイルもトレンドになるかもしれない。

彼が着用しているブランドFuneral Co.アイテムもイケてるよ!

まだまだ知名度は低めなので狙い目!

最新のクリップで流行を追うのもアリではないでしょうか?

新しい生活の始まるこの時期、新しい仲間からの刺激を受けそれを
吸収して新しいスタイルにチャレンジだ!(信念はぶれずに!)

まだまだ紹介したいバンドいるけどまた次回に!

河内野

追伸:
あなたが注目しているバンドは何?