【ポジ散歩】「ネックディープ」の限定リンガーシャツ+「フォー・イヤー・ストロング」のハットを装着し美山町豊郷の名所「音谷の滝」に行ってきた

フォー・イヤー・ストロング

ここ最近の「滝」出現率が多いが今回も「滝」!!滝のマイナスイオンがやめられないんですよね!いつも通りグーグルマップで近所の滝を検索以前に行った野鹿の滝の近所でもある!

滝

道の駅、「名田庄」でまずは腹ごしらえ冷やしそば600円くらい!腰が強いソバ、美味~でしたよ!

OT18726003

車一台が通れる道を不安いっぱいになりながら突き進み駐車しいざ滝へ!


今回は徒歩で向かうことに、川沿いと山の登り道の分けれ道があったが水が流れる「川沿いの先に滝はある!」そう信じて川沿いを進む!!



今回は助っ人、吉田デラックスパイセン(YDX)が同行!

吉田DX

自然パワー吸収中!!

ネックディープ

やはり水の透明度はハンパない!!木の陰から漏れる光を浴び光合成しております。

Neck Deep

今回の着用アイテムは

・Four Year Strongのネイビーハット
Neck Deepのリンガーシャツ(サッカージャージ風)XLサイズ
Distubriaのミニショルダーバッグ※ラスト2個
・Guns Up タンクトップ(ネイビー)XLサイズ
・ネイビーのテーパードパンツ32インチ
・ナイキコルテッツ29cm

Four Year Strong

川沿いの道はもはや道さえなく完全にジャングル状態、結局分かれ道が合流し鬼の坂を進むことに、太ももは乳酸でもうパンパンである!!

OT18726008

今回はカメラ2台体制なんで写真を撮っている河内野を撮ってくれている図である!

Four Year Strong

体感では1キロは進んでいる予定なのだが、一向に滝が現れない!!!!


そこでYDX持参のドローンが出撃!!!

OT18726010

ドローンで上空500mまで飛ばすも滝は発見できず、というか500mも飛ばせるってすごくない?ドローンがほしくなったがお値段なんと15諭吉、あきらめましたww


今回着用しているNeck Deepのシャツだが、お気に入りポイントはアディダスロゴがサンダーボルトになっているところ、そしてリンガーシャツの特徴である首回り、袖先のリブのカラーである、Tシャツにはない印象を与えることができる!バンドマーチでも増えてきたよね!


ネックディープ

前回の大雨のせいか、山肌からの流木がとても多かった、

OT18726012

バンドT

苔が生え物語を感じさせるドカンがあったんで登ってみた。

バンドマーチ

マジ流木半端ないって!

OT18726015

そして歩くこと1時間は経過し見えてきたのは、

一の滝

野立て看板には一の滝、あれ?目的である音谷の滝は?



遠いし、マイナスイオン感じれないし、写真では全く伝わらないやないか~~い!!!!!

OT18726017

遠くではあるがなかなか迫力ありましたよ!

一の滝

この看板を見つけてから、数十分、一向に「音谷の滝」は姿を現せてくれない!

OT18726019

YDXもこの表情である。(おばさまが観光地で撮るポーズのようだ!)

YDX

そんなYDXは写真の腕はなかなかである!

吉田デラックス

そんなYDXはコレからドローン動画などYoutubeにあげていくようなんでチャンネル登録よろしくな!(Youtuber:ジョー風)

去らぬ上え、岩を超え流木を超え、

OT18726022

寄り道もしたせいか到着まで約2時間弱でようやく
「音谷の滝」到着!

OT18726023

ここ近辺ではまれにみる落差の大きな滝、写真では伝わらないのが残念である!

音谷の滝

滝つぼには行けず、マイナスイオンは感じられないがその迫力、ゴォ~~というサウンドは離れていても感じることができた!

音谷の滝

OT18726026

眺めること20分ほど、YDXはドローンを飛ばすも電池切れ、そしてこの表情である。

音谷の滝

あの滝のふもとに行きたい・・・・・

音谷の滝

音谷の滝を満喫し来た道を引き返す、その途中には崖を下りていく道があった、
音谷の滝

ポジ散歩

きれいな水はやはり癒される、しかし足首回りを8か所もかまれている、蚊でもないよくわからない虫、マジで痒いさが半端ない!!

OT18726031

めっちゃすごい写真を撮りそうなカメラマンの雰囲気を醸し出しているが、撮る写真すべてが普通であった・・・・

OT18726032

滝画面だが8割は山登り、苦しい思いしたおかげで滝を見た瞬間の感動は倍増、良い運動にもなったし良き一日だった!!




そうそう、このFour Year Strongのハットは喜怒音楽 -きど”おと”らく-ブログでおなじみの、トトさんにいただいたものなのである!!

OT18726033

OT18726034

最新の記事はBetween You & Meのニューアルバム『Everything Is Temporary』のレヴュー、トトさんのレヴューを見て音源の購入を決めている人も多いかと!



そんなトトさんのブログにもハットの画像がアップされていて「このハットマジでほしい!」なんて思ってたらまさかのプレゼントだったっていう超重量級の衝撃!届いたときはマジで感動しましたよ!


さらには2枚組、トトさんセレクト、なんと110曲、ワープドのコンピを軽く超す曲数、まだ流し聴きなんでじっくり聴いて最高のバンドを見つけしっかり音源を買う予定!



さらにさらにThe Wonder Yearsの直筆サイン色紙、Four Year Strongの迷彩シャツ、Sub City Recordsのステッカー、そしてトトさんのメモがうれしかった!ここまでしてもらっていいのか?本当に本当にありがとう!!

OT18726035

そんなトトさんからも僕たちの夏ソングアンケートの回答、最高な曲な1枚が届いているからまた紹介するね!


帰りの道中では一風変わったお寺を発見したんで寄り道、
OT18726036

地下には多くの提灯や阿修羅さまなどが描かれた石が並ぶ、

OT18726037

コンクリな外装は工場や炭鉱感じさせる独特な世界観があるお寺でした。

OT18726038

ここはもう一度来てしっかり撮影してみよう。

では!

次回はどこ行こうかしら!

OT18726039

京都府南丹市美山町豊郷の名所「音谷の滝」でした!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットの名前とサイズ:

■アウターの名前とサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーの名前とサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■スタイリングのポイントを教えてください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2018年の春夏スタイリング楽しみにしてます!

河内野




7月部門のスタイリングお待ちしています!

あなたの投稿で毎月一名のクーポン価格がアップしますよ!

最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野