【アンケート】「マスターピラー」さんが選んだビーチで聴きたい夏の名曲がこれだ!No9

BL18717064

台風大丈夫だった?こちらはパラパラと雨が降るくらい、風もそこまで強くなく無事に通り過ぎていきました、本日予定されていた花火大会も無事開催されるそうだ。花火といえばポップパンクバンドFireworks、最終的にはポップパンクからかなり進化したサウンドになって、活動休止してしまったけど僕の中ではとても大事なバンド、Man Overboardが多分復活するじゃん、Fireworksも復活なんて言ったら泣いちゃいそうです!


7月もあと2日でオワリ、夏ソングアンケートも明日30日の夜9時でオワリだよ!投稿していない人は明日9時までに以内に投稿してね!

投稿者は5000円クーポン券当選もお楽しみに!

さてさて今開催中の夏のビーチでかけたい僕たちの夏ソング募集!アンケート!本日はハードコア好きにたまらない汗ブルな名曲たちが届いた!

第9回目を飾るのはマスターピラーさん、ありがとうございます!


では、早速、いってみよう!!!


1曲目:SLOPE – Goodbye Mr. Dandy

夏でもハードコアでしょう!でもゴリゴリではなくモダンで軽快でキャッチーでグルーヴィーなハードコアで!






2曲目:Fireburn – Shine

ボーカルがメロディアスだしBAD BRAINSのIsraelだから夏だよね!これまたグルーヴィー!!





3曲目:Wisdom In Chains – Already Dead

世間の冷たい視線を浴びながらタフガイ集めてビーチでシンガロング!!メロディアスだけど硬派!






4曲目:Shelter – Here We Go

久々にマーチが発売されて思い出した名曲!エモ、パンク、メロディック、ハードコア好きにも聴いてしいね!






5曲目:WORLD BE FREE – Shake the Ghost

テラーのスコットやレジェンドバンドたちによるバンドっていうのが取り上げられているけど、それを抜いても最高なんです!キャッチーで絶妙にメロディアスなサウンドは夏でも最高に心地よい!






夏に聴きたい最強アルバムは?

TURNSTILE – Nonstop Feeling

BL18717065

僕の周りはハードコアドロップアウトしたやつばかりだけど、このアルバムは好評なんだよね!一般ピーポーも虜にしてしまう一枚だと思ってます!






夏に大活躍のバンドマーチといえば?

キャップ・ハット





今年夏一番のお気に入りのバンドTシャツは何?

Unbroken/アンブロークン – LIFE LOVE FLOWER Tシャツ

先日買わせていただいたUnbroken/アンブロークン – LIFE LOVE FLOWER Tシャツですね、基本スポーティーでストリートな恰好なんですが、このシャツはキレイ目に合わせようかなと、まだ届いていませんがww

アンブロークン

Unbroken/アンブロークン・グッズはここをクリック!





マスターピラーさん、ありがとうございます!ニックネームの由来はもしかしてMerauderのマスターキラーですか?ハードコアなセレクトだったんでもしかしたらとwwハードコアな投稿がなかったんでこれまたうれしい投稿でした!まず1曲目にはSLOPE の Goodbye Mr. Dandy、これは名曲ですね!僕も大好きな曲!プレイリストにはもちろん追加済ですが夏にはどうかな?!と思ってたんでマスターピラーさんのコメントで自信つきましたww爆音で流してやります!!そして2曲目にFireburn の Shine!!渋いセレクトですね!確かにBad Brainsも灼熱七つのイメージもありますし、Bad Brainsの遺伝子を受け継いだFireburnは間違いないっす、Don’t Stop The Youthに収録のレゲエもばっちりはまりますね!Shine b/w The Controllerは持ってなかったんで購入してみます!!そして3曲目にはWisdom In Chains の Already Dead、シーンのトップに君臨しながらも日本ではあまり話題にならないというか、なぜなんだ~~!!パンクやオイ、ストリートパンクな要素があるハードコアはメロディアスでありさらにメタリックな要素もある、暑さを暑さで乗り切るそんな力強いサウンドも夏にはアリアリです!続いて4曲目はShelter の Here We Goこれまた名曲中の名曲、Ray Cappoの声は唯一無二!耳に残るメロディー、シンガロング必須、BBQしている自分の姿にこの曲をイメージしてもばっちりです!コメントで言われている通り新しいマーチも発売で、もしかしたら新作の音源もなんて期待していますが、それはなさそうですねwwこのデザインは震えました!

Shelter / シェルター・グッズはここをクリック!

Shelter /シェルター - Chakra Tシャツ

ラスト5曲目にはWORLD BE FREE の Shake the Ghost、ボーカルはなんとTERRORのスコット、StrifeJudgeゴリビスのメンバーからなるスーパースターたちによるバンド、これまたハードコアとメロディックがうまくミックスされた最強ソングですね!友人たちとビーチフラッグをするときに流したい1曲!ビーチフラッグはしませんがww



そして夏に最強な一枚はTURNSTILE – Nonstop Feeling、ジャケットのトロピカル感のようないろんな表情があるアルバム!ハードコアの世界を広めた名作中の名作! クラシックであり新しい、グルーヴィーでメロディアスでありヘヴィー、ハードコアの新しい形を生みだしたTURNSTILE、2ndアルバムTime & Spaceと合わせて夏に欠かせないハードコアアルバムNo.1な一枚です!!



そしてこの夏のお気にのバンドTシャツはUnbroken/アンブロークン – LIFE LOVE FLOWER Tシャツこのデザイン、バンドが持つ説得力、存在感がデカイですが、名盤Life. Love. Regret.が記載されているだけで涙もの!!どこか物悲しいモノクロのフラワー、 バンドが持つ激情を感じさせる世界観、やばいっす!マスターピラーさんが言われていたようにここぞって時のキレイ目なスタイルにもばっちりとハマりますね!8月の半ばにはお届けできるんで、楽しみに待っててください!!



マスターピラーさん、最強な5曲に最強な一枚、その他の回答、マジでありがとう!


今回登場した5曲、持っていない曲はもちろん購入してプレイリストに追加しますね!!!!!



アンケートはまだまだ募集中です!参加してクーポン、ゲトっちゃってくださいね!


「アンケート、ポップパンクしかだめですか?」と問い合わせいただいたんだけど、なんでもいいですよ!ポップスでもメタルでもハードコアでも、デスコアでもドゥームでもスラッジでもJ-popでも、あなたが思う夏ソングですからNE★!!!

あなたからの参加楽しみに待ってるね!!夏の名曲はみんなで共有しようね!!!

アンケートの募集期間は7月の30日夜9時までとしますね!

河内野

【ヘヴィーメタル・ワールドカップ】とは何ぞや?!

B1862011003

世間で盛り上がっている、ワールドカップ、ウルグアイ戦では悪童スワレスが何かやらかしてくれるんではないかと期待したが特に何も起こらず、「噛みつき」で即退場のスアレスを期待していたんだがww


そうそう、このワールドカップに便乗してこんな企画が開催されているのは知ってる?

ヘヴィーメタル・ワールドカップ
メタルハマー

新旧問わず、シーンの最前線を突き進むバンドを取り上げる、1986年創刊の伝統あるヘヴィメタ専門誌メタルハマーで開催されている企画!

ヘヴィーメタル・ワールドカップとは何ぞや?!

16カ国から16のバンドを勝手に決めて、勝負させる、勝ち負けは購読者の投票によるもの、それぞれの試合(投票)は24時間公開される、24時間過ぎれば次の試合(投票)へと、なるほどね!


対戦のトーナメント表、初戦の組み合わせがコレである!
ワールドカップ


・Alestorm vs Babymetal

・Within Temptation vs Avenged Sevenfold

・Myrkur vs Bullet For My Valentine

・Gojira vs Immortal

・Burgerkill vs Sepultura

・Wrust vs Underside

・Ghost vs Parkway Drive

・Iron Maiden vs Rammstein




どうやって国の代表を選んだのか?謎すぎる!!とはいえ、なかなかに楽しい企画ではあるね、ある程度知名度あるバンドばかりだから、もっとコアなバンドでやっても楽しそうだ、当然このヘヴィーメタル・ワールドカップに出場するための予選はなかったわけだから、やるなら予選から対戦を組んで・・・・さすがにそれはシンドイかww

残っている初戦は下記の組み合わせ、

Gojira vs Immortal
Wrust vs Underside
Iron Maiden vs Rammstein

ん~~~正直言うとね、どっちでもいい!!!んだけど、優勝するバンドが何になるのかはチェックしておこうと思うww



2014年度の優勝者はBabymetalだったようで・・・しっかりワールドカップに合わせて4年に一度開催しているんだねwwならなおさらもっと細かく、アメリカとイギリスだけでも星の数ほどのバンドがいるわけで・・・・


正直ポジティブダイブでも予選から開催してもいいんじゃないかと、そう思うも星の数ほどいるバンド、選ぶだけで数週間はかかってしまいそうだwwジャンルを絞るだけでも数日、楽しそうなんだけど、気が遠くなるんでヤリマセン・・・


現在、試合中(投票受付中)の試合はこちら


Parkway Drive  vs  Ghost



オーストラリア 対 スウェーデンということですね!勝敗には全く関係ないけどFIFAランキングでいうと、オーストラリア(36位)で、スウェーデン(24位)Ghostのほうが強いということに?FIFAランキングではねwwどういった試合をするのか妄想してみた。

Ghost – Rats (Official Music Video)

遅さ・ダウナー感を特徴としたドゥームメタルサウンドでありながらクラシカルな伝統あるストレートな戦術で攻める、極上メロのハードロックなテイストは芯がぶれずParkway Driveのタックルにも動じない・・・・


Parkway Drive – “Prey”

貫禄あるメタルサウンドにシフトチェンジした成果、メタルコアな戦術を予想していたGhost側の戦術は通じず苦戦、キャッチーなサビで爆発するParkway Driveのボレーシュートがさく裂・・・・



Parkway Drive(1)  vs  (0)Ghost



1-0Parkway Driveの勝利!!!!

って、「何がおもろいねん!!」と自分で突っ込んでみる、いや、意外と楽しいかもwwということでParkway Driveに投票しておきましたとさww完全に自分の好みで勝敗付けちゃいましたがww

音楽に勝ち負けなんてないけどさ、これはこれで楽しいかも!ボロカスに批判している人もいるけど批判する前に、楽しみ方を見つけるほうがいいよ(^^)/


良かったらあなたもぜひ参加してみてください!


日本人としてBabymetalを応援しときます!意外とラストマッチ(決勝)は誰 対 誰なのかも気になってきたねww




デュボアというアルゼンチンのサッカー選手は相手選手を脅かすためにブラックメタル特有のコープスメイクをして試合に出場したりと、かなりイカレている選手、反権威主義であるデュボアはユニフォームに書かれているスポンサー名を泥やダクトテープで隠したり、ユニフォームの下にブラックメタルのバンドTシャツを着たり、34歳で引退しプログレバンドでベースを担当したり(ブラックメタルじゃないのねww)とすごい経歴の持ち主、一気にファンになったが、身元不明の銃砲によって射殺されてしまったようだ・・・RIP

知らないだけで、メタル、ハードコア、パンクをこよなく愛する選手もいることだろう、サッカー、フットボールに詳しいそこのあなた!知ってたら教えてね!

河内野



追伸:

ようやくワールドカップでの日本の勝利を一緒に味わえるような友人と会ったんだけど、何かあるたびにそいつは

「ジャイアントキリングだよな~!」



馬鹿の一つ覚えのように連呼するジャイアントキリング、何それ?バンド名?キリングジョークなら知っているんだけど・・・自分もバカだと悟られないように「ジャイアントキリングだよな~!」に対しては「だよな~」と、そいつが便所に行くのを見計らって速攻で調べましたよ!


ジャイアントキリングとは?


番狂わせ(ばんくるわせ)は、予期せぬ事態により物事が思惑どおりに進まなくなること、またはスポーツの試合などにおいて戦力や過去の実績で上回る競技者や競技チームに対して格下と見なされる側が、事前の予想を覆して勝利することを指す言葉である。


知ってた?僕全く知りませんでしたww正直に友人に知らなかったことを伝えたところ、その友人も今回のワールドカップで知った言葉のようで、さっきも言ったように「バカの一つ覚え」でしたwwアニメもあるようだね!

【ワールドカップ】祝、日本勝利!フットボールとパンクの関係!そしてフーリガン

フットボール・ワールドカップ

いゃっほい!日本勝っちゃった!!

完全に予想外でしたねww開始三分でレッドカードで退場、香川がPKを決める!相手は10人で日本の有利、しか~し前半39分、金太郎ではなくキンテロがフリーキック、まさかの針に糸を通すような壁の下、低いキックでゴール、キーパーの川島は「入っていない」とジェスチャーするも明らかにゴール・・・・・・

もしかしたら・・・・という思いもここで崩れ落ち、どうせ3-1くらいのスコアでコロンビアが勝つんだろうな・・・そして前半終了、


ハーフタイムではなぜかオシャレっ子大好きなサチモスのライブが流れ、NHKの公式ワールドカップ応援ソングなんですね、演奏うめ~な~、しかし特に心には響かず、ファンの方すみません・・・・林檎ねぇ~さんのNIPPONや、Superflyねぇ~さんの タマキンレボリューション、失礼、タマシイレボリューションのほうがテンションは上がりますね。

そして後半スタート、コロンビアの英雄、ハメス・ロドリゲスが交代でIN、これはヤバイ・・・と思うも、特に活躍はせず、交代で入った世界のHONDAからのフリーキックにヘッドで合わせた大迫がゴ~~~~~~ル!!!!!!


前半に感じた「もしかしたら、いけるかも!」という気持ちが復活、ボールは支配してるし、危なっかしいシーンも多々あったけど無事に21で終了!


日本、勝っちゃった!!

Jリーグも見ないしワールドカップしか見ない完全にニワカ野郎な僕ではあるけど、試合終了の笛が鳴った瞬間は思わずガッツポーズしてしまったね!!!



翌日事務所に来る仲間たちに「レッドカードが!」「香川が!」「大迫が」と古テンションで話しても、


「ごめん、全く興味ない!」



あの喜びを分かち合う仲間は一人としていなかったのである・・・・



このブログを見ているあなたはサッカー、フットボールは興味ある?なかったとしたらこの冒頭のブログの内容は完全に地獄ですねwwサーセン!!




ちょっとまって!!!フットボールも僕たちが愛する音楽と密接な関係があるんですYO!

後のOiパンクの源流でもあるパンクバンド、Sham 69は知ってる?名前くらいは聴いたことあるよね?Hurry up Engrandはフーリガンのアンセム!




絶対に一度は聴いたことがある、Oiパンクの超大ヒット曲イングランドサッカーのアンセムとなっているCock SparrerのEngland Belongs to Me!!やっぱこれだよね!!!






England Belongs to Meのイングランドをボストンに変えて歌うDeath Before DishonorのBoston Belongs to Meのほうが好きなんですがwwよかったら聞き比べてみてね!



集団で地下道を闊歩し、休みはサッカー三昧、激しすぎる応援、相手チームとの喧嘩は日常、日取りを決めて殴り合いの決闘するなど、これらの行動をするのがフーリガンだね!血気盛んな若者とフットボール、そして激しくもシンガロングしやすいパンクは切っても切れない密接にある存在なのである!

格闘家も多いロシアのフーリガンはマジおそロシア!パンク、スキンヘッド、メタルヘッド、ヒップホップ、グラフィティーアート、フットボールフーリガンなど、さまざまなサブカルチャーの代表者が集結しているMoscow Death Brigadeも有名だよね!とはいっても政治的、社会問題に専念したリリック、 近代的な不公正と差別に対するリリックが特徴なので問題になった政治活動に加担した右的なフーリガンとは全く別物、戦わずしていきれない現状で生まれた本物のアーティストである!

彼らのマーチの中でもハイセンスなクロコダイルデザインはクールだね!!

IMG_20171009_164936




サウンド的にも好きなのはスイスのベテランオイ・ストリート/メロディック・ パンク・バンドVanilla Muffinsだね!メロディのポップ度数がバンド名並みに甘いから、メロディック・ポップパンク好きにもおすすめしたいバンドである!




フットボール x パンク = 最の高ってことです!


インドネシアにはこんなバンドも、なかなかかっこいいハードコアバンドKILOMETER、曲名がBEER.MOSH.FOOTBALL!!


フットボールに関連した曲知ってたら教えてね!




日本代表、次の試合は6月25日 0:00から、夜の12時にキックオフ!!相手はセネガルこれがまた強そう、圧倒的なスピードと繊細なテクニックを持つテックデスコアみたいなマネという選手が要注意なようだ!!


フットボールつながりでAmerican Footballでお別れ!全くフットボール感はナッシングの伝説のエモ/ポスト・ロック・バンドです!






追伸:
サッカーに興味がなくてもカワイ子ちゃんにはお好きでしょ?そんなあなたにオススメなのが今日の美女サポーターたち【ロシアW杯】である!

ワールドカップ18
参照元:FOOTBALL CHANNEL

Neck Deepから学ぶ、キメすぎずラフ過ぎない絶妙スケーターミックススタイリング!

BL17222029

暖かくなったり寒くなったり、気温差のビートダウンが激しい、だけど毎日着用するバンドマーチのスタイリングは楽しめる、寒くなればレイヤード、アウター着用が必須になり、少し暖かいとアウターにTシャツ、ロングスリーブなど、同じアイテムでもいろんな着回しができる、いろんな印象を与える、最高な時期といっても良いくらい春が近づく冬ってのもいい感じだ。



来週末には3月に入るしね、特に大きなイベントといえば、全くの関係ないホワイトデーというクソなイベントくらいしか思い浮かばないが、もらった人はしっかりお返ししておこう3/20は私の誕生日、何か送ってくれても構わんよww



こちら舞鶴は雪も解け始め、家から数分の場所にあるスケートパークも利用が出来るようになった、2020年のオリンピックではスケボーが正式な種目になったということで人も増えるんだろうな~、オーリーくらいしかできないただゆったりと滑っているのが楽しいチルスケーターにとっては居場所がなくなるような…….



けどスケーターの人口が増え、スケートと密接にある音楽の一つパンクやハードコアも一緒に盛り上がったら最高だな!なんて妄想してる、僕がスケボーがうまくならない理由は毎日滑ってない、基礎体力の欠如wwそして一番は恐怖心なんだよね、高校の時スケボーで骨折ったんだよね、腕は逆方向に曲がっ茶ってさ、もう血の気が引いたね。


ま、いわゆるトラウマってやつね、スケボーの動画でも痛々しいヤツあるじゃん!あんなのみせられたらもう……..つい怖いもの見たさでクリックしてしまうんだけど、ただ恐怖心を植え付けてるだけwwスケボー始める方は見ないほうがいいね。



どスケーターのファッションも参考になるんだけど、バンドマンでもスケーターは多いよね、ビデオにもよく登場するし、やはりメロディックパンクに多い、



Gnarwolvesなんかモロだよね、MVでは毎回トリックをメイクしてから曲が始まる感じ、興味無くてもスケートがやりたくなる!

Gnarwolves – Smoking Kills

何よりも自分たちが楽しいでいる感が伝わってくるよね、最高だよね!スタイリングにしてもキメ過ぎておらずラフだけどどこかポップでカラーをうまく使ったオシャレな感じはマジ参考になる!

gnarwolves






3枚目となるNewアルバムレコーディング開始したNeck DeepのこのMVもスケートシーンが登場するね。

Neck Deep – Gold Steps (Official Music Video)



そんなNeck Deepも去年行った秋冬スタイリングの「オシャレなバンドマンは誰?」でよく名前の挙がったバンド、ボーカルのベンは特に多かったよね!ということで今回はベンのスタイリングをチェックしていくことにしよう!

ネック・ディープ
モロに90’sなファットなスタイリング、ネルシャツにファットなデニムの腰パン、オールスターを持ってくるあたりがいいよね、寝るシャツは一番上のボタンだけ閉めるスーサイダルなどベニスビーチ周辺のチカーノギャングスタイルも少しサンプリングしているのかと!不動の人気のスキニーも良いけどファットなパンツもたまに挑戦するといいよ!
ライン



Neck Deep
絶妙な色使いが素晴らしいスタイリング、キャップの中にあるカラー、カーキやマスタードイエローなどをうまく合わせている、そこにブルーのプリントが差し色になって仕上がった素晴らしいスタイリング、ネイビーのデニムで淡いカラーがしっかり引き締まった印象を与えてるね!
ライン



Neckdeep
奈良の東大寺をバックに撮った一枚はアウトドア感とストリートミックスなスタイリング、普通なら避けてしまう独特な柄のセーターかポロシャツか分からないが奇抜な柄が印象的で、全身写っていないためトータルでは分からないけど、どこかに違和感をつくろことで見るものに興味をもたらす上級なテクである!
ライン



ネックディープ
ブラックやグレーのダークなトーンで個性的なジャケットが印象的、バケットハットやサングラスの形のシルエットのチョイスもグッド!主張しすぎずさりげなくコダワル、秀逸なコーデ!
ライン




ベースのフィルのスタイリングも見ていこう!迷彩のコーチジャケットにホワイトシャツで爽やかに、丈感でレイヤード、アディダスのハイモデルでスポーティーかつトレンドのハイストリートの要素を加えたコーデ、ポップ名だっ土ハットもいい感じ!
ライン



ロックすぎない、ストリートすぎない、キメすぎずラフすぎない、スケーターライクなスタイリングはやはりイケている!Neck Deepに限らずポップパンクバンドのファッションは夏だけじゃなく冬のファッションにも役立つのである!

そしてスケーターのスタイリングも独特でイケてるからチェックしたほうがいいよ!パンツの丈感、ハイ、柄、ホワイトのソックス、Vans,だってスケーターから人気が出たアイテムたち、機能性とファッションがうまくミックスされた僕たちのためのスタイリングなのである!

では!

河内野

独断と偏見で2017年を大胆予想!!

あれよあれよという間に2017年も6日が経過、年初めになると新しい目標や新しいルールを決定するんだけどさ、相変わらずの3日坊主、目標はある程度簡単にクリアできるラインを設定するのが良いと実感した、どうも河内野です!

年の始まりは毎年気になっていることがあるんだよね!
 

・2017年どんなバンドマーチが発売されるんだろうか?

・どんな新しいジャンルが生まれるのだろうか?

・どんなファッションが流行するのだろうか?

2017年も楽しみ、ワクワクします、ここで独断と偏見で2017年を大胆予想してみようと思う!

まずは音楽について!

クラブシーンではプログレッシブハウスというよくわからんジャンルが流行するらしい、

ハウスの4つ打ちビートを基調とし、そこに特徴的なシンセサイザーやベースライン、ストリングス、民族的なパーカッション、効果音を乗せ、さらにブレイクビーツ、リバーブ、ディレイなどのエフェクトを多用する音楽です。※http://tomothai.net/参照

プログレッシブは、ぼくたちにも馴染みのあるワード、ハウスってなんだよ!家かよ!!あまり馴染みのないハウスとは70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源とWiki先生は説明してくれているけど、わかりやすく言うとポップスをダンス向けにリミックスした感じ、意外と耳に入ってくる音楽はハウスなのかもしれない、僕たちが好きなエレクトロなコアも、アート性やストリングス、ポップスまでとは言わないけどわかりやすいメロディーの歌もの重視が増えてきているようにも感じる。

ISSも初期に比べエレクトロな部分は洗練され、クリーンも少し艶が有りグッドメロディー、クリーンがテーマではないだろうか?

I SEE STARS – Calm Snow (Official Music Video)

アルバムを通して70%がクリーンボーカルになる!そんな衝撃的なニュースを発表したSuicide Silence、やはりクリーンというキーワードは賛否両論だけど注目せざるを得ないキーワードなのだ。

Suicide Silence- “Doris” + You Only Live Once (Knotfest 2016)

正直言うと違和感がありまくるんだが、たぶん音源は買ってしまうだろう、しっかり全曲聴いてみて判断してみるよ、クリーンのはいりがファルセットってのもびっくりだが、若干Machine Headギターボーカルのロブ・フリンの歌声と似ている感じもする。ニューデスコアだね!

2016年爆発したニューメタルコアのバンドたちもクリーンをサビに持ってくる曲が増えてきているし、ブレないバンドたちもどこかにクリーンを取り入れ始めるかもしれないね!音源を数枚発売し急に音楽性の変化が出るのは自然の摂理かもしれないがオリジナリティーある変化なら大歓迎、「はやりに乗っかっちゃった!」はマジダサいからやめてほしいねwそんなことはないだろうけど!

NHKで放送が決まっている、バナナ♪ゼロミュージック「2017流行するかもしれない音楽SP」もチェックしてみると面白いかもね!

1/7 (土) 22:20 ~ 22:50 (30分) この時間帯の番組表
NHK総合・東京(Ch.1)

音楽バラエティー「バナナゼロミュージック」新シーズンの開幕は2017年に流行するかもしれない音楽を特集。人気が再燃してるヘビーメタルと生誕100年を迎えるジャズを取り上げます。プレゼンターはヘビーメタル一筋25年のTHE冠とセクシーすぎるジャズピアニスト高木里代子。音楽クイズで大盛り上がり、レディビアードはデスボイスでクイズを出題します。さらには即興ジャズセッションにも挑戦します。【司会】バナナマン,雨宮萌果,【ゲスト】小沢一敬,高橋一生,山本彩,矢倉楓子,須藤凛々花,Ken Yokoyama,THE冠,高木里代子,レディ・ビアード,【出演】オルケスタ・バナナゼロ・ムジカ

ファッションにしても音楽にしても流行は20年で繰り返すってよく言うじゃん?20年前ってことは1997年、オルタナやグランジが落ち目になりニューメタルが流行り始めた頃、ハードコアで言えばニュースクール全盛期?これは個人的にかもしれない、いや、NYHCばっかり聴いていたな…

そう考えると現在のニューメタルコアなバンドのトレンドは流行は20年で繰り返すにバッチリハマる、とはいえ廃れるジャンルなのかもしれない、ハードコア、メタル、パンクは関係ないかも知れない、オルタナ要素の強いポップパンクもサウンドの変化が出てくるかもしれないね、

とは言ってみたものの20年前と現代の音楽の流通や聞く環境も違う、当時はやはり情報量が少なく今は調べれば一発で聴ける、独自なサウンドを奏でるバンドも数多く登場するだろうしそのバンドが話題になることも現代では大いにありえる、良い意味で期待を裏切ってくれる激音バンドの登場が見てみたいね!

ふと思ったのはVRの登場で音楽の映像を見るだけでなく体感する、例えばライブに行かなくても自宅で…..とか、やはりライブは生!音源の数百倍最高なライブに来てもらうには?バンドマンにとっては集客の危機でもある、今以上にしっかり考えていかなければいけない重要なことかもしれない!

話がずれてしまったけど、意外なバンドがクリーンを取り入れる、そんな予想ができる。アングラはよりアングラな方向に、ブレないバンドはブレない中でのオリジナリティーを見つけ出す。予想は当たるだろうか?




どんなファッションが流行するのだろうか?

お馴染みのパリコレクション、2017春夏のコレクションを見るとある程度わかるよね。

ボンバージャケットは未だにコレクションでもよく見かけるがやはり独自なシルエットや柄を取り入れたアイテムが登場するようだ、そういえばディスタービアのボンバージャケットもオリジナリティーがああたよね!(Sサイズ1点のみ在庫有りだよ!)

カラーや柄、トレンドのキーワードは、

・カモ(迷彩)
・ピンク
・オレンジ
・海のような鮮やかなブルー
・アニマル柄、
・アニマルデザイン
・刺繍
・ジェンダーレス(男女の境目の薄れ)
・サンダル・ソックス
・レトロxオタク=ギークスタイル
・スポーティーアイテム+モードミックス

これらのキーワードが同バンドマーチに反映されてくるのだろうか、そこがポイントだよね!

カモ、ピンク、オレンジ、はもはや定番化、アニマル柄にアニマルデザインってことはシンプルから派手めのマーチが増えていく予想もつくね。サンダル・ソックスはどう見ても土日のお父さんなイメージ、バンドマーチには関係ないであろう、

シルエットに関してはビッグシルエットはコレクションでもかなりの数が登場してきているから引き続き重要なキーワードだが、パンツ、ボトムスは細身から極端に太い目になる可能性もある、タックの入ったパンツや緩めのクラッシュデニムはよく見かけるようになったよね、と言っても丈は短めでソックスを見せるスタイリングだそうだ。

バンドマーチとしてはある程度シルエットは決まっているからカラーや柄の新しいアイテムが多く登場するだろう。アウター類のバリエーションは増えて欲しいが、やはりコーチジャケットの数をもっと増やしてほしいよね!

軽く予想してみたけどさ、こんなジャンルが来る、こんなスタイリング、アイテムがくる!ってのがあったら教えてくれない?

最後はアンケートにも参加してくれた山下さんのリクエストで!

Sleep Talk – Mother (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

やっばいね!叙情的で空間的で浮遊感ありのメロディックハードコア、ネクストブレイクが予想されるバンドである!!
Dreamboundは注目のレーベルだね!