暑い夏こそメロディックパンク!ではなく・・・ぶっ飛んだ暗黒ミュージックで「涼」を感じろ!!

LWEDDIE1975058

肌が焼けるような痛さ、日差しがヤバイ!連日続く猛暑、こんな猛暑にぴったりなサウンドといえばメロディックパンク!そんなメロディック界の王御所が新曲を公開!!!眠気も一気に冷めたね!朝からハイテンションLagwagonの新曲!!!5年ぶりのアルバム「Railer」は10月、秋になってから発売と少し残念だけど哀愁あるサウンドは夏にも秋にばっちりハマるね!






The Plot In You

アルバムジャケットのアートワークもオールドスクールなまさにメロコアなデザインがたまりません!このデザインのままのフォトTシャツを出してくれるなら間違いなく入手するね!ニューマーチマジ楽しみです!
にしてもこの曲もJoeyのメロディーセンスが光る!face to faceLagwagonのツアーも決まったようで、当然USだけど・・・・日本にも来てくださいな!アルバムを発売する10月にはThe Menzingersの新譜も、盛り上がるニュースが連日届くんだよね!



そんなメロディックなBGMで一日を過ごそうとしていた矢先に現れたデスやブラックメタル好きのパイセン、暑さで回路がイカれてしまったのだろうか、今日もぶっ飛んだバンド、キチ〇イのようなサウンドをプッシュしやがる!「猛暑の中聴く音楽じゃないって!!!」と心では思うも口には出さず、音楽だけじゃなくグロいブラックなニュースなどを笑いながら話し出す・・・「ブラジルの刑務所で抗争があったらしいぜ!何人ものヤツの頭部切断やで~!ブラジルヤベ~って!」あんたのほうがヤバイよマジ笑えない・・・・



まず激プッシュされたのがImperial Triumphantというバンド、ニューヨークのアバンギャルドなポストブラックなようだ!なんかトランペットのような金管楽器が聴こえるんですけど、どことなくジャジーだし、サイケだし、ちょっとおしゃれとも思ったが、やはり一貫して不気味である、ある意味夏にはバッチリなサウンドなのかもしれないwww

まさに前衛的なポストブラック、聴くものを完全に選ぶ偏食好きが好むぶっ飛んだバンドだね!MVでも登場しているマスク装着のメンバーたち、どういったコンセプトなのだろうか?ちょっと掘り下げてみようかな!グッズ取り扱えそうだからまたアップするね!


The Plot In You


パイセンあざっす!現在聴きこんでいるんだけど結構好きです、でも真夏にはあまり聴きたくないかもwwwそして「夏といえばギャルやろ!きれいなお姉さまLingua Ignota知っとるけ?」し、し、知らないっす!見た目はモダンな洋服を身にまとう気の強そうなお姉さま、おもっくそムチで叩いてほしいくらいだwwwにしてもサウンドが全く想像できない、パイセンがプッシュしてくるくらいだからぶっ飛んでいるのだろう・・・



Kristin Hayterによるプロジェクトのようだ!ALL BITCHES DIEのアルバムジャケットを見て思い出した!いろんな雑誌で絶賛されていなかったっけ?レーベルはProfound Lore Recordsに所属、BELL WITCHSoft Killに僕たちの好みでいえばFull of Hellがいるレーベルだよね!ってそういえばFull of Hellの最新作にも参加してたよね!

その時点でもう好きになっちゃったwwwそんなFull Of Hellとのスプリットでもご存じのThe Bodyの楽曲にも参加しているとんでもないお姉さまなようだ、バロック音楽的な高貴で荘厳ホーリーなサウンドに中ブチ切れたように叫ん割は闇、病むくらいの闇ねwwwだり、オペラっぽく歌ったりと光の世界と闇の世界を一度に味わっているような、といってもデス・ドゥーム、ゴス、ゴスペル・プロジェクトと紹介されているが、ノイズからクラシックの要素も感じれる、何とも形容しがたいアングラミュージックだが一気にファンになっちゃいました!ということで早速マーチアップしたんでチェキラウ!The BodyにしろこのLingua Ignotaのマーチも反応は薄いだろうねwwwあまりにも人を選ぶ偏食なぶっ飛んだアーティストだからね、そこらへん難しいよねwww現時点で大好きな女性がいるアーティスとは群を抜いてOathbreakerだけどこのLingua Ignotaも上位に食い込んできました!



The Plot In You

続いて「MIZMORってバンド知ってる?絶望を味わいたならこのバンドだな!アルバムも9月に出るぜ!」あの読めないバンドロゴ「מזמור」何語?のやつですよね。

3年前ほどに発売されたアルバムは、これまた絶賛されていたように記憶しているが、記憶にコベリついているのはこのジャケットデザイン。クレヨンしんちゃんのボーちゃんが闇落ちして暗黒世界を浮遊しているようなデザイン、空見上げてこんなのいたら完全に漏らします、トラウマ級の暗黒デザインだ!




ジャケットデザインをそのままサウンド化したような、ドゥームにダイブ寄ったブラックメタルサウンド、コテコテなドゥームは少し苦手な僕はこのMIZMORのようにブラストパートもあると一気に好きになっちゃう!先日撮影に行った鉱山跡などで爆音で聴いてみたい、怖くて撮影どころじゃなくなりそうだけどwww完全闇属性の地を這うようなドス黒いサウンド、これまた人を選ぶサウンドだね!



ニューアルバムは「CAIRN」は9月の6日に発売、そのジャケットデザイン、この独特な暗黒な世界観、見覚えない?

MIZMOR

現在59歳のポーランド生まれの画家「Mariusz Lewandowski」によるデザイン!Bell Witchのデザインがきっかけで18年はバンドからのデザイン依頼が絶えなかったそうである!

Mariusz Lewandowski

近々で手掛けたバンドは、

・ドゥーム・メタル Bell Witch
・ドゥーム・スラッジ Shrine of the Serpent
・スラッシュメタル Sepulcher
・デスメタル Rogga Johansson
・テクニカルデス Psycroptic

先日紹介した、メタリックハードコア / ヒューミング・マウスのアートワークもですよね!

Fuming Mouth / ヒューミング・マウス




Mariuszはこう言っています。


「誰にも邪魔されないという安心と自信が必要なので、私は夜だけ絵を描きます。メタルのグラフィックを作るときは、自分に託された音楽で心を満たさなければならない。しかし、バンドが提供するのは音楽だけではない。;音楽の対話や哲学や仮定も重要です。これらすべてが私の心をオープンにしてくれて、音楽と関連したものを作ることができるようにしてくれました。」

これからますます彼、「Mariusz」の絵を見ることが増えていくでしょう、現在は依頼がありすぎて追いついていない状態のまさに売れっ子なアーティストとなてしまった、彼の手掛けたアートワークのデザインのマーチも数点取り扱っているからね、デザインから入るのもいいじゃない?僕はまさにそうでした、Bell Witchのアートワーク見て惚れてしまいましたから、ConvergeのJacobのデザインと同様デザイン先行で手が出てしまう魅力的、脳裏に焼き付く作品です!

ポーランド生まれの画家「Mariusz Lewandowski

覚えておいても損はないでしょう!


人間の理解を超えた他の世界の存在、ほとんどの作品の下部には亡霊的な人が描かれている、とてつもなく大きな何かにただ見ることしかできない人なのか、生霊か、生と死、苦しみと解放、そんな言葉を僕は思い浮かべる、魅力的なアートだ!僕は一気にMariusz Lewandowskiに魅了されファンとなってしまった、あなたはどうですか?



ハードコア好きだったらFuming Mouth / ヒューミング・マウスは要チェックだよ!デスメタリックなハードコアサウンド、XIBALBAとか好きだったら間違いないね!

マーチもね、ジャンルによってそれぞれの特徴があるけど、今日紹介したようなアングラなバンドたちも即得な精悍があり魅力的、あなたの夏のスタイリングにぜひ取り入れてみてください!



真夏に邪悪なサウンドとマーチ悪くない!

現れたときは正直イラっとしたけど、パイセン!感謝してます、今日も最高なアーティストを知ることができました!「ありがとう!」といってお別れしようと思ったんだけど、最後には引くくらいのグロい動画を見せてきて、イラつくどころか殴りたくなったのでパイセンには感謝していません!!!!!今夜夢に出てきそう・・・あ~~最悪。



7月も今日で終わり、明日から8月!7月最後の夜も楽しんでください!



では!


河内野



【ポジ散歩】「ディセンデンツ」のTシャツを装着し「日本遺産」に決定した兵庫は朝来にある「神子畑選鉱場」に行ってきた

Disturbia

梅雨も明けたようで連日猛暑この日も35℃と真夏並みの気温、このままいくと8月は40度を超えるんじゃないかと思うくらいハイピッチで気温が上がっていく、Tシャツオンリーでも暑いもんね・・・・・


今回訪れた場所は、パイセンに教えてもらった神子畑選鉱場、読みかたは(ミコバタセンコウジョウ)一発で読めたあなたはジーニアス!!


こちら舞鶴からは下道でおよそ1時間半ほど、兵庫県は朝来市という日本海と瀬戸内海の中心あたりに位置するスポットである!



この日、着用しているのはDescendents /ディセンデンツTシャツってことで移動中のBGMはアルバム「HYPERCAFFIUM SPAZZINATE」


Descendentsはいつ聴いてもDescendents当たり前なんだけど、月日が経ってもいつもハイクオリティーな楽曲、夏のドライブのテンションをアゲアゲにしてくれる最高な一枚!


街を超え山を越え、さらにうねる山道の途中に現れてきたのは神子畑鋳鉄橋

神子畑鋳鉄橋

きれいな川、鉄の橋、そして眼下に広がる大自然、田舎最高です!

神子畑鋳鉄橋

特に見どころはないんでメインの神子畑選鉱所跡へ、到着し神子畑選鉱所跡とは何なのかと看板をしっかりと読む!

kami18713006


大正8年、明延鉱山から運び込まれた鉱石を選鉱する大規模な「機械選鉱場」

山の斜面を利用した機械選鉱場はその規模・産出量ともに「東洋一」と謳われた。

特に「比重選鉱技術」は国際的にも高い評価があり海外からも視察団が訪れるほどだった。

また、24時間稼働しており、夜中になると選鉱場が光る姿が印象的で不夜城のようだったという。

残念ながら昭和62年、円高の急激な進行で競争力を失った明延鉱山の閉山に伴い、本選鉱場も操業を終了し閉鎖。

その後も建物は残っていたが平成16年には解体。

参照元

不夜城と呼ばれる光る選鉱場もみてみたかったな。


この神子畑選鉱場なんと日本遺産に認定されて知名度が爆上がりなようだ

メインを見に行く前に見えていたのはキュートな小さい電車、

kami18713007

鉱石を神子畑選鉱場に運ぶために造られた鉱山鉄道の電車で、正式名称は明神電車と呼ぶらしい。


乗客数を把握するため、運賃を一人一円にしていたことから「一円電車」と呼ばれるようになったようだ、


お金の価値は今とは違うけど格安であることはマチガイナイ!当時の映像をアップしている方がいた、鉄道マニアにはたまらんだろうね!

名は「わかば」

kami18713008

広いとこよりも狭いところが好きな僕はこの絶妙な広さがたまらなく好き!だけど対面に座られると窮屈だろうね。

kami18713009

そしてメインディッシュを目の前に、そのスケール感に感動、で、デカイ!!苔の生えたコンクリの冷たさは少し恐怖すら感じる。

kami18713010

このデカさが少しでも伝われば、生で見ると圧巻でっせ!

最上部にさっきの電車で功績を運び、上から順に鉱石を選別し純度の高い鉱石が最終的に残る、そんなとこだろうか?

kami18713011

残念なのは中に入れないってこと、侵入してやろうかとも思ったけどね、グッと我慢!

kami18713012

山の脇道からぐるっと回り撮影してみた。

kami18713013

選別場の急斜面を結構な長い時間眺めながらも「どうしても入れないんだ!」と何とかあきらめがつき先へすすむ、見えてきたのはムーセ旧居新緑という洋館?


外国人宿舎のひとつであったそう、現在は資料館として存在するのだがこの日は閉館していた、残念!

kami18713014

マップをチェック!

kami18713015

さっきの選別所にも映っていたレール、当時の写真がマップに、あの急斜面を重たい鉱石を乗せて運ぶ、とんでもないエネルギーがかかりそうだ。

kami18713016

そして現れたUFOではなく液状となった鉱石と水分を分炉させる施設、これまたその大きさに圧巻です!

kami18713017

kami18713018

kami18713019

kami18713020

kami18713021

こちらも中に入りたい衝動にかられるも、なんとかグッとこらえた。

kami18713022

何度も言うけど、マジ圧巻なんです!ぜひお近くの人は「生」で見てください!


ほんでもってだれか一緒に潜入しない?

kami18713023

ドローン撮影の動画があったんでぜひ!

完全に満喫でいたわけではないが、神子畑選鉱所跡を後に周りの探索を開始する。


見えてきたのは大きな廃墟、若干のやばい空気も感じつつ・・・・

kami18713024

どうやらこの建物は学校だったよう、石碑を見てみると昭和41年に廃校になっているらしい、西暦だと1966年、ビートルズ来日した年だね!

kami18713025

虫の鳴き声、木々を揺らす風の音、自然のサウンドだけが響く、耳をすませば子供が遊ぶ声も聞こえてきそうである。

kami18713026

サビで朽ちる寸前のジャングルジムに遊具たち、どこか切ないグラウンド。

kami18713027

グラウンドを抜けると小川が、この川、とてつもない透明度を誇る流れる水、やばいっす!

kami18713028

鍾乳洞みたいな「木」も珍しい、吊るしてある草履、お地蔵さんと神秘的な木である!

kami18713029

先へ行くも人が住んでいる気配がしない家など、この世界で自分だけが存在するんではないかと錯覚するくらいの静けさ、自然の音だけである!少しジブリ感のある場所ww

kami18713030

先ほどの川、どうやら下に降りれるようだ。

kami18713031

川のふもとにやってきてびっくり、補装された水路の奥からはとてつもなく詰め痛い冷機、16℃に設定し強風にしたエアコン並みの冷たさ、まじで寒いくらいである。



この水路を超えると・・・・頭の中は完全に「千と千尋の神隠し」

kami18713032

水温もかなり低い、押してやはりその透明度にびっくりである!

kami18713033

見たことのないカエルもいたが撮影できず、逃げられた、少し紫がかった、もしか新種?ガマ親分かもしれない!

kami18713034

今回は珍しくネイビーのほんのりテーパードパンツはいてます!ネイビーだし、スラックステイスト、よそ行き感であるよね!

kami18713035

もちろん今回もディスタービアのショルダーバッグは装着!どんな場面でも大活躍してくれるカワイイやつである!

kami18713036

久々にベレー帽を装着してみたんだけど、漫画家感が出てしまうな・・・

kami18713037

川を探索し涼むこと30分、メインよりも川にいた時間のほうが長いような・・・・

ディセンデンツ

現実世界に戻ると、メガネとカメラのレンズが曇る曇る!!相当気温差があるんだな。

kami18713039

今回の着用アイテムは


・ベレー帽:フリーサイズ
・シルバーネックレス
・Tシャツ:ディセンデンツ(Lサイズ)
・インナータンクトップ:フィット・フォー・ア・キング (XLサイズ)
・バンダナ
・ディスタービア:ミニショルダーバッグ
・パンツ:32インチ
・エレクトリックゾンビ:ソックス
・コンバースオールスター:29cm




ディセンデンツは新作グッズが発売、しかも夏にばっちりのアイテム!!ぜひチェックしてみてください!

Descendents


最後に見つけた看板には坑道や銀山を見れる施設が!と思いきやもう時間切れ次回だね!

kami18713041


まるで異世界に来たような施設、周りはジブリに出てきそうなほど、のどかでファンタジックな大自然、兵庫朝来良いところでした!


撮影場所:神子畑選鉱場

次回はどこ行こうかな?

河内野








あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットの名前とサイズ:

■アウターの名前とサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーの名前とサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■スタイリングのポイントを教えてください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2018年の春夏スタイリング楽しみにしてます!

河内野




7月部門のスタイリングお待ちしています!

あなたの投稿で毎月一名のクーポン価格がアップしますよ!

【DOGTOWN】思わずスケートしたくなるクロスオーバー・ハードコア・メロディック・ポップパンクバンドのMV特集!

DT18-02-22006

実は、昨日スケートパークでスケートしながら写真撮ってたんだけど、近所のスケートパーク周りの駐車場の夜はカーセ●クスのメッカになってるんだよね・・・家かホテル行けよ!と言いたいんだが、

撮影のため、カメラのフラッシュをタキまくっていたせいかカーセクロスしていたカップルたちは次々と帰宅していったんだけど、あるカップル、完全に見た目がDGNに絡まれました。

盗撮していたと勘違いされたww「盗撮するんだったらフラッシュなんてたかねーよ!」(※しませんけどね!)DGNの怒りはおさまらないためカメラに入っている画像をチェックされた、マジでイライラしてくるから詳しくは書かないけど、結局は無事に何事もなく、「ブログチェックします!」とのこと、少しだけ仲良くなりました(笑)「しかし今後、ヤツと出会うことはないだろう!!」

そんな感じだったんだけどさそのDQNの服装がマジ衝撃的


ドッグタウン


なんと、ここ最近僕がずっと言っているDog Townのアイテムを着用しているじゃないの!!!!


※Dog Townとは?
70年代から今なお存在感を発し続けているハードコアかつオールドスクールなスケートボードの代名詞ブランドSuicidal Tendenciesのフロントマン、マイク・ミューアの兄で、元Z-BOYSのジム・ミューアが70年代に立ち上げたスケートブランドだね!



DQNはその恰好からはスケートというイメージが一切わかないスタイリング、しかし完全に胸にはDog Townと書かれているんだよね、けどねシャカシャカのセットアップ、そんな彼が後ろを見た瞬間、「あ~やっちまってるな~!」


ドッグタウン


画像のようなシャカシャカ感に、バックには龍が前面に描かれブラックドラゴンと描かれている鬼ダセェーセットアップ、地方のマジ卍DQNスタイル!!これね、一応Dogtownでは間違いないんだよね!

90年代に日本の会社がライセンス生産して、作ってしまった黒歴史のアイテム!僕みたいな30代なら懐かく感じるんじゃないかな?

ライセンスっていうのはブランドの商標を他社が使用することへの「使用許可」、ドッグタウンが許してしまったわけ、海外からは「japanese dogtown 」とかネタにされていた時代があるんだよね、今でも地方の怪しい服屋さんとか言ったら見かけるからね、マジ卍な人たちにはビビっとくるアイテムだが、本気でDog Townが好きな人からすれば「マジやめてほしい」、ま、本物とは明らかに違うからさ、大丈夫なんだけどwwでもこの糞ダサいヤツも一応本物か!

そもそもなんでDog Townにハマっているんですか?



そういう声もいただいたんですが、やはりきっかけはSuicidal Tendenciesかな、何度も言うけどZ-boys(ジーボーズ)のメンバーであるジム・ミューアーの兄貴がSuicidal Tendenciesのマイク・ミューアーってのもあるんだけど、久々に見たロード・オブ・ドッグタウンって映画が一番のきっかけかな。


その中でもJay Boy ジェイ・アダムスの生きざまにほれ込みました!


ジェイ・アダムス



映画の中でも描かれているけど、メインとなるトニー・アルバやステイシー・ペラルタとは違い


世間やメインストリームにこびないアングラなスケーター



っていうのが男としてほれ込みますよね!LAのローカルなギャングスタイルなスタイリング、



Jay Boy


バンダナにネルシャツのアウトローなスタイルもオールドスクールなスケーターに今もなお影響を与え続けている。

53歳と言う若さで亡くなったのが本当に残念・・・

映画の中の彼のスタイリングやライブハウスからの乱闘シーンもハードコア好きなら見どころだよね。



高校で初めてスケートを始めたころに初めて買ったスケートブランドがDog TownってのもあってDog town熱が急上昇、あの頃に買ったパーカーなどは本物だったのだろうか?実家を探しても見つかりませんでしたww



やはりハードコアなスケートブランドってとこ、パウエルや、アンチヒーロー、スラッシャーなどもハードコアなイメージだけど、スラッシャーはね最近のアイドルが着用しているの見たりビレバンにあったりでゲンナリしてしまって・・・

最近ではスケートも全然できていなかったし、新しいデッキも購入予定、絶対にDogTownだけどね!



久々に見た「ロード・オブ・ドッグタウン」でスケート熱が上がりスケートパークへ、そのスケートパークでマジ卍なDQNに絡まれる、そのDQNが来ていたのがDOGTOWNってなんか運命を感じちゃった、神のお告げなのかもしれない!

ドッグタウン
では、ここからはスケートと関連するミュージックビデオを紹介していこう!
ドッグタウン

最近のバンドではもうすぐ来日のNeck Deep、ボーカル、ベンはスケーターだよね!ブランドでいえば「HUF」なんかが浮かんでくる。

ドッグタウン

Trashtalkのボーカルも生粋のスケーター、ボーカルのLEEとギターのギャレットが手掛けるスケートアパレルショップ、「Babylon LA」も有名だよね!取り扱いたいな~!

ドッグタウン

Gnarwolvesなんかは、毎回トリックをメイクしてから曲が始まる感じ、興味無くてもスケートがやりたくなる!魅力的なMVがマジ多いよね、MVの中でも登場するロンドン生まれのスケーターファッションブランド。「Palace」なんかぴったり!


ドッグタウン


僕のような30代後半、40代からするとやはりスケートxメロコアは鉄板だったよね、Millencolinは絶対外せなかったな~!ブランドでいえば「THRASHER」かなww勝手に想像だけで選んでるから文句言わないでね!

ドッグタウン

僕の周りではメロディックパンクSnuffと間違えてすこぶる人気なかったんだけどカナダのメロディックパンクレジェンドSNFUはスケートに最高だよ!好きすぎて大量にTシャツ仕入れたけどすこぶる人気がなくいまだに残っているのが・・・・ブランドでいえば、思い浮かばないww

ドッグタウン



オーストラリア・ブリスベンの4人組グランジパンク・バンド Violent Soho のMVも良くスケートシーンが出てくるよね!ブランドでいえばオージーということで老舗の「GLOBE」なんかがイメージできるかな!

ドッグタウン

カリフォルニアはベニス産ってことでSuicidal Tendenciesの陰に隠れがちだけどEXCELスケートとは切っても切れないクロスオーバーサウンド、スイサイダルよりもイーヴォーな邪悪な雰囲気もアングラ好きにには人気、ツレの家にはEXCELのスケートデッキが数十年部屋に飾られているんだけど、どこのブランドとのコラボなのだろうか?近いうちに確かめてきます!

ドッグタウン


スウェーデンの覆面クロスオーバー・スラッシュDR.LIVING DEAD!スイサイダルやDRIリスペクトなクロスオーバースラッシュ、スケートがしたくなるサウンドだ!スケートパークでのライブ映像も必見!

ドッグタウン


DR. LIVING DEADつながりで、DR. LIVING DEADのAndreas によるスウェーデンのメタルやハードコア・クロスオーバーなバンド、今かなり注目しているBDHWからNEGATIVE SELFスケートシーンが盛りだくさん!レトロなノイズがはしった映像もクール!アルバムは3月に発売だぜ!

ドッグタウン



The Finer Thingsのジャケットデザインがもうスケーターってね、トリックを決めるんじゃなくて海沿いをプッシュし続けたくなるようなサウンド、State Champsクロスオーバー、メロコア、ポップパンクサウンドはスケートに欠かさないね!

ドッグタウン

このままじゃ永遠に終わらないんで最後はSuicidal Tendenciesで!

オールドスクールハードコアコアスケートのすべてが詰まったPOSSESSED TO SKATEでお別れです!

僕たちが聴く音楽とスケートは密接にあることがわかるね!

なんでDog Townにハマっているんですか?

その答えはハードコアスケートブランドだからである!

では!



追伸:
ちなみにZ-Boysのオリジナルメンバーであるステイシー・ペラルタはスケートシーンを築いてきたパイオニアブランド、パウエルを作り上げた、スケートをしなくても聞いたことは1度はあろう重要人物、あのトニー・ホークを育てた人、映画監督でもある、何度も登場した映画ロード・オブ・ドッグタウンの脚本も書いているのである!そう思うとすべてのルーツでもある、ドッグタウンってすげー場所だったんだね!

ドッグタウン、スイサイダルそしてテラーなどの西海岸LA、ニューヨークハードコア、東海岸NY、それそれのスタイル、どっちが好きか?選べない!!!!

ドッグタウンのデッキも狙っているけど、来日も決定したニューヨークハードコアAgnostic Frontのデッキもほしい、アグノは完全に観賞用、インテリアとしてね、だれか一緒に注文する?

アグノスティックフロント