名作ばかりをドロップするとんでもないレーベル【Holy Roar Records】って知ってる?

BL19-1-10002

こちら京都、早朝は氷点下まで気温が落ち、布団から出られない状態、アイパッドでYoutubeを開きエモレジェンドの American Footballの新曲Silhouettesをチェック、気温が下がり透き通った空気に至るとこに霜が降り、その霜を朝日が照らす、キラキラと光る氷の結晶、まさにそんな景色をサウンドに落とし込んだような新曲、凍てつく寒さの中にあるほんのりの暖かさ・・・・これこそが正真正銘エモい!ということなのである!



アルバムは3月の終わりごろに発売、Mineralは新曲だすし来日するし、Starmarketは再始動して来日とエモのレジェンドたちでエモがとてつもなく盛り上がっている今日この頃、19年度の最強な10枚はエモずくしになってしまうかもねwww僕はエモとはド反対の暗黒なPortrayal of Guiltにどハマりしているわけで、



Portrayal of Guiltもだけど、18年度数、雑誌やメディア、ロック、メタルサイトをチェックし18年度のアルバムランキングをチェックしていて分かったのが闇黒でアンダーグラウンドな要素の強いバンドが多くベストアルバムとして取り上げられている、河内野の18年度最強の10枚でも登場したMØLも良く名前を見たことだろう。



一切バンドを知らなくてもこのジャケットは誰しもが目にしただろう、Rolo Tomassiですね、パンク・エモ・ポストロック・カオティックが入り混じった闇属性と聖属性を兼ね備えたサウンド、どのメディアでも大絶賛でしたよね!



Rolo TomassiほどではないがSvalbardというバンドもよく目にした、叙情派のメロディックハードコア好きにもアピールできるバンド、ちなみにボーカルは女性です。



これらのバンド、Rolo TomassiSvalbardPortrayal of GuiltMØLnの共通点ってわかる?そうなんです、今回のブログのタイトルにもなっているHoly Roar Records所属のバンドなんです、赤ちゃんのアイコンでおなじみのね!

BL19-1-10001

一つのインディーレーベルが年間ベストを圧巻するほどの勢いを感じた、実際に数多く登場しているのは事実だしね!Holy Roar Records絶対に知っておかなくてはいけないレーベルなのである!Deathwish並みの独特な世界難を醸し出しているよね!



今から12年も前2016年にイギリスはロンドンにて設立されたレーベル、レーベルの最初のリリースとなったのはPhoenix Bodies、やKayo Dot、Bloody Panda、が注目されていたよう、今年のベストに選出されまくり、先ほども登場したRolo Tomassiの音源のセールスは当時は全然だったそうだ。初期のリリースができたのは当時付き合っていた彼女のパパの融資だそう!



創立から10年が経過した2016年にはMetal Hammer Golden Gods賞による最優秀インディペンデントレーベルにノミネートと結構有名なレーベルなんだけど、いかんせん新鋭的でアンダーグラウンドなサウンドを奏でるバンドが多く、玄人バンド好きなレーベルってイメージが強かったけど、今年のベストアルバムではいくつものバンドが選出され、一気に知名度も上がっていることだろう!海外ではね・・・・


レーベルの設立者であるAlex Fitzpatrickは、TVにも出演している、内容はHMVの終結について話し合い、すごいね!イメージした風貌ではなかったけどねw



Holy Roar Recordsから音源を出したバンドで知名度があるのはGallows、Strife、This is Hell、Desolated、Touché Amoré、Trash Talk、Coliseum、Full of Hell、などなど、結構すごいレーベルってのがわかるでしょ?



コレから先にリリースが決定しているのは、

A.A. Williams – S/T




ITHACA – The Language Of Injury



Minors – Abject Bodies



これらのバンドが19年度のベストアルバムに選出される可能性は高いね!

Holy Roar Records所属の全バンド、リリース情報は必ずチェックしておきべし!!

ってことですね!信頼と安心の数少ないとてつもないレーベルである!

BL19-1-10001

Holy Roar Records所属のマーチも増やしていくんでヨロシク!!!冒頭にも登場したPortrayal of Guiltマーチは取り扱い開始したんで要チェックね!!!このデザインは見た者の足を止めてしまうほどにアートだ!名作だね!!!

BL19-1-1000

では!!!

河内野

【ハードコア】あのイギリス雑誌が「USA-各50州」それぞれを代表する「ハードコアバンド」を選出したようだ!「全部分かったアナタはハードコアフリークです!」

ハードコア

今日は最高の秋晴れだった、気分良く出勤しメールフォルダを開く、メーカーからの一通を見て激怒!!!!先日のイベントでも大盛況だったMadballのレザーカレッジジャケットあるじゃん?

僕が頼んだXLサイズのみ売り切れ!!!!

売り切れが発生しないために早め早めに頼んだアイテム、しかも個人的には18年の最強アイテムだと超楽しみにしていたアイテム、残念過ぎて今日は全くやる気が出ません!!!!奇跡的にXLサイズは僕以外の注文なかったんでその他サイズ10着ほど入荷予定!楽しみにしててね!!メーカーには文句言ってやりますよ!!!!!


そんな感じで一日が始まったんだけど、例のケラングの記事、メタル、パンクが終わったんで、そう!!


今回はお待たせ、ケラングが発表した

これが各州の最強のアメリカンハードコアバンドだ!



を紹介するぜ!!!みんな大好きハードコア!意外とね、近々の現行バンドも選ばれているし、名前すら聞いたことのないバンドまで、めちゃくちゃ勉強になりました!とても長い記事になるんでDigする感じで軽くチェックしてみてくださ~~い!!あなたが求めていたバンド1つでも見つかればうれしいっす!!!



では、スターツッ!!





KERRANG!

アラバマ州: 【Dismal Dream



まだ歴史はない新しいバンド、タイトな演奏、アグレッシブでクロスオーバーなサウンドの7インチ7th Realmを聴く限り今後人気が爆発するかもしれない注目のバンドだということがわかる、アラバマという土地柄はやはりクロスオーバーが盛んなのだろうか?




アラスカ州: 【Facehugger



アラバマはハードコアに限らずパンクバンドも少ない土地、「Alaska Sucks」というアルバムタイトルからいかにアラバマにハードコアシーンが根ずいていないのかが分かる、粗削りではあるがハードコアパンクでありながら抑揚があるサウンド、名前くらいは覚えておこう!





アリゾナ州: 【Jody Foster’s Army (JFA)



81年に結成、今もなお名前はマーチのデザインは有名なスケートパンク/ハードコアバンド、軽くて早いそしてチープ感がたまりません!パンク好きでスケボー好きはもちろんご存じのレジェンドである!




アーカンソー州:【Inrage



サウンドは文句なしのハイクオリティーなハードコアバンドながら、マーケティングが糞なのか、全く知名度がない!マジでクールなバンドなので最新のep「Struggle」は要チェックである!





カリフォルニア州:【Black Flag



何の文句もなく間違いなくカリフォルニアを代表するハードコアバンドといって良いだろう!説明不要のレジェンド!!





コロラド州: 【Line Brawl



コロラド州中北部に位置する都市デンバー産、かっ飛びファストハードコア!Irish Voodoo Recordsからの2017年のEP、Worse Offはハイレベルなサウンドながら、全く注目されていないバンド、僕もこの記事で初めて知ったバンド、一聴で惚れてしまいました!Irish Voodoo Recordsの所属バンドにも注目!知名度はないがクールなバンドが埋もれまくっているレーベル!





コネチカット州:【Youth of Today



同じ意味でもレジェンドではなく伝説と言いたいコネチカット産ユースクルー・ハードコアの代名詞!多くのハードコアの礎
となったハードコア史の中でも最重要なバンド!僕はShelterから入った、完全に後追いのバンドですが、やはりレイはカリスマですね!





デラウェア州: 【Year of the Knife



アメリカ合衆国大西洋岸中部に位置するデラウェア州を代表するのは次世代ハードコアバンドの中でも注目度がずば抜けているバンド、過去二年でリリースされた2枚のEPだけでこの人気、ただものじゃない!!Vein、Jesus Piece、そしてYear of the Knife、最もフルアルバムのリリースが望まれているメタリックハードコアバンドである!サウンドとは相反してキュートなモチーフをミックスするマーチも注目、ゆるキャラのフォトをしたマーチは話題になりましたね!





フロリダ州:【Culture



フロリダ産のニュースクールハードコアをたとっで行くと必ずたどり着くバンドCulture!!、後にMorning Againというのは有名!!フロリダの伝説的な叙情派ニュースクールハードコア、Shai HukudやStrongarmだって影響を受けている、ま、Shai Huludの初代ボーカリストのDamienはCultureにいたんですけどね、久々に聴きなおしたCulture、フロリダ産ニュースクールにもう一度ドップリはまってしまいそうです!





ジョージア州:【Foundation



ジョージア州はアトランタ産、すでに解散してしまった90’sなクラシカルなハードコアにグルーブを加え、モダンなハードコアサウンドだけどモダンすぎない絶妙なサウンドは今のキッズにもチェックしてほしいバンド、解散後もいまだ人気、音源のアートワークのハイセンスなデザインも脳裏にこべりついています、最後の音源となったTurncoatデザインのポリティカルかつアートなシャツは未だ愛用してます!





ハワイ州:【Die Slow



8つの島と100以上の小島からなるリゾート地ハワイ産ハードコアバンドDie Slow、Warzone、Cro-Mags、Baneなどから影響を受けたバンド、2012年解散、ハワイのハードコアシーンを知るならHawai Hardcoreをチェック!





アイダホ州:【Septic Death



カナダとの国境に面する、アメリカ合衆国北西部のロッキー山脈にある州、アイダホからはパスヘッドがボーカルを務めたハードコアバンドSeptic Death、個人的にはサウンドよりもマーチ、デザイン先行で知ったバンド、パスヘッドがデザインしたあアイテムは常に高値で取引、MISFITS、METALLICAのアートワークでもお馴染みだけどやはりCOCOBATのCOCOBAT CRUNCHがおなじみだね!




イリノイ州:【Charles Bronson



主要都市はシカゴのイリノイ州、ファストコア、パワーバイオレンス好きなら俳優よりもこのバンドが思い浮かぶ、3年ほどの活動のみでシカゴのハードコアシーンを世界的にも広めた重要なバンド、早くてうるさい、でもカッコ良いCharles Bronsonです!




インディアナ州:【Zero Boys



開拓民の州としてもおなじみのインディアナ州はハードコア・パンクバンドZero Boys、どちらかといえばメロディック好きのほうがファンファ多い、82年リリースの捨て曲一切なしのVicious Circleは必聴!いろんなモチーフをコラージュさせたフェイスデザインとイエローの背景のジャケットはハイセンス!ハードコアの暴力性がありながらもポップ、一家に一枚的な名盤ですね!





アイオワ州: 【Modern Life Is War



ド田舎のイメージが強いアイオワ、感情むき出しなエモーショナルオールドスクールハードコア!個人的にも思い入れのあるバンドが選ばれているのがとてもうれしい!WITNESSに収録のD.E.A.D.R.A.M.O.N.E.S.は名曲中の名曲、車の中でいつもシンガロングしているww2013年に復活しFever Huntingをリリースから5年経った今年に7インチ2枚を発売でフルの発売も楽しみである!ラモーンズデザインをサンプリングしたマーチはポジでもベストセラーでした、もう廃盤だけど・・・





カンサス州: 【Spine



野球ボール並みにデカイ、ヒョウが降ったことぐらいしか記憶にない田舎風景が広がるカンサス州からはWEEKEND NACHOSのVo.JohnがDr.を務めていることでも知名度ある、ヘヴィーかつファストでダーティーなハードコア、アンガーなボーカルが個人的には好み!BRIDGE NINEからリリースされた9曲入りの Faith は話題になったよね!





ケンタッキー州:【Knocked Loose



リンカーンやモハメド・アリの出身地としてもおなじみのケンタッキー州からは来日後日本でも人気のゴリッゴリのヘヴィーなビートダウンハードコアサウンドとハイテンションでキー高めのボーカルとのバランスは奇跡!間違いなくハードコアの歴史上欠かせない音源となったLaugh Tracksは一家に一枚!!できればマーチの数を増やしてほしい!!Pure Noiseの所属バンドってマーチの数少なくね!!Counting Wormsの「オウッ!オウッ!」はいつ聴いてもテンション上がる!!





ルイジアナ州:【Shell Shock



ルイジアナ州はニューオーリンズ産、79 年に結成のハードコアバンド、ジャパンスラッシュのShell Shockは知っていたんですがニューオリンズのShell Shockは個人的には知らなかったバンド、しっかりチェックしてみます!




メイン州: 【Cruel Hand



Hopeless Records所属OUTBREAKのメンバーが結成したメイン州はポートランド産ハードコアバンド、グルーヴィーでメロディアスな要素もプラスさせた進化したモダンハードコアサウンド、サウンドもボーカルも多彩、現最新作Your World Won’t Listenでは個人的にTHE ALMIGHTYのJONESTOWN MINDを連想させた、ハードコアバンドの中でもクラシカルなサウンドよりも個性的なのがタイプな人にはもってこいのバンド、旧作のマーチも復活する予定なのでお楽しみに!





メリーランド州:【Turnstile



ボルティモアでもおなじみのマサチューセッツ州からは説明不要、ハードコアを飛び越えたジャンルからの支持も高いオルタナティブ・ハードコアヒーローTurnstile、サウンドにファッション、アート、音楽の枠を超えて新しいムーブメントを引き起こすまさにスターである!





マサチューセッツ州:【SSD



才あふれるバンドを輩出し続けるレベルの高いマサチューセッツ州はボストン産の重要バンドハードコアSOCIETY SYSTEM DECONTROLことSSD、初期はスラッシーなハードコア、後期はAC/DC的なロッキンクロスオーバー、やはり初期が好き、個人的に同じくボストンのDYSと一色たんになってしまうモグリなので叱り音源購入しよっと!





ミシガン州:【Negative Approach



ミシガンだけでなく80’s アメリカンハードコアを語るうえで絶対に外せないバンド、アングリーハードコアNegative Approach、音源をまとめた編集盤「Total Recall」を持っていればマチガイナシ!パワーバイオレンス系バンドにも多大な影響を与え続けるバンド、圧倒的で暴力的でスラッシーなのが聴きたいならNegative Approach!!




ミネソタ州:【Hüsker Dü



ミネソタはミネアポリス産の3人組、パンクからハードコア、オルタナティブなどのシーンに影響を与えたレジェンド、サイケなどのたとえもよく使われるけどヴォーカルの歌い方はハードコアそのものノイジーでメロディアスなギターも聴きどころ、去年はメンバーの一人が亡くなるという悲しいニュースもあったけど、現代も相変わらずよく名前を耳にするバンド、バンド名のみ知っている人もいるけど音源もしっかりチェックしてみよう!!





ミシシッピ州:【The Grumpies



ハードコアというよりもキャッチーなパンクロックというイメージのThe Grumpies、名盤名高いWho Ate Stinkyは捨て曲なし!良い意味でチープでショボイ感がたまりません!ポップパンク好きにも聴いてほしいバンドである!





ミズーリ州:【Free At Last



ミズーリ産オールドスクール、TURNING POINT直系なメロディアスとクラシカルなオールドスクールハードコアが融合、Triple B Recordsから発売のEmbrace Youが必須、比較的最近のバンドである!




モンタナ州: 【Deranged Diction



モンタナ初のハードコアバンド、なんとあのモンスターバンド、パール・ジャムのベーシストJeff Amentの最初のバンドである、ノイジーでカオティック、ファストなハードコアサウンドが特徴!僕は全く知りませんでした・・・・




ネブラスカ州:【Bent Life



ネブラスカはハードコアシーンなど皆無な荒れ果てたリンカーンから現れた最高級なハードコア、ヘヴィーでメタリックなタフな
ハードコアサウンド、16年BRIDGE NINEリリースのnever asked for heavenは名盤です!





ネバダ州: 【7 Seconds



USの西部に位置するネバダ州からは、みんな大好き(多分)7 Seconds、キャッチーでメロディアスな疾走するハードコアパンクサウンド!初期USハードコアを代表するバンドである!ポリティカルなリリックにも注目!初期が名盤とされているが、05年作Take It Back, Take It On, Take It Over!や14年作のLEAVE A LIGHT ONも衰え知らずの名作である!





ニューハンプシャー州:【Backstabbers Incorporated



ニューハンプシャー州はランカスカー産グラインド・コア、クロスオーバー・スラッシュ、ポスト・ハードコア、デス・メタルの要素を組み込んだ激列ハードコアサウンドはクール!04年発売のKamikaze Missionsは必聴!!





ニュージャージー州:【Misfits



パンクヴァージョンとともにニュージャージー代表として登場の説明不要のUSホラーパンクの始祖Misfits!!メロディーライン、コーラスワークが極上なんです!





ニューメキシコ州:【Logical Nonsense



ニューメキシコ産、あまりにも黒い世界観、ブルータルでありスラッシーでありグルービーアートワークも含め最強なLogical Nonsense、グラインドコア、パワーバイオレンス好きにもプッシュしたいバンド!





ニューヨーク州: 【Agnostic Front



一番気になっていたニューヨークはNYHCゴッドファーザー、ロジャー、ヴィニー率いるAgnostic Front!何の文句もなく納得です!彼がいなければクロスオーバーなハードコアしかり、今のNYHCはないでしょうね、それくらい重要なのです!AMERICAN DREAM DIEDは15年リリース、MadballもSick of It Allも新譜リリースが18年にあったんで、そろそろニューアルバム期待しちゃいますよね!





ノースカロライナ州:【Catharsis



ノースカロライナ産、90年代半ばから00年代初頭まで活動しアンダーグラウンドの伝説として語り継がれる、ニュースクールハードコア、激情ハードコア、スラッシュ、クラスト、ポストロック、までも取り組んだ無二なサウンドを奏でる、3枚目のアルバムpassionは名作中の名作である!





ノースダコタ州: 【Swing Low



USの中西部の最北部に位置するノースダコタ州はファーゴ産ハードコアSwing Low!!





オハイオ州: 【 Integrity



オハイオはクリーヴランドが生みだしてしまったモンスター!暗黒デスメタリック・ハードコア、先日の来日でも記憶に新しいIntegrity、30年以上に渡り活動を続け、闇黒ヘヴィサウンドにおけるアイコン的存在、ぶれないサウンドにアートワークからマーチにも注目である!





オクラホマ州: 【N.O.T.A.



アメリカのほぼ中央に位置しているオクラホマはN.O.T.A.、正式名はNONE OF THE ABOVE!!全く知らなかったバンドこちらもしっかりチェックします!





オレゴン州: 【Poison Idea



オレゴンはポートランドが生んだ80年代初頭に結成され巨漢メンバーも記憶に残っているハードコア、USハードコアのオリジネイターとして有名なPoison Idea、マイナースレッドが掲げたストレート・エッジとは真逆、ビールにハンバーガー、セックス、ドラッグ!の荒くれたアメリカンなハードコア、この当時のUSハードコアサウンドの中でも破壊力からスピードも増し増しで群をぬいていたようだ!





ペンシルヴァニア州:【Paint It Black



ペンシルヴァニア州はフィラデルフィア産のメロディックハードコアバンド、LifetimeとKid Dynamiteの中心人物Danが率いるバンドとしてもおなじみだよね、オールドスクールハードコアの良さとメロディックパンクの良さ両方ともがうまく詰め込まれたサウンドは幅広くの人に愛され続けている。NEW LEXICONも記憶に新しいけどリリースからもう10年もたつんですね・・・




ロードアイランド州: 【Verse



日本における滋賀県と同程度の面積しかない、全米50州の中でも最も小さい州から生み出されたのは泣きのオールドスクールハードコアサウンドを奏でるVerse!!僕の中ではモダンオールドスクールの4天王的存在、度の音源も定期的に聴きたくなる!すべてがモダンオールドスクール、泣きのオールドスクールの名盤である!





サウスカロライナ州:【Guyana Punch Line



サウスカロライナからは超ド変態カオティックハードコアGuyana Punch Line!!渦巻くカオスのど真ん中で発狂し暴走、ブチ切れカオティック代表といっても過言ではない!意外と聴きやすくキャッチーにまとまっているところが不思議、意外と聞き終わった後さっぱりしますよww





サウスダコタ州:【Souls



サウス・ダコタ産、最新Epは17年発売と現在も活躍しているハードコアバンド、Souls!!Full of HellやTrap Themにも通づるヘヴィーで邪悪なアンダーグラウンド感ある今後が楽しみな注目のハードコアバンドである。





テネシー州: 【His Hero Is Gone



テネシー州はメンフィスから登場したダークハードコア・レジェンド!説明不要のHis Hero Is Gone!!




テキサス州: 【MDC



本土では1番の広さを誇るテキサス州からは80’sポリティカルハードコアMDC、究極的に左翼的なリリックは当時危険視され、結果自分の首を絞める結果となってしまった、サウンドは80’sハードコア好きなら、マチガイナシ!!




ユタ州: 【Clear



ユタはソルトレイクシティー産、ヴィーガンストレートエッジ、Clear!!Earth CrisisやHatebreedに影響されたことを自負している、メンバーのMickは7年間Eighteen Visionsで活躍、しかし35歳の若さで他界したようです。




バーモント州:【Drowningman



西部をニューヨーク州、東部をニューハンプシャー州、南部をマサチューセッツ州、とハードコアの聖地に囲まれたバーモント州はTDEPとのスプリットでもおなじみのエモーティヴなカオティックサウンドを奏でる、Drowningman!!エモ、スクリーモ、激情、ハードコア、ノイズを消化したサウンド、で未だに人気のバンドである!





ヴァージニア州:【Scream



ヴァージニア州からは、1981年に結成、ニルヴァーナのDave Grohlも所属していたDCハードコアサウンドを奏でるバンドScream!!





ワシントン州: 【The Accüsed



ワシントン州からはシアトルが生んだ80’Sクロスオーバースラッシュ、アクの強いボーカル、メタリックでスラッシーなギターはいまだ色あせない!!D.R.I.よりも好き!って方も多いのでは?





ウェストバージニア州:【Th’Inbred



ウェストバージニア州からは暴走レイジングスラッシュハードコア!Th’Inbred、疾走しながらも変則的に遊び心ある展開は無二!音源を購入するなら36曲収録のLegacy of Fertilityだね!





ウィスコンシン州:【Die Kreuzen



ウィスコンシンはミルウォーキーが生み出したまさにモンスター80’sハードコアバンドDie Kreuzen、ツッペリンやサバスなどのハードロック的な要素を見事にハードコアとマッシュアップさせたオリジナルなサウンド、ハードコアを飛び出し形容しがたいサウンドを奏でるオリジネーター、独特な世界観がたまりません!





ワイオミング州:【stoic.



全米50州の中で最も人口が少なく、当然ハードコアシーンも根付いていない土地であるワイオミング州からはstoic.、バンド数自体が少ないためワイオミングでは神格化されているバンド、ひたすら重苦しくヘヴィーでありカオティックなバンド名の通り闇黒なストイックさ感じさせるバンドである!近年のバンドではあるがすでに無期限の活動停止を発表、と残念である!暗黒でメタリックで邪悪なバンドがハードコアのトレンドの一つでもあるから人気が出そうな気もするのだが・・・




アメリカのどの州にも属さない連邦政府の直轄地」という意味が込められていD.C.、コロンビア特別区のワシントン市、そうワシントンDCはMinor Threatだ!と記事を書いている方が最後に締めくくっている!アメリカンハードコアを語るうえで最も外してはいけないバンドだね!!




とてつもなく時間がかかってしまったハードコアヴァージョン!ハードコア好きでも知らないようなバンドがちらほら、最高に楽しませてくれた今回の企画、今度は1つの州に絞ってハードコアバンドをリストアップしてほしいね!ケラングはマジで楽しい記事がいっぱい何でメルマガ登録しておくといいよ!



では!河内野

KERRANG!参照

【ハラスメント】「Ice Nine Killsハラスメント」を発動しました

testygban007

・セクシャルハラスメント(セクハラ)
・パワーハラスメント(パワハラ)
・モラルハラスメント(モラハラ)

近年特に盛り上がっているハラスメント、名前だでは全く意味の分からないハラスメントまで、生きずらい世の中だな~と、何でもかんでもハラスメント・・・・


先日盛り上がっていたのは「ドラハラ」何のことかわかる?





ドラゴンボールハラスメント
DGBZ


「え?ドラゴンボール読んだことないの?」
「面白いから絶対読んでみて!」などなど


ドラゴンボールを読んでいないことを背景に精神的な苦痛を与えられること!


名作中の名作とはいえ興味のない人からすれば数多くある漫画、アニメの一つ、オモロイかオモンナイかは人それぞれ、好みだもんね、善意でオススメしてあげていることが相手には苦痛になっているってことも。


しつこいほど「ワンピース見た?」とプッシュしてくるパイセン、何事も見て、聞いて、読んで判断をモットーにと漫画喫茶で半分以上は読んだんだけど、僕にはあまり面白さがわからなかった、それを伝えても「お前はわかっていない」とのこと、これはいわゆる「ワンハラ」だよね。



音楽でも同じことがよくある、知らない間に後輩に〇〇ハラスメントをしてしまっているかも


過去の記憶をよみがえらせてみたら僕もやってました。


全く僕たちが聴くような音楽は聴かない後輩にハードコアを激プッシュしてみたり、良かれと思って仕入れたバンドTシャツを嫌な顔一つせず購入してくれた後輩、数日後にオークションで発見、明らかに後輩が出品していることが分かったがそこから追及は一切していないがこれもれっきとしたハラスメントである!「バンドマーチハラスメント」略してバンマハラである!バンドでいそうな名前だww

よくよく考えると人から激プッシュされた音楽よりも自分がディグって見つけたバンドや音源のほうが愛着が沸く、音楽だけじゃなく何にせよ、ね・・・・と言いながらも~


Ice Nine Killsの新譜がやばいから絶対に聴け!



と「アイス・ナイン・キルズハラスメント」を発動しましたwwwいいから一回聴いてみて!!!!






Ice Nine KIlls


先日発売されたばかりのニューアルバム「The Silver Scream」である!ホラーやオカルト、ゴシックの独特な世界観はそのまま、今作もホラー映画がコンセプトになっているようで、1曲1曲詳しくレヴューが見たいならトトさんのブログ「喜怒音楽 -きど”おと”らく-」をチェックしてみるとよいでしょう!トトさんんも「名盤」というだけあって13曲捨て曲なし、僕は久々この手のジャンルで心躍りましたね!「アイス・ナイン・キルズハラスメント」だと思わずに聴いてみてほしいな!


ま、僕が購入したきっかけはFenix TX のメンバーがゲスト参加ってとこだったんだけど、購入して正解、想像を完全い越えてきましたね!!


今が旬のハロウィンと世界観も合致しているし、まさに「今」聴いてほしい一枚だ!そんなニューアルバム「The Silver Scream」はセールスも好調!



アイスナインキルス


納得な数値だね、すでに人気なバンドだけど、そこからまた一段とステップアップして、モンスター級のバンドになるポテンシャルも持っている、マーチも過去作は廃盤が連発しているから見逃さないようにね!僕のお気に入りは「Ⅸ」の大きなレッドロゴにうっすらと描かれた今作のアルバムのコンセプトにもなっている「エルム街の悪夢」のフレディーが描かれたこのシャツ、もしかするとElectric Zombieのカイルがデザインしているかもね!



アイスナインキルズ

Ice Nine Killsグッズはこちらから


そろそろ、2018年度「俺の10枚」も準備しておいてね!このIce Nine Killsも10枚に入りそうな・・・毎年だけど今年もとんでもない音源だらけだからね、マジで迷う、今年残り2か月の間にもリリースがたくさんあるしね!


DeathwishからはCULT LEADER のニューアルバム「A PATIENT MAN」が11月9日に発売!

GAZAの解散後、GAZAのVo以外の3人が新たなボーカリストを迎えて結成されたのがこのCult Leader、カオティックハードコアが軸にありドゥーム的なヘヴィーなグルーブにプログレッシブ、まさに別格なバンド、楽しみである!





Epitaph Recordsからトムの死を乗り越え作成された新作「Holy Hell」は11月の9日発売!Architects





Bullet Toothから、Death Ray Vision 、SHADOWS FALやSEEMLESS、KILLSWITCH ENGAGEのメンバー、これは元OVERCASTのメンバーですね!が結成したバンドってことで話題になった Death Ray Visionのニューアルバム 「Negative Mental Attitude」PMAではなくNML!!ハードコア好きもメタルコア好きも注目だね!





4枚目となるNewアルバム「Erase The Pain」はRise Recordsから12/28に発売、ポストハードコアPalisades!!前作同様、ダークな世界観を継承しているのか?





Pure Noise Records所属、渋いオルタナティヴ・ロックサウンドで個人的にも楽しみのCan’t Swim から「This Too Won’t Pass」は11/14に発売!






Good Fight Musicから11/9にドロップされる「Glow」、ハードコアの中でも独自の世界観を持つOld Wounds も注目、アルバムにはMotionless In WhiteのフロントマンChrisがゲスト参加した楽曲が楽しみ!






Unearthに悲しい出来事があったAll That RemainsSick Of It Allなどの大御所から中堅のMemphis May Fireなどなど有名どころの新作も楽しみ、今年も「俺の10枚」選ぶのに苦労しそうだ、うれしい悩みだけど!


あなたも2018年度「俺の10枚」そろそろ準備しておいてね!

俺的「Converge」コンヴァージ・グッズ「Top10」

Converge

「日本で激ヤバなカオティックハードコアバンド教えてやるよ!」

と友人のSHOTAがリンクをラインで送ってきた、そのリンク先にいたのは





まさにカオスの嵐、最高に心地の悪い不協和音、こんなバンドがいたなんて・・・ってオイ!!知ってるし!!みんな知ってたよね?「ふざけんな!」とラインで返しておきました。



友人SHOTAは大のConverge好き、昨晩も来日の話で時間を忘れ話し込んだ次の日に送ってきたラインだったからめっちゃ期待したのに、孤独の鳥居かよ!!ま、いろんな意味でカオスすぎなんだけど、そんなSHOTAと盛り上がったのはConvergeのマーチで一番好きなのは?商品の画像を見ながら「これはTop5に入るよな!」「これはちょっとコンヴァージっぽくないよな~」などなど、Converge好きだったら一度は盛り上がる話題だよね!と今回はConvergeアイテムTop10を選んでみたんで紹介するね!これ需要あるのかなwwまぁ、Converge好き意外はスルーしてくださいww


俺的ConvergeマーチTop10!!

完全に自分の好みが反映されたランキングだけど、よかったら見てってね!


10コンヴァージ – Neurosis Amenra Mashup トリプルネーム・Tシャツ
converge

人気のマッシュアップ作品、その中でもNeurosisの名盤Through Silver in BloodのスネイクがレッドでConvergeのJane doeファイスと一体化、さらに額に Amenra のロゴと、とんでもない3バンドのデザインがコラボ、Converge好きでなくても目を引くアンダーグラウンドアート作品、いざという時に着用したい高級感すら感じてしまう一枚だ!






TERROR18102024
9コンヴァージ – A Single Tear Tシャツ
A Single Tear

アルバム「The Dusk In Us 」1曲目の 「A SINGLE TEAR」を具現化したデザインはオールドマン、フォト並みにリアルなタッチで立体感あるハイセンスなジェイコブデザイン!このデザインをもっと大きく描いたマーチが出ればそちらも間違いなく購入だね!The Dusk In Usシリーズのデザインのポスターすべて販売されているんだけどそちらも購入しようか迷っている。

The Dusk In Us






TERROR18102025
8Jane Live Randy Ortiz Cover Tシャツ
Jane Doe

Jane Doe Liveシリーズのデザインですね!エンピツにこだわった絵を作成するアーティスト。人物画から動物、暗黒なデザインから前衛的なアート作品などなどを 作成しているRandy Ortizによるデザイン!

TERROR18102038

再販売はされないようだから、在庫あるサイズが合う人は早めにね!フロントでは一切COnvergeをアピールせず背中にバンドロゴを持ってくるデザインって好きなんですよね!「これコンヴァージなの?」っていう反応を楽しんでますww






TERROR18102026
7コンヴァージ – BEAUTIFUL RUIN ロングスリーブ・長袖シャツ
TERROR18102039

完全新曲4曲が収録の最新epの”BEAUTIFUL RUIN” デザインのロングスリーブシャツ!Jane Doeが美しき女性フェイスデザインとするならこの”BEAUTIFUL RUIN”は対極にあるタフで暗黒すぎるデザイン、パッと見ただけでジェイコブデザイン、Convergeデザインと分かる世界観、くすんだイエローとブラックの最強の配色、そして縦のバンドロゴと今作も究極の前衛的アートに仕上がっています!

袖とバックの大胆なバンドロゴも最高なんですがやはりフロントの邪悪でタフなデザインがたまらないんですよね、個人的に大好きなイエローxブラックってのもポイント!






TERROR18102027
6コンヴァージ – Jane Doe シルバー・ジップアップパーカー

Jane Doe

ポジでもベストセラーなJane Doeのパーカーなんだけど、角度で見え方が変わるシルバーのプリントってのがポイント!そしてフードでバンドロゴをアピール!フードを被ってスタイリングするのが好み、フードのRun on girl, run on …はJane Doeのリリック、意外とそこまでは気づかれないんだけど、説明すると「へえ~~」て反応されるのが快感ww






TERROR18102028
5The Dusk Is Us ジップ+ボタン・コーチジャケット

コンバージ

ロゴのみで作成されたデザインも珍しいよね!、アルバムタイトル もさりげなくプリントした即戦力アウター、やはりボディーのディティールが最高!ボディーメーカー Urban Classicのコーチジャケットを使用。普通のコーチにはないジップも装着し本格的な冬の風もシャットダウン、 裏地もコットン生地で暖かく裏ポケットも装着でデザインから機能性も抜群だからついつい着用するアウター、シンプルなんだけどバンドロゴが持つ力を十二分に感じさせるオススメな一枚!






TERROR18102029
4Jane Doe Classic ジップアップパーカー
TERROR18102042

誰もが名盤と崇める歴史的一枚、「Jane Doe」のフェイスだけでなく全身を落とし込んだ待望のデザインだったんですよね、意外とここ数年で発売されたアイテムなんですよね、Tシャツ共にマストすぎる一枚!ジップアップパーカーをさらにレベルを上げ最上級に仕上げたJanedoeが登場! フェイスデザインを控えめにフロント胸に、バックには大きくジャケットデザインが落とし込まれ、袖にバンド名+アルバムタイトル のパーフェクトアイテム、このパーカー着て京都の美術館に行ったところスタッフに「ステキなアートなデザインですね!」と声をかけられた思い出もあり上位にランクインなのである!






TERROR18102030
3You Fail Me Snakes ロングスリーブシャツ
You Fail Me

このデザインのブラックヴァージョンも好きなんだけど、このホワイトもイケてるでしょ!ホワイトにレッドブラック、重なったスネイクはニューロシスの「Sun That Never Sets」も感じさせる、

neurosis

ホワイトってことでreduxヴァージョンも連想させるしね、狂っていながらも美しいコンヴァージのサウンドがうまく表現されている印象が強い一枚!ホワイトなので汚れが怖くあまり愛用していないww今秋はいっぱい着用すんぜ!!






TERROR18102031
2コンヴァージ – BBC Cover Tシャツ

TERROR18102045

「Live at the BBC」のアートワークを落とし込んだConverge史上最も美しく優しい、闇ではなく聖、ホーリーな仕上がり、幸福感を感じさせる配色とデザイン、

天に召されたときはこのTシャツを着て、別世界に行きたいね!すでにサイズが2種しか残っていないんでお早めに!!!






TERROR18102032
1コンヴァージ – Jane Doe Run On Tシャツ

jane doe ジェーン ドゥ

Jane Doe デザインをさらにサークルアイコンなどを加え数多くあるJanedoeの中でもラスボス級のインパクトと美しさのある最終究極形態へ進化した極上デザイン!SサイズだとTシャツからプリントがはみ出てしまうほどのビッグプリントってのもポイント!

TERROR18102047

バックはRUN ONのリピートデザイン!Jane doeのリリックの一部ですね、「切れ目なく続く」、「走り続ける」そんな意味のあるRUN ON、着用するだけで日々の活力を与えるステキな一枚なのです!!






いかがだっただろうか?完全に自分の好みが混じったTop10でしたが、選ぶのが本当に難しい、最強なデザインばかり何で、今回はあえて購入できるアイテムのみでTop10を選んでみました、廃盤や売り切れになった商品を入れればランキングは変わってくるかもしれない、マッシュアップの作品も数多く登場してきては廃盤に、その中でも入手できず一番後悔しているのがこのデザイン!



TERROR18102048


やばいっしょ?欲しくなるでしょ?でも手に入らないんですよね・・・・・・・今発売されているアイテムも売り切れたらそのまま廃盤なんてデザインも多くあるから絶対に後悔しないようにね!それと今はイベント中、プレゼントあるお得な今、コンヴァージアイテム手に入れておいてね!



Deathwish Records


友人のSHOTAのせいで頭の中は「孤独の鳥居」が頭の中をぐるぐる、Convergeの曲でリセットしなきゃね!




この曲は来日のライブでやってくれるだろうね!これも生で聴けると思うと、鳥肌が・・・あと4ヶ月か~あなたはどの曲が楽しみ>そして何着ていく?

TERROR18102005




【Converge来日】セットリスト予想でさらにライブを楽しく!

TERROR18102013

嵐の前の静けさか、今日は最高な天気しかも30℃、久々に夏を感じさせる気温に天気、週末は雨ってことで仲間のバイク乗り達は早朝から山に出かけて行った、いわゆる林道ツーリングだ!


昼あたりまで僕は仕事をするふりをしてYoutubeでライブ動画を見まくっていたその時、そして12時を超えたあたりに続々と林道を満喫した仲間たちが返ってくる、がしかし、一台のバイクに2人乗っている、後部座席に乗っているパイセンは首を抑えながら帰還、

首やっちゃった!

どうやらバイクで突っ込んで頭部から落ちてしまい首をグネってしまったようだ、足をグネるのとは大違い、だが、特に「異常はないようだ」と帰って行った、首だからね、怖いよね~・・・



首といえばライブに行ってヘッドバンギングしまくって翌日は「首が曲がらない」なんて悲惨なことが良くあるが、どういう対策をしている?


The Plot In You

レジェンド XジャパンのYoshikiも「ヘドバンは健康に悪い」と公言しているからね!


ヘドバンもウォームアップが重要というニッチ記事もあるくらい、


前後・左右・左右回旋の6方向に首をゆっくり、そして入念に動かしておけば、首の動きがスムーズになる。普段からヘドバンを繰り返す人は、首の筋肉を鍛えることもケガの予防につながるようだ。

Citrus <カジュアルに知性をアップデート>参照



しっかりとウォーミングアップしてからライブに参戦しよう!

ハードコアはモッシュでいいけどカオティックなサウンドも危険だよね、展開もカオスだし首ふったりふらなかったり、モッシュしたりダイブしたり、来日が決定したConvergeのライブなんかは間違いなく首を痛めそうだ、人もいっぱい降ってくるだろうし、だったら体全体もやばか?体全体をウォーミングアップしてから参戦だね!

ConvergeNerosisのライブ、来年の2月、4か月後なのにこの盛り上がり、さすが「神」ですね!今回はライブの予習をしておこうって話!どの曲も完全に網羅している究極のマニアはね、どの曲が来ても盛り上がれるだろうし、逆に「次何やる?」という楽しみもある!究極マニア以外はしっかり最近のセットリストを把握しておこう!ライブは4ヶ月後とかなり先になるから近々の傾向とは多少の誤差は生じるが、4ヶ月以内にアルバムは出ないし、新曲も出ないだろう(多分)それを踏まえチェックしてみてほしい。





8月の12日に開催された IEPERFEST 2018のセットリストである!




1曲目:Reptilian アルバム:The Dusk in Us
2曲目:Dark Horse アルバム:Axe to Fall
3曲目:Aimless Arrow アルバム:All We Love We Leave Behind
4曲目:Under Duress アルバム:The Dusk in Us
5曲目:A Single Tear アルバム:The Dusk in Us
6曲目:Drop Out アルバム:You Fail Me
7曲目:Heartless アルバム:You Fail Me
8曲目:Trigger アルバム:The Dusk in Us
9曲目:Eve アルバム(ep):I Can Tell You About Pain
10曲目:Heartache アルバム:No Heroes
11曲目:Eagles Become Vultures アルバム:You Fail Me
12曲目:Cannibals アルバム:The Dusk in Us
13曲目:Empty on the Inside アルバム:All We Love We Leave Behind
14曲目:I Can Tell You About Pain アルバム:The Dusk in Us
15曲目:Concubine アルバム:Jane Doe

アンコール:Wolverine Blues アルバム:Napalm Deathとのスプリット
(Entombed カヴァー)







前曲ビデオを貼りたいが重たすぎるので今回は曲名のみ、ラストに(アンコール除く)Concubineなんて最高の演出でしょう!!延長戦はあるかないのか微妙だけどWolverine Bluesもしっかりチェックしておこう!



やはり最新のアルバムである「The Dusk in Us」が多め、個人的には「Axe to Fall」と「No Heroes」からあと2曲ずつ4曲を追加、アンコールでJane Doeでもかまわんよwwwセットリスト見るだけでもこの「ワクワクが止まらない」感、毎日興奮して変な汗が出ているのは僕だけじゃないはず!!



Converge



ある程度知名度あるバンドならセットリストが見れるsetlist.fmはオススメだよ!曲の横にある再生ボタン押すだけでビデオが再生されるしね、ぜひ活用してみて!

Converge セットリスト



もしかしたら最新音源アルバムに入っていてもおかしくないハイクオリティーな曲たちが収録された「BEAUTIFUL RUIN」から1曲くらいはするかもね!



僕はどうしてもSadness Comes Homeが聴きたいです!!!欲を出せばすべての曲が聴きたいんだけどねww




常にConvergeの最新ライブ動画などもチェックしているから、また来日が近づいてきたらセットリスト見直してアップする予定なのでお楽しみに!そして、そして、忘れていけないのはグッズ!コンヴァージグッズである!お早めにね!倉庫に大事に保管してあるレアなグッズをライブに着用していこうか、迷っているんだけど、絶対に汚れそうだしね・・・・悩む、マジで悩む!!あなたはどのデザイン着ていく?それとも全く関係ないバンド?

あと4か月間悩みに悩んで厳選しよっと(*ノωノ)

では!

河内野




追伸:
コンヴァージって検索したらガンダム出てこない?