Knocked Loose の名曲「Mistakes Like Fractures」を超訳!!

KL2019-1203019

今週に入ってからず~~っと、テンションも上がりきらない!そんな時は大好きなお音楽を聴くに限る!先日からこのブログでも登場しているKnocked Looseなんてハイテンションになるための着火剤のようなもの、雨でくすぶっていた心も現在は燃えタギっております!


各メディアや雑誌の年末行事「年間のベストアルバム」的な記事では必ずって言っていいほどにKnocked Looseの最新アルバム、A Different Shade of Blueが入っている、名作だとは思っていたけどここまで評価されているとはね、ちょっと予想外であった。



昨日のブログではPower TripRegulateか、そしてKnocked Looseか?で迷っていたんだけどね、あ、来日公演のことね、現時点ではKnocked Looseに固まってきています、やはりA Different Shade of Blueを聴けば聴くほどに好き度数が増していくアルバム、ハードコアのアルバムって発売したてはとてつもなく聴いて飽きが来るんだけど、このA Different Shade of Blueは何かが違うんだよね、スルメ的でもあり熟成されたワインのような深みも感じさせる、前作も最強なアルバムだったけど、今作の完成度は比にならないくらいヤバイと感じてます。


名作ならではのみえない語れない魅力ってのもあるのかと、数年後、数十年後確実に歴史的なハードコアアルバムとして紹介されるのだろうね、と僕は確信しています。

KL2019-1203020


サウンド的にはパーフェクト、あとはハードコアで重要なメッセージ性っていう部分、やはり好きなバンドは歌詞も理解したくなるのが当然ってことで、今回はMVにもなっている名曲、アルバムでは中盤あたりに登場する

Mistakes Like Fractures」を超訳してみた!



Fracturesっていうのがどう訳せばよいのか?難しいよね、直訳では骨折など、でも固いものが、砕ける、裂けるでもfractureは使われるからね、ん~~実に難しい「Mistakes Like Fractures」となる場合は、どういうニュアンスなのだろう・・・とにかくチェックしてみましょう!


Knocked Loose “Mistakes Like Fractures”

The light is stopped by the tree line

極地で光は止められた!

And I am chained to the ground

そして、俺は囚われの身!

I see the horns in the tall grass

草むらの中にツノが見える!

They still follow me around

やつらはまだ俺についてくる!

KL2019-1203018

Mistakes like fractures

粉砕のようなミステイク!

Hiding underneath the skin

皮膚の下に隠されて見えない!

Mistakes like fractures

粉砕のような間違い!

Buried underneath the weight of sin

罪の重さの下に埋葬されている!

ノックドルーズ

I will atone
For the things I’ve done here

ここでおかしてしまった罪を俺はつぐなう!

And God only knows
That it’s all stuck in my head

それを俺がいつまでも忘れられないことは誰も知らない!

God fell silent
When I cried out

俺が泣き叫んだとき、神は沈黙した!

I cry out

俺は叫ぶ!

ノックドルーズ

I cry out for an ending

俺は「終わりが来てくれ」と叫ぶ!

An escape that is over due

もうとっくに訪れているべきのエスケープ(脱出口)

Faced with the final judgement

最後の審判を前にして、

No hand to pull me through

俺を救い出してくれる手はどこにも見当たらない!

Mistakes like fractures

破砕のようなミステイク!

Hiding underneath the skin

皮膚の下に隠れて見えない!

Mistakes like fractures

破砕のような間違い

Buried under all my sin

俺の罪の下に埋められている

Knocked Loose

I followed the rabbit

ラビットを追いかけて!

I found my ending

俺の終わりを見つけた!

ノックドルーズ
※ビートダウン

I see the horns

ツノが見える

They follow me down

やつらが追いかけてくる!

God fell silent
When I cried out

俺が泣き叫んだとき、神は沈黙した

KL2019-1203017




いかがでしょうか?ちょっと難しいかもしれないね、まさに詩的、どうとらえるかは自分次第、アルバム前曲どういった内容かを知るべきでもある、そうすればもっと理解できるかもしれない、じっくりチェックしてみます!あなたはこの歌詞から何を感じますか?良かったら教えてね!





アルバムは最強、各メディアの評価も好評な、まさに「昇竜の勢い」のKnocked Loose、先日のBloodaxeからの再来日も決定し、われら日本での人気も急上昇中、ならね、やっちゃいます?


Knocked Looseイベント!


ってもね、メインとなるアイテムがマジ少ないんですよね、でもね取引先が激ヤバアイテムを販売開始しちゃってる!特に下記の2アイテム

1.カーハートボディーのポケT
2.ディッキースのアイゼンハワージャケット


この2アイテムはマジで一目ボレ!詳しくはサイトをチェックしてほしいんだけど、マジでヤバイとしか言いようがない、特にアイゼンハワー、Youtubeでも着用していたディッキーズのジャケットがボディーのアイテム!





着用しているのはTERRORなんだけどね、このボディーにKnocked Looseのプリント、やばいっしょ?ファッションアイコンでもあるカニエさんが着用しストリートでも注目になっているアイテムですよね!


Knocked Looseページはこちらをクリック





すでにメーカーではベストセラー、売り切れが怖いんで期限をしっかり決めた期間限定のお取り寄せにします!12月09日(月曜)夜8時まで




気になるは特典ですよね?!
ore10005

Knocked Loose

Knocked Looseページはこちらをクリック


はい、Pure Noise縛りの3バンドのポスターが特典になります!説明不要のKnocked Looseに同じく来年来日する人気急上昇中のSanction、そしてアルバムが出たばかりのLeft Behindのポスター、3枚セットであります!ディッキーズジャケット購入者には別途、何かさらにプレゼントしちゃうかも、期待していてください!



近々でハードコア系のマーチもかなり強化しているから、そちらと一緒にまとめ買いして、ポスター3枚セット手に入れちゃってください!


Knocked Looseページはこちらをクリック

ノックドルーズ

特典プレゼントは12月09日(月曜)夜8時まで



あなたからのお申込み楽しみにしています!


まだA Different Shade of Blue聴いたことないって人は今すぐに前曲聴きましょう!




では!


河内野




追伸:
大好きな動画、5歳のお女の子がBryanに質問、インタヴューする動画、やり取りが可愛いスギる!!!!

【19年8月部門】「へい」さんによる「Knocked Loose / ノックドルーズ」ロングスリーブシャツを使ったストリートスタイリング!【No.64】

Knocked Loose

ノックドルーズ

2019年8月以来久々、11月部門の投稿1発目は「へい」さんのスタイリング写真!いつもありがとうございます!

Knocked Looseの来日楽しみですよね!!オールブラックなスタイリングですが、袖のブルーのOLDHAM COUNTYやK/Lのロゴがアクセントになっているだ0区でクールなスタイリングですね!裾切りっぱなしやひざのカットなどセンスあるダメージ加工もヘイさんがされたということでさすがです!ビーニーのホワイト、袖先のK/Lそしてソックス、夜に光を反射し表情を変えるリフレクトのキックス、昼間はブラックですよね?キックスのチョイスが最高です!!!夜になるといっそうクールに仕上がる計算されたスタイリング!これぞニュースクールな次世代なストリートなスタイリング!素晴らしいです!ブラックコーデが好きな人はぜひ参考に!




「へい」さん!最高な写真ありがとうございました!







夏のバカンスで撮った写真でも、近々の写真でも去年に撮った秋冬の写真でもOKだからね!渋いスタイリングからど派手な配色のスタイリングも募集しています!ポジではカラー別にアイテムもチェックできるんでぜひ活用を!その他カテゴリーもチェックして自分に合うアイテム見つけてね!

色や柄でアイテムを探す
好きなジャンル別にアイテムを探す
レーベル別にアイテムを探す
限探定アイテムのみす



アウター類のアイテムも以前に比べ増えてきたんでこちらからチェックしてみてください!




※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!

投稿が増えると1000円アップ!3件あれば3000円10件あればなんと10000円クーポンにもなります!

投稿数が増えればクーポン金額がアップは変更なし1件でも1000円クーポンは1名に当たるってことです!現在11月部門は1件なので必然的に1000円のクーポンがへいさんに当たります!投稿者全員の500円と合わせて1500円ってこと、12月まで残り23日、待ってます!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■トップスの名前とサイズ:

■インナーの名前とサイズ:

■アクセサリ(キャップ、バッグ、指輪、ネックレスなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■最後にスタイリングのポイントを教えてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたのスタイリング楽しみにしてます!

別に18年に撮った写真でもえ~んやで~!

河内野








追伸:
トトさんもブログでレヴューされているDayseekerの4枚目「Sleeptalk」が寒くなってきた今、極上なメロディーが身に染みます!トトさんによるレヴューはこちらをクリックね!

ドライブデートにぴったりな名曲5選!「xGENx」さん「みのり」さん「タッシー」さん【アンケ】

ドライブデート

お盆も猛暑が続いているね、今日は朝からお墓参り、発送を終わらせても毎日毎日商品が入荷する、昼間は事務所を抜け出し実家でお坊さんのお経を聴きながら良きリズムに癒される、お経っていいよね!しかしそのお経をあげてくれたお坊さんはまさかのお経を忘れているような・・・「あ~~~」「ん~~~」「え~~~」とところどころで詰まる・・・・ま、別に良いんですが、あなたはお盆らしいことしてますか?


そうそう今日入荷したVarials /バリアルズのパーカーがやばいっす!もう過ぎ来日だね!カラーとデザインがイケてるので画像をアップ、ショップらしいブログでしょ(笑)



ライブで誰かが着用していたのを見たんですが思い出せない・・・・バンドマンが着用しているとそのマーチがほしくなるんですよね!

先日公開されたKnocked Loose /ノックド・ルーズのライブ映像、ベースのKevinが着用しているマーチに惹かれた!



何のマーチかわかった?そうです、Judiciary / ジュディシアリーのインパクトあるTシャツである!

https://positivedive.com/shopdetail/000000018891/ct2263/page1/order/


ライトニングボルトなバンドロゴがフロントに、バックにはブルーを基調にライブフォトを3枚持った死神、フォトとデザインを両方メインにした デザインはありそうでなかった大迫力な一枚!来日してほしいバンドの一つである!



やはり夏でもメタリックなハードコアは最高である!と言いたいんですが先日から募集しているアンケートではデート向きのBGM!続々と回答いただいています!

マジでいつもありがとうございます!

それでは早速、いただいた回答を紹介していくね!

まずはxGENxさんからいただいた「ドライブデートにばっちりな名曲」を紹介!

1曲目:ECOS 「La Forma」

アルゼンチン産のエモコア・エモーショナルなロックバンドEcos Noventa、以前はECOSって名前だったんですね、エモーショナルでダイナミックなサウンドはドライブにもデートにも向いているね!






2曲目:WVNDER 「Fairytale」

メリーランド産のポップパンク、エモ、メロディックバンド!ジャケットアートが印象的なアルバム「Nothing Stays」に収録の1曲ですね!とにかくメロディーが良いのでこの手のサウンドに免疫が無くてもガツンと響くよね!





3曲目:MAGIC DANCE 「When We Were Young」

USはNY産のシンガー・ソングライターJonathan によるメロディック・ロック・ハードロック、30代、40代の世代は懐かしい80’sなハードロックなサウンド、これまた盛り上がりそうな一枚!





4曲目:MAJIKO 「春、恋桜」

女性シンガーソングライター、全く知りませんでしたがドラマの主題歌に採用されたり、有名なバンドに楽曲提供したりと結構有名なんですね!ポップでところどころ「和」を感じさせる軽やかなポップソング、「個のアーティストだれ?」と自然に質問が飛んできそうな一枚!





5曲目:SECONDWALL 「Beautiful Lie」

とても心地よいサウンド、良い意味でクセの無い聴きやすいサウンドでありつつほのかにエモを感じさせてくれる、このバンドをきっかけに彼女をエモにハマらせるのもアリかもね!





デートで絶対に流してはいけない1曲は:Vulvodynia – Psychosadistic Design

初っ端の血や肉片が飛び散るような残虐SEからスラミングデス完全にドン引き、人間性を疑われる1曲ですwwwSECONDWALLからのVulvodyniaの差がすごすぎる・・・最高ですwww








xGENxさんありがとう!500円クーポンメールしますね!



そして続いてはみのりさんからのドライブデートにばっちりな名曲5曲を紹介!


1曲目:Guns N’ Roses -「 Night Train Live」

懐かし~~!!ここにきてすべてのロック好きの名曲が登場!ナイトトレインは酒の曲、この曲をきっかけにお酒やカクテルの話題にシフトチェンジしても良いよね!ライブ音源ってのも最高!まさに今からレットらゴー!なドライブ向きの1曲!






2曲目:The Offspring – 「All I Want」

これまたパンクの名曲中の名曲All I Want、パンクに興味がない女子も思わずノリノリに?この疾走感と耳に残るフレーズにメロディー、どういった反応をされるのかとても気になる!一般人からした結構激しいしね!






3曲目:Motörhead – (We Are) The Road Crew

車を飛び出して一人でバイクにまたがってぶっちぎってしまいそうな曲、ハードコア好きもメタル好きにもパンク好きにも支持を受けるレジェンド!というか神!暴走ロッケンロールなので初心者には厳しいか、ドハマリしてしまうかのどっちか!けっこうかけに近い一曲だな!にしても久々にMotörhead聴きなおしたいね!





4曲目:Ozzy Osbourne – 「Crazy Train」

こちらも必要不可の神様いや、悪魔代表、オジー大先生の代表曲!キャッチーなので女性でも違和感なく聴けるとは思うのだがクセのありすぎる声は好き嫌いがわかれそうwwwちなみに僕はオズモシスが一番好きである!






5曲目:Deep Purple – 「Highway Star」

これまた説明不要、地球人で知らない人がいないんではないかってくらいの名曲、まさにハイウェイをぶっ飛ばしたい!!女性はどう感じるのか?これまた未知である!





デートで絶対に流してはいけない1曲は:きゃりーぱみゅぱみゅ 「つけまつける」

え?ダメなんですか?きゃりーぱみゅぱみゅってもう古い?それとも曲調?確かに40手前のオッサンにはキツいかもしれないね!久々に聴いたな~、ちなみに僕は「にんじゃりばんばん」が好きですwww





みのりさんありがとう!500円クーポンメールしますね!







本日ラストはタッシー【TVSSY】さんからのドライブデートにばっちりな名曲5曲を紹介!


1曲目:Call It Home – 「Clouded」

ニューヨークはロングアイランド産のポストハードコア・メタルコアバンドCall It Home!大好きなバンドです、程よくトレンドを取り入れた最新のポスコアサウンド、美しくグッドメロディーではあるがスクリームやブレイクダウンになったときの女性の表情が少し怖いwww個人的には名曲なんですけどね!





2曲目:The New Violence – 「Clear My Head」

New Yorkを拠点に活躍する全く知らなかったアーティスト!トレンドなシティーポップ感があり心地よいシャレオツなサウンド、こういったサウンドには疎い僕はこういうの求めてましたwwwMVからも漂うシャレオツ感、「クリマヘ、クリマヘ」って思わずシンガロングしちゃいます!






3曲目:THRILLCHASER – 「Juliet」

このバンドは以前にタッシーさんに教えてもらったバンド、インディーポップと言ったらよいのか?トレンド感も感じさせるおしゃれサウンドでありながらポップでありどこか影のあるムーディーさがBGMにはぴったりではないか!!アルバムまるごとBGMにしたいくらいだ!





4曲目:CIVL – 「Somewhere Around」


EDM系になるのかな?全く未知なサウンド、ポップとダンスミュージックのクロスオーバー的サウンド?メロディーが良いので全く違和感なく聴けます!ダンスミュージックとはいえチャラさはあまり感じないのがいいですね!





5曲目:Storyteller – You


We Are Triumphantはハズレがないですよね!ボストン産、セクシーな声を持つボーカル、ダンスミュージックとロックを絶妙に混ぜ込み昇華させている、ハードコアのハの字すら知らなくても違和感なく聴けるであろう名曲、とにかくメロディーが良く程よく激しいギターサウンドが超好み!僕がハマってしまいそうですww





デートで絶対に流してはいけない1曲は:ナシ

激しすぎるやつは、そういうのが好みじゃない限り控えた方が良いかと思われます、笑

河内野)確かにそうですね、奇をてらってとんでもないブルデスかけようかなと計画してたんですがやめときますwww




タッシー【TVSSY】さんありがとう!500円クーポンメールしますね!

みんな詳しいね!めっちゃ参考になります!これでデートもうまくいくはず!!!とはいえまだ間fだ紹介しきれていないんでお盆中にアップしていきますね!プレイリストも作成したんでぜひBGMに!常にハードコア、デス、パンクばかり聴いているあなたは特に刺激があると思うよ!





まだまだアンケート募集中なんで、お盆実家に帰ってちょっと暇な時間でも出来たら参加してみてください!参加者から抽選で1名に5000円クーポンのプレゼントもあるよ!



では!お盆休み満喫してください!暑さに負けないようにね!

河内野

最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野

【来日ラッシュ】バンドマーチもカラフルにチャレンジでライブ参戦だ!

Color



StoneがまさかのPure Noise Rcordsと契約!!!ミルウォーキーのバンドなんだけどすでにdemoや7インチもドロップしてるしハードコア好きなご存じの注目のバンドなんだど、まさかPure Noiseとはね


ポップパンク色の強かったレーベルだけど、この路線でハードコアバンドといっぱい契約してください(願)早速MVも公開されたぜ!

Stone “Lost On You” Official Music Video



Pure Noiseに移籍後、ハードコアだけじゃなく他ジャンルからも支持を受け、ハードコアのすばらしさを広め続ける、今、重要な位置にいるバンドKnocked Loose来日が決定したね!

Knocked Loose


1月18日(木)東京 新宿NINE SPICES
1月19日(金)大阪 CLAPPER
1月20日(土)愛知 名古屋HUCK FINN
1月21日(日)東京 新宿ANTIKNOCK




2018年の初頭も来日ラッシュ!メロディックからポップパンク、デスコア、スラッシュ、ハードコア、幅広いジャンルを聴く音楽好きは完全迷ってしまうねww




・Knuckle Puck
・Four Years Strong
・The Haunted
・Municipal Waste
・Thy Art Is Murder
・Fit For An Autopsy
・Gameface
・SLEEP




などなど、あなたはどのライブに行く?どんなマーチを着用する?ライブに言った感想やスタイリング写真も送ってね!!



Knocked Looseも参加していた先日開催されたLoud Festではオーディエンスとセキュリティの間でケンカが起こったようだ、セキュリティがいるような大きな会場にはほとんど行かないから全く想像がつかない、それよりもKnocked Loose, Jesus Piece, Years Spent Cold, Sanction, Left Behind,こんなヤッベーメンツが一日で見れるのがうらやましいぜ!Years Spent Coldってまだやってたんだ…



マーチでも人気のLeft Behindは新譜「Blessed By The Burn」が発売されたとこだね。


Left Behind – Early Mourning



インスタにアップされている刺繍ロゴのレッドパーカーがマジでほしいのだが、調べてみるとツアーオンリーのアイテムのようだ。ちっきしょー!!

ライブに来い!!

ってことだね!しぬまでにはいく予定の海外のハードコアフェス、ツアー限定アイテムなんて言われたら速攻購入するだろうな…マーチだけで10万円は使ってしまいそうだ!

Left Behind



刺繍デザイン旋風がバンド・マーチにも起こっているんだが、ポジでは反応が薄いwwやはり取り入れる方は少ないね。Tシャツでは3枚くらい所有しているんだけど、刺繍ロゴのパーカーがほすぅぃ~~!!



そうそう、カラーもね、やはりブラックに行きがち、昨日のコーデブログのように僕はこのシーズンはいろんなタイプのカラーに挑戦するぜ!意外と合わせやすいしね、



先ほど言った来年に来日するKnocked Looseのボーカル、Bryanもカラーをうまく使ってまっせ!


バーガンディー、マルーン、あずき色のパーカー、渋さと大人なイメージ、妖艶さも演出するカラーである!
Knocked Loose


昨日のコーデブログで着用していたパーカーと同じスタイリング、ゴールドカラーのパーカーにデニムジャケットを合わせる。
ノックド・ルーズ



抵抗があるピンクも影響力あるバンドマンが着用していると真似したくなるよね!ピンクのパーカー装着、ブルーのキャップの相性も抜群である。
BL17119005

Knocked Looseのボーカル、Bryanシャレオツだよね!しっかりトレンドも取り入れるんだけど、90’sのストリート感も絶妙にミックスさせてるし、ガチムチじゃないスタイルも日本人は参考にしやすいしね。

今後もB>Knocked Looseのボーカル、Bryanには注目していくぜ!

2018早くも11月を迎え残すところは1ヶ月半、ライブやフェスに限らずクリスマス、コンパ、年末年始、同窓会、実家への帰郷、仲間との再会、忘年会、新年会

最もバンドアウターが活躍するシーズン!

ってこと、だったらチャレンジしたカラー、スタイリングで誰よりも目立ってインパクト残さなきゃね!!!

河内野