最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野

【ポジ散歩】エヴリ・タイム・アイ・ダイのロンT装着で南国なトロピカルワンダーを体験!(若狭たかはまエルどらんど)

若狭たかはま エルドランド

人類、いや、生命のルーツ、初期は海にあり!昨日のブログでの初期音源、サウンドチェンジの話をしたことから思いついた生命の根源、海は言きまくってるんで湖を見に行こうとグーグルマップを開く、日本最大の湖、琵琶湖?ではなく今回は福井にある三方五湖を目指す!

三方五湖

Poison The Well

Poison The Well / The Tropic Rot

この日の車でのBGMは叙情派ニュースクールの中でも好きなPoison The Well(ポイズン・ジ・ウェル)のサウンドチェンジを果たし進化した2枚目、あまり聴いていなかった作品、久々に聴いたけど、最高にかっこよかった、購入した当時は良くなかった⇒数年後聴きなおしてはまる!そういうタイプのアルバムだった!



三方五湖に到着するも、あいにくの雨

何も見えない・・・・・

every time i die

さらに上に登れば、「大丈夫かも」と最高な景色が拝める梅丈岳を目指す!しかしそこにたどり着くには有料道路「レインボーライン」を通って行かないといけない、1000円支払い山頂を目指す、登れば上るほどに霧が濃くなり、あきらめる。

トイレをすまし下山。(※霧やばいでしょ?)

雨も強くなってきたし日を改めて来よう、ということで今日は終了!!!

ではなく帰り道に何かないか探すも、通り慣れた道、何も思い浮かばないっす!

仕方なく一度着たところに再度、訪れた、エルガイアおおいへ!

PB18426006

内部の撮影も著作権的に、撮影できなかった。『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』などで知られる漫画家、松本零士さんがプロヂュースしているそうだ、著作権ってそういうことね!特に見せ場はなく、内部を一枚とって退場、チ~ン。

エルガイアおおい

周辺を歩くも、いつもならきれいな海や山並みが見えるのだが、あいにくの雨、濡れながらも散歩している数枚である。久々に釣りブログもしたいね!

PB18426008

新しい道の駅が完成していたので突入してみた!

PB18426009

「うみんぴあ大飯」である!にしてもこのエヴリ・タイム・アイ・ダイのロンTイケてるでしょ?

エヴリ・タイム・アイ・ダイ

アイスコーヒー200円を購入し飲む、観光地にしては安い値段設定である!

うみんぴあ大飯

コーヒーを飲みながら頭の中で流れていたのはこれ、

エヴリ・タイム・アイ・ダイはほんと、どのアルバムも大好き、初期に限らず最新のLow Teensもね、Low Teensが2016年の9月発売だったからそろそろニューアルバムだしてくれないかな~!

サービスエリアみたいな飲み食いしたら自分でお皿やコップは返却するタイプである!

PB18426012

今日の撮れ高が全くないことに気づきながらも帰宅を考え車を走らせる、そして帰り道に見つけたのはポジ散歩でも一度来ている「エルどランド」に到着!

エルドランド

以前着た際はHundredthの花柄5パネルキャップにStick To Your GunsのTシャツ装着、あれからもう5年経つのか・・・・僕のHundredthの花柄5パネルキャップはいずこへ・・・

Hundredth

このバックパックも久々にタンスから引きずり出して装着してあげないと・・・ディスタービアのミニショルダーは5月の末に発売開始、少し早まったようだ、楽しみである!もう少し待っててね!

入館料は無料だが、内部にあるトロピカルワンダーは有料、400円お支払い。


熱帯雨林を再現した体験型大温室、環境と資源を考える施設です。


3,700以上もの熱帯植物と4,000匹の熱帯魚が迎える「トロピカルワンダー」。さまざまな仕掛けを楽しみながらジャングル探検をお楽しみいただけます。

まずお出迎えしてくれたのは巨大なカエル、貫禄あるずっしりとした体格、明らかに危険なパープルの配色であった。

Everytimeidie

南国の魚や生き物が多いためこの施設はとても暖かくも湿度が高い、本日は寒かったのでちょうどよい気温、いっぱいの植物が覆いかぶさって生えているためジャングルな世界観がしっかり演出されている!

Low Teens

海のそばで育ったぼくでさえ普段は絶対に見られない魚たちのオンパレード、新しいバンドを発見するかのようなワクワク感を味わえる。

ETID

ここ最近、アクアリウム、滝のテラリウム水槽などを紹介しているYoutubeでさぼりchを好きになってからとても気になっていた、熱帯魚など、いつかわ飼育してみたい・・・

今回のコーデですがEvery Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ)のプリントカラーとキックスのヒモのカラーを合わせてみた。

サザンロック

古くなった角質を食べてくれるドクターフィッシュ(ガラ・ルファ)もいたぜ!当然、角質を手べ手いただきました。とてつもなくこそばいです!「やめて~!」と言いながら一人爆笑してしまった!監視カメラがないことを祈る・・・

ドクターフィッシュ

平日、さらに閉店間際ってことでほぼ貸し切り状態、何にも気を遣わずゆっくり満喫できたぜ!狙い目は平日夕方だね!

サザン/ハードコア

本日はいているキックスはコンバースのジャックパーセル、オールブラックのひもをイエローに変えたヴァージョンである。

パンクスの人たちがよくやっているマーチンのブーツにイエローのヒモをイメージしカジュアルにジャックパーセルをブーツ風に見せるためチェンジさせた、ポイントはパンツのロールアップ!

飽きたシンプルなスニーカーなどはヒモ変えるだけで印象変わるからぜひお試しあれ!

ジャックパーセル

やはりピラルクでかし!!水中で遭遇したら確実にパニくるだろう、全長2メートルはあったね!その他珍しい魚もたくさん、

ピラルク

水中と同じ視線で見える特等席、迫力が増すね!

PB18426024

2回に潜入、5年前に来た時にはなかった冒険家のお部屋ができていた、印象はインディージョーンズ!

Kurt Ballou

生き物だけじゃなく普段見かけない植物たちを見ていてもとても楽しめます!
NORMA JEAN

1週間くらいならこんな開放的な家に住んでみたい、南国リゾート限定でwwサヴァイバルはいやだ・・・

Keith Buckley

意外と仕事もはかどりそうな設計である、

カオスフレーズ

夏ここでバーベキューがしたい!絶対にダメだけどww純和風な家に住みたいが別荘は南国風で決定だな!別荘ができたらバーベキューして焚火囲んでみんなで音楽の話マーチの話をしましょう!

EPITAPH

2回から見下ろす水槽や生い茂る植物たちによる景色も最高でしたよ~!

EVERY TIME I DIE

トロピカルワンダー少し早い夏を感じれたし、別世界にワープしたようで、楽しい体験ができました!最高でした!

トロピカルワンダー以外にもカフェテリアや広場、花が飾られているスペースや写真展が開かれていたり、そして前回も言ったサイエンスワンダーにもよってみた。シュールである・・・・

CONVERGE

気分よく車に戻ると

バッテリー上がってるやん!

キーは挿しっぱなしでウインカー動かしてた・・・やっちまいました。

職員さんに助けてもらいケーブルをつなぎエンジンはかかったものの5年くらいバッテリー替えてなかったんでそのまま交換、結局本日バンドTシャツが6枚買えるほどの出費で終わりました・・・・・

※助けてくれた職員さんありがとう!

EVERY TIME I DIE / Low Teens
Every Time I Die /エヴリ・タイム・アイ・ダイ- Map Change ロングスリーブシャツ (ブラック)

Every Time I DieロングスリーブシャツはXXLサイズを装着、少し丈が長いのでパンツインにして裾だけがパンツに残る状態に、クルーネックスウェットのようなん賞も与える技である、「ちょっと丈が長すぎる」そう感じたらパンツインしてみるのもアリだね!!

では!

次回はどこに行こうかな!

河内野

【激怒】僕たちはサブカル男子なのか?

BLOGCON002

ちょっとグチっていいですか?

こないだね、

「でた~~サブカルアピール!!」

って言われたわけ。

マジ、むかつく!!!!

事の発端は趣味などは合わないけど昔からのツレとBARで飲んでたわけよ。

バーテンダーの兄ちゃんとボクとツレと3人で話題になったのは音楽の話。

バーテン
「どんな音楽聞かれるんですか?」

河内野
「なんでも聞きますよ~!特には激しいのが好きですね」

バーテン
「へ~パンクとかですか?」

河内野
「パンクも好きですよ!」

バーテン
「おツレさんは?」

ツレ
「俺はエグザイルとかAAAとか」

バーテン
「エグザイルいいですよね、ジェイソウルブラザーズとかもかっこいいですよね!」

ツレ
「ジェイソウルブラザーズヤバイよね!平井大も好き」

めちゃくちゃ盛り上がっている…………

名前はわかるもののエグザイルに関してはチューチュートレイン、
ジェイソウルブラザーズは全く知らないし。

河内野
「平井大ってだれや?」

頭の中で思い浮かぶのはサッカー選手か水泳の選手,,,

ツレ
「平井大めっちゃいいですよ!」

ツレ
「え~って、しっとんやろ?」

「コイツいっつもそうやねん、流行っとるやつうといねん!」

憎たらしい顔つきで言ってきやがった。

ツレ
「本当は知っとんやろ??」

河内野
「マジで知らんて!!」

ツレ
「こう言う奴をサブカル男子って言うねん!」

河内野
「男子って年でもね~し」

「そもそもサブカル男子ってどういうことなん?」

ツレ
「流行っとるやつとか馬鹿にするやん!」

河内野
「馬鹿にしたことね~し、好きでも嫌いでもない

「そもそも知らんのやもん!!!」

ツレ
「でた~~知らんふりのサブカルアピール!!」

「流行っとるやつは全部クソなんやろ?」

「こないだファンモン馬鹿にしたやんけ!

河内野
「ファンモンに関してはたしかに………ネタやん!!」

「お前が好きな安室ちゃんだってPerfumeだって好きやで!」

ツレ
「それ可愛いからだけやん!!」

河内野
「た、たしかに…けど安室ちゃんの新曲は胸がキュンキュン、ドキドキしたしww」

う、う、美しいww

こんな会話を永遠としていた。

サブカルアピールってのに無性に腹が立ったが、

てかサブカル野郎ってイマイチどんなやつなのかがわからない。

そこで調べてみたんだよね、サブカル野郎の特徴ってものを!!

ヴィレッジヴァンガード(面白雑貨本屋)が好き。

そもそも田舎だからヴィレッジヴァンガードね~~し!!

ラーメンズが好き

しらね~よ!ラーメンとラーメンマンは好きだ!

ボブヘア。あるいはマッシュルームカットがお洒落だと思っている

短髪派です。マッシュルームカットはヒムケンかオ●ン●ンってイメージだわ。

コアな物好きをドヤってるつもりだけど 誰でも知ってるものな場合が多い

一度もドヤってねーし!いったところで伝わらないから言うことすらしない…..

マイノリティ、アングラな俺かっけー!って思ってる

好きになったものがマイノリティーでかっこよくてすきだ、しかしそんな
自分によているわけでもない、多数派でもすきなものはすきだ!

こだわりが強すぎるため交友関係が狭い

広くわないけど、いろんなジャンルの人たちと付き合ってるよ!
そっちのほうが知らない世界も知れるしね!



こんな感じでサブカル男子ってのがなんとなくわかったが
当てはまってないね、ということでサブカル男子ではありません!




メジャーでもインディーズでもアングラでも、流行っていようが流行っていまいが良い物は良いと言える。



嫌いなものは嫌い、わざわざ「嫌いだ」とも口に出さないし



ポケモンGOだって流行りに乗ってやるぜ!
(投げる球がなくなったんだけどどうすればいいの?)

ただ、好きになったものが一般的にはあまり受け入れられないってこと。

それをドヤ顔で自慢もしない、




サブカル男子ってのはとことん掘り下げる僕たちと一般的な人たちの間、絶妙な部分に
漂っているからネタにされるのかとも感じたね。



とことん貫いていないっていうか……..なんとなくわかってくれるかな。



上記で出てきたように「アングラな俺かっけー!」って自分によっている感じ!

ホンマにスキなの?って疑ってしまうよ!




なんつなく通じる部分もあるかもしれないけど、そもそもサブカル男子という言葉じたいが
トレントのワードぽくて不愉快だ!



だからサブカル男子と呼ばれるのは嬉しい気はしない。



だってサブカル男子すら敬遠しそうな音楽を愛してやまないんだものできればもっと
違うセンスの良いワードを作って欲しいね!




僕たちが愛してやまないヘヴィーな音楽の中でも

さらに掘り下げた変態が好む音楽ってあるじゃん。




一般人やサブカル好きですらただの雑音にしか聞こえないそんな音楽。



世界のトレンドを取り入れ、我が物のスタイにしている僕たちも好きなかっこいいバンド
はいくらでもいるが

トレンドは完全無視、完全に自分がやりたいことだけをやっているオリジネーター、



そんな変態が好む音楽をサブカル好きに伝授する!

名づけて「サブカル返し!」

今回は長くなったので次回。

では!



追伸

後に平井 大しっかりチェクしました、祈り花という曲が良かったですww

けどね、平井 大よりエヴリ・タイム・アイ・大(ダイ)がス~キ~!!

なんていったらサブカル男子って馬鹿にされるの?

Every Time I Die – “Glitches”