Neck Deepから学ぶ、キメすぎずラフ過ぎない絶妙スケーターミックススタイリング!

BL17222029

暖かくなったり寒くなったり、気温差のビートダウンが激しい、だけど毎日着用するバンドマーチのスタイリングは楽しめる、寒くなればレイヤード、アウター着用が必須になり、少し暖かいとアウターにTシャツ、ロングスリーブなど、同じアイテムでもいろんな着回しができる、いろんな印象を与える、最高な時期といっても良いくらい春が近づく冬ってのもいい感じだ。



来週末には3月に入るしね、特に大きなイベントといえば、全くの関係ないホワイトデーというクソなイベントくらいしか思い浮かばないが、もらった人はしっかりお返ししておこう3/20は私の誕生日、何か送ってくれても構わんよww



こちら舞鶴は雪も解け始め、家から数分の場所にあるスケートパークも利用が出来るようになった、2020年のオリンピックではスケボーが正式な種目になったということで人も増えるんだろうな~、オーリーくらいしかできないただゆったりと滑っているのが楽しいチルスケーターにとっては居場所がなくなるような…….



けどスケーターの人口が増え、スケートと密接にある音楽の一つパンクやハードコアも一緒に盛り上がったら最高だな!なんて妄想してる、僕がスケボーがうまくならない理由は毎日滑ってない、基礎体力の欠如wwそして一番は恐怖心なんだよね、高校の時スケボーで骨折ったんだよね、腕は逆方向に曲がっ茶ってさ、もう血の気が引いたね。


ま、いわゆるトラウマってやつね、スケボーの動画でも痛々しいヤツあるじゃん!あんなのみせられたらもう……..つい怖いもの見たさでクリックしてしまうんだけど、ただ恐怖心を植え付けてるだけwwスケボー始める方は見ないほうがいいね。



どスケーターのファッションも参考になるんだけど、バンドマンでもスケーターは多いよね、ビデオにもよく登場するし、やはりメロディックパンクに多い、



Gnarwolvesなんかモロだよね、MVでは毎回トリックをメイクしてから曲が始まる感じ、興味無くてもスケートがやりたくなる!

Gnarwolves – Smoking Kills

何よりも自分たちが楽しいでいる感が伝わってくるよね、最高だよね!スタイリングにしてもキメ過ぎておらずラフだけどどこかポップでカラーをうまく使ったオシャレな感じはマジ参考になる!

gnarwolves






3枚目となるNewアルバムレコーディング開始したNeck DeepのこのMVもスケートシーンが登場するね。

Neck Deep – Gold Steps (Official Music Video)



そんなNeck Deepも去年行った秋冬スタイリングの「オシャレなバンドマンは誰?」でよく名前の挙がったバンド、ボーカルのベンは特に多かったよね!ということで今回はベンのスタイリングをチェックしていくことにしよう!

ネック・ディープ
モロに90’sなファットなスタイリング、ネルシャツにファットなデニムの腰パン、オールスターを持ってくるあたりがいいよね、寝るシャツは一番上のボタンだけ閉めるスーサイダルなどベニスビーチ周辺のチカーノギャングスタイルも少しサンプリングしているのかと!不動の人気のスキニーも良いけどファットなパンツもたまに挑戦するといいよ!
ライン



Neck Deep
絶妙な色使いが素晴らしいスタイリング、キャップの中にあるカラー、カーキやマスタードイエローなどをうまく合わせている、そこにブルーのプリントが差し色になって仕上がった素晴らしいスタイリング、ネイビーのデニムで淡いカラーがしっかり引き締まった印象を与えてるね!
ライン



Neckdeep
奈良の東大寺をバックに撮った一枚はアウトドア感とストリートミックスなスタイリング、普通なら避けてしまう独特な柄のセーターかポロシャツか分からないが奇抜な柄が印象的で、全身写っていないためトータルでは分からないけど、どこかに違和感をつくろことで見るものに興味をもたらす上級なテクである!
ライン



ネックディープ
ブラックやグレーのダークなトーンで個性的なジャケットが印象的、バケットハットやサングラスの形のシルエットのチョイスもグッド!主張しすぎずさりげなくコダワル、秀逸なコーデ!
ライン




ベースのフィルのスタイリングも見ていこう!迷彩のコーチジャケットにホワイトシャツで爽やかに、丈感でレイヤード、アディダスのハイモデルでスポーティーかつトレンドのハイストリートの要素を加えたコーデ、ポップ名だっ土ハットもいい感じ!
ライン



ロックすぎない、ストリートすぎない、キメすぎずラフすぎない、スケーターライクなスタイリングはやはりイケている!Neck Deepに限らずポップパンクバンドのファッションは夏だけじゃなく冬のファッションにも役立つのである!

そしてスケーターのスタイリングも独特でイケてるからチェックしたほうがいいよ!パンツの丈感、ハイ、柄、ホワイトのソックス、Vans,だってスケーターから人気が出たアイテムたち、機能性とファッションがうまくミックスされた僕たちのためのスタイリングなのである!

では!

河内野

【2016年度:俺の10枚】悠樹さんが選んだ幅広い10枚がこれだ!【第2弾】

今回の「俺の10枚」が悠樹さんから届いたぜ!

第2弾の「俺の10枚」必ずあなたの心に響く一枚が見つかるはず!前回のブログを見てビデオも一緒にアップしてくれってことで10マイの名盤に入っている曲のビデオもアップしたからじっくりチェックしてくれ!

1枚目:SAOSIN (Along The Shadow)

SAOSIN  (Along The Shadow)
Saosin – “Control and the Urge to Pray”





2枚目:ERRA (DRIFT)

ERRA  (DRIFT)
ERRA – Irreversible (Official Music Video)





3枚目:american football (LP2)

american football  (LP2)
American Football – I’ve Been So Lost For So Long [OFFICIAL AUDIO]





4枚目:Dance Gavin Dance (MOTHERSHIP)

Dance Gavin Dance - Mothership
Dance Gavin Dance – Young Robot





5枚目:Moose Blood (Blush)

Moose Blood  (Blush)
Moose Blood – Cheek (Official Music Video)






6枚目:Danny Diablo (Dollerz Make Sence)

Danny Diablo  (Dollerz Make Sence)
DANNY DIABLO FT. DIGGY ILL-ROC, WES NIHIL, TONY SLIPPAZ – SPITFIRE (OFFICIAL HD VERSION HCWW)





7枚目:Bon Iver (22,A Million)

Bon Iver  (22,A Million)
Bon Iver – 22 (OVER S∞∞N) [Bob Moose Extended Cab Version] – Official Lyric Video




8枚目:Modern Baseball (Holy Ghost)

Modern Baseball (Holy Ghost)
Modern Baseball – Wedding Singer (Official Music Video)





9枚目:Survive Said The Prophe (FIXED)

Survive Said The Prophe  (FIXED)
Survive Said The Prophet – Tierra | Official Music Video





10枚目:NOT WONK (This Ordinary)

NOT WONK (This Ordinary)
NOT WONK – Older Odor





最高の10枚、悠樹さんありがとう!!
Saosin、american footballのレジェンドの久々の新作はやはり最高でしたね。Danny Diabloは意外な印象とともに嬉しくなっちゃいました!ニューメタルコアのブームが好きならリアルなヒップホップにも何か感じるはず硬派でギャングスタ、本物のストリート感がたまりません!Bon Iverは名前は聞いたことがあっても音源は全くのスルーでした、スルーしてたことに後悔、これはポチります!Modern BaseballもMoose Bloodも最高だったね!Survive Said The Propheも世界レベル、今後大幅にブレイクの予感を感じさせてくれるバンドだね!


NOT WONK (This Ordinary)

一位はNOT WONK、以前、悠樹さんに教えてもらった苫小牧レペゼンの3ピースバンド、パンクやメロディック、ギターポップにオルタナ、いろんな要素がクロスオーバーした最高なサウンド、名曲なNOT WONKはAshの初期や90年代のオルタナやエモな懐かくノスタルジックなイメージも浮かぶ、ギターのフレーズが頭から離れない名曲でした!







■NOT WONK – This Ordinary■







レヴェナント 蘇えりし者

店長:クマとの格闘シーンはリアルすぎてびっくり、「CGもここまで来たのか!」同撮影したんだろう?そんなことはさておき、さすがのオスカー受賞、ディカプリの演技力はすごかったですね。映画を見る際どこか客観的に見てしまう部分があるんだけどリアルに入り込める最高の映画でした!まだ見てない人は年末年始DVDで!!







ディスタービアのフーディーパーカーです。

店長:間違いなく史上最強のアウターですよね!僕も毎日愛用してるんだけどアパレルに努めている友人なんかも褒めちぎってくれます。本物ってことだね!リアルにリクエストが多数届いているから後一回限定で仕入れる予定!

悠樹さん、ありがとう!!今回も新しいバンド、スルーしてしまっていた名盤との出会い、日本勢のレベルの高さを再確認、最高な10枚でした!

※まだまだアンケート募集中!あなたの10枚教えて!!



【GW企画】激音好きのためのダイエット講座

1

ゴールデンウィーク楽しんでるか~い。

久々に会う友人3人に同じことを言われた。

「太った?」

正解、太りましたとも!

「自分が一番わかってますとも!!!!!!!」

ダイエット始めるか。

イージー・ドゥ・ダンササイズ買おうかな(笑)。
TRF?テンションあがらね~よ。

そういえば2年前にも同じようなことしていたような?

それがビリーズ・ヘヴィー・ブートキャンプ。

2

へヴィーなサウンドに合わせてビリーズ・ブートキャンプをする。
我ながらアリだな。

Suffokate、Bury Your Dead、Legend、ENDWELL、The Great Commission
をコンポに入れ大音量を流し、ビリーズ・ブートキャンプをする。

無理無理~~~(汗)。
なまりきった体にヘヴィーすぎるバンドはきつい。

そこで取り出したのがエモ系のバンド達。

「ぬるい、ぬるいっ!」

これじゃ~寝てしまうよ。

けどいい曲(笑)。

運動後に聞いて癒されたほうがいいね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

続いてスラッシュ、メロデス、グラインド。

「早い!早すぎるっ!」

これじゃ~1曲で僕の体力はゼロになってまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ポップパンクやメロディック。

「いいじゃん!いいじゃん!」

継続して運動が続けられる。

名曲だ~。
けどもう少し展開がほしいな。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ならばThe Dillinger Escape Planでどうだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

………展開がありすぎ(笑)。

そして変拍子は心臓に悪そう(笑)。

ポップパンクやメロディックが良いならイージーコアではどうだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

いいかもいいかも~!
適度なポップさと激しいパートにブレイクダウン。

これこそがダイエットにもってこいだな。

ならばパリのChunk! No, Captain Chunk!はどうだ。

やっぱり名曲だな~!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

これまた「いいじゃん、いいじゃん!!!」
まるで一つの山を登って下ってラストスパート。

大ーえっとにもってこいのサウンドは、

「イージーコアだ!!」

と言うことでチャンク!ノー、キャプテン・チャンク!のSomething for Nothing
をコンポにセット。

我が部屋に放置されていたバイシクルでミュージックスタート♪

3

いいぞCNCC。
美しい歌メロからのブレイクダウン。

イケル、イケル、まだまだいける。

4

最後は腹筋。

5

大好きなこの曲でフィニッシュ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

結構長い時間インドアだが運動ができた。

しかし結局は

気合いだ!!(笑)

しかしそこにはイージーコアのサウンドが絶対必要。

最新ダイエットは

イージーコアと気合!です。

凄いダイエットを期待していたあなた、ごめんね(笑)。

けどイージーコアは絶対にありだよ。

特に普段運動ができないデスクワークの人にはお勧め。

ランニング、筋トレ、にはイージーコア!!!!

最高のイージーコアバンドがいたら教えてくださいね。

河内野

追伸:
タフガイを目指すならFirst Bloodで間違いなし。