ビートダウンハードコア好きは絶対に気に入ります!それが南アフリカ産スラミングデス「Vulvodynia / ヴルヴォディニァ」!!新譜最狂じゃない?

LWEDDIE1975026

連日続いた雨は早朝に止み、久々に見た青空、セミも鳴き始めている、小学生が昼過ぎに帰宅していく、もうやってくるんじゃね~?


梅雨もそろそろ終わりそう、夏が準備運動を始めてるぜ!!!実際の梅雨明けはいつになるんでしょうね~?早朝の大雨からの晴天何で混じ湿気がヤバイ、息を吸うのも苦しいほど、ムンムンしてるね!そうなせいか頭がボ~~っと、何しても集中できない、



そんな時に事務所にやってきたパイセン、このパイセンは大のデス、グラインド、スラミング好き、いつもやばいバンドを教えてもらっている、このパイセンから教えてもらったのがイタリアのポルノゴアグラインドバンド2 Minuta Drekaボーカルさん!!金に物をゆわすフェイクなラッパーのようないで立ち、いろんな意味でヤバそうなバンド。

2 Minuta Dreka


そもそもポルノグラインドって何やねん!!!って人も多いだろう。


ゴアグラインドの同系ジャンルとしてポルノグラインドがある。音楽的な面ではゴアグラインドと差異は無いが、アートワークや歌詞のモチーフとしてアナルファック、SM、レイプ、同性愛、スカトロ、児童性愛、獣姦などの過激な性行為を主に扱っている点と、ハードコアポルノの性交場面のサンプリングを多用している

Wiki参照

名前の通りの最低のジャンルである!といっても一部には強烈なある程度の数のファンがいる、ポルノゴアグラインドコア、その中でも異彩を放つバンドがこの2 Minuta Drekaのようだ。


ジャパニメーションから、ジャパンムービー、などなど日本愛が感じれるアルバムのアートワークや曲間に入るSE、パイセンいわく「北斗の拳をサンプリングしたのはRISE OF THE NORTHSTARより2 Minuta Drekaが先だ!」なぜか僕に若干キレ気味で説明を受ける、若干めんどくさいパイセンwww



1分以内の曲を聴いてみ、いろんな日本が詰め込まれています!もちろん北斗の拳もね!www

とはいっても曲事態がグルーヴのあるジャーマンゴアも感じさせるし意外とキャッチーで聴きやすい!!アルバムのアートワークもマーチも紹介したいんだけど、正直見せられないほどひどいんで自主しときます。Jig-aiなんかに通づるデザインだね。



そんなイカレタパイセンのお返しにこのイカレタバンドを教えてあげた。

CAVE HAVE ROD Live At OEF 2013

パイセンの感想は、

「知っとるって!常識やん!」

若干イラッとしましたがさすがのマニア!パイセンさすがっす!


中国産のファーニーグラインドコア、まさにファニーでポップなメロディーもクセになるけど、購入するまでは・・・って方はBandcampで落としちゃってください。



CAVE HAVE RODなど変わり種のデス系のバンドディグるなら動画Obscene Extreme Festだね!変態さんは必ずチャンネル登録しといてください」(*ノωノ)


30℃を超えるこの気温のせいか、夏が近づいてきているせいか、ここ1週間は激しいデスバンドばかり聴いている、中でもパイセンも大好きなvulvodyniaヴルヴォディニアの新譜はここ近年でトップクラスの出来、あくまで個人的なんだけど、公開された「Famine」は鳥肌が立つくらいに最狂!!MVの映像はシリアス!



vulvodynia

こんなまれにみる名作がそこまで話題になっていないのが不思議である!、今作も超豪華なゲスト!

01. Feast
02. Mob Justice
03. Blood Diamond
04. Born Into Filth (Feat. Alex Taylor of Malevolence)
05. Famine
06. Echoes Of The Motherland
07. Nyaope (Feat. Martin Matoušek of Gutalax)
08. Reclaim The Crown Part I: The Burning Kingdom (Feat. Trevor Strnad of The Black Dahlia Murder)
09. Reclaim The Crown Part II: Risen From Ash
10. Cultural Misogyny

4曲目Born Into FilthではUKビートダウンハードコアのMalevolence /マレヴォレンスのAlex Taylor!!



7曲目のNyaopeでは、チェコのスカトロゴアグラインドwwwGutalaxからMartin Matoušek



8曲目Reclaim The Crown Part I: The Burning Kingdomでは、The Black Dahlia Murder / ブラック・ダリア・マーダーのTrevor Strnad



前作の Psychosadistic Designに比べるとね少ないけど、Malevolenceなんて完全に僕得である!!!


デスメタル、グラインド、スラミングデス、デスコア好きはもちろんビートダウンハードコア好きもぜひ聴いてほしい名作が誕生しましたね!今年、2019年度の「俺の10枚」にも入りそうな予感!



そういえば先日、総柄のTシャツも追加したからぜひここからチェックしてね!

vulvodynia



ど派手でインパクトあるアイテムだけど、モノトーンでブラックのパンツを履けば子供っぽくならないし比較的合わせやすいですよ~!


そんなVulvodyniaですが、11月にオーストラリアツアー、ってことは日本に来るかも?Within Destruction来日公演、Waking The Cadaver来日公演も主催しているブルータルデスメタルを始めとするエクストリームミュージック専門レコードレーベルAmputated Vein Recordsさんのツイートでこんなのを見つけました!

LWEDDIE1975025

やばいっす!!!!!


では!


河内野








追伸:
バンド名「VULVODYNIA / ヴルヴォディニア」の意味って知ってる?


「女性の陰部の慢性の痛みで、ジンジン感があり、感染症や、他の明白な病名がつかないもの」



・・・・・とのことです。


この事実をパイセンは知らなかったので自慢げに言ってやりましたよ!!ちょっと優越感に浸ってしまった河内野でした!そのパイセンとはベンチに座って音楽を語り合っていたんだけど、靴を脱いだパイセンの足から強烈にオイニーが・・・花がモゲるんじゃないかってくらいに臭かったな~~wwww靴下も穴が開いて親指が顔を出してやがる!!「パイセン靴下買いましょ!」デスい総柄のソックスでもプレゼントしようかしら・・・・

【7月部門】忙しい人のための埋もれている「音源」「MV」紹介!あなたの琴線に触れる名曲はどれ?

今週はポジ散歩に出かけたんだけど途中でまさかのカメラ故障・・・・・これを機にフルサイズの一眼カメラへグレードアップするか!!とカメラチェックをするも想像以上に高い!ついつい「バンドTシャツ何枚買えるねん!」と、手を出すのはまだ早いかな・・・オススメあったら是非教えてほしい、


狙っているのは人気のソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3、レンズも入れると50万は越えるね・・・・無理無理無理無理!!!!



撮影場所は滋賀の怪しすぎるB級スポット、また今度リベンジしやす!着用しているのは

オースブレイカー
ベルギー産、DEATHWISH所属のネオクラスト・ポストブラック、ダーケスト・ハードコアの枠を超えたエクストリームバンドOathbreakerオースブレイカーのTシャツ!

カリスマのスクリームとクリーンボーカルを使い分ける女性ボーカリストのCaroのフォトを落とし込む! もはやブランドアイテムだと言われてもわからない洗練されたフォトやフォトの大きさ、バックにはWhere I Leaveのリリック 「ill-suited to breed」がプリント!アート寄りのマーチの究極系かもしれない!お気に入りの一枚である!

オースブレイカー



カメラどうしようかな・・・・・・小4の時にうんこを漏らした時くらいにヘコんでいます。そんな気持ちを払拭させるのはやはり音楽、新しい音源やMVを聴きまくる、だれも知らないような名曲を見つけたときの興奮度はヤバいよね!昨晩も夜な夜な動画や音源漁り、毎日のように新しい音源やMVが公開される、ハードコアオンリーではなくメタルもチェックするからもう追いつかないよね!今回は忙しい人のためのあまり前面に出ていない音源やMVを紹介していこうと思う!


【7月部門】忙しい人のための隠れた「音源」「MV」紹介!

アンダーグラウンドながら良質なバンドを輩出するHoly Roar Records、以前にも紹介したので知っている人も多いはずだけどまだまだアングラ、要チェックなレーベルだね!定期的にチェックするレーベルなんだけど全身鳥肌が立つくらいの名曲がアップされていた。

Pijn & Conjurer – High Spirits

9分を超える大作なんだけどしっかり最初から終わりまで聴いてほしい。一本の短編映画を見たくらいの満足と美しすぎて聴き終わった後は自分が天に昇っていくんじゃないかと思うくらいの多幸感、脳内のセロトニンがぷっしゃ~~状態だね!PIJNConjurerというアーティスト、Conjurerね、ブルータルなハードコア、PIJNは良く知りませんがこんなに美しいサウンドになるとは!アルバムは8月にリリース予定、楽しみな一枚!



Renounced – Self Inflicted

同じくHoly Roar Recordsから公開されたRenouncedの新曲、こちらはハードコア好きならおなじみのバンドだよね!90’sなニュースクールハードコアや00年台のTrust Kill当たりのメタルコアサウンドを彷彿させるサウンド、泣きのサウンドにスポークワード、叙情派ニュースクール好きからエッジメタル、古き良きメタルコアが好きなら間違いないよね!



Brutality Will Prevail – Misery Sequence

来日経験もあり知名度も高いイギリスのハードコアバンドBrutality Will Prevailの新曲だけど意外と話題にならないのが不思議なくらいの完成度高いウルトラヘヴィーなハードコア!BDHW RECORDS
から9月に新譜が発売!



Desolated – A New Realm of Misery

Brutality Will Prevailと同じく人気の地を這うようなゴリゴリのヘヴィーなハードコアサウンドを奏でるDesolated少し前となるけど新しい音源を発売、これまたイマイチ話題になっていない、やはりUSハードコアのトレンドとはベクトルの違うサウンドだからね仕方ないのか、にしてもここまで完成度の高いウルトラヘヴィーなハードコアな音源、絶対に聴いておかないといけない!



The Geeks – “More Than Ever”

政治的には何かともめている韓国のユースクルーハードコア、The GeeksおなじみのTHINK FAST!ではなくSix Feet Underからリリースされた7 song EPも厳格でクラシカルなオールドスクールハードコアサウンド、ハイトーンでハイエナジーなサウンドたまりませんよね!



War of Ages – “Miles Apart” OFFICIAL VIDEO

Facedown Recordsの看板バンドWar Of Agesピュアなメタルコアサウンド、ヘヴィーでありメロディアスかつドラマティックな鉄板な展開、すでに大御所なんだけど、話題にならないのはなぜ!Facedown Recordsも以前に比べ勢いがないから、この「Void」がきっかけに盛り返してほしいね!アルバムは9月に発売!マーチも楽しみにしていてください!



FACEWRECK – Eternal Pit

タイトでド直球ストレートなハードコアサウンドはやはりテンション上がるよね!FACEWRECKである!Positive Beatdown Hardcoreからリリースされた新しいEPで、2019年に収録された6曲だけでなく、2018年にBootleg Bonus Tracksとして収録された7曲も収録の音源が発売!



BURIED DREAMS – Nightmare

ジャケっとのアートワークが好み!ボストン産ハードコアのデヴュー作!



BYSTANDER – Where Did We Go Wrong

TrialのGreg と、SpiritsTest of TimeDeclineの現メンバーと元メンバーで結成されたオールドスクールハードコアBystander、オールドスクール好きの間では話題になっているのかな?80年代のタフなハードコアが好きなら間違いないバンド!



HARD MIND ***GODS HATE*** OFFICIEL MUSIC VIDEO

良質なビートダウンハードコアを輩出するFilled With HateからHARD MIND!



Jeromes Dream — Drone Before Parlor Violence

90年代後半から00年代の初めあたりまで活動していたコネティカット産のエモバイオレンスバンド、ねんだいのはじめJeromes Dream!!エモバイオレンス好きならご存じのバンドなんだけど、エモバイオレンス自体がニッチすぎるジャンルなのでなかなか知名度はないんですが2019年ここにきてまさかの音源を発表!一部ではとてつもなく盛り上がっている話題、エモバイオレンスのゴッドのまさかの新譜を聴き逃すな!ここからエモバイオレンスというジャンルを開拓していくのも良いね!!



Wear Your Wounds “Shrinking Violet”

ご存じConvergeのジェイコブ・バノンをリーダーにCave In、Trap Them、Twitching Tongues、The Red Chordのメンバーからなるとんでもないバンドなんだけど、Convergeに比べるとやはり話題には上がらない・・・ドラマチックで美しいヘヴィーロックサウンド、何度か聞くことによってどっぷりハマります!中毒性の高い一枚!この梅雨時期にもピッタリだね!


Landon Tewers – Something To Lose

Pilot In YouのLandonのソロ!!


Portrayal Of Guilt – Scarcity

雑誌やメディア、ロック、メタルサイトでも絶賛された前作も記憶に新しいPortrayal Of Guiltから早くも新曲公開!そして新しい音源も9月に発売!カオティック好きは大注目な音源、形容詞外ほどいろんな要素が、といっても激音の要素がちりばめられている、前作は救いようのないほどの冷たさを感じたけど新曲は0.3%ほどの温かみを感じさせる!




ANTAGONIZE – EL Toro

このブログでも何度か紹介している元Baneのフロントマン、カリスマ、アーロンによるバンドANTAGONIZE、デモ音源に続き本格デヴューはTripple B Recordsから、8曲収録のSLIP DEATHが8月に発売予定、メタリックにモダンなハードコアサウンドにアーロンにしか出せないフロウ、無二のハードコアである!全曲早く聴きたい!



SWAIN – Negative Space

オランダのオルタナ、グランジ、パンク、バンド、2017年度にはその年1の名曲にえらんだのがこのSWAINの曲、こちらの新曲も個人的には2019年の名曲トップ5に入るだろう、暗く陰湿ながら美しいメロディーニ、そして静と動の展開、たまりません!もっと話題になっても良いと思うんだけどね、マーチも近々に取り扱う予定です!公開されている新曲は2曲共に初期のRadioheadを感じさせます!



braqkotone/それぞれの報い

山形産、激情カオティック・ハードコアバンドbraqkotone



BIG|BRAVE · SIBLING

カナダ産エクスペリメンタルバンドBIG BRAVE

やべ~紹介したいバンドまだまだあるんだけど・・・・追いつかない・・・・また定期的に紹介していくね!あなたの琴線に少しでも触れたバンドがいたら幸いです!

では!

週末楽しんで!!!!

河内野





追伸:

H2O とSharp Shock のスプリットも楽しみ!H2OはSuicidal Tendenciesのカヴァー、Sharp ShockはDescendentsのカヴァー曲の2曲が収録!ジャケットデザイン目的で7インチ購入します!

H2O

ヘヴィーなハードコア好きも聴けるのが〇〇デスなのである!

TERROR18102063

今年のハロウィン、渋谷も大盛り上がりなようで、痴漢やゴミ問題は相変わらずなようで、本番は31日のド平日だから実質的には先週末がピークだったんだろうね?何度も言うけど地方住の僕には全く関係ないことでハロウィンを感じれるのはさみしいかな、100均のハロウィン特設コーナーくらいかな。


何気にマミーのマスク持ってるんでパイセンに被ってもらい一枚写真撮ったくらい、このパイセン、子供をビックリさせようと個のマスクをかぶって帰宅したところ4歳の娘は大泣きだったそう、「そら、そうなるわな!!」結構リアルでしょww


スイサイダル


スイサイダルのキャップがポイント!ハロウィンといえばコスプレってイメージになってしまっているけど、僕はやはりジャーマンメタルのHelloweenがハロウィンなんだよね、31日はHelloween聴きながらカボチャのケーキでも喰らおうかな・・・デリス + ハンセン + キスク、歴代ボーカルによる新曲も記憶に新しいね!!このブログを購読している人は全く興味がないバンドだと思うけどww




せっかくのハロウィンだものもっと邪悪な曲が聴きたい。PVで話題になったWITHIN DESTRUCTIONってのもいいよね、ブルデスエアロビ、衝撃的だったね!





「ハロウィンでこんな料理出たら嫌だ!」ベテランCattle Decapitationの未発表曲などを収録したアルバムのジャケットデザイン、相変わらずのグロ、ハロウィンのコスプレよりよっぽどインパクトあるけど、子供の目の触れるとこには絶対に置いておきたくはない、完全トラウマだ!!

キャトル・デカピテイション


少ないとは思うが、ゴアやグロ、キャダバーなどの描写が多いブルデス、スラデス、グラコア好きのパパはTシャツやマーチとかはどうしているんだろうか?子供の前でも着用するの?同じくCattle Decapitationのこのシャツなんてもはやコスプレだね!意外と注文いただいているんだけど、これこそどんなふうに着用しているのか写真を送ってほしい!


Cattle Decapitation


みんな忘れてない?コーデ写真募集でクーポンゲット、今月の投稿は0件、500円クーポン、さらに1000円クーポンももらえるというのに・・・・・投稿方法などは下記の生地をチェックしてみてくれ!


けど、デス、グラコア、デスコア、ブルデスなどの激しいデザインって妙に着たくなる時ってありません?僕だけ?その衝動が最近多いのはハロウィンのせいだろうか?グッズも最近アップしまくっているんでチェックしてみてね!


・Stillbirth / スティルバース
・Rivers of Nihil / リバーズ・オブ・ニヒル
・Shadow Of Intent / シャドウ・オブ・インテント
・Infant Annihilator/インファント・アナイアレイター
・Cryptopsy / クリプトプシー
・Ingested / インジェステッド
・Within Destruction / ウィズイン・デストラクション
・Abominable Putridity / アボミナブル・ピュトリディティー

デス・グラインドコア・グッズ一覧はこちらをクリック!




デザインのインパクトはバンドマーチ史上一番手が込んでいるのがこの手のサウンドを奏でるバンドたち、シンプルもいいけど、ド派手なグロやモンスターデザインもぜひ取り入れてみよう!コーデブログにも参加してくれたユウさんのDecrepit Birthもいい感じだよね!



testygban010


コテコテのメタルなスタイリングもいいけどねユウさんみたいにオシャレにも着こなせるのがデスデザイン、マーチのデザインでも最前線を行くPolyphiaのマーチだってデスロゴなど取り入れているしね、もっともっと注目されるべしアイテムなのかもしれない!


ポリフィア


スラミング・ブルデスを得意とするチャンネルSLAM WORLDWIDEは当然登録しているよね!僕もハードコアなどに比べたらそこまで詳しくないのでこのチャンネルをとても参考にしている!ヘヴィーなビートダウンハードコアなど好きだったら間違いないよ!新しくも絶対に何かを感じ取れる世界を体験してみてください!

スラミングデス


一般人からしてみればこれこそ究極な雑音にしか聞こえないだろうけど、間違ってもポップス好きな友人にオススメしないでください!ある程度免疫のある仲間にオススメしてみよう!!

僕もそこまで詳しくないジャンルだからオススメあったらじゃんじゃん教えてくださいね!

スラミングデスではないけど、ボーカル技術がとにかく高いACRANIAなんかを最近好んで聴いています!こんな自由自在な声が出せたら楽しいだろうね!



来日してたのすら知らなかったんだけどスイス産のブルデス、CARNAL DECAYも超ドタイプ、ハードコアベースな部分も見え隠れするあたり、たまりません!!!





僕もそこまで詳しくないジャンルだからオススメあったらジャンジャン教えてくださいね!


では!

河内野